自然食品店 やさい村 店内 2016年

  • 12月号のご挨拶
    NEW
    2018.11.30 クリック
    越冬の準備

    越冬の準備

    越冬の準備

    いや〜12月、とうとう来てしまいましたね!このところ急に朝晩の気温が下がって寒くなって来ましたね〜!
    私も慌ててゼンケンの遠赤外線のストーブ・アーバンホットを出したり、遠赤外線衣類・アルファウエーブの冬物の服を出したりと今週は防寒対策の準備に追われました。

    先日は『佐藤さんの新米を食べる会』で収穫したての新米と克子さんの漬け物に舌鼓を打ちました。
    若杉さんのお話しを聞く講演会が終わったら、一気に年末に突入して行きますね。

    佐藤さんの新米が始まりましたので、新たに今年から来年までのお米の定期購入の申し込みも始まりました。
    今年は面積も増やしてもらった事もあり、昨年より収量も増えたので皆さまにご迷惑をおかけせずにお届けできると思います。
    お米は抜群の美味しさです!!ご希望の方は是非お申込み下さい!

    また、地場の農家さんたちの冬野菜が一斉に出始めました、安全でなおかつ超新鮮な地場の無農薬野菜が店頭に並んでおります。
    中には収穫して30分〜1時間も経たないでやさい村の店頭に並んでいる野菜もありますので是非皆さま、美味しく食べて下さいね!
    お酒やワイン、オーガニックビールなどのお酒類や料理酒、味醂などの調味料も充実させてますからね〜

    また、冬将軍を迎える準備、そしてクリスマスやお正月を迎える準備はお済みでしょうか?
    電磁波99%カットのホットカーペットや遠赤外線効果の暖房器具や衣類、寝具類も取り揃えておりますので是非お問い合わせ下さい。

    やさい村では、添加物などを使っていないクリスマスケーキや、お節料理のセット・単品でのご注文も承ります。
    安心で美味しい食材を取り揃えて、皆さまのおいでとご注文をお待ち申し上げております!(ケーキもお節もスタッフが試食済みですがとても美味しかったです^^)
    愛する人と安全で、美味しい、楽しい食卓を囲んで頂きたいと思っております。
    一人暮らしの方もオーガニック食材でちょっと贅沢に豊かな年末をお過ごし下さいませ!

    *12月27〜30日はお正月用食材の配達を致しておりますので是非ご用命下さい、また31日はお店は午後4時まで営業致します!

    (村長大友)

  • 12月イベントお知らせ
    NEW
    2018.11.30 クリック

    イベントのお知らせ

    「 ond クラフトマーケット 」<やさい村出店>

    日 時
    12月1日(土)11:00~17:00
    場 所
    武蔵野市境南町3-2-13 Ond内テラス(武蔵境線路沿いを東小金井方面へ徒歩5分)

    線

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    12月6日(木)・8日(土)
    線

    「 コピス吉祥寺 GREENINGマルシェ 」<やさい村出店>

    日 時
    12月15日(土)〜16日(日)10:00~17:00(雨天決行)
    場 所
    コピス吉祥寺 A館1階(屋根付き中通路)

    ◎地場野菜を中心に全国の美味しい野菜、(調味料・自然塩・天然茶etc.)
    他ではなかなか見られないこだわりの商品をお持ちします!
    ◎2日間実施(雨天決行)

    線

    やさい村 10%OFFセール & デモ販

    日 時
    12月21日(金)〜22日(土)
    場 所
    やさい村

    デモ販売:21日「メダカのがっこう」/ 22日「心泉茶苑」
    ※セールには一部除外品があります。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    12月5・12・19・26日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    12月7・14日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    12月13日(木)20:00~21:30
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線
  • 12月「今月のおすすめ旬野菜」
    NEW
    2018.11.30 クリック
    大根

    12月の旬野菜:大根

    大根

    今月のおすすめ旬野菜:「 大根 」

    大根の原産地は地中海沿岸から中央アジアなど諸説がある。10月頃から始まり12月に盛りを迎え、2月頃迄続く。

    歴史的には、5000年前の古代エジプトのピラミッド建設に従事した人びとに配られた記録があるくらい古くから栽培された歴史があり、日本にも縄文後期から弥生初期には伝来していたようだ。
    文献に登場するのは日本最古の文献とされる古事記の中の仁徳天皇の歌にも登場する。

    走りの時期水分が多く柔らかく辛味が強く、名残りの時期は水分量が少なくなり甘みが増す。

    まさに日本料理には欠かせない存在で栄養も豊富、様々な薬効もある素晴らしい食材だ。
    大根に含まれるジアスターゼは消化を助け、魚のタンパク質を分解する酵素を多く含む事から周囲を海に囲まれ魚を良く食べる日本人にとってはまさに「神の野菜」と言っても過言ではないかもしれない。

    冬の大根は丸々一本買って、葉と本体を切り分け、ヘタ部分を切り分け、さらに本体を上、中、下の三つに切り分け五つの部位に切り分けてそれぞれの部位にあった調理をして食べるのが醍醐味で、捨てるところは全く無い。

    料理は煮物、おでん、汁の実、大根ステーキ、炒め物、キンピラ、なます、酢の物、漬け物、たくあん、サラダ、大根おろし、刺身のつまなどがある。

    寒い季節にあったかいホカホカの大根の煮物はからだも温まりデトックス効果もあって最高だ!

    食養では、発熱した時の熱冷ましに第一大根湯。
    利尿効果のある第二大根湯を使って手当てに用いるが、抜群の効果があるので作り方は別途紹介したい。

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 12月「今月の酒」
    NEW
    2018.11.30 クリック
    銀河高原ビール「デュンケルヴァイツェン」

    銀河高原ビール「デュンケルヴァイツェン」

    銀河高原ビール「デュンケルヴァイツェン」

    今月の酒:銀河高原ビール「デュンケルヴァイツェン」

    どうも、スタッフです。
    X’masや忘年会、年越しとお酒を飲む機会が増える12月のおススメを考えるのはすごく苦労します。
    まずは乾杯が無ければ始まらないので、乾杯ビールをご紹介します。

    数量限定発売の【デュンケルヴァイツェン】は、ホップのフルーティーな香りと焙煎麦芽を使用する事でココアを思わせる穏やかな甘い香りが特徴。

    甘い香ばしさと深いコクがありますが、苦みは少なく飲みやすく、余韻が残るといった味わい。

    南ドイツ伝統の製法でつくりあげた濃いブラウン色のエールビールで“デュンケル”はドイツ語で「色が濃い」という意味だそうです。

    豪雪地帯 / 岩手県にある銀河高原ビールでは、和賀岳の適度なミネラルを含む天然水を仕込み水として使用し、1516年にバイエルンのヴィルヘルム4世が布告した法律で「ビールは、麦芽・ホップ・水のみを原料とする」と定めた「ドイツ純粋令」に基づき、「工業製品」ではなく、「自然食品」としてのビール造りを目指して、ビールの原材料を「麦芽・ホップ・水」のみで造り続けています。

    数量限定なので、是非このお得期間にご賞味ください!

    12月1日〜31日 特価・・・
    1缶(350ml)267円+税 ⇒ 250円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園
    NEW
    2018.11.30 クリック
    お鍋

    お鍋

    お鍋
    タフな野菜たちが揃っています

    タフな野菜たちが揃っています

    タフな野菜たちが揃っています

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    もはやあの地獄のような暑さもめっきり影を潜めて、むしろ朝晩は寒いと言ってしまうようになりました。

    初雪は記録的に遅いという事なので、いくらか夏の魔王も影響を保っているのでしょうか?

    何れにせよ「寒い」の一言が出たという事は、いよいよ冬野菜の季節です!

    鍋の準備は出来ていますか?
    大根・人参・カブ・長ネギ・白菜・キャベツ。どんどん膨らんでいますよ!

    鍋の準備がまだの方。ご安心ください。

    さつま芋が追熟期を超たので、いよいよ出荷が始まります。
    やさい村のお店から、焼き芋の甘い香りが立ちこめる事でしょう。
    鍋はひとまず置いておいて、熱々にかぶりつくのも冬の醍醐味ですね!

    今年は天候が厳しい年でしたが、様々な障害にも負けずに生き抜いてきたタフな野菜達が揃っています。
    味わいもきっと力強いことでしょう!!

    <12月の出荷予定>

    白菜/キャベツ/大根類/人参/里芋類/さつま芋/長ネギ/カブ/赤からし菜/わさび菜/赤水菜/ルッコラ/小松菜/パクチー/サラダmix/サンチュ/ガーデンクレス/柚子/みかん/柿 *他マイナー野菜も取れ始めます。
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 12月号
    NEW
    2018.11.30 クリック
    「クリスマス&おせち商品」

    「クリスマス&おせち商品」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    「クリスマス&おせち商品」

    「クリスマス&おせち商品」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    早いものでもう年末ですね!
    やさい村では毎年恒例、ムソーのおせち・クリスマス商品、加藤農園ののし餅を取り扱っております。今年はこだわりのいんやん倶楽部のおせちセットも取り扱い開始しました。
    いずれも合成保存料・化学調味料不使用!「かまぼこ1個」など単品1つからのご注文が可能です。

    さて、お店でよく聞かれるのが伊達巻の関東風と関西風の違い。一番の違いは砂糖の量です。
    甘辛いのが関東風で、それより砂糖少なめで出汁の味なのが関西風です。

    店頭にカタログを置いてますので、ぜひご覧になってください。
    *ご予約締切は12月6日(木)

    線
  • 自然栽培 ー12月の暮らしー
    NEW
    2018.11.30 クリック
    12月の暮らし

    12月の暮らし

    12月の暮らし

    『自然栽培 ー12月の暮らしー 』
    < 佐藤さんの連載31回目 >

    もう雪が本格的に降ってまいりました。

    外仕事は、雪掘りだけになってしまいます。

    家の中では、収穫した野菜の保存に追われています。
    漬け物、麹、乾物、ミートソースから燻製まで作れるものは何でも作ります。
    そうして春まで、家に有るものでやりくりして食べる生活が始まります。

    冬至が来てクリスマスが過ぎると正月支度・・・

    新年を迎える一大行事をして今年を締めくくります。

    お米定期購入者募集中!お申し込み用紙は <こちら>

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • 人のその道|第5回
    NEW
    2018.11.30 クリック
    人のその道 アリアケスイサン
    人のその道 アリアケスイサン1

    人のその道 アリアケスイサン1ん

    人のその道 アリアケスイサン1
    人のその道 アリアケスイサン2

    人のその道 アリアケスイサン2

    人のその道 アリアケスイサン2
    人のその道 アリアケスイサン3

    人のその道 アリアケスイサン3

    人のその道 アリアケスイサン3
    人のその道 アリアケスイサン4

    人のその道 アリアケスイサン4

    人のその道 アリアケスイサン4
    人のその道 アリアケスイサン5

    人のその道 アリアケスイサン5

    人のその道 アリアケスイサン5
    人のその道 アリアケスイサン6

    人のその道 アリアケスイサン6

    人のその道 アリアケスイサン6
    人のその道 アリアケスイサン7

    人のその道 アリアケスイサン7

    人のその道 アリアケスイサン7

    「 人のその道 」〜第5回〜

    「その人を知ればその人が創り出す物事が見えてくる」と思たち、生産者さん達の生の声をお伝えします。
    第5回目は、大人気の海苔「紫彩」を作るアリアケスイサン 古賀さんにお願いしました。

    【 やさい村(以下:や)】まずは簡単な自己紹介をお願いします。

    【 古賀哲也さん(以下:古)】福岡県大川市で、海苔養殖業を営んでいます。
    大川市は家具産地として有名ですが、九州一の大河筑後川に面しており、農業や漁業も盛んです。
    そしてその筑後川が注ぐ日本一の海苔産地である有明海で海苔を作っています。

    【 や 】アリアケスイサンHPに載っている「父から受け継いだもの。それは、宝の海・有明海と、伝統を変えていく勇気と覚悟」って言葉がすごく好きなんですが、古賀さんで何代目になりますか?

    【 古 】祖父の代から海苔作りをはじめました。
    私で3代目です。

    【 や 】また、古賀さん自身は何歳の頃に海苔養殖に関わるようになったのですか?

    【 古 】海苔生産者の仕事は育てて収穫して終わりではなく、収穫した海苔をあのシート状に乾燥するまでです。
    乾燥工場は家の隣にあります。
    子供の頃は、繁忙期は乾燥工場が遊び場でした。
    人手が足りない時は、たまに海に連れて行かれたこともあります。
    家業を継いだのは、大学を卒業してからです。

    【 や 】「伝統を変えていく勇気と覚悟」とはどのような事だったのでしょうか?

    【 古 】それは、私よりも2代目の父です。
    父は、海苔生産者としても一流でしたが、とにかくいろんなことに挑戦したり、人がやっていないことに手をだしたりしていました。
    「有明海苔 紫彩」もその中で生まれました。
    ただ、そんな性格ゆえ海苔業界の中でも目立ってしまい、批判や誹謗中傷、いたずらなどの標的でもありました。
    それにも負けず、自分の思う道を突き進んできたのは、勇気と覚悟があったからだと思います。
    私はそんな父を見てきたので、できるだけ目立たないようにと思ってやってきましたが、だんだんと父に似てきました(笑)

    【 や 】アリアケスイサンがあり海苔養殖はどのような場所(地域)で行ってますか?

    【 古 】海苔養殖は九州の内海である有明海で行っています。
    有明海は福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県に面した海で、日本一干満の差があり、独自の生物相などが特徴です。
    そして、日本一の海苔産地としても有名です。
    弊社(アリアケスイサン)は有明海に面していない福岡県大川市に所在していますが、筑後川の漁港から有明海にある海苔漁場まで出港しています。
    片道十数キロ、およそ30分の距離です。

    【 や 】海苔養殖とはどのような作業を行っているんですか?

    【 古 】海苔養殖は冬に行います。
    9月〜10月に海で漁場を作り、10月中下旬頃に海苔を育てるための網を漁場に持って行き、海苔の種付けを行います。
    無事海苔の種(胞子)が網に付いたら、網が汚れないように洗ったり、適度に空気に晒して乾燥を与えたり、毎日その作業を行います。
    海苔が成長して数センチくらいになったら、二期作目用の網を陸揚げし、干して冷凍保存します。
    有明海の海苔養殖は二期作なんです。
    海にそのまま置いている網は種付けからおよそ1ヵ月で初収穫を迎えます(11月中下旬)。
    海苔は網から何回も収穫をします。
    一番最初に収穫したものを初摘み、一番摘みと呼びます。
    数回収穫した後、年内に一旦網を海から撤去し、二期作目の網を冷凍庫から出庫し、海に持って行きます。
    そしてまた初摘みを迎え、4月上旬まで十数回収穫を繰り返します。
    そして4月中に漁場の後片付けをし、海苔のシーズンが終わります。
    シーズンオフの5月から8月までは、陸揚げした網や漁具の修理、次の海苔シーズンに向けての準備を行います。

    【 や 】一年の作業の流れを教えて下さい。

    【 古 】上記のとおりです。

    【 や 】紫彩のこだわりや、誕生までの苦労はありましたか?

    【 古 】海苔生産者はシート状の海苔を乾燥して作り上げるまでの作業を行います。
    その海苔乾燥機はほとんどの生産者が持っていますし、メーカーも数社ありますが、弊社の紫彩を乾燥する機械は父の考案によるものです。
    紫彩のような形状の海苔は通称ばら干し海苔と呼ばれており、当時は全国的にほとんど流通していませんでした。
    父はそのばら干し海苔を作っている全国の先達者の元へ視察に行き、研究を重ね、独自のばら干し海苔専用の乾燥機を作りました。
    ただ、最初の数年は失敗の連続で、まともな海苔が作れませんでした。
    乾燥機は改良を重ね、海苔もどういったものが美味しいばら干し海苔に適しているのか試行錯誤した末に生まれたのが「有明海苔 紫彩」です。

    【 や 】「酸処理に頼らない」で養殖される紫彩/藻紙ですが、一般的に流通する海苔で行われる酸処理とはどういった作業なんですか?

    【 古 】海苔は養殖する過程で病害が入ります。
    その病害を防ぐために行うのが酸処理(活性処理)です。
    有機酸を薄めた酸性の液に海苔網を付け込んだり、散布したりします。
    海苔生産者のほとんどが行っております。

    【 や 】酸処理をしないで海苔養殖をするうえで苦労はありますか?

    【 古 】「有明海苔 紫彩」、「有明海苔 藻紙」に関しては酸処理を行っていない一番摘みの海苔だけを使っています。
    一番摘みは、養殖技法によって酸処理をしなくてもなんとか病害を逃れることができます。
    ただ、それ以降は酸処理を行っています。

    【 や 】海苔は日本人には馴染みがありすぎて、単純に食べてしまっていたと思います。
    紫彩を初めて食べた時、風味や旨みに衝撃を受けました。
    そんな紫彩のおすすめの食べ方やレシピがあれば教えて下さい。

    【 古 】紫彩は主役にも脇役にもなれる海苔だと自負しています。
    ラーメンやうどん、蕎麦、パスタ、素麺などの麺類、味噌汁やお吸い物などの汁物との相性がいいです。
    個人的には、薬味感覚で使います。
    とろろや冷奴、焼きナスには欠かせません。

    【 や 】先にも書きましたが海苔は日本人には馴染みがありすぎて単純な食材ととらえている方も多くいらっしゃると思います、古賀さんにとって海苔とは?

