自然食品店 やさい村 店内 2016年

  • 11月号のご挨拶
    NEW
    2019.10.31 クリック

    前号で「食の運動」の必要性について書きましたが、いよいよ10月から日本でもゲノム編集された食品が実質解禁されましたね。

    このゲノム編集という技術そのものも新しく、遺伝子の一部を切り取って、人間の都合の良いようなものに変える、そうした技術で作られた食品自体が人体に与える影響もまだ良く分かっていないのに今後どんどん市場に出回って来るでしょうし、それを表示する義務も日本ではありません。
    つまり消費者は本来の自然なものとゲノム編集された食品を表示を見て選別することすら出来ないのです。

    私はフェイスブックではゲノム編集された牛の写真をシェアしましたが、見るからに気持ちの悪い、巨大な肉の塊のような牛なんです。
    本当にその牛がかわいそうで悲しくなりました。

    本来のいのちとしての肉体ではなく、全く違う食糧としての物体に姿かたちも変えられてしまうのです、これがもしあなた自身だったら皆さんはどう思われますか?

    遺伝子組換えに関しては、欧米では消費者団体が強く反発し表示が義務化され、遺伝子組換えではない食品にはNON-GMO(遺伝子組換えではない)というラベルを作って食品に貼るというかたちになっていますが、今のところこのゲノム編集された食品は表示義務は無いので消費者には全くわからないかたちで市場に出回り、スーパーなどの店頭に並べられることになります。

    すでにアメリカではもうすでにこうした食品が流通しており、アメリカでは表示義務はありません、日本政府はいわばアメリカからの輸入食品を日本市場にそのままスルーさせるためにアメリカと同じ扱いをする事にしているのかも知れません。

    いずれにしても、これからの時代、未来を担う子供達をちゃんと育てて行く為には一人ひとりの皆さんがちゃんと自覚して食べ物を選んで行かないと大変なことになりますよ。

    国民はただ政府が思うがままの政策に無言で居て良いのでしょうか?
    「食」に対する広範な国民的な運動が今まさに必要な時に来ているのではないでしょうか⁉︎

    もちろん、自然食や有機野菜の流通にそのような食品が入って来る事はありませんが、日本全体を見た時には大きな危機を迎えているのです。外食産業などでは全て加工されて出されますので、もはやそれがゲノム編集された食品かどうか全く分かりませんし、避ける事すら出来ないのです。

    私はそんな食品は持っての他、廃止すべきだと思います。推進しているのは一部の「企業」です。
    若杉さんが言うように「企むなりわい(生業)」です。食べる人がどうなるかは考えてはいないでしょう。
    百歩譲ったとしても遺伝子組換えやゲノム編集された食品はちゃんと表示すべきです。

    (村長大友)

  • 11月イベントお知らせ
    NEW
    2019.10.31 クリック

    イベントのお知らせ

    「 武蔵野はらっぱ祭り Vol.31 」<やさい村出店>

    日 時
    11月2日(土)〜3日(日)10:00~20:00(雨天決行)
    場 所
    都立武蔵野公園(くじら山下原っぱ)
    参加費
    入場無料

    線

    「 100年元氣!食菜フェスタ in 吉祥寺2019 」<やさい村出店>

    日 時
    11月3日(日)10:00~16:00(小雨決行)
    場 所
    井の頭恩賜公園内 野外ステージ周辺
    参加費
    入場無料

    線

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    11月7日(木)・9日(土)
    線

    「 SDGsアクション みたかエコマルシェ 」<やさい村出店>

    日 時
    11月10日(日)13:00~17:00
    場 所
    三鷹中央通り
    参加費
    入場無料

    線

    「 コピス吉祥寺 GREENINGマルシェ 」<やさい村出店>

    日 時
    11月16日(土)〜17日(日)10:00~17:00(雨天決行)
    場 所
    コピス吉祥寺 A館1階(屋根付き中通路)

    ◎地場野菜を中心に全国の美味しい野菜、(調味料・自然塩・天然茶etc.)
    他ではなかなか見られないこだわりの商品をお持ちします!
    ◎2日間実施(雨天決行)

    線

    やさい村 10%OFFセール & デモ販

    日 時
    11月29日(金)〜30日(土)
    場 所
    やさい村

    デモ販(未定)
    ※セールには一部除外品があります。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    11月6・13・20・27日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    11月1・8・15・22・29日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    11月14日(木)20:00~22:00
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 - ママクラス - 」村長大友の教室紹介

    日 時
    11月16日(土)13:00~15:00
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線
  • 11月「今月のおすすめ旬野菜」
    NEW
    2019.10.31 クリック
    人参

    11月の旬野菜:人参

    人参

    今月のおすすめ旬野菜:「 人参 」

    さて10月も末近くなって来ると、この武蔵野・三鷹辺りでも葉付きの人参が登場してやさい村の店頭を飾って旬を告げてくれますね。

    人参はセリ科の植物で原産地は中央アジア・アフガニスタン地方。
    (湿気の少ない高地原産だから生育中は過度の湿気には弱いんです)

    原産地からヨーロッパ方面に広がって行ったものと、中国など東アジア地域に広がって行ったものとで西洋系、東洋系と大別される。
    日本に伝わったのは16世紀、東洋系は細くて長く、当初は東洋系の人参しかなかったが、太めで短めの西洋系の人参が入って来てからは次第に西洋系の人参が中心に作られるようになった。

    走りは10月、盛りは11月、名残は12月。
    走りはみずみずしく、名残は繊維が固くなり甘みが増す。
    走りの時期は繊維を切ると苦味が出るので繊維に沿って縦切りが良く、名残時期は輪切りが向く。
    葉のある時期は葉は捨てずに天ぷらやふりかけなどにすると美味い。

    人参は多くの料理になくてはならない名脇役のような存在、多過ぎず、かと言って少な過ぎず彩り良く使いたい野菜だ。
    煮る、蒸す、焼く、炒める、生で、ピューレやスープになど和風洋風を問わず万能。
    いかに世界中で愛されて来た野菜か分かりますね。

    真っ直ぐに地中に伸びる事(陽性)、また色もオレンジ色と言う事で(陽性)、これからの時期、ゴボウや蓮根などの根菜と共に身体を温める野菜の代表格の野菜、古くから洋の東西を問わず薬用や食用として用いられたベーターカロチンなどビタミンやミネラルも豊富な薬菜でもあります。

    保存で気をつける事は乾燥には弱く水気が抜けるのを防ぐ事、新聞紙などで包んで軽く保湿して冷蔵庫または常温で保存して下さい。

    まさにこれからが旬!
    自然栽培や有機の人参の人参ジュースなども身体に良いだけでなくて本当に美味しいですよー!

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 11月「今月の酒」
    NEW
    2019.10.31 クリック
    亀萬酒造「玄米酒」

    亀萬酒造「玄米酒」

    亀萬酒造「玄米酒」

    今月の酒:
    亀萬酒造「玄米酒」

    夏から秋を通り越し冬になってしまったのではないかと思うくらいめっきり寒くなりましたね。

    寒くなると恋しくなるのが、鍋やアツアツのおでん、濃い味の料理ですよね。
    そんな料理におススメなのが今月の「玄米酒」。

    天然醸造を行う蔵元としては日本最南端に位置する亀萬酒造さんが、アイガモ農法無農薬米ヒノヒカリを玄米のまま仕込んだ純米酒で、色はシャンパンのような綺麗なゴールド系。
    味としては、濃厚なコクと芳醇な玄米の香り、旨味を楽しめます。

    深い味わいと甘みがあるので常温や燗で美味しく頂けますが、ワイングラスのような形状のグラスに氷を入れて飲むとまた違った美味しさを楽しめます。

    飲み口が狭くなる卵形の形状のグラスで飲むと香りが広がり、日本酒それぞれの風味が楽しめると、仲の良い酒屋さんに教えてもらったので試してみたら本当に風味豊かで、いつも飲む日本酒も一層美味しく感じました!

    皆様も是非試してください。
    (やさい村スタッフ 新野)

    11月1日〜30日 特価・・・
    1本(500ml)1,000円+税 ⇒ 970円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園
    NEW
    2019.10.31 クリック
    11月の畑

    11月の畑

    11月の畑

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    またしても大型台風が来ました。
    先月も来ていたので、2ヶ月連続で台風に関しての記載になってしまいます。

    今回は雨台風ってやつですかね?
    ものすごい雨が降って、川は荒れて大変な思いをした方も多くいるとの事。

    畑に関わる者としては、農場はどうなっているかと気になります。
    上空からの映像を見ると、間違いなくビニルハウスだなっていう構造物が結構な数水没しているのを見ました。川の近くには川の水を利用した水田が多くあるはずです。
    家の近くの、ひらけた場所があれば畑を作ります。

    今は畑では冬野菜の準備期、稲は刈り込みの時期ではないでしょうか?刈り取ったお米は普通倉庫に入れますし、運搬上1Fに置きますよね?
    こういう時に水があれだけ増えるとオジャンです。
    お米は年1回の作付けですから、1回の失敗は1年が吹っ飛ぶという地獄絵図になってしまう...
    食べ物を触るものとしては心が痛みます!

    吉田農園は?というと、うちは増水にはめっぽう強い位置にあります。
    水不足には弱いのですが...なので、うちにとっては大雨よりも風の方が脅威になります。

    今回の台風は、前回の15号よりは被害が少なかったかもしれません。
    野菜が少なく、収穫物は背の低いものばかりなので、被害が少なかったのは、それもひとつかと思います。

    <11月の出荷予定>

    パクチー/空芯菜/式部草/
    11月中旬〜 京芋/サツマイモ/ヤツガシラ/軟弱野菜類
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 11月号
    NEW
    2019.10.31 クリック
    ゼンケン「 電磁波低減ヘアードライヤー」 

    ゼンケン「 電磁波低減ヘアードライヤー」 
    <セール時は10%引きでお得です!>

    ゼンケン「 電磁波低減ヘアードライヤー」 
    ゼンケン「 電磁波低減ヘアードライヤー」 

    ゼンケン「 電磁波低減ヘアードライヤー」 
    <セール時は10%引きでお得です!>

    ゼンケン「 電磁波低減ヘアードライヤー」 

    ゼンケン「 電磁波低減ヘアードライヤー」 
    <セール時は10%引きでお得です!>

    一般的なドライヤーに比べて電磁波を大幅にカットした髪と頭皮に優しいドライヤーの登場です!

    60℃の低温風&遠赤外線でたんぱく質の熱変性の防ぎつつ、大風量ですばやく乾かし、キューティクルを傷めず毛先までツヤのあるしっとりまとまる髪へと導きます。

    先日行ったメーカー商談会で、私も実物を試したのですが、風が熱くならないので、小さなお子様のいる方にもオススメです。

    ゼンケン「 電磁波低減ヘアードライヤー」 

    1台・・・16,000円(税別)

    線
  • 自然栽培 ー11月の百姓ー
    NEW
    2019.10.31 クリック
    11月の百姓

    11月の百姓

    11月の百姓

    『自然栽培 ー11月の百姓ー 』
    < 佐藤さんの連載42回目 >

    10月末までかかって、稲の作業がすべて終わったら、
    「刈り上げ餅」をします。

    一年の無事と豊作を神様に感謝する大事な行事です。
    それが終わると、雪の積もった鳥海山を見て、
    おわれるように冬支度の始まりです。

    そりゃあもう、田植えや稲刈りも忙しいけれど、
    この冬囲いもなかなかのものです。

    2、3メートルもの雪におおわれるこの地は、春まで土を見ることができません。
    半年にも及ぶ雪に囲まれた生活のための支度は、
    いつ降るやもしれない空との戦いでそれはそれは、急くものとなります。。

    雪囲いに田んぼや畑の始末、漬物・・・
    短い冬の日は、あっという間に暗くなります。

    お米定期購入者募集中!お申し込み用紙は <こちら>

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • 人のその道|番外編 〜 Endless March 6
    NEW
    2019.10.31 クリック
    番外編 〜 Endless March 6-1

    番外編 〜 Endless March 6

    番外編 〜 Endless March 6-1
    番外編 〜 Endless March 6-2

    番外編 〜 Endless March 6

    番外編 〜 Endless March 6-2
    番外編 〜 Endless March 6-3

    番外編 〜 Endless March 6

    番外編 〜 Endless March 6-3

    「 人のその道 」番外編 〜 Endless March 6 〜

    「その人を知ればその人が創り出す物事が見えてくる」と思いたち、生産者さん達の生の声をお届けするコーナー。
    今回は<番外編 〜Endless March 6〜>としまして、つれづれ日記なるものをお届けします。

    「立ち止まってみる、思い出の味」

    ふと口にした味、漂ってきた香り、遠い昔の記憶がよみがえり懐かしく嬉しく、時には切なくもなる。
    両親が誕生日やクリスマスに用意した食事やケーキ、特別な日に食べた贅沢なディナー。仲間と食べた同じ釜の飯。
    日常のふとした瞬間に思い出す特別な食事や日常の一コマ。

    一番身近な家庭の話をすると、
    山形出身の父方のじいさんが焼いてくれた、めちゃくちゃ塩辛かった焼鮭や何かの祝いに食べた鯉の煮物。
    会津若松出身の母方のじいさんは、納豆に砂糖入れて食べてた。
    正直自分は好きじゃなかった、なぜ納豆を甘くしてじゃりじゃり音を立てながら食べているのか子供ながら疑問に思っていた。
    じいさんとばあさんと3人で鰻を食べていた時に皿に余っていた鰻を僕の茶碗にのせてくれた。
    「いっぱい食べろ(じいさん)」すると「そりゃ私の分だよ、食べる物がなくなっちゃうよ(ばあさん)」と3人で笑った。

    親になり次は自分の番。
    何気ない毎日の食事に時期の物を取り入れたり、正月には些細ながら用意する御節、それから続く節句事の料理。息子なのでお雛様は関係ないが、ちらし寿司とお吸い物くらいは用意して将来子供を授かって女の子だったら、ちゃんとやってあげてほしい。
    弁当が必要な時には、朝5時くらいには起きて用意をする。
    負けず嫌いな僕は、なぜか他のお母さん達のお弁当に負けたくない一心で作る。
    一応リクエストを聞いて作るのだが、キャラ弁だけは困った。。。
    苦肉の策で海苔を切ってイニシャル【A】だけを米に貼った事もある。あと頼みの綱はタコさんウインナー。それを見た息子がどう感じたかはわからないがいい思い出になってくれれば幸いだ。

    正直、料理が得意でも上手でもない。それを自覚したうえで好きか嫌いかだけ判断してくれと開き直ってる。
    前回か前々回に「毎回息子にうまいか?」と聞くと書いた、これは自分でも味に不安があるのかもしれない。
    けれど好きなら記憶に残りやすい。

    息子は来年中学生になる。中学にもなれば部活や、友達との時間、興味が家庭よりも外に向いていくと思うし、高校性になればもっと遠のく。自分もそうだったから寂しい気持ちもあるが仕方ない。
    さらに成人し巣立てば、一緒にご飯を食べる事も減るだろう、そして家庭を持てたなら次は自分がやる番だ。
    そんな時に少しでも僕を思い出してくれれば、嬉しい。

    あの時あの人と食べていた物、作ってくれた物で、またあの人を思い出す。そのサイクルが僕は好きで追い求めている。
    (新野)

    線

  • 「塩」いのちのふるさと[20]
    NEW
    2019.10.31 クリック

    ー自然塩復活運動を振り返るー 「塩」いのちのふるさと[20]

    かつて自然海塩運動の旗手となった谷さんは、当時の専売公社にイオン交換塩に切り替え国民の健康を損ねていると抗議に行ったことがあるが、その対応に出た専売公社の技術者が言ったことは、微量元素はごく微量なので他の食品から摂ればよいとの政府側の見解と対応だった。

    いかに生命の根源である「塩」を捉えているのかよくわかる対応だが、じつはとんでもないこの認識違いが現在に至る「塩」悪説の誘引となっているし、現在の病人社会を招いて来たのだ。

    さて、10月号に引き続き真島先生の著者から抜粋を紹介させて頂きます
    出典:真島真平(2004年)『驚異の濃縮天然にがりパワー:花粉症、アトピー、喘息、高血圧症、糖尿病、肌荒れ…にも。』旭屋出版

    ー 地球上に存在する元素が103種類、このうち海水には60種類以上の元素が存在すると述べました。
    そして人間の体を作っている元素は「29種類」です。
    これを「生元素」と呼びます。下表にあるのがその元素の一覧です。
    まず、人体を構成する“主要”な元素が、一番上の段の4種類。
    酸素、炭素、水素、窒素です。この4種類だけで体の96%以上を占めています。

    次に多いのがリンとイオウで、この2種類と並ぶ“準主要”元素といえるのが、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、塩素です。

    その次が微量金属元素と呼ばれるもので鉄、亜鉛、銅の3種類です。
    残りが極微量元素と呼ばれるもので15種類あります。

    その種類は表の通りですが、この元素が人体に占める割合は、わずか0.02%にしか過ぎません。しかし、この“わずか”な元素がなければ、人間の体を正常に機能させることができないのです。
    たとえば、体内の酵素活動が活性化されなかったり、遺伝子をつかさどる細胞内の核酸(DNA、RNA)に異常が起きたり、栄養素が正しく取り込ままれなかったり。
    とにかく非常に重要な元素なのです。

    ヒ素、クロム、カドミウム、鉛など“中毒”と一体になったイメージが強い元素もありますが、これらの中毒は人工的に過剰に摂取させられたために起こったことで、ごく微量においては、むしろ生態機能を正しく働かせるために必要なものなのです。

    たとえば、カドミウムが不足すると、筋無力症を引き起こすため、生体には必要な元素なのだということがわかってきました。

    冒頭に、海水には60種類以上の元素が存在すると述べました。
    その中に、人体を構成する、言い方を変えれば“人体に必要な”ミネラルが全て存在するのです。

    海水にはといいましたが、正確には“天然にがり”には、です。

    近年のサプリメントブームでも、こうしたミネラルが注目されて、愛用されている人も多いと聞きますが、そうした方々は、そのミネラル1種類の効能に注目し、「私はここが弱いから、このミネラルを飲めば大丈夫」などという"単品"主義だそうです。

    しかし、ある種のミネラルのみ集中して飲むというのは反対です。
    やはり過剰に摂取すれば弊害も考えられるからです。

    それよりも、必要なのは「ミネラル・バランス」です。
    様々なミネラルをバランス良く摂取する。
    それでこそ、バランスの取れた体の機能を保つことができるのです。
    それに最も適しているのが天然にがりだと確信します。

  • 10月号のご挨拶 2019.10.03 クリック

    9月23日、やさい村主催のトークイベント「未来に残したい食の智慧」〜食からみた健康な暮らしと子供達のこと〜が開催されました。

    内容的にとても濃い、充実したものだったので参加された多くの方々からは、目からウロコの体験だったと感動や喜びの声を掛けて頂きまして本当にありがとうございました。

    今回は、NPO法人メダカのがっこうの中村陽子さんが日本を取り巻く農薬の規制緩和・特にグリホサート(除草剤)のグラフと子供たちの神経性の疾患のグラフなど関連性のお話や、どうやめさせて行けるか。(おそらく調べたら国民の90%以上の体内からグリホサートが検出される可能性がある。)
    それに対して、食事を有機のものに変えるだけで体内の残留農薬はどんどん減少して行くという事実。
    政府が検討を進めようとしている学校給食などの無償化に有機給食を実施させようと運動を立ち上げた呼びかけ。

    また、モデルや俳優などメディアや広告業界の第一線で活躍しながら感じた矛盾の中で、みずからの体調を食に目覚めてみずから立て直した経験から若者たちになんとか食や無農薬栽培の農の大切さを働きかけていこうとして、自分たちのレーベルを立ち上げ楽しみながら若者たちの輪を広げている中村姉妹の実践のお話。

    そして、どんどん悪くなる最近の政治から経済主義、また、個人に降りかかる様々な病気、そしてそれを食を変えさせる事によってどんどん治している若杉さん。一刀両断のように歯切れ良くバッサバッサと切りまくる若杉ばあちゃんの小気味よいくらいのお話まで、とてもためになり、また、たくさん元気を分けてもらえた素晴らしい集いになりました! やっぱ必要だね、こんな会!!!
    あー来なかった人たちにも、全く気付いてない人たちにも聞かせてあげたかったなぁ〜というのが僕の心の中に残りました。

    そしてその翌日ホテルにお迎えに行った時「大友さんね、これから世の中もっともっと悪くなるで。」「行くとこまで行かんとみんな気づかんのよ。」「これからはね、食の運動が必要だよ、皆んなでやらんとな。一人だけでやっててもダメよ。」と若杉さん。
    いろいろ、考えさせられ、元気をもらえ、参加された皆さんの楽しんで元気な顔になって行くのを見ながら、企画して、やっぱ行動するって素晴らしいなと感じました!行動しなきゃ何も新しいものは生まれない。

    さて、10月は食養と手当て講座、料理教室など実践で学べる講座が控えてます。学ぶには絶好の機会ですよ。他これから怒涛のイベントシーズンに突入します。やさい村でイベント助っ人、1日ボランティアスタッフなど、楽しい・面白い経験も出来るチャンス、助っ人希望の方はスタッフに気軽にお声をお掛け下さいね。やさい村居酒屋や、突如若杉ばあちゃんが登場する隠密トークイベントも開催されると 思いますので、やさい村村民情報をしっかりキャッチしていて下さいね!!

    (村長大友)

  • 10月イベントお知らせ 2019.10.03 クリック

    イベントのお知らせ

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    10月3日(木)・5日(土)
    線

    「 いざというときの食養と手当 」
    秋の食養と手当て-(呼吸器系)生姜シップ・里芋パスター

    日 時
    10月6日(日)11:00~15:00
    場 所
    田んぼカフェ(武蔵野市吉祥寺南町5-11-2)
    参加費
    4,500円(メダカ会員割引あり)

    【申込み】主催:メダカのがっこう

    線

    「 中村陽子さんのマコモ料理教室 」<やさい村主催>

    日 時
    10月13日(日)13:30~16:00
    場 所
    井の頭地区公会堂 3F料理実習室(三鷹市井の頭5-10-24)
    参加費
    3,000円(村民2,500円)
    定 員
    先着30名

    線

    「 コピス吉祥寺 GREENINGマルシェ 」<やさい村出店>

    日 時
    10月19日(土)〜20日(日)10:00~17:00(雨天決行)
    場 所
    コピス吉祥寺 A館1階(屋根付き中通路)

    ◎地場野菜を中心に全国の美味しい野菜、(調味料・自然塩・天然茶etc.)
    他ではなかなか見られないこだわりの商品をお持ちします!
    ◎2日間実施(雨天決行)

    線

    やさい村 10%OFFセール & デモ販

    日 時
    10月25日(金)〜26日(土)
    場 所
    やさい村

    デモ販(未定)
    ※セールには一部除外品があります。

    線

    「 フェアトレードFESTAむさしの 」<やさい村出店>

    日 時
    10月26日(土)〜27日(日)11:00~16:00
    場 所
    境南ふれあい広場公園(JR武蔵境南口)

    線

    「 やさい村居酒屋 」<やさい村出店>

    日 時
    10月27日(日)14:00~16:00
    場 所
    やさい村店頭軒先
    参加費
    500円(おにぎり&漬物付)+1品持ち寄り

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    10月2・9・16・23・30日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    10月4・11・18・25日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    10月10日(木)20:00~22:00
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 - ママクラス - 」村長大友の教室紹介

    日 時
    10月19日(土)13:00~15:00
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線
  • 10月「今月のおすすめ旬野菜」 2019.10.03 クリック
    マコモダケ

    10月の旬野菜:マコモダケ

    マコモダケ

    今月のおすすめ旬野菜:「 マコモダケ 」

    じつは本来なら9月号で紹介すべきだったのですが、今年は気象のせいか収穫の時期が遅れ気味なので今号にて紹介しましょう!

    「マコモ」は東南アジアから東アジアに広く分布し、水辺に自生するイネ科の多年草植物です。
    このマコモに黒穂菌が着くと茎が肥大化してマコモダケと呼ばれて食用として用いられるようになります。

    マコモは古代から神聖な薬草と崇められ、古い歴史を持つ神社では様々な神事が伝わっている。
    また、仏教でもお釈迦様が病人をマコモの葉を編んだ敷物に寝かせて治した話が伝わっている。

    マコモダケの料理は、焼いても煮ても、味噌汁の汁の実にしても良く、また油との相性も良いのできんぴら、天ぷら、南蛮漬けなども絶品! 味はあっさりとしていて、たけのこのようなまたトウモロコシのようなほのかな甘みもあり、新しい味覚で家族が喜ぶ事請け合いです。

    また、葉っぱは捨てずに乾燥させたものをさらに土鍋でこんがり茶色くなるまで乾煎りしてお茶にして煎じて飲むと利尿効果があり、デトックス効果が大きい。他にもマコモの葉を刻んで瓶に入れ、35度の焼酎に漬けたマコモ焼酎は、万能の薬酒。

    また、葉っぱを乾燥させたもので枕や帽子などを作って使用すると安眠や頭痛、頭部の病気に良い。

    とにかくマコモは捨てるところが無いスーパーフードなのだ。

    ◎9/23の食のトークイベントでは、ワンシーズン何回かマコモダケを食べただけで長年の体調不良が解消したという体験談を語ってくれた方もいて、僕らも驚いた!

    そろそろやさい村の店頭に並ぶ時期なのでタイミングを逃さず、しっかりと食べておきたいですよね!!!

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 10月「今月の酒」 2019.10.03 クリック
    「井筒ワイン プレスラン」赤

    「井筒ワイン プレスラン」赤

    「井筒ワイン プレスラン」赤

    今月の酒:
    「井筒ワイン プレスラン」赤

    朝晩肌寒い日が増え秋の気配が近づいてきましたね。
    「実りの秋」美味しい食べ物には是非美味しいお酒を。

    今月は、信州桔梗ヶ原一帯の自社および契約農園で収穫される良質のコンコードを醸造した、国産ぶどう100%のワイン。
    酸化防止剤・保存料無添加。

    とても香り高いフルーティーなワインで甘口ですが、柔らかな渋みと程よい酸味が調和する、ロウプライスで手頃なデイリーワイン。
    ※プレスランは二番搾りで作られたワインです。

    また、お手頃なのでそのまま飲むはもちろんおススメですがフルーツを漬けてサングリアや寒い日にはシナモンや輪切りレモン、はちみつなどを加えてホットワインもおススメですよ。

    それでは楽しいアルコールライフをお楽しみください。
    (やさい村スタッフ 新野)

    10月1日〜31日 特価・・・
    1本(720ml)842円+税 ⇒ 810円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2019.10.03 クリック
    10月の畑

    10月の畑

    10月の畑
    10月の畑 2

    10月の畑 2

    10月の畑 2

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    台風シーズンです。
    気温は随分と過ごしやすくなりましたが、
    畑にとってこの‘風’ってやつは本当に厄介な存在になります。

    関東を直撃した台風で、ナスは終了。
    芽が出たての白菜や大根類は吹っ飛ばされ蒔き直し、チコリ・レタスも傷ついてしまい、今の優しい天気で回復中です。

    農園は現在端境期ですが、この時期は育成期でもあります。

    玉ねぎの種まきが終わり、来年6月には実りを迎えてくれるか?
    この冬、春の気候が気になるところです。

    因みに今年の玉ねぎはイタリアのBorettana,forays di parmaを中心に、ベルギーエシャロットとフレンチオニオン今年はヨーロッパ固定種ばかりを蒔きました。

    とても時間のかかる野菜なので、気が早い話ではありますが、お楽しみに!

    <10月の出荷予定>

    空芯菜/式部草/モロヘイヤ/パクチー/生姜
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 10月号 2019.10.03 クリック
    みれっとファーム「焼き菓子いろいろ」

    みれっとファーム「焼き菓子いろいろ」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    みれっとファーム「焼き菓子いろいろ」
    みれっとファーム「焼き菓子いろいろ」

    みれっとファーム「焼き菓子いろいろ」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    みれっとファーム「焼き菓子いろいろ」

    みれっとファーム「焼き菓子いろいろ」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    卵、乳製品、砂糖不使用。アレルギーのお子様にも嬉しい、体にやさしいお菓子です。
    国産小麦使用。甘みはドライフルーツや麦芽水飴、有機メープルシロップを使いったものや、甘みを一切使ってないクッキーもあります。

    噛み締めるとじわっと素材の旨みが口に広がります。
    「竹炭かりんと」は若杉ばあちゃんもお気に入り♪
    焼き菓子以外に、蒸しパンやあっぷるぱい、食パンも数量限定で入荷します。
    こちらも美味しくて、これ目当てに毎月来店されるお客様も多数という人気ぶり♪
    ぜひお試しくださいね^^

    みれっとファーム「焼き菓子いろいろ」

    太郎くん(8枚入)・・・355円(税別)
    竹炭かりんと(100g)・・・360円(税別)
    他多数

    線
  • 自然栽培 ー10月は稲刈りー 2019.10.03 クリック
    10月は稲刈り

    10月は稲刈り

    10月は稲刈り
    10月は稲刈り

    10月は稲刈り

    10月は稲刈り

    『自然栽培 ー10月は稲刈りー 』
    < 佐藤さんの連載41回目 >

    なんたって、この稲刈のための一年でしたから。
    百姓の一年は、この稲刈で終わります。
    せっせと、精を出す事に致しましょう。

    そうこうしているうちに、山のてっぺんは白くなり、
    寂しい寂しい色のない世界がやってきます。

    そうなる前に急いで急いで黄金色を刈り取ります。
    霧が深い山あいの里には、白い虹が出ます。

    でも、そんなものに気を取られる事なく、ただただ空を気にしながら
    せっせと刈取りに勤しみます。

    春の目まぐるしさからこの秋まで、何だかいつも追われるように仕事しています。
    それは、半年雪に覆われるこの地の定めです。
    おてんとうさまとの掛け合いなのです。

    何はともあれ、今年も無事稲刈りまでたどり着けたことに感謝いたします。

    お米定期購入者募集中!お申し込み用紙は <こちら>

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • 人のその道|番外編 〜 Endless March 5 2019.10.03 クリック
    番外編 〜 Endless March 5-1

    番外編 〜 Endless March 5

    番外編 〜 Endless March 5-1
    番外編 〜 Endless March 5-2

    番外編 〜 Endless March 5

    番外編 〜 Endless March 5-2
    番外編 〜 Endless March 5-3

    番外編 〜 Endless March 5

    番外編 〜 Endless March 5-3

    「 人のその道 」番外編 〜 Endless March 5 〜

    「その人を知ればその人が創り出す物事が見えてくる」と思いたち、生産者さん達の生の声をお届けするコーナー。
    今回は<番外編 〜Endless March 5〜>としまして、つれづれ日記なるものをお届けします

    「ぶれないこだわりとシェアする未来」

    9/23『 未来に残したい食の智慧~食からみた健康な暮らしと子供達のこと 』に参加頂いた皆様本当にありがとうございました。

    今回のイベントで企画からやらせてもらって強く意識したのは自分が良いと思っている事を強要するのではなく伝えて行く事。
    自然のチカラや食養。四季の食事、自然の力で行うセルフケア。地球や環境、体を一番に考え造られた食べ物。

    日本には昔から「おばあちゃんの知恵袋」と言われる素晴らしい術がある。
    これを自分が使うだけや、発信するだけでなく次世代とシェアしていく事。
    自然食品店という仕事をしているからこそ、自分達ができる一番身近なサステナブル(持続可能な事)だと思ったからだ。

    世代を越えて食事は身近な事で重要な事であるが伝え方も違えば、受け取り受け入れかたも違う、だからこそ聞きやすいゲストの話を参考にしてもらえれば幸いなのだが、共通点は食の重要性と、よりナチュラル(自然と共存)な事と決めた。

    さらにはメディアが報じない国が管理する食品の危うさ、グリホサート農薬の危険性、世界に逆境して緩和された残留農薬の事、メダカのがっこう中村陽子さんからお話してもらい多くの方がその危険性を知り、また日常的に食べる食材の事を考えされられた。

    あなたが子供に伝えたい事、親や友達に伝えたい事、子供に子供が産まれた時にも残っていてほしい技術や知恵など何か見つけてもらえたなら嬉しい。

    ゲストに来て頂いたmiratoami中村姉妹の話の中で「よりキャッチーでお洒落でスタイリッシュに見せる事で同世代に発信している」「男はカッコつけたがる生き物だから、、◯◯ってカッコいいよ」と話してみると言っていたが、これは今の時代本当に一律あると思う。 勿論、物事の大切さや価値を下げているわけではなく、相手が受け取りやすいように工夫をする。

    イクメンと呼ばれたはじめたのもこの数年、これも本来自分の子供を育てる事は当たり前の事なのに雑誌やメディアの効果で「イクメンの自分カッコいい、すごい!」と思っている人も多くいると思うし、またそれに憧れて真似しようとする人たちが増える。
    カッコいいと思わせる事も新しく人を取り入れる事には重要なのだと感じる。

    さらにはSDGsはポップでキャッチ―なアイコンで至るところで目にする事が増えたが、元々は専門家か作った硬い文章から重要な部分と一文をピックアップしカラフルなアイコン化した事で世界中に一気に広まりをみせ、人目につく機会が大幅に増えたと思う。

    今回のイベントでは自分自身も多く勉強ができ考えさせられる事があり、食にもブームや流行り廃りがあるが、その中でぶれないこだわりや大切な事を今後も店やイベントを通して多くの方とシェアできればいいと思う。
    (新野)

    線

  • 「塩」いのちのふるさと[19] 2019.10.03 クリック

    ー自然塩復活運動を振り返るー 「塩」いのちのふるさと[19]

    さて、もう少し真島先生の著者から抜粋させてもらって我々の健康のメカニズムと海水に含まれている微量ミネラルの働きを知って行きたいと思います。
    出典:真島真平(2004年)『驚異の濃縮天然にがりパワー:花粉症、アトピー、喘息、高血圧症、糖尿病、肌荒れ…にも。』旭屋出版

    ー 地球上には103の元素が存在し、このうち、海水に含まれているのは60以上の元素とされています。
    含有量の多い順から挙げます。

    酸素(O)、水素(H)、塩素(Cl)、ナトリウム(Na)、マグネシウム(Mg)、硫黄(S)、カルシウム(Ca)、臭素(Br)、炭素(C)、ストロンチウム(Sc)、ホウ素(Bo)、ケイ素(Si)、フッ素(F)、などとなりますが、途中を省略して、モリブデン(Mo)やセレン(Se)、マンガン(Mn)などとなります。

    水素、酸素、炭素、窒素、ナトリウム、リン、硫黄、カリウム、塩素など生命体の構成に必須な元素は「生元素」と呼び、そのうち含有量が多い水素(60%)、酸素(25%)、炭素(10%)、窒素(2%)を4大生元素と呼び、これだけで海水の97%を占めます。

    その他の3%がごくわずかに存在するもので、これを「微量元素」といいます。
    ごくわずかしか含まれていませんが、この微量元素なくしては生命を維持できません。

    地球に初めて生命が誕生したのは、太古の海で33、34億年前と推定されています。
    生命体は少しずつ進化し、大気の状態が生息に適すようになった4、5億年前に陸上に進出しました。
    その一部がわれわれ人間で、300万年か400万年前に誕生したといわれています。

    逆に考えれば、最終的に人間となった生命体は、その発生から30億年近くを海の中に生きて来たことになります。
    そのためか、人間は今でも様々な面で海との関係が深いのです。

    まず、胎児は母親の羊水の中で育ちますが、この羊水の成分が海水に驚くほど似ているのです。
    羊水は水分98%に塩素、ナトリウム、マグネシウム、カルシウム、カリウムなどが溶け込んだもので、その比率は非常に海水に近いのです。

    また、人間の血液の液状成分である血漿は、水分、アルブミン、グロブリン、フィブリノーゲンなどのたんぱく質や無機塩類で構成されていますが、これも海水成分と大変似ているのです。

    いずれも人間が生きていく上に欠かせないもので、それがそれが海水と極めて近い成分ということを考えれば、ニガリが人体に必要不可欠であることは明らかです。

    ところが、効率と価格などを重視したために、ニガリを除去した“イオン塩=塩化ナトリウム”が多く使われるようになり、結果現代病を招いてしまった。これは実に問題です。 ー

  • 9月号のご挨拶 2019.08.30 クリック

    こんにちは、8月は連日の猛暑でしたので本当に大変でしたね〜〜ヒートアイランド現象は止まるところを知らないようです。

    おりもおり、アマゾンの火災でも既に日本の面積と同じくらいの森林が消失してしまったそうで、さらに拍車がかかることが予想されるようです。もはや地球環境の問題にも無関心ではいられませんね。

    ところで私ごとですが、8月16日〜22日迄、末の娘の結婚式でフランスのパリに行ったのですが、結婚式も教会も素敵でした。

    この機会にと思って、美術館巡りをしたり、パリ在住の元やさい村のお客さんだった友人にパリの自然食品店やビーガンカフェ、オーガニックなパン屋さん、オーガニックコスメのお店などを案内してもらいました。

    初めてのヨーロッパ旅行で、初めてのパリでしたが、先ずパリの自然食品店が一般的なパリジャン達が多く利用しているとの説明されて、ますます興味が湧いて来ました。やはり一般の人たちの食や環境への関心はとっても高いようですね。

    過剰包装の問題やプラスチック問題が、世界的には大きな問題になっているのは知っていたのですが、パリの自然食品店では過剰包装をやめて量り売りが徹底していることに驚きました。
    野菜などもほとんど綺麗に積まれていて、包装して売っているものは見かけませんでした。

    この量り売りやレジ袋がないのは自然食品店だけではなく、一般のスーパーなどでもかなり徹底して行われています。

    結果でしょうが、ほとんどパリではプラスチックゴミを目にはしませんでした。
    地下鉄の駅のホームなどにもプラスチック問題のポスター(海中の人魚姫がプラゴミで困っている図)がでかでかと貼られています。また、自然食品店やスーパーなどのお店では様々なリサイクルが積極的に行われていました。

    元々フランスは農業国で、自給率も日本よりはるかに高く、農薬の規制は厳しく、フランス人の気質もチェーン店よりも個人商店を大事にする気質だそうで、素敵でお洒落で、地域に根ざしたお店が沢山あり、街も魅力的に感じました。 駆け足でしたがそれぞれ見て、沢山写真を撮って来ましたよ。スライドショーが出来そうなくらいの量です。

    日本の気候や湿度、バックヤードや保冷施設などいろいろ課題もありすぐに実現は難しいところもありますが、やさい村でも量り売りの推進をスタッフで話していたところでしたので、今後のやさい村のレイアウトの参考などに出来たら良いかなと思います。

    お客様でも、何かやさい村がこうなれば、こう有って欲しいなど、ご指摘やご要望があれば是非おっしゃってくださいませ。
    共により良いお店つくりを目指して行きたいと思います。

    (村長大友)

  • 9月イベントお知らせ 2019.08.30 クリック

    イベントのお知らせ

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    9月5日(木)・7日(土)
    線

    「 コピス吉祥寺 GREENINGマルシェ 」<やさい村出店>

    日 時
    9月14日(土)〜15日(日)10:00~17:00(雨天決行)
    場 所
    コピス吉祥寺 A館1階(屋根付き中通路)

    ◎地場野菜を中心に全国の美味しい野菜、(調味料・自然塩・天然茶etc.)
    他ではなかなか見られないこだわりの商品をお持ちします!
    ◎2日間実施(雨天決行)

    線

    「 一中生職場体験 期間 」

    日 時
    9月18日(水)〜20日(金)
    線

    「未来に残したい食の智慧」~食からみた健康な暮らしと子供達のこと~ 」<やさい村出店>

    日 時
    9月23日(月・祝)13:00〜16:00
    場 所
    沙羅舎 B1F(舞遊空間)住所:三鷹市下連雀3-1-24
    参加費
    前売1,500円 / 当日1,800円

    NPO法人メダカのがっこうの中村陽子さん、miratoamiの中村姉妹、ゲストに若杉ばあちゃんも参加してくれ、世界的な農薬問題、学校給食、そして若い人達からの提案やばあちゃんからの伝えたい事など、知りたい事、聞きたい話が満載の、超オススメトーク企画です!!

    数名のゲストを迎え、食養や日本伝統食、四季を取り入れた食卓から学校給食有機化活動を行う「食べ物を変えたいママプロジェクト武蔵野“食べママ”のお話。
    肩肘張らずに取り入れる、シンプルでナチュラルな健康の薦め。
    内面からにじみ出る美を育む食事。
    ゲストそれぞれの視点から見た食の重要性話すトークセッションです。

    ゲスト:NPO法人メダカのがっこう理事・中村陽子さん/MIRATOAMI・中村姉妹
    応援サポーター:若杉ばあちゃん

    線

    「東京ビーガングルメ祭り」<やさい村出店>

    日 時
    9月29日(日)10:00~16:00
    場 所
    木場公園(江東区平野4-6-1)
    入場料
    無料

    地下鉄東西線、木場駅から徒歩12分・木場公園ステージ広場

    線

    やさい村 10%OFFセール & デモ販

    日 時
    9月27日(金)〜28日(土)
    場 所
    やさい村

    デモ販(未定)
    ※セールには一部除外品があります。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    9月4・11・18・25日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    9月6・13・20・27日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線
  • 9月「今月のおすすめ旬野菜」 2019.08.30 クリック
    さつまいも

    9月の旬野菜:さつまいも

    さつまいも

    今月のおすすめ旬野菜:「 さつまいも 」

    実は、9月は東京周辺は端境期に当たり残念ながら旬の盛りのものはない。

    今年は梅雨の時期が長かったのでひょっとしたら遅めのナスあたりが盛期を迎えているかもしれないが、今号では毎年焼き芋で大好評のさつまいもを取り上げてみることにした。

    ただ毎年大好評の吉田さんのさつまいもは、おそらく9月後半頃からにはなると思うので、店頭でスタッフにご質問くださいね。

    さつまいもの原産地は中南米。コロンブスのアメリカ大陸発見以降盛んに訪れるようになったスペインやヨーロッパの船によって各地に運ばれ、日本には、フィリピン、中国、沖縄(宮古島)を経て、1600年頃薩摩の国(鹿児島県)に伝来した。

    さつまいもの走りは9月、盛りは10月、名残りは11月、走りは水分が多く、甘みは少なく、その時期のものの料理は油との相性が良い。名残りは水分が切れ、でんぷん質が糖化して甘みが増す。

    さつまいもの伝来は、各地で当時の食料事情の救世主的な役割を担った。
    痩せた土地でも出来、でんぷん質が豊富で糖度も高く、米が取れない時でも出来たので、飢饉の時でも多くの命を救った。

    さつまいもは収穫後、基本的には1カ月は貯蔵し熟成させて出荷されるが、さつまいもを美味しく食べるコツは、時間をかけてうまみを濃縮させることに尽きる。

    料理は、大学芋や、芋ようかん、芋きんとん、天ぷら、煮物。

    その煮物だが、切って煮るより、火を入れてから浸し地に漬ける方が、甘みはそのままで煮崩れないとのこと。
    コツはさつまいもも浸し地も暖かいうちに漬けることで30分ほどでほっこり上品な煮物ができる。是非挑戦してみよう!

    さつまいもの購入後の保存は、新聞紙などで包んで常温保存。
    芋のお尻を見て、切り口に茶色く蜜の付いているものは完熟して甘みが増しています。

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 9月「今月の酒」 2019.08.30 クリック
    寺田本家「香取90」

    寺田本家「香取90」

    寺田本家「香取90」

    今月の酒:
    寺田本家「香取90」

    自家栽培の無農薬米を原料に、蔵内に湧き出す上質の地下水で百薬の長たるお酒を目指し、昔ながらの「生酛作り」で丁寧に時間をかけて仕込まれる、千葉県香取郡の寺田本家さんの「香取90(1.8L)」をご紹介します。

    麹菌、乳酸菌、酵母菌も全て蔵付きの菌で発酵。
    醸造アルコール、発酵助剤などの添加物は一切不使用。
    乳酸やアミノ酸を多く含み、濃厚でコクのある味わい深い純米酒。

    呑むのは勿論の事、料理に使用しても美味しいです。

    今月は一升瓶がお得になってますので宴会用に、毎日の晩酌用に、お料理用にと沢山使えますので是非!
    (やさい村スタッフ 新野)

    9月1日〜30日 特価・・・
    1本(1.8L)2,180円+税 ⇒ 2,080円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2019.08.30 クリック
    冬野菜の芽吹き

    冬野菜の芽吹き

    冬野菜の芽吹き
    吉田農園の畑

    吉田農園の畑

    吉田農園の畑

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    風は秋を感じさせてくれています。

    今年の夏は昨年と比べると、痛いような日差しは少なかったように感じます。

    農園の夏野菜たちは順々に仕事を終え、茶色くなってきました。

    一方で、冬の野菜達が芽吹き、定植を済ませ、着々と準備を進めております。

    こうなってくると、収穫野菜は減り、秋の端境期へと向かいます。

    今は盛暑期に元気の無かったナスが、長梅雨のダメージからやっと抜け出し、取れ始めました。

    モロヘイヤ・空芯菜も秋になって復活。
    短い期間の収穫になってしまいましたが、夏の名残りを食べて、残暑を乗り越えましょう。

    <9月の出荷予定>

    ナス/モロヘイヤ/空芯菜/トマトmix/生姜
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 9月号 2019.08.30 クリック
    ボディクレイ「ねんどのソープ/ねんどのローション」他

    ボディクレイ「ねんどのソープ/ねんどのローション」他
    <セール時は10%引きでお得です!>

    ボディクレイ「ねんどのソープ/ねんどのローション」他

    ボディクレイ「ねんどのソープ/ねんどのローション」他
    <セール時は10%引きでお得です!>

    クレイは太古の昔から美容や洗髪、いやしに使われてきました。
    ボディクレイの商品は、国産高品質のモンモリロナイトという粘土鉱物が主原料です。
    モンモリロナイトは1mmの5000分の1というウイルス並の大きさで、肌に負担なく毛穴の奥の汚れを取ってくれたり、肌の保湿や保護をしてくれる効果があります。

    ねんどのソープは優しくてパワフルな洗浄力で肌や髪、全身に使えます。
    ねんどのローションは肌のべたつきを抑えたり日焼けのクールダウン、髪の静電気防止にもオススメです。パックや入浴剤などもありますよ。

    ボディクレイ「ねんどのソープ/ねんどのローション」他

    ねんどのソープ(300g)・・・1,400円(税別)
    ねんどのローション(120ml)・・・1,600円(税別)

    線
  • 自然栽培 ー9月の百姓仕事ー 2019.08.30 クリック
    9月の百姓仕事

    9月の百姓仕事

    9月の百姓仕事

    『自然栽培 ー9月の百姓仕事ー 』
    < 佐藤さんの連載40回目 >

    8月に花が咲いた稲は実を結び、下旬にはすっかり垂れ下がります。
    まだ青い穂ですが、そこから一ヶ月をかけて黄金色になります。

    今年の夏は雨が少なく、穂は短いのですが味は濃縮されることでしょう。
    収穫までもう少しのところまでこぎつけました。

    稲刈りに向けて、田んぼを乾燥させながら3日に一回水をかける事を繰り返します。
    作業がし易いように草刈りをし、圃場を整備します。
    乾燥機やもみすり機、貯蔵庫の支度。機械の整備・・・

    すべからく、稲刈りに向けてひとつずつ準備していきます。
    一年の集大成の時です。

    秋も深まり、川霧に包まれるようになる頃、穂も葉っぱも色付き
    いよいよ、稲刈りシーズン到来となります。

    9月下旬、山里はダカダカとけたたましい機械音にすっぽりと包まれます。

    お米定期購入者募集中!お申し込み用紙は <こちら>

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • 人のその道|番外編 〜 Endless March 4 2019.08.30 クリック
    番外編 〜 Endless March 4-1

    番外編 〜 Endless March 4

    番外編 〜 Endless March 4-1
    番外編 〜 Endless March 4-2

    番外編 〜 Endless March 4

    番外編 〜 Endless March 4-2
    番外編 〜 Endless March 4-3

    番外編 〜 Endless March 4

    番外編 〜 Endless March 4-3

    「 人のその道 」番外編 〜 Endless March 2 〜

    「その人を知ればその人が創り出す物事が見えてくる」と思いたち、生産者さん達の生の声をお届けするコーナー。
    今回は<番外編 〜Endless March 4〜>としまして、つれづれ日記なるものをお届けします

    「些細な食卓、大きな誉め言葉」
    食事とは多くの人の楽しみであって、大体の人は毎日食べていると思う。

    仕事が終わると帰宅し疲れを感じながらも家事をするのが日課で、その中で大事にしているのが食事。
    とはいえ、年中腹を空かせた子供がいると料理にも時間をかける事はあまりできず、手の込んだ物や豪勢な物を作るわけでもなく大概、米に主菜・副菜(作り置きのお浸しや漬物、煮物etc.)と味噌汁くらい。時には麺やパスタを食べたりします。

    ですが、何を作るにも意識しているのは季節感。
    折角、日本で生きているのだから田舎の台所のような四季を味覚でも感じたい。。。
    と毎日できればいいのですが、時にはお惣菜を買う事もあります。

    ただ、そんな日でも味噌汁とか何か一品だけは作るようにしています。
    些細な物一つでも手料理があれば子供にも何か伝わる事があるのではないでしょうか。

    そして、息子に食事のたびに聞くのです「うまいか?」、しつこく毎日聞いています。

    幸いに「うまい」と言ってもらえるので、この一言でバタバタと疲れる仕事や家事が報われたように感じるのでした。
    皆さんも忙しい毎日ですが、品目は少なくても家庭の味を大切にして下さい。
    (新野)

    線

  • 「塩」いのちのふるさと[18] 2019.08.30 クリック

    ー自然塩復活運動を振り返るー 「塩」いのちのふるさと[18]

    さて前回ご紹介出来なかったナトリウムとカリウムの拮抗作用のお話の後半部分のご紹介ですので8月号の前半と合わせてお読みください。
    出典:真島真平(2004年)『驚異の濃縮天然にがりパワー:花粉症、アトピー、喘息、高血圧症、糖尿病、肌荒れ…にも。』旭屋出版

    〜また、よく、健康な状態は体が弱アルカリ性であること、といいます。
    酸性に傾くことが様々な病気を招くと。

    人体をアルカリ性に保つことにも、ナトリウムは役立っています。
    ナトリウムは体内で炭酸と結合し、炭酸水素塩となって、血液や体液のアルカリ性を保ちます。

    なぜ酸性であることは体にとってマイナスなのか。
    いろいろと理由はありますが、1つに血液や体液が酸性に傾くと、体内の老廃物を外に排出する機能が衰えてしまうからです。
    そのためにも正常なナトリウムの摂取が必要なのです。

    その他、カルシウムやたんぱく質を血液に溶けやすくする、カリウムとのバランスで正しい神経伝達を行うなどがナトリウムの働きですが、一方で塩分の摂り過ぎが高血圧の原因とされている現実があります。

    どうしてなのか。
    細胞レベルの話しで言えば、細胞内でカリウムが不足することで、ナトリウムが細胞内に入り込み、血圧を上昇させます。

    ですから、カリウムとナトリウムのバランスが良ければ血圧の上昇は行われないということになります。

    お分かりでしょうか?
    高血圧の原因は、塩ではなく、ミネラルがまったく入っていないイオン塩、つまり塩化ナトリウムのみの摂取が問題なのです。
    天然にがりがたっぷり含まれた天然塩を正常な範囲内で摂っていれば、こうしたことは防げるのです。〜

    前号の8月号に掲載された、ナトリウムとカリウムの拮抗作用やナトリウムの働きの部分と合わせてお読みいただければと思います。
    緑の葉物野菜などに多く含まれるカリウムと、そこにちょっとかける醤油や塩、味噌などに含まれるナトリウム、その微妙な味覚が持つバランスの中に健康の秘訣もあったのです。

    日本人が健康であり、長寿であり、勤勉さや清潔さを大切にすることで、今、和食は世界的に注目され、また見直されております。

    和食の中に息づく、健康に生きる知恵を我々は再発見して次の世代に受け継いで行かなければいけない時に来ています。

    ただし、これは全てグルタミン酸などで誤魔化された紛い物ではなく、本物の作り方でちゃんと作られた本物の調味料や本物の塩と、自然栽培や有機栽培でちゃんと作られた本物の野菜、それらで培われた本物の味覚を持っていなければ、本当の健康は守れないのです。

    是非肝に銘じて日々の豊かな「食」を楽しみ、また創造して行って頂きたいと思います。

  • 8月号のご挨拶 2019.07.31 クリック

    皆さまお元気でお過ごしでしょうか?今年の梅雨は記録的な長さでした。

    毎年毎年繰り返されている異常気象やそれに伴って起こり続ける災害や大地震の予兆、明らかに地球規模での気候変動の影響が私はとても気になります。
    そして、この異常気象の中でちゃんとお米が出来、野菜や果物が出来、食糧が確保出来るのか、毎年の事ながらとても気がかりです。

    ところで私が一番気がかりにしている事は、私たちが住んでいるこの日本の食糧自給率が20%を割っているという日本の現状です。
    曲がりなりにも食べものを扱うという仕事を40年近くさせて頂きながら、生産者の方々の暮らしや農業事情について直接お話しを聴く機会もあり、農家の方々や農業やそこから感じる農村の変化、食品加工の現状の生の情報に触れる機会も多いので事情は皆さまより多少詳しいかもしれませんが、今の日本の食糧確保の課題に対して今の政府は全く無策です。

    無策と言うより私に言わせれば売国奴です。本当に日本全体を売り飛ばそうとしているのです。これこそ最大の国難です!

