▼History

◎11月イベントお知らせ
 11月「お祭り・映画上映会」「講演」「セール・デモ販売」

<<イベントお知らせ>>

11月はイベント盛りだくさんです。
飛び入りボランティア(無償)や1日または半日スタッフ(少ないですが有償)など、楽しみ
ながらイベントに参加してくれる人も募集していま~す!

<詳細一覧>


●11月1(土)〜2日(日) <やさい村・出店>
「ふるさと田園フェスティバルi n吉祥寺2014」
 http://www.npo-furusato.org
開催時間:両日共10:00~16:00  場所:井の頭公園 野外ステージ・入場無料
国産のこだわり農産物と、こだわり農家さん達の応援イベントに2日間出店です。
直売品多数、ステージではミュージシャン達の演奏と、農家さんたちのメッセージがあります。
クイズで豪華景品も当たります!トドロキコーヒーさん、みいにゃんさんも一緒に出店します。


●11月9日(日)  晩秋の「やさい村居酒屋」

 時間:14:00~17:00  場所:やさい村店頭
 参加費:500円(佐藤さんの自然栽培新米おむすび+漬物付き)

●11月15日(土) 「いざというときの食養と手当て法」~寒さに向かう対策~

 時間:14:00~16:30  講師:大友映男
 場所:「お米ダイニング メダカのがっこう」(神田神保町)
 参加費:5,000円(食事付) 
【申込み・問合せ】めだかのがっこう事務局(Tel.0422-70-6647/fax.0422-70-6648)

●11月28日(金)〜29日(土) やさい村11月セール&デモ販

                 (28日:遠赤外線パッド「アルファウェーブ」)

●11月29日(土)〜30日(日) 第6回「三鷹いのちと平和映画祭」

                 (29日開演13:00〜/30日開演11:00〜)www.mitakaff.com
(↓詳細)

○●○●○第6回三鷹いのちと平和映画祭○●○●○

Documentary Films & Talk Events  ~国境なき"地球市民"の平和とは~

【日程】
11月29日(土)12:30開場/13:00開演~18:30頃終演
11月30日(日)10:30開場/11:00開演~18:00頃終演

※両日ともに映画祭終了後、上映作品の映画監督などを交えた懇親会があります。

【会場】癒しと創造のスペース 沙羅舎 B1舞遊空間~JR三鷹駅南口から徒歩6分
三鷹市下連雀3-1-24)http://www.sarasya.com/


【上映スケジュール】
===================================
<<29日(土)>>

■『リニア中央新幹線がやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!』<監督:中村徹>(13:05頃~)
リニア中央新幹線の諸問題について解説したアニメーション。消費電力は?電磁波は?
走行ルートは?環境保全は?採算性は?そもそもリニアは必要なのか?ネコと和解せよ。

■『さようならU R 』<監督:早川由美子>(13:27頃~)
耐震性の不足を理由に取り壊しが決まった、UR(旧住宅公団)の高幡台団地73号棟。
偶然この問題を知った監督は、突然の決定に戸惑う住民たちに密着し、住宅問題に関わる
専門家へ取材し、UR、国交省にもたったひとりで斬り込んでいく。ユーモアさえ感じる
その姿勢によって、公共住宅問題に潜む、日本の組織体制の問題点を浮き彫りにする。
(山形国際ドキュメンタリー映画祭2011スカパー!IDEHA賞受賞)

■『自然共生2014 年東アジア地球市民村 第0 回 i n 上海』<監督:小林志夫>(15:05頃~)
東アジアの国同士がぎくしゃくしている中、市民同士がつながる
「自然共生2014 東アジア地球市民村第0回in 上海」の催しがあった。カメラは自然共生の
動きを追った。

■『大地といのちの祈り2013 』
 <監督:辰巳玲子 撮影・編集:東条雅之 制作:ランド・アンド・ライフ>(15:55頃~)
2013年秋、アメリカインディアン運動(AIM)のデニス・バンクス氏は、放射能と原発に
正面から向き合っている福島県南会津~南相馬~山口県祝島を訪ねた。そこには大地とつながり、
いのちを次に引き継ごうとする若い世代たちがいた。
「祈っているだけではなく、立ち上がって行動する時がきた」とデニスはそう語るのだった。