    【 古 】海苔って食文化だと思います。
    海苔養殖の発祥は東京浅草と言われています。
    海苔があったからこそ、江戸で寿司が生まれ花開いた。
    そして、今では寿司もおにぎりも海苔に包まれて世界中に広まっています。
    もっと世界中の人に海苔のことを知ってもらいたいし、その美味しさを知ってもらいたいです。

    【 や 】海苔作りをしていて良かったと思うことはありますか?

    【 古 】元々身体が弱かったのですが、海で働くようになってあまり病気しなくなりました(笑)

    【 や 】今後のビジョンや目標はありますか?

    【 古 】2年前に法人化し、従業員を雇用しました。
    今は彼と一緒に海で作業をしています。
    ゆくゆくは彼に一人前の海苔生産者になってもらい、ある程度海の仕事を任せたいと思っています。
    そして私は今以上に販売の方に力を入れたいし、海苔の普及のため食育活動やワークショップもやりたいと思っています。

    【 や 】最後にメッセージやお知らせを是非お願い致します。

    【 古 】今現在、海苔の初収穫まで2週間をきりました。
    今月下旬には初収穫を迎える予定です。
    今年も美味しい海苔をお届けできるよう頑張っています。
    生産現場からリアルタイムで情報発信していますので、よかったらFBやインスタグラム、ブログをご覧ください。
    今後ともよろしくお願いいたします。

    線

    <やさい村取り扱い商品>

    ● 紫彩15g…550円(税別)
    ● 藻紙5枚入り…580円(税別)

    線

    株式会社 アリアケスイサン
    〒831-0041 福岡県大川市大字小保968-69
    TEL : 0944-86-3326 / FAX : 0944-86-3326 / Mail : info@ariakesuisan.com

    『アリアケスイサン』 WEBサイト
    http://ariakesuisan.com/

  • 「塩」いのちのふるさと[9]
    NEW
    2018.11.30 クリック

    ー自然塩復活運動を振り返るー 「塩」いのちのふるさと[9]

    「ニガリの研究者・真島真平先生との出会い」

    ある時、伊豆大島の馬伏の海塩作りの現場作業のワークキャンプに行っていた時に、谷さんから面白い話を聞いた。

    山口県の防府に真島先生という医師がいて海水を濃縮した液を作って患者さんに投与したところ、あらゆる病状が改善されているという話で、先方から谷さんに連絡があったという話だった。

    その話を聞いた時に、医療の現場での実証があるという事は、塩の品質の検証にとって素晴らしい証明になるだろうと閃いた!

    もちろん谷さんも同様に考えていた。
    そして谷さんと真島先生は文通して何通もの書簡を取り交わしている。

    自然塩復活運動には、大きく第一期の原塩を輸入しニガリを輸入して、真水に溶かし、それを炊き直して塩を作るという「輸入再生塩」を作った運動、そして第二期と私が名付けている海水を濃縮して直に塩を作った「自然海塩」を作った運動があった事は既に述べた。

    第一期に作った塩は原料となる原塩とは、かつて海だったところが地殻変動の影響で隆起して地上に塩分が残って自然結晶したものだが、長い年月の間風雨などの影響により塩の層のような形で残されたものだ。この2種の塩の違いは何かというと、圧倒的な違いはミネラルの含有量の違いである。

    しかしこの原塩を成分分析をするとほとんどが塩化ナトリウムで、日本の専売公社が作る電気分解の99.9%塩化ナトリウムの化学塩と変わらない。

    つまり、長い年月の間に風や雨の影響で、微量ミネラル類は地中に溶け出してしまい他の微量ミネラルがなくなって塩化ナトリウムだけの結晶体になってしまったものが原塩という訳だ。

    そこで、失われたニガリ分(微量ミネラル分)を補う為に中国からニガリを輸入して添加する事になった訳だが、ここで皆さんには是非知ってもらいたい大事な事がある。

    そのニガリは固形ニガリだったのだ。

    一般的にニガリ、ニガリと言われているが、実はニガリには固形のニガリと、液体のニガリが有ってどちらもニガリと呼ばれているが内容は全く違う。

    固形のニガリとは、実体はマグネシウムの単体での結晶体の事であって、液体のニガリとはマグネシウムが一番多く含まれてはいるが、マグネシウム以外の90種類を越える様々な微量ミネラルが含まれているものなのだ。

    ここに第一期に作られた「輸入再生塩」と第二期に作られた「自然海塩」との間には実は圧倒的に大きな差があるのだ。

    つまり、自然海塩の方が豊富に微量ミネラルが含まれているのだ。

    その微量ミネラルの働きを証明することができれば人間にとってどのような塩が必要なのかをさらに突き詰めて行く事が出来る。

    その塩の品質問題を解き明かす上でその微量ミネラル分を濃縮して患者さんに投与して様々な病状を改善させている真島真平先生の医療の現場での実証は素晴らしい可能性を秘めたものだと私は思ったのだ。

  • 11月号のご挨拶 2018.11.01 クリック
    食欲の秋

    食欲の秋

    食欲の秋

    このところ急に気温が下がって来ましたね。寝具や服装に十分注意をして、お風邪など引かれないように気をつけてくださいね。

    11月の3〜4日(土日)には「はらっぱ祭り」や「食菜フェスタ」への出店があります!
    はらっぱでは野菜類の他自然酒類やおむすびなどの飲食もやりますよ!

    また、11日(日)には、山形の真室川から佐藤慎一さんをお迎えして「佐藤さんの新米を食べる会」を開催します。お世話になっている佐藤さんから自然栽培の米作りについて直接お話を聞けるまたとないチャンスですのでぜひ皆さんに聞いていただきたいです。

    そして、18日(日)には、若杉友子さんの東京でのラスト講演会「若杉ばあちゃんが語る・今みんなに一番伝えたい事」を開催します!
    今回が東京における若杉ばあちゃん最後の講演会になる予定ですので絶対お聞き逃しのないように万端繰り合わせてぜひご参加下さい。
    食養の事を家族や友人に伝えたい方はお誘い合わせてご参加下さい、貴重なお話を聞けるのは間違いありません、ラストチャンスです!!

    いやしかし11月は毎週楽しくて外せないイベントや勉強会が目白押しですね〜心より皆さまのご参加・お申込みをお待ちしております!

    また、お店からのお知らせですが、最近金曜日の夜に夜間配達を希望される方がいらっしゃって夜間配達を始めました!
    もし、夜間配達のご希望がございましたらお申し出下さいませ!お話を伺い、調整して、可能な限り対応したいと考えております!
    (それと、やっとやさい村でカード決済もできるようになりました!)

    また、前号でもお伝えしましたが、宅配便の値上げに伴い宅配会社と話し合って来ましたが、各社ともに一般料金以下でやってもらう特約契約などを廃止しており、今までのサービスが続けられなくなりました。誠に残念ですが宅配料金の料金が一般料金同等になってしまうので御了承お願いします!今後取り扱い量が増えればまだ交渉の余地があるかもしれないので、引き続き努力して参りたいと思います。

    お店ではこれから、秋野菜から冬野菜が豊富に並ぶシーズン、11月には地元生産者の皆さんの野菜も次第に増えて来ると思います!
    顔の見える美味しくて安心して食べられる野菜を、是非ご家族、お友達と、暖かい食卓を囲みながら食べていただきたいと思っております。
    スタッフ一同皆さまのご来店をお待ちしておりますね〜

    (村長大友)

  • 11月イベントお知らせ 2018.11.01 クリック

    イベントのお知らせ

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    11月1日(木)・10日(土)
    線

    『 武蔵野はらっぱ祭り 』やさい村出店

    日 時
    11月3日(土)〜4日(日)10:00~20:00
    場 所
    都立武蔵野公園 くじら山下原っぱ
    入場料
    入場無料・雨天実施

    線

    『 百年元氣 食菜フェスタ 』やさい村出店

    日 時
    11月3日(土)10:00~16:00(雨天決行)
    場 所
    井の頭公園 ステージ周辺

    線

    「 コピス吉祥寺 GREENINGマルシェ 」<やさい村出店>

    日 時
    11月17日(土)〜18日(日)10:00~17:00(雨天決行)
    場 所
    コピス吉祥寺 A館1階(屋根付き中通路)

    ◎地場野菜を中心に全国の美味しい野菜、(調味料・自然塩・天然茶etc.)
    他ではなかなか見られないこだわりの商品をお持ちします!
    ◎2日間実施(雨天決行)

    線

    『佐藤さんの新米を食べる会』やさい村主催

    日 時
    11月11日(日)11:00~14:00
    会 場
    三鷹市消費者活動センター3F調理実習室(三鷹市下連雀3-22-7 三鷹駅南口 徒歩4分)
    参加費
    2,000円(講演+新米&お漬物・お味噌汁付)★定期購入者・村民割引・・・ 500円引き

    お米の無農薬栽培を始めて40年、無施肥の自然栽培に挑戦し始めて13年になる山形の佐藤さんの新米の収穫が始まり、その新米を持って三鷹に佐藤さんがやって来ます!
    自然栽培のお話を聞きながらの、「佐藤さんの新米を食べる会」を開催致しますので、いつもお米を食べて下さっている皆さま、また自然栽培のお話を聞いてみたい皆さま、是非11月11日は三鷹にお集まりくださいね〜!!

    Facebookページ:自然栽培の話を聞き、佐藤さんの新米を食べる会。
    食といのちの学校・教室:食といのちの学校・教室
    佐藤さんのお米:詳細ページ

    線

    講演会:若杉ばあちゃんが語る『 今みんなに一番伝えたい事 』やさい村主催

    日 時
    11月18日(日)14:00~16:00(開場13:30)
    会 場
    Three Eight Nine MITAKA(389三鷹)
    講 師
    若杉友子さん
    参加費
    前売 2,500円 / 当日 3,000円 / 学生or村民割引-500円

    ※先着順となりますので、お申し込みの際はお早めにお願い致します。
    ※メール、電話、FBなどでお申し込の上、代金の振込みを持って受付け完了となります。

    Facebookページ:若杉ばあちゃんが語る【今みんなに一番伝えたい事】
    食といのちの学校・教室:食といのちの学校・教室

    講師プロフィール

    線
    線

    やさい村 10%OFFセール & デモ販

    日 時
    11月23日(金)〜24日(土)
    場 所
    やさい村

    デモ販売:未定
    ※セールには一部除外品があります。

    線

    『 いざという時の食養と手当て法 』- 冬を迎えるための食養と手当て -村長講演

    日 時
    11月25日(日)11:00~14:00
    場 所
    田んぼカフェ(武蔵野市吉祥寺南町5-11-2)
    講 師
    大友映男(やさい村村長)
    参加費
    4,500円(ランチ付)

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    11月7・14・21・28日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    11月2・9・16・30日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    11月15日(木)20:00~21:30
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 - ママクラス - 」<お昼の講座> 村長大友の教室紹介

    日 時
    11月20日(土)13:00~15:00
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線
  • 11月「今月のおすすめ旬野菜」 2018.11.01 クリック
    かぼちゃ

    11月の旬野菜:かぼちゃ

    かぼちゃ

    今月のおすすめ旬野菜:「 かぼちゃ 」

    原産地は北米、南米大陸。
    アメリカ先住民の間では8000〜1万年前から食用として栽培されていた。
    日本にはポルトガル船がカンボジア経由で持ち込んで豊後の大名 大友宗麟に献上したのが由来とされている。

    旬は9月〜12月、10月半ばから11月半ばが盛りとなるが、収穫期は夏の終わり。
    それを1〜2ヶ月貯蔵して保存して置くと澱粉質が糖化して甘くなって完熟する

    丸のまま保存して置くととても長持ちするので冬になるまで貯蔵しておき、冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかないと言われ各地で冬至にはかぼちゃを食べる習慣が残っている。

    かぼちゃはビタミンAを始めビタミン類やβカロチンミネラルの宝庫でまさに滋養強壮野菜の代表格の野菜。

    食べ方は、煮物、焼き物、蒸し物、スープ、ポタージュ、味噌汁、けんちん汁、天ぷら、コロッケ、サラダ、漬け物など多彩。

    とにかく、これから段々と寒くなってくるこの時期に、身体を温める料理をしっかり食べて体温を上げておきましょう!
    時にはサラダや漬け物で食べても美味しいですが、加熱すると身体も温まって来ますので、かぼちゃの煮物を始め加熱料理がオススメですね。

    食養法では、冬場に症状が悪化しやすい腎臓の滋養の為に「小豆かぼちゃ」(陽性な萎縮症状の対応)。
    「小豆昆布」(陰性な肥大症状の対応)を伝えられています、食養料理は一切砂糖は使わずに、そのものの甘さを引き出す素晴らしい料理なので是非食養と手当ても覚えて実践して下さいね。

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 11月「今月の酒」 2018.11.01 クリック
    「純米辛口 弥右衛門」

    「純米辛口 弥右衛門」

    「純米辛口 弥右衛門」

    今月の酒:「純米辛口 弥右衛門」

    どうも・スタッフです。
    朝晩の冷え込みが激しくなり、暦では冬の始まりの月。

    今月の酒には全国新酒鑑評会8年連続金賞受賞蔵の大和川酒造さんの代名詞でもあり、全国燗酒コンテスト2018で最高金賞の三つ星を獲得した「純米辛口 弥右衛門」をオススメ致します。

    自社田・自社栽培のお米と飯豊山系伏流水にて仕込まれ、精米歩合は60%、日本酒度は+7しっかりとした旨味とキレ、飲み応えがある、純米酒です。

    地元喜多方では普段呑みのとして愛飲されており、食事との相性もとてもいいです。
    常温でも美味しいですが、お燗か冷がおすすめです。

    寒い日には鍋でも食べながら冷。
    のんびりゆっくりお燗を味わうも良し。
    お得期間中に是非お試し下さい!

    11月1日〜30日 特価・・・
    1本(720ml)1,100円+税 ⇒ 1,000円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2018.11.01 クリック
    畑は冬の準備で播種に育苗の時期

    畑は冬の準備で播種に育苗の時期

    畑は冬の準備で播種に育苗の時期
    さフランスの自然栽培の畑に研修に行きました

    フランスの自然栽培の畑に研修に行きました

    フランスの自然栽培の畑に研修に行きました

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    いよいよ秋本番になってきました。
    吉田農園は、先日の台風でビニールハウスが大きく壊れてしまい、サツマイモと里芋と落花生の乾燥が出来ない為、全体的に収穫が滞ってしまっています。

    そんな中ですが、葉野菜の収穫は始まりつつあります。
    例年1番乗りする小松菜やルッコラは台風でひっくり返ってしまいましたが、パクチーは風にも負けず元気いっぱい育ってます。

    11月に入れば葉菜や人参、ハウスが直れば一気に芋類を収穫して出荷準備に入ります。
    出荷本番までもうしばらくお待ちください。

    <11月の出荷予定>

    パクチー/人参/じゃがいも/小松菜/里芋類(ハウスが直れば)
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 11月号 2018.11.01 クリック
    飯尾醸造「純米富士酢」

    飯尾醸造「純米富士酢」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    飯尾醸造「純米富士酢」

    飯尾醸造「純米富士酢」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    今月は、先日の東急初出店でも好評だった富士酢のご紹介です。

    原料は地元丹波の無農薬のお米と山から湧き出た伏流水のみ。米作りから2年以上かけて、昔ながらの「静置発酵」「長期熟成」で作られたこだわりの純米酢です。
    旨みが濃く濃厚な味わいで、料理を引き立ててくれます。まろやかで、どんなお料理にも合います。

    お酢のツンとしたのが苦手な方は、酢の物やマリネなどにする際、お酢をさっと火にかけると、酸味の角が取れてまろやかで食べやすくなりますよ。

    飯尾醸造「純米富士酢」

    ● 500ml・・・756円(税別)
    ● 900ml・・・1,188円(税別)

    線
  • 自然栽培 ー11月は冬支度ー 2018.11.01 クリック
    11月は冬支度

    11月は冬支度

    11月は冬支度

    『自然栽培 ー11月は冬支度ー 』
    < 佐藤さんの連載31回目 >

    刈取りが終わると、里はまた静かになります。
    でも、気が気でないのです。
    山はすでに白くなっているからです。

    いつ里に “白い物” が降りてきてもおかしくない時期になりました。
    地面が白い物で覆い尽くされる前に、外仕事を終えなければなりません。
    大量のもみ殻を燻炭にし、苗床の代かきをし、野菜の収穫、保存、加工、雪囲い・・・

    時折舞い散る雪と競争で、冬支度です。
    土が見えている間はいくらでも仕事があるのに、
    雪で覆われた瞬間、何にも出来なくなってしまいます。

    春まで、籠る生活の始まりです。

    お米定期購入者募集中!お申し込み用紙は <こちら>

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • 人のその道|第4回 2018.11.01 クリック
    人のその道 豆腐工房まめや
    人のその道 豆腐工房まめや1

    人のその道 豆腐工房まめや1ん

    人のその道 豆腐工房まめや1
    人のその道 豆腐工房まめや2

    人のその道 豆腐工房まめや2

    人のその道 豆腐工房まめや2
    人のその道 豆腐工房まめや3

    人のその道 豆腐工房まめや3

    人のその道 豆腐工房まめや3
    人のその道 豆腐工房まめや4

    人のその道 豆腐工房まめや4

    人のその道 豆腐工房まめや4

    「 人のその道 」〜第4回〜

    「その人を知ればその人が創り出す物事が見えてくる」と思たち、生産者さん達の生の声をお伝えします。
    第4回目はこだわりのお豆腐を作る「豆腐工房まめや」青木さんにお伺いしました。

    【 やさい村(以下:や)】まずは簡単な自己紹介をお願いします。

    【 豆腐工房まめや(以下:まめや)】長野県の伊那市高遠町というところで、「豆腐工房まめや」という豆腐屋を営んでおります、青木智(さとし)と申します。歳は39歳です。

    【 や 】「豆腐工房まめや」を始める経緯やきっかけはどんなものだったのでしょうか?