    政府はTPPなどで海外からの輸入で賄おうとしており、国内の農業を崩壊させようとしています。
    海外から安い農作物が入るからいいんじゃないなどと考えているならとんでもない事ですよ。
    これから食べものとは言えない危険な農作物が雪崩れのように日本全体を襲うのです。農作物の農薬の大幅な規制緩和もこれらの危険な農作物の導入の為に行われているのです。

    また、ご存知ない方もいらっしゃるかもしれませんので、改めて言うと、種子法を廃止し、種子の自家採種を禁止して、海外からの種子メジャーや輸入農作物の国内流入の為に、今まで国内の農業を守って来た歯止めとしての堤防を自ら決壊させいるのです。
    しかも今まで国民の健康を守って来た水の確保すら自由化と称して海外資本に売り渡すつもりなのですよ。

    もし私が国策に携われるなら、新たな農地解放を行なって、少なくとも海外資本ではなく(気をつけなければいけないのは既に海外資本に買収さたり、海外資本の子会社がいっぱい国内にも出来ていること)まず国内での帰農希望者や新規就農希望者への農地解放と、就農援助をして、都市への一極集中から人口を分散して地方を充実させて、地方自治にもっと力を持たせて、エネルギッシュな若い力を誘導して、地方産業や自給率を高める努力をすべきだと思います。

    課題山積の日本ですが、税金の使い道はちゃんと未来の日本を見据えて、使うべきところにしっかり使ってもらいたい。
    社会保障が完全に整備されれば貯金する必要すら無くす事も出来るはず、何故そのような方向に努力出来ないのでしょう。

    欠陥ジェット戦闘機やミサイルなどを買い込み、海外援助という名目で商社の為に血税をばら撒き、その見返りで私腹を肥やしている輩を許せないと思っているのは私だけなのでしょうか?

    (村長大友)

  • 8月イベントお知らせ 2019.07.31 クリック

    イベントのお知らせ

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    8月1日(木)・3日(土)
    線

    「青山ファーマーズマーケット」<やさい村出店>

    日 時
    8月10日(土)・11日(日)10:00~16:00
    場 所
    青山・国際連合大学前広場(渋谷区神宮前5-53-70)

    線

    「 コピス吉祥寺 GREENINGマルシェ 」<やさい村出店>

    日 時
    8月17日(土)〜18日(日)10:00~17:00(雨天決行)
    場 所
    コピス吉祥寺 A館1階(屋根付き中通路)

    ◎地場野菜を中心に全国の美味しい野菜、(調味料・自然塩・天然茶etc.)
    他ではなかなか見られないこだわりの商品をお持ちします!
    ◎2日間実施(雨天決行)

    線

    やさい村 10%OFFセール & デモ販

    日 時
    8月30日(金)〜31日(土)
    場 所
    やさい村

    デモ販(未定)
    ※セールには一部除外品があります。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    8月7・14・21・28日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線
  • 8月「今月のおすすめ旬野菜」 2019.07.31 クリック
    とうもろこし

    8月の旬野菜:とうもろこし

    とうもろこし

    今月のおすすめ旬野菜:「 とうもろこし 」

    とうもろこしの原産地は中央アメリカ。 7月が走り、8月が盛り、9月は名残りとなり、走りはみずみずしく甘みは爽やかだが、名残りにはみっちりと弾力を増して甘みが増す。

    原産地近くでは1万年近く前から食されていた痕跡があり、既に紀元前5000年頃の古代インカ文明やマヤ文明では階段状の畑で大量栽培が行われ、主食として食されていた他に祭儀、饗宴用の酒(チチャ)用に使われていた。

    アメリカニューメキシコ州に住むホピ族に伝わる予言の中にも地球の主催神マーサウとホピとトウモロコシの興味深い話があるが長くなるのでここでは割愛しておく。

    この地域的な穀物が世界的に広がったのはコロンブスのアメリカ大陸発見がきっかけになり、ヨーロッパに持ち帰った事に端を発している。

    さてさて、今ではすっかり私たちの食卓でもおなじみのとうもろこしだが、日本渡来の歴史は比較的に新しく、日本には1570〜90頃、天正年間ポルトガル船によってもたらされた。

    やさい村では地元農家さんの畑から直行で店頭に並ぶので、届いたばかりのとうもろこしと出会ったら即生でバリバリっと食べてもらいたいです! とりたてのとうもろこしはまさに絶品、畑で取って1時間以内なら、至福の味を思いっきり堪能出来ますよ!

    とうもろこしを茹でる場合は急な加熱は要注意、薄皮2〜3枚を付けたまま水からゆっくり茹でると澱粉質がゆっくり糖化するのでこれが甘みを引き出すコツになるのでお忘れなく。

    料理は焼く、蒸す、茹でる、またこのように一度加工したものをオイルマリネやミックスベジタブルにしたりコーンポタージュスープや炒め物などに料理する。

    また、とうもろこしの髭は南蛮毛と言って漢方の生薬として使われるので、とうもろこしを買ったら、髭を取って適当な長さに切り、2〜3日乾燥したものを薄く茶色になるまで土鍋で空炒りして、それを煮出せば、夏の薬膳茶としてむくみを取り、利尿して、体内の水分調整を行い、体内の余分な熱を取ってくれるなど、この季節には大変重宝する飲み物にも変身するので知っておきたい。

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 8月「今月の酒」 2019.07.31 クリック
    小樽麦酒「ピルスナー」

    小樽麦酒「ピルスナー」

    小樽麦酒「ピルスナー」

    今月の酒:
    小樽麦酒「ピルスナー」

    梅雨が上がれば太陽がサンサンと降り注ぎ、欲しくなるのはビールです。
    そんな季節には小樽麦酒「ピルスナー」!

    材料には有機麦芽(使用比率50%以上)とアロマホップを使用し低温発酵と長期熟成がされ、少し酸味のある香りと味ですが飲み口はすっきりしていて後味には麦の香りと甘みが残り飲み終わってからもビールの余韻が残る印象。

    クラフトビールは個性的な物が多い中で、飲み口が良く麦の香りと甘みも良い、エールビールより飲みやすい印象。
    これなら、ビール好きの人も満足、ビールに苦手意識のある人も飲みやすいんじゃないでしょうか。

    是非お得期間中のお試し下さい。
    (やさい村スタッフ 新野)

    8月1日〜31日 特価・・・
    1缶(350ml)285円+税 ⇒ 270円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2019.07.31 クリック
    ナス

    ナス

    ナス

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    変わった夏?ですね。
    野菜が高騰しているという噂を聞きました。

    今年は、順当に例年通り収穫に漕ぎ着けた農家はこの冷夏と湿度で、植物の病気が大変のようです。

    吉田農園では今年は、テントウムシダマシが異常に多く、紫蘇が穴だらけで頭を抱えています。
    そんな中ですが、7月に取れる野菜が遅れてしまい、今になってキュウリ・インゲンが元気いっぱいとれています。

    自然に近いやり方で育てていると、タイミングのズレは、野菜が自分を守るためにやっているようにも感じます。

    8月になろうとしている今、あるいはおそらく8月に入っても、まだ大玉トマトの青い玉がポコポコと実って準備している、インゲンやキュウリの収穫が続くというのは本当に異例です。

    ナスも遅れを取り戻すべく、やっと動きを見せ始めました。
    シーズン遅れとはいえ、旬の野菜しか取れない吉田農園ですから、おそらく2019年の夏野菜の旬は今なのでしょう。

    今のうちに旬を体に取り込んで、梅雨明け後〜秋に向けて、体力をつけておきましょう!

    <8月の出荷予定>

    トマト/ミニトマト類/キュウリ/インゲン/枝豆/ジャガイモ/(ナス/トウモロコシ)
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 8月号 2019.07.31 クリック
    五十嵐製麺(AFC)「よもぎそば ふるさと」

    五十嵐製麺(AFC)「よもぎそば ふるさと」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    五十嵐製麺(AFC)「よもぎそば ふるさと」

    五十嵐製麺(AFC)「よもぎそば ふるさと」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    やさい村でもコアなファンがいて大人気だった正直村の「よもぎそば」が、製造元の高齢化のため惜しまれつつ終売して1年余り。

    メーカーさんの努力により復活しました!

    新よもぎそばはそば粉入りになり(旧商品には入ってなかったんです)、
    さらに栄養価もUPです。ぜひお試しください^^

    五十嵐製麺(AFC)「よもぎそば ふるさと」

    1袋(180g)・・・190円(税別)

    線
  • 自然栽培 ー8月の百姓仕事ー 2019.07.31 クリック
    8月の百姓仕事

    8月の百姓仕事

    8月の百姓仕事

    『自然栽培 ー8月の百姓仕事ー 』
    < 佐藤さんの連載39回目 >

    暑い暑い、8月。これが来ないと困るのが稲です。
    いつもなら、月の上、中旬頃の30〜35℃で花が咲き受粉します。

    暑さにバテないよう、病気がくっつかないよう、
    水をかけたり引いたり水管理に最大の注意を払う時期です。

    しかし、7月は梅雨がいつまでも開けないで、日照が不足し、寒かったのです。
    このままいくと冷害が待っています。
    加えて、干ばつや豪雨や地震が多くなってきています。

    天気の回復を祈りながら、草刈りをし田んぼをきれいな状態に保ちます。

    盆が過ぎて、暑さもひと段落ついた下旬、
    受粉がうまくいった稲の首が青く垂れ始めます。

    お米定期購入者募集中!お申し込み用紙は <こちら>

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • 人のその道|第9回(2) 2019.07.31 クリック

    「 人のその道 」第9回(2)

    「その人を知ればその人が創り出す物事が見えてくる」と思いたち、生産者さん達の生の声をお届けするコーナー。
    先月号の「NPOメダカのがっこう理事:中村陽子さん」の続きとなります。(スタッフ:新野)

    線

    (以下、NPOメダカの学校:中村陽子さん)

    グリホサートの使用量がこの30年で11倍になっていること、日本が世界で一番残留基準を高くしていること、グリホサートが腸の働きを止めてしまったり、自閉症や発達障害の原因になったり、遺伝子を傷つけ子孫に大きく表れることなどの研究が進んで、身体への悪影響が分かってきていることを考えると、グリホサートの摂取を抑えるだけで、かなりの問題解決が期待できるのではないでしょうか。
    今まで隠されていた研究や実態が明らかにされてきたことは、喜ばしいことです。

    そこで手始めに、日本人がお米より大量に摂取している小麦を変えることにしましょう。
    幸い農民連食品分析センターが最近、小麦とパスタとパンについて、グリホサート検査をしてくれています。
    (皆様も貴重な調査をし公開してくれている農民連に加入もしくはカンパしてくださるうれしいです。)

    小麦検査結果(農民連食品分析センターのページへリンク)

    食パンの検査結果(農民連食品分析センターのページへリンク)

    <農林水産省による輸入小麦のグリホサート残留分析結果(2017前期・後期)>
     
    検出があった点数
    検査点数
    検出率(%)
    基準値違反
    アメリカ
    139
    135
    97
    0
    オーストラリア
    37
    6
    16
    0
    カナダ
    75
    75
    100
    0
    フランス
    15
    2
    13
    0

    これを見てわかることは、日本は小麦のほとんどが輸入であり、そのほとんどがアメリカとカナダの小麦ですが、農水省の調査ではこのうち97%~100%の小麦からグリホサートが検出されています。
    当然それを使用している大手の食パンでほとんどグリホサートが検出されており、全粒粉の小麦やパンが一番危ないです。
    しかしありがたいことに、国産小麦、有機小麦では検出されてません。まだ、選べるものがあって本当に良かったと思います。

    皆さん、小麦粉や食パンを買う時には、この検査結果を参考にして、国産小麦や有機小麦や検出されていない小麦やパンを買いましょう。
    売り上げが変われば、企業は変わります。利益第一の世の中です。企業とて、人の健康を害するものを作りたいはずはなく、このことを知れば原料をオーストラリアやフランスや国産に変えるでしょう。私たちも価格より健康を優先する行動を始め、お金に働いてもらった方が効果的です。

    日本の現実は厳しいですが、少し現状と対策が見えてきたという明るい話題だと思います。お金に働かせる作戦にご協力お願いします!

    消費者団体のU.S.PIRGは、ビール15銘柄とワイン5銘柄を調査。ビール1銘柄を除くすべての銘柄から、グリホサートが検出されました。その中には、バドワイザーやハイネケンなど日本でもおなじみの銘柄も含まれ、また、有機を名乗った銘柄からも検出されました。

    日本のビールの検査がまだおこなわれていないのが残念です。ワインは行われています。

    ワインの検査結果(農民連食品分析センターのページへリンク)

    ドイツでは麦のプレハーベストが禁止されているにもかかわらず、多くのビールから検出され、大ショックをうけています。
    原料の大麦も小麦と同じく、許されている残留基準値が高いですから、パンと同じく多くのビールで検出されると推測されます。
    それからグリホサートやほかの農薬の検出値は、低くても高くても、身体への影響は同じだということが、フランスのセラリー教授の2年間に及ぶ実験でわかっています。これは、「世界が食べられなくなる日」というDVDになっていて、いつでもメダカのがっこう事務局で観られます。

    米国で市販されている
    ビールからグリホサート検出結果
    (出所:米国公益調査グループ)
    青島ビール
    49.7ppb
    クアーズライト
    31.1ppb
    ミラーライト
    29.8ppb
    バドワイザー
    27ppb
    コロナ・エクストラ
    25.1ppb
    ハイネケン
    20.9ppb
    ドラフトギネス
    20.3ppb
    線

    メダカのがっこう 中村陽子さん ●中村陽子… 日本の自然再生をめざすNPO法人メダカのがっこう理事長。
    命を大切にする農家と力を合わせ、生きる環境と安全な食に困らない日本を次世代に残せる祖先になることを目標に日々奮闘中。心身を建て直す食の大切さを、より多くの人に知ってもらうため、吉祥寺南町に「田んぼカフェ・メダカのがっこう」を展開中。
    メダカのがっこう WEBサイト:http://npomedaka.net

    線

  • 「塩」いのちのふるさと[17] 2019.07.31 クリック

    ー自然塩復活運動を振り返るー 「塩」いのちのふるさと[17]

    今回は真島真平(2004年)『驚異の濃縮天然にがりパワー:花粉症、アトピー、喘息、高血圧症、糖尿病、肌荒れ…にも。』旭屋出版 の中からナトリウムとカリウムの拮抗作用やナトリウムの働きについての解説をご紹介したいと思います。

    マクロビオティックの提唱者でもある桜澤如一先生のマクロビオティック理論や自然海塩復活運動の一つの根幹をなす考え方とも通じていますので、是非読んで頂きたいと思います。

    次に「ナトリウム」と「カリウム」のコンビによる人体内の働きについてご説明します。

    〜人体の細胞内にはマグネシウムとカリウムが多く、細胞外にはカルシウムとナトリウムが多く存在します。

    細胞内でカリウムが不足すると、ナトリウムが細胞内に多く入り込み、様々な弊害をもたらし、逆に細胞内にたっぷりカリウムが存在すれば、過剰なナトリウムが細胞外に排出されて、人体の機能を正常に保ちます。

    このようにナトリウムとカリウムは常に拮抗関係にあります。
    この2つのミネラルがバランスを取っているからこそ、人は健康でいられるわけです。言い方を変えると、カリウムがあるからこそナトリウムは自らの役割を果たすことができるのです。

    ナトリウムの働きとしては、まず食欲を維持することについて重要な働きを持っています。
    ナトリウムは胆汁や膵液、腸液などのアルカリ性消化液の成分であり、不足すると消化液の分泌が減って食欲が落ちます。
    不足が長期間にわたると、全身の倦怠感、脱力感、疲労感、精神不安などを引き起こします。
    いわゆる"夏バテ"の原因はほとんどはこれです。
    夏の暑さで大量に汗をかいて、ナトリウムを過剰に排出してしまったからです。

    また、ナトリウム不足は筋肉の収縮運動を極端に低下させます。
    これは筋肉細胞内のナトリウムとカリウムのバランスが悪くなったためで、その結果、筋肉の痙攣が起きます。
    「足がつる」症状もナトリウム不足が一つの原因なのです。〜

    今回一区切り紹介したかったのですが、ちょっと長くなり過ぎそうなので2回に分けて紹介した方が良さそうです。

    私たちが関わってきた自然海塩復活運動の中心になった考え方に「ミネラルバランス」という考え方が有ります。

    このミネラルバランスとは、人間の血液や子宮の羊水、そして生命を生み出した地球の海のミネラルバランスです。
    それは「いのち」という考え方に立脚しているのです。

    塩=塩化ナトリウムという日本政府の考え方は、明らかに間違っています。
    その考え方の間違えが多くの現代病を生み出した原因となったと真島先生も指摘していたのです。

  • 7月号のご挨拶 2019.07.01 クリック
    東アジア地球市民村 in 星州の様子1

    東アジア地球市民村 in 星州の様子1

    東アジア地球市民村 in 星州の様子1
    東アジア地球市民村 in 星州の様子2

    東アジア地球市民村 in 星州の様子2

    東アジア地球市民村 in 星州の様子2

    皆さま、お元気でお過ごしでしょうか?
    私は、今年韓国の星州(ソンジュ)で行われた「東アジア地球市民村 in 星州」に参加する為に、5月23〜26日、韓国へ行ってきました。

    ソウルのホテルで一泊した翌日、1年間韓国語を学んだソウル在住の大草先生たちと用意してもらった車で一路星州に向かい、会場となる円仏教の施設には7時間ほどして到着しました。
    今年で第六回目を迎えた「東アジア地球市民村」でしたが、日・中・台湾・韓国から200名を超える参加者、新しい方々も懐かしい方々もいて、終始和やかな雰囲気の中で会が進行して行きます。

    今回のテーマは「祈り」(기도 キド)です。全体会議があり、様々な分科会があり、僕は生存への行進のスライドショーや、やさい村と佐藤慎一さんの自然栽培米の取り組みのドキュメンタリー映像の上映を通して午前、午後の分科会を開催させてもらい、中国や韓国の若い人達が参加し、とても感動してくれました。開催中は会議や分科会は基本、日・中・韓の同時通訳が行われます。

    会議が終わった夕食の後は、この会のもう一つの楽しみである音楽やパフォーマンスの交流の場が設けられます。
    初日の夜のステージでは僕らのバンド「アース ウエーブ」が最後を飾りアースピープルの歌で参加者皆さんが総立ちで乱舞してくれました、素晴らしかったですよー♪

    今回の開催地・星州のソソンリいう村では、アメリカ軍のサードというミサイル(防衛システム)の基地を多くの住民が反対する中で強行に推し進められていて、ちょうど沖縄の辺野古と全く同じような事が起こっている場所ですが、二日目からは場所を移して地元住民の方々との交流が行われました。

    ミサイル基地の建設に反対し平和運動をしている地元のオモニ(お母さん)達、日本の朝鮮半島支配、第二次世界大戦、朝鮮戦争の悲惨な体験から二度と戦争をしてはいけないとの切なる声。
    韓国の高校生の皆さんのパフォーマンスやダンス、ミュージシャン達の演奏、日本から参加した元やさい村スタッフの寒平くん達の演奏などで会場が踊りの渦となり大盛り上がりでした。

    そして翌日は、次回の中国・雲南開催が決まって、また新たに様々な国を越えたプロジェクトチームが立ち上がりスタートしました。
    (その中には38度線を越えて南北朝鮮を歩くwalkの企画も始まります)
    会議が終わった後、約半数の96人の人々は5日間 38度線を歩くwalkを行なって終了となりました。

    とりあえず簡単ですが、今回は「東アジア地球市民村」レポートをご報告致しました。

    なんとなくキナ臭いこの東アジア地域で、環境やいのちの平和を考えている人達、特に若い人々がお互い何を考え何を目指そうとしているのか直接に交流を持てる場所としてこの「東アジア地球市民村」はまだ小さな集まりではありますがとても素晴らしい可能性を秘めた貴重な集いだと思います。

    今の政治家達が一歩道を間違えれば、この若い人達は戦場に送られ、殺し合わなければならないのかもしれない人達です。
    この人達だけではありません、皆さん自身、又皆さんの子供さん達、お孫さん達だってそうかもしれないんです。他人事ではないんです。

    僕がこの会に関わって感じたことは、今多くの若い人達は地球環境の問題に目覚めてきていて、次の時代どのような意識で生きて行くべきかを真剣に考えているし、国を越えて素晴らしい取り組みがあればお互い学びたいと思っているということでした。
    幸か不幸か日本はアジアでは公害先進国です。

    前号でも少し書きましたが、今や新地球時代に突入するというか新たなパラダイムシフトが起こり始めているのです。

    今後もやさい村では、微力ではありますが応援したいと思っておりますので、皆さまも是非応援や参加をしてみてくださいね!
    来年の中国・雲南開催に向けて僕も中国語の勉強しようと思っておりま〜す!!

    (村長大友)

  • 7月イベントお知らせ 2019.07.01 クリック

    イベントのお知らせ

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    7月4日(木)・6日(土)
    線

    「 Community Stand KICHIJOJI -Local&Sustainable- 」<やさい村出店>

    日 時
    7月7日(日)10:00〜16:00
    場 所
    吉祥寺駅南北通路

    ◎雨天決行

    線

    「青山ファーマーズマーケット」<やさい村出店>

    日 時
    7月13日(土)・14日(土)10:00~16:00
    場 所
    青山・国際連合大学前広場(渋谷区神宮前5-53-70)

    線

    「 Ondクラフトマーケット 」<やさい村出店>

    日 時
    7月14日(日)11:00〜17:00
    場 所
    武蔵野市境南町3-2-13 Ond内(武蔵境線路沿いを東小金井方面へ徒歩5分)

    線

    「 コピス吉祥寺 GREENINGマルシェ 」<やさい村出店>

    日 時
    7月20日(土)〜21日(日)10:00~17:00(雨天決行)
    場 所
    コピス吉祥寺 A館1階(屋根付き中通路)

    ◎地場野菜を中心に全国の美味しい野菜、(調味料・自然塩・天然茶etc.)
    他ではなかなか見られないこだわりの商品をお持ちします!
    ◎2日間実施(雨天決行)

    線

    やさい村 10%OFFセール & デモ販

    日 時
    7月26日(金)〜27日(土)
    場 所
    やさい村

    デモ販(未定)
    ※セールには一部除外品があります。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    7月3・10・17・24・31日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線
  • 7月「今月のおすすめ旬野菜」 2019.07.01 クリック
    きゅうり

    7月の旬野菜:きゅうり

    きゅうり

    今月のおすすめ旬野菜:「 きゅうり 」

    きゅうりの原産地はインド・ヒマラヤ山脈。
    紀元前4000年のメソポタミア文明時代にはすでに盛んに栽培されていた。
    日本での栽培歴は1500年ほど前から。

    当初は中国経由で伝わった品種で黄色く熟したものを食べていたが江戸時代に現在食べている品種が入って、爆発的な人気に!
    (胡瓜の胡はシルクロードを経由して来た物に付けられた名前なので覚えておくと良いですよ)

    6月が走り、7月が盛り、8月いっぱいが名残りとなる。
    走りは水分が多く青くさく、名残りの時期は皮が張り、種が大きくなって、甘みが増す。
    梅雨が明けて一気に気温が上がって来ると、私たちの身体も新鮮なきゅうりに味噌か塩を付けてひとかじりしたくなって来ますよね〜!

    ぬか漬け、塩漬け、塩麹漬け、ピクルス、酢の物、サラダ、きゅうり揉み、胡麻和え、もろきゅうなど、切り方によって多彩な料理を作ることができるのですが、きゅうりを使った炒め物やラタトゥイユも美味しいのでおススメですよ!

    ちなみに乱切り、千切り、斜め切りは出来るとして、蛇腹切り、王冠切り、半切りにして種を抜くなど一手間かけると料理のバリエーションも広がりますね。

    買ったら軽く濡らした新聞紙などに包んで常温保存、又は新聞紙などに包んだものをビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室に入れて保存。
    2〜3日で食べきるのがコツで、長く置いたら美味しく無くなりますからご注意下さい!

    食養的には、きゅうりはカリウムを多く含まれるので陰性。
    食べる時は塩を使って中の水分をある程度出してちょっとしんなりさせてから使います。

    お子さんが熱を出したりした時には、適当な厚みの薄切りにしてガーゼで包んで、額に乗せてあげても解熱出来ます。その際はキャベツなどを枕の上に敷くとより効果的ですからね。

    これから、やさい村店頭にも地場の農家さん達の新鮮で安全でめちゃくちゃ美味しいきゅうりが並びますよー!!

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 7月「今月の酒」 2019.07.01 クリック
    豊永酒造 「 豊永蔵 」

    豊永酒造 「 豊永蔵 」

    豊永酒造 「 豊永蔵 」

    今月の酒:
    豊永酒造 「 豊永蔵 」

    梅雨も明ければ一気に暑さが増す季節。 冷えたビールで乾杯と行きたいところですが、今月の酒には有機米を使用した米焼酎。

    熊本県球摩で伝統的な焼酎を作り続ける豊永酒造が地元契約農家が無農薬・無化学肥料で栽培する有機米と仕込み水には清流球磨川の伏流水を使用して複雑な旨みを凝縮することが可能な常圧蒸留で仕上げます。

    球磨焼酎500年の歴史を継承する蔵人が手間暇かけ丁寧に仕込むことで米焼酎独特の甘みと香りを引き立てた温かみのある味わいが特徴の常圧蒸留焼酎。

    芋焼酎にも負けないコクのある甘みがお湯割りでさらに引き立っていましたが、これからの季節には氷を入れ炭酸割もおススメです。

    他の米焼酎では味わえないコクのあるテイストをご堪能下さい。
    (やさい村スタッフ 新野)

    7月1日〜31日 特価・・・
    1本(720ml)1,650円+税 ⇒ 1,550円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2019.07.01 クリック
    枝豆

    枝豆

    枝豆
    ズッキーニ

    ズッキーニ

    ズッキーニ

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    いよいよ夏の野菜が始まります!
    今年は5月の乾燥で、幾らか遅れが出ましたが、枝豆は極上の味に仕上がっています。
    茹で時間1分で飛び抜けた香りと甘みを感じられます!

    ズッキーニは、小さいサイズのものが元気いっぱい実っております。
    ズッキーニは、切らなければ比較的に保存がしやすい野菜なので、必要な分だけを使う場合、小さいサイズのものは非常に便利な野菜になっています。

    味は、通常のものと変わりませんが、形を生かして丸のままフリットにしたり、4つ割にしたものをラタトゥイユに入れると、ズッキーニ感が楽しめる一皿になります。

    トマトは、色づき始めなので、予定では7月第2週にはカラフルで可愛いヤツらがスタート出来そうです。
    他収穫野菜はたくさんありますが、来月残りの野菜を紹介して行きます。

    <7月の出荷予定>

    ツルナ/枝豆/ズッキーニ/ジャガイモ/オレガノ/大葉/タイム/ナス/トマトmix/大玉トマト/バジル/キュウリ
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 7月号 2019.07.01 クリック
    チョーコー  「 プレミアムゆずドレッシング 」

    チョーコー 「 プレミアムゆずドレッシング 」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    チョーコー  「 プレミアムゆずドレッシング 」

    チョーコー 「 プレミアムゆずドレッシング 」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    化学調味料不使用、香り豊かな高知県産のゆず果汁を使った、その名の通りプレミアムなドレッシングです。

    ドレッシングですが、サラダやマリネだけでなく、冷や奴やカルパッチョ、揚げ物のタレにもオススメ!これからの暑い時期、食材にサッとかけるだけでさっぱりとした1品の完成です^^

    チョーコー 「 プレミアムゆずドレッシング 」

    1本(200ml)・・・450円(税別)

    線
  • 自然栽培 ー7月の田んぼー 2019.07.01 クリック
    7月の田んぼ

    7月の田んぼ

    7月の田んぼ

    『自然栽培 ー7月の百姓仕事ー 』
    < 佐藤さんの連載38回目 >

    田植えから一ヶ月。
    地温はどんどん高まり、苗はしっかりと活着しました。

    同時に草もしっかりと出揃っています。
    ここで草をやっつけておかないと、稲の生育が著しく損なわれます。
    草は取っても取っても出てきます。素晴らしい生命力です。

    感心しながら、せっせと草取り草取りの毎日。
    稲の根っこを傷めないように、田んぼの中で草と格闘です。

    下旬には「溝切り」を行い、田んぼを乾かし根っこに新鮮な空気をいきわたらせます。

    それまで、草を何とか攻略したいものです。

    お米定期購入者募集中!お申し込み用紙は <こちら>

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • 人のその道|第9回(1) 2019.07.01 クリック

    「 人のその道 」第9回(1)

    「その人を知ればその人が創り出す物事が見えてくる」と思いたち、生産者さん達の生の声をお届けするコーナー。
    今月はNPOメダカのがっこう理事:中村陽子さんにお願いをし、世界では規制や禁止の動きが多くあるのに、何故か日本では残留基準が大幅に緩和されたグリホサートについてお話して頂きました。

    何も知らずにいると、近い将来大切な人が病気になってしまった。。
    なんて悲しい現実が訪れるかもしれません。
    知る事が消費者として大切な人達を守る盾になると思います。(スタッフ:新野)

    線

    (以下、NPOメダカの学校:中村陽子さん)

    グリホサートの健康障害が明らかになりました。

    グリホサートというのは世界で最も多く使われている除草剤ラウンドアップの主な成分名です。
    2018年アメリカで、ラウンドアップの使用でガンを発症したという訴訟が起こり、末期ガンの原告が2件勝訴し、モンサント社に多額の賠償金が命じられたことは、ご存知だと思います。

    この訴訟では、モンサント社の内部資料が明らかにされ、すでに30年前から会社は毒性を把握していたのに、100%分解するので安全で環境にやさしい除草剤だと銘打って売っていたことが分かりました。

    これを皮切りに、ラウンドアップと発がん性の関係を示した過去から現在までの論文が再認識され、さらに発がんのメカニズムの研究がたくさん出てきました。
    例を挙げると、ラウンドアップの主成分グリホサートは、女性ホルモンや男性ホルモンの内分泌かく乱物質であること(不妊や不能につながる)、栄養を消化吸収する小腸の腸内細菌の働きを阻害すること(腸が栄養を消化吸収できなくなる)、同じく腸内で自閉症の原因となる菌を発症させること、腸内細菌の免疫力を抑制をすること、DNAに損傷を及ぼしその影響は、1代限りではなく2代目や3代目に大きく表れること、カルシウムやマグネシウムを多く含む硬質水と反応すると腎炎になること、またパーキンソン病の発症とも相関関係があることなどの研究が次々と出されています。

    少し前までは、このような研究は表に出てくることはなかったことを思うと、モンサントが裁判に負けたことで、大きく流れが変わったことに感謝します。
    しかし日本ではいまだに主要なマスコミは報道しないので、各自で拡散しましょう。

    世界ではすでにグリホサートの使用は規制や禁止に動いています。
    スリランカ、エルサルバドル、アラブ6か国、フランス、ドイツ、イタリア、オーストラリア、ベルギー、バミューダ諸島、ブラジル、カナダの8地方、デンマーク、マルタ、オーストラリア、アルゼンチンなどの国々です。残念なことに、日本では2017年の12月にグリホサートの残留基準が大幅に緩和され、本来農薬は0.01ppmが基準ですが、小麦は30ppm、大麦もソバもライ麦も30ppm、ヒマワリやゴマ、ベニハナ、綿実(GMO)、ナタネ(GMO)、ヒマワリ、ベニハナなどの油脂原料は40ppmとなりました。
    なぜかと言えば、生産国では効率アップのため収穫前に除草剤グリホサートを散布することが普及し、高濃度に残留したものが日本に来るため、日本の残留基準をそれに合わせたのです。
    これに対しての素晴らしい動きがスタートしました。
    表1

    ●2019年5月21日デトックス・プロジェクト・ジャパンが始まりました!

    これは体内にどれくらいの農薬が残留しているかを調べるものです。
    今回手始めに、国会議員の有志23名と一般の有志5名が髪の毛をフランスに送り、検査したところ、18人からグリホサートが検出されました。7割です。
    受けてくださった国会議員や一般の方たちは、日ごろから食への意識が高く本人も何も検出されないのではないかと思っていた方たちだったので、この数字はかなりショックなものでした。

    この検査方法は、髪の毛の根元から3センチを細目のストローほどの束を取り、粉砕して分析機にかけるものです。
    日本でも検査体制を整えるべく、農民連の食品分析センターが日本の農薬使用に合った検査項目を現在構築中です。
    費用は、1検体グリホサート、グルホシネーと、AMPA(グリホサートの代謝物)の検査で、16,000円。
    少し価格は高いですが、一度日本と自分の現状を知るためにみんなで検査を受けたいものです。
    検査体制が整ったらまたお知らせしますので、申込みよろしくお願いします。

    〜人のその道 第9回(2)につづく〜

    線

    メダカのがっこう 中村陽子さん ●中村陽子… 日本の自然再生をめざすNPO法人メダカのがっこう理事長。
    命を大切にする農家と力を合わせ、生きる環境と安全な食に困らない日本を次世代に残せる祖先になることを目標に日々奮闘中。心身を建て直す食の大切さを、より多くの人に知ってもらうため、吉祥寺南町に「田んぼカフェ・メダカのがっこう」を展開中。
    メダカのがっこう WEBサイト:http://npomedaka.net

    線

  • 「塩」いのちのふるさと[16] 2019.07.01 クリック

    ー自然塩復活運動を振り返るー 「塩」いのちのふるさと[16]

    今回は真島真平(2004年)『驚異の濃縮天然にがりパワー:花粉症、アトピー、喘息、高血圧症、糖尿病、肌荒れ…にも。』旭屋出版 の著書の中から濃縮天然にがりを使用した治病例や引用文献の中からいくつかを紹介したいと思います。

    まずそのひとつ、

    〜1957年、岡山大学の小林純名誉教授(当時)は画期的な調査結果を発表しました。 日本中の河川の水質を調べたところ、「軟水」の地域では脳卒中や高血圧の患者が多く、「硬水」の地域では少ない傾向にあるという内容のものでした。 これに触発された米国の研究者の調査でも、水の硬度が低い州ほど心疾患の死亡率が高まるという結果が出ました。
    軟水に少なく硬水に多く含まれる成分−それがカルシウムとマグネシウムなのです。
    濃縮にがりに含まれるカルシウムとマグネシウムは、血圧を下げる働きに優れているのです。
    私がこれまで受けてきた、多くの濃縮天然にがりによる高血圧の改善報告の背景にはこうしたメカニズムがあるのです。〜

    真島先生自身も昔は大酒飲みで有名だったそうで、高い時は最大血圧が220ミリ、最小血圧が120ミリに達していたそうですが、この濃縮天然にがりの研究を始め、朝晩コップの水に7〜8滴垂らして飲み始めたところ、何日もしない間に最大血圧120ミリ、最小血圧は70ミリに下がってしかも安定したと書いてあります。

    また、先生自身が治療していたガン患者さんの治病例も報告されています。

    〜私が経験したケースとしては、82歳女性の「上顎ガン」、85歳女性の「胃がん」、88歳男性の「大腸がん」、74歳男性の「小腸ガン」などがありますが、そのうち早い人で、濃縮にがりを飲み始めてほぼ1カ月後でがんの腫瘍が縮小し、その後消滅したといいます。
    というのは、私は内科医なので、自分自身で手術して、がんの推移を確認したわけではないからです。

    しかし、検査結果でがんの状況を把握することはできます。どの人も、そうしたがんの縮小、消滅を確認しました。〜
    〜そのメカニズムについて、私たちの体自身が持っている、がん細胞を攻撃するシステムでは、体自体に備わった免疫系や、マクロファージ、ナチュラル・キラー細胞、Tリンパ球、Bリンパ球など、血液に含まれる防衛系の細胞が活躍しています。
    ( −中略− )
    実は、こうしたがんを攻撃する防衛軍はたんぱく質で出来ているのです。
    一方、濃縮にがりに含まれるミネラル群は、遺伝子レベルでたんぱく質の合成に深く関わっています。
    ですから、これらのミネラルが補給されることでこれら防衛軍の合成がより一層活発化すると考えられるのです。
    濃縮にがりに含まれている様々なミネラルが相乗効果的に役立っていることは、容易に推測することができます。先のがんの改善例がそれを証明しています。
    ちなみに、濃縮にがりには抗がん効果があるセレンやモリブデンなどのミネラルも含まれています。〜

    また、先生はこの濃縮にがりを飲むと食欲の増進作用があり、食欲の無くなったがんの患者さん達が食事が摂れるようになるので、がんと戦う体力をつけるという副次的な効果も語っておられます。

    この事だけでも、とても多くの方にとって朗報ではないでしょうか。
    まだまだありますが、また次号でご紹介いたします。

    (つづく)

  • 6月号のご挨拶 2019.06.02 クリック
    生存への行進40周年記念イベント「つながるいのちの輪」

    生存への行進40周年記念イベント「つながるいのちの輪」

    生存への行進40周年記念イベント「つながるいのちの輪」
    生存への行進40周年記念イベント「つながるいのちの輪」2

    生存への行進40周年記念イベント「つながるいのちの輪」2

    生存への行進40周年記念イベント「つながるいのちの輪」2

    皆さまお変わりございませんか?
    5月号でご案内した生存への行進40周年記念イベント「つながるいのちの輪」はお陰様で無事に盛会のうちに終わりました。

    40年ぶりに会う旧友たちはそれぞれ年を重ねてそれなりの年齢にはなっていましたがやはり文明の危機を訴えて歩いてたなりの人生をその後も歩き続けていることをお互いに確認することが出来ました。

    また、環境や自然を守る新たな仕事を始めた仲間達の子供たちや次世代の若者達が関心を持ち引き継いで行きつつある状況も知ることができ、また若い人々もお互いを知り合うことが出来た、なかなか無いユニークで楽しい集いになりました。

    その翌週に行われた、Land and Life主催の「調和と統合の新しい時代へ」では非常に深い話になり、私の中ではこれから人類が進むべきビジョンが見えてきた気がしてきました。

    そしてそれから数日後の20日の朝、今回6月号の今月の言葉で紹介する「アースピープル宣言」の言葉が閃き、書き留めました。
    それはとてもシンプルなものですが、きっと誰もが心の中ではそう思っている、しかし今最も必要な意識と言葉ではないかと私は思っています。

    私の中では、これから人類は地球の民として考え、地球の民として行動する時代が来たのだと、とてもクリアーな意識が自分のセンターに降りたような気がします。

    これから、韓国で行われる東アジア地球市民村に向かいますが、こんな話を東アジアの隣人たちと話し合えたら嬉しいですね。
    僕ら一人ひとりはそれぞれの仕事を持ち、それぞれ生きているけれどもほんとうは皆んながつながっていて、皆んながお母さんであるこの地球の上で生きているんですからね。
    宇宙飛行士たちが見る地球には国境線は無く唯一つの青く輝く美しい星の上に皆んな生きているんですよね。

    これから人類の意識も技術もより高次なレベルで統合されて行くことになるでしょう。
    それが唯一破壊と絶滅を回避する道となると思います。

    (村長大友)

  • 6月イベントお知らせ 2019.06.02 クリック

    イベントのお知らせ

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    6月1日(土)・6日(木)
    線

    「 はつかり感謝祭 」<やさい村出店>

    日 時
    6月2日(日)10:00〜16:00
    場 所
    初雁木材 有限会社(埼玉県朝霞市膝折町3-2-40)
    参加費
    入場無料

    *モノづくりワークショップ、ステージ・落語、読み聞かせ、大道芸、抽選会など

    線

    「青山ファーマーズマーケット」<やさい村出店>

    日 時
    6月8日(土)・22日(土)10:00~16:00
    場 所
    国際連合大学前広場(渋谷区神宮前5-53-70)

    線

    「 7th 武蔵野エコマルシェ 」<やさい村出店>

    日 時
    6月9日(日)10:00〜15:00
    場 所
    武蔵野クリーンセンター(武蔵野市緑町3-1-5)

    線

    「 コピス吉祥寺 GREENINGマルシェ 」<やさい村出店>

    日 時
    6月15日(土)〜16日(日)10:00~17:00(雨天決行)
    場 所
    コピス吉祥寺 A館1階(屋根付き中通路)

    ◎地場野菜を中心に全国の美味しい野菜、(調味料・自然塩・天然茶etc.)
    他ではなかなか見られないこだわりの商品をお持ちします!
    ◎2日間実施(雨天決行)

    線

    食といのちの学校『 梅酒&梅ジュース 』『 梅干し作り教室 』<6/10(月)締切>

    梅の季節がきました。今年は、山崎さんの梅のお教室を一緒にやります♪
    梅干しづくりって大変そう…と思っていませんか?作るプロセスはいたって簡単です。

    日 時
    6月16日(日)梅酒&梅ジュース 13:30〜14:30/梅干し作り教室 14:30〜16:30
    場 所
    三鷹市消費者活動センター3F・調理実習室(予定)
    持ち物
    作ったものを持ち帰る容器・エプロン・三角巾
    費用1
    通しの場合:4,000円
    費用2
    *1 梅酒&梅ジュース:1,500円(講習のみ)/*2 梅干し作り教室:3,000円(お茶&菓子付)
    講 師
    山崎 初代さん
    定 員
    定員:各15名

    *1 当日その場で作りたい方は別途 + 材料代( ※持ち込みも可 )
    *2 仕込んだ梅1kgのお持ち帰り分込みで 3,000円(お茶&菓子付)

    ※ 定員に達し次第、締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

    講師プロフィール

    線
    線

    やさい村 10%OFFセール & デモ販

    日 時
    6月28日(金)〜29日(土)
    場 所
    やさい村

    デモ販:「心泉茶苑」ビーガンスイーツ(予定)
    ※セールには一部除外品があります。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    6月5・12・19・26日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    6月7・14・21・28日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    6月13日(木)20:00〜21:30
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線
  • 6月「今月のおすすめ旬野菜」 2019.06.02 クリック
    梅

    6月の旬野菜:梅

    梅

    今月のおすすめ旬野菜:「 梅 」

    バラ科サクラ属に属する梅、まさに梅雨という言葉にもあるように6月初旬〜中旬には実が2〜3センチに成長して青梅となり、また中旬〜下旬には黄色に熟して梅干し漬けなどに用いられる。

    6月はまさに梅の季節ですね。
    じつは梅は古代から酸味料として調味料として使われ、塩と並んで最古の調味料と言われている。知ってましたか?

    「いい塩梅(あんばい)」という諺も塩と梅のバランスがうまく取れていて美味しいというところから来ているという事なんですって。

    皆さんもご存知の青梅は、梅ジュース、ゼリー、梅酒、梅肉エキスなどを作るときに。
    そして黄色に熟すと梅ジャム、梅干し作りに使われます。

    漢方薬では、梅を燻製のように黒く燻した「烏梅」を使って健胃、整腸、駆虫、止血、強心剤として用いられています。

    現在のさまざまな研究機関の研究によって梅の機能が調べられていますが、悪種の腸内細菌や真菌の繁殖を抑制し、動脈硬化の改善や血圧の低下、疲労回復の効果が認められているんです。

    やはり昔からの疫学的な知恵は素晴らしいって事ですよねーという事です。

    タイミングよく16日にはやさい村の「梅干し作り教室」も開催されますので、是非ご参加下さいね。ちょうどこのタイミングが青梅、熟した梅が両方とも入るようなら、いろいろ作れるかと思いますのでお問い合わせくださいね!

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 6月「今月の酒」 2019.06.02 クリック
    グレイス・ラム 「 COR COR(コルコル)」レッドラベル

    グレイス・ラム 「 COR COR(コルコル)」レッドラベル

    グレイス・ラム 「 COR COR(コルコル)」レッドラベル

    今月の酒:
    グレイス・ラム 「 COR COR(コルコル)」レッドラベル

    原材料100%国産の貴重なラム酒をご紹介いたします。
    沖縄・南大東島で育ったサトウキビで醸造。
    糖蜜に酵母を添加させて造り、芋焼酎のような酒臭いお酒が好きな方におススメ。

    通常「糖蜜」の味や香りをマスクするために、人工香料や化学色素を使用しますが、グレイスラムのCORCORは素材の風味を生かすために、無添加・無着色に仕上げ、瓶詰めからラベル貼りまで全て手作業で行います。
    既存のラム酒とはひと味違った、個性的で独自性を持ったパンチのある味わいなのでスパイシーな料理にはもちろんの事、チョコレートとも相性がいいです。

    ラムレーズン作り、モヒートやカクテル系、黒糖お湯割り、珈琲割もおススメですが先ずはちびりと舐めてみて下さい。本来の風味や旨味を感じます。

    ちなみに原田マハさんの『風のマジム』って本はご存じでしょうか?
    沖縄の派遣社員の女性が、ひょんなことからサトウキビでラム酒製造に挑戦する実話をもとにした物語、この小説に登場するラム酒の現実版が【COR COR (コルコル)】なんです。

    梅雨に入ってしまうと家にいる事も多くなりがちですが、本を読みながら、沖縄に思いをはせながら飲まれてはいかがでしょうか。

    6月1日〜30日 特価・・・
    1本(300ml)1,600円+税 ⇒ 1,500円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2019.06.02 クリック
    畑は夏の準備中

    畑は夏の準備中

    畑は夏の準備中
    畑は夏の準備中2

    畑は夏の準備中2

    畑は夏の準備中2

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    吉田農園は現在端境期真っ只中で、夏の準備は進んでいるのですが、収穫物はスッカスカです。

    いつもならそろそろ収穫になるズッキーニやインゲンも、出だしの遅れでいつもより2〜3週間遅れの見込みなので、おそらく6月の半ば頃からのスタートとなりそうです。

    枝豆は、いつも通りに成長しているので、こちらも6月半ば過ぎくらいですので、農園の収穫は、6後半から爆発的になりそうです。

    トマトの様子を眺めていると、今年は現段階で病気になるものが例年に比べて非常に少ないので、このまま成長してくれれば良い年になるのでは無いだろうかと期待しています。

    今年の新品種はタイ王国伝統品種のトマト,フランダース地方で命名されたブルートマト,友人が密輸してきた謎のピーマン,白い(淡い)空芯菜です。

    農家は、まだもう暫くゆっくりしますが、それが終わると再び大忙しのシーズンになります。

    <6月の出荷予定>

    サラダmix/オレガノ/ローズマリー/タイム
    <6月後半> 枝豆/キュウリ/ズッキーニ/ジャガイモ
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 6月号 2019.06.02 クリック
    BALMUDA  「 バルミューダ  ザ・グリーンファン 」

    BALMUDA 「 バルミューダ ザ・グリーンファン 」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    BALMUDA  「 バルミューダ  ザ・グリーンファン 」

    BALMUDA 「 バルミューダ ザ・グリーンファン 」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    特許の二重構造の羽根で2種類の風を同時に作り出し、自然界の風を再現。

    運転音も抑えめで、肌を冷やし過ぎず、体にやさしい。

    冷房が苦手な方や赤ちゃんにも安心の気持ちよい風です。

    1ヶ月の電気代も約9.7円と省エネですよ。寝室にもオススメです。

    BALMUDA 「 バルミューダ ザ・グリーンファン 」

    1台・・・35,800円(税別)

    線
  • 自然栽培 ー6月の農作業ー 2019.06.02 クリック
    6月の農作業

    6月の農作業

    6月の農作業

    『自然栽培 ー6月の百姓仕事ー 』
    < 佐藤さんの連載37回目 >

    田植えは6月までかかります。
    残雪で白黒ちょうど半分くらいになった鳥海山を見ながら、
    「もう少し、もう少しと」追われます。

    一日の終わりに、植えたばかりの田んぼにかかる夕日とそよ風。
    なびく苗の姿が、今日の苦労を癒します。
    田植えが終わると、後片付け。これがしこたまあるのです。そして、草刈。

    そして、大切な”さなぶりもち”。
    モチをつき、神様にお上げし、感謝と豊作を祈願します。

    そうこうしているうちに、梅雨が始まり、毎日毎日、雨。
    田んぼの草は稲より旺盛になります。 草との戦いが始まります。

    お米定期購入者募集中!お申し込み用紙は <こちら>

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • 人のその道|番外編 〜 Endless March 3 2019.06.02 クリック
    番外編 〜 Endless March 3

    番外編 〜 Endless March 3

    番外編 〜 Endless March 31

    「 人のその道 」番外編 〜 Endless March 3 〜

    「その人を知ればその人が創り出す物事が見えてくる」と思いたち、生産者さん達の生の声をお届けするコーナー。
    今回も<番外編 〜Endless March 3〜>としまして、 日々思う事、感じた事を書いています。

    「 高い食材? 無農薬・オーガニック 」

    無農薬や有機の食材はどれも高いと思っている人も多くいる。
    スーパーなど「有機コーナー」売り場に並んでいるのは規格が揃っていて綺麗に洗われ、綺麗にパック詰めされていて確かに高い。それが悪いわけではない。

    畑での作業や商品棚に並ぶまでに流通の関係で値段が高くなってしまうのもわかるが、安売り野菜と同じならびにあれば尚更高く感じ、足が遠のく。

    無農薬や有機は「ゆとりのある人、こだわった人、意識高い系」の食べ物と思われてしまうし、実際に思っている人も多い事でしょう。

    やさい村では地場農家さんの無農薬野菜を1パック¥160、根菜類も500g¥299等で販売していると「なんでこんなに安いの?売れ残り(鮮度が悪いのか)?」など疑われる事もあるが、午前中に収穫してもらい午後には店頭に並ぶ。

    「こんなに良い物を安すぎるよ!」とお客さんに心配された事もある。
    間違っても農家さんの作業や野菜の価値を甘く見ているわけではない。
    むしろ逆で自分でも安いなと思うし、そんな農家さんをリスペクトしている。
    その秘密は何十年も変わらない“やさい村”と“農家さん”との関係がなせる業だと思う。

    妊娠や出産、子供がアトピー、家族や大切な人が病気になった。。。
    色々調べてわざわざ来てくれたお客さんと話をしていると、子供や家族への気持ち(愛)があるのに高くて買えない、めったに食べられない、なんて思われたり言われると悲しい。

    無農薬野菜や化学調味料不使用食品に興味があるけど手が出せないと思っている方がいたら、一度店やイベント出店に来て頂きたい。お買い物の選択肢が広がると思います。
    (スタッフ:新野)

    線

  • 「塩」いのちのふるさと[15] 2019.06.02 クリック

    ー自然塩復活運動を振り返るー 「塩」いのちのふるさと[15]

    最悪の塩となった日本の精製塩を、人間が本来摂るべき「塩」とは塩化ナトリウムと言う化学薬品ではなく、生命を産み出した「海」を出来るだけ自然な状態で結晶させたものであるべきだと言う谷さん達の自然塩運動。

    そして生活習慣病と言われる現代病の原因を究明して来た真島真平先生との出会いはとても重要な出会いでした。

    と、前号で固形にがりはマグネシウム単体の結晶、液体にがりは微量ミネラルの宝庫であることをご説明しました。

    私は自然海塩復活運動の応援活動をしていましたが、それ以前から真島先生は塩がイオン交換の精製塩に変わってから、以前には無かったさまざまな病気が一気に増えてきたと直感して天然にがり濃縮液の研究を行って来られていました。

    また、自然塩復活運動は第1期の塩はマグネシウム単体の結晶である固形にがりを入れたもの、そして第2期は海水から直接製塩することによって60種を越える微量ミネラルが豊富に入った塩を初めて作り日本社会に提供できるようになった事を改めてお知らせしておきます。

    今回は真島先生の研究を少しずつご紹介させて頂きたいと思います。
    真島先生は増大する現代病の根源はイオン交換の精製塩であると直感してから独自の研究を進めて、海水中のミネラル成分を約1000倍に濃縮した濃縮にがりを完成させて、先ずは自ら飲み始め、ご自身血圧の降下作用や薄毛の改善作用を確認され、さらに家族や知人に使ってもらい、病院でも希望される患者さんには無償で提供して花粉症、喘息、アトピー性皮膚炎、糖尿病、高血圧、ガン、痛風、膀胱炎などの症状が改善作された多数の例があるのを確認して数冊の著書を書き残されています。

    その中で先ずは天然にがりに含まれる各種のミネラルが健康維持にとって不可欠なものであることを語られています。

    例を挙げるとカルシウムは骨粗鬆症や精神安定に効果がありマグネシウムはカルシウムとのコンビで高血圧を予防し、カリウムはナトリウムの機能を補佐して身体の「弱アルカリ」を保ち鉄は酸素を身体の隅々まで送り届けてエネルギーを燃やし、亜鉛は性機能を改善し、マンガンやクロムは糖尿病の予防に効果があるなど。

    また、この天然ミネラルの病気改善作用の働きについて多く語られているのですが、その中で今回は花粉症、喘息、アトピー性皮膚炎についてのメカニズムについて先生の理解を簡単に説明してみたいと思います。

    花粉症も喘息もアトピー性皮膚炎もアレルギー性の病気でありそれぞれの発症のメカニズムの違いはあるが根本的にはアレルギー反応であり、濃縮天然にがりの摂取を行うと抗アレルギー作用・抗炎症作用に優れたステロイドホルモンの分泌が体内で促進されて、その結果これらのアレルギー症状が改善される。

    そしてその分泌されるステロイドホルモンとは本人自身の体内から分泌されるものなので当然無害、現在治療で使われている化学合成されたステロイドホルモン剤とは全く違って副作用も全く無いのであると強調されています。

    これはすごい研究です!また、真島先生の研究は皆さんが「塩」を正しく理解してもらう為にも是非知って頂きたいと思います。

    (つづく)

  • 5月号のご挨拶 2019.05.01 クリック

    こんにちは、皆さまお変わりありませんでしたでしょうか?
    お花見もちゃんと楽しめましたか?