◆特別トーク「今、何が起こっているのか?」(17:15頃~)
中村監督× 早川監督× 小林監督× 東条編集担当を囲んで

***********************************

<<30日(日)>>

■『天空の大巡礼』<監督:大谷寿一>(11:05頃~)
中国青海省の黄河源流にそびえ立つチベット族の聖山
アニ・マチェンは今年、12年に一度の大巡礼を迎えた。
果たして巡礼は無事になされたのか。

■『グリーンタイガーを起こす:中国環境運動の今』<監督:史立紅、Gary Marcuse>(11:55頃~)
中国のもっとも重要な川・長江。その上流でのダム建設計画は、
環境運動家と地域住民、およびジャーナリストが起こした反対運動によって成功に阻止された。
この勝利は、中国環境保護運動に新しい局面をもたらしたと言われている。
毛沢東の「人は必ず天に勝つ」を信じる時代を振り返りながら、市民の政策決定に参加する権利が
初めて実現された、この歴史的な出来事を如実に記録した貴重な映画作品。

■『 9条を抱きしめて 元米海兵隊員 アレン・ネルソンが語る戦争と平和』
<企画・制作:アレン・ネルソン平和プロジェクト>(14:00頃~)
「憲法9条はいかなる核兵器よりも、いかなる軍隊よりも強力なのです。
 全人類の未来を照らす希望の光なのです。」アレン・ネルソン

■『元北支派遣軍衛生兵の松本栄好の証言』<監督:小林志夫> (14:50頃~)
91 才の老人(元北支派遣軍第一軍の衛生兵・松本栄好)
がマイクを握った。彼は慰安婦問題をなかったことに
しようとする日本に警鐘を鳴らした。

■『ヴァンダナ・シヴァのいのちの種を抱きしめてwith 辻信一』<制作:ナマケモノ倶楽部>
(15:25頃~)
科学者であり、環境活動家のヴァンダナ・シヴァさんが語る
「TPP」、「遺伝子組み換え(GMO)」、「たねの未来」。インドの
伝統的な宇宙観が示す「自由経済」、そして「生きる歓び」とは?

◆特別トーク「アジアの“今”から未来を考える」(16:35頃~)
小林監督×朱惠文さん(「日中市民社会ネットワーク」事務局長)×
田中徳雲さん(南相馬市同慶寺住職)を囲んで

===================================
※映画祭の上映スケジュール等は変更となる場合もございます。


【チケット料金】両日入場80名様限定!
===================================
◆11月29日券・・・・・・・前売り1,500円/当日2,000円
◆11月30日券・・・・・・・前売り2,000円/当日2,500円
◆2日間通し券(前売りのみ)・・3,000円
 ※当日券はございません

*2日間通し券は 先着50名様限定です!!
*中学生以下無料

<★割引>
学生、障碍者、やさい村村民会員は、「学生証」「障害者手帳」「村民カード」等の証明書かそれに類するものを、
当日受付でご提示いただければ前売り料金でご覧いただけます。

◎懇親会(参加者と主催者や映画関係者との交流)◎先着20名様限定<事前予約制>
参加費・・・各日2,500円(ベジタリアン・ディナー+ドリンク代を含む)
===================================


【前売り券ご購入方法】<購入締切:11月27日(木)>


☆インターネットチケット販売サイトPeatixのご利用で
 クレジットカードでのご購入が出来るようになりました!
1.Peatixにてのご購入
http://peatix.com/event/57059 をご覧ください。

2.下記チケット販売所での直接購入

◆沙羅舎(金・土曜以外)・・・三鷹市下連雀3-1-24(Tel.0422-41-8617)
www.sarasya.com
◆やさい村(日曜定休)・・・三鷹市下連雀3-6-25(Tel.0422-47-6639)
www.yasaimura.jp

3.電子メール及び事前の送金でのご購入

お名前・お電話/Fax番号・メールアドレス・ご住所・ご希望の券種と枚数・懇親会の
参加or不参加 を明記した電子メールを info@mitakaff.com までお送りの上、
代金を以下の口座へご送金ください(手数料はご負担をお願いします)。
送金をもって、ご購入完了となります。11月27日(木)までにご送金ください。

●ご送金先
<ゆうちょ銀行> 名義:三鷹いのちと平和カツドウ   記号:10010  番号:71920011

※映画祭当日、ご送金の控え等を受付でご提示ください。