    【 まめや 】大学時代においしい豆腐に出会って衝撃を受けて、以来豆腐が大好物になりました。また、それからは頭の片隅に、常に豆腐屋さんへの憧れがありました。
    大学卒業後に会社勤めをしましたが、サラリーマンが性に合わず、次女の出産を機に会社を辞めました。家族で自然の摂理に沿った暮らしをしようと独立を考えたときに、たまたま近所に廃業された豆腐屋さんの跡地が見つかり、居抜きでお借りして始めることにしました。

    【 や 】修行や勉強などはしましたか?

    【 まめや 】特定のお店で修行はしていませんんが、たくさんの豆腐屋さんを見学させていただき、勉強しました。勉強したことを自分の工場で試してみる、ということを繰り返して、開業まで1年間試作を続けました。

    【 や 】「豆腐工房まめや」のある長野県伊那市はどんなところですか?

    【 まめや 】南信州の中核都市ですが、東西に2つのアルプスを望み、田んぼや畑が広がる美しいまちです。高遠町は桜の名所として名が知られていますが、私たちの工場がある場所は南アルプスのふもとの小さな山村で、棚田が広がる風光明媚な土地です。

    【 や 】お豆腐屋さんは凄く朝が早いイメージがありますが、何時頃から作業をしていますか?
    また、1日の作業サイクルを教えて下さい。

    【 まめや 】日によって違いますが、3時から4時くらいの間に作業を始めます。
    朝のうちに、油揚げを揚げて、豆腐づくりの主要な工程をやってしまいます。その後、8時すぎからお昼までは、豆腐をパック詰めしたり、使った機械器具をきれいに洗って片付けます。
    お昼休みをした後、午後は油揚げなどの袋詰めをして、荷造りをして商品を発送します。また、翌日の豆を洗ったり、薪を用意したり、翌日使う道具を準備します。その後、事務や会計の仕事をして、終わるのは夕方5時から6時くらいになります。季節によっては、その後に豆を浸漬します。

    【 や 】薪を炊いて豆腐をや揚げを作るって温度調節など凄く大変だと思うのですが、なぜ薪火で?

    【 まめや 】それが一番おいしく豆乳を炊ける方法だということもありますが、一番は自分達が楽しく仕事ができ、しっくりくるからです。なるべく暮らしとの垣根がないような仕事のやり方をしたいと思っています。

    【 や 】「豆腐工房まめや」をやっていて意識している事、大事にしている事はありますか?

    【 まめや 】上の質問の答えとも重なりますが、自営業なので、暮らしと仕事は一体のものです。あくまで私たちが自然で楽しくできるような仕事をしていきたいと思っています。

    【 や 】商品へのこだわりは?(材料や、製法etc.)

    【 まめや 】「かまど炊き」というと古めかしく”昔ながら”の豆腐を作っているように思われますが、そうではなくて、間口を広げてたくさんの方におしいと楽しんでいただけるような新しい豆腐を目指して、常によりよいものにしていかれるように工夫を重ねています。
    開業以来、地元上伊那産の大豆を使ってきましたが、将来的には、この小さな山村で仲間と共に大豆の栽培から行っていく形が理想だと思っています。

    【 や 】丹精込めてできたお豆腐や肉厚の油揚げなど、やさい村でもリピーターの方が多いです。
    商品のおすすめの食べ方を教えて下さい。

    【 まめや 】豆腐は、そのままでも、焼いても揚げても炒めても煮ても、どのようにも楽しめるのが魅力ですが、敢えて挙げるとしたら、豆腐に少しの塩をふりかけて蒸して召し上がるのをおすすめします。
    また、油揚げは、袋に開いて両面をカリっと焼いた後に、中にお好みの野菜を詰めてピリ辛のたれをかけて食べるのが、我が家の人気メニューです。

    【 や 】「豆腐工房まめや」をやっていて良かった事、大変な事はどんな事ですか?

    【 まめや 】自分にしかできないような技術を一つ身につけられたことです。大変なことは、やはり体力的な問題です。睡眠時間が多くは取れない中での早朝からの体力仕事なので、本当にヘトヘトになります。

    【 や 】ご夫婦で運営されていて、お子さんが5人いると伺いました。
    ご夫婦でどのように作業を分担して、お子さん達は工房にきたりお手伝いをしてくれるのですか?

    【 まめや 】豆腐作りは自分で、油揚げを揚げるのは妻という分担です。子供たちは、平日に学校がお休みの日などに、袋詰めなどの手伝いに来てくれます。また、休日に薪割りや薪運びの手伝いをしてくれます。

    【 や 】お豆腐とは関係なくても大丈夫なのですが、一番の幸せや喜びはなんですか?

    【 まめや 】子供が成長していく姿を見ることや、家族で暮らしをつくっていくことです。

    【 や 】今後のビジョンや夢はありますか?

    【 まめや 】豆腐や油揚げを使った飲食の仕事を取り入れていくことや、地元の資源を活用した商品づくりなどを行っていかれればいいなと思っています。また、工場に併設している直売店でご紹介している商品の種類を増やして、楽しいお店にしていきたいと思っています。

    【 や 】最後に読んでいる方へメッセージやお知らせを是非お願い致します。

    【 まめや 】東京からはそれほど遠くありませんので、ぜひ遊びにいらしてください。
    また、facebookやブログも(時々の更新ですが・・・)やっていますので、覗いていただければと思います。
    今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

    線

    <やさい村取り扱い商品>

    ● 豆腐…390円(税別)
    ● 油揚げ…300円(税別)
    ● 厚揚げ…270円(税別)
    ● 大粒納豆…280円(税別)
    ● 中粒納豆…420円(税別)

    線

    豆腐工房まめや
    〒396-0304 長野県伊那市高遠町山室2326-1
    TEL : 0265-96-7710

    『豆腐工房まめや』 WEBサイト
    http://tofu-mameya.com

  • 「塩」いのちのふるさと[8] 2018.11.01 クリック

    ー自然塩復活運動を振り返るー 「塩」いのちのふるさと[8]

    谷さんがカエルの心臓の人工還流の実験で塩の品質問題にひとつの明快な結論を出そうと考えたのには、専売公社の電気分解による純度99.9%の化学塩があり、また自然塩復活運動第1期に出来た原塩と固形ニガリを再結晶さてた輸入再生塩があり、また第2期にやっと海水を直に濃縮して作った自然海塩という、大きく3種に分類できる塩の他にも岩塩や湖塩など様々な塩があり、これらの中で自然海塩が最もヒトにとって必要な塩であることを理論だけではなく、生物実験によって証明する必要があると考えたからだった。

    現在の科学では、これを証明しない限り科学者や学会を説得する力はない。

    谷さんの目標のひとつはWHO・世界保健機構の塩に関する認識を変え、世界の塩に対する認識を変え、塩の認識を確立するということだった。

    生物実験となれば、ヒトに近い動物を使った実験ほど説得力はあるということになるが、動物実験をどこかの大学の医学部などに依頼すると、とてつもない費用がかかる。

    予算ゼロ、専売法で規制され作った塩さえ海に捨てなければならないという状況で、ほとんど手弁当と有志の寄付や、会員の会費や無償のボランティアで続けて来た当日の自然海塩運動の中でそれはそれはまったく不可能な話であった。

    まったくのゼロからスタートして、初めて海水から塩を作り、やがて会員制にして会員だけの会員配布がはじまり、やがて専売法が撤廃されることになり、塩の販売が出来るようになった。

    私は、谷さんと阪本さんの2家族が大島に移り住み始めた頃に知り合い、以来10年に渡って無償のボランティアで、ワークキャンプを組織して多くの若者たちとこの自然海塩運動を応援し続けた。

    そして、初めて出来た塩、風力と太陽熱だけで出来た「天日海塩」を持って11ヶ月に渡る日本縦断「生存の行進」を行って北海道から沖縄まで4000キロを歩いて各地で様々な人びとにこの塩運動を語り、塩を手渡して行った。

    そのように、学者、主婦、サラリーマン、学生、料理の専門家から、ヒッピーまで本当に日本の塩が悪化した事を憂い、改革を求めて実に広汎な人々がこの運動に立ち上がったからこそ専売法を撤廃に追い込んだのではないかと思っている。

    ただ返す返すも残念だったのは、谷さんが途上で亡くなった事である。

    谷さんは、専売法が撤廃され、塩運動の本体となって会員への配布を行っていた事務局が会社となって自然海塩の流通が始まると、塩の品質の生物実験を進める為に秋田に移住して、移住先で発病して亡くなった。
    自らが作った塩運動で作られた事業体からもほとんど支援は無かったようだ。

    現在、巷には多くの塩が売られていて、各地では地場産業として自然な塩作りがブームのようになっている。

    しかし、まさに孤立無援で塩運動を行ってきた谷さんや阪本さんたちの存在は塩の歴史の中では特筆すべき存在でありながら、今日その名前を知る人すらいない。

    そして、まだ塩を通じて世界を変えようとした、その遠大なビジョンは実現されておらず、まだまだ道は半ばなのだ。

  • 10月号のご挨拶 2018.10.07 クリック
    福岡正信著「わら一本の革命」

    福岡正信著「わら一本の革命」

    福岡正信著「わら一本の革命」

    皆さまこんにちは!やっと涼しく秋らしくなって来ましたね。
    それにしてもこの夏の猛暑、そして猛烈な台風、ゲリラ豪雨、そして北海道の地震などの影響で農産物の甚大な被害が各地で出ています。
    まさにこの夏は災害列島日本と化しました。

    通常でしたら実りの秋で様々な野菜や果物が沢山収穫されて出回って来る時期ですが、産地によっては壊滅的な打撃を受けて出荷出来ない状態になっているところもあって、なかなか野菜が揃いません。

    先日も農家さんと直接お話ししたのですが土の温度が35度を超えてしまうと蒔いた種が発芽せず、発芽した芽もちゃんと育たないそうですね。
    発芽したけど上に育たず地下に潜ろうとする芽もあるそうです。
    結局猛暑で全滅してしまい時期を待って蒔き直しをする事態となっている今年だそうです。
    自然と共に生きておられる農家さん達も、今までの農事暦が全く使えない未曾有の事態になっていると口を揃えて言われます。お米もこれから収穫の時期ですが私はとても気になります。

    私からの皆さまへのアドバイスですが、これからは食糧の確保やある程度の備蓄は各自がやるべきでしょうね。

    いつ何時、何が起こるか分かりません。何か起こった時はスーパーや商店の水や食料品は1時間もしないうちに売り切れてしまいます。
    補給が無かったら皆さん難民になるしかない、ましてや東京で大規模な災害があった場合には食糧の枯渇は目に見えていますからね。

    東京で餓死なんて考えたこともないでしょうが食糧が手に入って来ない事態になったらどうしますか?
    自分の家に備蓄の無い人は、他人も自分も助けられません。備蓄がある人や家庭だけが何とか食い繋いでいける、なんとか活動出来る、人助けも出来る、そんな事態も想定して置いた方がいいと私は思います。
    まさに「ボーっと生きてんじゃねーよ!」って天の声が聞こえて来るようです。

    若杉ばあちゃんは各自3ヶ月分くらいの備蓄をしておきなさいと20年程前から言ってましたよ。

    シビアな話ですが、今年の災害列島日本を見る限りサイクルが狂い始めた自然の猛威と、地震活動の活発化など地球レベルの環境異変の中で我々が何が出来るのか、考えた中での私の今の結論です、そして今ならまだそれぞれ準備出来る事です。

    さて、全国の産地の被害によって深刻な野菜不足なのですが、やさい村では有機流通を通じてだけではなく、地元武蔵野・三鷹の有機農家さんや各地の自然栽培の生産農家さんから直に野菜を送って頂いているので、おかげ様で店頭には新鮮で安全で豊かな食材が揃っています。
    ぜひ足を運んで秋の味覚を満喫していただきたいと思っております!
    近隣地域は3000円以上から配達料無料で配達もしております!こちらもぜひご利用ください!

    また、秋のイベントシーズンを迎えて、様々なイベント企画やイベント出店もいたします。
    楽しいイベントが沢山ありますのでボランティアでのスタッフ体験も面白いと思いますよー!

    最後にひとつ、昨今宅急便などの運送会社が一斉に運賃値上げをしております。
    やさい村も運送会社との特約契約などをしてお客様の運送費用の軽減を図って来ましたが、荷物量が規定を満たしていないなどの理由で一方的に突然破棄されてしまい、大変心苦しいのですがしばらくは一般運賃となる事をお許しください。
    今後とも皆さまへのサービスを向上させるべく交渉や新規開拓などの努力を致しますので今しばらくお待ち頂きたいと思います。宜しくお願い致します!

    (村長大友)

  • 10月イベントお知らせ 2018.10.07 クリック

    イベントのお知らせ

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    10月4日(木)・6日(土)
    線

    「 コピス吉祥寺 GREENINGマルシェ 」<やさい村出店>

    日 時
    10月20日(土)〜21日(日)10:00~17:00(雨天決行)
    場 所
    コピス吉祥寺 A館1階(屋根付き中通路)

    ◎地場野菜を中心に全国の美味しい野菜、(調味料・自然塩・天然茶etc.)
    他ではなかなか見られないこだわりの商品をお持ちします!
    ◎2日間実施(雨天決行)

    線

    『 いざという時の食養と手当て法 』- 秋の食養と肝臓の手当て -村長講演

    日 時
    10月21日(日)11:00~14:00
    場 所
    田んぼカフェ(武蔵野市吉祥寺南町5-11-2)
    講 師
    大友映男(やさい村村長)
    参加費
    4,500円(ランチ付)

    線

    やさい村 10%OFFセール & デモ販

    日 時
    10月26日(金)〜27日(土)
    場 所
    やさい村

    26日:ゼンケン/27日:シモセン(株)
    ※セールには一部除外品があります。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    10月3・10・17・24・31日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    10月5・12・19日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    10月11日(木)20:00~21:30
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 - ママクラス - 」<お昼の講座> 村長大友の教室紹介

    日 時
    10月20日(土)13:00~15:00
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    <11月のイベント>
    『 武蔵野はらっぱ祭り 』やさい村出店

    日 時
    11月3日(土)〜4日(日)10:00~20:00
    場 所
    都立武蔵野公園 くじら山下原っぱ
    入場料
    入場無料・雨天実施

    線

    『 食菜フェスタ 』やさい村出店

    日 時
    11月3日(土)10:00~16:00(雨天決行)
    場 所
    井の頭公園 ステージ周辺

    線

    講演会:若杉ばあちゃんが語る『 今みんなに一番伝えたい事 』やさい村主催

    日 時
    11月18日(日)14:00~16:00(開場13:30)
    会 場
    Three Eight Nine MITAKA(389三鷹)
    講 師
    若杉友子さん
    参加費
    前売 2,500円 / 当日 3,000円 / 学生or村民割引-500円

    ※先着順となりますので、お申し込みの際はお早めにお願い致します。
    ※メール、電話、FBなどでお申し込の上、代金の振込みを持って受付け完了となります。

    Facebookページ:若杉ばあちゃんが語る【今みんなに一番伝えたい事】
    食といのちの学校・教室:食といのちの学校・教室

    講師プロフィール

    線
    線
  • 10月「今月のおすすめ旬野菜」 2018.10.07 クリック
    里芋

    10月の旬野菜:里芋

    里芋

    今月のおすすめ旬野菜:「 里芋 」

    タロイモ科の里芋の日本に於ける歴史は古く、遠く縄文時代中期には日本に伝来し、稲作が伝わる以前まで長く日本人の主食の位置を占めていた。

    里芋と呼ばれるようになったのは平安時代で、山野に自生する山芋と区別する為に里芋と呼ばれるようになった。

    親芋、子芋、孫芋と食べられる事から子孫繁栄を願う象徴的な食べものとされ、お正月のおせち料理には欠かせない一品とされている。

    旬は9月中旬頃で、平安時代から中秋の名月を愛でる習慣が広まりちょうどその頃里芋が取れ始める時期と重なって里芋の煮物などを飾ることになった。

    また、小芋の衣被(きぬかつぎ)は平安時代当時の女性たちのファッションで、被り物を取ると色白の美しい顔が現れる事から例えられたという。

    主食の座を追われた里芋だが昨今は、そのダイエット効果や制ガン効果などから若い人達にも見直されはじめている。

    なんとなく薄寒くなる季節に里芋のほっこりして滑らかな口触りは何とも言えない秋の味覚である。

    ◎料理は煮る、蒸す、茹でる、揚げるなど料理方法は実に多彩である。

    又、里芋には薬効があり、昔から里芋をすりおろして小麦粉を混ぜ入れた里芋パスターを貼って湿布薬として様々な病気治療に使った。最近ではがん治療などにも使われている。
    (里芋パスターに関しては健康講座の方で過去何度か詳しく紹介している。)

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 10月「今月の酒」 2018.10.07 クリック
    木戸泉酒造「 自然舞(純米酒)」