    桜の時期も終わって葉桜となると、山々は新緑の季節を迎えます。
    あらゆる新たな生命の芽吹きの季節がやって来て、新緑の季節はタラの芽を始め、山ウドなどの山菜の黄金期を迎えますね。

    自然界に新たな生命の季節が訪れているように、同時に日本も平成から令和へと年号も変わり、大きな時代の節目となる転換の時期でもあるようですね。

    まさにこのタイミングで、3月号でもお知らせしましたが、図らずも今年は「日本縦断・生存への行進」からちょうど40年の節目となるので5月12日(日)に三鷹の沙羅舎にて日本縦断・生存への行進40周年記念イベント「つながるいのちの輪」を開催します。

    生存への行進に参加した方々は勿論のこと、関心やご興味のある方が居りましたら老若男女問わず是非ともご参加下さいませ!

    生存への行進が40年前に掲げた人類の生存というテーマは、40年前の過去の事ではなく、まさに現在進行形の今日的なテーマで、今もなおというか、今はさらに大きく人類全体の頭上に被さっている不可避の課題となっている問題だと思います。

    新たな時代とは、現在様々な形で人類が抱えてる問題を解決できる意識や思想や技術が登場するかどうかにかかっているのではないでしょうか?

    その一番大きな課題は地球環境の問題(つまり調和)と平和の問題だと思います。

    そして全てのもを解決できるその中心となる意識とは「愛」でしょう!
    普遍的で宇宙的な大きな「愛」です。

    さて、何はさておき5月12日「つながるいのちの輪」にお越しください!
    お待ち申し上げております!

    (村長大友)

  • 5月イベントお知らせ 2019.05.01 クリック

    イベントのお知らせ

    GW・休業日

    日 時
    5月3日(金)〜4日(土)
    線

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    5月9日(木)・11日(土)
    線

    「青山ファーマーズマーケット」<やさい村出店>

    日 時
    5月11日(土)10:00~16:00
    場 所
    国際連合大学前広場(渋谷区神宮前5-53-70)

    線

    生存への行進40周年記念イベント「つながるいのちの輪」

    私たちは、玄米菜食を実行しながら、原子力発電、農薬農政、食品添加物、精製塩の危険性を訴えて北海道から沖縄まで約4000キロを11ヶ月かけて歩いて日本を縦断し、自然農法や有機農業の優位性を訴え、まだ専売法で禁止されていた自然海塩を持って全国各地を回って製法を伝え、マクロビオティックというシンプルで健康的な食文化を広めました。

    日 時
    5月12日(日)13:30~20:00
    場 所
    沙羅舎(三鷹駅徒歩6分:下連雀3-1-14)

    <第一部> お話し会・ライブ
    【時 間】13:30~16:30
    【会 場】沙羅舎
    【参加費】¥1,000

    <第二部> 懇親会 *要予約
    【時 間】17:00~20:00
    【会 場】心泉茶苑(沙羅舎内)
    【参加費】¥3,000

    *Facebookページ → <つながるいのちの輪・生存への行進40周年記念イベント>

    線

    「ホピの予言」上映・調和と統合の新しい時代へ

    日 時
    5月18日(土)13:00開場/13:30開演
    場 所
    沙羅舎B1(東京都三鷹市3-1-14)

    ◎前売¥2,500/当日¥3,000/大学生ハンデをお持ちの方¥1,500/高校生以下無料

    線

    「 コピス吉祥寺 GREENINGマルシェ 」<やさい村出店>

    日 時
    5月18日(土)〜19日(日)10:00~17:00(雨天決行)
    場 所
    コピス吉祥寺 A館1階(屋根付き中通路)

    ◎地場野菜を中心に全国の美味しい野菜、(調味料・自然塩・天然茶etc.)
    他ではなかなか見られないこだわりの商品をお持ちします!
    ◎2日間実施(雨天決行)

    線

    やさい村 10%OFFセール & デモ販

    日 時
    5月24日(金)〜25日(土)
    場 所
    やさい村

    デモ販:24日「未定」
    ※セールには一部除外品があります。

    線

    「 東アジア地球市民村会議 in 星州 」<やさい村出店>

    日 時
    5月24日(金)〜26日(日)10:00~16:00
    場 所
    韓国星州 円仏教 三同研修院(慶尚北道, 星州郡, 星州邑, 錦山里, 724-1)054-931-2247
    定 員
    180人(一日から参加可能)

    やさい村通信の読者の皆さまへ。---東アジア地球市民村は来月6回目の開催を迎えます。
    苦労しながらも、楽しくやってきたこの集いは、今年「祈り」をテーマに、初めて韓国でデビューします!
    一回目は韓国からの参加者がいなくて困っていた東民村は、この数年間、韓国とのつながりもだんだん強くなってきて、今回の開催は、東アジアにおけるネットワークがさらに広まることを期待したいです。

    ・主催:東アジア地球市民村実行委員会
    ・参加対象:趣旨に関心のあるすべての人

    東アジア地球市民村 WEBサイト

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    5月1・8・15・22・29日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    5月10・17・31日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    5月9日(木)20:00~22:00
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線
  • 5月「今月のおすすめ旬野菜」 2019.05.01 クリック
    レタス

    5月の旬野菜:レタス

    レタス

    今月のおすすめ旬野菜:「 レタス 」

    レタスの原産地は地中海沿岸地域〜西アジア、キク科アキノノゲシ属の一年草〜二年草。

    4月が走りで、4月中旬〜5月中旬が盛り、そして5月下旬頃には名残りとなる。
    走りは水分が多く柔らかく、名残りとなると繊維が張り、葉全体が厚くなる。

    古くは紀元前6世紀、アケメネス朝ペルシャで栽培が行われ、古代ギリシャでも媚薬や催淫剤として利用されていた。

    また、成分の中に微量だがラクチュコピクリンという鎮静作用や催眠作用のある物質が含まれている事で、眠れない症状にレタスを食べると良いなどというような言い伝えがある。

    和名はチシャといい、葉をちぎると乳のような白い液体が出るところから乳草からチシャになったと言われる。
    レタスの語源も牛乳を表わすlacから来ている。

    日本でも「農業全書」(1697年)にも出ているので意外に古くから食べられていた。
    調理は味噌汁、スープ、おでんの具、おひたし、蒸し煮、炒めもの、サラダなど。

    気をつけたいのは包丁を使うと切り口が赤く変色するので、手を使って優しくちぎると良い。

    レタスのような結球野菜は外から8枚目葉から内側に巻いて成長する。外側の葉と内側の葉は当然味わいも違い、外側は炒め物向き、内側は柔らかくサラダ蒸し煮などに向く。
    どこかの王様でこのレタスの内向きの葉しか食べなかったというグルメな人もいたそうですよ。

    これから旬のレタス、美味しいですよねー
    ただし水に浸ける目安は10分、長く浸けすぎると水っぽくなり過ぎて味が落ちるので要注意ですよ!

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 5月「今月の酒」 2019.05.01 クリック
    井筒ワイン「生ワイン(にごり)白 2017 」

    井筒ワイン「生ワイン(にごり)白 2017 」

    井筒ワイン「生ワイン(にごり)白 2017 」

    今月の酒:井筒ワイン「生ワイン(にごり)白 2017 」

    どうもスタッフ新野です。
    先日友達とワイン花見をしたら凄く気持ちが良く、皆さんにも味わって頂きたいなーと思い、新緑の5月にはこんなワインと持ち寄った料理でピクニックはいかがですか?

    信州塩尻で収穫したナイアガラ種を原料に火入れや濾過をせず、酵母が生きた状態のまま、葡萄が発酵を終えワインへと変貌をとげたばかりの段階で瓶詰めにしていてフレッシュな味わいだけでなく、優しい酵素や微かな炭酸も含んでいて普段はワイナリーでしか味わえない、まるで葡萄をそのまま食べているようなフルーティさがあります。
    もちろん、酸化防止剤や保存料などの食品添加物は一切不使用。

    よく冷えた状態が飲み頃なので、バケツやクーラーボックスに氷をはって行く事をおススメします。
    荷物が増えてしまいますが、そこは最高の状態で飲む事を優先して我慢です^^

    スッキリと飲みやすいのでご自宅では食前酒やデザートワインに最適と思います。
    是非お得期間中に!!

    5月1日〜31日 特価・・・
    1本(720ml)1,760円+税 ⇒ 1,660円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2019.05.01 クリック
    苗の様子

    苗の様子

    苗の様子
    のらぼう菜の花

    のらぼう菜の花

    のらぼう菜の花

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    「夏日」という言葉が天気予報で言われるようになりました。
    農園は、のらぼう菜の花が咲き乱れて菜花も硬くなり、出荷がストップとなってしまいました。

    端境期ではありますが、夏野菜の準備で畑ではやる事が色々あります。

    今年は苗の成長が少々遅く、少し心配です。
    GW終盤に定植なので、それまでには立派になって貰いたいところです。
    今期の畑は、ビールで出来てます。
    近所にブリュワリーがあり、ご縁あって地ビールのカスが手に入ることになりました。なので、今年の野菜は冷えたビールとも良く合いそうです!

    今年は昨年よりは良い天候となることを期待しつつ、準備を進めています。

    <5月の出荷予定>

    サラダmix/はっさく/さつまいも
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 自然栽培 ー五月・さつきー 2019.05.01 クリック
    五月・さつき

    五月・さつき
    田舎では「田植え」の事を”さつき”と言います。

    五月・さつき

    『自然栽培 ー5月の百姓仕事ー 』
    < 佐藤さんの連載36回目 >

    5月初旬でも、まだ雪が残っている事があります。

    それからどんどんと気温は上がり、あっという間に真夏みたいになります。
    そうなる前に田んぼ作りです。
    地域ぐるみで水路の整備から始まります。一番大事な水の確保を行います。

    木も花も我先にと咲き乱れ、山菜も佳境に入り、次から次と食卓をにぎわします。

    苗もぐんぐん大きくなります。その姿を気にしながら、
    田んぼはそりゃあもう、急ピッチで整えられていきます。

    あぜ塗り、田起こし、代かき、水入れ・・・。
    この時期の百姓の忙しさと言ったら、そりゃあ、もう!!!

    そうこうして5月下旬、いよいよ田植えが始まります。
    本田に放たれた苗は、はたはたと風に揺れはじめます。

    お米定期購入者募集中!お申し込み用紙は <こちら>

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • 人のその道|番外編 〜 Endless March 2 2019.03.04 クリック
    番外編 〜 Endless March 2

    番外編 〜 Endless March 2

    番外編 〜 Endless March 21
    番外編 〜 Endless March 2

    番外編 〜 Endless March 2

    番外編 〜 Endless March 22
    番外編 〜 Endless March 2

    番外編 〜 Endless March 2

    番外編 〜 Endless March 23

    「 人のその道 」番外編 〜 Endless March 2 〜

    「その人を知ればその人が創り出す物事が見えてくる」と思いたち、生産者さん達の生の声をお届けするコーナー。
    今回は<番外編 〜Endless March 2〜>としまして、 日々思う事、感じた事を書いています。

    「simple is best」

    やさい村にいたり、イベント出店等で多くのお客さんと話していると、よく聞かれるのが「なぜ?こういう事(食事)に興味を持ったの?」

    子供が生まれたから、病気になってしまい食生活を見直したい、アレルギーやアトピーを持っていたりするetc.

    理由は人それぞれあるが僕の場合は10代の頃、知り合ったベジタリアンサーファーおじさんがいた。 彼は積極的に無農薬の物を食べ、海に行けば波乗り後にゴミを拾って帰るタイプで、外見はちょっとヤンチャなサーファーだが自然と共にsimpleに生きているようでカッコよく見えた。その時の影響も大きかったと思う。

    日々勉強で食養やマクロビオティックを知りたい人や、料理方がわからない人、妊婦さんや女性の方には体を冷やしすぎないように等、少なからず説明もできるようになったけれど、今でもsimple is bestだと思い農薬や化学肥料を使わないで作れるならそれがいいし、それを食べたいなと思うってだけの本当に単純な理由。

    この通信でも毎月記事を書いてくれている「吉田農園」の動画をグリーンピースジャパンが数年前に作っていた。 その動画を見た時に、さらに吉田農園を好きになった。 吉田さんやおばあちゃんの人柄も垣間見れ、綺麗な映像のなか農作業をしている間にインタビューが入る、おばあちゃんが「なぜ無農薬を選んだの?」と聞かれ「やっぱり土にもいいし、人の体の事を心配してね。 そりゃ自分の体にもいいでしょ、無農薬の方が」と答えた。本当にsimpleな答えだけど、それに尽きると思う。

    スーパーにも有機野菜が並び、店舗を増やし続けるお店もある中で小さな個人店で働き、維持する理由の一つはまさに“それ”で「やさい村があるって事も人にも環境にもいいでしょ」と僕は言いたいからなのである。

    PS. 吉田農園の「土にも人にもいい」野菜、是非食べてみて下さい。(スタッフ:にいの)

    線

  • 「塩」いのちのふるさと[14] 2019.05.01 クリック

    ー自然塩復活運動を振り返るー 「塩」いのちのふるさと[14]

    真島先生がどのようにミネラルに関心を向けるようになったのかを聞いてみると、真島先生が小さい頃は「塩」は商店の軒先でザルに入れて売られていたそうです。

    そしてそのザルの底からは、にがりの液がポタポタと雫になって落ちていたと言います。

    やがてそのザルで売られていた塩は商店の軒先から無くなり、イオン交換樹脂膜を使って電気分解された99.8〜9%塩化ナトリウムの精製塩にとって代わって行ったそうです。

    精製塩は流通や商店にとってはとても便利な存在にはなりました。 積み上げて置く事も出来るし、運搬も格段に楽になり、取り扱いしやすい商品にはなったのでした。

    しかしです。 にがりの雫も落ちない精製塩になってしばらくしてから、今まで体験した事も無いような様々な現代病と言われるような病気が蔓延し始めたのだと話されたのです。

    医師として、患者さんの治療に忙しい日々を過ごしながらも、何故こんなに今まで体験した事も無いような新しい病気が次々とうなぎ登りに増えて来たのかとても疑問だったと話してくれました。

    何がこの現代病を作り出してる原因なのだろうか?

    そしてあるとき、閃きのように先生は、あのにがりの雫が垂れているかつてのザルで売られていた塩の映像が飛び込んで来たと言います。

    そうか、私達の身近で何が変わったのかと言えば「塩」が変わったのだ。

    気がついて見れば誰もが知らないうちに「塩」は全くにがりを含まない、唯の塩化ナトリウムと言う化学薬品に変わってしまったのだ。

    ひょっとしたら、その事が現代病の大きな原因となっているのかもしれない? そう先生は気付いたのだそうです。

    ここで一つご説明しておきたい事があります。 みなさんにがりと言うと、あぁあのお豆腐を作る時に使うにがりでしょと思うかもしれませんが、実はお豆腐を作る時に使うにがりも今では2種類あるのはご存知でしょうか?

    一つは固形のにがりであり、もう一つは液体のにがりです。

    固形のにがりは塩化マグネシウム単体の結晶体です。 それに比べて液体にがりには固形と比較すると桁違いに豊富な微量ミネラルが含まれているのです。

    第2期の自然塩復活運動が起こって、専売法が撤廃され、日本の海水から塩作りが始まった後からしかみなさんも液体にがりを手に入れる事は出来なかったはずです。

  • 4月号のご挨拶 2019.04.07 クリック

    皆さま、3月半ば過ぎてますが現在花粉の飛散が半端ではないですね〜。
    ちょうど春の大風が吹き荒れて、風が強い日はマスクしてない人の方が珍しいくらいです。 しかし、日本の人々の風景も変わりましたよね。
    僕が小さい頃はマスクしてる人なんていませんでしたよ!

    昔から杉の花粉は飛んでいたはずなのですが、やはり排気ガスなどの化学物質との接触で何らかの有害物資が生成されるのではないかと私は思っています。
    それが「海の素」に含まれる100種近いミネラルが消炎効果をもたらしたり、体内の酵素の働きを活性化することによって代謝を高め、免疫力を上げたりする事によって、軽減させているのでしょう。4月は引き続き花粉には要注意、「海の素」は手放せませんね!

    やさい村では若手のトモ君が花粉症がひどかったのですが、毎朝10滴水に垂らして飲んで来るだけで、かなり楽だと言っていて、よっぽど酷い日以外はマスク無しで働いています。
    僕も風邪が喉から入ってきて、喉に違和感を感じる時には直接喉に原液を垂らすと炎症が治まるので結構それで助かっています。

    そう言えば、3月17日に開催された『お蔵フェスタ』では、だいぶみなさんの認知度が上がって来たようで、沢山の方々がやさい村のブースを見つけては立ち寄って「海の素」を買って行かれてました。
    スプレーも試して直ぐに目が楽になるので喜ばれましたよ!「海の素」は100%天然のミネラルなので、薬と違って安心です。

    さて、4月は山菜のピークの時期ですね。身体は寒さに緊張していたのが、季節と共に緩みます。
    冬の身体から春の身体へと変化対応する時期ですので、野草や山菜はその春の身体に変化して行くのを助けてくれるので、是非野草や山菜を上手に摂って身体を整えて行ってくださいね。山菜は先ずふきのとうから始まり、4月はまさに山菜天国になりますよ〜!

    これからは、山野に出かけて自生している山菜を摘んで来て、春そのものを満喫して、春の味覚を大いに楽しみたいですね。
    気をつけたいのは、野草や山菜の食べ過ぎは良くありません。野草や山菜はほんとうに少量を味わって食べること。
    それとちゃんとアク抜きをしてから食べてくださいね!! 僕も、ふきのとうの天ぷらを美味しいからと言って食べ過ぎたら、ギックリ腰になりかけましたよー!ふきのとう味噌はいくら食べても大丈夫だったのに、やはり陰陽をちゃんと知って駆使しなくちゃ。皆さまもお気をつけくださいね〜〜

    (村長大友)

  • 4月イベントお知らせ 2019.04.07 クリック

    イベントのお知らせ

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    4月4日(木)・6日(土)
    線

    「いざという時の食養と手当て ー 春 ー」講座

    日 時
    4月7日(日)11:00~14:00
    場 所
    田んぼカフェ(武蔵野市吉祥寺南町5-11-2)

    線

    「青山ファーマーズマーケット」<やさい村出店>

    日 時
    4月13日(土)〜14日(日)10:00~16:00
    場 所
    国際連合大学前広場(渋谷区神宮前5-53-70)

    線

    「有機村まつり」<やさい村出店>

    日 時
    4月14日(日)
    会 場
    山梨県甲府

    線

    「 コピス吉祥寺 GREENINGマルシェ 」<やさい村出店>

    日 時
    4月20日(土)〜21日(日)10:00~17:00(雨天決行)
    場 所
    コピス吉祥寺 A館1階(屋根付き中通路)

    ◎地場野菜を中心に全国の美味しい野菜、(調味料・自然塩・天然茶etc.)
    他ではなかなか見られないこだわりの商品をお持ちします!
    ◎2日間実施(雨天決行)

    線

    「 東京ビーガングルメ祭り 」<やさい村出店>

    日 時
    4月21日(日)10:00~16:00
    場 所
    木場公園 / Kiba park(江東区平野4-6-1)

    線

    やさい村 10%OFFセール & デモ販

    日 時
    4月26日(金)〜27日(土)
    場 所
    やさい村

    デモ販:26日「心泉茶苑」
    ※セールには一部除外品があります。

    線

    「臨時営業時間」

    日 時
    4月29日(月)〜30日(火)11:00〜18:00
    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    4月3・10・17・24日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    4月5・12・19・26日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    4月11日(木)20:00~22:00
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    <5月のイベント>
    つながるいのちの輪・生存への行進40周年記念イベント

    私たちは、玄米菜食を実行しながら、原子力発電、農薬農政、食品添加物、精製塩の危険性を訴えて北海道から沖縄まで約4000キロを11ヶ月かけて歩いて日本を縦断し、自然農法や有機農業の優位性を訴え、まだ専売法で禁止されていた自然海塩を持って全国各地を回って製法を伝え、マクロビオティックというシンプルで健康的な食文化を広めました。

    日 時
    5月12日(日)13:00〜16:00
    場 所
    沙羅舎(三鷹駅徒歩6分:下連雀3-1-24)

    *Facebookページ → <つながるいのちの輪・生存への行進40周年記念イベント>

    線
  • 4月「今月のおすすめ旬野菜」 2019.04.07 クリック
    たけのこ(筍)

    4月の旬野菜:たけのこ(筍)

    たけのこ(筍)

    今月のおすすめ旬野菜:「 たけのこ(筍) 」

    いよいよ待ちに待った春の訪れですね〜

    早春のひと時、霜が降りなくなってから植えた野菜がまだ育って来る前の端境期に次々と春の訪れを告げるように登場して来るのが野草や山菜たちですが、今回は、春には一度は食べてみたい「たけのこ」を取り上げてみます。

    今年は暖冬で「たけのこ」も早く出て来ますから食べ損なわなようにお気をつけ下さいね。

    原産地は中国江南地方、3月が走り、4月が盛り、5月が名残り。

    この「たけのこ(筍)」、竹かんむりに旬という字が物語るように収穫したり買ったらすぐに下処理をしてすぐに食べないといけないし、旬はあっという間に過ぎてしまいます。

    店頭で見つけて買ったならば、その日のうちにアク抜きしておきたいですね。

    先ずは、頭の芽の部分を斜めに切り落とし、皮に2〜3カ所切り込みを入れてヌカと唐辛子を入れて1〜1時間半ほど弱火で煮たら火を止めて半日〜一晩そのまま浸けておいて、アク抜きをしてから料理しましょう!
    またアク抜きをした「たけのこ」は3〜4日のうちには食べきりましょう。

    *走りの若竹の子はワサビ醤油で刺し身のように食べると最高!
    他には子供達が大好きなたけのこ御飯や、たけのこの煮物、筑前煮、天ぷら、木の芽和えなど。
    ちょうど旬のワカメと炒めても美味しくて我が家では旬の時期の定番メニューでもあります。

    「たけのこ」や山菜類は、アクがあるのでアク抜きを上手にしっかりすることが大事ですよ。では早春を満喫して下さいね〜

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 4月「今月の酒」 2019.04.07 クリック
    ヤッホーブルーイング「SunSun ORGANIC BEER」

    ヤッホーブルーイング「SunSun ORGANIC BEER」

    ヤッホーブルーイング「SunSun ORGANIC BEER」

    今月の酒:ヤッホーブルーイング「SunSun ORGANIC BEER」

    どうもスタッフ新野です。4月のお酒はこちら!

    春の陽気に誘られて、外へ繰り出す機会が多くなる4月にはこのビールをオススメします。

    ヤッホーブルーイングが作る、モルトもホップも有機100%のサンサンオーガニックビールは有機認証を得た醸造所で醸造されたビールです。

    すっきりした飲み味の中にも、ビール本来の素材を感じさせる味わい。
    グラスに注げば琥珀色の綺麗な色と柑橘系を思わせる香りが特徴のエールビールなので、呑兵衛さんはゴクゴクと流し込みたい気持ちを抑えつつゆっくり甘味・苦み・香り・コクを味わって下さい。
    ご自宅用にもお花見用にも是非!!

    4月1日〜30日 特価・・・
    1缶(350ml)260円+税 ⇒ 250円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2019.04.07 クリック
    フィンガーライムの種

    フィンガーライムの種

    フィンガーライムの種
    収穫が楽しみです

    収穫が楽しみです

    収穫が楽しみです

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    花粉が飛び交う季節ですね。 私も一昨年までは花粉なんてどこ吹く風だったのですが、昨年病院で「花粉症のアレルギーがありますね」の太鼓判を押されてしまい、そのグループの仲間入りを致しました。

    花粉の飛ぶ季節という事は花の季節です。
    畑も花野菜が出始めました。

    こうなると野菜は収穫品種は激減して、夏への準備が中心になります。春のこの時期にやる仕事の一つに果樹の植え替えがあります。

    農園では、凄く珍しくて生産量も少ない、見栄えは素晴らしく、味は爽やかな柑橘を植えました。
    「フィンガーライム」というものです。
    実の大きさ形はスナップエンドウくらいで、果肉はキャビアのようにポロポロで、色はトパーズ、ペリドット、パパラチア、ガーネット、ルビーといった宝石のような綺麗な色、味はライムです。

    元々はオーストラリアのアボリジニが食べていたもので、オーストラリアの方々がジャムなど使い始め、フランスの有名料理人や、アメリカのバーテンダーに見出されて世界に発信した、今後流行るかもしれないオシャレフルーツです。

    収穫までは2〜3年はかかると思いますので、少々気が早いのですが、期待を込めて早め発信です。

    <4月の出荷予定>

    人参/のらぼう菜/葱坊主/花ルッコラ/サツマイモ/里芋/京芋/柚子/八朔
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 4月号 2019.04.07 クリック
    アスプルンド「Veggy Cheesy ベジーチージー」

    アスプルンド「Veggy Cheesy ベジーチージー」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    アスプルンド「Veggy Cheesy ベジーチージー」

    アスプルンド「Veggy Cheesy ベジーチージー」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    豆乳を使用した、まるでクリームチーズのような味わいのソイチーズです。
    乳製品・動物性原料不使用、グルテンフリー。

    食感や味わいは本物のチーズにとても近く、後味はベジ仕様らしくさっぱりしています。
    ヴィーガンやベジタリアンの方だけでなく、健康に気遣う方にもぜひ試していただければと思います。

    アスプルンド「Veggy Cheesy ベジーチージー」

    70g・・・550円(税別)

    線
  • 自然栽培 ー4月の百姓仕事ー 2019.04.07 クリック
    4月の百姓仕事

    4月の百姓仕事

    4月の百姓仕事

    『自然栽培 ー4月の百姓仕事ー 』
    < 佐藤さんの連載35回目 >

    4月上旬、里はまだ雪の中。
    塩水選をし、温水消毒をし、浸漬した種の上に雪が積もる事もあります。

    5月までその雪が消えない事もあるのです。
    それでも、春はドカンと来ますから水芭蕉やら梅やらコブシやら
    桜やら、新緑までみんな一緒にダダダダーッと芽吹きます。

    長い冬が開けて、大忙しの季節の始まりです。

    種の準備ができると、「床土作り」→「種まき」→「芽出し」→「苗床作り」→「苗出し」で、あっという間に4月が終わります。

    お米定期購入者募集中!お申し込み用紙は <こちら>

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • 人のその道|第8回 2019.04.07 クリック
    人のその道 OHSHIMA OCEAN SALT
    人のその道 OHSHIMA OCEAN SALT 1

    人のその道 OHSHIMA OCEAN SALT 1

    人のその道 OHSHIMA OCEAN SALT 1
    人のその道 OHSHIMA OCEAN SALT 2

    人のその道 OHSHIMA OCEAN SALT 2

    人のその道 OHSHIMA OCEAN SALT 2
    人のその道 OHSHIMA OCEAN SALT 3

    人のその道 OHSHIMA OCEAN SALT 3

    人のその道 OHSHIMA OCEAN SALT 3
    人のその道 OHSHIMA OCEAN SALT 4

    人のその道 OHSHIMA OCEAN SALT 4

    人のその道 OHSHIMA OCEAN SALT 4
    人のその道 OHSHIMA OCEAN SALT 5

    人のその道 OHSHIMA OCEAN SALT 5

    人のその道 OHSHIMA OCEAN SALT 5

    「 人のその道 」第8回

    「その人を知ればその人が創り出す物事が見えてくる」今月は OHSHIMA OCEAN SALT 阪本洋未さんにお伺いしました。

    【 やさい村(以下:や)】簡単な自己紹介をお願い致します。

    【 阪本洋未さん(以下:阪)】阪本洋未(34歳)。伊豆大島で自然塩普及に尽力する阪本章裕・鏡子の5人の子の4番目3女として産まれ育つ。
    都立保健科学大学看護学科を卒業し、都内の大学病院で看護師として働いたのち、塩の事業を手伝う目的で大島にUターン。
    あらゆるサポートをいただいて2012年正式に二代目となる決心をする。
    現在は、OHSHIMA OCEAN SALT有限会社の取締役をメインに、その姉妹社のワノサト合同会社社員、HOME OF HARMONY株式会社代表取締役、非常勤で看護師・保健師の仕事も兼務しつつ、10歳の息子のシングルマザーでもある。また、2013年の大島土石流災害をきっかけとして有志と共に立ち上がった任意団体UNIVER-CITY OHSHIMAの代表として、NPOや島内外の企業・団体などのお力を借りながら、皆で地域活性化のための企画を手作りしている。

    【 や 】OHSHIMA OCEAN SALTさんがある大島はどんな場所ですか?

    【 阪 】大島の中心にある三原山は私にとってかけがえのないところで、荘厳で力強く、心がすっきりと洗われるように感じます。
    東京から高速船で1時間45分で着く大島は、東京のオアシスとも言われていますが、海岸線に残る溶岩や島内のあらゆる場所に生きる椿などの存在は、私たちが地球と共にいることを思い出させてくれます。
    この大好きな大島を一言で表現するのは難しく、ぜひお越しください。

    【 や 】塩作りを始めたきっかけ(または洋未さんが塩作りをやっていこうと思ったきっかけ)

    【 阪 】当時保健所から、にがりが食品添加物に分類されたことに伴ってにがりを取り扱う事業には食品衛生管理者を置かなくてはならないという話が来たのでした。食品衛生管理者の資格を取得するためには数ヶ月間の受講が必要になり、両親二人で切り盛りしていた会社を今後どうしようかという岐路に急に立たされたのです。
    また、看護師として働いていた私は、先輩や同僚に恵まれて看護師としての一歩を踏み始めつつも、生きるとはなんだろう、家と職場との往復の毎日が私の思い描いてきた暮らしだろうかと疑問に思っていた時でした。
    本当に健康に必要なもの・生命になくてはならないものが塩であることが腑に落ち、生命に関わる仕事をする、という想いで大島に帰って参りました。
    それでも継ぐというところまでは全く考えていなかったのですが、大島に帰ってからの出会いや塩の結晶が生まれる時の美しい様子を目の当たりするなど、そのようなあらゆる流れの中で、自然と二代目としての役どころをさせていただく決心に至りました。

    【 や 】Flower Of Oceanシホは海水と真水が合流している深層海水を原料としていますが、なぜ真水との合流しているエリアの海水を選んだのでしょうか?

    【 阪 】自然塩普及活動でずっと表層の海水から塩を作ってきた社長(父)がその会社を離れ、塩づくりはやめて鍼灸院を開き始めたばかりの頃、その患者さんとしていらしたある民宿のご主人からご相談をいただきました。
    民宿で温泉を掘ろうと掘削したところ、温泉ではなく海水が出た。せっかくだから何か役に立てたいが、何かいいアイディアはあるかと。その成分表を確認したところ深層海水だということがわかり、社長は、自分のところに海水を持ってきたら塩をつくるしかないということで試作したところ、とても美味しい塩ができて感動したのだそうです。これは世に出さなくては、という気持ちでもう一度会社を立ち上げることになったと聞いています。
    その深層海水に真水が混ざっており、まさにそのことがより一層Flower Of Ocean・シホをミネラル豊富で美味しい塩にしているということがわかったのは、それより後のことになります。
    ですから、私たちは深層海水自身からもう一度塩を作らないかと、道を開いてもらったように感じています。

    【 や 】OHSHIMA OCEAN SALTさんドーム型の装置が印象的ですが、ドーム型装置はどれくらいの大きさなんですか?

    【 阪 】ドーム型海水濃縮装置、通称塩ドームと呼んでいますが、それは今2基あります。第一塩ドームは直径14メートル、高さは8.5メートルほどになります。第二塩ドームは一回り小さくて、直径13メートル、高さは8メートルほどあります。それも全て手づくりしています。

    【 や 】ドーム内ではどれくらいの期間、どのような作業が行われているんですか?

    【 阪 】約1ヶ月、塩ドーム内で海水を噴霧し、風と太陽の力を借りて海水を濃縮します。
    海水を濃縮したものをかん水と呼びます。
    雨の日は稼働を止め、雨に当たらないようにタンクにしまいます。

    【 や 】次に結晶化させるために、どのような作業がありますか?

    【 阪 】ドームで濃くなったかん水を、大きな釜に移し、蒸気の熱でさらに濃縮します。
    その後、平釜に移してゆっくり熱をかけ、結晶を待ちます。
    塩焚きが終わったら遠心分離機にかけて塩とにがりに分け、検品・袋詰めをしてみなさんのお手元にお届けします。

    【 や 】工程の中で一番気を使う作業などあれば教えて下さい。

    【 阪 】やはり結晶の最中を一番気にかけてます。
    結晶している最中は特に、人間として日常的にいろいろな感情があったとしても、工場に入るときはそれを持ち込まないようにリセットして、ただ真摯に塩と向き合うことを心がけています。

    【 や 】塩作りで大事にしている事、こだわりはどのような部分なのでしょうか?

    【 阪 】上記と同様です。
    塩は、体の中に入ると直接神経や様々な器官に働きかける性質を持っています。だからこそ、塩が本来の力を発揮できるよう、真っさらな状態で結晶されることを大切にしています。

    【 や 】塩作りでの苦労(大変な)事はありますか?

    【 阪 】力仕事です。昨年やっと第一塩ドームの建て替えが完了しましたが、ほとんどの作業が社長と私の二人での作業になり、小さい頃から大工仕事を手伝ってきたので普通の女子よりはずっと筋肉があると自負していますが、本当に大変でした。それ以外にも塩にまつわる機械関係などのハード面は今まで社長がメンテナンスをしてきてくれていますが、その一つ一つが道具も含め、重くて。最近はそういうお仕事が出た時にお手伝いしていただける方も見つかって、とても助かっています。

    【 や 】スーパー等で安く市販されている塩と自然海塩との大きな違いはどのような部分でしょうか?

    【 阪 】塩には色々な種類があり、製法が異なります。
    自然海塩という表記は、今はしてはいけないことになっていますが、基本的にその製法は天日や平釜や色々ありますが、特徴としては海水を丸ごと濃縮し、結晶したものであるということです。
    そのため海のミネラルをそのバランスを大きく崩さずに結晶化されています。
    安く市販されている塩の代表格に、イオン交換膜法という方法で作られているものがあります。海水から化学的にNaClを抽出したもので純度が高く、海のミネラルのバランスとはかけ離れたものになっています。それは食塩ではなく試薬塩化ナトリウムと表記すべきであるはずだと、社長はずっと主張しています。
    最近はうま味塩など様々な表現でNaClにうま味成分であるアミノ酸を添加する商品も数多くなっています。本来の塩は素材の味を引き出す作用があるのに対し、NaClは塩味をつけるのみですから、後からアミノ酸を添加したのだろうと思います。
    お近くのスーパーなどの塩のコーナーで裏面の表記をぜひ見比べてみてください。そして、調べてみてください。

    【 や 】シホには満月の日に給水した海水で作る「満月のシホ」があると聞きましたが、シホと満月のシホには違いはありますか?

    【 阪 】満月のシホとFlower Of Ocean・シホの違いは、原材料である海水を満月の日に汲んだかそれ以外の日に汲んだかという違いのみで、そのほかの製法は全く同じです。満月のシホは、私が息子を出産する際に大島まで駆けつけてくれた横浜の助産師さんが「お産は満月ととても関係するから、塩も満月の塩を作ったら面白いんじゃないかしら」と、そんな会話から生まれました。いざ作ってみると濃縮の際に泡立ったり、にがりが赤くなったり、塩の結晶自体も大きくなったのですね。味もよりまろやかになったように感じ、同じ商品にはできないということで、満月のシホが生まれました。

    【 や 】丹精込めて作られた阪本さんの塩(シホ)ですが、おすすめの使用法や料理などはありますか?

    【 阪 】どんなお料理にもぜひ活用していただけたら嬉しいですが、塩の味がわかりやすいのは、塩おにぎりや塩をふっただけのサラダなどを召し上がっていただくと、塩が素材の味を引き出してくれるということを感じていただきやすいかと思います。スイカに塩をかけると甘みを引き出してくれますし、メロンにかけると、喉のイガイガが感じにくくなります。
    また、暑い夏にキュウリなどのお野菜を塩もみして少し時間を置くだけで、馴染んでとても美味しいです。

    【 や 】お客様にはどのように感じて(味わって)もらいたいですか?

    【 阪 】健康番組などがテレビなどでたくさん取り上げられ情報が溢れる中で、やはり塩は悪者にされがちです。
    しかし、塩は生きていく上でなくてはならない大切なものであることはまぎれもない事実です。
    「これはいいはずだ」「これは一日これくらい摂取する」という知識や頭で考えて食べるのではなく、「体が美味しいと感じているか」に意識を向けてお食事やお料理を楽しんで欲しいなと思います。
    汗をたくさんかいた人と、一日中パソコン仕事で体を動かさなかった人の美味しいと思う塩の量は違うのです。
    どうぞ、その日その日のご自身の体と対話しながら、「いい塩梅」を感じてください。

    【 や 】塩作りを通して、よかった(嬉しかった)事はありますか?

    【 阪 】塩が結晶するときの美しさに出合えること。そして、そんな塩づくりを通していろんな方に出逢えることです。
    工場見学にいらっしゃった方との交流は、地道な毎日の作業のご褒美のように、いつもとても心豊かにさせていただいています。

    【 や 】今後のビジョンや目標はありますか?

    【 阪 】最近特に太陽の力を改めて感じるようになりました。いつか、太陽の塩を作ってみたいと思っています。
    現在のFlower Of Ocean・シホも、塩ドームの中でたっぷり太陽を浴びているため、ある意味では太陽の塩と言えるかもしれませんが、結晶まで太陽の力を借りて塩をつくることができたら嬉しいなと思います。
    また、これまで家業のように営んできたOHSHIMA OCEAN SALTは、親子の阿吽の呼吸に助けられた場面も多々ありますが、親子だからこその甘えをお互いにしてしまっていたなとも感じています。これからは言わなくても分かるだろうなどの甘えではなく、ちゃんと言葉で対等に伝え合える、塩づくりのコクリエーターとして共に歩んでいきたいなと思います。

    【 や 】最後にお知らせなどありましたらお願い致します。

    【 阪 】姉妹社であるワノサトでは、Flower Of Ocean・シホから生まれるあらゆる食品、味噌、醤油、梅干し、梅酢、オーガニックのお菓子などを原材料から厳選して手づくりして、ご紹介しています。(お菓子のみ、作り手が産休に入ったためしばらくお休みしています。)
    みなさんに大変ご好評をいただいております。数に限りはございますが、よろしければそちらも是非、ご賞味ください。

    【 や 】ありがとうございます。

    【 阪 】こちらこそ、貴重な機会をいただいてありがとうございます。

    線

    Flower Of Ocean シホ
    ● 200g… 639円(税別)
    ● 1kg… 2,734円(税別)

    『OHSHIMA OCEAN SALT』 WEBサイト
    www.o-oceansalt.com/

  • 「塩」いのちのふるさと[13] 2019.04.07 クリック

    ー自然塩復活運動を振り返るー 「塩」いのちのふるさと[13]

    私と阪本さんは谷さんが亡くなって3年ほど経った後に山口県の防府にある真島内科・小児科医院に真島真平先生を訪ねたのです。

    先生は先ず、海水を約1000倍と10000倍に濃縮したミネラルエキスを使って患者さん達に同意をえて投与することで、素晴らしい結果が出ている事を、様々な事例をこと細かく実例を挙げながら話してくれた。

    その話しを聞いていると、ほとんどの症状に何らかの効果が現れているとの事であった。

    先生の医院に通ってくる患者さん達もそのミネラルエキスの効果を感じて、多くの人たちがそのミネラルエキスを欲しがっているそうで、薬はいらないからそのミネラルエキスだけで治療して欲しいという要望が日増しに増えて来ていて、じつはその事で先生は逆に悩みを抱えていたのだった。

    先生は自らの軽自動車で日本海や瀬戸内海の水の綺麗なところまで汲みに行って、病院の中庭に濃縮施設を作って濃縮していたのだが、その海水の調達や製造自体に膨大な時間がかかるのと、時間がかかる割には濃縮されるミネラルエキスは少量しか取れなかったのだ。

    先生はその濃縮エキスをマジマエキスと名付けられていたが、そのミネラルエキスは研究ということで無料・無償で治療に使っていたのだった。

    今の病院経営にとっては薬の処方は大きな収入源となっているのだが、患者さん達は薬はいらないあのミネラルエキスで治療して欲しいと言い出しているのだ。

    開発者では有りながら、この事で病院経営は圧迫されているので、なんとか販売する手立ては無いものかと相談を受けたのだった。

    真島先生は、この海のミネラルエキスが広まることになれば下手をすると薬がいらなくなる。

    つまり病院経営は行き詰まる事になり、その事が分かると自分の命も医師会や製薬業界から狙われかねないと、本気で心配されていたのでした。

    それほど、そのミネラルエキスの効能のパワーを肌で感じ、効果を目の当たりにしていたのです。

    笑い話のような話ではありますが、先生にとっては、このミネラルエキスをなんとか販売出来ないかという悩みと、大々的に発表した場合、身の危険に晒されるのではないかとの思いがあったことは事実です。

    僕らは僕らで谷さんが亡くなった後の「塩」の品質問題の証明という課題の大きな答えが、この真島先生の研究と実践で答えを出して行けるのではないかと今後の「塩」運動に与える大きな可能性を感じて戻って来たのです。

  • 3月号のご挨拶 2019.03.04 クリック

    皆さま、いよいよ2月の後半からスギ花粉が飛び始め、3月は花粉飛散のピークになりそうですね〜

    関東地方でも例年の1.2倍の飛散が予想されていますので、花粉でお困りの方は憂鬱な日々が続きますね。

    でも、ご心配なく! まずは「海の素」をしっかり飲んで下さい!
    目安としては今まで行ったモニター調査のデーターでは少なくとも1日当り10滴以上は摂った方がいいようです。

    「海の素」は海水中の100種近い天然のミネラルをさらに濃縮されたもので、100%自然なもので安心して摂取して頂け、身体の中の酵素活動を活発にさせ、代謝機能を活発にさせてくれるのです。
    液体状なので、水や、お茶、ご飯を炊く水の中、味噌汁や、スープなどに調味料としてお使い下さい。

    普段ご家族みんなでミネラル補給をするだけでしたら、普通に調味料としてお使い頂くだけで充分と考えていますが、花粉の時期や真夏の汗をかいてミネラル不足になる季節には摂取を心がけて頂くのが良いと思います。

    また、目の痒みや鼻のムズムズ、鼻詰まり、くしゃみなどでお困りの方は、飲む他に希釈したスプレーもお役に立つと思いますよ。

    いずれにせよ、今の野菜やお米、一般の化学肥料や農薬を使って作られているものはミネラルの含有量がどんどん減っていますので、常日頃から自然栽培や、有機栽培のお米や野菜、天然海塩を食べるなどし、海の素を調味料としてミネラル補給を心がけたいですね。

    そして、そろそろ春の芽吹きの季節を迎えますね。自然界の春の訪れを告げる野草や山菜の季節が始まります。
    野草や山菜は上手に陰性なアクを抜いて食べるのがコツになりますよ!

    上手にアク抜き出来れば冬の間に溜まった、毒抜き・デトックス効果があり、身体全体がリフレッシュしますので、是非野草や山菜も食べてくださいね! 

    (村長大友)

  • 3月イベントお知らせ 2019.03.04 クリック

    イベントのお知らせ

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    3月2日(土)・7日(木)
    線

    「 コピス吉祥寺 GREENINGマルシェ 」<やさい村出店>

    日 時
    3月16日(土)〜17日(日)10:00~17:00(雨天決行)
    場 所
    コピス吉祥寺 A館1階(屋根付き中通路)

    ◎地場野菜を中心に全国の美味しい野菜、(調味料・自然塩・天然茶etc.)
    他ではなかなか見られないこだわりの商品をお持ちします!
    ◎2日間実施(雨天決行)

    線

    寺田本家「第13回 お蔵フェスタ」<やさい村出店・村長出演>

    日 時
    3月17日(日)9:00~15:30
    場 所
    寺田本家(下総神崎駅)

    入場無料・雨天決行

    住所:千葉県香取郡神崎町神崎本宿1964

    線

    「Ond nonowa クラフトマーケット」<やさい村出店>

    日 時
    3月23日(土)10:00~17:00(雨天決行)
    場 所
    武蔵境駅前広場(nonowa Terrace)

    線

    やさい村 10%OFFセール & デモ販

    日 時
    3月29日(金)〜30日(土)
    場 所
    やさい村

    デモ販:29日「日本健康美容開発/ゲルクリーム 」
    ※セールには一部除外品があります。

    線

    「やさい村お花見 ~野菜寿司~」(予定)

    日 時
    3月31日(日)13:00~16:00
    場 所
    ジブリ美術館横の公園
    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    3月6・13・20・27日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    3月1・8・15・22・29日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    3月14日(木)20:00~21:30
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    <5月のイベント>
    つながるいのちの輪・生存への行進40周年記念イベント

    私たちは、玄米菜食を実行しながら、原子力発電、農薬農政、食品添加物、精製塩の危険性を訴えて北海道から沖縄まで約4000キロを11ヶ月かけて歩いて日本を縦断し、自然農法や有機農業の優位性を訴え、まだ専売法で禁止されていた自然海塩を持って全国各地を回って製法を伝え、マクロビオティックというシンプルで健康的な食文化を広めました。

    日 時
    5月12日(日)13:00〜16:00
    場 所
    沙羅舎(三鷹駅徒歩6分:下連雀3-1-24)

    *Facebookページ → <つながるいのちの輪・生存への行進40周年記念イベント>

    線
  • 3月「今月のおすすめ旬野菜」 2019.03.04 クリック
    ふきのとう

    3月の旬野菜:ふきのとう

    ふきのとう

    今月のおすすめ旬野菜:「 ふきのとう 」

    冬野菜が終わって、次の春野菜が出来始める迄はしばらく野菜の端境期を迎えるのだが、このちょうど端境期に出て来るのが山菜や野草たちになる。

    そして、野草のトップバッターが「ふきのとう」。

    場所によってはまだ雪の残る間から、ひょっこりと芽を出していたりもして、春の訪れを告げる最初の野草となる。

    地域によって、また寒暖によっても違うが、早いところでは2月頃から顔を出し、3〜4月まで、日本列島にふきのとう前線が駆け上がって行く。

    熊が冬眠から覚めると、ふきのとうを食べて宿便を出し活動期に入って行くと言われるほどデトックス効果があり、毒素を出してくれる効能がある。

    また、心臓の特効薬でもあり、胃腸薬にもなるし、気管支系を癒して咳や痰を和らげてくれる。

    ふきのとう味噌、天ぷら、ピックルス、味噌漬け、炭火で焼いて自家製味噌などで食べると絶品。

    *ふきのとうの苦味は陽性だが、やはり野草は陰性が強いので陽性化して食べる工夫をすることや食べ過ぎには要注意。

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 3月「今月の酒」 2019.03.04 クリック
    寺田本家「冬季限定 しぼったまんま」

    寺田本家「冬季限定 しぼったまんま」

    寺田本家「冬季限定 しぼったまんま」

    今月の酒:寺田本家「冬季限定 しぼったまんま」

    どうもスタッフです。3月のお酒はこちら! 寺田本家「冬季限定 しぼったまんま」です。

    3月には寺田本家さん主催の「お蔵フェスタ」が行われます。 今年もやさい村は出店と村長バンドで参加します!

    普段は人口数千人の町に、この日ばかりは都内からも直通電車や油で走るバスが特別運行し、数万人来場する一大イベント。

    こんなにも寺田本家さんを有名にしたと言っても過言ではない「五人娘」。

    このお酒は「五人娘」の無ろ過しぼりたて生原酒で、無農薬在来種“千葉錦"を使用して江戸時代と同じ製法で作られています。 しぼりたてで若々しく、かつ芳醇な薄にごり酒で、舌で感じる微炭酸と少しの酸味、にごりの甘みが絶妙な一本。

    寺田本家さんでも売り切れごめんの期間限定酒なので、逃すと次は来年になります。

    一人でゆっくり楽しむも良し、梅や桃の花でも眺めながら少し早いお花見をするも良しだと思います。 このお得期間中に是非どうぞ!!

    3月1日〜31日 特価・・・
    1本(720ml)1,600円+税 ⇒ 1,500円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2019.03.04 クリック
    柚子のお酒

    柚子のお酒

    柚子のお酒

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    春が近そうですね。柚子が大量に取れています。
    なので、今回は柚子のお酒の作り方を書いてみます。

    * 材 料 *・・・・・・・・・・・・・・・
    ・柚子の皮の黄色い部分(薄剥き):20個分
    (多い分にはOK。濃くて美味しくなります)
    ・スピリタス:1本
    ・砂糖:500g
    ・水:500cc

    * 作り方 *・・・・・・・・・・・・・・・
    ・スピリタスに柚子ピールを漬けて10日以上常温で香りを湧出する。
    ・水500ccを火にかけて、砂糖を溶かし、常温くらいに戻してシロップを作る。
    ・香りを湧出したスピリタスとシロップを混ぜて密閉ビンに入れて出来上がり。

    ※常温で長期保存できます。
    ※アルコール度数は出来上がりでも32%くらいあります。
    ※よく冷やしてストレートか、ソーダや牛乳で割っても美味しいです。

    線

    吉田農園ではちょっと大ごとが起こりました。
    農園で70余年畑を見守ってきた婆さんが今生を卒業しました。農園としては大切な働き手がいなくなってしまいましたが、これからは種まきの季節です。次の野菜の準備は始まっていますので、畑としても前進するしかないという状況です。

    因みにそんな祖母が最後まで関わった人参、里芋、京芋やサツマイモはまだ幾らか在庫があります。
    裕恵婆さん最後の作品をぜひご賞味ください!

    <3月の出荷予定>

    里芋/京芋/人参/長ネギ/柚子/はっさく/ブロッコリー/ミニ大根/赤からし菜/赤水菜
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 自然栽培 ー3月は種の支度ー 2019.03.04 クリック
    3月は種の支度

    3月は種の支度

    3月は種の支度

    『自然栽培 ー3月は種の支度ー 』
    < 佐藤さんの連載34回目 >

    毎日降り続いた雪もやっとおさまり、アスファルトが見えてきます。
    その道の脇や川辺から雪解けが進み、ユキヤナギやフキノトウが顔を出してきます。

    ようやく雪国にも春の兆しが訪れます。
    そうしたら、まず除雪です。

    小屋の回りの2、3メートルもある雪をどけて、苗床を出さないと・・・。
    「種」のノギを取ったり、選別したり、温水消毒したり・・・。

    4月の種まきに向けて、いよいよ百姓仕事の始まりです。
    毎年のお天気で、米の生育は変わります。

    今年はどんなお天気になり、どんな米作りになるのでしょうか。
    健康で楽しい生活がおくれるよう、美味しい米がつくれるといいのですが。

    お米定期購入者募集中!お申し込み用紙は <こちら>

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • 人のその道|番外編 〜 Endless March 2019.03.04 クリック
    人のその道 グリーンファーム 水口1

    人のその道 グリーンファーム 水口 1

    人のその道 グリーンファーム 水口1
    人のその道 グリーンファーム 水口2

    人のその道 グリーンファーム 水口 2

    人のその道 グリーンファーム 水口2
    人のその道 グリーンファーム 水口3

    人のその道 グリーンファーム 水口 3

    人のその道 グリーンファーム 水口3
    人のその道 グリーンファーム 水口4

    人のその道 グリーンファーム 水口4

    人のその道 グリーンファーム 水口4
    人のその道 グリーンファーム 水口5

    人のその道 グリーンファーム 水口5

    人のその道 グリーンファーム 水口5

    「 人のその道 」番外編 〜 Endless March 〜

    「その人を知ればその人が創り出す物事が見えてくる」と思いたち、生産者さん達の生の声をお届けするコーナー。
    今回は<番外編 〜Endless March〜>としまして、 第1弾 グリーンファーム 水口さんです。(レポート:スタッフ新野)

    2019/2月某日、東京から快速ラビットに乗り込み、宇都宮経由で向かったのは野崎駅。
    そこには栃木県大田原市の【グリーンファーム 水口】の水口さんが(遠い所よく来たね~)と迎えに来てくれました。

    早速、農場に向かうと広大な畑と何個も並ぶビニールハウスに、牛舎を改築した宿舎、無農薬ミネラル製法の野菜や自然栽培米の農産物以外にも、味噌や醤油など加工品を多く作る農場だけに大型機械が待ち構えていた。
    この日はちょうど近所のスーパー三桝屋さんでデモ販売をしており、売り切れてしまった人参を追加すべく、若手スタッフ佐藤さんが人参を洗い中。
    スーパー三桝屋さんへ行ってみると、入口を入ってすぐグリーンファーム 水口コーナーが設けられていた。お惣菜にもグリーンファーム 水口の野菜を使っていたりするので惣菜コーナーにも写真付きで紹介されていた。次の日には三桝屋さん主催の味噌作り教室も開催され、シーズン毎に田植、稲刈り、人参掘りなど子供から大人まで楽しめるイベントを企画し、スーパーでの販売に加え惣菜での使用と多くのイベント開催で地域と農を密接に繋げ地産地消できるシステムがあった。

    場を後にし農場に戻ってからは麹造りをお手伝い。
    食用よりは少し硬めに蒸した米を広げ、ばらしながら混ぜて空気を入れながら約40度まで下げて行きます。
    温度が高いと麹菌が上手く働かない。温度を調えたら、麹菌を振りかけ、まずは指先で撫でるように馴染ませ、麹菌が玉にならないようにしてから一気に混ぜる。米が冷えすぎると旨い麹が出来ないので、ここからはスピード勝負で混ぜてから均等に容器に移して保存。数日後には麹が完成します。

    畑には野菜が少ない時期で農作業は出来なかったが、白菜が自らの外葉を枯らし暖を取りながら中から甘さや旨味が詰まった部分を覗かせて見るからに美味しそうに思えた。

    作業も一段落すると夜には交流会があり、水口さんの奥さんの手料理と地酒で最高のオモテナシ。村長バンドの演奏など盛り上がり、農場で働く元やさい村スタッフ石川さん、若手の佐藤さんとも沢山話ができ農作業の話に加え水口さんへの信頼も垣間見れたように感じた。

    水口さんの「自分達がまず元気になっていい野菜を作って、食べる人にも本当に元気になってもらいたい」と優しい言葉が印象に残り、“何の為に・誰の為に”無農薬や自然栽培を続けるのか、また常に挑戦し追及していく姿勢を垣間見れブレない強さも感じた。
    宿舎に貼ってあったトラクターに子供達を乗せ、子供達も水口さんも満面の笑みを浮かべる写真も忘れないと思う。

    線

    ●三年熟成味噌 … (500g) 900円
    ●菊芋の味噌漬け … 量り売り(100g) 360円
    ●切干人参 … (50g) 470円
    ●マコモ茶 … (30g) 950円
    ●籾付き黒焼き玄米茶 … (100g) 1,250円
    *他、季節の野菜など取扱っております。

    グリーンファーム 水口

    『グリーンファーム 水口』 WEBサイト
    www.mizuguchi-farm.com/

  • 「塩」いのちのふるさと[12] 2019.03.04 クリック

    ー自然塩復活運動を振り返るー 「塩」いのちのふるさと[12]

    谷さんが亡くなった後、私は谷さんの追求して行こうとしていた事は塩の会社が引き継いでやって行くのかと思っていた。

    一時期、日本の先進的な各分野の専門家や学者の名だたる先生達が顔を揃えていたので、人材には事欠かないような支援者達がいたのだった。

    運動は、鉄壁を思わせた国家の「専売法」を撤廃させることとなり、塩運動は華々しく運動側が大勝利を勝ち取った事となり、今まで会員配布のみ許可されていたものが、公に販売できる事となった。

    しかし、今までの運動性を保ちながら、日本全体の海を守り、そこで海の守り人として自然海塩を作っていくような塩運動を考えていた私は共同組合形式を広げて行く事が良いと考えていた。

    共同組合形式をとると、販売はある地域に限定されるので、日本全体を考えればたくさんの塩の製造所とそれを支える沢山の地域消費者が必要になり、そのネットワークがくまなく張り巡らせられる事で日本の海は国民の監視の目で守られるのではないかと。

    また、そうした広がりによって、いずれ放射能を撒き散らしている原発もストップして行けるのではないかと私は考えていたのだった。

    しかし、僕にとっては残念ながら、突然株式会社設立が、充分な話し合いもなく、ある日に決まってしまった。

    理由は、事務手続き上そうせざる得なかったという事であった。

    株式会社は運営形式上、専任された理事が理事会を開いて運営されるし、意思決定は理事会の多数決で決めて行く。

    つまり、この株式会社設立で、多くの塩運動を支えた運動性を持つ人々は門外漢として排斥され、一部の運営者達で利益を分配する、いわゆる企業に変質し、その事が私物化を進める事になったのだろう。

    私は、この塩運動を知り塩運動に関わることによって、無償で全身全霊でいのちをかけて闘っている沢山の素晴らしい人々と会うことが出来た。

    今でもその人たちの熱い眼差しや、いのちのために立ち上がった人達一人一人の生き生きとした誇りに満ちた笑顔は忘れられない。

    しかし会社設立以降、運動を支えた人々が顔を合わせる機会は無くなり、塩運動は次第に消滅して行った。

    塩作りは会社業務となったので私が関わる事も無くなって行った。

    谷さんの訃報を聞いた後、かなりの時間が経ってからだが阪本さんと会う機会があり、その時に谷さんの塩の品質の証明の研究はどうなっているのかを聞いたところ、その後は誰もその研究を行うことはなく、そのままの状態だと聞いた。

    山口の真島先生の話をすると、阪本さんも前から会ってみたいと考えていたということで一緒に山口に向かい真島先生と会うことになった。

  • 2月号のご挨拶 2019.02.01 クリック

    皆さま、お元気でいらっしゃいますでしょうか?

    何やら今1月現在はインフルエンザが大流行の兆しの様ですね。
    今の時期、長ネギや生姜をしっかり食べてインフルエンザの予防をしておきましょう!
    予防接種はお好みですが、ウイルスがどんどん変化して耐性を上げていくのであまり効果はないように思います。

    生姜は血行を良くし、さらネギにはウイルスなどを殺菌する効果もあるそうですよ。
    身体を温め、冷やさないことが重要です。首、手首、足首などを温める服装や腹巻きも効果がありますね。

    プレマのアルファウェーブ商品のマット類、スリッパ、腹巻きや手足のサポーターは遠赤外線効果で薄くて暖かいので身体の線もスリムに決まり、仕事中でも邪魔にならず快適です。

    それと、やはり殺菌効果がある竹布のマスクは必需品ですね。菌やウイルスが着いてもやがて全くなくなってしまうそうですからただのドラッグストアで売っているようなマスクとは大違いです。付け心地も違いますし、消毒液の匂いもしません。

    そして只今1月現在、もう既にす花粉が飛び始めているようですね、晴れた日には鼻がヒリヒリして来ます。

    とにかく、花粉に敏感な人は早めの「海の素」が必要ですよ!原液を水やお茶、ご飯、お味噌汁などに入れてしっかり摂っておいてくださいね。一般的には1日3〜4滴、花粉に敏感な人には飛び始める前から1日10滴をおススメしています。
    それとスプレーも持参して、鼻や目がムズムズして来たらシュッとひと吹きやっておくと結構楽になりますから、これも持っておくといいと思います。

    このような注意をし予防を心がけるだけで随分違いますので、この極寒の時期を健康的にエネルギッシュに快適に過ごして下さい!

    やさい村では、旬の野菜だけでなく様々な防寒対策グッズも取り揃え、予約で取り寄せも致しますのでスタッフにお声掛け下さいね。

    (村長大友)

  • 2月イベントお知らせ 2019.02.01 クリック

    イベントのお知らせ

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    2月2日(土)・7日(木)
    線

    「 コピス吉祥寺 GREENINGマルシェ 」<やさい村出店>

    日 時
    2月16日(土)〜17日(日)10:00~17:00(雨天決行)
    場 所
    コピス吉祥寺 A館1階(屋根付き中通路)

    ◎地場野菜を中心に全国の美味しい野菜、(調味料・自然塩・天然茶etc.)
    他ではなかなか見られないこだわりの商品をお持ちします!
    ◎2日間実施(雨天決行)

    線

    山川紘矢・山川亜希子&瀬川映太コラボトーク「 どう生きたらいいの? 」<やさい村出店>

    日 時
    2月16日(土)13:00~15:30
    講 師
    山川紘矢さん・山川亜希子さん&瀬川映太さん
    場 所
    Three Eight Nine MITAKA

    人生を楽しみ、幸せが次々と起こる方法をご著書や翻訳書、トーク、スピリットダンスなどを通して発信し続けておられる、精神世界の先駆者である山川紘矢さん、亜希子さん。
    出産をテーマに命や生き方に向き合う「バースカフェ」を開催、東日本や熊本の震災、西日本豪雨災害などでは現地に長期滞在しボランティア活動の指揮をとられた伝導詩人の瀬川映太さん。

    今私たちはどう生きたらいいのかをテーマにお話しいただくこのトークイベントは、きっと多くの人の救いになり、励ましになり、道しるべになることでしょう!

    線

    <2月のイベント>
    食といのちの学校「手前味噌の会」

    日 時
    2月17日(土)13:30~16:00
    場 所
    三鷹市消費者活動センター3F・調理実習室(予定)
    持ち物
    持ち帰り用の味噌を入れる袋、タッパーなどの容器、エプロン、三角巾、筆記用具
    費 用
    2,500円(当日作った米麹の米味噌1キロのお持ち帰り付き)
    講 師
    山崎 初代さん
    定 員
    定員:15名

    *みんなで味噌作りを学んで、実際仕込みまでやります。(その他材料など購入可)
    ※ 定員に達し次第、締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。
    ※ 玄米麹、白米麹、麦麹、大豆のご予約を承っております。詳しくはお問い合わせください。

    *Facebookページ → <20190217 手前味噌の会>
    *詳細はこちら → <食といのちの学校>

    講師プロフィール

    線
    線

    やさい村 10%OFFセール & デモ販

    日 時
    2月22日(金)〜23日(土)
    場 所
    やさい村

    デモ販:未定
    ※セールには一部除外品があります。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    2月6・13・20・27日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    2月1・8・15・22日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    2月14日(木)20:00~21:30
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    2月9日(土)13:00~15:00
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線
  • 2月「今月のおすすめ旬野菜」 2019.02.01 クリック
    キャベツ

    2月の旬野菜:キャベツ

    キャベツ

    今月のおすすめ旬野菜:「 キャベツ 」

    キャベツの原産地は地中海沿岸で、キャベツの原種はアブラナ科のケール。

    イベリア人からケルト人に伝わり、徐々にヨーロッパ全土に、そしてシルクロードを経由して中国へ、また大航海時代にはアメリカに伝わった。

    当初は胃腸の薬草として使われ、様々な品種改良が重ねられる事によってキャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、ロマネスコなどが登場した。

    日本に伝わったのは江戸時代。
    長崎の外国人居留地区のなどで栽培されたが、食用としては普及せず、大々的に普及したのは第二次大戦後の食生活の欧米化が一挙にキャベツを日本全国に普及させた。

    キャベツの旬は、走りが12月、1月半ば〜2月半ばが盛り、そして3月末迄が名残りとなる。

    さて、今では一年中見かけるキャベツだが本当の旬はこれからだ。
    冬場のキャベツは蒸しても、炒めても、おひたしにしても本当にほっぺたが落ちるくらいに美味しい!

    キャベツを買ったら外側の緑の濃い部分と内側の白っぽい部分に分け、外側は炒め物、内側は生食に向く。

    また、キャベツを料理する上で、知っておきたいミニ知識、繊維に沿って葉脈の間を切ると甘みが出やすく、手でちぎるとアクが出にくく、繊維を断つ様に切ると柔らかく仕上がる。

    ◎食養では、動物性の毒出しに使う他、熱が出た時の熱冷ましに枕の上に敷くなど外用薬的な使い方もする。

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 2月「今月の酒」 2019.02.01 クリック
    「豊永酒造 麦汁(ムギシル)」

    「豊永酒造 麦汁(ムギシル)」

    「豊永酒造 麦汁(ムギシル)」

    今月の酒:「豊永酒造 麦汁(ムギシル)」

    どうもスタッフです。今月のお酒はこちら。

    1986年から有機農法米での焼酎つくりを始め、自社田・契約農家全てオーガニック認定を受けていて、田植え・稲刈りなどの農作業を陰暦に従い月の満ち欠けを見、自然の声を聴きながら行い、伝統製法で酒を造る熊本県の豊永酒造の「麦汁」。

    秋季全国酒類コンクール麦焼酎部門では第1位を受賞!(ちなみに4回連続受賞です)

    はだか麦を100%使用し、無ろ過で作られた酒、肝心の味は「濃厚」の一言につきます。
    香ばしく甘みもしっかりとあり、味の濃い洋食にも合うと思います。

    正直、今まであまり焼酎が得意ではなかったのですが、麦汁の突き抜けるような香りは、無性に飲みたくなる時があります。
    寒い晩にはお湯割りでどうぞ。

    2月1日〜28日 特価・・・
    1本(720ml)1,200円+税 ⇒ 1,100円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2019.02.01 クリック
    畑の様子

    畑の様子

    畑の様子
    畑の様子2

    畑の様子2

    畑の様子2

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    新年を迎えて早1ヶ月も過ぎます。
    いきなり寒くなったので、体は寒いさむい!となっていますが、どうやら例年に比べるとやはり寒の入りは遅く、寒さも少なくとも去年よりはマシなようですね。

    赤くなるチコリ類は緑の所が残っていたり、白菜も中心までドロドロになることも少なく、ロマネスコも昨年のような、全球凍傷の真っ黒けになる事もありません。

    とはいえやはり冬ですから、未だ播種は出来ずに、次作の準備で畑を平らに耕運して、草や野菜残渣などを漉き込んでしまう作業が続きます。

    段々と野菜も少なくなってきて後2ヶ月弱で端境期に差し掛かってしまうのでしょうか・・・
    今のところ冬野菜は、寒さにも負けず、乾燥に耐えながら畑に居てくれています。

    <2月の出荷予定>

    白菜/大根/色大根/人参/長ネギ/カブ/わさび菜/赤からし菜/赤水菜/里芋/京芋/サツマイモ類/キャベツ/チコリ類/ロマネスコ/はっさく/柚子/甘夏/みかん
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 2月号 2019.02.01 クリック
    陰陽ライフ「玉の澁」「ねり梅」

    陰陽ライフ「玉の澁」「ねり梅」 
    <セール時は10%引きでお得です!>

    陰陽ライフ「玉の澁」「ねり梅」

    陰陽ライフ「玉の澁」「ねり梅」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    遠赤外線の中でも最も効率よく熱に変わる「活性光線」を発生し、電気なしでも体がほんわか温まります。

    さらにマイナスイオンやα波も発生。

    腹巻やスパッツなど様々な商品が展開してますが、イチオシはベッドパッド!

    質の良い睡眠の手助けをしてくれます。

    陰陽ライフ「玉の澁」「ねり梅」

    ● 「玉の澁」(300ml)・・・2,000円(税別)
    ● 「ねり梅」(100g)・・・630円(税別)

    線
  • 自然栽培 ー2月の百姓家ー 2019.02.01 クリック
    2月の百姓家

    2月の百姓家

    2月の百姓家

    『自然栽培 ー2月の百姓家ー 』
    < 佐藤さんの連載33回目 >

    一年のうちで一番雪深くなるのが2月です。
    外は吹雪、家から出られません。出ようと思うと雪かきが大変!
    閉じ込められて、家の中で出来る仕事をします。

    さつまいもやかぼちゃは腐ってきますし、玉ねぎやにんにくは芽が出てきますし、
    大豆は選別調整しきゃいけないし・・・ 細かい仕事が、ある事ある事。

    百姓家には食べ物が山とあります。
    それをどうやって春まで持たせ、食いつなぐかが、冬の大きな台所仕事となります。
    味噌、こんにゃく、漬物、乾物作りはもちろんのこと、有るもので作る、
    毎日の「しんめ」(食事)作りが腕の見せ所となります。

    豆まきしたりお雛様飾ったり、行事も大切な生活の潤いになります。
    それでも、たまーに青空が見える時があります。
    その時には脳がパカッと開きます。
    人はお日様がなければ生きられないと感じる瞬間です。

    お米定期購入者募集中!お申し込み用紙は <こちら>

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • 人のその道|第7回 2019.02.01 クリック
    人のその道 オーガニック茶房 花礼
    人のその道 オーガニック茶房 花礼1

    人のその道 オーガニック茶房 花礼 1

    人のその道 オーガニック茶房 花礼1
    人のその道 オーガニック茶房 花礼2

    人のその道 オーガニック茶房 花礼 2

    人のその道 オーガニック茶房 花礼2
    人のその道 オーガニック茶房 花礼3

    人のその道 オーガニック茶房 花礼 3

    人のその道 オーガニック茶房 花礼3
    人のその道 オーガニック茶房 花礼 イベント

    人のその道 オーガニック茶房 花礼 イベント

    人のその道 オーガニック茶房 花礼 イベント

    「 人のその道 」〜第7回〜

    「その人を知ればその人が創り出す物事が見えてくる」と思たち、生産者さん達の生の声をお伝えします。
    第7回目は、やさい村居酒屋やイベント物販などでお料理を作ってくれていた矢野さんが、お店をオープンしましたのでそちらをご紹介いたします。
    彼女がつくるお料理はどれも味も見た目も美味しいのもばかりでお店のコンセプトも素敵です!

    【 オーガニック茶房 “花礼” 】 矢野 あい さん
    まず、この “花礼” は、agreable hanaLei(アグレアブル・ハナレイ)という古民家のような場所にある「衣・食・住」を美しさで叶えていく場(洋服なども扱っています)の、奥の空間をお食事処とし営業しています。

    コンセプト
    土鍋で炊いたご飯にお味噌汁、そして手作りのお漬物・・・
    先人たちが伝えてきた日本食の心を大切におもてなし。

    お昼は季節の旬を大切にした日常のお食事を。
    昼下りはお酒やお飲み物、手づくりおやつで憩いの時間をお過ごしください。

    当店の食材は太陽を浴び自然と調和したお野菜や、伝統調味料を使って真心込めてお作りしております。
    そして自然の恵みに感謝を込め、生産者様、お客様、そして自然も当店もよろこび合える循環を営みます。
    *数量限定なので予約してから行くことをおススメします。

    線

    〜*〜*〜* イベント告知 *〜*〜*〜

    【 夢ココチ 暮らし市 】
    民藝のうつわ店・中目黒《 SML 》とこけし専門店・鎌倉《 コケーシカ 》の唯一無二のポップアップを開催!!
    [ 期間 ]2月14日(木)〜3月17日(日)
    *営業日:木・金・土・日曜日 11:00〜18:00

    線

    【トークショーも決定!!】
    ★《コケーシカ》ディレクターの乙女な巨匠、沼田元氣さんによるこけし&乙女講座を開催!
    *詳細はSNSでお知らせします。

    [ 日時 ]3月10日(日) 15:00〜17:00
    [ 金額 ]1,600円(お土産付♡)※事前チケット購入制
    [ 定員 ]先着50名様
    [ 会場 ]agreable hanaLei | 国立市中1-12-22(国立駅南口徒歩8分)

    線

    オーガニック茶房 “花礼”
    〒 東京都国立市中1−12−22(国立駅南口徒歩8分)
    営業日:木金土日 11:00〜18:00
    TEL:042−577-7353
    Mail : agreable.hanalei@gmail.com

    『オーガニック茶房 “花礼”』 WEBサイト
    www.agreable1993.com

  • 「塩」いのちのふるさと[11] 2019.02.01 クリック

    ー自然塩復活運動を振り返るー 「塩」いのちのふるさと[11]

    日本に塩業近代化法なるものが出来て、それまで長きにわたり営々と営まれていた塩田が廃止され、イオン交換樹脂膜法という化学的に海水を電気分解して作る製塩法に切り替えられたが、そうして出来た塩とは純度99.8〜9%Nacl(塩化ナトリウム)というまさに化学物質であった。

    それに対して、広範な市民やさまざまな分野の専門家たちからも、この政府の愚挙とも言える政策に対して反対の声が上がって広がって行ったのだ。

    塩の品質が悪くなって、一番困ったのは一般家庭のお母さん達や料理を作る人や、食品製造に携わってる人たちであった。

    作った料理が美味しくなくなった!

    漬けもの屋さんは、塩が変わって漬けものが漬からなくなったと言い出した。
    当然である、発酵の素となるミネラルがなくなった塩では酵素が活動しないからなのだ。

    料理屋さんでは、今までの味が出せなくなった。
    これも当然のことである。
    微量元素のなくなった塩では様々な酵素が活動出来ないので、微妙な味わいが出せないのだ。

    専門分野の研究者や学者達も政府のあまりの暴挙に、当然反論し、立ち上がった人たちがいた。

    当然のごとく、消費者運動をするお母さん達の間には劣悪になった塩を変えなければという情報が広がっていったのだ。

    塩田による塩業を廃止させた本当の理由は、産業を近代化するために工場用地を確保するためだったと私は思っている。

    特に瀬戸内の塩田地帯は廃止されたと同時に、自然に溶け込んでいたのどかな塩田風景は見事(?)な化学工場地帯へと変貌を遂げた訳だが、私には塩田廃止の裏には政府やまた時の政権と癒着した産業界らの陰謀無くしては考えられない。

    また、塩の品質が悪くなって一番儲かった産業は何かというと、廃止された塩田地帯に建てられた石油コンビナートや、化学調味料を作る会社ではなかったかと思ってしまう。

    塩が悪くなった頃、なぜか化学調味料をご飯にふりかけて食べると頭が良くなるという噂が流れて多くの人が味の素をご飯にかけて食べていた。

    寿司屋の中には握った寿司の上から化学調味料を振りかける寿司屋もあったほどだ。

    今考えれば、愚の骨頂と笑い飛ばす話だが、塩の品質が悪化したその代用のようにあらゆる食品に化学調味料が添加されて行き、国民全体が化学調味料の中毒患者に仕立て上げられて行ったのだと思う。

    そして、その化学調味料中毒患者化計画は、入っていないものは無いというくらいほとんどの食品に浸透して行った。
    入っていないものは自然食品の店で買える食品くらいのものである。

    実は、塩を変えることは、日本人の食文化の根本から根こそぎ変える、凄まじい民族絶滅へのからくりが仕組まれていたのではないかと思ってしまうほどの重大な影響を与える出来事であったのだ。

  • 1月号のご挨拶 2018.12.31 クリック
    越冬の準備

    越冬の準備

    越冬の準備

    皆さま、明けましておめでとうございます!2019年が皆さまにとって幸多き年となりますように心よりお祈りいたします!

    思い返してみれば、やさい村を始めるきっかけとなった「日本縦断生存への行進」がスタートしたのが1979年ですから2019年は、あれからちょうど40年が経過した事になります。

    その当時の日本はバブルの絶頂期、乱開発と公害が広がり、農地は農薬で汚染され、原発はその危険性を知らせぬまま各地に作られ、国民は飽食に酔いしれておりました。

    しかし、その一方で公害病が各地で発生、さらに成人病と当時言われた、今までになかった病気がうなぎ昇りに増加して行ったのです。

    私たちは、玄米菜食を実行しながら、原子力発電、農薬農政、食品添加物や精製塩の危険性を訴えて北海道から沖縄まで約4000キロを11ヶ月かけて歩いて日本を縦断し、自然農法や有機農業の優位性を訴え、まだ専売法で禁止されていた自然海塩を持って全国各地を回って、各地の心ある方々と会い、製法を伝え、マクロビオティックというシンプルで健康的な食文化を広めて参りました。

    私たちは言わば使い捨て志向の崩壊直前の物質文明からの脱却と、それに代わる循環型の文明を求めてライフスタイルの転換を訴えて歩いたのです。

    今年はその「生存への行進」から40年にあたり、その原点を確認し、さらに未来に向かってより広がりと豊かさのある人の輪を広げていきたいと思い、「つながるいのちの輪・生存への行進40周年記念イベント」(仮称)なるものを開催したいと思っております。

    やさい村もこうした原点を忘れず、さらに素晴らしい循環型の農業を志し実践する農家さんたちを支え、また皆さまにとっても安心できる、楽しいお買い物が出来るお店を目指して頑張りますので心からよろしくお願い致します!

    (村長大友)

  • 1月イベントお知らせ 2018.12.31 クリック

    イベントのお知らせ

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    1月10日(木)・12日(土)
    線

    「 コピス吉祥寺 GREENINGマルシェ 」<やさい村出店>

    日 時
    1月19日(土)〜20日(日)10:00~17:00(雨天決行)
    場 所
    コピス吉祥寺 A館1階(屋根付き中通路)

    ◎地場野菜を中心に全国の美味しい野菜、(調味料・自然塩・天然茶etc.)
    他ではなかなか見られないこだわりの商品をお持ちします!
    ◎2日間実施(雨天決行)

    線

    やさい村 10%OFFセール & デモ販

    日 時
    1月25日(金)〜26日(土)
    場 所
    やさい村

    デモ販:26日「陰陽ライフ」
    ※セールには一部除外品があります。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    1月9・16・23・30日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    1月11・18日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    1月10日(木)20:00~21:30
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    1月19日(土)13:00~15:00
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    <2月のイベント>
    食といのちの学校「手前味噌の会」

    日 時
    2月17日(土)13:30~16:00
    場 所
    三鷹市消費者活動センター3F・調理実習室(予定)
    講 師
    山崎 初代さん

    線
  • 1月「今月のおすすめ旬野菜」 2018.12.31 クリック
    白菜

    1月の旬野菜:白菜

    白菜

    今月のおすすめ旬野菜:「 白菜 」

    木枯らしが吹きいよいよ1月、寒さが厳しくなればなるほど甘みが増してくるのが「白菜」。
    なんと言っても和食の鍋物には無くてはならない必需品だが、寒い最中の白菜漬けもほっぺたが落ちそうなほど美味しいものだ。

    その白菜、原産地は中国北部。
    実は日清、日露の戦地に赴いた兵士が持ち帰ってから各地で栽培されるようになって、まだ100年近い歴史しかないというのが驚きだ。

    走りは12月、盛りは1月、そして名残りは2月となり、走りは水分が多く柔らかく、名残りは葉が厚みを増して筋張り、甘みが増してくる。

    白菜を買ったら、外葉、内葉、芯と部位に分けて各部位に合った調理をすると特性を生かした美味しい料理ができる。

    また、解体は手で一枚一枚根元から剥ぎ取るようにした方が良く、また半分に切った場合は芯の部分に包丁を入れておくと成長を止めて鮮度を保てる。

    丸いままなら濡れ新聞などでくるんで、寒い時期や寒い所では常温保存も可能、暖かい部屋では冷蔵庫の野菜室に入れておこう。

    外葉は繊維が太く炒め物向き、内側の緑が淡く白っぽい部分は鍋物、炒め蒸し。
    さらに内側の黄色味がかった部分は煮物、蒸し煮、ポトフ、汁物に向き、中心の芯の部分は旨味が詰まっていてスープや鍋物のだしなどに使われる。

    白菜は料理前に少し干してから使うと旨味が凝縮されて甘くなるし、極寒で霜に頭部をやられて黄色や茶色に変色した頃には糖度が最高調に達する。

    ◎食養的には動物性食品の毒消しとしても有効である。

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 1月「今月の酒」 2018.12.31 クリック
    寺田本家「五人娘 純米酒」

    寺田本家「五人娘 純米酒」

    寺田本家「五人娘 純米酒」

    今月の酒:寺田本家「五人娘 純米酒」

    あけましておめでとうございます。
    なのか、一足先に読んでくれる方には良いお年を。

    1月のお酒は、何度もピックアップしてますが千葉県の「寺田本家」の五人娘純米酒です。

    皆さんは年末年始をどう過ごすのですかね?
    故郷に帰ったり、家族や友達と過ごしたり、寝正月なんてのもあり、様々な状況でも必要なのはいいお酒ですね。

    寺田本家さんの自然酒造りの原点となった無濾過自然酒。
    濃醇な味・ふくよかな香り・酒本来のコクや旨味と酸味が味わえます。

    自然の恵みを最大限に生かす、無添加・生もと造りなど、まさに「百薬の長」に相応しいお酒です。

    自然の原料と自然の菌、蔵人さん達の唄を唄いながらの手仕事 “イキイキ” “わくわく” するお酒で酔い新年を迎えて下さい!

    1月1日〜31日 特価・・・
    1本(720ml)1,460円+税 ⇒ 1,360円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2018.12.31 クリック
    畑の様子

    畑の様子

    畑の様子
    畑の様子2

    畑の様子2

    畑の様子2

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    2019年 いよいよスタートですね!
    あけましておめでとうございます。

    旧年の目標は達成しましたか?
    また新年の抱負は決めましたでしょうか?

    偉そうなことを言いながら、2018年私の個人的な目標は1個は達成できませんでした。

    なので、ここでひとつ個人的な目標を発表してお尻に火をつけることにします。 「2019年 フランス語を話せるようになる」とします。

    さて畑は、大荒れの2018の被害からも抜け出し、出荷が進んでいます。
    ● 新年食べたい京芋、八つ頭。
    ● 寒い時のハッピータイム焼き芋。
    ● 大根、人参、白菜、長ネギの鍋兄弟。
    ● コタツのお供の柑橘類

    体を温め風邪で出足をくじかれぬよう、
    今年も元気によろしくお願いいたします!!

    <1月の出荷予定>

    大根/人参/長ネギ/白菜/キャベツ/カブ/里芋類/さつま芋類/からし菜/小松菜/わさび菜/赤水菜/みかん/八朔/柚子
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 1月号 2018.12.31 クリック
    プレマ 「高レベル遠赤外線冷えとりパッドアルファウェーブ」

    プレマ 「高レベル遠赤外線冷えとりパッドアルファウェーブ」 
    <セール時は10%引きでお得です!>

    プレマ 「高レベル遠赤外線冷えとりパッドアルファウェーブ」

    プレマ
    「高レベル遠赤外線冷えとりパッドアルファウェーブ」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    遠赤外線の中でも最も効率よく熱に変わる「活性光線」を発生し、電気なしでも体がほんわか温まります。

    さらにマイナスイオンやα波も発生。

    腹巻やスパッツなど様々な商品が展開してますが、イチオシはベッドパッド!

    質の良い睡眠の手助けをしてくれます。

    プレマ 「高レベル遠赤外線冷えとりパッドアルファウェーブ

    ● ベッド・スクエアパッド(Mシングル)・・・18,000円(税別)

    線
    ゼンケン 「遠赤外線暖房機 アーバンホット」

    ゼンケン 「遠赤外線暖房機 アーバンホット」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    ゼンケン 「遠赤外線暖房機 アーバンホット」

    ゼンケン 「遠赤外線暖房機 アーバンホット」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    火を使わないから二酸化炭素も発生せず、エアコンのように送風がないためホコリやハウスダストもまきあげないし動作音も静か。

    遠赤外線の輻射熱で、太陽の光を浴びているような温かさが特徴です。

    送風がないので部屋が乾燥しにくく、おはよう & おやすみタイマーもあるので、寝室にもオススメです。

    ゼンケン 「遠赤外線暖房機 アーバンホット」

    ● RH2200 4.5〜7畳用・・・36,000円(税別)*他サイズあり

    線
  • 自然栽培 ー1月の暮らしー 2018.12.31 クリック
    1月の暮らし

    1月の暮らし

    1月の暮らし

    『自然栽培 ー1月ー 』
    < 佐藤さんの連載32回目 >

    外は白黒写真のような世界。

    夜中の2時3時に、除雪機のガーガーという音で起こされます。

    これでもかぁ、これでもかぁと、呆れるほど毎日毎日降り積もる雪。
    川はシャーベット状になり、その上にまた雪が降り積もります。

    こうして雪に埋もれ、半月を正月行事で過ごし、
    残りの半月はまた漬物を漬けたり、麹を作ったり、凍み大根を作ったり・・・

    稼ぎに行く皆々は、雪かきに夏の何倍もの時間を取られ、出かけて行きます。
    家に残るものは、日がな除雪と、採れたものの加工に時間を費やす毎日なのです。

    「降ったなヤー。」が、あいさつの言葉となります。

    お米定期購入者募集中!お申し込み用紙は <こちら>

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • 人のその道|第6回 2018.12.31 クリック
    人のその道 福岡自然農園
    人のその道 福岡自然農園1

    人のその道 福岡自然農園1

    人のその道 福岡自然農園1
    人のその道 福岡自然農園2

    人のその道 福岡自然農園2

    人のその道 福岡自然農園2

    「 人のその道 」〜第6回〜

    「その人を知ればその人が創り出す物事が見えてくる」と思たち、生産者さん達の生の声をお伝えします。
    第6回目は、福岡正信氏(自然農法提唱者)を祖父にもち、現在愛媛県伊予市で福岡自然農園を運営する福岡大樹さんにお願いしました。

    【 やさい村(以下:や)】簡単な自己紹介をお願い致します。

    【 福岡大樹さん(以下:福)】25歳で就農し今年で20年の農夫です。作物の収穫する時に「今年も何とか収穫できたな~」とよく思います。祖父や父の姿を思うとまだまだです。

    【 や 】福岡正信自然農園はどのような場所にありますか?

    【 福 】愛媛県の伊予市、松山から車で30分ほどの中山間地を中心に柑橘は山間部「見学者は驚く急斜面が多いです」場所で栽培しています。

    【 や 】一年を通してどんな物を育てていますか?

    【 福 】柑橘約30種、その他果樹8種、米麦、野菜30種
    これも作れるだろうか、これも作れるだろうかと趣味の様に増えてしまい、主に出荷しているのは半分くらいです。

    【 や 】福岡正信さんから教わった事は沢山あると思うのですが、何か特に印象に残っている事は?

    【 福 】四六時中頭の中は自然農法や人の生き方、世界の有り方を考えている様な人でした。(師ではなく孫と祖父の関係でその目線での印象となります。)

    【 や 】福岡正信さんのお孫さんという事で、大変な事もあるとは思いますが、よかった事や悪かった事はありますか?

    【 福 】良かったこと
    子供の頃は良く面倒を見てくれて、山小屋や野山で遊んでもらった事。環境を損なうことなく作物を作れるこの農法を模索してきた祖父と父を誇りに思える事。
    悪かったこと
    思春期にはよく口喧嘩していたが今にして思えば特に悪かったことはないです。

    【 や 】大樹さんが作物を作るにあたって大切にしてる事やこだわりを教えて下さい。

    【 福 】作物を如何に自然に返し本来の生命力を引き出す事、農家として生計を立てる事の出来る量を収穫する事。一見相反する面を含むこの2点のバランスのさじ加減に神経を使います。

    【 や 】今後のビジョンや挑戦してみたい事はありますか?

    【 福 】私達の様な農家は現状、好きだから続けていけるが収入はとても厳しい人が多いです。こういった農法がメジャーになり、営む人々が人並みの収入を得る事の出来るよう考えております。

    【 や 】お知らせや告知があれば、お願いします。

    【 福 】12月11日「福岡正信自然農園」としたホームページ及びネットショップをオープンします。よかったらのぞいてみて下さい。
    福岡正信自然農園のページ https://f-masanobu.jp/

    線

    やさい村では現在季節の柑橘系を中心に取り扱っております。
    ※入荷状況につきましてはやさい村へお問合せ下さい。

    線

    福岡自然農園
    〒799-3131 福岡自然農園 愛媛県伊予市大平2-7
    Mail : fuku.shizen@gmail.com

    『福岡自然農園』 WEBサイト
    https://f-masanobu.jp/

  • 「塩」いのちのふるさと[10] 2018.12.31 クリック

    ー自然塩復活運動を振り返るー 「塩」いのちのふるさと[10]

    日本に塩業近代化法なるものが出来て、それまで長きにわたり営々と営まれていた塩田が廃止され、イオン交換樹脂膜法という化学的に海水を電気分解して作る製塩法に切り替えられたが、そうして出来た塩とは純度99.8〜9%Nacl(塩化ナトリウム)というまさに化学物質であった。

    それに対して、広範な市民やさまざまな分野の専門家たちからも、この政府の愚挙とも言える政策に対して反対の声が上がって広がって行ったのだ。

    塩の品質が悪くなって、一番困ったのは一般家庭のお母さん達や料理を作る人や、食品製造に携わってる人たちであった。

    作った料理が美味しくなくなった!

    漬けもの屋さんは、塩が変わって漬けものが漬からなくなったと言い出した。
    当然である、発酵の素となるミネラルがなくなった塩では酵素が活動しないからなのだ。

    料理屋さんでは、今までの味が出せなくなった。
    これも当然のことである。
    微量元素のなくなった塩では様々な酵素が活動出来ないので、微妙な味わいが出せないのだ。

    専門分野の研究者や学者達も政府のあまりの暴挙に、当然反論し、立ち上がった人たちがいた。

    当然のごとく、消費者運動をするお母さん達の間には劣悪になった塩を変えなければという情報が広がっていったのだ。

    塩田による塩業を廃止させた本当の理由は、産業を近代化するために工場用地を確保するためだったと私は思っている。

    特に瀬戸内の塩田地帯は廃止されたと同時に、自然に溶け込んでいたのどかな塩田風景は見事(?)な化学工場地帯へと変貌を遂げた訳だが、私には塩田廃止の裏には政府やまた時の政権と癒着した産業界らの陰謀無くしては考えられない。

    また、塩の品質が悪くなって一番儲かった産業は何かというと、廃止された塩田地帯に建てられた石油コンビナートや、化学調味料を作る会社ではなかったかと思ってしまう。

    塩が悪くなった頃、なぜか化学調味料をご飯にふりかけて食べると頭が良くなるという噂が流れて多くの人が味の素をご飯にかけて食べていた。

    寿司屋の中には握った寿司の上から化学調味料を振りかける寿司屋もあったほどだ。

    今考えれば、愚の骨頂と笑い飛ばす話だが、塩の品質が悪化したその代用のようにあらゆる食品に化学調味料が添加されて行き、国民全体が化学調味料の中毒患者に仕立て上げられて行ったのだと思う。

    そして、その化学調味料中毒患者化計画は、入っていないものは無いというくらいほとんどの食品に浸透して行った。
    入っていないものは自然食品の店で買える食品くらいのものである。

    実は、塩を変えることは、日本人の食文化の根本から根こそぎ変える、凄まじい民族絶滅へのからくりが仕組まれていたのではないかと思ってしまうほどの重大な影響を与える出来事であったのだ。

  • 12月号のご挨拶 2018.11.30 クリック
    越冬の準備

    越冬の準備

    越冬の準備

    いや〜12月、とうとう来てしまいましたね!このところ急に朝晩の気温が下がって寒くなって来ましたね〜!
    私も慌ててゼンケンの遠赤外線のストーブ・アーバンホットを出したり、遠赤外線衣類・アルファウエーブの冬物の服を出したりと今週は防寒対策の準備に追われました。

    先日は『佐藤さんの新米を食べる会』で収穫したての新米と克子さんの漬け物に舌鼓を打ちました。
    若杉さんのお話しを聞く講演会が終わったら、一気に年末に突入して行きますね。

    佐藤さんの新米が始まりましたので、新たに今年から来年までのお米の定期購入の申し込みも始まりました。
    今年は面積も増やしてもらった事もあり、昨年より収量も増えたので皆さまにご迷惑をおかけせずにお届けできると思います。
    お米は抜群の美味しさです!!ご希望の方は是非お申込み下さい!

    また、地場の農家さんたちの冬野菜が一斉に出始めました、安全でなおかつ超新鮮な地場の無農薬野菜が店頭に並んでおります。
    中には収穫して30分〜1時間も経たないでやさい村の店頭に並んでいる野菜もありますので是非皆さま、美味しく食べて下さいね!
    お酒やワイン、オーガニックビールなどのお酒類や料理酒、味醂などの調味料も充実させてますからね〜

    また、冬将軍を迎える準備、そしてクリスマスやお正月を迎える準備はお済みでしょうか?
    電磁波99%カットのホットカーペットや遠赤外線効果の暖房器具や衣類、寝具類も取り揃えておりますので是非お問い合わせ下さい。

    やさい村では、添加物などを使っていないクリスマスケーキや、お節料理のセット・単品でのご注文も承ります。
    安心で美味しい食材を取り揃えて、皆さまのおいでとご注文をお待ち申し上げております!(ケーキもお節もスタッフが試食済みですがとても美味しかったです^^)
    愛する人と安全で、美味しい、楽しい食卓を囲んで頂きたいと思っております。
    一人暮らしの方もオーガニック食材でちょっと贅沢に豊かな年末をお過ごし下さいませ!

    *12月27〜30日はお正月用食材の配達を致しておりますので是非ご用命下さい、また31日はお店は午後4時まで営業致します!

    (村長大友)

  • 12月イベントお知らせ 2018.11.30 クリック

    イベントのお知らせ

    「 ond クラフトマーケット 」<やさい村出店>

    日 時
    12月1日(土)11:00~17:00
    場 所
    武蔵野市境南町3-2-13 Ond内テラス(武蔵境線路沿いを東小金井方面へ徒歩5分)

    線

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    12月6日(木)・8日(土)
    線

    「 コピス吉祥寺 GREENINGマルシェ 」<やさい村出店>

    日 時
    12月15日(土)〜16日(日)10:00~17:00(雨天決行)
    場 所
    コピス吉祥寺 A館1階(屋根付き中通路)

    ◎地場野菜を中心に全国の美味しい野菜、(調味料・自然塩・天然茶etc.)
    他ではなかなか見られないこだわりの商品をお持ちします!
    ◎2日間実施(雨天決行)

    線

    やさい村 10%OFFセール & デモ販

    日 時
    12月21日(金)〜22日(土)
    場 所
    やさい村

    デモ販売:21日「メダカのがっこう」/ 22日「心泉茶苑」
    ※セールには一部除外品があります。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    12月5・12・19・26日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    12月7・14日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    12月13日(木)20:00~21:30
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線
  • 12月「今月のおすすめ旬野菜」 2018.11.30 クリック
    大根

    12月の旬野菜:大根

    大根

    今月のおすすめ旬野菜:「 大根 」

    大根の原産地は地中海沿岸から中央アジアなど諸説がある。10月頃から始まり12月に盛りを迎え、2月頃迄続く。

    歴史的には、5000年前の古代エジプトのピラミッド建設に従事した人びとに配られた記録があるくらい古くから栽培された歴史があり、日本にも縄文後期から弥生初期には伝来していたようだ。
    文献に登場するのは日本最古の文献とされる古事記の中の仁徳天皇の歌にも登場する。

    走りの時期水分が多く柔らかく辛味が強く、名残りの時期は水分量が少なくなり甘みが増す。

    まさに日本料理には欠かせない存在で栄養も豊富、様々な薬効もある素晴らしい食材だ。
    大根に含まれるジアスターゼは消化を助け、魚のタンパク質を分解する酵素を多く含む事から周囲を海に囲まれ魚を良く食べる日本人にとってはまさに「神の野菜」と言っても過言ではないかもしれない。

    冬の大根は丸々一本買って、葉と本体を切り分け、ヘタ部分を切り分け、さらに本体を上、中、下の三つに切り分け五つの部位に切り分けてそれぞれの部位にあった調理をして食べるのが醍醐味で、捨てるところは全く無い。

    料理は煮物、おでん、汁の実、大根ステーキ、炒め物、キンピラ、なます、酢の物、漬け物、たくあん、サラダ、大根おろし、刺身のつまなどがある。

    寒い季節にあったかいホカホカの大根の煮物はからだも温まりデトックス効果もあって最高だ!

    食養では、発熱した時の熱冷ましに第一大根湯。
    利尿効果のある第二大根湯を使って手当てに用いるが、抜群の効果があるので作り方は別途紹介したい。

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 12月「今月の酒」 2018.11.30 クリック
    銀河高原ビール「デュンケルヴァイツェン」

    銀河高原ビール「デュンケルヴァイツェン」

    銀河高原ビール「デュンケルヴァイツェン」

    今月の酒:銀河高原ビール「デュンケルヴァイツェン」

    どうも、スタッフです。
    X’masや忘年会、年越しとお酒を飲む機会が増える12月のおススメを考えるのはすごく苦労します。
    まずは乾杯が無ければ始まらないので、乾杯ビールをご紹介します。

    数量限定発売の【デュンケルヴァイツェン】は、ホップのフルーティーな香りと焙煎麦芽を使用する事でココアを思わせる穏やかな甘い香りが特徴。

    甘い香ばしさと深いコクがありますが、苦みは少なく飲みやすく、余韻が残るといった味わい。

    南ドイツ伝統の製法でつくりあげた濃いブラウン色のエールビールで“デュンケル”はドイツ語で「色が濃い」という意味だそうです。

    豪雪地帯 / 岩手県にある銀河高原ビールでは、和賀岳の適度なミネラルを含む天然水を仕込み水として使用し、1516年にバイエルンのヴィルヘルム4世が布告した法律で「ビールは、麦芽・ホップ・水のみを原料とする」と定めた「ドイツ純粋令」に基づき、「工業製品」ではなく、「自然食品」としてのビール造りを目指して、ビールの原材料を「麦芽・ホップ・水」のみで造り続けています。

    数量限定なので、是非このお得期間にご賞味ください!

    12月1日〜31日 特価・・・
    1缶(350ml)267円+税 ⇒ 250円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2018.11.30 クリック
    お鍋

    お鍋

    お鍋
    タフな野菜たちが揃っています

    タフな野菜たちが揃っています

    タフな野菜たちが揃っています

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    もはやあの地獄のような暑さもめっきり影を潜めて、むしろ朝晩は寒いと言ってしまうようになりました。

    初雪は記録的に遅いという事なので、いくらか夏の魔王も影響を保っているのでしょうか?

    何れにせよ「寒い」の一言が出たという事は、いよいよ冬野菜の季節です!

    鍋の準備は出来ていますか?
    大根・人参・カブ・長ネギ・白菜・キャベツ。どんどん膨らんでいますよ!

    鍋の準備がまだの方。ご安心ください。

    さつま芋が追熟期を超たので、いよいよ出荷が始まります。
    やさい村のお店から、焼き芋の甘い香りが立ちこめる事でしょう。
    鍋はひとまず置いておいて、熱々にかぶりつくのも冬の醍醐味ですね!

    今年は天候が厳しい年でしたが、様々な障害にも負けずに生き抜いてきたタフな野菜達が揃っています。
    味わいもきっと力強いことでしょう!!

    <12月の出荷予定>

    白菜/キャベツ/大根類/人参/里芋類/さつま芋/長ネギ/カブ/赤からし菜/わさび菜/赤水菜/ルッコラ/小松菜/パクチー/サラダmix/サンチュ/ガーデンクレス/柚子/みかん/柿 *他マイナー野菜も取れ始めます。
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 12月号 2018.11.30 クリック
    「クリスマス&おせち商品」

    「クリスマス&おせち商品」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    「クリスマス&おせち商品」

    「クリスマス&おせち商品」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    早いものでもう年末ですね!
    やさい村では毎年恒例、ムソーのおせち・クリスマス商品、加藤農園ののし餅を取り扱っております。今年はこだわりのいんやん倶楽部のおせちセットも取り扱い開始しました。
    いずれも合成保存料・化学調味料不使用!「かまぼこ1個」など単品1つからのご注文が可能です。

    さて、お店でよく聞かれるのが伊達巻の関東風と関西風の違い。一番の違いは砂糖の量です。
    甘辛いのが関東風で、それより砂糖少なめで出汁の味なのが関西風です。

    店頭にカタログを置いてますので、ぜひご覧になってください。
    *ご予約締切は12月6日(木)

    線
  • 自然栽培 ー12月の暮らしー 2018.11.30 クリック
    12月の暮らし

    12月の暮らし

    12月の暮らし

    『自然栽培 ー12月の暮らしー 』
    < 佐藤さんの連載31回目 >

    もう雪が本格的に降ってまいりました。

    外仕事は、雪掘りだけになってしまいます。

    家の中では、収穫した野菜の保存に追われています。
    漬け物、麹、乾物、ミートソースから燻製まで作れるものは何でも作ります。
    そうして春まで、家に有るものでやりくりして食べる生活が始まります。

    冬至が来てクリスマスが過ぎると正月支度・・・

    新年を迎える一大行事をして今年を締めくくります。

    お米定期購入者募集中!お申し込み用紙は <こちら>

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • 人のその道|第5回 2018.11.30 クリック
    人のその道 アリアケスイサン
    人のその道 アリアケスイサン1

    人のその道 アリアケスイサン1ん

    人のその道 アリアケスイサン1
    人のその道 アリアケスイサン2

    人のその道 アリアケスイサン2

    人のその道 アリアケスイサン2
    人のその道 アリアケスイサン3

    人のその道 アリアケスイサン3

    人のその道 アリアケスイサン3
    人のその道 アリアケスイサン4

    人のその道 アリアケスイサン4

    人のその道 アリアケスイサン4
    人のその道 アリアケスイサン5

    人のその道 アリアケスイサン5

    人のその道 アリアケスイサン5
    人のその道 アリアケスイサン6

    人のその道 アリアケスイサン6

    人のその道 アリアケスイサン6
    人のその道 アリアケスイサン7

    人のその道 アリアケスイサン7

    人のその道 アリアケスイサン7

    「 人のその道 」〜第5回〜

    「その人を知ればその人が創り出す物事が見えてくる」と思たち、生産者さん達の生の声をお伝えします。
    第5回目は、大人気の海苔「紫彩」を作るアリアケスイサン 古賀さんにお願いしました。

    【 やさい村(以下:や)】まずは簡単な自己紹介をお願いします。

    【 古賀哲也さん(以下:古)】福岡県大川市で、海苔養殖業を営んでいます。
    大川市は家具産地として有名ですが、九州一の大河筑後川に面しており、農業や漁業も盛んです。
    そしてその筑後川が注ぐ日本一の海苔産地である有明海で海苔を作っています。

    【 や 】アリアケスイサンHPに載っている「父から受け継いだもの。それは、宝の海・有明海と、伝統を変えていく勇気と覚悟」って言葉がすごく好きなんですが、古賀さんで何代目になりますか?