    木戸泉酒造「 自然舞(純米酒)」

    木戸泉酒造「 自然舞(純米酒)」

    今月の酒:木戸泉酒造「 自然舞(純米酒)」

    『 旨き良き酒づくり 』

    どうも・スタッフです。
    今月はやさい村で新たに取り扱いを始めた「自然舞」をご紹介します。

    木戸泉酒造さんは千葉県にて明治12年創業、現在で5代目。
    天然の生の乳酸菌を高温で酒母を仕込む高温山廃酛という独自の製法をもち、麹菌・乳酸菌・酵母菌の3つの菌を発酵させる酒母造り手法を50年以上守り続けています。
    「添加物や農薬、化学肥料を使用しない日本酒を作りたい」と昭和42年から自然農法米100%の酒造りが始まりました。

    『 旨き良き酒づくり 』が蔵のビジョン。
    冒頭にこの言葉を書かせて頂いたのは、実はほんの数か月前までは飲んだ事がありませんでしたが、この言葉を見た時、単純にどんな酒なのか飲んでみたいと興味を持ち飲んでみたところ旨い酒でした。

    「自然舞」は青森県・岩手県の自然農法米を使用しており、純米酒ならではの米の旨味やコクを持ち、やや辛口で持ち飲み心地はキレがあります。

    食中酒にはもちろん、一人酒、仲間との酒盛り、どの場面にも馴染む事ができ冷酒はもちろん室温や、秋の夜長にはぬる燗もおすすめです。
    是非お得期間中にお試し下さい。

    10月1日〜31日 特価・・・
    1本(720ml)1,380円+税 ⇒ 1,280円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2018.10.07 クリック
    畑は冬の準備で播種に育苗の時期

    畑は冬の準備で播種に育苗の時期

    畑は冬の準備で播種に育苗の時期
    さフランスの自然栽培の畑に研修に行きました

    フランスの自然栽培の畑に研修に行きました

    フランスの自然栽培の畑に研修に行きました
    収穫して絞ったワインが出来るのが楽しみです

    収穫して絞ったワインが出来るのが楽しみです

    収穫して絞ったワインが出来るのが楽しみです

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    いよいよ秋本番です。
    畑は冬の準備で播種に育苗の時期です。
    対して収穫物は端境期でスカスカになってしまいました。

    私個人的なことですが、先日フランスの自然栽培の畑に研修に行きました。
    土も環境も違う国のことでしたが、畑に対する心は、どこでも大きく違わないなと思いました。

    来年、収穫して絞ったワインが出来るとのことですので、また楽しみが増えました。

    <10月の出荷予定>

    空芯菜/ナス/秋キュウリ/ジャガイモ
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 10月号 2018.10.07 クリック
    アリアケスイサン「 有明海苔-紫彩 」

    アリアケスイサン「 有明海苔-紫彩 」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    アリアケスイサン「 有明海苔-紫彩 」

    アリアケスイサン「 有明海苔-紫彩 」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    「紫彩」は有明産の酸処理をしていない一番摘みの海苔のみを厳選し、手でほぐしてそのまま乾燥させたものです。
    やさい村でもリピーターさんが多く、イベントで試食を出せば、かなりの方が美味しさに驚き購入される、大人気商品!とにかく海苔の香りと旨味が濃いです。

    ごはんにふりかけたり、サラダや和え物に。
    海苔と醤油を入れた器に熱湯を注げば即席お吸い物♪そのまま食べても美味しいです^ ^

    海苔はミネラルのほか、代謝や造血に不可欠なビタミンB12が豊富です。
    ビタミンB12は主にお肉や魚貝のみに含まれる栄養素なので、普段お肉をあまり召し上がらない方にも海苔はおすすめです。

    アリアケスイサン「 有明海苔-紫彩 」

    ● 1袋(15g)・・・530円(税別)

    線
  • 自然栽培 ー10月の百姓仕事ー 2018.10.07 クリック
    稲刈り漬の始まり

    稲刈り漬の始まり

    稲刈り漬の始まり
    稲刈り漬の始まり2

    稲刈り漬の始まり2

    稲刈り漬の始まり2
    山にはもう雪が降り始めています

    山にはもう雪が降り始めています

    山にはもう雪が降り始めています
    神様に“刈り上げモチ”をお上げして、一年の無事と豊作を感謝します

    神様に“刈り上げモチ”をお上げして、一年の無事と豊作を感謝します

    神様に“刈り上げモチ”をお上げして、一年の無事と豊作を感謝します
    稲刈り漬の始まり3

    稲刈り漬の始まり3

    稲刈り漬の始まり3

    『自然栽培 ー10月の百姓仕事ー 』
    < 佐藤さんの連載30回目 >

    この一ヶ月は、“稲刈り漬”となります。

    濃霧から始まった静かな朝は、10時過ぎには一変。
    晴れ上がった途端に、天まで届く騒音のるつぼと化します。
    辺り一面黄色いじゅうたんとなった里は、どんどんと刈り取られていきます。
    早く早くと、せがまれるのです。
    何しろ山にはもう雪が降り始めているのですから。

    加えて秋の日は“つるべのごとし”です。
    晴れの日は、稲刈り。雨の日と朝晩は、もみすり。
    百姓の稼ぎ時です。

    落ち着いたら、神様に“刈り上げモチ”をお上げして、一年の無事と豊作を感謝します。

    お米定期購入者募集中!お申し込み用紙は <こちら>

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • 人のその道|第3回 2018.10.07 クリック
    NPO法人メダカのがっこう理事長 中村陽子さん

    NPO法人メダカのがっこう理事長 中村陽子さん

    NPO法人メダカのがっこう理事長 中村陽子さん
    種子法廃止について

    種子法廃止について

    種子法廃止について
    種子法は2018年4月1日から実際に廃止されました

    種子法は2018年4月1日から実際に廃止されました

    種子法は2018年4月1日から実際に廃止されました

    「 人のその道 」〜第3回〜

    「その人を知ればその人が創り出す物事が見えてくる」と思いたち、生産者さん達の生の声をお伝えするコーナーですが、今月は少し内容を変え、「NPO法人メダカの学校」理事長・中村陽子さんに『種子法廃止』について以前お伺いした内容をご覧ください。

    中村陽子:

    まず初めに、主要農作物種子法(以下種子法と略す)がどんなものかを説明しますね。

    この種子法は、1952年、国民を二度と飢えさせないために、国が、米・麦類・大豆の優良な種子の育成と、日本全体で種子が不足しないように種子計画の策定を、都道府県に義務付けた法律で、国が予算をつけてきました。
    各都道府県は、農業試験場が開発した品種の中から奨励品種を選定し、原原種生産、原種生産、種子生産を経て、4年かけて生産した種子を農家に安く卸していました。

    この種子法が、2017年4月 農家も国民も知らないうちに、廃止が決まり、2018年4月1日から実際に廃止されました。
    廃止の理由は、民間の参入を阻害するから、というものですが、本当の理由は次回お話します。

    この種子法が廃止されると、どのような心配があるのか見ていきましょう。
    まず、日本全体で過不足ない種子計画を作り、生産することが民間にはできません。
    そもそも民間品種の比率は0.3%で、日本全体の種子を作る能力はありません。

    現在、民間企業のお米は、業務用として普及しています。
    三井化学の「みつひかり」は牛丼の吉野家で、住友化学の「つくばSD」はセブンイレブンで、日本モンサント「とねのめぐみ」はキオスクで使われています。
    どれも、農薬・化学肥料を多投したF1種のお米です。
    農家は高い種子と農薬・化学肥料をセット購入し、自家採種を禁止されます。

    やさい村 新野:

    今まで興味や関心がなかった方にも、これを読んで国が皆に内緒で大事な事を決めたんだな~
    とは思うはずです。

    今後もっとわかりやすく、種子法とは何なのか?廃止されるとどうなるのか?
    はたまたF1種とは何なのか?今後どうなってしまうのかなど、細かくインタビューをしていこうと思います。

    今まで関心や興味がなかった方にもわかりやすく、今後の自分たちにもいずれ関係してくるかもしれない危機について知ってもらう為に。

    線

    NPO法人メダカのがっこう理事長:中村陽子
    日本の自然再生をめざすNPO法人メダカのがっこう理事長。
    命を大切にする農家と力を合わせ、生きる環境と安全な食に困らない日本を次世代に残せる祖先になることを目標に日々奮闘中。心身を建て直す食の大切さを、より多くの人に知ってもらうため、吉祥寺南町に「田んぼカフェ・メダカのがっこう」を展開中。

    『NPO法人メダカのがっこう』 WEBサイト
    http://npomedaka.net

  • 「塩」いのちのふるさと[7] 2018.10.07 クリック

    ー自然塩復活運動を振り返るー 「塩」いのちのふるさと[7]

    さて、自然塩運動と言っても自然塩運動には、第一段階の自然塩運動と第二段階の自然塩運動があったと総括出来る。

    第一段階の自然塩運動とは、未だ専売法が撤廃され無い段階で、海水からの塩作りが禁止されている中で、より自然に近い塩を作ろうとした運動で、これらは原塩と呼ばれる塩を輸入し、そのままではほぼ塩化ナトリウム100%に近いので、中国などから塩化マグネシウム(固形ニガリ)を輸入し、両者を水に溶かして炊き直して作る、いわゆる輸入再生塩の製造と普及を図る運動。

    第二段階の自然塩運動とは、海水から直に塩を作るいわゆる「自然海塩」作りである。

    自然海塩運動の思想的背景となった1人の人物がいます。
    その人の名前は19世紀の生物学者のエルンスト・ヘッケル。

    彼は発生学のエキスパートとも言える存在で生命反復説という学説を唱えた。
    おおざっぱに言えば進化論で、生物は単細胞生物から始まり、魚類、両生類、爬虫類、哺乳類など様々な生物進化を遂げてヒトになっていると唱えた。

    発生学の三木成男先生は、人間の胎児は妊娠中の十月十日の間に、子宮の羊水の中で卵子という原始単細胞生物からヒト迄の数十億年に渡る生物進化を全て体験しながら成長して誕生すると言われた。

    いわば羊水とは、生命を育み育てて来た生命の母である。
    太古から綿々と続いている母なる海であると言えるのです。

    その貴重な「母なる海」を作る根本となるものが「塩」である。
    そう考えた時、いかに塩が大事なものであるかが分かるでしょう。

    塩の成分の豊かさ、品質の良し悪しで、人間の身体や脳の発育だって影響を受けている可能性があります。そう考えれば、まだ解決されていない塩の品質問題は途轍もなく重大な要素であると言わざる得ないのです。

    谷さんや阪本さんがやり始めた自然海塩運動には多くの優れた学者の方々が注目し、応援していたと言って来ましたが、この日本に起こった自然海塩運動には、様々な方面からの期待が集まっていたのです。
    決して唯一つの塩の会社を作るために皆さんが心血を注いで応援した訳ではないんです。

    そこに、人間の根本的問題の解決、そして科学の根本的な進化の可能性があるゆえに、皆さんが応援したのです。

    話は変わりますが私が谷さんから聞いた話の中に、犬の血液と塩水を入れ替えた研究が19世紀に行われて、普通の犬の寿命の倍ほど生きた、という事を聞いた事があります。

    おそらくは今の点滴などのリンゲル液などの研究にも通じるものだと思いますが、谷さんが次にやろうとしていた塩の品質の証明実験として考えていた、カエルの心臓の人工還流とは生物実験によって塩の品質を証明されようとしていたのです。

    つまり、カエルの血液と様々な塩から作った点滴液とを入れ替えて塩の品質問題に決着をつけるつもりだったのです。

  • 9月号のご挨拶 2018.08.31 クリック
    福岡正信著「わら一本の革命」

    福岡正信著「わら一本の革命」

    福岡正信著「わら一本の革命」

    皆さまこんにちは!この休みないような猛暑、大丈夫ですか〜?
    ほんのすこしだけ秋の気配を感じる季節にはなりましたが、まだもう少しは続きそうですので皆さまお気をつけて!

    しかし、この暑さは日本だけではないんですね。
    実は先日ソウル在住の方とお話しした時もソウルも連日35℃を超える猛暑が続いているそうです。

    そう言えば何かと話題になる北朝鮮の金正恩氏も暑さで上着を脱いでシャツ一枚になって産業の視察をしている映像がテレビに映ってましたね。
    地球環境問題には国境は無い、人類全体で真剣に取り組まなくてはならない問題だということは前号でもお話ししましたが、やはりこれは我々に降りかかる大問題です。熱暑でバタバタ人が倒れ、気象異変で人類滅亡なんて可能性だってあるんです。
    メルマガ会員の方々には、そのエピソードをお伝えしたのですが、まだ通信本体では書いていないので今号で載せさせて頂きます。

    私は自然農法の父と呼ばれた故福岡正信さんとは生前懇意にさせていただいていました。
    その福岡さんと久しぶりに私たちが主催した「くにうみまつり」というイベントの公演で三鷹に来て頂き再会した時に福岡さんから「大友くん、君はこんなところでいったい何をしているんだ?! 君の様な人間が4人でも5人でも種を撒き続けながら世界中を歩いていれば、、、」といきなり叱責された事がありました。

    自然農法でその名を知られ、著書『わら一本の革命』は世界20ヶ国語に翻訳出版され世界的な有名人となった福岡さん、晩年は国連の要請により考案した粘土団子の砂漠緑化に取り組まれて再三海外に行っていたのです。

    生態系を知らない無知な乱開発や乱伐などで年々世界中の砂漠は広がっています。
    福岡さんは、その実態を見ながら近未来の人類の姿を観ていたのかも知れません。

    「植物や樹木が雲を呼ぶんだよ。雲が雨を降らせるのだ。」と言われた事があり、僕の耳に残っています。
    そうです植物が無くなった砂漠には雨は降りません。生命もほとんど生きられないのです。
    生命が息づく世界とは、植物があるがゆえの世界なのです。

    僕はこの猛暑を体験しながら、今一度福岡正信さんを思い出しています。
    砂漠化や森林の減少など植物の後退が、この異常気象の引き金になっている様な予感がするのです。

    晩年、動ける間は車椅子に乗りながらも、未来の人々のため砂漠に立った福岡正信さんを思い出す時、これから私たちは子供達や未来のために何をしなければならないのか?問いかけ共に考えたいと思います。

    (村長大友)

  • 9月イベントお知らせ 2018.08.31 クリック

    イベントのお知らせ

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    9月1日(土)・6日(木)
    線

    「 やさい村 居酒屋 」<要予約:定員約8名>

    日 時
    9月2日(日)12:00~15:00
    参加費
    1,000円(お料理3品付)
    場 所
    やさい村

    ◎お料理の持ち寄り大歓迎!お酒はやさい村にてご購入して頂きます。

    線

    <9月のイベント>「若杉ばあちゃんの食養料理 」@三鷹<やさい村 主催>

    日 時
    9月15日(土)11:00~14:00
    場 所
    三鷹市消費者活動センター3F 調理実習室(三鷹市下連雀3-22-7)
    参加費
    6,000円(マコモ料理4~5品目)予定

    待望の若杉ばあちゃんの料理教室のお知らせです!
    (変更の可能性もございますので詳細はお問合せ下さい)
    *また11月18日(日)には講演会を行いますので、ご希望の方は是非早めにお問い合わせ、お申し込み下さいませ。

    線

    「 コピス吉祥寺 GREENINGマルシェ 」<やさい村出店>

    日 時
    9月15日(土)〜16日(日)10:00~17:00(雨天決行)
    場 所
    コピス吉祥寺 A館1階(屋根付き中通路)

    ◎地場野菜を中心に全国の美味しい野菜、(調味料・自然塩・天然茶etc.)
    他ではなかなか見られないこだわりの商品をお持ちします!
    ◎2日間実施(雨天決行)

    線

    「 武蔵野マルシェ 」<やさい村出店>

    日 時
    9月20日(木)〜26日(水)10:00~20:00
    場 所
    東急吉祥寺店 3F

    線

    やさい村 10%OFFセール & デモ販

    日 時
    9月28日(金)〜29日(土)
    場 所
    やさい村

    28日 デモ販:「お菓子」
    ※セールには一部除外品があります。

    線

    「 東京ビーガングルメ祭り 」<やさい村出店>

    日 時
    9月30日(日)10:00~16:00(雨天決行)
    場 所
    木場公園ステージ広場(地下鉄東西線「木場駅」徒歩12分)

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    9月5・12・19・26日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    9月7・14・21日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    9月13日(木)20:00~21:30
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 - ママクラス - 」<お昼の講座> 村長大友の教室紹介

    日 時
    9月8日(土)13:00~15:00
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線
  • 9月「今月のおすすめ旬野菜」 2018.08.31 クリック
    マコモダケ

    9月の旬野菜:マコモダケ

    マコモダケ

    今月のおすすめ旬野菜:「 マコモダケ 」

    マコモダケはイネ科、マコモ属の多年草。
    別名はハナガツミ、東アジアから東南アジアの沼、河川、湖などに生え、日本国内には全土に生えてる。

    マコモの穂はアメリカインディアンではワイルドライスと呼ばれ主に五大湖周辺の部族の間では聖なる食べ物として珍重された。

    9月の半ば頃には茎に国穂菌が入った茎が肥大化してマコモダケになり、10月半ば頃までが食期。
    中に黒穂菌が入ると中が黒く変色して来て繊維質が固くなり食味はおちる。
    昔は黒穂菌の入って黒く変色したマコモからお歯黒に使う色材を取った。

    味はタケノコをやさしくした様な味わいで適度な食感と黒穂菌のほのかな甘みがあり、アスパラやヤングコーンの様な香りや味がして、くせが無くとても美味しい。

    料理は、茹でる、焼く、きんぴら、酢の物、マコモご飯に吸い物、新鮮なものは生でも食べられる。油との相性が良く、天ぷらや南蛮漬け、炒め物も美味しい。
    麺類の具や、餃子、ハンバーグ、炒飯の具にもピッタリで、台湾料理や中華料理の具財として海外でも多く使われている。

    マコモダケは蛋白質、ビタミン、ミネラルを多く含み、コレステロールを減少させ脳卒中や心臓病に良く、血圧や血糖値を下げ、血液を浄化し細胞を活性化し体内の老廃物を取り除く。

    マコモの葉を乾燥させ、さらに深煎りしたマコモ茶は利尿作用があり、結石も出る人も。

    しかも、マコモが生える水域ではマコモの力で水が浄化されるという環境浄化もする素晴らしい存在。

    マコモの時期は短いので、マコモの時期にはしっかり食べておきたい食材だ。
    9月中旬過ぎからはやさい村店頭にも並ぶので是非旬の時期にはしっかり確保して食べておきたい。
    *9/15の若杉ばあちゃんの料理教室はマコモ料理がテーマの予定。

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 9月「今月の酒」 2018.08.31 クリック
    寺田本家「 香取90(純米)」

    寺田本家「 香取90(純米)」

    寺田本家「 香取90(純米)」

    今月の酒:寺田本家「 香取90(純米)」
    ※9月9日蔵出し!

    この記事を書く為に9月の酒をイメージしていて、正直この酒以外思いつきませんでした。

    毎年売り切れ続出で、やさい村でも6月くらいには無くなってしまったので寺田本家ファンの皆様はお待ちかねなんじゃないでしょうか。

    寺田本家さんでは自家栽培の無農薬米、蔵つきの菌、伝統の製造方、仕込み歌など、こだわりが多く、何よりどのお酒も美味しいです。

    こだわりが多く有りながら、この「香取90」は特にコスパがよく今月はさらにお買い得にご紹介しているので呑んだ事ない人、いつも五人娘ばかり呑んでしまう人も一献の価値あります。

    何故これ以外思いつかなかったかと言うと、毎年重陽の節句(9/9)に蔵出しされるので香取を差し置いて何を勧めるかと、酒好きな僕は思いました。

    香取には精米具合によって80と90の二種があるのですが今月は90。
    90の方があっさりとしていてどんな料理、シチュエーションでも楽しめると思います。

    日本酒フリークには反感を買ってしまうかもしれませんが、この90は勿論そのまま飲むと美味しいですが、トマトジュースで割ったり、日本酒カクテルにも向いるように思います。

    今年の味に期待しながら、ご自宅でゆっくり味わってみて下さい。
    それでは程よいアルコールライフを!

    9月1日〜30日 特価・・・
    1本(720ml)990円+税 ⇒ 940円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2018.08.31 クリック
    さつまいも、里芋はとても順調です

    さつまいも、里芋はとても順調です

    さつまいも、里芋はとても順調です

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    秋が来たかと思えば夏が帰ってくる、といった変わり目の気温になってきましたね。
    農園もさすがに40℃オーバーの日はなくなりました。

    今年の秋冬の準備ですが、暑さで苗がやられ、ブロッコリーとキャベツがかなり危機的です。
    昨年は日照不足,今年は高温ですから秋頃の野菜...難しいですね。

    さつまいも、里芋はとても順調です。
    今年もお店から美味しそうな焼き芋の匂いが漂うのを想像できます。

    暑さ寒さも彼岸までですから、この猛暑も9/20前後までになるのでしょうか。
    体調を整えて秋を迎えましょう。

    <9月の出荷予定>

    空芯菜/モロヘイヤ/生姜/ナス/式部草/バジル/オレガノ/ローズマリー/セージ/ローリエ
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 9月号 2018.08.31 クリック
    三尾農園「 自然栽培梅干し 」

    三尾農園「 自然栽培梅干し 」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    三尾農園「 自然栽培梅干し 」

    三尾農園「 自然栽培梅干し 」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    流通の関係で一時欠品していたこちらの梅干しが、再入荷しました!
    やさい村でもファンの多い「自然梅 恵」は、その名の通り、紀州産の自然栽培の梅とこだわりの塩で漬けた梅干しです。赤紫蘇は入ってない白梅干しになります。

    梅干しは夏の疲れが出やすい今の季節に、ぜひ活用していただきたい食材のひとつです。

    今まで入荷してなかったお徳用サイズと、使い勝手のよいねり梅と白梅酢もあります。
    特に白梅酢は便利な調味料。
    優しい酸味と塩気で、きゅうりなどと和えるだけで簡単酢の物、油を加えてドレッシング、いろいろと料理に使えて便利ですよ。

    正直村「 そうめん、ひやむぎ 」

    ● 「自然梅 恵」200g・・・840円(税別)
    ● 「自然梅 恵」500g・・・1,960円(税別)
    ● 「自然ねり梅ぼし 恵」150g ・・・680円(税別)
    ● 「自然梅酢」200ml ・・・500円(税別)

    線
  • 自然栽培 ー9月の百姓仕事ー 2018.08.31 クリック
    田んぼは穂が垂れ始めています

    田んぼは穂が垂れ始めています

    田んぼは穂が垂れ始めています
    9月の百姓仕事

    9月の百姓仕事

    9月の百姓仕事
    まだ青い青い田んぼ

    まだ青い青い田んぼ

    まだ青い青い田んぼ
    秋彼岸が過ぎると寒暖差が激しくなります

    秋彼岸が過ぎると寒暖差が激しくなります

    秋彼岸が過ぎると寒暖差が激しくなります
    里は深い朝霧に包まれるようになります

    里は深い朝霧に包まれるようになります

    里は深い朝霧に包まれるようになります
    稲刈りまでもう少し

    稲刈りまでもう少し

    稲刈りまでもう少し

    『自然栽培 ー9月の百姓仕事ー 』
    < 佐藤さんの連載29回目 >

    9月初め、田んぼは穂が垂れ始めています。

    ですが、まだ青い青い田んぼ、これから黄金色になるまで一ヶ月程。
    最後の仕上げをします。

    重くなった穂首が倒れないよう、田んぼを固めながら最後の水管理。最後の草刈。
    小屋を片付け、乾燥やモミすりの準備、機械の整備をします。

    秋彼岸が過ぎ、寒暖の差が激しくなると、里は深い朝霧に包まれるようになります。
    そうなると稲の登熟度も進み、甘さも増してきます。
    空が青ーく抜けると、ダカダカと一斉に稲刈りが始まります。

    お米定期購入者募集中!お申し込み用紙は <こちら>

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • 人のその道|第2回 2018.08.31 クリック
    高知県『空の下』の榊原留美子さん

    高知県『空の下』の榊原留美子さん

    高知県『空の下』の榊原留美子さん
    高知県の漁村と農村が混在する町、中土佐町で生姜、柚子などを栽培されています

    高知県の漁村と農村が混在する町、中土佐町で生姜、柚子などを栽培されています

    高知県の漁村と農村が混在する町、中土佐町で生姜、柚子などを栽培されています
    本番の中で学び続けています

    本番の中で学び続けています

    本番の中で学び続けています

    「 人のその道 」〜第2回〜

    どうも・スタッフです。
    「その人を知ればその人が創り出す物事が見えてくる」と思いたち、生産者さん達の生の声をお伝えします。
    第2回目は高知県『空の下』の榊原留美子さんにお願いしました。

    【 やさい村(以下:や)】まずは簡単な自己紹介をお願いします。

    【 榊原(以下:榊)】高知県の漁村と農村が混在する町、中土佐町で生姜、柚子などを栽培している『空の下』の榊原留美子と申します。1971年生まれ、農業を初めたのは41歳の時です。

    【 や 】空の下を始める経緯は?

    【 榊 】2011年3月に東京から高知に移住して、その後2年目から農業を始めました。
    東京に住んでいる時から、今世、最後は農業をしたいと思っていたので、その時が来たというか、放射能から逃れるために移住した先が、偶然、過疎の農村だった事は、私には渡りに船でした。

    【 や 】空の下を始める前には、どこか他の農園で修行とかしたんですか?
    もしくはどのような勉強をしましたか?

    【 榊 】修行や研修などは、全くしませんでした。初めから独立実践で就農し、本番の中で学び続けています。
    性分として、予行練習とか、予備学習的な事が向かないという事もあるのですが、私は子供三人を扶養している中での新規就農だったので、即戦力である必要がありました。ですので、初年度から自分で作付をしました。
    ただ、その前に3件の生姜農家の収穫のバイトをしました。その時の御縁は今現在も続いています。

    それと、農業の本を3冊読みました。
    一冊は、循環農法の赤峰勝人さんの本。
    一冊は、冬期湛水不耕起栽培の岩澤信夫さんの本。
    一冊は、自然農の川口由一さんの本。

    これらの本を参考に、自分の置かれている環境に合う、実践可能なやり方を自分で考えて始めました。わからないことは、近所の爺さんや友達によく聞きました。

    【 や 】現在は何名で運営しているのでしょうか?

    【 榊 】基本は一人です。経営コンサルや農業指導をしてくれる人が一人います。その他、私と同じように、単独で生姜を育てている友人、知人、仲間が数人いるので、人手が必要な時は、アルバイトを頼んだりしています。

    【 や 】空の下さんがある高知県高岡郡中土佐町はどんな所なんですか?

    【 榊 】漁村と農村が混在している町です。
    海と山が一つところにあるので、海の幸と山の幸を同時に楽しめる、自然の恵み豊かなところです。四万十川の源流のある町なんですよ。

    【 や 】やさい村でも空の下さんの自然栽培生姜はすごく人気があります。
    高知は生姜栽培が盛んだと聞きますが、その中で自然栽培で作ってる方はどれくらいいらっしゃるんですか?

    【 榊 】自然栽培専業で栽培している人は、私の知る限り3人です。
    有機栽培の生姜農家は、まだいると思いますが、自然栽培は大変少ないです。
    農林水産省のデータでは、有機農家は全体の0.5%、その中で、有機JAS取得農家は0.2%、0.3%は自称農家です。その中で無肥料栽培の農家は更に少ないと思われますので、生姜も同じようなことだと思います。

    【 や 】他にも一年を通してどんな物(野菜/加工品)を作っていますか?

    【 榊 】ぽんかん、文旦、米、レモン、柚子を栽培しています。その他、梅の木、枇杷の木、ヤマモモの木があるので、これらにも手を入れ始めています。
    『空の下』が所有する土地は、山菜も自生している、とても豊かな大地です。
    生姜や柚子などで加工品も作っています。

    【 や 】時期によってまちまちだと思いますが、1年や1日の作業やサイクルを教えて下さい。(何月植え付けをして、どのような作業をして成長を待つ、何月に収穫して等)

    【 榊 】先ずは、年明け1月下旬からポンカンの収穫をします。2月下旬には文旦の収穫、3月になると、本格的に生姜の植え付け準備に入ります。種を割ったり、植え付け圃場を整えたりなどですね。そして、霜が降りなくなった3月末から4月の初旬に生姜の植え付けをします。この頃に稲の苗を作り始めて、5月には文旦の受粉作業、6月には田植えになります。

    梅雨入り前に、畑や田んぼの除草を一通り済ませて置くと、梅雨明け後の作業が楽に運ばれます。7月以降は、兎に角、草刈、草引きですね。毎日、毎日畑や田んぼに通います。 特に生姜は日々の手に入れ方で、育ちが大きく変わりますので、マメに足を運んでいます。

    そんな事をしていると、あっという間に8月下旬になり、新生姜と青柚子の収穫期に入ります。出荷の度に収穫をして、フレッシュな青果をお届けしています。

    9月に入るとグリーンレモンが収穫出来るようになります。

    11月には黄柚子の収穫とお米の収穫。そして、12月頭に生姜を収穫したら、一年が終わる感じです。

    【 や 】ご自身で作った物でオススメの食べ方や頂き方を教えて下さい。

    【 榊 】新生姜のぬか漬け、新生姜の酢漬けですかね。。。抜群に美味しいです!
    それと、フレッシュ柚子を焼き物に搾って食べることですね。
    あと、すり下ろし生姜にゆの酢(柚子の果汁)を合わせて、醤油を垂らして、そこに魚や肉をつけて食べるのも、最高に美味しいです。
    今この時も唾液が出てくるほどの美味しさですよ!!
    いろんな食べ方がありますが、美味しい農作物は、そのままが最も美味しいですね。

    【 や 】購入されたお客さんに生姜をどのように味わってもらいたいですか?

    【 榊 】大切に使ってもらえると嬉しいです。
    生姜はどんな食材にも合うんですよね。名脇役なので、兎に角、何にでもササッと使ってもらえたら嬉しいです。
    生姜は佃煮や酢漬けにしておくと、常備菜になります。
    千切りにして、かき揚げにしても美味しいのです。

    生姜をスライスしてシロップを作る事が出来るのですが、シロップを作った後の生姜に醤油を加えると、簡単漬物ができちゃいます!これが激ウマなので是非!

    農薬や化学肥料を使わないで育った生姜は食べて美味しい生姜です。
    脇役だけでなく、お惣菜にも是非ご活用ください。

    【 や 】農業を始めて良かったと思う事と、大変だと思う事、特に自然栽培を行っていて思う事はありますか?

    【 榊 】良かったと思う事は、小さな事でクヨクヨしなくなりました。
    自然相手の仕事で、自分の実力の無さにガクーーーんと落ち込むこともあるのですが、それでも、植物は必ず成長します。私が落ち込んでいる間にも、それなりにグングン成長してくれる農作物を見ると元気になるんですよね。

    自然栽培ですと、特に思うのです。

    「私の力とは関係ないところで、植物は生きている」

    と、そう思える瞬間があって、それが私を助けてくれます。
    植物の生命力には、何度も助けられています。

    今の時代は、何かと人が何か出来るかのような、そんな勘違いをしているようで、また、その勘違いが自らの首を、精神的にも締め付けているように思うのですが、農業をやっていると、そのような意識から解放されます。
    人は、自然の中で生かされている事を身体で理解する事が出来るので、それら全ての時間が、かけがえのない天国を感じる時間です。
    大変なことは常です。それが楽に繋がるのが農業です。そのうち、全てが普通に楽な天国になるように、まだまだ努力して、もっと農業の良さを伝えられる人になりたいです。

    【 や 】唐突な質問ですが、様々な栽培方法がある中でなぜ自然栽培を選ばれたのですか?

    【 榊 】「やる必要のないことはしない」というスタンスでいるだけです。
    農作物によっては、無肥料では栽培出来ない物もありますので、決して自然栽培に拘っているわけではありません。ただ、不必要なことはしないという拘りだけですね。

    【 や 】最近は若い年代でも農業を始めたいと言ってる方も多く、レンタル畑も多くあるのですが、これから農業を始めたいと思っている方にアドバイスがあればお願いします。

    【 榊 】農業と一口に言っても、その形態は様々です。私のように100%農業で生計を立てるには、相応の覚悟が必要ですが、生活のワンシーンで自給程度にするのは割と楽です。
    先ずは、どのような生活設計を立てるのかが大切だと思います。
    自分に合った持続可能な農との関わりを育んでもらえると嬉しく思います。

    【 や 】空の下さんは青山ファーマーズマーケットに出店していたり、より多くのお客様に知ってもらう為にしてる努力みたいな事はありますか?

    【 榊 】ジャンル問わずの営業です。『空の下』の農作物が活かされる可能性があれば、個人だろうが、大企業だろうが、インターネット、露店、なんでもチャレンジします。その時に、大切にしている事があって、何処に行っても自分のスタイルは変えない事にしています。
    私は常に農作物が一番です。自分の栽培した作物が、皆さんの暮らしに活かされる為に努力しています。

    【 や 】農業と関係なくてもいいのですが、一番の幸せや喜びってありますか?

    【 榊 】朝から晩まで野良仕事をして、美しい畑をみて、一日の終わりに虫の声と波の音を聞きながら寝る事が一番の幸せです。

    朝、元気に起きれる事が一番の喜びです。
    思うように体が動くって、本当にありがたいです。

    【 や 】読んでいる方にお知らせなどがあれば是非!