    【 古 】祖父の代から海苔作りをはじめました。
    私で3代目です。

    【 や 】また、古賀さん自身は何歳の頃に海苔養殖に関わるようになったのですか?

    【 古 】海苔生産者の仕事は育てて収穫して終わりではなく、収穫した海苔をあのシート状に乾燥するまでです。
    乾燥工場は家の隣にあります。
    子供の頃は、繁忙期は乾燥工場が遊び場でした。
    人手が足りない時は、たまに海に連れて行かれたこともあります。
    家業を継いだのは、大学を卒業してからです。

    【 や 】「伝統を変えていく勇気と覚悟」とはどのような事だったのでしょうか?

    【 古 】それは、私よりも2代目の父です。
    父は、海苔生産者としても一流でしたが、とにかくいろんなことに挑戦したり、人がやっていないことに手をだしたりしていました。
    「有明海苔 紫彩」もその中で生まれました。
    ただ、そんな性格ゆえ海苔業界の中でも目立ってしまい、批判や誹謗中傷、いたずらなどの標的でもありました。
    それにも負けず、自分の思う道を突き進んできたのは、勇気と覚悟があったからだと思います。
    私はそんな父を見てきたので、できるだけ目立たないようにと思ってやってきましたが、だんだんと父に似てきました(笑)

    【 や 】アリアケスイサンがあり海苔養殖はどのような場所(地域)で行ってますか?

    【 古 】海苔養殖は九州の内海である有明海で行っています。
    有明海は福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県に面した海で、日本一干満の差があり、独自の生物相などが特徴です。
    そして、日本一の海苔産地としても有名です。
    弊社(アリアケスイサン)は有明海に面していない福岡県大川市に所在していますが、筑後川の漁港から有明海にある海苔漁場まで出港しています。
    片道十数キロ、およそ30分の距離です。

    【 や 】海苔養殖とはどのような作業を行っているんですか?

    【 古 】海苔養殖は冬に行います。
    9月〜10月に海で漁場を作り、10月中下旬頃に海苔を育てるための網を漁場に持って行き、海苔の種付けを行います。
    無事海苔の種(胞子)が網に付いたら、網が汚れないように洗ったり、適度に空気に晒して乾燥を与えたり、毎日その作業を行います。
    海苔が成長して数センチくらいになったら、二期作目用の網を陸揚げし、干して冷凍保存します。
    有明海の海苔養殖は二期作なんです。
    海にそのまま置いている網は種付けからおよそ1ヵ月で初収穫を迎えます(11月中下旬)。
    海苔は網から何回も収穫をします。
    一番最初に収穫したものを初摘み、一番摘みと呼びます。
    数回収穫した後、年内に一旦網を海から撤去し、二期作目の網を冷凍庫から出庫し、海に持って行きます。
    そしてまた初摘みを迎え、4月上旬まで十数回収穫を繰り返します。
    そして4月中に漁場の後片付けをし、海苔のシーズンが終わります。
    シーズンオフの5月から8月までは、陸揚げした網や漁具の修理、次の海苔シーズンに向けての準備を行います。

    【 や 】一年の作業の流れを教えて下さい。

    【 古 】上記のとおりです。

    【 や 】紫彩のこだわりや、誕生までの苦労はありましたか?

    【 古 】海苔生産者はシート状の海苔を乾燥して作り上げるまでの作業を行います。
    その海苔乾燥機はほとんどの生産者が持っていますし、メーカーも数社ありますが、弊社の紫彩を乾燥する機械は父の考案によるものです。
    紫彩のような形状の海苔は通称ばら干し海苔と呼ばれており、当時は全国的にほとんど流通していませんでした。
    父はそのばら干し海苔を作っている全国の先達者の元へ視察に行き、研究を重ね、独自のばら干し海苔専用の乾燥機を作りました。
    ただ、最初の数年は失敗の連続で、まともな海苔が作れませんでした。
    乾燥機は改良を重ね、海苔もどういったものが美味しいばら干し海苔に適しているのか試行錯誤した末に生まれたのが「有明海苔 紫彩」です。

    【 や 】「酸処理に頼らない」で養殖される紫彩/藻紙ですが、一般的に流通する海苔で行われる酸処理とはどういった作業なんですか?

    【 古 】海苔は養殖する過程で病害が入ります。
    その病害を防ぐために行うのが酸処理(活性処理)です。
    有機酸を薄めた酸性の液に海苔網を付け込んだり、散布したりします。
    海苔生産者のほとんどが行っております。

    【 や 】酸処理をしないで海苔養殖をするうえで苦労はありますか?

    【 古 】「有明海苔 紫彩」、「有明海苔 藻紙」に関しては酸処理を行っていない一番摘みの海苔だけを使っています。
    一番摘みは、養殖技法によって酸処理をしなくてもなんとか病害を逃れることができます。
    ただ、それ以降は酸処理を行っています。

    【 や 】海苔は日本人には馴染みがありすぎて、単純に食べてしまっていたと思います。
    紫彩を初めて食べた時、風味や旨みに衝撃を受けました。
    そんな紫彩のおすすめの食べ方やレシピがあれば教えて下さい。

    【 古 】紫彩は主役にも脇役にもなれる海苔だと自負しています。
    ラーメンやうどん、蕎麦、パスタ、素麺などの麺類、味噌汁やお吸い物などの汁物との相性がいいです。
    個人的には、薬味感覚で使います。
    とろろや冷奴、焼きナスには欠かせません。

    【 や 】先にも書きましたが海苔は日本人には馴染みがありすぎて単純な食材ととらえている方も多くいらっしゃると思います、古賀さんにとって海苔とは?

    【 古 】海苔って食文化だと思います。
    海苔養殖の発祥は東京浅草と言われています。
    海苔があったからこそ、江戸で寿司が生まれ花開いた。
    そして、今では寿司もおにぎりも海苔に包まれて世界中に広まっています。
    もっと世界中の人に海苔のことを知ってもらいたいし、その美味しさを知ってもらいたいです。

    【 や 】海苔作りをしていて良かったと思うことはありますか?

    【 古 】元々身体が弱かったのですが、海で働くようになってあまり病気しなくなりました(笑)

    【 や 】今後のビジョンや目標はありますか?

    【 古 】2年前に法人化し、従業員を雇用しました。
    今は彼と一緒に海で作業をしています。
    ゆくゆくは彼に一人前の海苔生産者になってもらい、ある程度海の仕事を任せたいと思っています。
    そして私は今以上に販売の方に力を入れたいし、海苔の普及のため食育活動やワークショップもやりたいと思っています。

    【 や 】最後にメッセージやお知らせを是非お願い致します。

    【 古 】今現在、海苔の初収穫まで2週間をきりました。
    今月下旬には初収穫を迎える予定です。
    今年も美味しい海苔をお届けできるよう頑張っています。
    生産現場からリアルタイムで情報発信していますので、よかったらFBやインスタグラム、ブログをご覧ください。
    今後ともよろしくお願いいたします。

    線

    <やさい村取り扱い商品>

    ● 紫彩15g…550円(税別)
    ● 藻紙5枚入り…580円(税別)

    線

    株式会社 アリアケスイサン
    〒831-0041 福岡県大川市大字小保968-69
    TEL : 0944-86-3326 / FAX : 0944-86-3326 / Mail : info@ariakesuisan.com

    『アリアケスイサン』 WEBサイト
    http://ariakesuisan.com/

  • 「塩」いのちのふるさと[9] 2018.11.30 クリック

    ー自然塩復活運動を振り返るー 「塩」いのちのふるさと[9]

    「ニガリの研究者・真島真平先生との出会い」

    ある時、伊豆大島の馬伏の海塩作りの現場作業のワークキャンプに行っていた時に、谷さんから面白い話を聞いた。

    山口県の防府に真島先生という医師がいて海水を濃縮した液を作って患者さんに投与したところ、あらゆる病状が改善されているという話で、先方から谷さんに連絡があったという話だった。

    その話を聞いた時に、医療の現場での実証があるという事は、塩の品質の検証にとって素晴らしい証明になるだろうと閃いた!

    もちろん谷さんも同様に考えていた。
    そして谷さんと真島先生は文通して何通もの書簡を取り交わしている。

    自然塩復活運動には、大きく第一期の原塩を輸入しニガリを輸入して、真水に溶かし、それを炊き直して塩を作るという「輸入再生塩」を作った運動、そして第二期と私が名付けている海水を濃縮して直に塩を作った「自然海塩」を作った運動があった事は既に述べた。

    第一期に作った塩は原料となる原塩とは、かつて海だったところが地殻変動の影響で隆起して地上に塩分が残って自然結晶したものだが、長い年月の間風雨などの影響により塩の層のような形で残されたものだ。この2種の塩の違いは何かというと、圧倒的な違いはミネラルの含有量の違いである。

    しかしこの原塩を成分分析をするとほとんどが塩化ナトリウムで、日本の専売公社が作る電気分解の99.9%塩化ナトリウムの化学塩と変わらない。

    つまり、長い年月の間に風や雨の影響で、微量ミネラル類は地中に溶け出してしまい他の微量ミネラルがなくなって塩化ナトリウムだけの結晶体になってしまったものが原塩という訳だ。

    そこで、失われたニガリ分(微量ミネラル分)を補う為に中国からニガリを輸入して添加する事になった訳だが、ここで皆さんには是非知ってもらいたい大事な事がある。

    そのニガリは固形ニガリだったのだ。

    一般的にニガリ、ニガリと言われているが、実はニガリには固形のニガリと、液体のニガリが有ってどちらもニガリと呼ばれているが内容は全く違う。

    固形のニガリとは、実体はマグネシウムの単体での結晶体の事であって、液体のニガリとはマグネシウムが一番多く含まれてはいるが、マグネシウム以外の90種類を越える様々な微量ミネラルが含まれているものなのだ。

    ここに第一期に作られた「輸入再生塩」と第二期に作られた「自然海塩」との間には実は圧倒的に大きな差があるのだ。

    つまり、自然海塩の方が豊富に微量ミネラルが含まれているのだ。

    その微量ミネラルの働きを証明することができれば人間にとってどのような塩が必要なのかをさらに突き詰めて行く事が出来る。

    その塩の品質問題を解き明かす上でその微量ミネラル分を濃縮して患者さんに投与して様々な病状を改善させている真島真平先生の医療の現場での実証は素晴らしい可能性を秘めたものだと私は思ったのだ。

  • 11月号のご挨拶 2018.11.01 クリック
    食欲の秋

    食欲の秋

    食欲の秋

    このところ急に気温が下がって来ましたね。寝具や服装に十分注意をして、お風邪など引かれないように気をつけてくださいね。

    11月の3〜4日(土日)には「はらっぱ祭り」や「食菜フェスタ」への出店があります!
    はらっぱでは野菜類の他自然酒類やおむすびなどの飲食もやりますよ!

    また、11日(日)には、山形の真室川から佐藤慎一さんをお迎えして「佐藤さんの新米を食べる会」を開催します。お世話になっている佐藤さんから自然栽培の米作りについて直接お話を聞けるまたとないチャンスですのでぜひ皆さんに聞いていただきたいです。

    そして、18日(日)には、若杉友子さんの東京でのラスト講演会「若杉ばあちゃんが語る・今みんなに一番伝えたい事」を開催します!
    今回が東京における若杉ばあちゃん最後の講演会になる予定ですので絶対お聞き逃しのないように万端繰り合わせてぜひご参加下さい。
    食養の事を家族や友人に伝えたい方はお誘い合わせてご参加下さい、貴重なお話を聞けるのは間違いありません、ラストチャンスです!!

    いやしかし11月は毎週楽しくて外せないイベントや勉強会が目白押しですね〜心より皆さまのご参加・お申込みをお待ちしております!

    また、お店からのお知らせですが、最近金曜日の夜に夜間配達を希望される方がいらっしゃって夜間配達を始めました!
    もし、夜間配達のご希望がございましたらお申し出下さいませ!お話を伺い、調整して、可能な限り対応したいと考えております!
    (それと、やっとやさい村でカード決済もできるようになりました!)

    また、前号でもお伝えしましたが、宅配便の値上げに伴い宅配会社と話し合って来ましたが、各社ともに一般料金以下でやってもらう特約契約などを廃止しており、今までのサービスが続けられなくなりました。誠に残念ですが宅配料金の料金が一般料金同等になってしまうので御了承お願いします!今後取り扱い量が増えればまだ交渉の余地があるかもしれないので、引き続き努力して参りたいと思います。

    お店ではこれから、秋野菜から冬野菜が豊富に並ぶシーズン、11月には地元生産者の皆さんの野菜も次第に増えて来ると思います!
    顔の見える美味しくて安心して食べられる野菜を、是非ご家族、お友達と、暖かい食卓を囲みながら食べていただきたいと思っております。
    スタッフ一同皆さまのご来店をお待ちしておりますね〜

    (村長大友)

  • 11月イベントお知らせ 2018.11.01 クリック

    イベントのお知らせ

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    11月1日(木)・10日(土)
    線

    『 武蔵野はらっぱ祭り 』やさい村出店

    日 時
    11月3日(土)〜4日(日)10:00~20:00
    場 所
    都立武蔵野公園 くじら山下原っぱ
    入場料
    入場無料・雨天実施

    線

    『 百年元氣 食菜フェスタ 』やさい村出店

    日 時
    11月3日(土)10:00~16:00(雨天決行)
    場 所
    井の頭公園 ステージ周辺

    線

    「 コピス吉祥寺 GREENINGマルシェ 」<やさい村出店>

    日 時
    11月17日(土)〜18日(日)10:00~17:00(雨天決行)
    場 所
    コピス吉祥寺 A館1階(屋根付き中通路)

    ◎地場野菜を中心に全国の美味しい野菜、(調味料・自然塩・天然茶etc.)
    他ではなかなか見られないこだわりの商品をお持ちします!
    ◎2日間実施(雨天決行)

    線

    『佐藤さんの新米を食べる会』やさい村主催

    日 時
    11月11日(日)11:00~14:00
    会 場
    三鷹市消費者活動センター3F調理実習室(三鷹市下連雀3-22-7 三鷹駅南口 徒歩4分)
    参加費
    2,000円(講演+新米&お漬物・お味噌汁付)★定期購入者・村民割引・・・ 500円引き

    お米の無農薬栽培を始めて40年、無施肥の自然栽培に挑戦し始めて13年になる山形の佐藤さんの新米の収穫が始まり、その新米を持って三鷹に佐藤さんがやって来ます!
    自然栽培のお話を聞きながらの、「佐藤さんの新米を食べる会」を開催致しますので、いつもお米を食べて下さっている皆さま、また自然栽培のお話を聞いてみたい皆さま、是非11月11日は三鷹にお集まりくださいね〜!!

    Facebookページ:自然栽培の話を聞き、佐藤さんの新米を食べる会。
    食といのちの学校・教室:食といのちの学校・教室
    佐藤さんのお米:詳細ページ

    線

    講演会:若杉ばあちゃんが語る『 今みんなに一番伝えたい事 』やさい村主催

    日 時
    11月18日(日)14:00~16:00(開場13:30)
    会 場
    Three Eight Nine MITAKA(389三鷹)
    講 師
    若杉友子さん
    参加費
    前売 2,500円 / 当日 3,000円 / 学生or村民割引-500円

    ※先着順となりますので、お申し込みの際はお早めにお願い致します。
    ※メール、電話、FBなどでお申し込の上、代金の振込みを持って受付け完了となります。

    Facebookページ:若杉ばあちゃんが語る【今みんなに一番伝えたい事】
    食といのちの学校・教室:食といのちの学校・教室

    講師プロフィール

    線
    線

    やさい村 10%OFFセール & デモ販

    日 時
    11月23日(金)〜24日(土)
    場 所
    やさい村

    デモ販売:未定
    ※セールには一部除外品があります。

    線

    『 いざという時の食養と手当て法 』- 冬を迎えるための食養と手当て -村長講演

    日 時
    11月25日(日)11:00~14:00
    場 所
    田んぼカフェ(武蔵野市吉祥寺南町5-11-2)
    講 師
    大友映男(やさい村村長)
    参加費
    4,500円(ランチ付)

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    11月7・14・21・28日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    11月2・9・16・30日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    11月15日(木)20:00~21:30
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 - ママクラス - 」<お昼の講座> 村長大友の教室紹介

    日 時
    11月20日(土)13:00~15:00
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線
  • 11月「今月のおすすめ旬野菜」 2018.11.01 クリック
    かぼちゃ

    11月の旬野菜:かぼちゃ

    かぼちゃ

    今月のおすすめ旬野菜:「 かぼちゃ 」

    原産地は北米、南米大陸。
    アメリカ先住民の間では8000〜1万年前から食用として栽培されていた。
    日本にはポルトガル船がカンボジア経由で持ち込んで豊後の大名 大友宗麟に献上したのが由来とされている。

    旬は9月〜12月、10月半ばから11月半ばが盛りとなるが、収穫期は夏の終わり。
    それを1〜2ヶ月貯蔵して保存して置くと澱粉質が糖化して甘くなって完熟する

    丸のまま保存して置くととても長持ちするので冬になるまで貯蔵しておき、冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかないと言われ各地で冬至にはかぼちゃを食べる習慣が残っている。

    かぼちゃはビタミンAを始めビタミン類やβカロチンミネラルの宝庫でまさに滋養強壮野菜の代表格の野菜。

    食べ方は、煮物、焼き物、蒸し物、スープ、ポタージュ、味噌汁、けんちん汁、天ぷら、コロッケ、サラダ、漬け物など多彩。

    とにかく、これから段々と寒くなってくるこの時期に、身体を温める料理をしっかり食べて体温を上げておきましょう!
    時にはサラダや漬け物で食べても美味しいですが、加熱すると身体も温まって来ますので、かぼちゃの煮物を始め加熱料理がオススメですね。

    食養法では、冬場に症状が悪化しやすい腎臓の滋養の為に「小豆かぼちゃ」(陽性な萎縮症状の対応)。
    「小豆昆布」(陰性な肥大症状の対応)を伝えられています、食養料理は一切砂糖は使わずに、そのものの甘さを引き出す素晴らしい料理なので是非食養と手当ても覚えて実践して下さいね。

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 11月「今月の酒」 2018.11.01 クリック
    「純米辛口 弥右衛門」

    「純米辛口 弥右衛門」

    「純米辛口 弥右衛門」

    今月の酒:「純米辛口 弥右衛門」

    どうも・スタッフです。
    朝晩の冷え込みが激しくなり、暦では冬の始まりの月。

    今月の酒には全国新酒鑑評会8年連続金賞受賞蔵の大和川酒造さんの代名詞でもあり、全国燗酒コンテスト2018で最高金賞の三つ星を獲得した「純米辛口 弥右衛門」をオススメ致します。

    自社田・自社栽培のお米と飯豊山系伏流水にて仕込まれ、精米歩合は60%、日本酒度は+7しっかりとした旨味とキレ、飲み応えがある、純米酒です。

    地元喜多方では普段呑みのとして愛飲されており、食事との相性もとてもいいです。
    常温でも美味しいですが、お燗か冷がおすすめです。

    寒い日には鍋でも食べながら冷。
    のんびりゆっくりお燗を味わうも良し。
    お得期間中に是非お試し下さい!

    11月1日〜30日 特価・・・
    1本(720ml)1,100円+税 ⇒ 1,000円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2018.11.01 クリック
    畑は冬の準備で播種に育苗の時期

    畑は冬の準備で播種に育苗の時期

    畑は冬の準備で播種に育苗の時期
    さフランスの自然栽培の畑に研修に行きました

    フランスの自然栽培の畑に研修に行きました

    フランスの自然栽培の畑に研修に行きました

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    いよいよ秋本番になってきました。
    吉田農園は、先日の台風でビニールハウスが大きく壊れてしまい、サツマイモと里芋と落花生の乾燥が出来ない為、全体的に収穫が滞ってしまっています。

    そんな中ですが、葉野菜の収穫は始まりつつあります。
    例年1番乗りする小松菜やルッコラは台風でひっくり返ってしまいましたが、パクチーは風にも負けず元気いっぱい育ってます。

    11月に入れば葉菜や人参、ハウスが直れば一気に芋類を収穫して出荷準備に入ります。
    出荷本番までもうしばらくお待ちください。

    <11月の出荷予定>

    パクチー/人参/じゃがいも/小松菜/里芋類(ハウスが直れば)
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 11月号 2018.11.01 クリック
    飯尾醸造「純米富士酢」

    飯尾醸造「純米富士酢」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    飯尾醸造「純米富士酢」

    飯尾醸造「純米富士酢」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    今月は、先日の東急初出店でも好評だった富士酢のご紹介です。

    原料は地元丹波の無農薬のお米と山から湧き出た伏流水のみ。米作りから2年以上かけて、昔ながらの「静置発酵」「長期熟成」で作られたこだわりの純米酢です。
    旨みが濃く濃厚な味わいで、料理を引き立ててくれます。まろやかで、どんなお料理にも合います。

    お酢のツンとしたのが苦手な方は、酢の物やマリネなどにする際、お酢をさっと火にかけると、酸味の角が取れてまろやかで食べやすくなりますよ。

    飯尾醸造「純米富士酢」

    ● 500ml・・・756円(税別)
    ● 900ml・・・1,188円(税別)

    線
  • 自然栽培 ー11月は冬支度ー 2018.11.01 クリック
    11月は冬支度

    11月は冬支度

    11月は冬支度

    『自然栽培 ー11月は冬支度ー 』
    < 佐藤さんの連載31回目 >

    刈取りが終わると、里はまた静かになります。
    でも、気が気でないのです。
    山はすでに白くなっているからです。

    いつ里に “白い物” が降りてきてもおかしくない時期になりました。
    地面が白い物で覆い尽くされる前に、外仕事を終えなければなりません。
    大量のもみ殻を燻炭にし、苗床の代かきをし、野菜の収穫、保存、加工、雪囲い・・・

    時折舞い散る雪と競争で、冬支度です。
    土が見えている間はいくらでも仕事があるのに、
    雪で覆われた瞬間、何にも出来なくなってしまいます。

    春まで、籠る生活の始まりです。

    お米定期購入者募集中!お申し込み用紙は <こちら>

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • 人のその道|第4回 2018.11.01 クリック
    人のその道 豆腐工房まめや
    人のその道 豆腐工房まめや1

    人のその道 豆腐工房まめや1ん

    人のその道 豆腐工房まめや1
    人のその道 豆腐工房まめや2

    人のその道 豆腐工房まめや2

    人のその道 豆腐工房まめや2
    人のその道 豆腐工房まめや3

    人のその道 豆腐工房まめや3

    人のその道 豆腐工房まめや3
    人のその道 豆腐工房まめや4

    人のその道 豆腐工房まめや4

    人のその道 豆腐工房まめや4

    「 人のその道 」〜第4回〜

    「その人を知ればその人が創り出す物事が見えてくる」と思たち、生産者さん達の生の声をお伝えします。
    第4回目はこだわりのお豆腐を作る「豆腐工房まめや」青木さんにお伺いしました。

    【 やさい村(以下:や)】まずは簡単な自己紹介をお願いします。

    【 豆腐工房まめや(以下:まめや)】長野県の伊那市高遠町というところで、「豆腐工房まめや」という豆腐屋を営んでおります、青木智(さとし)と申します。歳は39歳です。

    【 や 】「豆腐工房まめや」を始める経緯やきっかけはどんなものだったのでしょうか?

    【 まめや 】大学時代においしい豆腐に出会って衝撃を受けて、以来豆腐が大好物になりました。また、それからは頭の片隅に、常に豆腐屋さんへの憧れがありました。
    大学卒業後に会社勤めをしましたが、サラリーマンが性に合わず、次女の出産を機に会社を辞めました。家族で自然の摂理に沿った暮らしをしようと独立を考えたときに、たまたま近所に廃業された豆腐屋さんの跡地が見つかり、居抜きでお借りして始めることにしました。

    【 や 】修行や勉強などはしましたか?

    【 まめや 】特定のお店で修行はしていませんんが、たくさんの豆腐屋さんを見学させていただき、勉強しました。勉強したことを自分の工場で試してみる、ということを繰り返して、開業まで1年間試作を続けました。

    【 や 】「豆腐工房まめや」のある長野県伊那市はどんなところですか?

    【 まめや 】南信州の中核都市ですが、東西に2つのアルプスを望み、田んぼや畑が広がる美しいまちです。高遠町は桜の名所として名が知られていますが、私たちの工場がある場所は南アルプスのふもとの小さな山村で、棚田が広がる風光明媚な土地です。

    【 や 】お豆腐屋さんは凄く朝が早いイメージがありますが、何時頃から作業をしていますか?
    また、1日の作業サイクルを教えて下さい。

    【 まめや 】日によって違いますが、3時から4時くらいの間に作業を始めます。
    朝のうちに、油揚げを揚げて、豆腐づくりの主要な工程をやってしまいます。その後、8時すぎからお昼までは、豆腐をパック詰めしたり、使った機械器具をきれいに洗って片付けます。
    お昼休みをした後、午後は油揚げなどの袋詰めをして、荷造りをして商品を発送します。また、翌日の豆を洗ったり、薪を用意したり、翌日使う道具を準備します。その後、事務や会計の仕事をして、終わるのは夕方5時から6時くらいになります。季節によっては、その後に豆を浸漬します。

    【 や 】薪を炊いて豆腐をや揚げを作るって温度調節など凄く大変だと思うのですが、なぜ薪火で?

    【 まめや 】それが一番おいしく豆乳を炊ける方法だということもありますが、一番は自分達が楽しく仕事ができ、しっくりくるからです。なるべく暮らしとの垣根がないような仕事のやり方をしたいと思っています。

    【 や 】「豆腐工房まめや」をやっていて意識している事、大事にしている事はありますか?

    【 まめや 】上の質問の答えとも重なりますが、自営業なので、暮らしと仕事は一体のものです。あくまで私たちが自然で楽しくできるような仕事をしていきたいと思っています。

    【 や 】商品へのこだわりは?(材料や、製法etc.)

    【 まめや 】「かまど炊き」というと古めかしく”昔ながら”の豆腐を作っているように思われますが、そうではなくて、間口を広げてたくさんの方におしいと楽しんでいただけるような新しい豆腐を目指して、常によりよいものにしていかれるように工夫を重ねています。
    開業以来、地元上伊那産の大豆を使ってきましたが、将来的には、この小さな山村で仲間と共に大豆の栽培から行っていく形が理想だと思っています。

    【 や 】丹精込めてできたお豆腐や肉厚の油揚げなど、やさい村でもリピーターの方が多いです。
    商品のおすすめの食べ方を教えて下さい。

    【 まめや 】豆腐は、そのままでも、焼いても揚げても炒めても煮ても、どのようにも楽しめるのが魅力ですが、敢えて挙げるとしたら、豆腐に少しの塩をふりかけて蒸して召し上がるのをおすすめします。
    また、油揚げは、袋に開いて両面をカリっと焼いた後に、中にお好みの野菜を詰めてピリ辛のたれをかけて食べるのが、我が家の人気メニューです。

    【 や 】「豆腐工房まめや」をやっていて良かった事、大変な事はどんな事ですか?

    【 まめや 】自分にしかできないような技術を一つ身につけられたことです。大変なことは、やはり体力的な問題です。睡眠時間が多くは取れない中での早朝からの体力仕事なので、本当にヘトヘトになります。

    【 や 】ご夫婦で運営されていて、お子さんが5人いると伺いました。
    ご夫婦でどのように作業を分担して、お子さん達は工房にきたりお手伝いをしてくれるのですか?

    【 まめや 】豆腐作りは自分で、油揚げを揚げるのは妻という分担です。子供たちは、平日に学校がお休みの日などに、袋詰めなどの手伝いに来てくれます。また、休日に薪割りや薪運びの手伝いをしてくれます。

    【 や 】お豆腐とは関係なくても大丈夫なのですが、一番の幸せや喜びはなんですか?

    【 まめや 】子供が成長していく姿を見ることや、家族で暮らしをつくっていくことです。

    【 や 】今後のビジョンや夢はありますか?

    【 まめや 】豆腐や油揚げを使った飲食の仕事を取り入れていくことや、地元の資源を活用した商品づくりなどを行っていかれればいいなと思っています。また、工場に併設している直売店でご紹介している商品の種類を増やして、楽しいお店にしていきたいと思っています。

    【 や 】最後に読んでいる方へメッセージやお知らせを是非お願い致します。

    【 まめや 】東京からはそれほど遠くありませんので、ぜひ遊びにいらしてください。
    また、facebookやブログも(時々の更新ですが・・・)やっていますので、覗いていただければと思います。
    今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

    線

    <やさい村取り扱い商品>

    ● 豆腐…390円(税別)
    ● 油揚げ…300円(税別)
    ● 厚揚げ…270円(税別)
    ● 大粒納豆…280円(税別)
    ● 中粒納豆…420円(税別)

    線

    豆腐工房まめや
    〒396-0304 長野県伊那市高遠町山室2326-1
    TEL : 0265-96-7710

    『豆腐工房まめや』 WEBサイト
    http://tofu-mameya.com

  • 「塩」いのちのふるさと[8] 2018.11.01 クリック

    ー自然塩復活運動を振り返るー 「塩」いのちのふるさと[8]

    谷さんがカエルの心臓の人工還流の実験で塩の品質問題にひとつの明快な結論を出そうと考えたのには、専売公社の電気分解による純度99.9%の化学塩があり、また自然塩復活運動第1期に出来た原塩と固形ニガリを再結晶さてた輸入再生塩があり、また第2期にやっと海水を直に濃縮して作った自然海塩という、大きく3種に分類できる塩の他にも岩塩や湖塩など様々な塩があり、これらの中で自然海塩が最もヒトにとって必要な塩であることを理論だけではなく、生物実験によって証明する必要があると考えたからだった。

    現在の科学では、これを証明しない限り科学者や学会を説得する力はない。

    谷さんの目標のひとつはWHO・世界保健機構の塩に関する認識を変え、世界の塩に対する認識を変え、塩の認識を確立するということだった。

    生物実験となれば、ヒトに近い動物を使った実験ほど説得力はあるということになるが、動物実験をどこかの大学の医学部などに依頼すると、とてつもない費用がかかる。

    予算ゼロ、専売法で規制され作った塩さえ海に捨てなければならないという状況で、ほとんど手弁当と有志の寄付や、会員の会費や無償のボランティアで続けて来た当日の自然海塩運動の中でそれはそれはまったく不可能な話であった。

    まったくのゼロからスタートして、初めて海水から塩を作り、やがて会員制にして会員だけの会員配布がはじまり、やがて専売法が撤廃されることになり、塩の販売が出来るようになった。

    私は、谷さんと阪本さんの2家族が大島に移り住み始めた頃に知り合い、以来10年に渡って無償のボランティアで、ワークキャンプを組織して多くの若者たちとこの自然海塩運動を応援し続けた。

    そして、初めて出来た塩、風力と太陽熱だけで出来た「天日海塩」を持って11ヶ月に渡る日本縦断「生存の行進」を行って北海道から沖縄まで4000キロを歩いて各地で様々な人びとにこの塩運動を語り、塩を手渡して行った。

    そのように、学者、主婦、サラリーマン、学生、料理の専門家から、ヒッピーまで本当に日本の塩が悪化した事を憂い、改革を求めて実に広汎な人々がこの運動に立ち上がったからこそ専売法を撤廃に追い込んだのではないかと思っている。

    ただ返す返すも残念だったのは、谷さんが途上で亡くなった事である。

    谷さんは、専売法が撤廃され、塩運動の本体となって会員への配布を行っていた事務局が会社となって自然海塩の流通が始まると、塩の品質の生物実験を進める為に秋田に移住して、移住先で発病して亡くなった。
    自らが作った塩運動で作られた事業体からもほとんど支援は無かったようだ。

    現在、巷には多くの塩が売られていて、各地では地場産業として自然な塩作りがブームのようになっている。

    しかし、まさに孤立無援で塩運動を行ってきた谷さんや阪本さんたちの存在は塩の歴史の中では特筆すべき存在でありながら、今日その名前を知る人すらいない。

    そして、まだ塩を通じて世界を変えようとした、その遠大なビジョンは実現されておらず、まだまだ道は半ばなのだ。

  • 10月号のご挨拶 2018.10.07 クリック
    福岡正信著「わら一本の革命」

    福岡正信著「わら一本の革命」

    福岡正信著「わら一本の革命」

    皆さまこんにちは!やっと涼しく秋らしくなって来ましたね。
    それにしてもこの夏の猛暑、そして猛烈な台風、ゲリラ豪雨、そして北海道の地震などの影響で農産物の甚大な被害が各地で出ています。
    まさにこの夏は災害列島日本と化しました。

    通常でしたら実りの秋で様々な野菜や果物が沢山収穫されて出回って来る時期ですが、産地によっては壊滅的な打撃を受けて出荷出来ない状態になっているところもあって、なかなか野菜が揃いません。

    先日も農家さんと直接お話ししたのですが土の温度が35度を超えてしまうと蒔いた種が発芽せず、発芽した芽もちゃんと育たないそうですね。
    発芽したけど上に育たず地下に潜ろうとする芽もあるそうです。
    結局猛暑で全滅してしまい時期を待って蒔き直しをする事態となっている今年だそうです。
    自然と共に生きておられる農家さん達も、今までの農事暦が全く使えない未曾有の事態になっていると口を揃えて言われます。お米もこれから収穫の時期ですが私はとても気になります。

    私からの皆さまへのアドバイスですが、これからは食糧の確保やある程度の備蓄は各自がやるべきでしょうね。

    いつ何時、何が起こるか分かりません。何か起こった時はスーパーや商店の水や食料品は1時間もしないうちに売り切れてしまいます。
    補給が無かったら皆さん難民になるしかない、ましてや東京で大規模な災害があった場合には食糧の枯渇は目に見えていますからね。

    東京で餓死なんて考えたこともないでしょうが食糧が手に入って来ない事態になったらどうしますか?
    自分の家に備蓄の無い人は、他人も自分も助けられません。備蓄がある人や家庭だけが何とか食い繋いでいける、なんとか活動出来る、人助けも出来る、そんな事態も想定して置いた方がいいと私は思います。
    まさに「ボーっと生きてんじゃねーよ!」って天の声が聞こえて来るようです。

    若杉ばあちゃんは各自3ヶ月分くらいの備蓄をしておきなさいと20年程前から言ってましたよ。

    シビアな話ですが、今年の災害列島日本を見る限りサイクルが狂い始めた自然の猛威と、地震活動の活発化など地球レベルの環境異変の中で我々が何が出来るのか、考えた中での私の今の結論です、そして今ならまだそれぞれ準備出来る事です。

    さて、全国の産地の被害によって深刻な野菜不足なのですが、やさい村では有機流通を通じてだけではなく、地元武蔵野・三鷹の有機農家さんや各地の自然栽培の生産農家さんから直に野菜を送って頂いているので、おかげ様で店頭には新鮮で安全で豊かな食材が揃っています。
    ぜひ足を運んで秋の味覚を満喫していただきたいと思っております!
    近隣地域は3000円以上から配達料無料で配達もしております!こちらもぜひご利用ください!

    また、秋のイベントシーズンを迎えて、様々なイベント企画やイベント出店もいたします。
    楽しいイベントが沢山ありますのでボランティアでのスタッフ体験も面白いと思いますよー!

    最後にひとつ、昨今宅急便などの運送会社が一斉に運賃値上げをしております。
    やさい村も運送会社との特約契約などをしてお客様の運送費用の軽減を図って来ましたが、荷物量が規定を満たしていないなどの理由で一方的に突然破棄されてしまい、大変心苦しいのですがしばらくは一般運賃となる事をお許しください。
    今後とも皆さまへのサービスを向上させるべく交渉や新規開拓などの努力を致しますので今しばらくお待ち頂きたいと思います。宜しくお願い致します!

    (村長大友)

  • 10月イベントお知らせ 2018.10.07 クリック

    イベントのお知らせ

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    10月4日(木)・6日(土)
    線

    「 コピス吉祥寺 GREENINGマルシェ 」<やさい村出店>

    日 時
    10月20日(土)〜21日(日)10:00~17:00(雨天決行)
    場 所
    コピス吉祥寺 A館1階(屋根付き中通路)

    ◎地場野菜を中心に全国の美味しい野菜、(調味料・自然塩・天然茶etc.)
    他ではなかなか見られないこだわりの商品をお持ちします!
    ◎2日間実施(雨天決行)

    線

    『 いざという時の食養と手当て法 』- 秋の食養と肝臓の手当て -村長講演

    日 時
    10月21日(日)11:00~14:00
    場 所
    田んぼカフェ(武蔵野市吉祥寺南町5-11-2)
    講 師
    大友映男(やさい村村長)
    参加費
    4,500円(ランチ付)

    線

    やさい村 10%OFFセール & デモ販

    日 時
    10月26日(金)〜27日(土)
    場 所
    やさい村

    26日:ゼンケン/27日:シモセン(株)
    ※セールには一部除外品があります。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    10月3・10・17・24・31日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    10月5・12・19日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    10月11日(木)20:00~21:30
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 - ママクラス - 」<お昼の講座> 村長大友の教室紹介

    日 時
    10月20日(土)13:00~15:00
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    <11月のイベント>
    『 武蔵野はらっぱ祭り 』やさい村出店

    日 時
    11月3日(土)〜4日(日)10:00~20:00
    場 所
    都立武蔵野公園 くじら山下原っぱ
    入場料
    入場無料・雨天実施

    線

    『 食菜フェスタ 』やさい村出店

    日 時
    11月3日(土)10:00~16:00(雨天決行)
    場 所
    井の頭公園 ステージ周辺

    線

    講演会:若杉ばあちゃんが語る『 今みんなに一番伝えたい事 』やさい村主催

    日 時
    11月18日(日)14:00~16:00(開場13:30)
    会 場
    Three Eight Nine MITAKA(389三鷹)
    講 師
    若杉友子さん
    参加費
    前売 2,500円 / 当日 3,000円 / 学生or村民割引-500円

    ※先着順となりますので、お申し込みの際はお早めにお願い致します。
    ※メール、電話、FBなどでお申し込の上、代金の振込みを持って受付け完了となります。

    Facebookページ:若杉ばあちゃんが語る【今みんなに一番伝えたい事】
    食といのちの学校・教室:食といのちの学校・教室

    講師プロフィール

    線
    線
  • 10月「今月のおすすめ旬野菜」 2018.10.07 クリック
    里芋

    10月の旬野菜:里芋

    里芋

    今月のおすすめ旬野菜:「 里芋 」

    タロイモ科の里芋の日本に於ける歴史は古く、遠く縄文時代中期には日本に伝来し、稲作が伝わる以前まで長く日本人の主食の位置を占めていた。

    里芋と呼ばれるようになったのは平安時代で、山野に自生する山芋と区別する為に里芋と呼ばれるようになった。

    親芋、子芋、孫芋と食べられる事から子孫繁栄を願う象徴的な食べものとされ、お正月のおせち料理には欠かせない一品とされている。

    旬は9月中旬頃で、平安時代から中秋の名月を愛でる習慣が広まりちょうどその頃里芋が取れ始める時期と重なって里芋の煮物などを飾ることになった。

    また、小芋の衣被(きぬかつぎ)は平安時代当時の女性たちのファッションで、被り物を取ると色白の美しい顔が現れる事から例えられたという。

    主食の座を追われた里芋だが昨今は、そのダイエット効果や制ガン効果などから若い人達にも見直されはじめている。

    なんとなく薄寒くなる季節に里芋のほっこりして滑らかな口触りは何とも言えない秋の味覚である。

    ◎料理は煮る、蒸す、茹でる、揚げるなど料理方法は実に多彩である。

    又、里芋には薬効があり、昔から里芋をすりおろして小麦粉を混ぜ入れた里芋パスターを貼って湿布薬として様々な病気治療に使った。最近ではがん治療などにも使われている。
    (里芋パスターに関しては健康講座の方で過去何度か詳しく紹介している。)

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 10月「今月の酒」 2018.10.07 クリック
    木戸泉酒造「 自然舞(純米酒)」

    木戸泉酒造「 自然舞(純米酒)」

    木戸泉酒造「 自然舞(純米酒)」

    今月の酒:木戸泉酒造「 自然舞(純米酒)」

    『 旨き良き酒づくり 』

    どうも・スタッフです。
    今月はやさい村で新たに取り扱いを始めた「自然舞」をご紹介します。

    木戸泉酒造さんは千葉県にて明治12年創業、現在で5代目。
    天然の生の乳酸菌を高温で酒母を仕込む高温山廃酛という独自の製法をもち、麹菌・乳酸菌・酵母菌の3つの菌を発酵させる酒母造り手法を50年以上守り続けています。
    「添加物や農薬、化学肥料を使用しない日本酒を作りたい」と昭和42年から自然農法米100%の酒造りが始まりました。

    『 旨き良き酒づくり 』が蔵のビジョン。
    冒頭にこの言葉を書かせて頂いたのは、実はほんの数か月前までは飲んだ事がありませんでしたが、この言葉を見た時、単純にどんな酒なのか飲んでみたいと興味を持ち飲んでみたところ旨い酒でした。

    「自然舞」は青森県・岩手県の自然農法米を使用しており、純米酒ならではの米の旨味やコクを持ち、やや辛口で持ち飲み心地はキレがあります。

    食中酒にはもちろん、一人酒、仲間との酒盛り、どの場面にも馴染む事ができ冷酒はもちろん室温や、秋の夜長にはぬる燗もおすすめです。
    是非お得期間中にお試し下さい。

    10月1日〜31日 特価・・・
    1本(720ml)1,380円+税 ⇒ 1,280円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2018.10.07 クリック
    畑は冬の準備で播種に育苗の時期

    畑は冬の準備で播種に育苗の時期

    畑は冬の準備で播種に育苗の時期
    さフランスの自然栽培の畑に研修に行きました

    フランスの自然栽培の畑に研修に行きました

    フランスの自然栽培の畑に研修に行きました
    収穫して絞ったワインが出来るのが楽しみです

    収穫して絞ったワインが出来るのが楽しみです

    収穫して絞ったワインが出来るのが楽しみです

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    いよいよ秋本番です。
    畑は冬の準備で播種に育苗の時期です。
    対して収穫物は端境期でスカスカになってしまいました。

    私個人的なことですが、先日フランスの自然栽培の畑に研修に行きました。
    土も環境も違う国のことでしたが、畑に対する心は、どこでも大きく違わないなと思いました。

    来年、収穫して絞ったワインが出来るとのことですので、また楽しみが増えました。

    <10月の出荷予定>

    空芯菜/ナス/秋キュウリ/ジャガイモ
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 10月号 2018.10.07 クリック
    アリアケスイサン「 有明海苔-紫彩 」

    アリアケスイサン「 有明海苔-紫彩 」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    アリアケスイサン「 有明海苔-紫彩 」

    アリアケスイサン「 有明海苔-紫彩 」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    「紫彩」は有明産の酸処理をしていない一番摘みの海苔のみを厳選し、手でほぐしてそのまま乾燥させたものです。
    やさい村でもリピーターさんが多く、イベントで試食を出せば、かなりの方が美味しさに驚き購入される、大人気商品!とにかく海苔の香りと旨味が濃いです。

    ごはんにふりかけたり、サラダや和え物に。
    海苔と醤油を入れた器に熱湯を注げば即席お吸い物♪そのまま食べても美味しいです^ ^

    海苔はミネラルのほか、代謝や造血に不可欠なビタミンB12が豊富です。
    ビタミンB12は主にお肉や魚貝のみに含まれる栄養素なので、普段お肉をあまり召し上がらない方にも海苔はおすすめです。

    アリアケスイサン「 有明海苔-紫彩 」

    ● 1袋(15g)・・・530円(税別)

    線
  • 自然栽培 ー10月の百姓仕事ー 2018.10.07 クリック
    稲刈り漬の始まり

    稲刈り漬の始まり

    稲刈り漬の始まり
    稲刈り漬の始まり2

    稲刈り漬の始まり2

    稲刈り漬の始まり2
    山にはもう雪が降り始めています

    山にはもう雪が降り始めています

    山にはもう雪が降り始めています
    神様に“刈り上げモチ”をお上げして、一年の無事と豊作を感謝します

    神様に“刈り上げモチ”をお上げして、一年の無事と豊作を感謝します

    神様に“刈り上げモチ”をお上げして、一年の無事と豊作を感謝します
    稲刈り漬の始まり3

    稲刈り漬の始まり3

    稲刈り漬の始まり3

    『自然栽培 ー10月の百姓仕事ー 』
    < 佐藤さんの連載30回目 >

    この一ヶ月は、“稲刈り漬”となります。

    濃霧から始まった静かな朝は、10時過ぎには一変。
    晴れ上がった途端に、天まで届く騒音のるつぼと化します。
    辺り一面黄色いじゅうたんとなった里は、どんどんと刈り取られていきます。
    早く早くと、せがまれるのです。
    何しろ山にはもう雪が降り始めているのですから。

    加えて秋の日は“つるべのごとし”です。
    晴れの日は、稲刈り。雨の日と朝晩は、もみすり。
    百姓の稼ぎ時です。

    落ち着いたら、神様に“刈り上げモチ”をお上げして、一年の無事と豊作を感謝します。

    お米定期購入者募集中!お申し込み用紙は <こちら>

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • 人のその道|第3回 2018.10.07 クリック
    NPO法人メダカのがっこう理事長 中村陽子さん

    NPO法人メダカのがっこう理事長 中村陽子さん

    NPO法人メダカのがっこう理事長 中村陽子さん
    種子法廃止について

    種子法廃止について

    種子法廃止について
    種子法は2018年4月1日から実際に廃止されました

    種子法は2018年4月1日から実際に廃止されました

    種子法は2018年4月1日から実際に廃止されました

    「 人のその道 」〜第3回〜

    「その人を知ればその人が創り出す物事が見えてくる」と思いたち、生産者さん達の生の声をお伝えするコーナーですが、今月は少し内容を変え、「NPO法人メダカの学校」理事長・中村陽子さんに『種子法廃止』について以前お伺いした内容をご覧ください。

    中村陽子:

    まず初めに、主要農作物種子法(以下種子法と略す)がどんなものかを説明しますね。

    この種子法は、1952年、国民を二度と飢えさせないために、国が、米・麦類・大豆の優良な種子の育成と、日本全体で種子が不足しないように種子計画の策定を、都道府県に義務付けた法律で、国が予算をつけてきました。
    各都道府県は、農業試験場が開発した品種の中から奨励品種を選定し、原原種生産、原種生産、種子生産を経て、4年かけて生産した種子を農家に安く卸していました。

    この種子法が、2017年4月 農家も国民も知らないうちに、廃止が決まり、2018年4月1日から実際に廃止されました。
    廃止の理由は、民間の参入を阻害するから、というものですが、本当の理由は次回お話します。

    この種子法が廃止されると、どのような心配があるのか見ていきましょう。
    まず、日本全体で過不足ない種子計画を作り、生産することが民間にはできません。
    そもそも民間品種の比率は0.3%で、日本全体の種子を作る能力はありません。

    現在、民間企業のお米は、業務用として普及しています。
    三井化学の「みつひかり」は牛丼の吉野家で、住友化学の「つくばSD」はセブンイレブンで、日本モンサント「とねのめぐみ」はキオスクで使われています。
    どれも、農薬・化学肥料を多投したF1種のお米です。
    農家は高い種子と農薬・化学肥料をセット購入し、自家採種を禁止されます。

    やさい村 新野:

    今まで興味や関心がなかった方にも、これを読んで国が皆に内緒で大事な事を決めたんだな~
    とは思うはずです。

    今後もっとわかりやすく、種子法とは何なのか?廃止されるとどうなるのか?
    はたまたF1種とは何なのか?今後どうなってしまうのかなど、細かくインタビューをしていこうと思います。

    今まで関心や興味がなかった方にもわかりやすく、今後の自分たちにもいずれ関係してくるかもしれない危機について知ってもらう為に。

    線

    NPO法人メダカのがっこう理事長:中村陽子
    日本の自然再生をめざすNPO法人メダカのがっこう理事長。
    命を大切にする農家と力を合わせ、生きる環境と安全な食に困らない日本を次世代に残せる祖先になることを目標に日々奮闘中。心身を建て直す食の大切さを、より多くの人に知ってもらうため、吉祥寺南町に「田んぼカフェ・メダカのがっこう」を展開中。

    『NPO法人メダカのがっこう』 WEBサイト
    http://npomedaka.net

  • 「塩」いのちのふるさと[7] 2018.10.07 クリック

    ー自然塩復活運動を振り返るー 「塩」いのちのふるさと[7]

    さて、自然塩運動と言っても自然塩運動には、第一段階の自然塩運動と第二段階の自然塩運動があったと総括出来る。

    第一段階の自然塩運動とは、未だ専売法が撤廃され無い段階で、海水からの塩作りが禁止されている中で、より自然に近い塩を作ろうとした運動で、これらは原塩と呼ばれる塩を輸入し、そのままではほぼ塩化ナトリウム100%に近いので、中国などから塩化マグネシウム(固形ニガリ)を輸入し、両者を水に溶かして炊き直して作る、いわゆる輸入再生塩の製造と普及を図る運動。

    第二段階の自然塩運動とは、海水から直に塩を作るいわゆる「自然海塩」作りである。

    自然海塩運動の思想的背景となった1人の人物がいます。
    その人の名前は19世紀の生物学者のエルンスト・ヘッケル。

    彼は発生学のエキスパートとも言える存在で生命反復説という学説を唱えた。
    おおざっぱに言えば進化論で、生物は単細胞生物から始まり、魚類、両生類、爬虫類、哺乳類など様々な生物進化を遂げてヒトになっていると唱えた。

    発生学の三木成男先生は、人間の胎児は妊娠中の十月十日の間に、子宮の羊水の中で卵子という原始単細胞生物からヒト迄の数十億年に渡る生物進化を全て体験しながら成長して誕生すると言われた。

    いわば羊水とは、生命を育み育てて来た生命の母である。
    太古から綿々と続いている母なる海であると言えるのです。

    その貴重な「母なる海」を作る根本となるものが「塩」である。
    そう考えた時、いかに塩が大事なものであるかが分かるでしょう。

    塩の成分の豊かさ、品質の良し悪しで、人間の身体や脳の発育だって影響を受けている可能性があります。そう考えれば、まだ解決されていない塩の品質問題は途轍もなく重大な要素であると言わざる得ないのです。

    谷さんや阪本さんがやり始めた自然海塩運動には多くの優れた学者の方々が注目し、応援していたと言って来ましたが、この日本に起こった自然海塩運動には、様々な方面からの期待が集まっていたのです。
    決して唯一つの塩の会社を作るために皆さんが心血を注いで応援した訳ではないんです。

    そこに、人間の根本的問題の解決、そして科学の根本的な進化の可能性があるゆえに、皆さんが応援したのです。

    話は変わりますが私が谷さんから聞いた話の中に、犬の血液と塩水を入れ替えた研究が19世紀に行われて、普通の犬の寿命の倍ほど生きた、という事を聞いた事があります。

    おそらくは今の点滴などのリンゲル液などの研究にも通じるものだと思いますが、谷さんが次にやろうとしていた塩の品質の証明実験として考えていた、カエルの心臓の人工還流とは生物実験によって塩の品質を証明されようとしていたのです。

    つまり、カエルの血液と様々な塩から作った点滴液とを入れ替えて塩の品質問題に決着をつけるつもりだったのです。

  • 9月号のご挨拶 2018.08.31 クリック
    福岡正信著「わら一本の革命」

    福岡正信著「わら一本の革命」

    福岡正信著「わら一本の革命」

    皆さまこんにちは!この休みないような猛暑、大丈夫ですか〜?
    ほんのすこしだけ秋の気配を感じる季節にはなりましたが、まだもう少しは続きそうですので皆さまお気をつけて!