    【 榊 】日本の農業は衰退し続けています。この先、国内の農業人口が増える事は難しいと思います。農薬や化学肥料を使わない農業は更に難しいでしょう。
    農薬による環境問題は、更に悪化する可能性があるのですが、その対策については、ほぼ進展がないという残念な状況です。

    農村にいて、私が思う事は、オーガニックの農業人口が増えなければ話にならないということです。語っても解決しないのが農業です。体を動かすことでのみ解決するのが農業です。農業を志したいと思う方がいたら、どうぞ、諦めないで、その道を努力してもらいたいと思います。

    【 や 】そして最後に今後のビジョンや夢があれば教えて下さい。

    【 榊 】私は、国内のオーガニック農業人口を増やす事を『空の下』の一つの目的にしています。
    その為には、既存の衰退するしかないような農業ではなく、新しい農業のあり方を実践的に構築したいと考えています。それは、独立した小規模農家であり、同時にそれらが主体性を損なわずに連携し補完しあえる仕組みです。
    更には、それらが集まった先で、オーガニックの村を創りたいです。
    一歩一歩、確実に夢を叶えるために、明日も畑の世話をします。『空の下』の農作物は、夢の実現そのものです。私の作る農作物のクオリティーが上げるごとに、夢に近づいていると思って下さい。

    まだまだ時間が掛かります。。多分一生分かかると思いますが、農業にはそれだけの価値があると思っています。

    いつも『空の下』の生姜を使って下さりありがとうございます。
    皆さんとのご縁を励みに、今後も農業人生を楽しんで参りますので、今後とも『空の下』をどうぞ、宜しくお願い致します。

    線

    通信用に短編にするのがもったいないくらい、いいお話が聞けました。

    季節に応じてぽんかん、文旦、米、レモン、柚子など柑橘系も入荷します。
    ● 自然栽培生姜…200円/g(税別)
    ● 生姜ハーブシロップ(200ml)…1,300円(税別)
    ● 新生姜のピクルス(380g)…1,900円(税別)

    季節に応じてぽんかん、文旦、米、レモン、柚子など柑橘系も入荷します。

    季節に応じてぽんかん、文旦、米、レモン、柚子など柑橘系も入荷します。

    季節に応じてぽんかん、文旦、米、レモン、柚子など柑橘系も入荷します。

    自然栽培『空の下』 代表:榊原留美子
    〒789-1302 高知県高岡郡中土佐町上ノ加江3318
    Email:info@soranosita.net

    自然栽培『空の下』 WEBサイト
    http://soranosita.net

  • 「塩」いのちのふるさと[6] 2018.08.31 クリック

    ー自然塩復活運動を振り返るー 「塩」いのちのふるさと[6]

    前回ふれた発生学の三木成夫先生の他にも自然海塩運動の支援を手弁当で買って出てくれた学者の先生達は、分析化学の武者宗一郎先生、食品衛生学者の天野慶之先生、牛尾病院院長の牛尾盛保先生他多くがいて、自然海塩運動はあたかも一大思想改革運動に発展する様相を呈していた。

    しかし、大変残念ながら、研究会から会社設立に至る過程で会社設立に関わった一部の人間たちの間で運動的な支援者の排除が行われ、会社は私物化され、運動は消滅させられたのである。

    この事によって自然海塩運動の社会変革的な要素は急速に失われて行った。
    まさに、千載一遇の「いのちの本質」に向かう生命運動のチャンスは失われたのである。

    自然海塩運動の高まりの中で、政府はそれまでの塩の専売法を廃止せざるを得ない事態になり、以降各地で素晴らしい塩が出来て、多くの国民が美味しい、そしてミネラルバランスのとれた本物の塩を食べられるようになったのは塩運動の一大成果であった。
    そういう意味では自然塩運動は稀に見る民衆側が行政側に変革を強いた輝かしい運動であった。

    しかし、今回私がこの記事を書いて皆さんにお伝えしたいのは、道半ばで頓挫している実に遠大な自然海塩運動のビジョンと可能性についてなのだ。

    以前谷さんの紹介をしたところで谷さんはマクロビオティック運動の創始者桜澤如一先生の原子転換研究チームの最後のメンバーであると紹介した。

    谷さんは、流下式塩田の廃止に反対する各地の運動からの依頼を受けて調査を始めたが、流下式塩田で作られていた塩と、その後のイオン交換樹脂膜法で作られ始めた塩とでは塩の品質があまり変わっていない事に気づいた。と同時に、歴史を遡るほどミネラルを多く含んだ塩が作られていた事に気づいた。

    問題は精製という発想の中で、塩の本質が失われて行ったことを発見して、本来の塩とは、生命を産み出した「海」でなければならないとの確信に至ったのである。

    我々の血液や体液は塩分を持ち、海と同じようなミネラルバランスで成り立ってる。
    生命的に言えば我々の遠い祖先は海の中で発生し、長く海中で生活していたが、やがて陸上でも生活できる環境が整うと一部が陸上に上がって生活するようになった。

    しかし、体内にはミクロの海を作って生きている、その海の要素を補充して取り入れるものが「塩」である。

    本来人間が摂るべき塩、生命の根源となる塩を作り、多くの人々に手渡す事は大事な事であったが、さらに遠大な計画のほんの入り口にしか過ぎなかったのだ。

    谷さんは、ただ良い塩を作るだけでは未だ不十分で、それがどのように良いのかを塩の品質を実験によって証明して、WHOに働きかけて世界中の人々に塩の品質問題を明らかにしようと考えたのだった。

    そして谷さんが次に行おうとしていた事はカエルの心臓の人工還流という実験で、その研究に入ろうとする途上で、44才の若さで亡くなられた。

    彼はさらに塩問題に決着をつけた後に取り組もうとしていたものは原子転換の証明であった。

  • 8月号のご挨拶 2018.08.01 クリック

    皆さまこんにちは!お元気でいらっしゃいますでしょうか?
    梅雨明け前後大雨で被災された地域の皆さまが受けた大変なご苦労を思うと胸が痛みます。
    どうか一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

    ふと思い出していたのですが、かつて観た「ホピの預言」という映画の中で、アメリカ先住民ホピ族に伝わる預言の中で、地下資源を無秩序に掘り出し続けると母なる地球のバランスが崩れて、地球全体に今まで体験した事も無い様な、猛烈な大雨、台風、竜巻、干ばつ、地震などの天災が起こり始めるという部分がありました。

    40年程前の私はちょっと現実離れしている様な気がした記憶がありますが、昨今世界各地で起こる未曾有の大災害を目の当たりにするにつけ、まさにあの「ホピの預言」そのものが今現実に起きて目の当たりにしていると、とてもリアルに感じさせられています。

    「ホピの預言」の伝えるメッセージを今一度心に刻み込まなければと思います。
    この異常気象の根本的な原因と、その解決方法は私たち人類一人一人の飽くなき欲望の収束した結果なのかも知れません。

    いずれにせよ、今後人類が解決しなければならない問題の根本には環境問題が横たわっており、これは国家や国境に関係なく、地球意識を持ってあらゆる人が関わらざるを得ない問題だと思います。
    また、この環境意識(地球意識)の台頭こそ、今の国家中心の国家意識という小さなエゴイズムを超え人間の意識を成長させる大きなカギとなるのではないかと思います。
    人類が、自然環境と調和した生命の文明とも言える素晴らしい文明を作り出せるのか、それとも飽くなき欲望と共に自滅してしまうのか、これからさらに大峠の道のりが続いて行きます。

    我々は、やはり調和した文明を求めて、後世に伝え、受け継いでいってもらいたいと思います。
    そういう意味でも、より良い人間と自然環境の関わり方に繋がっていく生態系循環型の農業や、砂漠緑化などもっと人々の理解と感心が深まり、参加する人々が増え、ちゃんと受け継がれて行って欲しいと思いますね。

    ところで、7月に入ってもう既にとてつもない猛暑が続いていますが、さらに記録を大幅に上回猛暑となる可能性があり、唯の水分補給だけでは足りませんよ。

    様々な必須ミネラルも汗と共にどんどん体内から出て行きますので夏こそしっかりご飯を食べて、ちゃんと料理も作りましょう!
    水分を補給する時にはしっかり「海の素」を入れて体内から失ったミネラル分を補給する必要があります!
    夏こそ海の天然ミネラル「海の素」をこまめに補給しながら元気に頑張って下さいね〜!

    (村長大友)

  • 8月イベントお知らせ 2018.08.01 クリック

    イベントのお知らせ

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    8月2日(木)・4日(土)
    線

    「 コピス吉祥寺 GREENINGマルシェ 」<やさい村出店>

    日 時
    8月18日(土)〜19日(日)10:00~17:00(雨天決行)
    場 所
    コピス吉祥寺 A館1階(屋根付き中通路)

    ◎地場野菜を中心に全国の美味しい野菜、(調味料・自然塩・天然茶etc.)
    他ではなかなか見られないこだわりの商品をお持ちします!
    ◎2日間実施(雨天決行)

    線

    やさい村 10%OFFセール & デモ販

    日 時
    8月24日(金)〜25日(土)
    場 所
    やさい村

    24日 デモ販:「未定」
    ※セールには一部除外品があります。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    8月1・8・15・22・29日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    8月3・10・17・31日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    8月9日(木) 20:00~21:30
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    <9月のイベント>「若杉ばあちゃんの食養料理 」@三鷹<やさい村 主催>

    日 時
    9月15日(土)11:00~14:00(雨天決行)
    場 所
    三鷹市消費者活動センター3F 調理実習室(三鷹市下連雀3-22-7)

    待望の若杉ばあちゃんの料理教室のお知らせです!
    (変更の可能性もございますので詳細はお問合せ下さい)
    *また11月18日(日)には講演会を行いますので、ご希望の方は是非早めにお問い合わせ、お申し込み下さいませ。

    線
  • 8月「今月のおすすめ旬野菜」 2018.08.01 クリック
    モロヘイヤ

    8月の旬野菜:モロヘイヤ

    モロヘイヤ

    今月のおすすめ旬野菜:「 モロヘイヤ 」

    夏真っ盛りの8月に旬を迎える夏野菜のうちでも最も栄養価の高い野菜をご紹介致します!
    それは「モロヘイヤ」!

    原産地はアフリカ大陸北部(エジプト)からインド西部。
    アオイ科の一年草。正式名はシマツナソ。
    別名タイワンツナソ、ナガミツナソ、ジュートなど。

    原産地域のアラビア語では「王家のもの」という意味があり、古来王族の病気治療に使われた様だ。

    生育には高温が必要で、日本では6月後半から9月頃までが旬で8月頃が盛りとなる。

    βカロチンを豊富に含み、ビタミンA、B2、C、E、Kやカルシウム、カリウム、銅などのミネラルを豊富に含み抗酸化作用があり、風邪、高血圧、心筋梗塞、脳梗塞、便秘、ガンなどの予防効果がある。夏バテ防止には超オススメ!

    ◎料理方法はおひたし、和え物、炒め物、スープ、スムージー、天ぷらなどで、茎から取り除いた葉っぱを数秒サッと塩茹でし、鮮やかな色合いになったらザルにあけて水に晒す、それを包丁で叩く様に切れば粘りが出てネバネバの状態になるが、その様に料理する時は、あらかじめまな板を水で濡らしておくと良い。

    夏にはピッタリな野菜なので是非食卓に並べて食べて下さいね〜!

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 8月「今月の酒」 2018.08.01 クリック
    ヤッホーブルーイング「 水曜日のネコ 」

    ヤッホーブルーイング「 水曜日のネコ 」

    ヤッホーブルーイング「 水曜日のネコ 」

    今月の酒:ヤッホーブルーイング「 水曜日のネコ 」

    どうもスタッフです。 梅雨も明け、まだまだ暑さになれていない今月には「水曜日のネコ」を。

    ベルジャン・ホワイトエールというベルギー生まれの種類で大麦、小麦両方を使用し作られたこのビールはグラスに注いで飲む事をオススメします。

    グラスに注いだ時の青りんごのような香り、スパイスにオレンジピールとコリアンダーシードが入ることで爽やかで甘酸っぱい味わいがあり、苦みが少なくスッキリとした飲み口なので、これから暑さが増す時にはより一層美味しく感じるはずです。

    僕の身近では普段ビールを飲まない方や女性に人気のある銘柄。 飲み方のコツはキンキンには冷やしすぎずにグラスに注ぎこめば、淡く美しい琥珀色といい香りが広がり、のんびりとリラックスできるビールです。

    以前ご紹介した時にも言っていたように思いますが「水曜日のネコ」という銘柄ですが、水曜日のみならず飲みたくなる程、オススメです。 パッケージも愛らしい猫、プレゼントや差し入れにどうですか? お一人のリラックスタイムにも、皆さんでのお食事にもきっと華を添えてくれる事でしょう。

    では、程よいアルコールライフをお楽しみください。

    8月1日〜31日 特価・・・
    1缶(350ml)266円+税 ⇒ 250円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2018.08.01 クリック
    猛暑にも負けず実ってくれているトマトたち

    猛暑にも負けず実ってくれているトマトたち

    猛暑にも負けず実ってくれているトマトたち

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    連日の猛暑で、農園は「実りの場」から「危険地帯」になってしまったようです。

    そんな中ですが、夏野菜達は猛暑にも負けず、猛烈に実ってくれております。

    只今収穫最盛期を迎えている野菜は、キュウリとトマトで、キュウリは、8月前半迄、トマトは概ね8月いっぱいは続いてくれる見込みです。

    暑くなって元気なモロヘイヤと空芯菜は、いよいよ収穫が始まり、ジャガイモも在庫が熟成されて美味しいのがあります。

    7月の大スター‘枝豆’は、残すところあと2列となり、8月の第1週には終了となりそうです。

    現在畑は冬の種まきです。
    暑過ぎ雨無さすぎで不安ですが、きっと良いタイミングが来ると信じて雨待ちの日々です。

    <8月の出荷予定>

    大玉生食用トマト/大玉加熱/生食兼用トマト/大玉ソース向きトマト/カラフルトマトmix/キュウリ/ナス/翡翠ナス/薄皮丸茄子(小ナス)/枝豆/ジャガイモ/モロヘイヤ/空芯菜/オクラ/赤紫蘇/大葉/バジル/イタリアンパセリ/タイム/セージ/オレガノ/ローズマリー/ローリエ/ペコロス/ピーマン/ズッキーニ
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 8月号 2018.08.01 クリック
    正直村「 そうめん、ひやむぎ 」

    正直村「 そうめん、ひやむぎ 」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    正直村「 そうめん、ひやむぎ 」

    正直村「 そうめん、ひやむぎ 」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    群馬県産の小麦と胚芽を含んだ地粉で、昔ながらの製法を守って作られた、シンプルで風味豊かな麺です。

    今年の夏もすでに猛暑続きで、食欲も、ごはんを作る気力もなくなりますね^^;
    そんな時には簡単に作れて、つるっと喉越しもよい麺類でエネルギー補給しましょう。
    胚芽にはタンパク、脂肪、ミネラル、ビタミンが豊富に含まれています。
    ここに刻みネギや大葉、ミョウガ、胡麻など薬味をいろいろ加えれば、見た目も楽しく、栄養価アップです。

    今月の「スタッフのまかないレシピ」でご紹介した大葉ジェノベーゼソースと和えるのも、さっぱりしてオススメですよ。
    めんつゆ+刻んだトマト+オリーブオイル(又はごま油)の組み合わせも美味しいです。

    正直村「 そうめん、ひやむぎ 」

    ● 1袋 ・・・各200円(税別)

    線
  • 自然栽培 ー8月の百姓仕事ー 2018.08.01 クリック
    8月の百姓仕事

    8月の百姓仕事

    8月の百姓仕事

    『自然栽培 ー8月の百姓仕事ー 』
    < 佐藤さんの連載28回目 >

    年々、天候の暴れ具合が激しくなってきました。
    暑さが続き、川が干上がったり、
    かと思うと、バケツをひっくり返したような激しい雨が降ったり、
    ストーブが欲しいほど寒かったり。

    こんな時には水管理が稲の生育を左右します。
    稲がバテないよう冷たい水をかけたり引いたり、乾燥させたり・・・

    8月中旬には稲の穂が出ます。
    30℃〜35℃で花が咲いて実がなって、収穫量が決まる大事な時期です。
    ススキ、みょうが、夏水仙、ホップ、葦が勢いよく生い茂って・・・
    暑くて暑くて息もつけないくらいだけれど嬉しい暑さでもあります。

    盆が過ぎ、朝晩涼しい風が吹くようになる下旬には、稲は首を垂れます。
    こうなるとあと一ヶ月で、まわりは黄金色に染まります。

    お米定期購入者募集中!お申し込み用紙は <こちら>

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • 〜新連載〜 人のその道 第1回 2018.08.01 クリック
    人のその道 ぽかぽかのうえん
    京都府の田舎でゆっくりしませんか

    京都府の田舎でゆっくりしませんか

    京都府の田舎でゆっくりしませんか
    農家民宿 ぽかぽかのうえん代表 櫛田寒平さん

    農家民宿 ぽかぽかのうえん代表 櫛田寒平さん

    農家民宿 ぽかぽかのうえん代表 櫛田寒平さん

    「 人のその道 」〜新連載〜

    どうも・スタッフです。
    「その人を知ればその人が創り出す物事が見えてくる」と思いたち、今回から生産者さん達にお話を聞き生の声をお伝えしようと思います。
    第1回目は、京都府綾部の【農家民宿 ぽかぽかのうえん】代表 櫛田寒平さんです。

    【 新野(以下:新)】まずは簡単な自己紹介をお願いします。

    【 櫛田(以下:櫛)】櫛田寒平です。以前やさい村で働いていた元スタッフです。

    【 新 】ぽかぽかのうえんを始める経緯は?

    【 櫛 】2011年3月に起きた東北の震災がきっかけで東京を離れて田舎暮らしをすることにしました。

    【 新 】ぽかぽかのうえんのある京都府綾部はどんなところですか?

    【 櫛 】京都府北部にあり、小さな山々に囲まれた里山です。周りは田んぼばかりです。

    【 新 】一年を通して、どんな物(野菜/加工品)を作っていますか?

    【 櫛 】自家用にお米や野菜を少しずつ多品目栽培ていますが、出荷しているのは金胡麻、黒胡麻とよもぎ茶が主です。

    【 新 】寒平さんの胡麻、よもぎ茶はやさい村でも取扱っていますが人気あります。農業を始めて良かったと思う事と、大変だと思う事は?