    しかし、この暑さは日本だけではないんですね。
    実は先日ソウル在住の方とお話しした時もソウルも連日35℃を超える猛暑が続いているそうです。

    そう言えば何かと話題になる北朝鮮の金正恩氏も暑さで上着を脱いでシャツ一枚になって産業の視察をしている映像がテレビに映ってましたね。
    地球環境問題には国境は無い、人類全体で真剣に取り組まなくてはならない問題だということは前号でもお話ししましたが、やはりこれは我々に降りかかる大問題です。熱暑でバタバタ人が倒れ、気象異変で人類滅亡なんて可能性だってあるんです。
    メルマガ会員の方々には、そのエピソードをお伝えしたのですが、まだ通信本体では書いていないので今号で載せさせて頂きます。

    私は自然農法の父と呼ばれた故福岡正信さんとは生前懇意にさせていただいていました。
    その福岡さんと久しぶりに私たちが主催した「くにうみまつり」というイベントの公演で三鷹に来て頂き再会した時に福岡さんから「大友くん、君はこんなところでいったい何をしているんだ?! 君の様な人間が4人でも5人でも種を撒き続けながら世界中を歩いていれば、、、」といきなり叱責された事がありました。

    自然農法でその名を知られ、著書『わら一本の革命』は世界20ヶ国語に翻訳出版され世界的な有名人となった福岡さん、晩年は国連の要請により考案した粘土団子の砂漠緑化に取り組まれて再三海外に行っていたのです。

    生態系を知らない無知な乱開発や乱伐などで年々世界中の砂漠は広がっています。
    福岡さんは、その実態を見ながら近未来の人類の姿を観ていたのかも知れません。

    「植物や樹木が雲を呼ぶんだよ。雲が雨を降らせるのだ。」と言われた事があり、僕の耳に残っています。
    そうです植物が無くなった砂漠には雨は降りません。生命もほとんど生きられないのです。
    生命が息づく世界とは、植物があるがゆえの世界なのです。

    僕はこの猛暑を体験しながら、今一度福岡正信さんを思い出しています。
    砂漠化や森林の減少など植物の後退が、この異常気象の引き金になっている様な予感がするのです。

    晩年、動ける間は車椅子に乗りながらも、未来の人々のため砂漠に立った福岡正信さんを思い出す時、これから私たちは子供達や未来のために何をしなければならないのか?問いかけ共に考えたいと思います。

    (村長大友)

  • 9月イベントお知らせ 2018.08.31 クリック

    イベントのお知らせ

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    9月1日(土)・6日(木)
    線

    「 やさい村 居酒屋 」<要予約:定員約8名>

    日 時
    9月2日(日)12:00~15:00
    参加費
    1,000円(お料理3品付)
    場 所
    やさい村

    ◎お料理の持ち寄り大歓迎!お酒はやさい村にてご購入して頂きます。

    線

    <9月のイベント>「若杉ばあちゃんの食養料理 」@三鷹<やさい村 主催>

    日 時
    9月15日(土)11:00~14:00
    場 所
    三鷹市消費者活動センター3F 調理実習室(三鷹市下連雀3-22-7)
    参加費
    6,000円(マコモ料理4~5品目)予定

    待望の若杉ばあちゃんの料理教室のお知らせです!
    (変更の可能性もございますので詳細はお問合せ下さい)
    *また11月18日(日)には講演会を行いますので、ご希望の方は是非早めにお問い合わせ、お申し込み下さいませ。

    線

    「 コピス吉祥寺 GREENINGマルシェ 」<やさい村出店>

    日 時
    9月15日(土)〜16日(日)10:00~17:00(雨天決行)
    場 所
    コピス吉祥寺 A館1階(屋根付き中通路)

    ◎地場野菜を中心に全国の美味しい野菜、(調味料・自然塩・天然茶etc.)
    他ではなかなか見られないこだわりの商品をお持ちします!
    ◎2日間実施(雨天決行)

    線

    「 武蔵野マルシェ 」<やさい村出店>

    日 時
    9月20日(木)〜26日(水)10:00~20:00
    場 所
    東急吉祥寺店 3F

    線

    やさい村 10%OFFセール & デモ販

    日 時
    9月28日(金)〜29日(土)
    場 所
    やさい村

    28日 デモ販:「お菓子」
    ※セールには一部除外品があります。

    線

    「 東京ビーガングルメ祭り 」<やさい村出店>

    日 時
    9月30日(日)10:00~16:00(雨天決行)
    場 所
    木場公園ステージ広場(地下鉄東西線「木場駅」徒歩12分)

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    9月5・12・19・26日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    9月7・14・21日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    9月13日(木)20:00~21:30
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 - ママクラス - 」<お昼の講座> 村長大友の教室紹介

    日 時
    9月8日(土)13:00~15:00
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線
  • 9月「今月のおすすめ旬野菜」 2018.08.31 クリック
    マコモダケ

    9月の旬野菜:マコモダケ

    マコモダケ

    今月のおすすめ旬野菜:「 マコモダケ 」

    マコモダケはイネ科、マコモ属の多年草。
    別名はハナガツミ、東アジアから東南アジアの沼、河川、湖などに生え、日本国内には全土に生えてる。

    マコモの穂はアメリカインディアンではワイルドライスと呼ばれ主に五大湖周辺の部族の間では聖なる食べ物として珍重された。

    9月の半ば頃には茎に国穂菌が入った茎が肥大化してマコモダケになり、10月半ば頃までが食期。
    中に黒穂菌が入ると中が黒く変色して来て繊維質が固くなり食味はおちる。
    昔は黒穂菌の入って黒く変色したマコモからお歯黒に使う色材を取った。

    味はタケノコをやさしくした様な味わいで適度な食感と黒穂菌のほのかな甘みがあり、アスパラやヤングコーンの様な香りや味がして、くせが無くとても美味しい。

    料理は、茹でる、焼く、きんぴら、酢の物、マコモご飯に吸い物、新鮮なものは生でも食べられる。油との相性が良く、天ぷらや南蛮漬け、炒め物も美味しい。
    麺類の具や、餃子、ハンバーグ、炒飯の具にもピッタリで、台湾料理や中華料理の具財として海外でも多く使われている。

    マコモダケは蛋白質、ビタミン、ミネラルを多く含み、コレステロールを減少させ脳卒中や心臓病に良く、血圧や血糖値を下げ、血液を浄化し細胞を活性化し体内の老廃物を取り除く。

    マコモの葉を乾燥させ、さらに深煎りしたマコモ茶は利尿作用があり、結石も出る人も。

    しかも、マコモが生える水域ではマコモの力で水が浄化されるという環境浄化もする素晴らしい存在。

    マコモの時期は短いので、マコモの時期にはしっかり食べておきたい食材だ。
    9月中旬過ぎからはやさい村店頭にも並ぶので是非旬の時期にはしっかり確保して食べておきたい。
    *9/15の若杉ばあちゃんの料理教室はマコモ料理がテーマの予定。

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 9月「今月の酒」 2018.08.31 クリック
    寺田本家「 香取90(純米)」

    寺田本家「 香取90(純米)」

    寺田本家「 香取90(純米)」

    今月の酒:寺田本家「 香取90(純米)」
    ※9月9日蔵出し!

    この記事を書く為に9月の酒をイメージしていて、正直この酒以外思いつきませんでした。

    毎年売り切れ続出で、やさい村でも6月くらいには無くなってしまったので寺田本家ファンの皆様はお待ちかねなんじゃないでしょうか。

    寺田本家さんでは自家栽培の無農薬米、蔵つきの菌、伝統の製造方、仕込み歌など、こだわりが多く、何よりどのお酒も美味しいです。

    こだわりが多く有りながら、この「香取90」は特にコスパがよく今月はさらにお買い得にご紹介しているので呑んだ事ない人、いつも五人娘ばかり呑んでしまう人も一献の価値あります。

    何故これ以外思いつかなかったかと言うと、毎年重陽の節句(9/9)に蔵出しされるので香取を差し置いて何を勧めるかと、酒好きな僕は思いました。

    香取には精米具合によって80と90の二種があるのですが今月は90。
    90の方があっさりとしていてどんな料理、シチュエーションでも楽しめると思います。

    日本酒フリークには反感を買ってしまうかもしれませんが、この90は勿論そのまま飲むと美味しいですが、トマトジュースで割ったり、日本酒カクテルにも向いるように思います。

    今年の味に期待しながら、ご自宅でゆっくり味わってみて下さい。
    それでは程よいアルコールライフを!

    9月1日〜30日 特価・・・
    1本(720ml)990円+税 ⇒ 940円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2018.08.31 クリック
    さつまいも、里芋はとても順調です

    さつまいも、里芋はとても順調です

    さつまいも、里芋はとても順調です

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    秋が来たかと思えば夏が帰ってくる、といった変わり目の気温になってきましたね。
    農園もさすがに40℃オーバーの日はなくなりました。

    今年の秋冬の準備ですが、暑さで苗がやられ、ブロッコリーとキャベツがかなり危機的です。
    昨年は日照不足,今年は高温ですから秋頃の野菜...難しいですね。

    さつまいも、里芋はとても順調です。
    今年もお店から美味しそうな焼き芋の匂いが漂うのを想像できます。

    暑さ寒さも彼岸までですから、この猛暑も9/20前後までになるのでしょうか。
    体調を整えて秋を迎えましょう。

    <9月の出荷予定>

    空芯菜/モロヘイヤ/生姜/ナス/式部草/バジル/オレガノ/ローズマリー/セージ/ローリエ
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 9月号 2018.08.31 クリック
    三尾農園「 自然栽培梅干し 」

    三尾農園「 自然栽培梅干し 」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    三尾農園「 自然栽培梅干し 」

    三尾農園「 自然栽培梅干し 」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    流通の関係で一時欠品していたこちらの梅干しが、再入荷しました!
    やさい村でもファンの多い「自然梅 恵」は、その名の通り、紀州産の自然栽培の梅とこだわりの塩で漬けた梅干しです。赤紫蘇は入ってない白梅干しになります。

    梅干しは夏の疲れが出やすい今の季節に、ぜひ活用していただきたい食材のひとつです。

    今まで入荷してなかったお徳用サイズと、使い勝手のよいねり梅と白梅酢もあります。
    特に白梅酢は便利な調味料。
    優しい酸味と塩気で、きゅうりなどと和えるだけで簡単酢の物、油を加えてドレッシング、いろいろと料理に使えて便利ですよ。

    正直村「 そうめん、ひやむぎ 」

    ● 「自然梅 恵」200g・・・840円(税別)
    ● 「自然梅 恵」500g・・・1,960円(税別)
    ● 「自然ねり梅ぼし 恵」150g ・・・680円(税別)
    ● 「自然梅酢」200ml ・・・500円(税別)

    線
  • 自然栽培 ー9月の百姓仕事ー 2018.08.31 クリック
    田んぼは穂が垂れ始めています

    田んぼは穂が垂れ始めています

    田んぼは穂が垂れ始めています
    9月の百姓仕事

    9月の百姓仕事

    9月の百姓仕事
    まだ青い青い田んぼ

    まだ青い青い田んぼ

    まだ青い青い田んぼ
    秋彼岸が過ぎると寒暖差が激しくなります

    秋彼岸が過ぎると寒暖差が激しくなります

    秋彼岸が過ぎると寒暖差が激しくなります
    里は深い朝霧に包まれるようになります

    里は深い朝霧に包まれるようになります

    里は深い朝霧に包まれるようになります
    稲刈りまでもう少し

    稲刈りまでもう少し

    稲刈りまでもう少し

    『自然栽培 ー9月の百姓仕事ー 』
    < 佐藤さんの連載29回目 >

    9月初め、田んぼは穂が垂れ始めています。

    ですが、まだ青い青い田んぼ、これから黄金色になるまで一ヶ月程。
    最後の仕上げをします。

    重くなった穂首が倒れないよう、田んぼを固めながら最後の水管理。最後の草刈。
    小屋を片付け、乾燥やモミすりの準備、機械の整備をします。

    秋彼岸が過ぎ、寒暖の差が激しくなると、里は深い朝霧に包まれるようになります。
    そうなると稲の登熟度も進み、甘さも増してきます。
    空が青ーく抜けると、ダカダカと一斉に稲刈りが始まります。

    お米定期購入者募集中!お申し込み用紙は <こちら>

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • 人のその道|第2回 2018.08.31 クリック
    高知県『空の下』の榊原留美子さん

    高知県『空の下』の榊原留美子さん

    高知県『空の下』の榊原留美子さん
    高知県の漁村と農村が混在する町、中土佐町で生姜、柚子などを栽培されています

    高知県の漁村と農村が混在する町、中土佐町で生姜、柚子などを栽培されています

    高知県の漁村と農村が混在する町、中土佐町で生姜、柚子などを栽培されています
    本番の中で学び続けています

    本番の中で学び続けています

    本番の中で学び続けています

    「 人のその道 」〜第2回〜

    どうも・スタッフです。
    「その人を知ればその人が創り出す物事が見えてくる」と思いたち、生産者さん達の生の声をお伝えします。
    第2回目は高知県『空の下』の榊原留美子さんにお願いしました。

    【 やさい村(以下:や)】まずは簡単な自己紹介をお願いします。

    【 榊原(以下:榊)】高知県の漁村と農村が混在する町、中土佐町で生姜、柚子などを栽培している『空の下』の榊原留美子と申します。1971年生まれ、農業を初めたのは41歳の時です。

    【 や 】空の下を始める経緯は?

    【 榊 】2011年3月に東京から高知に移住して、その後2年目から農業を始めました。
    東京に住んでいる時から、今世、最後は農業をしたいと思っていたので、その時が来たというか、放射能から逃れるために移住した先が、偶然、過疎の農村だった事は、私には渡りに船でした。

    【 や 】空の下を始める前には、どこか他の農園で修行とかしたんですか?
    もしくはどのような勉強をしましたか?

    【 榊 】修行や研修などは、全くしませんでした。初めから独立実践で就農し、本番の中で学び続けています。
    性分として、予行練習とか、予備学習的な事が向かないという事もあるのですが、私は子供三人を扶養している中での新規就農だったので、即戦力である必要がありました。ですので、初年度から自分で作付をしました。
    ただ、その前に3件の生姜農家の収穫のバイトをしました。その時の御縁は今現在も続いています。

    それと、農業の本を3冊読みました。
    一冊は、循環農法の赤峰勝人さんの本。
    一冊は、冬期湛水不耕起栽培の岩澤信夫さんの本。
    一冊は、自然農の川口由一さんの本。

    これらの本を参考に、自分の置かれている環境に合う、実践可能なやり方を自分で考えて始めました。わからないことは、近所の爺さんや友達によく聞きました。

    【 や 】現在は何名で運営しているのでしょうか?

    【 榊 】基本は一人です。経営コンサルや農業指導をしてくれる人が一人います。その他、私と同じように、単独で生姜を育てている友人、知人、仲間が数人いるので、人手が必要な時は、アルバイトを頼んだりしています。

    【 や 】空の下さんがある高知県高岡郡中土佐町はどんな所なんですか?

    【 榊 】漁村と農村が混在している町です。
    海と山が一つところにあるので、海の幸と山の幸を同時に楽しめる、自然の恵み豊かなところです。四万十川の源流のある町なんですよ。

    【 や 】やさい村でも空の下さんの自然栽培生姜はすごく人気があります。
    高知は生姜栽培が盛んだと聞きますが、その中で自然栽培で作ってる方はどれくらいいらっしゃるんですか?

    【 榊 】自然栽培専業で栽培している人は、私の知る限り3人です。
    有機栽培の生姜農家は、まだいると思いますが、自然栽培は大変少ないです。
    農林水産省のデータでは、有機農家は全体の0.5%、その中で、有機JAS取得農家は0.2%、0.3%は自称農家です。その中で無肥料栽培の農家は更に少ないと思われますので、生姜も同じようなことだと思います。

    【 や 】他にも一年を通してどんな物(野菜/加工品)を作っていますか?

    【 榊 】ぽんかん、文旦、米、レモン、柚子を栽培しています。その他、梅の木、枇杷の木、ヤマモモの木があるので、これらにも手を入れ始めています。
    『空の下』が所有する土地は、山菜も自生している、とても豊かな大地です。
    生姜や柚子などで加工品も作っています。

    【 や 】時期によってまちまちだと思いますが、1年や1日の作業やサイクルを教えて下さい。(何月植え付けをして、どのような作業をして成長を待つ、何月に収穫して等)

    【 榊 】先ずは、年明け1月下旬からポンカンの収穫をします。2月下旬には文旦の収穫、3月になると、本格的に生姜の植え付け準備に入ります。種を割ったり、植え付け圃場を整えたりなどですね。そして、霜が降りなくなった3月末から4月の初旬に生姜の植え付けをします。この頃に稲の苗を作り始めて、5月には文旦の受粉作業、6月には田植えになります。

    梅雨入り前に、畑や田んぼの除草を一通り済ませて置くと、梅雨明け後の作業が楽に運ばれます。7月以降は、兎に角、草刈、草引きですね。毎日、毎日畑や田んぼに通います。 特に生姜は日々の手に入れ方で、育ちが大きく変わりますので、マメに足を運んでいます。

    そんな事をしていると、あっという間に8月下旬になり、新生姜と青柚子の収穫期に入ります。出荷の度に収穫をして、フレッシュな青果をお届けしています。

    9月に入るとグリーンレモンが収穫出来るようになります。

    11月には黄柚子の収穫とお米の収穫。そして、12月頭に生姜を収穫したら、一年が終わる感じです。

    【 や 】ご自身で作った物でオススメの食べ方や頂き方を教えて下さい。

    【 榊 】新生姜のぬか漬け、新生姜の酢漬けですかね。。。抜群に美味しいです!
    それと、フレッシュ柚子を焼き物に搾って食べることですね。
    あと、すり下ろし生姜にゆの酢(柚子の果汁)を合わせて、醤油を垂らして、そこに魚や肉をつけて食べるのも、最高に美味しいです。
    今この時も唾液が出てくるほどの美味しさですよ!!
    いろんな食べ方がありますが、美味しい農作物は、そのままが最も美味しいですね。

    【 や 】購入されたお客さんに生姜をどのように味わってもらいたいですか?

    【 榊 】大切に使ってもらえると嬉しいです。
    生姜はどんな食材にも合うんですよね。名脇役なので、兎に角、何にでもササッと使ってもらえたら嬉しいです。
    生姜は佃煮や酢漬けにしておくと、常備菜になります。
    千切りにして、かき揚げにしても美味しいのです。

    生姜をスライスしてシロップを作る事が出来るのですが、シロップを作った後の生姜に醤油を加えると、簡単漬物ができちゃいます!これが激ウマなので是非!

    農薬や化学肥料を使わないで育った生姜は食べて美味しい生姜です。
    脇役だけでなく、お惣菜にも是非ご活用ください。

    【 や 】農業を始めて良かったと思う事と、大変だと思う事、特に自然栽培を行っていて思う事はありますか?

    【 榊 】良かったと思う事は、小さな事でクヨクヨしなくなりました。
    自然相手の仕事で、自分の実力の無さにガクーーーんと落ち込むこともあるのですが、それでも、植物は必ず成長します。私が落ち込んでいる間にも、それなりにグングン成長してくれる農作物を見ると元気になるんですよね。

    自然栽培ですと、特に思うのです。

    「私の力とは関係ないところで、植物は生きている」

    と、そう思える瞬間があって、それが私を助けてくれます。
    植物の生命力には、何度も助けられています。

    今の時代は、何かと人が何か出来るかのような、そんな勘違いをしているようで、また、その勘違いが自らの首を、精神的にも締め付けているように思うのですが、農業をやっていると、そのような意識から解放されます。
    人は、自然の中で生かされている事を身体で理解する事が出来るので、それら全ての時間が、かけがえのない天国を感じる時間です。
    大変なことは常です。それが楽に繋がるのが農業です。そのうち、全てが普通に楽な天国になるように、まだまだ努力して、もっと農業の良さを伝えられる人になりたいです。

    【 や 】唐突な質問ですが、様々な栽培方法がある中でなぜ自然栽培を選ばれたのですか?

    【 榊 】「やる必要のないことはしない」というスタンスでいるだけです。
    農作物によっては、無肥料では栽培出来ない物もありますので、決して自然栽培に拘っているわけではありません。ただ、不必要なことはしないという拘りだけですね。

    【 や 】最近は若い年代でも農業を始めたいと言ってる方も多く、レンタル畑も多くあるのですが、これから農業を始めたいと思っている方にアドバイスがあればお願いします。

    【 榊 】農業と一口に言っても、その形態は様々です。私のように100%農業で生計を立てるには、相応の覚悟が必要ですが、生活のワンシーンで自給程度にするのは割と楽です。
    先ずは、どのような生活設計を立てるのかが大切だと思います。
    自分に合った持続可能な農との関わりを育んでもらえると嬉しく思います。

    【 や 】空の下さんは青山ファーマーズマーケットに出店していたり、より多くのお客様に知ってもらう為にしてる努力みたいな事はありますか?

    【 榊 】ジャンル問わずの営業です。『空の下』の農作物が活かされる可能性があれば、個人だろうが、大企業だろうが、インターネット、露店、なんでもチャレンジします。その時に、大切にしている事があって、何処に行っても自分のスタイルは変えない事にしています。
    私は常に農作物が一番です。自分の栽培した作物が、皆さんの暮らしに活かされる為に努力しています。

    【 や 】農業と関係なくてもいいのですが、一番の幸せや喜びってありますか?

    【 榊 】朝から晩まで野良仕事をして、美しい畑をみて、一日の終わりに虫の声と波の音を聞きながら寝る事が一番の幸せです。

    朝、元気に起きれる事が一番の喜びです。
    思うように体が動くって、本当にありがたいです。

    【 や 】読んでいる方にお知らせなどがあれば是非!

    【 榊 】日本の農業は衰退し続けています。この先、国内の農業人口が増える事は難しいと思います。農薬や化学肥料を使わない農業は更に難しいでしょう。
    農薬による環境問題は、更に悪化する可能性があるのですが、その対策については、ほぼ進展がないという残念な状況です。

    農村にいて、私が思う事は、オーガニックの農業人口が増えなければ話にならないということです。語っても解決しないのが農業です。体を動かすことでのみ解決するのが農業です。農業を志したいと思う方がいたら、どうぞ、諦めないで、その道を努力してもらいたいと思います。

    【 や 】そして最後に今後のビジョンや夢があれば教えて下さい。

    【 榊 】私は、国内のオーガニック農業人口を増やす事を『空の下』の一つの目的にしています。
    その為には、既存の衰退するしかないような農業ではなく、新しい農業のあり方を実践的に構築したいと考えています。それは、独立した小規模農家であり、同時にそれらが主体性を損なわずに連携し補完しあえる仕組みです。
    更には、それらが集まった先で、オーガニックの村を創りたいです。
    一歩一歩、確実に夢を叶えるために、明日も畑の世話をします。『空の下』の農作物は、夢の実現そのものです。私の作る農作物のクオリティーが上げるごとに、夢に近づいていると思って下さい。

    まだまだ時間が掛かります。。多分一生分かかると思いますが、農業にはそれだけの価値があると思っています。

    いつも『空の下』の生姜を使って下さりありがとうございます。
    皆さんとのご縁を励みに、今後も農業人生を楽しんで参りますので、今後とも『空の下』をどうぞ、宜しくお願い致します。

    線

    通信用に短編にするのがもったいないくらい、いいお話が聞けました。

    季節に応じてぽんかん、文旦、米、レモン、柚子など柑橘系も入荷します。
    ● 自然栽培生姜…200円/g(税別)
    ● 生姜ハーブシロップ(200ml)…1,300円(税別)
    ● 新生姜のピクルス(380g)…1,900円(税別)

    季節に応じてぽんかん、文旦、米、レモン、柚子など柑橘系も入荷します。

    季節に応じてぽんかん、文旦、米、レモン、柚子など柑橘系も入荷します。

    季節に応じてぽんかん、文旦、米、レモン、柚子など柑橘系も入荷します。

    自然栽培『空の下』 代表:榊原留美子
    〒789-1302 高知県高岡郡中土佐町上ノ加江3318
    Email:info@soranosita.net

    自然栽培『空の下』 WEBサイト
    http://soranosita.net

  • 「塩」いのちのふるさと[6] 2018.08.31 クリック

    ー自然塩復活運動を振り返るー 「塩」いのちのふるさと[6]

    前回ふれた発生学の三木成夫先生の他にも自然海塩運動の支援を手弁当で買って出てくれた学者の先生達は、分析化学の武者宗一郎先生、食品衛生学者の天野慶之先生、牛尾病院院長の牛尾盛保先生他多くがいて、自然海塩運動はあたかも一大思想改革運動に発展する様相を呈していた。

    しかし、大変残念ながら、研究会から会社設立に至る過程で会社設立に関わった一部の人間たちの間で運動的な支援者の排除が行われ、会社は私物化され、運動は消滅させられたのである。

    この事によって自然海塩運動の社会変革的な要素は急速に失われて行った。
    まさに、千載一遇の「いのちの本質」に向かう生命運動のチャンスは失われたのである。

    自然海塩運動の高まりの中で、政府はそれまでの塩の専売法を廃止せざるを得ない事態になり、以降各地で素晴らしい塩が出来て、多くの国民が美味しい、そしてミネラルバランスのとれた本物の塩を食べられるようになったのは塩運動の一大成果であった。
    そういう意味では自然塩運動は稀に見る民衆側が行政側に変革を強いた輝かしい運動であった。

    しかし、今回私がこの記事を書いて皆さんにお伝えしたいのは、道半ばで頓挫している実に遠大な自然海塩運動のビジョンと可能性についてなのだ。

    以前谷さんの紹介をしたところで谷さんはマクロビオティック運動の創始者桜澤如一先生の原子転換研究チームの最後のメンバーであると紹介した。

    谷さんは、流下式塩田の廃止に反対する各地の運動からの依頼を受けて調査を始めたが、流下式塩田で作られていた塩と、その後のイオン交換樹脂膜法で作られ始めた塩とでは塩の品質があまり変わっていない事に気づいた。と同時に、歴史を遡るほどミネラルを多く含んだ塩が作られていた事に気づいた。

    問題は精製という発想の中で、塩の本質が失われて行ったことを発見して、本来の塩とは、生命を産み出した「海」でなければならないとの確信に至ったのである。

    我々の血液や体液は塩分を持ち、海と同じようなミネラルバランスで成り立ってる。
    生命的に言えば我々の遠い祖先は海の中で発生し、長く海中で生活していたが、やがて陸上でも生活できる環境が整うと一部が陸上に上がって生活するようになった。

    しかし、体内にはミクロの海を作って生きている、その海の要素を補充して取り入れるものが「塩」である。

    本来人間が摂るべき塩、生命の根源となる塩を作り、多くの人々に手渡す事は大事な事であったが、さらに遠大な計画のほんの入り口にしか過ぎなかったのだ。

    谷さんは、ただ良い塩を作るだけでは未だ不十分で、それがどのように良いのかを塩の品質を実験によって証明して、WHOに働きかけて世界中の人々に塩の品質問題を明らかにしようと考えたのだった。

    そして谷さんが次に行おうとしていた事はカエルの心臓の人工還流という実験で、その研究に入ろうとする途上で、44才の若さで亡くなられた。

    彼はさらに塩問題に決着をつけた後に取り組もうとしていたものは原子転換の証明であった。

  • 8月号のご挨拶 2018.08.01 クリック

    皆さまこんにちは!お元気でいらっしゃいますでしょうか?
    梅雨明け前後大雨で被災された地域の皆さまが受けた大変なご苦労を思うと胸が痛みます。
    どうか一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

    ふと思い出していたのですが、かつて観た「ホピの預言」という映画の中で、アメリカ先住民ホピ族に伝わる預言の中で、地下資源を無秩序に掘り出し続けると母なる地球のバランスが崩れて、地球全体に今まで体験した事も無い様な、猛烈な大雨、台風、竜巻、干ばつ、地震などの天災が起こり始めるという部分がありました。

    40年程前の私はちょっと現実離れしている様な気がした記憶がありますが、昨今世界各地で起こる未曾有の大災害を目の当たりにするにつけ、まさにあの「ホピの預言」そのものが今現実に起きて目の当たりにしていると、とてもリアルに感じさせられています。

    「ホピの預言」の伝えるメッセージを今一度心に刻み込まなければと思います。
    この異常気象の根本的な原因と、その解決方法は私たち人類一人一人の飽くなき欲望の収束した結果なのかも知れません。

    いずれにせよ、今後人類が解決しなければならない問題の根本には環境問題が横たわっており、これは国家や国境に関係なく、地球意識を持ってあらゆる人が関わらざるを得ない問題だと思います。
    また、この環境意識(地球意識)の台頭こそ、今の国家中心の国家意識という小さなエゴイズムを超え人間の意識を成長させる大きなカギとなるのではないかと思います。
    人類が、自然環境と調和した生命の文明とも言える素晴らしい文明を作り出せるのか、それとも飽くなき欲望と共に自滅してしまうのか、これからさらに大峠の道のりが続いて行きます。

    我々は、やはり調和した文明を求めて、後世に伝え、受け継いでいってもらいたいと思います。
    そういう意味でも、より良い人間と自然環境の関わり方に繋がっていく生態系循環型の農業や、砂漠緑化などもっと人々の理解と感心が深まり、参加する人々が増え、ちゃんと受け継がれて行って欲しいと思いますね。

    ところで、7月に入ってもう既にとてつもない猛暑が続いていますが、さらに記録を大幅に上回猛暑となる可能性があり、唯の水分補給だけでは足りませんよ。

    様々な必須ミネラルも汗と共にどんどん体内から出て行きますので夏こそしっかりご飯を食べて、ちゃんと料理も作りましょう!
    水分を補給する時にはしっかり「海の素」を入れて体内から失ったミネラル分を補給する必要があります!
    夏こそ海の天然ミネラル「海の素」をこまめに補給しながら元気に頑張って下さいね〜!

    (村長大友)

  • 8月イベントお知らせ 2018.08.01 クリック

    イベントのお知らせ

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    8月2日(木)・4日(土)
    線

    「 コピス吉祥寺 GREENINGマルシェ 」<やさい村出店>

    日 時
    8月18日(土)〜19日(日)10:00~17:00(雨天決行)
    場 所
    コピス吉祥寺 A館1階(屋根付き中通路)

    ◎地場野菜を中心に全国の美味しい野菜、(調味料・自然塩・天然茶etc.)
    他ではなかなか見られないこだわりの商品をお持ちします!
    ◎2日間実施(雨天決行)

    線

    やさい村 10%OFFセール & デモ販

    日 時
    8月24日(金)〜25日(土)
    場 所
    やさい村

    24日 デモ販:「未定」
    ※セールには一部除外品があります。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    8月1・8・15・22・29日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    8月3・10・17・31日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    8月9日(木) 20:00~21:30
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    <9月のイベント>「若杉ばあちゃんの食養料理 」@三鷹<やさい村 主催>

    日 時
    9月15日(土)11:00~14:00(雨天決行)
    場 所
    三鷹市消費者活動センター3F 調理実習室(三鷹市下連雀3-22-7)

    待望の若杉ばあちゃんの料理教室のお知らせです!
    (変更の可能性もございますので詳細はお問合せ下さい)
    *また11月18日(日)には講演会を行いますので、ご希望の方は是非早めにお問い合わせ、お申し込み下さいませ。

    線
  • 8月「今月のおすすめ旬野菜」 2018.08.01 クリック
    モロヘイヤ

    8月の旬野菜:モロヘイヤ

    モロヘイヤ

    今月のおすすめ旬野菜:「 モロヘイヤ 」

    夏真っ盛りの8月に旬を迎える夏野菜のうちでも最も栄養価の高い野菜をご紹介致します!
    それは「モロヘイヤ」!

    原産地はアフリカ大陸北部(エジプト)からインド西部。
    アオイ科の一年草。正式名はシマツナソ。
    別名タイワンツナソ、ナガミツナソ、ジュートなど。

    原産地域のアラビア語では「王家のもの」という意味があり、古来王族の病気治療に使われた様だ。

    生育には高温が必要で、日本では6月後半から9月頃までが旬で8月頃が盛りとなる。

    βカロチンを豊富に含み、ビタミンA、B2、C、E、Kやカルシウム、カリウム、銅などのミネラルを豊富に含み抗酸化作用があり、風邪、高血圧、心筋梗塞、脳梗塞、便秘、ガンなどの予防効果がある。夏バテ防止には超オススメ!

    ◎料理方法はおひたし、和え物、炒め物、スープ、スムージー、天ぷらなどで、茎から取り除いた葉っぱを数秒サッと塩茹でし、鮮やかな色合いになったらザルにあけて水に晒す、それを包丁で叩く様に切れば粘りが出てネバネバの状態になるが、その様に料理する時は、あらかじめまな板を水で濡らしておくと良い。

    夏にはピッタリな野菜なので是非食卓に並べて食べて下さいね〜!

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 8月「今月の酒」 2018.08.01 クリック
    ヤッホーブルーイング「 水曜日のネコ 」

    ヤッホーブルーイング「 水曜日のネコ 」

    ヤッホーブルーイング「 水曜日のネコ 」

    今月の酒:ヤッホーブルーイング「 水曜日のネコ 」

    どうもスタッフです。 梅雨も明け、まだまだ暑さになれていない今月には「水曜日のネコ」を。

    ベルジャン・ホワイトエールというベルギー生まれの種類で大麦、小麦両方を使用し作られたこのビールはグラスに注いで飲む事をオススメします。

    グラスに注いだ時の青りんごのような香り、スパイスにオレンジピールとコリアンダーシードが入ることで爽やかで甘酸っぱい味わいがあり、苦みが少なくスッキリとした飲み口なので、これから暑さが増す時にはより一層美味しく感じるはずです。

    僕の身近では普段ビールを飲まない方や女性に人気のある銘柄。 飲み方のコツはキンキンには冷やしすぎずにグラスに注ぎこめば、淡く美しい琥珀色といい香りが広がり、のんびりとリラックスできるビールです。

    以前ご紹介した時にも言っていたように思いますが「水曜日のネコ」という銘柄ですが、水曜日のみならず飲みたくなる程、オススメです。 パッケージも愛らしい猫、プレゼントや差し入れにどうですか? お一人のリラックスタイムにも、皆さんでのお食事にもきっと華を添えてくれる事でしょう。

    では、程よいアルコールライフをお楽しみください。

    8月1日〜31日 特価・・・
    1缶(350ml)266円+税 ⇒ 250円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2018.08.01 クリック
    猛暑にも負けず実ってくれているトマトたち

    猛暑にも負けず実ってくれているトマトたち

    猛暑にも負けず実ってくれているトマトたち

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    連日の猛暑で、農園は「実りの場」から「危険地帯」になってしまったようです。

    そんな中ですが、夏野菜達は猛暑にも負けず、猛烈に実ってくれております。

    只今収穫最盛期を迎えている野菜は、キュウリとトマトで、キュウリは、8月前半迄、トマトは概ね8月いっぱいは続いてくれる見込みです。

    暑くなって元気なモロヘイヤと空芯菜は、いよいよ収穫が始まり、ジャガイモも在庫が熟成されて美味しいのがあります。

    7月の大スター‘枝豆’は、残すところあと2列となり、8月の第1週には終了となりそうです。

    現在畑は冬の種まきです。
    暑過ぎ雨無さすぎで不安ですが、きっと良いタイミングが来ると信じて雨待ちの日々です。

    <8月の出荷予定>

    大玉生食用トマト/大玉加熱/生食兼用トマト/大玉ソース向きトマト/カラフルトマトmix/キュウリ/ナス/翡翠ナス/薄皮丸茄子(小ナス)/枝豆/ジャガイモ/モロヘイヤ/空芯菜/オクラ/赤紫蘇/大葉/バジル/イタリアンパセリ/タイム/セージ/オレガノ/ローズマリー/ローリエ/ペコロス/ピーマン/ズッキーニ
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 8月号 2018.08.01 クリック
    正直村「 そうめん、ひやむぎ 」

    正直村「 そうめん、ひやむぎ 」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    正直村「 そうめん、ひやむぎ 」

    正直村「 そうめん、ひやむぎ 」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    群馬県産の小麦と胚芽を含んだ地粉で、昔ながらの製法を守って作られた、シンプルで風味豊かな麺です。

    今年の夏もすでに猛暑続きで、食欲も、ごはんを作る気力もなくなりますね^^;
    そんな時には簡単に作れて、つるっと喉越しもよい麺類でエネルギー補給しましょう。
    胚芽にはタンパク、脂肪、ミネラル、ビタミンが豊富に含まれています。
    ここに刻みネギや大葉、ミョウガ、胡麻など薬味をいろいろ加えれば、見た目も楽しく、栄養価アップです。

    今月の「スタッフのまかないレシピ」でご紹介した大葉ジェノベーゼソースと和えるのも、さっぱりしてオススメですよ。
    めんつゆ+刻んだトマト+オリーブオイル(又はごま油)の組み合わせも美味しいです。

    正直村「 そうめん、ひやむぎ 」

    ● 1袋 ・・・各200円(税別)

    線
  • 自然栽培 ー8月の百姓仕事ー 2018.08.01 クリック
    8月の百姓仕事

    8月の百姓仕事

    8月の百姓仕事

    『自然栽培 ー8月の百姓仕事ー 』
    < 佐藤さんの連載28回目 >

    年々、天候の暴れ具合が激しくなってきました。
    暑さが続き、川が干上がったり、
    かと思うと、バケツをひっくり返したような激しい雨が降ったり、
    ストーブが欲しいほど寒かったり。

    こんな時には水管理が稲の生育を左右します。
    稲がバテないよう冷たい水をかけたり引いたり、乾燥させたり・・・

    8月中旬には稲の穂が出ます。
    30℃〜35℃で花が咲いて実がなって、収穫量が決まる大事な時期です。
    ススキ、みょうが、夏水仙、ホップ、葦が勢いよく生い茂って・・・
    暑くて暑くて息もつけないくらいだけれど嬉しい暑さでもあります。

    盆が過ぎ、朝晩涼しい風が吹くようになる下旬には、稲は首を垂れます。
    こうなるとあと一ヶ月で、まわりは黄金色に染まります。

    お米定期購入者募集中!お申し込み用紙は <こちら>

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • 〜新連載〜 人のその道 第1回 2018.08.01 クリック
    人のその道 ぽかぽかのうえん
    京都府の田舎でゆっくりしませんか

    京都府の田舎でゆっくりしませんか

    京都府の田舎でゆっくりしませんか
    農家民宿 ぽかぽかのうえん代表 櫛田寒平さん

    農家民宿 ぽかぽかのうえん代表 櫛田寒平さん

    農家民宿 ぽかぽかのうえん代表 櫛田寒平さん

    「 人のその道 」〜新連載〜

    どうも・スタッフです。
    「その人を知ればその人が創り出す物事が見えてくる」と思いたち、今回から生産者さん達にお話を聞き生の声をお伝えしようと思います。
    第1回目は、京都府綾部の【農家民宿 ぽかぽかのうえん】代表 櫛田寒平さんです。

    【 新野(以下:新)】まずは簡単な自己紹介をお願いします。

    【 櫛田(以下:櫛)】櫛田寒平です。以前やさい村で働いていた元スタッフです。

    【 新 】ぽかぽかのうえんを始める経緯は?

    【 櫛 】2011年3月に起きた東北の震災がきっかけで東京を離れて田舎暮らしをすることにしました。

    【 新 】ぽかぽかのうえんのある京都府綾部はどんなところですか?

    【 櫛 】京都府北部にあり、小さな山々に囲まれた里山です。周りは田んぼばかりです。

    【 新 】一年を通して、どんな物(野菜/加工品)を作っていますか?

    【 櫛 】自家用にお米や野菜を少しずつ多品目栽培ていますが、出荷しているのは金胡麻、黒胡麻とよもぎ茶が主です。

    【 新 】寒平さんの胡麻、よもぎ茶はやさい村でも取扱っていますが人気あります。農業を始めて良かったと思う事と、大変だと思う事は?

    【 櫛 】自然のそばで暮らせること、天気次第なので、もどかしいこともあります。

    【 新 】そうですよね、対自然なので思い通りにはいかない本当に大変な仕事だと思いますが、その中で完成したご自身で作った商品でオススメの食べ方や頂き方を教えて下さい。

    【 櫛 】胡麻は10分ほど弱火で炒りおむすびやパン、クッキーなどに入れても美味しいです。

    【 新 】美味しそう!すぐに使える簡単な商品も沢山出回ってますが、自分で炒ったりするひと手間がより一層美味しくしますよね。農家民宿を始められましたけど、そこではどんな経験ができるのですか?

    【 櫛 】田舎暮らしを希望する方には細かな移住体験談や古民家での暮らし方を体験してもらい、参考にしていただければと思っています。あと季節に応じて、お米作りや野菜づくりの作業体験ができます。

    【 新 】最近は若い世代でも田舎暮らしや農業に憧れを持っている方も多くレンタル畑も人気があるので、移住体験と農作業は本場でのいい予行練習になりますね。農家民宿を体験した方に感じてほしい事とかありますか?

    【 櫛 】ゆっくりしていただければ幸いです。

    【 新 】話は変わりますが寒平さんは音楽もやられてますよね、どんな歌を歌われているんですか?

    【 櫛 】日々感じたことをアコースティックギターで歌にしています。

    【 新 】2017年に藤野で開催した「東アジア地球市民村」で各国の方を前に歌っている寒平さんをすごく覚えています。音楽をやっていて印象的な場面はありますか?

    【 櫛 】曲が出来た時がとても嬉しいです。

    【 新 】最後に今後のビジョンや夢を教えて下さい。

    【 櫛 】この小さな暮らしの中で小さな仕事を創造しながら、自然と共にゆっくり生きていければと思います。

    線

    質問に対してシンプルに返してくれる寒平さんには、自然と共に生きていくのはこれほどシンプルで良い事なのだなと思いました。

    胡麻やよもぎ茶はやさい村でも販売しています。
    ● よもぎ茶(30g)…556円(税別)
    ● 胡麻(50g)…各500円(税別)

    ぽかぽかのうえん よもぎ茶と黒胡麻・金胡麻

    ぽかぽかのうえん よもぎ茶、黒胡麻・金胡麻

    ぽかぽかのうえん よもぎ茶と黒胡麻・金胡麻

    ぽかぽかのうえんで移住、農業体験をしてみたい!
    田舎でゆっくりしたいという方は、是非ぽかぽかのうえんへ!!

    『農家民宿 ぽかぽかのうえん』代表:櫛田寒平
    〒623-0112京都府綾部市上八田町ヒシロ8
    Phone:0773-21-4188 / Email:pokapokafarm567@gmail.com

    農家民宿 ぽかぽかのうえん WEBサイト
    http://pokapokanouen.jimbo.com/

  • 「塩」いのちのふるさと[5] 2018.08.01 クリック

    ー自然塩復活運動を振り返るー 「塩」いのちのふるさと[5]

    さて前号で、谷さん達は塩の品質検査をするうちに、廃止された塩田で作られていた塩と、その後始まったイオン交換樹脂膜法で作られた塩がさほど大きな成分の違いがなく、さらに以前の時代に遡れば遡る程豊富なミネラルを含んだミネラル含有量の多い塩を作っていた事を発見したというところまで書いた。

    塩田廃止の政府側の裏事情は、当時全盛期だった石油化学などを始めとする化学工業の用地確保が理由だろうが、国民の健康問題より目先の金目当てで行ったのは確かだろう。
    しかし塩田廃止当時の消費者運動の主流は塩田の復活を求めていたものの、恐らく運動していた方々も長い目で見た塩の品質の変化までは気づいていなかったのだろう。

    品質調査を行ううちに新たな視点と結論が出た事になる。

    元来が学者肌の谷さんは、地球の生命発生と塩との問題まで考えを進めることになった。

    かつて火の玉のようにマグマの塊であった地球が、彗星などの接近などの歴史を経て長い長い年月をかけて水の塊である海が出来、雨などの水の循環によって地球上のあらゆる鉱物(ミネラル)がその中に溶け出して行った。

    そしてさらに長い長い年月を経て、様々なミネラルを含んだ原始の海の中に、我々地球生命の生みの親ともいえる地球上初めての原始生命が発生したと考えられている。

    それは、未だ動物にも植物にも進化していない単細胞生物であった。 現代の定説では、太陽光線の行き届く水深10メートル位の海底で発生したと考えられている。

    その原始生命が発生した時、現在の海より多少塩分は薄いが、ほとんど今の海と変わらないミネラルバランスの海が出来ており、その海無しには生命の発生は考えられない。 つまり、海が我々地球生命のいのちのふるさとであると言うことになる。

    当時、谷さん達の塩に対する視点は遠大で多くの人々の目を覚ます様な刺激があったので、多くの日本の先進的な学者の先生方が、谷さん達のこの自然海塩運動を注目した。

    その塩運動を応援した学者の中に発生学の三木成夫先生がいた。

    三木先生の研究は人間は母胎の中で受精してから生まれる迄に生命発生から人類として生まれる迄の何十億年という生命進化を全て体験して生まれてくるという発生学の研究であった。

    まさに卵子という単細胞生物が受精した瞬間から凄まじ程の細胞分裂が始まり、妊娠中の十月十日の間にある時は魚類、ある時両棲類、爬虫類、哺乳類など何十億年に渡る生命進化を全て経験して最後に人間の胎児として誕生するというものであった。

    この三木先生の研究も他に追随を許さない壮大な研究であった。

    そして、これは最も重要なことになるが、その母胎が摂取する「塩」とは、生命が発生した条件を作り出せるような自然海塩であることが大変重要な要素であるという事も三木先生は力説されていたのだ。

  • 7月号のご挨拶 2018.07.02 クリック

    皆さまこんにちは!おかわりなくお過ごしでしょうか?さて7月というといよいよ夏本番ですね。
    ジメジメとして湿気の多い季節から、急に気温が上がったりしますので体調管理には気をつけてお過ごしくださいね。
    梅干しを漬けた方は、土用干しのタイミングを逃さない様にしましょうね。
    もう、やさい村には吉田さんの赤シソが入って来ていますよ〜!梅干し、ゆかり、夏に最高のシソジュースです。

    ところで、田植えの終わった佐藤さんから「もうそろそろお米のストックが無くなるよ」と連絡がありました。えっ!もう?大変!
    という事で、定期購入の皆さんと連絡を取ったのですが、皆さまササニシキの定期購入の方は家族内にアトピーなどの症状を持っている方が多く、やはりササニシキが良いという希望が多くありましたので今回は宮城県で自然栽培米を生産している方にお願いして、佐藤さんの新米が届くまでそちらに切り替えてお届けすることになりました。
    なお定期購入の方はこの変更で価格の変更はありませんが、店頭販売の方は価格が変わります。

    また、今回のお米の件で佐藤さんと連絡を取り合う中で、佐藤さんの自然栽培に取り組む中での問題が浮かび上がって来ました。
    それは、長年の自然栽培を続けている田んぼの稲の収量が落ちて来ているという事です。
    長年有機栽培も取り組まれた佐藤さんからは、「少しでも有機質のある肥料分を入れてあげれば収量は上がると思うんだけど、全くの無肥料だとやっぱり収量が落ちて行くんだよなぁ〜」との深刻な話。
    もう36年も、お米の価格は変わっていないのに収量はどんどん落ちて行くとなると、これは本当に厳しそうです。

    佐藤さんは本当に自然栽培にしっかり取り組んで来てくれていて、しかも他の自然栽培のお米と比べると値段は破格とも言える良心的な価格です。また、息子さんが本格的に他の仕事を辞めて田んぼに関わり始めてくれたところで後継者問題もクリアー出来ているのに、これは厳しい問題です。「この様な状態だと息子にやれって言えないんだよなぁ」という深刻な話。

    やさい村としては、自然栽培の田んぼの循環サイクルに他の農家さんがどんなやり方をされているかの情報を集めて佐藤さんに情報提供することと、値上げをお願いしようと思い切り出しましたが、とりあえず今年1年価格はこのままでやってみるよとのお返事でした。

    でも私達、本当に大変な事を佐藤さんにお願いしているのかもしれませんね。佐藤さん達に貴重なお米を作り続けて頂く為にも皆さまにもご協力をお願いすることがあるかもしれません。また、無肥料・自然栽培の循環サイクル作りの情報などもし耳寄りな情報がありましたらやさい村にお知らせお願いいたします!
    また、昨年から佐藤さんの自然栽培のDVDを製作中ですので、私達が頂いているお米が出来るまでとその背景の思想を知る事が出来ます、乞うご期待ください!

    (村長大友)

  • 7月イベントお知らせ 2018.07.02 クリック

    イベントのお知らせ

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    7月5日(木)・7日(土)
    線

    「 コピス吉祥寺 GREENINGマルシェ 」<やさい村出店>

    日 時
    7月14日(土)〜15日(日)10:00~17:00(雨天決行)
    場 所
    コピス吉祥寺 A館1階(屋根付き中通路)

    ◎地場野菜を中心に全国の美味しい野菜、(調味料・自然塩・天然茶etc.)
    他ではなかなか見られないこだわりの商品をお持ちします!
    ◎2日間実施(雨天決行)

    線

    やさい村 10%OFFセール & デモ販

    日 時
    7月20日(金)〜21日(土)
    場 所
    やさい村

    20日 デモ販:「陰陽ライフ」「まめや(試食のみ)」
    ※セールには一部除外品があります。

    線

    「第五回 東アジア地球市民村 報告会」<アースウェーブ(村長バンド)ライブ有り>

    日 時
    7月22日(日)14:00〜17:00
    場 所
    沙羅舎B1階(三鷹駅南口より徒歩5分)
    参加費
    自由カンパ

    東アジアの市民レベルの直接交流の場が作られ始めた。中国、台湾、韓国、日本などの環境運動グループや、交流に興味がある個々人などの参加で回を重ね、様々なテーマで情報交換が出来るオープンで楽しい貴重な場です。

    *Facebook→「東アジア地球市民村」で検索♪

    線

    獏原人村「満月祭」<やさい村出店:28日>

    日 時
    7月27日(金)~30日(月)10:00~17:00(雨天決行)
    場 所
    獏原人村(福島県双葉郡川内村下川内バク502)

    *Facebook→「獏原人村 満月祭」で検索♪

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    7月4・11・18・25 日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    7月6・13・20日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    7月12日(木) 20:00~21:30
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線
  • 7月「今月のおすすめ旬野菜」 2018.07.02 クリック
    きゅうり

    7月の旬野菜:きゅうり

    きゅうり

    今月のおすすめ旬野菜:「 きゅうり 」

    やっぱり暑い夏になるときゅうりが欲しくなりますね〜
    このきゅうり、原産地はインド・ヒマラヤ地方。
    日本に伝わったのは平安時代。
    その当時は黄色に完熟したものを食べていたようです。

    胡瓜と書くその「胡」とはシルクロードを通って伝わって来たという意味を表しています。
    きゅうりの旬は6月が走り、7月が盛り、9月が名残りとなります。

    走りは水分が多く、あっさりと、青くさく。
    名残りは皮が張り、種が大きくなり、甘みが増します。

    きゅうりはカリウムを多く含み、ビタミンAのβカロチンが多く、食養理論から行くと適度な塩気を加えて中庸に保って食べる工夫が必要です。

    料理法は塩を振って生での丸かじりから、もろみ味噌を付けてもろきゅう、サラダ、きゅうり揉み、酢の物、キムチ、ぬか漬けなど。
    また、油で加熱しても美味しく、中華風の炒め物、ラタトィユ、ナス、ピーマン、とうもろこし、オクラ、ミョウガなどとの炒め物なども、スープなども美味しい。

    きゅうりは切り方によっても様々な食感や見た目に変化するので輪切りだけでなく、蛇腹や王冠切り、乱切り、千切り、拍子木切りなどで料理の食感を楽しもう!

    若杉さんの教室では陰性な野菜を陽性化して食べる様々な調理法を学びますがまな板の上に塩を振ってその上できゅうりを丸のままゴロゴロ押して水分を出して陽性化させたりしますが、水分を適度に抜いたきゅうりは甘みもましてさらに美味しくなります。

    料理の一工夫は家族の体調管理に直接影響しますので是非しっかり学んでマスターして活用しながら後世に伝えて頂きたいと思います。

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 7月「今月の酒」 2018.07.02 クリック
    「こしひかり越後ビール」

    「こしひかり越後ビール」

    「こしひかり越後ビール」

    今月の酒:「こしひかり越後ビール」

    これから夏本番を迎える今月の酒は、このビールをオススメします。

    材料には新潟産コシヒカリを使用し、熟練した経験と時間と手間をかけるドイツのデコクションという伝統製法で作られる事により素材の本来の風味と旨味を味わえます。

    飲んだ感想は「美味い!」
    味はあっさりしていて他のクラフトビールより飲みやすくスッキリ喉越しも良いので、グビグビ何本も飲んでしまいそうです。
    味のイメージとしては一般的な日本のビールに近い感じで、クラフトビールが苦手な人でも飲みやすいと思います。
    また、米どころならではのビールという感じで後味にビールの苦みと米の甘みがふわっと感じました。

    比較的どんな料理とも相性がよく天気のいい日に外で飲みたくなるようなビールです。皆様もお得期間中に是非お試し下さい。

    では、適度に楽しいアルコールライフをお楽しみください。

    7月1日〜31日 特価・・・
    1缶(350ml)265円+税 ⇒ 250円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2018.07.02 クリック
    枝豆

    枝豆

    枝豆
    収穫した枝豆

    収穫した枝豆

    収穫した枝豆

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    梅雨でムシムシの季節が来ました。
    畑の土も水分を蓄えて、土が重いので鎌もよくきかず、草もこれ幸いとばかりに元気いっぱい発生しております。
    野菜は、いよいよ収穫期です。ナスもキュウリもシソもジャガイモも枝豆も収穫を迎えました。

    さて今回は「枝豆」の美味しい食べ方です。

    <枝豆・・・1p / 鍋にたっぷりのお湯 / 塩・・・3つまみ>

    ● 豆をバラす
    ① 一つ一つ豆をもぎ取る方法
    ② 枝をハサミで2cmくらいに切ってふさ状にバラす方法
    がありますが、私は ② が好きです。

    ● 沸騰したお湯にバラした豆を一気に入れて、沸騰2.5〜3分茹でる。(時間が短いと香りが強く歯ごたえがあり、長めだと甘みが強く柔らかく、茹ですぎると色が悪く薄らボンヤリ味になります)
    ● ザルで湯を切り、冷水で一気に冷やす。
    ● 熱が取れた枝豆をボウルに入れて塩3つまみ加えて馴染ませる。

    いわゆる茹で枝豆ですが、友人をもてなす場合には「枝豆のラフレシール(茹でて冷やす)」と高級っぽく言ってビビらせてやりましょう。

    もう一つ <氷枝豆>

    ● 3〜4分茹でて冷やす。
    ● 枝豆を殻から外して、出来るだけ水が入らないようにジップロックに入れ、出来るだけ重ならないように平らに冷凍庫で凍らせる。
    ● 凍ったらほぐす。解凍せず凍ったまま食べても、料理に加えても大丈夫。汎用性の広い上、2ヶ月後でもそのまま食べられます。

    <7月の出荷予定>

    枝豆/キュウリ/ナス/色々トマト/インゲン/紫蘇/モロヘイヤ/式部草/ジャガイモ/玉ねぎ/空芯菜/バジル/オレガノ/フェンネル/ツルナ
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 7月号 2018.07.02 クリック
    ゼンケンから新発売!「スリム温冷風扇 HEAT&COOL」

    ゼンケンから新発売!「スリム温冷風扇 HEAT&COOL」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    ゼンケンから新発売!「スリム温冷風扇 HEAT&COOL」

    ゼンケンから新発売!「スリム温冷風扇 HEAT&COOL」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    「送風」「涼風」「温風」「加湿」の1台4役で、オールシーズン使える温冷風扇です。
    夏は「涼風」で気化熱を利用した自然な涼風で体を冷やし過ぎません。
    冬は「加湿&温風」で加湿しながら本格ヒーターでうるおい加湿暖房で快適。
    25×29×高さ67cmとコンパクトサイズなのも魅力です。

    この夏やさい村でもレジ前に設置したところ、本当に風がひんやり心地よくて大活躍です(≧∀≦)
    ちなみに冷風扇を使う時のコツは、気化式のため湿度が上がるので、部屋を締め切らないことです^ ^

    ゼンケンから新発売!「スリム温冷風扇 HEAT&COOL」

    ● 希望小売価格 ・・・21,000円(税別)

    線
  • 自然栽培 ー7月の田んぼ仕事ー 2018.07.02 クリック
    7月の田んぼ仕事

    7月の田んぼ仕事

    7月の田んぼ仕事

    『自然栽培 ー7月の田んぼ仕事ー 』
    < 佐藤さんの連載27回目 >

    梅雨が開けたら、それはそれはもう、暑くなります。
    野イチゴと鮎と山百合とクズの花と蜘蛛と夕焼けと・・・汗だくの、暑い夏。
    その暑さで、伸びる伸びる稲。
    その前に、田んぼの草取りを終えたいのです。

    肥料を与えない田んぼですが草だけは旺盛です。
    敵ながらその見事さに感服しながら、取りきれない草と格闘します。
    花を咲かせるまでの一ヶ月あまり、
    思いっきりどんどんと大きく育ってほしいのです。

    川の氾濫を気にしながら、草刈り・草取り・水管理の毎日で、
    注意深く稲を見守ります。

    お米定期購入者募集中!お申し込み用紙は <こちら>

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • 奇跡のさすらいインド旅 〜 最終回 〜 2018.07.02 クリック
    セレモニーの様子1

    セレモニーの様子1

    セレモニーの様子1
    セレモニーの様子2

    セレモニーの様子2

    セレモニーの様子2

    チャーリー宮本の
    「奇跡のさすらいインド旅」〜最終回〜

    さまざまな人と天の助けを借りて、さあいよいよマハトマ・ガンディーセレモニー当日がやって来ました!
    Nation of the Farther 国家の父と呼ばれ、インドをイギリスから独立に導いたガンディー。その独立とアヒムサ(非暴力)の象徴はチャルカ(糸車)。
    機械に頼るのではなく、自らの肉体を使って紡ぎだす糸とチャルカはまさに平和の象徴です。
    青空と白い雲。会場となるデリーのガンディースミリティの庭には噴水が涼し気です。
    子供たちがチャルカで一時も手を休めず、集中を途切らせることなく糸を紡いでいます。その横にはインド各地から集まった子供たちの合唱隊。インドの誰もが知っている歌を次々と歌っていきます。

    いよいよ僕の伴奏から始まる子供たちの歌とのセッションです。会場にはモディ首相をはじめとする要人たち、インドの国営放送のカメラ、何千という観客、緊張の一瞬…!でも、あっという間に最後の曲。笑

    演奏が終わると、なんとモディ首相がステージに進み、プレイヤー 一人一人と握手をし始めました!
    そして、僕の所にも!! 意外とふっくら温かい手にホッとしました。

    Dreams come true まさに夢が現実となった瞬間。神々、仏さま、遠い過去から現在に至るすべての出来事、あらゆる人に支えられて、良いも悪いも超えて今この瞬間があるのだと、思わず手を合わせずにはいられませんでした。これからも今しか出逢えないさまざまな奇跡の一瞬一瞬を、僕に与えられた音楽を通して深く味わって生きて行きたいと思います。

    − 合掌。こころある旅人へ・・・

  • 「塩」いのちのふるさと[4] 2018.07.02 クリック

    ー自然塩復活運動を振り返るー 「塩」いのちのふるさと[4]

    私が谷さんや阪本さんと出会った頃は彼らの活動体は「自然塩調査会」という名称だった。
    谷さんは元々立命館大学で基礎物理を学び、食養法を知った事からマクロビオティックの提唱者の桜沢如一先生と出会い、桜沢の原子転換の研究チームの最後のメンバーとして参画した。

    桜沢先生は現代の物質文明の自滅と崩壊の危機を危惧しており、この物質文明の根幹を成している原子レベルでの思想革命が必要で、その突破口となる研究が原子転換の研究だと考えていた。
    またフランスの研究者ルイ・ケルブラン博士とも様々な研究を通じて親交を深めて行った。

    又、桜沢氏は食養普及の立場からも「塩」を最も重要視して、日本の食塩の品質悪化を何とか食い止めたいと考えていた。

    その桜沢氏に共感して原子転換の研究を進めたい谷さんだったが、とりあえず日本の塩の品質悪化を防ぐために塩業近代化法によってそれまでの流下式塩田が廃止され、代わって登場したイオン交換樹脂膜法によって作られ始めた塩の品質調査を行い、又日本各地で塩の伝統製法を残している製塩場を実地で歩いて調査を行っていた。

    しかしその当時既に全ての塩田は新法に寄って公的には全て廃止され、古式製法が公に残されていたのは伊勢神宮の御塩田神社の塩田と能登にある観光用の揚げ浜製塩の塩田のみとなっていた。

    そこで谷さん達は、イオン交換法によって作られた塩とそれ以前に行われていた流下式塩田で作られた塩の成分の比較実験を行い、また能登の揚げ浜式製塩法によって作られた塩との比較実験を行いその成分の比較を行ったところ、流下式塩田とイオン交換の塩とでは大きな成分の違いがない事が分かったのだ。

    また、古式の自然製法による塩には、当時の流下式塩田やイオン交換樹脂膜法によって作られた塩とは桁違いで豊富なミネラルが含まれていたのだ。そしてそれは塩業を遡るほどミネラルが豊富な塩を作っていた事が分かったのである。

    つまり、塩業が続くうちに塩作りの技術がどんどん発展した結果、精製度合いが高くなって行ったという事実が判明し、ただ単に塩田を復活することが良いのではなく、この精製の過程で失われて行った様々なミネラルを多く含んだ、命の発生を可能にした母なる海のミネラルバランスを持った塩を復活させなければならないとの結論に至ったのである。

    つまり自然海塩を作る「塩」運動とはただ塩づくりをひと時代前に戻すのではない、根本的な生命観の思想革命運動であると気づいたのだ。

  • 6月号のご挨拶 2018.05.31 クリック

    皆さまお元気でいらっしゃいますか!?
    いやいや、もう6月号なんですね。

    今年も半分過ぎそうですよね〜 今年こそと願をかけた方は、上手く目標達成に近づいていますでしょうか?
    五月病などと言われないように、気を引き締めて後半戦の準備をして行きましょう!

    6月は梅の季節、梅酒や梅シロップ、梅干しを作ってこれから迎える夏を元気に乗り切っていく準備と仕込みの大事な時期になります。
    去年作ったのがまだあるからなどと言わずに、しっかり今年のものを作りましょうね。
    10年経った10年物の梅干しなどは、市販のものでも1個1,000円もするものだってあるんですから、せっかくなら超こだわりの無農薬の梅を超こだわりの天然海塩や、最高の焼酎などを使って最高のものを作りましょうよ!

    6月2日(土)「梅酒&梅シロップ」、6月17日(日)「梅干し」作りの教室がありますので、是非あなたも参加しましょうよ!
    梅や塩などの素材を注文して、自分の作りたいだけその場で作って持ち帰ることも出来ますからね。 我が家のものは、世界最高!
    そんな手作りのものを作って、豊かに過ごしたいですよねー!先生の経験豊富な貴重なお話もバッチリ役に立ちますよ!!

    「食といのちの学校」
    梅酒&梅シロップ作り教室 詳細ページ →
    梅干し作り教室 詳細ページ →

    (村長大友)

  • 6月イベントお知らせ 2018.05.31 クリック

    イベントのお知らせ

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    6月2日(土)・7日(木)
    線

    第20回「はつかり感謝祭」<やさい村出店>

    日 時
    6月3日(日)10:00~16:000
    場 所
    初雁木材有限会社(埼玉県朝霞市膝折町3-4-40)
    入場料
    無料

    *モノづくりのワークショップも開催♪

    線

    「 コピス吉祥寺 GREENINGマルシェ 」<やさい村出店>

    日 時
    6月16日(土)〜17日(日)10:00~17:00(雨天決行)
    場 所
    コピス吉祥寺 A館1階(屋根付き中通路)

    ◎地場野菜を中心に全国の美味しい野菜、(調味料・自然塩・天然茶etc.)
    他ではなかなか見られないこだわりの商品をお持ちします!
    ◎2日間実施(雨天決行)

    線

    武蔵境「 ond 1周年クラフトマーケット 」<やさい村出店>

    日 時
    6月23日(土) 11:00~17:00
    場 所
    武蔵野市境南町3-2-13 Ond内(武蔵境駅下車、高架下・線路沿いを東小金井方面へ徒歩5分)

    ※村長バンドライブもあります♪
    ◎詳細はFacebookやさい村 店頭にてご確認ください。

    線

    三鷹「エコマルシェ」<やさい村出店>

    日 時
    6月24日(日) 13:00~17:00
    場 所
    三鷹駅前通り商店街 Mマルシェ内

    線

    やさい村 10%OFFセール & デモ販

    日 時
    6月29日(金)〜30日(土)
    場 所
    やさい村

    29日 デモ販:ゼンケン
    ※セールには一部除外品があります。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    6月6・13・20・27 日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    6月1・8・15・22日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    6月21日(木) 20:00~21:30
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線
  • 6月「今月のおすすめ旬野菜」 2018.05.31 クリック
    さやいんげん

    6月の旬野菜:さやいんげん

    さやいんげん

    今月のおすすめ旬野菜:「 さやいんげん 」

    さて6月に旬を迎える野菜の筆頭に挙げられるのがこの「さやいんげん」だ。

    原産地は遠くメキシコ〜中央アメリカ。
    その後ヨーロッパ→中国を経て江戸時代になって日本に渡来した。
    当時渡来した明の高僧、隠元禅師の名前からとられて「いんげん」と呼ばれるようになったと言われている。

    先ず食べ方だが、いんげん豆の未成熟なものを食べる。
    日本では5月後半、沖縄から始まって九州など徐々に北上して行く。

    走りの時期は皮が薄く柔らかく、独特の青くささがあり。季節が進み名残りの時期は、豆が膨らんでさや全体がしっかりと張って来る。

    柔らかい走りの時期は手で折ってサッと塩ゆでして、素早く冷まして、醤油をたらして頂くのが最高!

    豆が膨らんで硬くなってきたら、茹で時間を長めにする。

    また名残り時期の少し硬くなって来たものは斜めに切ってごま油でサッと炒めて食べると、ごまの油が食欲をそそる。

    天ぷらはどの時期でもOK!

    6月〜9月と割と長い時期出来、きゅうり、ピーマン、じゃがいも、などの夏野菜との組み合わせ料理が合う。煮物などにも用いられる。

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 6月「今月の酒」 2018.05.31 クリック
    「天鷹酒造 有機純米 天鷹スパークリング生酒」

    「天鷹酒造 有機純米 天鷹スパークリング生酒」

    「天鷹酒造 有機純米 天鷹スパークリング生酒」

    今月の酒:「天鷹酒造 有機純米 天鷹スパークリング生酒」

    どうもスタッフです。
    今月の酒には栃木県大田原市の天鷹酒造で造られている、有機純米・天鷹スパークリング生酒をご紹介致します。

    最低でも酒米として使われる前、2年間は無農薬・無化学肥料を実践してきた田んぼのお米しか使用せず、日本/アメリカ/欧州でオーガニック認証を受け「美味しい・安心・楽しい」をこだわりに、酒造りを行っています。

    やさい村でも天鷹有機純米酒には多くのファンがいらっしゃいますが、今回はスパークリングです。

    瓶内で二次発酵し自然炭酸ガスの微発砲が蒸し暑い時期には心地よく、すっきりとした飲み口でやや辛口のお酒なのでよく冷やしてお飲み頂くのがオススメです。

    日本酒が苦手な方でも飲みやすいタイプだと思うので是非お得期間中に試してみて下さい!

    ただ開封時に噴き出す可能性があるので、飲みたい気持ちを抑えつつゆっくり開封してくださいね^^

    6月1日〜30日 特価・・・
    1本(720ml)1,450円+税 ⇒ 1,300円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2018.05.31 クリック
    枝豆の本場 山形の種屋さんがオススメする茶豆

    枝豆の本場 山形の種屋さんがオススメする茶豆

    枝豆の本場 山形の種屋さんがオススメする茶豆
    農園では夏、秋に向けた準備が着々と進んでおります。

    農園では夏、秋に向けた準備が着々と進んでおります。

    農園では夏、秋に向けた準備が着々と進んでおります。

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    カレンダーがもう半分になってしまいそうです!
    気づけば夏がもう目の前ですね。
    農園では夏、秋に向けた準備が着々と進んでおります。

    生え付きや生育を見ていると、どうやら今年はジャガイモがとても調子が良さそうです。
    その向こうのサツマイモは、まだ植えたてなので、まだまだ先は見えないのですが、またこの秋冬に甘さ爆発の焼き芋になってくれることでしょう。

    果菜類では、今年はキュウリが少し遅れそうですが、枝豆の量は昨年より2倍強蒔きましたので沢山採れる予定です。

    因みに収穫後半の枝豆は、枝豆王国 ‘山形’ に聞きに行って買ってきた本場の種屋さんがオススメする茶豆です。
    農園ではかれこれ5〜6年ぶりの茶豆です。

    他夏野菜達も今のところ順調に成長してくれてます!

    <6月の出荷予定>

    枝豆/インゲン/ズッキーニ/紫蘇/ツルナ/サラダmix/ハーブ類
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 6月号 2018.05.31 クリック
    ボディクレイ「ねんどのハミガキ」

    ボディクレイ「ねんどのハミガキ」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    ボディクレイ「ねんどのハミガキ」

    ボディクレイ「ねんどのハミガキ」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    粘土(ベントナイト)は、すぐれた吸着力を持つので、肌の洗浄だけでなく、歯や口腔内の洗浄にも最適。
    せっけんや研磨剤なしでも口腔内全体の汚れをしっかり取り除きます。
    エナメル質を傷つけることもありません。
    磨いた後は歯がツルツルに!

    この粘土は、約800度という高温で溶けた地下の岩石(マグマ)が、火山の爆発で火山灰となり、海底に降り積もって1000万年をかけて、粘土に変身。
    その中の主成分である「結晶(モンモリロナイト)」が強いマイナスに帯電しているから、水を吸いこむ力が強く、同時に、汚れも吸い込んでくれるのです。

    国産の粘土を100%活かした「ねんどのハミガキ」を、ぜひお試しください。

    ボディクレイ「ねんどのハミガキ」

    ● 1本(100g) ・・・1,050円(税別)

    線
  • 自然栽培 ー6月の田んぼ仕事ー 2018.05.31 クリック
    6月の百姓仕事

    6月の百姓仕事

    6月の百姓仕事

    『自然栽培 ー6月の百姓仕事ー 』
    < 佐藤さんの連載26回目 >

    5月末から始まった田植えは、6月に入っても続いています。
    この辺りでは遅い田植えですので、少し焦りながらせっせと作業を進めます。
    機械での田植えが終わると、今度は手で「すまっこ植え」や株の抜けたところなどの補植を行い、箱洗いや片付け、後始末でやっと田植えの終了となり、やれやれです。

    それから、神様にモチを上げ「さなぶり」と呼ばれるお祭りを行い、仕事の安全と豊作の祈願を行います。百姓家にはなにかと、神様がいっぱいいらっしゃいますので。

    そうしているうちに、息つく暇もなく、田んぼには 草”が生えてきます。
    7月中旬まで、草取りと草刈りに追われます。
    肥料もしない田んぼでも、草だけは勢いよく伸びてきます。
    悔しくも、稲にではなくその草の見事さに感心したりして・・・。

    夕暮れ時、気持ちのいい風に、ほーと息を吐いて一日の仕事を終えます。

    お米定期購入者募集中!お申し込み用紙は <こちら>

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • 奇跡のさすらいインド旅 〜 9 〜 2018.05.31 クリック
    「C」のラーガBhoopaliを演奏している様子

    「C」のラーガBhoopaliを演奏している様子

    「C」のラーガBhoopaliを演奏している様子

    チャーリー宮本の
    「奇跡のさすらいインド旅」〜 9 〜

    何が起こるかわからないのがインド!(笑)
    その予測できないミラクルさは、神さまの慈愛に満ちたギフト。
    インドに来るたびに、大いなるものによって動かされていることを感じます。

    突然マハトマ・ガンディーのセレモニーで、子供たちの歌と一緒に参加することが決まったのは、なんと8日前!まさに奇跡。政府主催のイベントがいとも簡単に変えられる柔軟性が、インドを支える力なんだと実感。インド中に溢れるエネルギーの源を垣間見たような出来ごとでした。

    ガンディーの事務所にまるで拉致されたかのように(笑)2日後にはマハトマ・ガンディーとともに活動し、日本との関わりも深いチャンドラ・ボース氏のメモリアルでの演奏。
    その翌日からはガンディーのセレモニーに向けて、毎日のように子供たちとリハーサルが始まりました。

    僕のスワルマンダルのチューニングは本来なら「D」ですが、子供たちの合唱に合わせるためにチューニングを変えることになりました。
    48本の弦をどのラーガ(音階)に合わせたらいいのか、ラジャスターンのバナスタリー大学からデリー大学教授となった、友人で天才的なシタール奏者ゴパールさんに助けを求めると、翌日授業が終わった後にお寺に駆けつけてくれました。音階は「C」のラーガBhoopaliへとあっという間に合わせられて…友人の存在の有り難さが身にしみます。

    困った時に、いつも手を差し伸べてくれる友人の存在に手を合わせました。考えてみれば日本山妙法寺デリー道場とのご縁のきっかけも彼!!
    仏さまのお計らいは素晴らしい〜♪

    − 合掌。こころある旅人へ・・・(つづく)

  • 「塩」いのちのふるさと[3] 2018.05.31 クリック

    ー自然塩復活運動を振り返るー 「塩」いのちのふるさと[3]

    僕が生まれたのは1948年、その当時には色々なお店の軒先には「塩」と書かれた濃紺色の金属製の看板が掛かっていた。

    ひょっとしたら、今でも田舎の昔からの商店には今でもお店のどこかに掛かってありそうな。

    多分、僕らと同年代の人達には、お馴染みの商店の懐かしい風景でもあるのかと思うが、実はこの塩がとんでもない塩紛いの「塩」だったのだ。

    また、僕らが通っていた学校では、理科の先生からは「塩」= Nacl と教わったのでした。
    塩は = 塩化ナトリウムと書かないと試験も×でした。しかし、知れば知るほどこれは間違っています!しかも、国家ぐるみでの事実歪曲、そして洗脳教育を行っていたのです。

    海水を分析すれば100種類近い元素が検出されます。
    つまり地球のあらゆる元素が海に溶け出した、まさに地球でしか出来ない海という存在の中で、初めての単細胞生物という地球生命が誕生した、その生命を発生させた母親が海という存在だったのです。

    その海の結晶が塩であり、決して塩化ナトリウムと言うような、単一元素の結晶体ではありません。

    おそらく今でも多くの人が、塩 = Nacl(塩化ナトリウム)と思い込んでいるのではないでしょうか?

    この自然塩運動が始まった頃に、国の専売公社で発売していた塩と、当時専売法の枠内で輸入された原塩と輸入されたニガリを混ぜて炊き直した、当時の自然塩を希釈して海水に近い濃度の塩水を作ってその中にアサリ貝を入れた実験では、自然塩を希釈した塩水の中のアサリは活発に活動するのに比べて専売公社の塩で作った塩水の中のアサリはほとんど殻を閉じて活動しようとはしませんでした。
    いかに自然環境と違うかアサリ貝は身をもって教えてくれたのです。

    同じく、塩を同じ濃度に薄めた水槽に金魚を入れた実験では、専売公社の塩水に入れた金魚は早く死んでしまいました。

    このような生物実験でも明らかに違いは歴然と証明されたのですが、今でもこの専売公社の塩は多くの食品や加工品に使われています。

    生命は海から発生し、しばらくは海の中でしか生きられませんでした。

    しかしやがて陸上にも生活領域を広げ陸上でも暮らすように進化して行くのですが、陸に上がっても、身体内には血液、体液というように塩分濃度を保って、体内に海を内蔵する形態に変化して行ったのです!

    さて、そこで皆さんに考えてもらいたいのですが、我々にとって、生命にとって、本当に必要な塩とは、どんな塩なのでしょうか?

    塩化ナトリウムなのか? はたまた様々な微量元素が豊富に含まれている自然塩なのか?

    塩には色々な塩がありますが、やはり最高の塩とは生命を生み出したその海を自然結晶させた塩、わたし達が「自然海塩」と呼ぶ天然の海塩、しかも天日乾燥で出来たものが最高の塩であると自然海塩運動の祖である谷克彦さんが力説されていましたが、私もそう思います!

  • 5月号のご挨拶 2018.05.01 クリック
    太極拳の様子

    太極拳の様子

    太極拳の様子

    皆さまこんにちは、お元気でしょうか?
    桜が散って、今や新緑の季節ですね。様々な緑の葉の色が実に美しく、公園や野山に出かけて行きたくなりますね〜

    私としては、4月の頭に風邪をひいて、花見も中止、久々に39度近い熱を出して、全身の関節が痛くて、やっと熱が引いた後も一週間以上体調が戻らず、2週間近く仕事から帰ると家で寝込んでました。

    その間、食べたかったものはお粥の上澄みの、重湯と梅干しでした。
    まあ、そのお陰で、体重も落ち、顔もちょっと細くなってなんか身体がとっても浄化された感じがしています。
    心の靄も少し払われた感じで、若い時に体験した宇宙的な覚醒体験がリアルに蘇って来てなんだか、ありがたいと思いました。
    たまに、こんなかたちで、何年ぶりかの浄化が起るんですねー
    自然界も様々な命が一斉に芽吹く季節なので、毒出しを上手にして、身も心も軽くなってサラサラと流れる様に生きて行きたいものですね。

    そうそう、風邪の治り終わりの頃は、無性に春の山菜が食べたくなり、ふきのとう味噌を作ったり、たけのこの煮物を作ったり、ワラビのお浸しや、ふきのとうやユキノシタの天ぷらを揚げて食べてました。

    このところは、やっと体力も回復してきて太極拳が楽しくなっています。
    太極拳も、手技もそうですが、結局表面の形しか教えられません。大事なところはその中身である意識ですね。
    この意識は、それぞれの人が完成させていくものですが、それぞれの人の数だけ宇宙が存在するという事です。
    一人一人の意識と感受性が豊かになればなるほど素晴らしいものが出来上がって来ます。

    そういう意味では、いつだって私たち一人一人が創造者です、とてつもない奇跡を重ねてこの世に生を受けて来て、ひと時の休みもなく応援されているのですから、宇宙の愛に応えるべく、調和した素晴らしい意識でありたいものです。

    やさい村には春を迎えた沢山の大地の恵みが溢れて来ています。色とりどりの野菜たちに出会うたびにありがたいな〜と思います!

    (村長大友)

  • 5月イベントお知らせ 2018.05.01 クリック

    イベントのお知らせ

    「 ゴールデンウィーク やさい村 店舗休み 」

    日 程
    5月3日(木)〜6日(日)
    線

    武蔵境「 クラフトマーケット 」<やさい村出店>

    日 時
    5月5日(土) 11:00~17:00
    場 所
    武蔵野市境南町3-2-13 Ond内(武蔵境駅下車、高架下・線路沿いを東小金井方面へ徒歩5分)

    ※村長バンドライブもあります♪
    ◎詳細はFacebookやさい村 店頭にてご確認ください。

    線

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    5月10日(木)・12日(土)
    線

    「 コピス吉祥寺 GREENINGマルシェ 」<やさい村出店>

    日 時
    5月19日(土)〜20日(日)10:00~17:00(雨天決行)
    場 所
    コピス吉祥寺 A館1階(屋根付き中通路)

    ◎地場野菜を中心に全国の美味しい野菜、(調味料・自然塩・天然茶etc.)
    他ではなかなか見られないこだわりの商品をお持ちします!
    ◎2日間実施(雨天決行)

    線

    やさい村 10%OFFセール & デモ販

    日 時
    5月25日(金)〜26日(土)
    場 所
    やさい村

    25日 デモ販:天然酵母のパン「ぴすとーれ」
    ※セールには一部除外品があります。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    5月2・9・16・23・30 日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    5月4・11日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    5月10日(木) 20:00~21:30
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 - ママクラス - 」<お昼の講座第22回目> 村長大友の教室紹介

    日 時
    5月21日(土)13:00~15:00
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線
  • 5月「今月のおすすめ旬野菜」 2018.05.01 クリック
    ふき

    5月の旬野菜:ふき

    ふき

    今月のおすすめ旬野菜:「 ふき 」

    ふきは日本各地に自生しており、栽培物と自生した天然物がある。
    ふきの原産地は日本、朝鮮半島、中国。

    ふきのとうが枯れると程なくしてふきの葉が生えてくる。

    走りの時期は水分も多く、葉も食べられるが、名残りの時期のものは太く筋張って苦味も強くなり、葉は食用には向かなくなる。

    ふきはアクが強いので、少し多めの塩か藁灰を使ってアク抜きする。
    アクの弱い春先のふきは塩をひとつまみ入れたっぷりのお湯で茹で、冷水にさらしてから皮を剥いて使う。
    晩春のふきは米のとぎ汁で、又夏のものは藁灰でアク抜きして数時間水にさらす。葉は、3〜4回煮出してからさらす手間がいる。

    ほろ苦い独特のふきの香りは、まさに春の香りだ。
    日本伝統の発酵調味料の、醤油や味噌、酢などとの相性が良く、懐かしいふるさとの味やおふくろの味に仕上げて食べてみたい。
    (食養の場合は砂糖使用は不可)

    ふきは魚の毒を消してくれ、食物繊維も豊富なのでふきの葉の佃煮と魚を煮てもこれがまた美味しい。

    油揚げとふきの煮物/ごま和え/ごま油炒め/ちらし寿司の具/信田巻き/ふきご飯/ふきの味噌漬け/ピクルス/ふきの葉の佃煮
    がおススメです!

    ニンニクと赤唐辛子、オリーブオイルを使ったペペロンチーノも絶品らしいのでたまには挑戦してみよう!

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 5月「今月の酒」 2018.05.01 クリック
    「エチゴビール ビアブロンド」

    「エチゴビール ビアブロンド」

    「エチゴビール ビアブロンド」

    今月の酒:「エチゴビール ビアブロンド」

    どうも・スタッフです。
    新緑と行楽の5月にはやっぱりビールが飲みたくなります。

    エチゴビールは1994年に日本初地ビールを作り、次々と美味しい地ビールを作り続けています。

    今や地ビールやクラフトビールが一大ムーブメントになっているからこそ、日本初の地ビールを作りだし2009年モンドセレクション金賞を獲得したエチゴビール「ビアブロンド」をオススメ致します。

    芳醇な香りが特徴のイングリッシュタイプのビールで、ビターホップの苦味で飲み応えがあり後味にふわりと甘さが残り、アロマホップとエール酵母のフルーティーな香り、綺麗な琥珀色と贅沢なひと時を過ごせると思います。

    食事中に飲むより、ビールを飲むぞ!!って時にオススメです。
    では、ビアブロンドをお楽しみください。

    5月1日〜31日 特価・・・
    1缶(350ml)265円+税 ⇒ 250円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2018.05.01 クリック
    GW前の畑は黒々としています

    GW前の畑は黒々としています

    GW前の畑は黒々としています
    春の彩り

    春の彩り

    春の彩り

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    春の嵐ってやつが吹きましたね。
    雨も無かったので、砂嵐となって吹き荒れました。
    吉田農園は、暴風の影響でエンドウ豆とサンチュに大ダメージです。
    のらぼう菜は辛うじて生き残り、アブラナ科の野菜たちは花は咲き、まさに春です。

    農園としては夏野菜の準備時期なので、いそいそと片付けを進めております。
    ゴールデンウイークの辺りが植えものの時期なので、4月中旬の今は畑は黒々としております。

    今は収穫も静かなので、山形に良いタネやアイデアを探しに行って参りました。

    流石に農業先進地域なので、素晴らしい枝豆の種と、真夏に取れる葉物を購入しました。
    今年は前半は白系枝豆、後半は茶豆と、少し長めに収穫出来そうです。

    昨年仕入れた米沢薄皮丸茄子の苗も順調に育っており、そのまま植えればOKのお墨付きを貰いました。

    コロコロした小粒の茄子なので、夏頃お楽しみに!
    他トマトは15種、今年はストライプは無しです。
    唐辛子は伝統品種の内藤唐辛子、ピーマンはフレンチ種とイタリア種ズッキーニも3種、他夏野菜達も、元気に準備が進んでおります。

    <5月の出荷予定>

    のらぼう菜/サラダmix/ツルナ/セルバチコ
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 5月号 2018.05.01 クリック
    MEKHALA「パクチー&ジンジャー ドレッシング ディップソース」

    MEKHALA「パクチー&ジンジャー ドレッシング ディップソース」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    MEKHALA「パクチー&ジンジャー ドレッシング ディップソース」

    MEKHALA
    「パクチー&ジンジャー ドレッシング ディップソース」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    パクチー好きさんにオススメ!!
    無添加、ヴィーガン仕様のドレッシングが新入荷しました。

    たっぷりの刻みパクチーに、糖類は低GIのココナッツシュガー、塩はヒマラヤピンクソルトと、こだわりの食材で作られたパクチー感たっぷりの多目的ソースです。

    ライムの爽やかな酸味で、ドレッシングとしてだけでなく、パンやサンドウィッチ、ステーキなど様々なアレンジが楽しめます。

    やさい村でも大人気の吉田農園さんのパクチーは、収穫できる時期も限られています。
    収穫期以外はこのソースでパクチーを存分に味わってください^ ^

    MEKHALA「パクチー&ジンジャー ドレッシング ディップソース」

    ● 1本(250ml) ・・・580円(税別)

    線
  • 自然栽培 ー5月の田んぼ仕事ー 2018.05.01 クリック
    水路整備の様子1

    水路整備の様子1

    水路整備の様子1
    水路整備の様子2

    水路整備の様子2

    水路整備の様子2
    “苗管理の様子

    苗管理の様子

    苗管理の様子
    代かきの様子

    代かきの様子

    代かきの様子
    米袋を変えました

    米袋を変えました

    米袋を変えました

    『自然栽培 ー5月の百姓仕事ー 』
    < 佐藤さんの連載25回目 >

    まだ日陰に雪は残っていますが、春爛漫です。

    半年の間雪に埋もれていた大地からは、
    いっせいに何もかもが芽吹き、そりゃあもうその賑わいときたら!

    雪と新緑と桜。目まぐるしい季節となりました。
    今月末から始まる田植えに向けて、水路整備→田起こし→代かき→苗管理・・・
    と百姓には一番忙しい季節でもあります。

    暑かったり寒かったりの中、霜に気をつけながら苗は細心の注意で育てられます。

    < お知らせ>〜 米袋を変えました 〜
    袋に書いてある「文作さんちの・・・」、文作とは、佐藤家の屋号です。
    この地はほとんどが佐藤性ですので、みんな屋号で呼び合うのです。よろしくお願いします。

    お米定期購入者募集中!お申し込み用紙は <こちら>

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • 奇跡のさすらいインド旅 〜 8 〜 2018.05.01 クリック
    Gandhi Darshan

    Gandhi Darshan

    Gandhi Darshan
    演奏中の風景

    演奏中の風景

    演奏中の風景

    チャーリー宮本の
    「奇跡のさすらいインド旅」〜 8 〜

    マハトマ・ガンディは神の歌「バジャン」やインドの伝統的な音楽をこよなく愛していました。ガンディ翁のセレモニーにはいつも音楽が演奏されます。

    僕も音楽を奉納してみたい!と思い、デリー道場のマタジこと克庵主さまに、日本へ帰ってから手紙を書きました。でも、返事は無く‥その冬にまたインドを訪れた時「私どもが、チャーリーさんの音楽をどのように伝えたらいいのか、間違いがあってはいけないと思いました」とマタジ。
    確かにそうです。大変なことをお願いしてしまった!と思いました。
    そして「ハードルは高いですね〜」と。笑

    ガンディ翁のセレモニーに参加するには招待状が必要です。その招待状をお願いしにガンディの事務所に佐知子庵主さんが行くというので同行することになりました。

    「楽器を持って行かれたら?」とマタジの鶴の一声!スワルマンダルを一台もってオートリキシャに乗りガンディ事務所へ。到着するとセレモニーのコーディネーター、ラージディープさんがたまたまおられ「あなたは?それは何ですか?」と。「日本のミュージシャンです」とスワルマンダルを取り出し弾き始めるやいなや僕の楽器を取り上げ「一緒に来い!」と目を輝かせています。
    何が起こったかわからないまま楽器を持って所長室へ…「所長!この楽器の音を聴いてください」所長の前で演奏すると「ガンディセレモニーで演奏してもらいましょう」とあっという間に決まってしまいました。それもセレモニーまであと二週間足らずだというのに!!

    − 合掌。こころある旅人へ・・・(つづく)

  • 「塩」いのちのふるさと[2] 2018.05.01 クリック

    ー自然塩復活運動を振り返るー 「塩」いのちのふるさと[2]

    〜 前回からの続き 〜

    そこは、当時のマクロビオティック運動の若者たちが集まっており、その創立メンバーの一人が自然海塩運動の祖とも言える谷克彦さんと共に伊豆大島に渡って自然塩復活の活動を始めた阪本章裕さんだった。

    私がキャラバンから戻った頃は谷さんや阪本さん達は家族と共に既に大島に移り住んで、風と太陽熱による史上初となる天日塩製造の為の工場を自ら土木作業をしながら作り始めたところだった。

    僕はI amに居を移して会合を重ねながら新たなセンター作りの運動をやり続ける一方、大島に居を移して本格的に塩作りを始めようとしていた阪本さんや谷さんが上京する度に立ち寄って泊まることになり、次第に塩運動の話を聞く機会が多くなった。

    当時はまだほとんどの国民は自然塩の存在を知らない状況で、専売公社が販売していた本当にまずい、塩とは言えない塩を食べさせられていた時代であり、地球の45億年の歴史から海が出来、又その海の中で初めて生命が誕生した事、そして遥かな年月を経て陸に上がった生物達も、そして我々人間も身体の中に海を宿している事。
    そして我々が摂るべき塩とは、Nacl(塩化ナトリウム)100%近い塩、ではなく生命を生み出したあらゆるミネラルを含んだ生命のふるさとである「海」でなければならない事。

    こうした話を聞く内に、塩運動の持つテーマの重大さと谷さん達の並々ならぬ情熱を身を持って理解することとなった。

    当時は専売法で厳しい法規制で独占的に作られていた塩は、全く国民の健康には寄与しない塩まがいの化学塩、その厳しい法規制の中で素晴らしい生命観を持って行おうとするまさにいのちの革命とも言える天然の塩作り、これは応援しない訳には行かない、そう決心した僕はその後ワークキャンプを10年以上にわたって行い、初めて出来た天然海塩を持って全国を歩く事になる。

    そうした塩運動が起こってからそろそろ40年近くが経とうとしている。

    あの時、日本の海を守り、世界の塩を変え、いのちの革命を起こそうとした多くの運動家達が1人欠け2人欠けと少なくなり、当時の塩運動を語れる人も少なくなって来ている現在、なんらかの形で今一度塩運動を振り返る記録なり、イベントを持ちたいと思っています。

    今回はやさい村通信の紙面を借りて少しだけ紹介しましたが、連載するか、各地で塩作りを続けている、塩運動の先駆者達に集まってもらってこれから未来の塩運動に繋がる集いを持てたら良いなと思っています。

    今後準備しながら又ご報告させて頂きますので乞うご期待です!

  • 4月号のご挨拶 2018.03.31 クリック

    こんにちは、皆さまいよいよ4月です!
    進級、進学を迎えたお子さま達を持つ親御さん達は、終業式やら入学式などでお忙しい季節ですね。

    気候も三寒四温と、寒い日、暖かい日が繰り返されながら春を迎えて行きますので、気温の変化に対応する感受性が大切です。
    特に身体の方は冬の身体から春の身体へと向かう時期ですので、旬を迎えた野草や山菜を上手に取り入れて、冬季に溜まった毒出しをして行って下さいね。(前号でも触れましたが、野草や山菜は陰性が強いので、それぞれ食べる方の陰陽に合わせて、毒消し法や調理法、食べる量なども考慮して調理して食べて下さい。)

    断食などをしてデトックスするのも良い時期です。
    それと運動ですね。無理のない動きの太極拳などは何才になってからでも始められるのでおススメです。
    自然界の動物達も冬眠から目覚めて活動を始めるように、又田んぼや畑も準備が始まる様に、太古から人々も食糧の確保やその準備の為に春には身体を動かして活動していたのですからね。

    春を迎えて気分一新し、新しい身体に整えてスタートしたいところですが、日本の政治はどうなっているのでしょうかね?
    森友問題で発覚した政党と官僚との癒着や政治力を背景に日本国を私物化しようとする動きは断じて許すわけにはいかないですよね。国民はなめられっぱなし!春は毒出しの季節、今は日本の政治にも徹底的に毒出し、膿み出しが必要な時期だと思います!いらない毒は出さなくちゃ。宿便が出る時には、腸が蠕動運動という自己運動を行い、自ら溜まった毒である宿便を出そうとするのですが、今回のこの問題が日本の政治浄化の蠕動運動になって欲しいと心から願わずにはいられませんね。

    官邸前には多くの心ある国民の皆さんが集まっていますが、ちゃんと我々1人ひとりの国民も意思表示をすることが必要ですね。皆んなが蠕動運動起こして腐った毒を出しましょうよ!

    (村長大友)

  • 4月イベントお知らせ 2018.03.31 クリック

    イベントのお知らせ

    「 やさい村 お花見会 」

    日 時
    4月1日(日)11:00〜14:00頃
    場 所
    ジブリ美術館脇の公園付近( ※雨天の場合、やさい村居酒屋へ変更)
    参加費
    *一品持ち寄り(手ぶらの方は参加費500円)

    ◎お酒の量り売りアリ

    線

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    4月5日(木)・7日(土)
    線

    めだかの学校:講演 『食養と手当法(春)』

    日 時
    4月8日(日)11:00~14:00
    場 所
    田んぼカフェ(武蔵野市吉祥寺南町5-11-2)
    講 師
    大友映男

    線

    武蔵境「 Ond 」<やさい村出店>

    日 時
    4月14日(土) 13:00~17:00
    場 所
    武蔵野市境南町3-2-13 Ond内(武蔵境駅下車、高架下・線路沿いを東小金井方面へ徒歩5分)

    ◎朝採れ地場産無農薬やさいを中心におススメ商品をお持ちします。
    ◎詳細はFacebookやさい村 店頭にてご確認ください。

    線

    「 コピス吉祥寺 GREENINGマルシェ 」<やさい村出店>

    日 時
    4月21日(土)10:00~17:00(雨天決行)
    場 所
    コピス吉祥寺 A館1階(屋根付き中通路)

    ◎地場野菜を中心に全国の美味しい野菜、(調味料・自然塩・天然茶etc.)
    他ではなかなか見られないこだわりの商品をお持ちします!
    ◎2日間実施(雨天決行)

    線

    「東京ビーガングルメ祭り2018」<やさい村出店>

    日 時
    4月22日(日)10:00~16:00
    場 所
    木場公園(江東区平野4-6-1)

    地下鉄東西線、木場駅から徒歩12分・木場公園ステージ広場

    線

    やさい村 10%OFFセール & デモ販

    日 時
    4月27日(金)〜28日(土)
    場 所
    やさい村

    27日 デモ販:「ボディクレイ」10時~13時予定
    ※セールには一部除外品があります。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    4月4・11・18・25日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    4月6・13・20日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    4月12日(木) 20:00~21:30
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 - ママクラス - 」<お昼の講座第21回目> 村長大友の教室紹介

    日 時
    4月21日(土)13:00~15:00
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線
  • 4月「今月のおすすめ旬野菜」 2018.03.31 クリック
    山菜

    4月の旬野菜:山菜

    山菜

    今月のおすすめ旬野菜:「 山菜 」

    さて、いよいよ春本番を迎えてやはり早春の王道は山菜でしょうね。

    雪解けと共に一斉に芽吹く新芽の数々。

    ふきのとうから始まって山菜の王様と言われるタラの芽まで、地方によっては又様々な御当地グルメの山菜もあり、一挙に食卓が豊かになる時期でもあります。

    ちょっと思い付くままに上げてみると、たんぽぽ、よもぎ、つくし、アザミ、ハコベ、ノビル、セリ、ヨメナ、ナズナ、ユキノシタ、オオバコ、こごみ、つゆ草、わらび、カラスノエンドウ、山ウド、スイバ、ギシギシ、ドクダミ、イタドリ、野萱草、ウルイ などなど。

    それぞれに様々な料理法があり、春の味覚を堪能したいところですが、この野草類は陰性の強いものが多いので必ず陰性の毒を抜いたり、又は陽性な味噌などを使って陰性を中和させたり、油で高温に調理したり、またその油を分解する大根のような素材を使ってちゃんと中庸に持って行くようにして食べて下さい。

    まさにうってつけの教科書とも言える超オススメの本があります!
    それは最近改訂新版として出された「若杉友子の野草料理教室」という本。

    これは、上記した山菜類のアク抜きや毒消しから陰陽を調和させた様々な料理法までわかりやすく説明されていて、この時期の必読書ですよ〜!
    若杉さんのまさにばあちゃんの知恵袋満載の知恵の結晶のような本ですので、各家庭に1冊は持って置いて欲しい、そして実践で使って欲しい本です。

    この本は自費出版なので一般書店では絶対に手に入りません。
    やさい村で求められますので、どうぞお問い合わせ下さい。

    春の味覚、山菜を堪能して、冬の間に溜まった毒素をデトックスして、春の身体を作って行きましょう!!

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 4月「今月の酒」 2018.03.31 クリック
    小樽麦酒「オーガニックピルスナー」

    小樽麦酒「オーガニックピルスナー」

    小樽麦酒「オーガニックピルスナー」

    今月の酒:小樽麦酒「オーガニックピルスナー」

    どうも・スタッフです。 この通信が読まれてる頃は桜が満開でお花見日和でしょうか? 春の陽気に包まれ気の合う仲間とお酒を呑むとは羨ましい限りです。僕も早く休みの日にお花見したい。。。

    そんな今月の酒は 『小樽麦酒オーガニックピルスナー』

    材料には有機麦芽と有機ホップを使用し低温発酵と長期熟成にて仕込まれます。 肝心の味は、変な苦みや渋みは感じず、すっと喉越しもよくスッキリと飲みやすい一品です。

    お店でもリピーターの方も多く、ケース買いしてくださる方もいるほど。 それほど飲みやすく美味しいBEERなので、飲みすぎ注意です!

    それでは楽しいアルコールライフをお送り下さい♪

    4月1日〜30日 特価・・・
    1缶(350ml)285円+税 ⇒ 270円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2018.03.31 クリック
    夏野菜の種まきを行いました

    夏野菜の種まきを行いました

    夏野菜の種まきを行いました

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    いよいよ春らしくなってきました。

    冬の厳しさが和らいで、畑にいる時間も増えるのですが、
    今の時期は収穫より準備がメインの時期です。

    先日長ネギの種をまき、じゃがいもの種芋を植えました。
    3月末〜4月上旬にはトマトやナスの鉢上げや、
    同時にキュウリやズッキーニやオクラの種まきも控えております。

    畑はどんどん黒や茶色のエリアが増えますが、
    この色の場所は夏の緑が生い茂るという期待の場所でもあります。

    農家はポイントポイントは忙しいのですが、
    それ以外はまだ少し余裕のある時期ですので、
    盛暑の時期までもう少し溜めておこうかなと、
    自分に甘えております。

    <4月の出荷予定>

    ブロッコリー/人参/長ネギ/ルッコラ/ほうれん草/わさび菜/里芋/京芋/はっさく
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 4月号 2018.03.31 クリック
    「ぴすとーれのパン」各種

    「ぴすとーれのパン」各種
    <セール時は10%引きでお得です!>

    「ぴすとーれのパン」各種

    「ぴすとーれのパン」各種
    <セール時は10%引きでお得です!>

    3月末から新たに世田谷区代沢『ぴすとーれ』さんのパンの取り扱いが始まりました。
    『ぴすとーれ』オーナーの山下さんは、大友村長のミルキーウェイ時代からの古いご友人!

    ルヴァンで修行された山下さんのパンは、国産小麦と自家製酵母を使い、動物性、砂糖不使用。
    (パイ生地にバター使用、一部チーズ入りのパンもあります)
    噛みしめるほどに素材の旨みが味わえる、正統派のパンです。

    お店に届いてすぐはそのまま味わい、数日経ったものはトーストすると風味が増して美味しいです。
    しばらくの間は店頭で試食もご用意してますので、まずはお味見だけでもどうぞ!