    【 櫛 】自然のそばで暮らせること、天気次第なので、もどかしいこともあります。

    【 新 】そうですよね、対自然なので思い通りにはいかない本当に大変な仕事だと思いますが、その中で完成したご自身で作った商品でオススメの食べ方や頂き方を教えて下さい。

    【 櫛 】胡麻は10分ほど弱火で炒りおむすびやパン、クッキーなどに入れても美味しいです。

    【 新 】美味しそう!すぐに使える簡単な商品も沢山出回ってますが、自分で炒ったりするひと手間がより一層美味しくしますよね。農家民宿を始められましたけど、そこではどんな経験ができるのですか?

    【 櫛 】田舎暮らしを希望する方には細かな移住体験談や古民家での暮らし方を体験してもらい、参考にしていただければと思っています。あと季節に応じて、お米作りや野菜づくりの作業体験ができます。

    【 新 】最近は若い世代でも田舎暮らしや農業に憧れを持っている方も多くレンタル畑も人気があるので、移住体験と農作業は本場でのいい予行練習になりますね。農家民宿を体験した方に感じてほしい事とかありますか?

    【 櫛 】ゆっくりしていただければ幸いです。

    【 新 】話は変わりますが寒平さんは音楽もやられてますよね、どんな歌を歌われているんですか?

    【 櫛 】日々感じたことをアコースティックギターで歌にしています。

    【 新 】2017年に藤野で開催した「東アジア地球市民村」で各国の方を前に歌っている寒平さんをすごく覚えています。音楽をやっていて印象的な場面はありますか?

    【 櫛 】曲が出来た時がとても嬉しいです。

    【 新 】最後に今後のビジョンや夢を教えて下さい。

    【 櫛 】この小さな暮らしの中で小さな仕事を創造しながら、自然と共にゆっくり生きていければと思います。

    線

    質問に対してシンプルに返してくれる寒平さんには、自然と共に生きていくのはこれほどシンプルで良い事なのだなと思いました。

    胡麻やよもぎ茶はやさい村でも販売しています。
    ● よもぎ茶(30g)…556円(税別)
    ● 胡麻(50g)…各500円(税別)

    ぽかぽかのうえん よもぎ茶と黒胡麻・金胡麻

    ぽかぽかのうえん よもぎ茶、黒胡麻・金胡麻

    ぽかぽかのうえん よもぎ茶と黒胡麻・金胡麻

    ぽかぽかのうえんで移住、農業体験をしてみたい!
    田舎でゆっくりしたいという方は、是非ぽかぽかのうえんへ!!

    『農家民宿 ぽかぽかのうえん』代表:櫛田寒平
    〒623-0112京都府綾部市上八田町ヒシロ8
    Phone:0773-21-4188 / Email:pokapokafarm567@gmail.com

    農家民宿 ぽかぽかのうえん WEBサイト
    http://pokapokanouen.jimbo.com/

  • 「塩」いのちのふるさと[5] 2018.08.01 クリック

    ー自然塩復活運動を振り返るー 「塩」いのちのふるさと[5]

    さて前号で、谷さん達は塩の品質検査をするうちに、廃止された塩田で作られていた塩と、その後始まったイオン交換樹脂膜法で作られた塩がさほど大きな成分の違いがなく、さらに以前の時代に遡れば遡る程豊富なミネラルを含んだミネラル含有量の多い塩を作っていた事を発見したというところまで書いた。

    塩田廃止の政府側の裏事情は、当時全盛期だった石油化学などを始めとする化学工業の用地確保が理由だろうが、国民の健康問題より目先の金目当てで行ったのは確かだろう。
    しかし塩田廃止当時の消費者運動の主流は塩田の復活を求めていたものの、恐らく運動していた方々も長い目で見た塩の品質の変化までは気づいていなかったのだろう。

    品質調査を行ううちに新たな視点と結論が出た事になる。

    元来が学者肌の谷さんは、地球の生命発生と塩との問題まで考えを進めることになった。

    かつて火の玉のようにマグマの塊であった地球が、彗星などの接近などの歴史を経て長い長い年月をかけて水の塊である海が出来、雨などの水の循環によって地球上のあらゆる鉱物(ミネラル)がその中に溶け出して行った。

    そしてさらに長い長い年月を経て、様々なミネラルを含んだ原始の海の中に、我々地球生命の生みの親ともいえる地球上初めての原始生命が発生したと考えられている。

    それは、未だ動物にも植物にも進化していない単細胞生物であった。 現代の定説では、太陽光線の行き届く水深10メートル位の海底で発生したと考えられている。

    その原始生命が発生した時、現在の海より多少塩分は薄いが、ほとんど今の海と変わらないミネラルバランスの海が出来ており、その海無しには生命の発生は考えられない。 つまり、海が我々地球生命のいのちのふるさとであると言うことになる。

    当時、谷さん達の塩に対する視点は遠大で多くの人々の目を覚ます様な刺激があったので、多くの日本の先進的な学者の先生方が、谷さん達のこの自然海塩運動を注目した。

    その塩運動を応援した学者の中に発生学の三木成夫先生がいた。

    三木先生の研究は人間は母胎の中で受精してから生まれる迄に生命発生から人類として生まれる迄の何十億年という生命進化を全て体験して生まれてくるという発生学の研究であった。

    まさに卵子という単細胞生物が受精した瞬間から凄まじ程の細胞分裂が始まり、妊娠中の十月十日の間にある時は魚類、ある時両棲類、爬虫類、哺乳類など何十億年に渡る生命進化を全て経験して最後に人間の胎児として誕生するというものであった。

    この三木先生の研究も他に追随を許さない壮大な研究であった。

    そして、これは最も重要なことになるが、その母胎が摂取する「塩」とは、生命が発生した条件を作り出せるような自然海塩であることが大変重要な要素であるという事も三木先生は力説されていたのだ。

  • 7月号のご挨拶 2018.07.02 クリック

    皆さまこんにちは!おかわりなくお過ごしでしょうか?さて7月というといよいよ夏本番ですね。
    ジメジメとして湿気の多い季節から、急に気温が上がったりしますので体調管理には気をつけてお過ごしくださいね。
    梅干しを漬けた方は、土用干しのタイミングを逃さない様にしましょうね。
    もう、やさい村には吉田さんの赤シソが入って来ていますよ〜!梅干し、ゆかり、夏に最高のシソジュースです。

    ところで、田植えの終わった佐藤さんから「もうそろそろお米のストックが無くなるよ」と連絡がありました。えっ!もう?大変!
    という事で、定期購入の皆さんと連絡を取ったのですが、皆さまササニシキの定期購入の方は家族内にアトピーなどの症状を持っている方が多く、やはりササニシキが良いという希望が多くありましたので今回は宮城県で自然栽培米を生産している方にお願いして、佐藤さんの新米が届くまでそちらに切り替えてお届けすることになりました。
    なお定期購入の方はこの変更で価格の変更はありませんが、店頭販売の方は価格が変わります。

    また、今回のお米の件で佐藤さんと連絡を取り合う中で、佐藤さんの自然栽培に取り組む中での問題が浮かび上がって来ました。
    それは、長年の自然栽培を続けている田んぼの稲の収量が落ちて来ているという事です。
    長年有機栽培も取り組まれた佐藤さんからは、「少しでも有機質のある肥料分を入れてあげれば収量は上がると思うんだけど、全くの無肥料だとやっぱり収量が落ちて行くんだよなぁ〜」との深刻な話。
    もう36年も、お米の価格は変わっていないのに収量はどんどん落ちて行くとなると、これは本当に厳しそうです。

    佐藤さんは本当に自然栽培にしっかり取り組んで来てくれていて、しかも他の自然栽培のお米と比べると値段は破格とも言える良心的な価格です。また、息子さんが本格的に他の仕事を辞めて田んぼに関わり始めてくれたところで後継者問題もクリアー出来ているのに、これは厳しい問題です。「この様な状態だと息子にやれって言えないんだよなぁ」という深刻な話。

    やさい村としては、自然栽培の田んぼの循環サイクルに他の農家さんがどんなやり方をされているかの情報を集めて佐藤さんに情報提供することと、値上げをお願いしようと思い切り出しましたが、とりあえず今年1年価格はこのままでやってみるよとのお返事でした。

    でも私達、本当に大変な事を佐藤さんにお願いしているのかもしれませんね。佐藤さん達に貴重なお米を作り続けて頂く為にも皆さまにもご協力をお願いすることがあるかもしれません。また、無肥料・自然栽培の循環サイクル作りの情報などもし耳寄りな情報がありましたらやさい村にお知らせお願いいたします!
    また、昨年から佐藤さんの自然栽培のDVDを製作中ですので、私達が頂いているお米が出来るまでとその背景の思想を知る事が出来ます、乞うご期待ください!

    (村長大友)

  • 7月イベントお知らせ 2018.07.02 クリック

    イベントのお知らせ

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    7月5日(木)・7日(土)
    線

    「 コピス吉祥寺 GREENINGマルシェ 」<やさい村出店>

    日 時
    7月14日(土)〜15日(日)10:00~17:00(雨天決行)
    場 所
    コピス吉祥寺 A館1階(屋根付き中通路)

    ◎地場野菜を中心に全国の美味しい野菜、(調味料・自然塩・天然茶etc.)
    他ではなかなか見られないこだわりの商品をお持ちします!
    ◎2日間実施(雨天決行)

    線

    やさい村 10%OFFセール & デモ販

    日 時
    7月20日(金)〜21日(土)
    場 所
    やさい村

    20日 デモ販:「陰陽ライフ」「まめや(試食のみ)」
    ※セールには一部除外品があります。

    線

    「第五回 東アジア地球市民村 報告会」<アースウェーブ(村長バンド)ライブ有り>

    日 時
    7月22日(日)14:00〜17:00
    場 所
    沙羅舎B1階(三鷹駅南口より徒歩5分)
    参加費
    自由カンパ

    東アジアの市民レベルの直接交流の場が作られ始めた。中国、台湾、韓国、日本などの環境運動グループや、交流に興味がある個々人などの参加で回を重ね、様々なテーマで情報交換が出来るオープンで楽しい貴重な場です。

    *Facebook→「東アジア地球市民村」で検索♪

    線

    獏原人村「満月祭」<やさい村出店:28日>

    日 時
    7月27日(金)~30日(月)10:00~17:00(雨天決行)
    場 所
    獏原人村(福島県双葉郡川内村下川内バク502)

    *Facebook→「獏原人村 満月祭」で検索♪

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    7月4・11・18・25 日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    7月6・13・20日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    7月12日(木) 20:00~21:30
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線
  • 7月「今月のおすすめ旬野菜」 2018.07.02 クリック
    きゅうり

    7月の旬野菜:きゅうり

    きゅうり

    今月のおすすめ旬野菜:「 きゅうり 」

    やっぱり暑い夏になるときゅうりが欲しくなりますね〜
    このきゅうり、原産地はインド・ヒマラヤ地方。
    日本に伝わったのは平安時代。
    その当時は黄色に完熟したものを食べていたようです。

    胡瓜と書くその「胡」とはシルクロードを通って伝わって来たという意味を表しています。
    きゅうりの旬は6月が走り、7月が盛り、9月が名残りとなります。

    走りは水分が多く、あっさりと、青くさく。
    名残りは皮が張り、種が大きくなり、甘みが増します。

    きゅうりはカリウムを多く含み、ビタミンAのβカロチンが多く、食養理論から行くと適度な塩気を加えて中庸に保って食べる工夫が必要です。

    料理法は塩を振って生での丸かじりから、もろみ味噌を付けてもろきゅう、サラダ、きゅうり揉み、酢の物、キムチ、ぬか漬けなど。
    また、油で加熱しても美味しく、中華風の炒め物、ラタトィユ、ナス、ピーマン、とうもろこし、オクラ、ミョウガなどとの炒め物なども、スープなども美味しい。

    きゅうりは切り方によっても様々な食感や見た目に変化するので輪切りだけでなく、蛇腹や王冠切り、乱切り、千切り、拍子木切りなどで料理の食感を楽しもう!

    若杉さんの教室では陰性な野菜を陽性化して食べる様々な調理法を学びますがまな板の上に塩を振ってその上できゅうりを丸のままゴロゴロ押して水分を出して陽性化させたりしますが、水分を適度に抜いたきゅうりは甘みもましてさらに美味しくなります。

    料理の一工夫は家族の体調管理に直接影響しますので是非しっかり学んでマスターして活用しながら後世に伝えて頂きたいと思います。

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 7月「今月の酒」 2018.07.02 クリック
    「こしひかり越後ビール」

    「こしひかり越後ビール」

    「こしひかり越後ビール」

    今月の酒:「こしひかり越後ビール」

    これから夏本番を迎える今月の酒は、このビールをオススメします。

    材料には新潟産コシヒカリを使用し、熟練した経験と時間と手間をかけるドイツのデコクションという伝統製法で作られる事により素材の本来の風味と旨味を味わえます。

    飲んだ感想は「美味い!」
    味はあっさりしていて他のクラフトビールより飲みやすくスッキリ喉越しも良いので、グビグビ何本も飲んでしまいそうです。
    味のイメージとしては一般的な日本のビールに近い感じで、クラフトビールが苦手な人でも飲みやすいと思います。
    また、米どころならではのビールという感じで後味にビールの苦みと米の甘みがふわっと感じました。

    比較的どんな料理とも相性がよく天気のいい日に外で飲みたくなるようなビールです。皆様もお得期間中に是非お試し下さい。

    では、適度に楽しいアルコールライフをお楽しみください。

    7月1日〜31日 特価・・・
    1缶(350ml)265円+税 ⇒ 250円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2018.07.02 クリック
    枝豆

    枝豆

    枝豆
    収穫した枝豆

    収穫した枝豆

    収穫した枝豆

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    梅雨でムシムシの季節が来ました。
    畑の土も水分を蓄えて、土が重いので鎌もよくきかず、草もこれ幸いとばかりに元気いっぱい発生しております。
    野菜は、いよいよ収穫期です。ナスもキュウリもシソもジャガイモも枝豆も収穫を迎えました。

    さて今回は「枝豆」の美味しい食べ方です。

    <枝豆・・・1p / 鍋にたっぷりのお湯 / 塩・・・3つまみ>

    ● 豆をバラす
    ① 一つ一つ豆をもぎ取る方法
    ② 枝をハサミで2cmくらいに切ってふさ状にバラす方法
    がありますが、私は ② が好きです。

    ● 沸騰したお湯にバラした豆を一気に入れて、沸騰2.5〜3分茹でる。(時間が短いと香りが強く歯ごたえがあり、長めだと甘みが強く柔らかく、茹ですぎると色が悪く薄らボンヤリ味になります)
    ● ザルで湯を切り、冷水で一気に冷やす。
    ● 熱が取れた枝豆をボウルに入れて塩3つまみ加えて馴染ませる。

    いわゆる茹で枝豆ですが、友人をもてなす場合には「枝豆のラフレシール(茹でて冷やす)」と高級っぽく言ってビビらせてやりましょう。

    もう一つ <氷枝豆>

    ● 3〜4分茹でて冷やす。
    ● 枝豆を殻から外して、出来るだけ水が入らないようにジップロックに入れ、出来るだけ重ならないように平らに冷凍庫で凍らせる。
    ● 凍ったらほぐす。解凍せず凍ったまま食べても、料理に加えても大丈夫。汎用性の広い上、2ヶ月後でもそのまま食べられます。

    <7月の出荷予定>

    枝豆/キュウリ/ナス/色々トマト/インゲン/紫蘇/モロヘイヤ/式部草/ジャガイモ/玉ねぎ/空芯菜/バジル/オレガノ/フェンネル/ツルナ
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 7月号 2018.07.02 クリック
    ゼンケンから新発売!「スリム温冷風扇 HEAT&COOL」

    ゼンケンから新発売!「スリム温冷風扇 HEAT&COOL」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    ゼンケンから新発売!「スリム温冷風扇 HEAT&COOL」

    ゼンケンから新発売!「スリム温冷風扇 HEAT&COOL」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    「送風」「涼風」「温風」「加湿」の1台4役で、オールシーズン使える温冷風扇です。
    夏は「涼風」で気化熱を利用した自然な涼風で体を冷やし過ぎません。
    冬は「加湿&温風」で加湿しながら本格ヒーターでうるおい加湿暖房で快適。
    25×29×高さ67cmとコンパクトサイズなのも魅力です。

    この夏やさい村でもレジ前に設置したところ、本当に風がひんやり心地よくて大活躍です(≧∀≦)
    ちなみに冷風扇を使う時のコツは、気化式のため湿度が上がるので、部屋を締め切らないことです^ ^

    ゼンケンから新発売!「スリム温冷風扇 HEAT&COOL」

    ● 希望小売価格 ・・・21,000円(税別)

    線
  • 自然栽培 ー7月の田んぼ仕事ー 2018.07.02 クリック
    7月の田んぼ仕事

    7月の田んぼ仕事

    7月の田んぼ仕事

    『自然栽培 ー7月の田んぼ仕事ー 』
    < 佐藤さんの連載27回目 >

    梅雨が開けたら、それはそれはもう、暑くなります。
    野イチゴと鮎と山百合とクズの花と蜘蛛と夕焼けと・・・汗だくの、暑い夏。
    その暑さで、伸びる伸びる稲。
    その前に、田んぼの草取りを終えたいのです。

    肥料を与えない田んぼですが草だけは旺盛です。
    敵ながらその見事さに感服しながら、取りきれない草と格闘します。
    花を咲かせるまでの一ヶ月あまり、
    思いっきりどんどんと大きく育ってほしいのです。

    川の氾濫を気にしながら、草刈り・草取り・水管理の毎日で、
    注意深く稲を見守ります。

    お米定期購入者募集中!お申し込み用紙は <こちら>

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • 奇跡のさすらいインド旅 〜 最終回 〜 2018.07.02 クリック
    セレモニーの様子1