    納品日:月曜夕方

    「ぴすとーれのパン」各種

    ● くるみレーズン・・・360円(税別)
    ● ノンシュガーあんパン・・・300円(税別)
    ● アップルパイ・・・470円(税別)
    ● さつまパイ・・・280円(税別)

    線
  • 自然栽培 ー4月の百姓仕事ー 2018.03.31 クリック
    4月は種まきです。

    4月は種まきです。

    4月は種まきです。
    “つきっきり”の、稲作りが始まります。

    “つきっきり”の、稲作りが始まります。

    “つきっきり”の、稲作りが始まります。
    忙しさの始まりです。

    忙しさの始まりです。

    忙しさの始まりです。
    春の訪れとともに一気に「躍動」がやってきます。

    春の訪れとともに一気に「躍動」がやってきます。

    春の訪れとともに一気に「躍動」がやってきます。
    今年は雪が多く、5月まで残っていそうです。

    今年は雪が多く、5月まで残っていそうです。

    今年は雪が多く、5月まで残っていそうです。

    『自然栽培 ー4月の百姓仕事ー 』
    < 佐藤さんの連載24回目 >

    4月は種まきです。
    種を撒いたら、そりゃあもう忙しさの始まりです。
    “つきっきり”の、稲作りが始まります。

    今年は雪が多く、5月まで残っていそうです。
    雪消しをしながら苗床を準備し、霜を心配しながら育苗します。

    冬の間雪に埋もれていた里には、
    春の訪れとともに一気に「躍動」がやってきます。
    山野草が咲き乱れ、行事や祭事で部落は
    何とかをひっくり返したようなにぎわいになります。

    お米定期購入者募集中!お申し込み用紙は <こちら>

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • 奇跡のさすらいインド旅 〜 7 〜 2018.03.31 クリック
    マハトマ・ガンディーと藤井日達猊下

    マハトマ・ガンディーと藤井日達猊下

    マハトマ・ガンディーと藤井日達猊下
    藤井日達猊下からガンディーに贈られた団扇太鼓

    藤井日達猊下からガンディーに贈られた団扇太鼓

    藤井日達猊下からガンディーに贈られた団扇太鼓

    チャーリー宮本の
    「奇跡のさすらいインド旅」〜 7 〜

    インドは仏教の生まれた国。すべての仏典が残されていますが、お釈迦様がほんの数年しか説かなかったといわれる法華経。その法華経をインドに帰したいと、日蓮聖人は思っておられたそうです…が、その思いは叶わなかった。

    それを実現させようと動き、時の人マハトマ・ガンディ翁に会われたのが、日本山妙法寺の開祖者、藤井日達猊下でした。出逢うやいな意気投合。祈りと平和のために歩くという共通の思いを持った二人は互いに尊敬し合ったそうです。
    そのご縁から、ガンディのアシュラム(道場)での始まりは必ず南無妙法蓮華経から始まることとなったと、聞きました。

    そして、1966年から始まった三里塚闘争(今の成田空港建設反対運動)で反対派と機動隊が衝突寸前、その間を「南無妙法蓮華経」と唱え団扇太鼓を叩き通り過ぎた… という話に感動し、僕も70年代の様々な反原発コンサートや平和行進などで日本山妙法寺と出会うこととなったのでした。
    日本山妙法寺は平和運動のちょっと過激?な僧伽(さんが・仏教集団)として、当時のヒッピーの間では一目置かれていたのです。

    思えば長いお付き合いです!笑
    その時はまだ、マハトマ・ガンディー翁のセレモニーで演奏が出来ることになるとは、夢にも思わなかったのです。合掌。

    こころある旅人へ・・・(つづく)

  • 「塩」いのちのふるさと[1] 2018.03.31 クリック

    ー自然塩復活運動を振り返るー 「塩」いのちのふるさと[1]

    1970年代に戦後以来専売法で半強制的に国民全体が食べさせられていた、塩化ナトリウム99%の化学塩を人間本来が摂るべき塩 = 海の結晶の自然塩に変えようと立ち上がった人々がいた。

    極々一握りの人々から始まったこの運動は心ある人から人へと語り継がれ、やがて荒野を焼き尽くす燎原の炎のように燃え広がり、やがて専売法撤廃という前代未聞の法改正を成し遂げた。

    私は、その運動を知るや、これこそがいのちの原点に立ち返る運動の要だと直感し、初めて海水を天日乾燥させて出来た自然海塩を持ってやがて2度目の日本縦断「生存への行進」を行うことになる。

    私が自然塩復活運動を知ったのは1975年、75キャラバン(又はミルキーウエイキャラバン)と呼ばれた日本縦断のキャラバン(1度目)を終えて最終地の北海道から東京に戻り、新たなライフスタイルのためのセンターを作ろうと活動を始めた頃だった。

    その活動はマルチメディアセンターを作ろうという呼びかけで始めたのだが、そのミーティング会場を提供してくれた、I am(アイアム)という共同生活体を会場に会合が持たれ、やがて僕はそこに居を移すことになった。

  • 3月号のご挨拶 2018.03.01 クリック
    天然ミネラル濃縮液「海の素」

    天然ミネラル濃縮液「海の素」

    天然ミネラル濃縮液「海の素」

    皆さまこんにちは、お元気でお過ごしでしょうか。
    寒波による影響で、野菜が取れない、成長しない、雪の影響で届かないなど厳しい影響を受けている日本列島ですが、ここ東京でも梅が咲き始め春の気配を感じさせる季節になって来ましたね。

    ただ今年は去年の2倍の花粉が飛ぶとかで、お天気の良い日は要注意です!特に花粉に弱い方は大変ですね。
    そんな方に超オススメの一品があるんです!
    やさい村では、ちょっと今シーズン出遅れましたが花粉の時期に好評だった「海の素」を希釈したスプレーを化粧水として開発中です。
    花粉が飛ぶなと思った日には、朝出掛ける前に「海の素」を数滴垂らした水を飲んで、そしてこのスプレーを顔の目の周辺や鼻にスプレーしてから出掛けると随分と楽に過ごせると思いますよ〜!明らかに違ってくると思いますので、是非お試し下さいませ!

    さてさて、3月25日(日) には、千葉の下総神崎で「お蔵フェスタ」が開催されますが、このイベントにやさい村は出店します!
    村長バンドのアースウェーブのライブも9時半からありますので是非お越しください!
    各地から発酵、オーガニック、ビーガンなどにこだわったお店がところ狭しと集まる楽しいお祭りです。

    また、4月1日(日) にはやさい村主催の「お花見会」をジブリ公園で行いますので、こちらも是非ご参加下さいね!桜を愛でながら春を楽しみましょう〜。

    (村長大友)

  • 3月イベントお知らせ 2018.03.01 クリック

    イベントのお知らせ

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    3月1日(木)・3日(土)
    線

    「 スローフード大賞受賞者 武富勝彦さんを囲んで 」

    日 時
    3月3日(土)

    ※時間・場所 未定

    線

    武蔵境「 Ond 」<やさい村出店>

    日 時
    3月10日(土) 13:00~17:00(予定)
    場 所
    武蔵野市境南町3-2-13 Ond内(武蔵境駅下車、高架下・線路沿いを東小金井方面へ徒歩5分)

    ◎朝採れ地場産無農薬やさいを中心におススメ商品をお持ちします。
    ◎詳細はFacebookやさい村 店頭にてご確認ください。

    線

    「 コピス吉祥寺 GREENINGマルシェ 」<やさい村出店予定>

    日 時
    3月17日(土)〜18日(日)10:00~17:00(2日間実施・雨天決行)
    場 所
    コピス吉祥寺 A館1階(屋根付き中通路)

    ◎地場野菜を中心に全国の美味しい野菜、(調味料・自然塩・天然茶etc.)
    他ではなかなか見られないこだわりの商品をお持ちします!
    ◎2日間実施(雨天決行)

    線

    「 無添加・自然派ワインフェア 」
    <対象ワインを2本以上お買い上げ戴くと10%OFF!>

    日 時
    3月19日(月)〜24日(土)10:00~17:00

    やさい村「ワインフェア」を開催します!
    ★フェア期間中に対象ワインを2本以上お買い上げ戴くと10%OFF!(※一部対象外あり)

    ご自宅用に、プレゼントやお花見用にいかがでしょうか?
    どれも、材料の葡萄や製造法や蔵付きの天然菌などこだわり作られたものばかりです。

    この機会に皆さんに無添加・自然派ワインの美味しさを知って頂ければと思います!

    線

    寺田本家「 第12回 お蔵フェスタ 」<やさい村出店>

    日 時
    3月25日(日)9:00〜15:30
    場 所
    寺田本家(下総神崎駅)(千葉県香取郡神崎町神崎本宿1964)
    入場料
    入場無料

    *村長バンドも出演しますよ♪ 助っ人売り子も大歓迎!

    線

    やさい村 10%OFFセール & デモ販

    日 時
    3月30日(金)〜31日(土)
    場 所
    やさい村

    31日 デモ販:「プレマ」
    ※セールには一部除外品があります。

    線

    「 やさい村 お花見会 」

    日 時
    4月1日(日)11:00〜14:00頃(予定)
    場 所
    ジブリ美術館脇の公園付近( ※雨天の場合、やさい村居酒屋へ変更の可能性有)
    参加費
    *一品持ち寄り(手ぶらの方は参加費500円)

    ◎お酒の量り売りアリ

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    3月7・14・21・28日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    3月2・9・16・23日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    3月15日(木) 20:00~21:30
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 - ママクラス - 」<お昼の講座第20回目> 村長大友の教室紹介

    日 時
    3月10日(土)13:00~15:00
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線
  • 3月「今月のおすすめ旬野菜」 2018.03.01 クリック
    よもぎ

    3月の旬野菜:よもぎ

    よもぎ

    今月のおすすめ旬野菜:「 よもぎ 」

    「よもぎ」はキク科の多年草で冬枯れの大地に春の訪れを告げる様に生えてくる。

    霜が消えた3月頃から生え始めて5月頃迄は(地域や寒さによっても期間が変わるが)食用やお茶に適する。

    よもぎ餅やよもぎ団子、天ぷら、おひたし、和え物の他、様々なレシピがあるので、今回の「村長のいちおし商品」で若杉ばあちゃんの「よもぎの力」を紹介したので是非お買い求めになって読みながら様々なレシピを作ってみて欲しい。

    また、早春に出てくる野草は陰性も強いので、よもぎ味噌にしたり、醤油洗いなどをして陰性な要素を中庸に変化させて食べる知恵が必要である。

    また、食用の他よもぎはお茶やよもぎ酒にするだけでなく足湯、腰湯、潰して塗ったり、パスターとして手当てにも使え、乾燥して葉の裏の薄い毛の様な所を集めた物がお灸のもぐさになるので捨てる所が無い。
    硬くなって食用にむかなくなっても乾燥して保存して様々な手当てに使える。

    アイヌ民族では風邪や肺炎などに乾燥したよもぎを焼いた煙を吸う治療に使われていた。
    また、他にも本の紹介に同記したが様々な優れた薬効があり、よもぎの効力は経験的にも日本列島に住む民族古来からの旧知の事実である。

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 3月「今月の酒」 2018.03.01 クリック
    寺田本家「 冬季限定 しぼったまんま 」

    寺田本家「 冬季限定 しぼったまんま 」

    寺田本家「 冬季限定 しぼったまんま 」

    今月の酒:寺田本家「 冬季限定 しぼったまんま 」

    こんにちは、スタッフです。
    3月には、梅や桃が咲きだして春がすぐそこに来ていますかね。

    そして忘れては行けないのは、千葉の寺田本家さん主催の「お蔵フェスタ」が行われます!
    今年も、やさい村は物販と村長バンドで参加します!

    そして、『今月の酒』には寺田本家さんの「冬季限定 しぼったまんま」を選びました!
    この酒は、巷でも有名な「五人娘純米酒」の無ろ過しぼりたて生原酒。 もちろん使用する米は無農薬在来種“千葉錦"製法は江戸時代と同じ製法で作られています。

    自然のままのお酒ですので、しぼりたてで若々しく、かつ芳醇な薄にごり酒です。
    舌で感じる微炭酸と少しの酸味、にごりの甘みが絶妙で1本は軽く呑めてしまいますが、大事に飲みたいお酒です。

    寺田本家さんでも売り切れごめんの期間限定酒なので、今を逃すと次のチャンスは来年になってしまいます!このお得期間中に是非どうぞ!!

    3月1日〜31日 特価・・・
    1本(720ml)1,600円+税 ⇒ 1,500円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2018.03.01 クリック
    夏野菜の種まきを行いました

    夏野菜の種まきを行いました

    夏野菜の種まきを行いました

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    お寒い日が続いていますね。
    1月の大雪の影響も重なり、畑からの収穫物もお寒い状況になっています。

    そんな中ではありますが、農園ではいよいよ夏野菜の種まきを行いました。
    この寒い中「夏」といってもピンときませんが、今年もここから元気な苗が生えてくれることを期待してます。

    話は変わって、先日三鷹のアトレから取材を受け、吉田農園がフリーペーパーに載りました。
    そこの一部にレシピを作成したので、どうせならこの機会に、やさい村通信にも一つ美味しいレシピを書いてみます。

    線
    <現在農園に沢山ある野菜のキッシュ>

    【パートブリゼを作る】

    ・薄力粉…100g ・バター…50g ・塩…少々 
    ・卵黄…小さいサイズ1個分 ・水…大さじ2杯

    バターはクリーム状にして、薄力粉と他の材料とともに少しずつ混ぜ込み、よく捏ねる。
    捏ねたらラップで包んで2時間程度冷蔵庫で寝かせる。
    寝かせた生地を薄く伸ばし(硬いので、レンジで10秒くらい暖めても良い)、型に敷き詰めて重りを乗せ、オーブン160℃で30分焼く。
    焼いてすぐは柔らかいので、オーブンから出したら触らないように冷ます。

    線

    【フィリング】

    長ネギは1cmくらいのブツ切り、人参を拍子木切りにして、オリーブオイルでよく炒める。
    ボウルに生クリーム100cc、卵2個、塩少々入れてよく混ぜ、炒めた野菜を入れる。

    線

    【キッシュ】

    パートプリゼにフィリングを流し込み、200℃のオーブンで30分程焼いて出来上がり。

    線

    ※タルト生地を買ってきた方がかなり楽です。
    ※野菜であれば、ほぼ何でもキッシュにできますが、ジャガイモやカボチャやサツマイモ等は、一度蒸してからの方が美味しくできます。
    ※焼く時にチーズをのせたり、フィリングにベーコンやハムを混ぜ込んでも美味しくできますが、フィリングの塩気を少し調整しましょう。
    ※キッシュは焼き上げてから2〜3日は保存可能です。

    <3月の出荷予定>

    長ネギ/人参/里芋/京芋/ブロッコリー(少量)
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 3月号 2018.03.01 クリック
    寺田本家「 米グルト 」

    寺田本家「 米グルト 」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    寺田本家「 米グルト 」

    寺田本家「 米グルト 」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    「マイグルト」100%植物性乳酸発酵飲料です。原料は完全無農薬米と天然麹。
    甘酒のような自然な甘さとヨーグルトのような酸味が調和した、心と身体に優しい味わいで飲みやすいです。
    日本の伝統調味料に欠かせない麹は、良性のカビであり、免疫力や抵抗力づくりのお手伝いをしてくれます。

    そして発酵過程で生まれる乳酸菌は近年、腸内環境を整え、免疫力を高め、あらゆる病気や不調の予防になるということで、メディアでも大注目されています。

    ノンアルコールなので赤ちゃんからご年配の方まで安心してお召し上がりいただけます。
    『“飲む点滴”「マイグルト」』で、毎日の健康管理にお役立てください。

    寺田本家「 米グルト 」

    ● 1瓶(160ml)・・・各種280円(税別)

    線
    「 若杉ばあちゃんのよもぎの力 」(PARCO出版)

    「 若杉ばあちゃんのよもぎの力 」(PARCO出版)

    「 若杉ばあちゃんのよもぎの力 」(PARCO出版)

    「 若杉ばあちゃんのよもぎの力 」(PARCO出版)

    野草料理の若杉ばあちゃんが、よもぎの本を出しました!
    このよもぎ、まさに現代人を救う「医草」!
    頭痛、肩凝り、冷え症、花粉症、不眠症、鬱、婦人病、アトピー性皮膚炎などにも効果のある特効薬。

    その、よもぎの正しい摘み方から正しいアク抜き方、料理、おやつ、お茶、よもぎ酒、お風呂、腰湯、湿布、枕、防虫やお部屋の消臭まであらゆる使い方と40を超えるレシピを全公開!

    これは、あなたも買って読まなきゃダメですよ!
    やさい村で是非お買い求めください!(協力:やさい村)

    「 若杉ばあちゃんのよもぎの力 」(PARCO出版)

    ● 1冊・・・1,500円(税別)

    線
  • 自然栽培 ー3月の百姓仕事ー 2018.03.01 クリック
    ノギ取りをしている様子

    ノギ取りをしている様子

    ノギ取りをしている様子
    温水消毒をしている様子

    温水消毒をしている様子

    温水消毒をしている様子
    床土をつくっている様子

    床土をつくっている様子

    床土をつくっている様子
    春の足音が聞こえてきます

    春の足音が聞こえてきます

    春の足音が聞こえてきます

    『自然栽培 ー3月の百姓仕事ー 』
    < 佐藤さんの連載22回目 >

    今年の冬は雪が多かったです。
    いつ融ける事でしょう! 5月まで残るかも知れません。

    雪融けが遅いと、作業に影響が出てきます。
    それでも、支度はいつも通りしておきましょう。

    彼岸が過ぎた頃から種の準備を始めます。
    ノギ取りをして、温水消毒をして、床土を作って、芽だしをして・・・
    これが始まると、冬の間抑えられていたものが一気に噴き出します。

    春の足音ともに、何もかも、“どどっ”とやってくるのです。

    お米定期購入者募集中!お申し込み用紙は <こちら>

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • 奇跡のさすらいインド旅 〜 6 〜 2018.03.01 クリック
    ラージガートでのセレモニーの様子

    ラージガートでのセレモニーの様子

    ラージガートでのセレモニーの様子
    ガンディスミリティでの記念セレモニーの様子

    ガンディスミリティでの記念セレモニーの様子

    ガンディスミリティでの記念セレモニーの様子

    チャーリー宮本の
    「奇跡のさすらいインド旅」〜 6 〜

    毎年マハトマ・ガンディの亡くなられた1月30日には、デリーでセレモニーが開かれます。
    今年で70回。僕らも日本山妙法寺デリー道場とのご縁で、5年前から毎年マハトマ・ガンディのセレモニーに参加しています。

    午前中はデリー門からも遠くない場所に位置する、ラージガートという大きな公園で行われます。
    ここはガンディが荼毘にふされた場所で、事務所などもあります。
    「すべての宗教は一つ」という言葉通り、先ずは日本の仏教から「南無妙法蓮華経」が唱えられます。そしてチベット仏教、キリスト教、ゾロアスター教、バハーイー教、ジュダイズム、ジャイナ教、イスラム教、ヒンドゥー教、など各宗教の祈りが捧げられていきます。

    インドの首相をはじめ、政府の要人、陸海空の軍隊も参列し、最後にバジャン(神々の歌)で締めくくられます。
    糸を紡ぐことを大切にしていたガンディ。このラージガートでは、29日の午後から24時間ノンストップで希望者による糸紡ぎも同時に行われます。

    午後はマハトマ・ガンディの住まいであり、射殺された場所、ガンディスミリティで記念セレモニーが行われます。
    ここでは、祈りと音楽が中心。ゲストの音楽のほか、子供たちの合唱とその間ずっと糸を紡ぐ子どもたちの姿が微笑ましい会です。
    そして、午前中のセレモニーと同じように「南無妙法蓮華経」の祈りから始まるのです。

    なぜ「南無妙法蓮華経」? なんと!マハトマ・ガンディと日本山妙法寺の開祖者である藤井日達師とは深いご縁があったのです!

    こころある旅人へ・・・(つづく)

  • ほろ酔い地球会議4 - No.18 2018.03.01 クリック

    友ちゃん&町ちゃんのほろ酔いトーク (( ほろ酔い地球会議4 )) No.18

    【友】友ちゃん= 大友 映男(村長)
    【町】町ちゃん= 町田 榮

    【町】狭い枠内での共同体でも、通常の社会生活では気づかなかったことに目覚めることはたくさんあると思うけれど、たとえば自分で米や野菜を作ってみて初めてその価値に気づくとか、大地の価値に気づくとか、いかにお金に依存していたかに気づくとか・・・
    でも最終的には生命は根源的に一つであるっていう理解、生命世界は一つだっていう理解、「私」はその生命であるっていう理解、そういう理解に自分の意識が解放されていったら、どこで何をしていても自分自身を生きてるっていうか、そういう意識に目覚めないと本当の自由って実現できないんじゃないかって僕はいつも考えてるんだけどね。

    【友】ほんとにそうだね。
    共同体って云うのもとても大事なテーマだけど、魂の自由ってものがその共同体の考え方にもう一つ加わったら、さらに共同体の考え方が広がって行くよね。

    【町】この宇宙が出現する以前からの生命宇宙を考えると、人間には想像不可能な果てしない過去から生命宇宙は継続していて、「私」とは誰かを辿って行くと、その継続している果てしない生命宇宙に辿りつく訳だよね。
    その事に目覚めて行くと、結局全宇宙がすでにずっと共同体であったこと、現在も共同体であって、未来も共同体であり続けることを発見するよね。

    【友】たぶん小さい規模だけど、共同体をやったってことは、体験的に凄く豊かになったし、訓練もされたよね、お互いに困ったときどうすればいいかっていう色んな訓練・・・
    全宇宙が広い視野から見れば共同体だから、小さい共同体ってのは完成されてはいないんだけどさ、色々問題を抱えながら色んな事を学んでいくんだよね。
    人類社会をもっといい方向に進めて行きたいって試みってのは、いままでもあったしこれからも色々あるんだと思うけど、その試みの中で宇宙的な視野の目覚めがあったときに、共同体は大きく進化するんだと思うよね。
    その目覚めがないと共同体は小さな世界で止まっちゃうよね。
    今の国家社会とか、一つの宗教組織とか、そういう枠組みの中での共同体ってのは、いつも限定された中での生活スタイルであって、それを超えて行くにはやっぱり宇宙意識に目覚めないとね、生命は一つだっていう宇宙意識にね。
    それに人類が目覚めたときに、人類社会がどのように展開するのか楽しみだよね。

    【町】最近物理学とか宇宙科学とかの分野で面白い発見が色々あって、たとえばダークマター(暗黒物質)ってのは、宇宙の質量の大半を占めながら観測不可能な透明な物質であるという仮説なんだけど、そのダークマターが人間が観測可能な全ての物質を支え、調和させているって理論なんだよ。
    人間が対象化することができない目に見えない世界が、対象化できる目に見える世界の背後にあって、目で見える世界を支え調和させている。
    この仮説はまるでインド思想のようで、ブラフマンとか、神とかの概念を科学的な見地から立証するような考え方で、現代科学と古代の知恵が一致するようでとても面白いんだよ。
    宗教も科学も実は同じ真実の発見のために、一方は意識の内部の追求から、もう一方は物質の外部の追求から、同じ目的地に近づきつつありそうな現在の状況にはわくわくしちゃうよね。
    そういう時代に僕たちが生まれて生きていることって、とても幸運だと思うよね。

    (ここで録音テープが終了しましたが、二人の話はまだまだ続くのでした・・・)

  • 2月号のご挨拶 2018.02.01 クリック
    福寿草

    福寿草

    福寿草
    「種子 ー みんなのもの?それとも企業の所有物?」チラシ

    ラテンアメリカのドキュメンタリー映画
    「種子 ー みんなのもの?それとも企業の所有物?」

    「種子 ー みんなのもの?それとも企業の所有物?」チラシ

    皆さま、新たな年がやってまいります!
    2018年が皆さまにとって心あたたかき良き一年となりますように!

    また世界が平和で、人類全体の文明が争いの道を避け、大自然との調和への道を歩んで行けますよう心よりお祈り致します!

    2月と言えば節分の月ですね。

    寒いですけれどいよいよ季節は春へと移行して行くタイミングなんですね。
    春はもうそこまで来ています。
    まだ、地表には現れていませんが植物達は地下茎の根を張り、新芽が地下で育っていますよ。
    もうすぐ雪の下からふきのとうや福寿草が出て来るのかと思うと、春が待ち遠しいですね。

    もうすぐ立春。
    今でこそ太陽暦を使っていますが、以前は太陰暦。実は太陰暦の方がはるかに合理的です。
    僕は釣りをするので、海の潮の満ち引きは月の引力と一体化してるので、太陰暦を使わないと、太陽暦は全く使い物にならないのです。
    昔の農事暦などは考えられないくらい精密に作られ、田畑の作業と連動して作られていますよ。
    すごいですね。

    さて話は変わりますが春ともなると手放しで喜べない方もいらっしゃるのではと思います。
    後ページの「食養と手当」のところでも詳しく書いているので詳細はそちらを読んで欲しいのですが、花粉です。
    今年は早期から、かなりの量の花粉が飛ぶと予測されています。
    その量、去年の5倍だそうです!
    花粉でお困りの方々は是非早めの「海の素」の服用をオススメします!

    ところで、11月号でも書きましたが、日本の種子法の廃止の一件ですが、前例はラテンアメリカの国々で次々と施行された種子に関する法改正を通称「モンサント法案」といいます。
    これらの法改正により伝統的に行われて来た農民による種子の保存や交換を実質的に不可能にして、毎年企業から種子を買うように強いることです。

    これらの問題を告発した映画が中南米の8つのNGOが協力して作られたのですが、この度やっと日本語の吹き替え版が完成し「種子ーみんなのもの?それとも企業の所有物?」と題された映画が出来ました。
    三鷹でも是非上映したいですが、とりあえず3月20日、衆議院第二議員会館の第1会議室での上映が決まっていますので、是非観ていただきたいと思います!
    日本の種子法の廃止はモンサント法案の日本上陸の為の下準備です。
    今、行動を起こさないと取り返しはつかないと思います。

    (村長大友)

  • 2月イベントお知らせ 2018.02.01 クリック

    イベントのお知らせ

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    2月1日(木)・3日(土)
    線

    武蔵境「 Ond 」<やさい村出店>

    日 時
    2月10日(土) 13:00~17:00(予定)
    場 所
    武蔵野市境南町3-2-13 Ond内(武蔵境駅下車、高架下・線路沿いを東小金井方面へ徒歩5分)

    ◎朝採れ地場産無農薬やさいを中心におススメ商品をお持ちします。
    ◎詳細はFacebookやさい村 店頭にてご確認ください。

    線

    「 コピス吉祥寺 GREENINGマルシェ 」<やさい村出店予定>

    日 時
    2月17日(土)〜18日(日)10:00~17:00(雨天決行)
    場 所
    コピス吉祥寺 A館1階(屋根付き中通路)

    ◎地場野菜を中心に全国の美味しい野菜、(調味料・自然塩・天然茶etc.)
    他ではなかなか見られないこだわりの商品をお持ちします!
    ◎2日間実施(雨天決行)

    線

    食といのちの学校「 手前味噌の会 」<要予約> 定員15名

    日 時
    2月18日(日)13:00~16:00
    場 所
    三鷹市消費者活動センター 3F
    講 師
    山崎初代さん
    参加費
    2,500円(仕込んだ味噌1キロ持ち帰り付)
    定 員
    15名[予約締切:2/10(土)]
    持ち物
    味噌を入れるタッパーなどの容器・エプロン・三角巾

    *みんなで味噌作りを学んで、実際仕込みまでやります。(その他材料など購入可)
    *詳細はこちら → <食といのちの学校>

    講師プロフィール

    線
    線

    やさい村 10%OFFセール & デモ販

    日 時
    2月23日(金)〜24日(土)
    場 所
    やさい村

    23日 デモ販:「海の素」
    ※セールには一部除外品があります。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    2月7・14・21・28日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    2月2・9・16日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    2月22日(木) 20:00~21:30
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 - ママクラス - 」<お昼の講座第19回目> 村長大友の教室紹介

    日 時
    2月17日(土)13:00~15:00
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線
  • 2月「今月のおすすめ旬野菜」 2018.02.01 クリック
    キャベツ

    2月の旬野菜:キャベツ

    キャベツ

    今月のおすすめ旬野菜:「 キャベツ 」

    原産地は地中海沿岸で日本には江戸後期に渡来し主に外国人居留地区では食べられたが一般には普及せず、一般的に栽培され食べられるようになったのは何と戦後である。

    しかし今は大根と並んで主力野菜となっている事を考えるといかに戦後急速に食生活の欧米化が進んだかが分かるね。

    キャベツは今やスーパーなどでは通年ある野菜だが、ちゃんと旬があり1月半ば〜2月半ばが旬。
    この時期の冬の寒玉キャベツは甘みもたっぷりと乗ってホントに美味しい!
    特に有機や自然栽培のものは超オススメ!

    茹でても、炒めても、サラダやぬか漬けでも、煮込んでも美味しいが、この時期自然塩をパラリとふりかけて蒸したキャベツの美味しさも格別だよ。

    料理する時は手でちぎって料理すれば味の染み込みが良く、繊維に沿って切ると甘くなる。
    また、キャベツは芯を掘る様に切って後ろ側から剥くようにすれば綺麗に葉を傷つけずに剥くことができ、外葉は炒めもの、内側はサラダなどに、また芯は栄養豊富でスープやシチューのダシを取るのに使えるんだ。だからキャベツは全く捨てるところはない。

    ◎食養ではキャベツの葉っぱを枕の上に敷いて熱さましに使う。
    元々古代ではキャベツは薬草で、古代では胃腸のトラブルの薬草として使っていたんだね。
    最近では、キャベツに含まれる成分が発ガン防止効果がある事が分かって来て、ニンニクの次に制ガン作用のある野菜と言われているんだよ。

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 2月「今月の酒」 2018.02.01 クリック
    「 純米にごり酒 弥右衛門 月あかり 」

    「 純米にごり酒 弥右衛門 月あかり 」

    「 純米にごり酒 弥右衛門 月あかり 」

    今月の酒:「 純米にごり酒 弥右衛門 月あかり 」

    こんにちは、スタッフです。
    「今月の酒」は1790 年から続く大和川酒造店さんの【月あかり】を選びました。

    無農薬/減農薬の自社栽培米を清冽な飯豊山の伏流水にて仕込まれます。 今回の【月あかり】には夢の香と言う名のお米が使われています。

    弥右衛門はどれを飲んでも美味しいのに安いな〜と思っていたのですが、今回の【月あかり】は特に安いと感じる美味しさです!

    グラスに注げば、月あかりのような淡い色が綺麗で、ほのかに麹の香りがし、口の中には優しい甘さが広がり、一日の疲れを癒すリラックスタイムを演出してくれると思います。

    料理は味の濃い煮物や煮魚、チゲ鍋等に合うと思いますが、食事以外で飲む事がおすすめです。 食前や食後にのんびりと飲んで頂ければと思います。

    お得期間中に是非お試し下さい!!!

    2月5日〜28日 特価・・・
    1本(720ml)1,100円+税 ⇒ 1,000円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2018.02.01 クリック
    降り積もった雪!

    降り積もった雪!

    降り積もった雪!

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    2018年 戌年。

    我が家の2匹もこころなしか誇らしくしているような気がしますが、きっと気のせいですね。
    よく見るといつもの尻尾を振ってるアイツらでした。

    年が明けて一言「寒い!」
    今年は4年ぶりに問題のアレが来ました。
    雪です。
    これが来ると農園暫しストップになります。雪が溶けたら再開です。

    それまでは保存系のサツマイモや里芋のみの出荷になります。

    雪が溶けたら、人参、白菜、せっかく育った葉菜はトンネルの中ですが、雪の重みでどうなってしまったでしょうか・・・これも雪解け待ちです。
    やはり東京は慣れがない分、雪には弱いです。

    <2月の出荷予定>

    里芋/京芋/サツマイモ/八朔
    <雪待ち> 白菜/人参/柚子/長ネギ/ポロネギ
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 2月号 2018.02.01 クリック
    ピープルツリー/第三世界ショップ「 チョコレート 」各種

    ピープルツリー/第三世界ショップ「 チョコレート 」各種
    <セール時は10%引きでお得です!>

    ピープルツリー/第三世界ショップ「 チョコレート 」各種

    ピープルツリー/第三世界ショップ「 チョコレート 」各種
    <セール時は10%引きでお得です!>

    2月14日はバレンタインデー♡

    やさい村でも、オーガニックやフェアトレードを中心に、ヴィーガン対応や、さまざなチョコレートをご用意しました。

    どれもチョコ大好き店員Mのオススメ商品です。

    無料で簡単なラッピングもいたしますので、店員にお声掛けくださいね。

    ピープルツリー/第三世界ショップ「 チョコレート 」各種

    ● ピープルツリー:板チョコ(50g)・・・各種350円(税別)
    ● ピープルツリー:フィリングタイプ(100g)・・・各種720円(税別)

    線
    高レベル遠赤外線パッド「 アルファウェーブ 」

    高レベル遠赤外線パッド「 アルファウェーブ 」

    高レベル遠赤外線パッド「 アルファウェーブ 」

    高レベル遠赤外線パッド「 アルファウェーブ 」

    実際に試してみないと効果がわかりにくい商品ですが、店頭で試されたお客様は皆様かなり好感触で、つい欲しくなってしまう。
    1つ買うと効果を実感して、シリーズで買いたくなってしまう、そんな商品です。

    特にオススメが布団シングルサイズの「スクエアパッドM」。

    布団の上に敷くと、暖房器具がなくても心地よい暖かさで、スタッフ宅では家族で愛用中です。

    レジ近くに商品ございます。使い方や効果等、スタッフにお気軽にご質問ください^ ^

    高レベル遠赤外線パッド「 アルファウェーブ 」

    ● ポカぽん(13×21cm)・・・900円(税別)
    ● ミニパッド(21×21cm)・・・2,500円(税別)
    ● スクエアパッド M(100×200cm/1.3kg)・・・18,000円(税別)

    線
  • 自然栽培 ー2月の百姓暮らしー 2018.02.01 クリック
    一番寒く、一番雪が降る2月

    一番寒く、一番雪が降る2月

    一番寒く、一番雪が降る2月
    夏の間に貯め込んだ食糧で調理

    夏の間に貯め込んだ食糧で調理

    夏の間に貯め込んだ食糧で調理

    『自然栽培 ー2月の百姓暮らしー 』
    < 佐藤さんの連載21回目 >

    冬の一番の底は2月です。
    一番寒く、一番雪が降る時です。

    毎日毎日、降ります。
    青空を見る事はそうそう、ありません。

    白一色の世界に閉じ込められ、ひたすら春を待ちます。
    夏の間に貯め込んだ食糧を使い、漬物や炒りもので
    ご馳走をつくり、蔵の中では味噌を仕込み・・・

    毎日毎日除雪を行い、夏にできなかった経理を処理し申告に時間をとられている間に、
    2月も終わりを迎えます。

    その頃には、珍しく青空がのぞく事もあります。
    春までもう一息の辛抱です。

    お米定期購入者募集中!お申し込み用紙は <こちら>

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • 奇跡のさすらいインド旅 〜 5 〜 2018.02.01 クリック
    デリーの仏舎利塔

    デリーの仏舎利塔

    デリーの仏舎利塔

    チャーリー宮本の
    「奇跡のさすらいインド旅」〜 5 〜

    先月号で書かせて頂いたラジャスターンでの置き土産、「南無妙法蓮華経」がご縁となり、日本山妙法寺デリー道場へと導かれることとなったのです。

    これだけ何度もインドに来ているのに、デリー道場へ伺ったのは初めてでした。
    友人が連絡を取ってくれ、克(かつ)庵主さまが待ち合わせの場所に迎えに来てくださいました。
    初めてお逢いする庵主さまは小柄でしたが、その存在感と眼力に圧倒されました!笑

    鉄道とリングロードに挟まれた公園に仏舎利塔と道場があり、様々な音が一時も休むことなく聞こえてきます。それでも到着したその日は、いつしか深い眠りについていました。

    朝のお勤めは5時。大太鼓の音で目が覚めました!ハッと時計を見ると5時を少し回ったところ。
    急いで本堂へ。見よう見まねで団扇太鼓を叩き、お題目を唱題します。
    勝手がわからず、結局庵主さまに、大太鼓を1時間半叩き続けさせてしまったのでした。

    朝のお参りの時、昨日はわからなかった景色の中に白く輝く美しい仏舎利塔がとてつもないエネルギーで存在していました!
    まさに!法華経のお経に書かれた大地と天界を繋ぐ地湧の宝塔!
    そして、それをお世話する庵主さま。

    目には見えない大いなるものの力によって、強く惹きつけられていったのでした。

    こころある旅人へ・・・(つづく)

  • ほろ酔い地球会議4 - No.17 2018.02.01 クリック

    友ちゃん&町ちゃんのほろ酔いトーク (( ほろ酔い地球会議4 )) No.17

    【友】友ちゃん= 大友 映男(村長)
    【町】町ちゃん= 町田 榮

    【町】友ちゃんはキャラバンを通じて色んな共同体と出会ったり、会議をしたりして、共同体の色んな姿を体験したと思うんだけど、「ミルキーウエイ」を始めるときに友ちゃんが一番やりたかったことは何だったの?

    【友】僕は基本的にコミューンが成立するのは何なのかなって考えたんだよ、でその答えは自給自足だったんだよ。
    でも農村だったら自給自足のコミューンは可能だけど、都市のコミューンで自給自足ってのは完璧には無理なんだよね。
    でも都市のコミューンとしての在り方を色々考えたし、都市でしかできないコミューンの在り方って、たぶん今でも考えてるんだよね。

    【町】なるほど。

    【友】今「やさい村」をやってるけど、僕たちが「村」みたいな、深い繋がりを持って生きられるかどうか・・・
    今都会って人間的な深い繋がりを作れないじゃない、コミュニティがないっていうか。
    極端に言えば、が奴隷化されてるような世界なんで、人間らしい繋がりが作れるかっていうことを僕は今でも考えているんだよ。

    【町】なるほど。

    【友】町ちゃんとの繋がりも、そのように繋がれる人だと思ってるし、沙羅舎とも三鷹って地域とも、村的っていうか人間的な関りのできる場所であって欲しいと願ってるんだよ。

    【町】「山岸会」とかその他の共同体って、自由な生き方を目指して自給自足を掲げて、社会とは隔離された範囲内でそれを実現しようとしているけど、もし全宇宙は一つだってことをはっきりと理解すれば、その「一つ」っていう意識を持つことができれば、どんな事をしていても自由だと思うんだよね。

    【友】おそらく共同体運動に目覚めた人たちは、自分たちの共同体を完成させるために一生懸命活動してるんだろうね。
    僕が長年付き合っている漠原人村のマサイなんか、完全な自給自足を全部やろうと思ったけど、無理だってことが解ったって言ってたよ、完全な自給自足は無理だって。

    【町】へえ〜、そうなんだ。

    【友】でもそこからどんな風に考えて行くか、僕は意識的な共同体、精神的な繋がりがあり、物質的にも助け合えるときに助け合うことができれば、都会の中でもそれぞれがそれぞれの生活をしながらでも、共同体っていうか、共に生きて行くことはできるのかなって思ってるんだけどね。

    〜〜〜 つづく 〜〜〜

  • 1月号のご挨拶 2017.12.28 クリック
    来年もよろしくお願い致します!

    来年もよろしくお願い致します!

    来年もよろしくお願い致します!

    皆さま、新たな年がやってまいります!
    2018年が皆さまにとって心あたたかき良き一年となりますように!

    また世界が平和で、人類全体の文明が争いの道を避け、大自然との調和への道を歩んで行けますよう心よりお祈り致します!

    やさい村は、自らの関わるこの地域の、心ある方々との繋がりを大切に、人にも環境にもやさしい食べものを提供し、生産してくれる方々を支え、皆さまや未来を担う子供たちを健やかに育て、自然環境を守り未来に手渡して行くお手伝いをなお一層励んで行きたいと思っております。

    私は今から40年程前に、人類の危機を感じ、「生存への行進」と題して農薬や食品添加物、精製塩や原発の危険性を訴え、自然農法や自然海塩、マクロビオティックの存在を知らせながら北海道から沖縄まで歩いて日本縦断の旅をしました。

    玄米と野草を食べ、野宿をしながらの1年間余にわたる旅でした。

    汚染に喘ぐ自然の叫びを見、聞き、病める人々と会い、自然を破壊しながら進められる開発、危険性を知らせないで作られていく原発。気が滅入りそうな現実を見せられながらもその途中各地でいのちに目覚め、果敢に活動を始めている多くの心ある人にお会いしました。

    それらの出会いが私を勇気づけてくれ、歩き終えた後、三鷹にやさい村を立ち上げました。
    その原点を忘れず、また新たな時代に抱えるテーマに答えて行ける新しいやさい村に大きく前進させて行きたいと思いますので、皆さまからのなお一層のご指導、ご鞭撻を心より、心より宜しくお願い致します!!

    (村長大友)

  • 1月イベントお知らせ 2017.12.28 クリック

    イベントのお知らせ

    年始の営業日のご案内

    年 始
    2018年1月5日(金)〜 営業開始
    線

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    1月6日(土)・11日(木)
    線

    武蔵境「 Ond 」<やさい村出店>

    日 時
    1月13日(土) 13:00~17:00(予定)
    場 所
    武蔵野市境南町3-2-13 Ond内(武蔵境駅下車、高架下・線路沿いを東小金井方面へ徒歩5分)

    ◎朝採れ地場産無農薬やさいを中心におススメ商品をお持ちします。
    ◎詳細はFacebookやさい村 店頭にてご確認ください。

    線

    新年 やさい村居酒屋(予定)<要予約(定員8名)>

    日 時
    1月14日(日)14:00~16:00
    場 所
    やさい村軒先
    参加費
    500円(おむすび&漬け物付)+料理を一品お持ち寄りください。

    *飲み物はお店のお酒をお買い求めください。

    線

    「 コピス吉祥寺 GREENINGマルシェ 」<やさい村出店予定>

    日 時
    1月20日(土)10:00~17:00(雨天決行)
    場 所
    コピス吉祥寺 A館1階(屋根付き中通路)

    ◎地場野菜を中心に全国の美味しい野菜、(調味料・自然塩・天然茶etc.)
    他ではなかなか見られないこだわりの商品をお持ちします!
    ◎2日間実施(雨天決行)

    線

    やさい村 デモ販

    日 時
    1月26日(金)〜27日(土)
    場 所
    やさい村

    26日 デモ販:ジャフマック(予定)

    線

    <2月のイベント>
    食といのちの学校「 手前味噌の会 」<要予約> 定員15名

    日 時
    2月18日(日)13:00~16:00
    場 所
    三鷹市消費者活動センター 3F
    講 師
    山崎初代さん
    参加費
    2,500円(仕込んだ味噌1キロ持ち帰り付)
    定 員
    15名[予約締切:2/10(土)]
    持ち物
    味噌を入れるタッパーなどの容器・エプロン・三角巾

    *みんなで味噌作りを学んで、実際仕込みまでやります。(その他材料など購入可)
    *詳細はこちら → <食といのちの学校>

    講師プロフィール

    線
    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    1月10・17・24・31日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    1月12・19日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    1月11日(木) 20:00~21:30
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 - ママクラス - 」<お昼の講座第18回目> 村長大友の教室紹介

    日 時
    1月16日(火)13:00~15:00
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線
  • 1月「今月のおすすめ旬野菜」 2017.12.28 クリック
    白菜

    1月の旬野菜:白菜

    白菜

    今月のおすすめ旬野菜:「 白菜 」

    いや〜寒くなって来ましたよね〜
    これから大寒を迎えるこの時期。実は冬野菜は美味しさのピークを迎えるんですよ!

    その冬野菜の代表格は大根と白菜ですが、今回は白菜をご紹介いたします!

    白菜は原産地は中国。
    今や鍋物や漬け物に和の冬の食卓には無くてはならない程の白菜ですが、実は日本に入ってからはまだ100年経たない程の新参者。
    日清・日露戦争で兵士が持ち帰って来たのが始まり、びっくりですね。

    白菜はアブラナ科の1年草、12月が走り、1月が盛り、2月が名残り。走りは水分が多く柔らかくさっぱり味、名残りは葉が厚く、筋張って来るが甘みが増します。

    白菜は水分が多いので、美味しく料理するコツは干してから料理に使うこと、旨味は倍増します。
    鍋物には無くてはならず、煮てよし、炒めてよし、スープや味噌汁の具に、そして干して漬け込んで白菜の漬け物やキムチなどにも。

    今年の冬は是非マイ白菜漬けを作りましょうよ!
    自分で作ればたっぷりと食べられるし、お塩を良い自然海塩で漬け込めば最高の漬け物が食べられますよ!

    1個まるごと買って剥きながら食べれば長持ちしますし、芯の部分は捨てずにスープなどで煮込むと出汁が出てトロトロになり絶品です。寒い時期、白菜料理は美味しいですよね〜!

    食養法では食べる他に、発熱した時に熱冷ましとして枕の上に敷いて解熱に使用します。
    また、大根や白菜は動物性を取りすぎた人の動物性蛋白質の分解の食材として使います。
    高血圧や、動脈硬化の改善に使えるので、そのような症状の方にはある程度の期間常食することをオススメします。

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 1月「今月の酒」 2017.12.28 クリック
    「 山廃 純米吟醸 末廣 」

    「 山廃 純米吟醸 末廣 」

    「 山廃 純米吟醸 末廣 」

    今月の酒:「 山廃 純米吟醸 末廣 」

    こんにちは、スタッフです。
    新年1本目には福島県会津若松は末廣酒造さんの「山廃 純米吟醸 末廣」を選びました。

    末廣酒造のある会津は磐梯山山麓に広がる盆地に位置し、伏流水に恵まれた肥沃な土壌で育ったお米を55%精米し仕込み、大正初期より伝授される嘉儀式山廃酒母を使用した純米吟醸です。

    瑞々しい香りと米の柔らかな旨みがある上品な味わいで、ぬる燗にするとお米の旨味をさらに感じれます。

    また、スッキリと飲みやすく濃い味のお料理にぴったりだと思いますので、新年をお節料理と「末廣」で迎えてみてはいかがでしょうか。

    勿論、煮物や煮魚、お鍋などにも合いますのでお正月以外でも是非試してみて下さい。

    お得期間中に是非お試し下さい!!!

    1月5日〜31日 特価・・・
    1本(720ml)1,500円+税 ⇒ 1,400円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2017.12.28 クリック
    「旬」の力を借りて体はあたたかく元気に!

    「旬」の力を借りて体はあたたかく元気に!

    「旬」の力を借りて体はあたたかく元気に!
    「旬」の力を借りて体はあたたかく元気に!2

    「旬」の力を借りて体はあたたかく元気に!

    「旬」の力を借りて体はあたたかく元気に!

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    寒い日が続きます。朝の畑は霜で真っ白、水は凍り、葉っぱも凍っています。
    こんな風に寒くなると、白菜が柔らかく甘くなって非常に美味しくなります。
    外葉は黄色く枯れたようになりますが、根菜もずっしりと大きくなって、食べ頃を迎えています。こんな寒い日は、鍋や煮物も気温も手伝って美味さが3割り増しに感じられるのではないでしょうか?

    師走の疾走感が極まってきたこの頃ですが、寒さや忙しさに負けないように、「旬」の力を借りて体は暖かく元気に年末を越えて、新年を迎えましょう!

    それでは、良いお年を!!
    これを年明けに見ていただいた方、
    「あけまして、おめでとうございます!」

    <1月の出荷予定>

    人参4種/大根/長ネギ/白菜/里芋/京芋/八つ頭/小松菜/ルッコラ/わさび菜/落花生/サツマイモ4種/キャベツ/柚子/はっさく
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 1月号 2017.12.28 クリック
    ナファ生活研究所「 TAKEFU 」のうるおいマスク各種

    ナファ生活研究所「 TAKEFU 」のうるおいマスク各種
    <セール時は10%引きでお得です!>

    ナファ生活研究所「 TAKEFU 」のうるおいマスク各種

    ナファ生活研究所「 TAKEFU 」のうるおいマスク各種
    <セール時は10%引きでお得です!>

    のどやお肌を乾燥から守る竹布のうるおいマスクです。
    竹繊維は吸水性、消臭性、静電性にすぐれた繊維です。

    ソフトで肌触りもよく、マスクの中が蒸れにくいので、メガネをかけてマスクをしてもレンズが曇りにくいです。調整ゴムで簡単にサイズ調節ができるので、耳紐で耳が痛くなりにくいのもポイント。

    お店スタッフも自転車やバイクの運転中の防寒対策にも愛用してます。

    ナファ生活研究所「 TAKEFU 」のうるおいマスク各種

    ● 竹のうるおいマスク・・・1,000円(税別)
    ● 竹のキッズマスク・・・800円(税別)

    線
    超薄型・遠赤外線暖房機「 ゼンケン・アーバンホット 」

    超薄型・遠赤外線暖房機「 ゼンケン・アーバンホット 」

    超薄型・遠赤外線暖房機「 ゼンケン・アーバンホット 」

    超薄型・遠赤外線暖房機「 ゼンケン・アーバンホット 」

    薄型で壁際にフィットし、遠赤外線効果で身体の芯から温まりますよ!

    前面輻射と上部対流の2つの方向からお部屋を温めますのでお部屋全体を優しく暖めます。

    それにお子様やお年寄りのお部屋でもやけどや火事の心配も要りません、安全で柔らかい暖かさに包まれて冬をお過ごしください!

    超薄型・遠赤外線暖房機「 ゼンケン・アーバンホット 」

    ● 4畳半〜6畳用・・・36,000円(税別)

    線
  • 自然栽培 ー1月の百姓暮らしー 2017.12.28 クリック
    年初は元旦から行事が目白押し

    年初は元旦から行事が目白押し

    年初は元旦から行事が目白押し

    『自然栽培 ー1月の百姓暮らしー 』
    < 佐藤さんの連載21回目 >

    新春の候、寒さも本格的になってまいりました。
    皆様にはお健やかにお過ごしいただけるよう、
    安心安全美味しい米作りに励ませていただきます。
    今年もどうぞよろしくお願いいたします。

    さて、年初は元旦から行事が目白押しです。
    部落のおひまち、親戚の挨拶めぐり、七草、鏡開き、小正月・・・
    と、祭事が続きます。

    それに合わせて、漬物や郷土料理のご馳走作りに華が咲きます。
    雪に埋もれる単調ないなかの暮らしにメリハリが付き活気が出ます。
    神や仏はもちろんの事、回りの些細な事に感謝の念も生れます。

    つくづく、“祭事”というものは、人の暮らしを守るための
    知恵なのだと、思い知らされます。

    面倒くさがらず、せっせと楽しんで、決まり事に勤しみましょう、っと!

    お米定期購入者募集中!お申し込み用紙は <こちら>

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • 奇跡のさすらいインド旅 〜 4 〜 2017.12.28 クリック
    お題目が繋ぐご縁の深さと、大いなる何かを感じました

    お題目が繋ぐご縁の深さと、大いなる何かを感じました

    お題目が繋ぐご縁の深さと、大いなる何かを感じました
    チャルカで糸を紡ぐガンディー

    チャルカで糸を紡ぐガンディー

    チャルカで糸を紡ぐガンディー

    チャーリー宮本の
    「奇跡のさすらいインド旅」〜 4 〜

    「チャーリーさんの名前を、ラジャスターンで見ましたよ!」「???」
    日本に帰って偶然久しぶりに再会した方にそう言われ、とっさに何のことやら思い出せなかったのですが、よく話を聞いてみると「ええ〜〜!!」と、ご縁にびっくり!

    シタール奏者の友人が、ラジャスターンの田舎にある大学の教授になったので、暫く彼の家に居候していた時のこと。

    やはりその大学の音楽の先生でマニプリダンサーととても親しくなりました …というのも、マニプールの人たちの国はインドですが、東隣りはミャンマー。インド人とは違い、顔はまるで隣のお兄ちゃん!(笑)小柄で僕らとよく似た顔立ちは他人とは思えません!

    その彼が僕らを、あるアーティストの家へ連れて行ってくれたのです。
    作品も人も素晴らしい方で、滞在中に何度か家に遊びに行きました。
    その彼が僕らの帰り際、それはそれは貴重なカディ(手紡ぎ、手織りの布)のプレゼントをくれたのです!何もお返し出来ない僕らは、いつも大切に旅に携えていた「南無妙法蓮華経」のお題目と名前が達筆で書かれた半紙をお渡ししたことを思い出しました!

    なんとそれをそのアーティストの家で見たというのです!
    「ええーーー!」あり得ない出来事に、お題目が繋ぐご縁の深さと、大いなる何かを感じたのでした。合掌。

    こころある旅人へ・・・(つづく)

  • ほろ酔い地球会議4 - No.16 2017.12.28 クリック

    友ちゃん&町ちゃんのほろ酔いトーク (( ほろ酔い地球会議4 )) No.16

    【友】友ちゃん= 大友 映男(村長)
    【町】町ちゃん= 町田 榮

    【友】この共同体では英語で話して欲しいっていう要求した外人もいたよ。

    【町】へえ~、無茶苦茶な要求だね。

    【友】14年間くらい「ミルキーウエイ」は継続したから、色んな外人に会ったよ。

    【町】「ミルキーウエイ」をスタートしたとき、活動の基盤となる方向性と言うか概念というか、友ちゃんだったらマクロビオティックとか・・・?

    【友】それにエコロジーとかね。その中で僕はぼちぼち僕なりに活動していて、たとえば畑をやったりマクロビオティックの教室を開いたり、太極拳を教えたりしてた。
    僕はそれに塩運動の応援はずっとしていて、10年間は塩のワークキャンプ(大島での自然海塩作りのボランティア活動)ってのをやって、自然海塩が会社になるまで応援してた。
    あとインディアン運動がやって来るんだよね。

    【町】アメリカ・インディアンの応援活動だね。

    【友】1976年に「ミルキーウエイ」を始めたと思うんだけど、1977年に東京、広島平和行進があって、1978年には僕がアメリカに行った「ロンゲスト・ウォーク」があって、1979年から1980年までは「生存への行進」があって、1981年にはこの「やさい村」を作ったっていう活動の連続だった。

    【町】「ミルキーウエイ」に集まった人たちっていうのは、基本的にはどういう人たちだったの?

    【友】基本的には知的な人が多かった。

    【町】いろいろと思考する人たちだね。

    【友】そう、自分の生き方を真剣に考えてる新しい世界を創ろうって人たちが多かったし、海外から来た外国人の人たちは日本の文化を学びに来た人が多かったね。
    雑穀だとか自然農法とか日本人の思想、マクロビオティックとかね。外国人たちの日本に対する興味が世界規模であるんだなって感じたね。

    〜〜〜 つづく 〜〜〜