    セレモニーの様子1

    セレモニーの様子1
    セレモニーの様子2

    セレモニーの様子2

    セレモニーの様子2

    チャーリー宮本の
    「奇跡のさすらいインド旅」〜最終回〜

    さまざまな人と天の助けを借りて、さあいよいよマハトマ・ガンディーセレモニー当日がやって来ました!
    Nation of the Farther 国家の父と呼ばれ、インドをイギリスから独立に導いたガンディー。その独立とアヒムサ(非暴力)の象徴はチャルカ(糸車)。
    機械に頼るのではなく、自らの肉体を使って紡ぎだす糸とチャルカはまさに平和の象徴です。
    青空と白い雲。会場となるデリーのガンディースミリティの庭には噴水が涼し気です。
    子供たちがチャルカで一時も手を休めず、集中を途切らせることなく糸を紡いでいます。その横にはインド各地から集まった子供たちの合唱隊。インドの誰もが知っている歌を次々と歌っていきます。

    いよいよ僕の伴奏から始まる子供たちの歌とのセッションです。会場にはモディ首相をはじめとする要人たち、インドの国営放送のカメラ、何千という観客、緊張の一瞬…!でも、あっという間に最後の曲。笑

    演奏が終わると、なんとモディ首相がステージに進み、プレイヤー 一人一人と握手をし始めました!
    そして、僕の所にも!! 意外とふっくら温かい手にホッとしました。

    Dreams come true まさに夢が現実となった瞬間。神々、仏さま、遠い過去から現在に至るすべての出来事、あらゆる人に支えられて、良いも悪いも超えて今この瞬間があるのだと、思わず手を合わせずにはいられませんでした。これからも今しか出逢えないさまざまな奇跡の一瞬一瞬を、僕に与えられた音楽を通して深く味わって生きて行きたいと思います。

    − 合掌。こころある旅人へ・・・

  • 「塩」いのちのふるさと[4] 2018.07.02 クリック

    ー自然塩復活運動を振り返るー 「塩」いのちのふるさと[4]

    私が谷さんや阪本さんと出会った頃は彼らの活動体は「自然塩調査会」という名称だった。
    谷さんは元々立命館大学で基礎物理を学び、食養法を知った事からマクロビオティックの提唱者の桜沢如一先生と出会い、桜沢の原子転換の研究チームの最後のメンバーとして参画した。

    桜沢先生は現代の物質文明の自滅と崩壊の危機を危惧しており、この物質文明の根幹を成している原子レベルでの思想革命が必要で、その突破口となる研究が原子転換の研究だと考えていた。
    またフランスの研究者ルイ・ケルブラン博士とも様々な研究を通じて親交を深めて行った。

    又、桜沢氏は食養普及の立場からも「塩」を最も重要視して、日本の食塩の品質悪化を何とか食い止めたいと考えていた。

    その桜沢氏に共感して原子転換の研究を進めたい谷さんだったが、とりあえず日本の塩の品質悪化を防ぐために塩業近代化法によってそれまでの流下式塩田が廃止され、代わって登場したイオン交換樹脂膜法によって作られ始めた塩の品質調査を行い、又日本各地で塩の伝統製法を残している製塩場を実地で歩いて調査を行っていた。

    しかしその当時既に全ての塩田は新法に寄って公的には全て廃止され、古式製法が公に残されていたのは伊勢神宮の御塩田神社の塩田と能登にある観光用の揚げ浜製塩の塩田のみとなっていた。

    そこで谷さん達は、イオン交換法によって作られた塩とそれ以前に行われていた流下式塩田で作られた塩の成分の比較実験を行い、また能登の揚げ浜式製塩法によって作られた塩との比較実験を行いその成分の比較を行ったところ、流下式塩田とイオン交換の塩とでは大きな成分の違いがない事が分かったのだ。

    また、古式の自然製法による塩には、当時の流下式塩田やイオン交換樹脂膜法によって作られた塩とは桁違いで豊富なミネラルが含まれていたのだ。そしてそれは塩業を遡るほどミネラルが豊富な塩を作っていた事が分かったのである。

    つまり、塩業が続くうちに塩作りの技術がどんどん発展した結果、精製度合いが高くなって行ったという事実が判明し、ただ単に塩田を復活することが良いのではなく、この精製の過程で失われて行った様々なミネラルを多く含んだ、命の発生を可能にした母なる海のミネラルバランスを持った塩を復活させなければならないとの結論に至ったのである。

    つまり自然海塩を作る「塩」運動とはただ塩づくりをひと時代前に戻すのではない、根本的な生命観の思想革命運動であると気づいたのだ。

  • 6月号のご挨拶 2018.05.31 クリック

    皆さまお元気でいらっしゃいますか!?
    いやいや、もう6月号なんですね。

    今年も半分過ぎそうですよね〜 今年こそと願をかけた方は、上手く目標達成に近づいていますでしょうか?
    五月病などと言われないように、気を引き締めて後半戦の準備をして行きましょう!

    6月は梅の季節、梅酒や梅シロップ、梅干しを作ってこれから迎える夏を元気に乗り切っていく準備と仕込みの大事な時期になります。
    去年作ったのがまだあるからなどと言わずに、しっかり今年のものを作りましょうね。
    10年経った10年物の梅干しなどは、市販のものでも1個1,000円もするものだってあるんですから、せっかくなら超こだわりの無農薬の梅を超こだわりの天然海塩や、最高の焼酎などを使って最高のものを作りましょうよ!

    6月2日(土)「梅酒&梅シロップ」、6月17日(日)「梅干し」作りの教室がありますので、是非あなたも参加しましょうよ!
    梅や塩などの素材を注文して、自分の作りたいだけその場で作って持ち帰ることも出来ますからね。 我が家のものは、世界最高!
    そんな手作りのものを作って、豊かに過ごしたいですよねー!先生の経験豊富な貴重なお話もバッチリ役に立ちますよ!!

    「食といのちの学校」
    梅酒&梅シロップ作り教室 詳細ページ →
    梅干し作り教室 詳細ページ →

    (村長大友)

  • 6月イベントお知らせ 2018.05.31 クリック

    イベントのお知らせ

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    6月2日(土)・7日(木)
    線

    第20回「はつかり感謝祭」<やさい村出店>

    日 時
    6月3日(日)10:00~16:000
    場 所
    初雁木材有限会社(埼玉県朝霞市膝折町3-4-40)
    入場料
    無料

    *モノづくりのワークショップも開催♪

    線

    「 コピス吉祥寺 GREENINGマルシェ 」<やさい村出店>

    日 時
    6月16日(土)〜17日(日)10:00~17:00(雨天決行)
    場 所
    コピス吉祥寺 A館1階(屋根付き中通路)

    ◎地場野菜を中心に全国の美味しい野菜、(調味料・自然塩・天然茶etc.)
    他ではなかなか見られないこだわりの商品をお持ちします!
    ◎2日間実施(雨天決行)

    線

    武蔵境「 ond 1周年クラフトマーケット 」<やさい村出店>

    日 時
    6月23日(土) 11:00~17:00
    場 所
    武蔵野市境南町3-2-13 Ond内(武蔵境駅下車、高架下・線路沿いを東小金井方面へ徒歩5分)

    ※村長バンドライブもあります♪
    ◎詳細はFacebookやさい村 店頭にてご確認ください。

    線

    三鷹「エコマルシェ」<やさい村出店>

    日 時
    6月24日(日) 13:00~17:00
    場 所
    三鷹駅前通り商店街 Mマルシェ内

    線

    やさい村 10%OFFセール & デモ販

    日 時
    6月29日(金)〜30日(土)
    場 所
    やさい村

    29日 デモ販:ゼンケン
    ※セールには一部除外品があります。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    6月6・13・20・27 日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    6月1・8・15・22日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    6月21日(木) 20:00~21:30
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線
  • 6月「今月のおすすめ旬野菜」 2018.05.31 クリック
    さやいんげん

    6月の旬野菜:さやいんげん

    さやいんげん

    今月のおすすめ旬野菜:「 さやいんげん 」

    さて6月に旬を迎える野菜の筆頭に挙げられるのがこの「さやいんげん」だ。

    原産地は遠くメキシコ〜中央アメリカ。
    その後ヨーロッパ→中国を経て江戸時代になって日本に渡来した。
    当時渡来した明の高僧、隠元禅師の名前からとられて「いんげん」と呼ばれるようになったと言われている。

    先ず食べ方だが、いんげん豆の未成熟なものを食べる。
    日本では5月後半、沖縄から始まって九州など徐々に北上して行く。

    走りの時期は皮が薄く柔らかく、独特の青くささがあり。季節が進み名残りの時期は、豆が膨らんでさや全体がしっかりと張って来る。

    柔らかい走りの時期は手で折ってサッと塩ゆでして、素早く冷まして、醤油をたらして頂くのが最高!

    豆が膨らんで硬くなってきたら、茹で時間を長めにする。

    また名残り時期の少し硬くなって来たものは斜めに切ってごま油でサッと炒めて食べると、ごまの油が食欲をそそる。

    天ぷらはどの時期でもOK!

    6月〜9月と割と長い時期出来、きゅうり、ピーマン、じゃがいも、などの夏野菜との組み合わせ料理が合う。煮物などにも用いられる。

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 6月「今月の酒」 2018.05.31 クリック
    「天鷹酒造 有機純米 天鷹スパークリング生酒」

    「天鷹酒造 有機純米 天鷹スパークリング生酒」

    「天鷹酒造 有機純米 天鷹スパークリング生酒」

    今月の酒:「天鷹酒造 有機純米 天鷹スパークリング生酒」

    どうもスタッフです。
    今月の酒には栃木県大田原市の天鷹酒造で造られている、有機純米・天鷹スパークリング生酒をご紹介致します。

    最低でも酒米として使われる前、2年間は無農薬・無化学肥料を実践してきた田んぼのお米しか使用せず、日本/アメリカ/欧州でオーガニック認証を受け「美味しい・安心・楽しい」をこだわりに、酒造りを行っています。

    やさい村でも天鷹有機純米酒には多くのファンがいらっしゃいますが、今回はスパークリングです。

    瓶内で二次発酵し自然炭酸ガスの微発砲が蒸し暑い時期には心地よく、すっきりとした飲み口でやや辛口のお酒なのでよく冷やしてお飲み頂くのがオススメです。

    日本酒が苦手な方でも飲みやすいタイプだと思うので是非お得期間中に試してみて下さい!

    ただ開封時に噴き出す可能性があるので、飲みたい気持ちを抑えつつゆっくり開封してくださいね^^

    6月1日〜30日 特価・・・
    1本(720ml)1,450円+税 ⇒ 1,300円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2018.05.31 クリック
    枝豆の本場 山形の種屋さんがオススメする茶豆

    枝豆の本場 山形の種屋さんがオススメする茶豆

    枝豆の本場 山形の種屋さんがオススメする茶豆
    農園では夏、秋に向けた準備が着々と進んでおります。

    農園では夏、秋に向けた準備が着々と進んでおります。

    農園では夏、秋に向けた準備が着々と進んでおります。

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    カレンダーがもう半分になってしまいそうです!
    気づけば夏がもう目の前ですね。
    農園では夏、秋に向けた準備が着々と進んでおります。

    生え付きや生育を見ていると、どうやら今年はジャガイモがとても調子が良さそうです。
    その向こうのサツマイモは、まだ植えたてなので、まだまだ先は見えないのですが、またこの秋冬に甘さ爆発の焼き芋になってくれることでしょう。

    果菜類では、今年はキュウリが少し遅れそうですが、枝豆の量は昨年より2倍強蒔きましたので沢山採れる予定です。

    因みに収穫後半の枝豆は、枝豆王国 ‘山形’ に聞きに行って買ってきた本場の種屋さんがオススメする茶豆です。
    農園ではかれこれ5〜6年ぶりの茶豆です。

    他夏野菜達も今のところ順調に成長してくれてます!

    <6月の出荷予定>

    枝豆/インゲン/ズッキーニ/紫蘇/ツルナ/サラダmix/ハーブ類
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 6月号 2018.05.31 クリック
    ボディクレイ「ねんどのハミガキ」

    ボディクレイ「ねんどのハミガキ」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    ボディクレイ「ねんどのハミガキ」

    ボディクレイ「ねんどのハミガキ」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    粘土(ベントナイト)は、すぐれた吸着力を持つので、肌の洗浄だけでなく、歯や口腔内の洗浄にも最適。
    せっけんや研磨剤なしでも口腔内全体の汚れをしっかり取り除きます。
    エナメル質を傷つけることもありません。
    磨いた後は歯がツルツルに!

    この粘土は、約800度という高温で溶けた地下の岩石(マグマ)が、火山の爆発で火山灰となり、海底に降り積もって1000万年をかけて、粘土に変身。
    その中の主成分である「結晶(モンモリロナイト)」が強いマイナスに帯電しているから、水を吸いこむ力が強く、同時に、汚れも吸い込んでくれるのです。

    国産の粘土を100%活かした「ねんどのハミガキ」を、ぜひお試しください。

    ボディクレイ「ねんどのハミガキ」

    ● 1本(100g) ・・・1,050円(税別)

    線
  • 自然栽培 ー6月の田んぼ仕事ー 2018.05.31 クリック
    6月の百姓仕事

    6月の百姓仕事

    6月の百姓仕事

    『自然栽培 ー6月の百姓仕事ー 』
    < 佐藤さんの連載26回目 >

    5月末から始まった田植えは、6月に入っても続いています。
    この辺りでは遅い田植えですので、少し焦りながらせっせと作業を進めます。
    機械での田植えが終わると、今度は手で「すまっこ植え」や株の抜けたところなどの補植を行い、箱洗いや片付け、後始末でやっと田植えの終了となり、やれやれです。

    それから、神様にモチを上げ「さなぶり」と呼ばれるお祭りを行い、仕事の安全と豊作の祈願を行います。百姓家にはなにかと、神様がいっぱいいらっしゃいますので。

    そうしているうちに、息つく暇もなく、田んぼには 草”が生えてきます。
    7月中旬まで、草取りと草刈りに追われます。
    肥料もしない田んぼでも、草だけは勢いよく伸びてきます。
    悔しくも、稲にではなくその草の見事さに感心したりして・・・。

    夕暮れ時、気持ちのいい風に、ほーと息を吐いて一日の仕事を終えます。

    お米定期購入者募集中!お申し込み用紙は <こちら>

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • 奇跡のさすらいインド旅 〜 9 〜 2018.05.31 クリック
    「C」のラーガBhoopaliを演奏している様子

    「C」のラーガBhoopaliを演奏している様子

    「C」のラーガBhoopaliを演奏している様子

    チャーリー宮本の
    「奇跡のさすらいインド旅」〜 9 〜

    何が起こるかわからないのがインド!(笑)
    その予測できないミラクルさは、神さまの慈愛に満ちたギフト。
    インドに来るたびに、大いなるものによって動かされていることを感じます。

    突然マハトマ・ガンディーのセレモニーで、子供たちの歌と一緒に参加することが決まったのは、なんと8日前!まさに奇跡。政府主催のイベントがいとも簡単に変えられる柔軟性が、インドを支える力なんだと実感。インド中に溢れるエネルギーの源を垣間見たような出来ごとでした。

    ガンディーの事務所にまるで拉致されたかのように(笑)2日後にはマハトマ・ガンディーとともに活動し、日本との関わりも深いチャンドラ・ボース氏のメモリアルでの演奏。
    その翌日からはガンディーのセレモニーに向けて、毎日のように子供たちとリハーサルが始まりました。

    僕のスワルマンダルのチューニングは本来なら「D」ですが、子供たちの合唱に合わせるためにチューニングを変えることになりました。
    48本の弦をどのラーガ(音階)に合わせたらいいのか、ラジャスターンのバナスタリー大学からデリー大学教授となった、友人で天才的なシタール奏者ゴパールさんに助けを求めると、翌日授業が終わった後にお寺に駆けつけてくれました。音階は「C」のラーガBhoopaliへとあっという間に合わせられて…友人の存在の有り難さが身にしみます。

    困った時に、いつも手を差し伸べてくれる友人の存在に手を合わせました。考えてみれば日本山妙法寺デリー道場とのご縁のきっかけも彼!!
    仏さまのお計らいは素晴らしい〜♪

    − 合掌。こころある旅人へ・・・(つづく)

  • 「塩」いのちのふるさと[3] 2018.05.31 クリック

    ー自然塩復活運動を振り返るー 「塩」いのちのふるさと[3]

    僕が生まれたのは1948年、その当時には色々なお店の軒先には「塩」と書かれた濃紺色の金属製の看板が掛かっていた。

    ひょっとしたら、今でも田舎の昔からの商店には今でもお店のどこかに掛かってありそうな。

    多分、僕らと同年代の人達には、お馴染みの商店の懐かしい風景でもあるのかと思うが、実はこの塩がとんでもない塩紛いの「塩」だったのだ。

    また、僕らが通っていた学校では、理科の先生からは「塩」= Nacl と教わったのでした。
    塩は = 塩化ナトリウムと書かないと試験も×でした。しかし、知れば知るほどこれは間違っています!しかも、国家ぐるみでの事実歪曲、そして洗脳教育を行っていたのです。

    海水を分析すれば100種類近い元素が検出されます。
    つまり地球のあらゆる元素が海に溶け出した、まさに地球でしか出来ない海という存在の中で、初めての単細胞生物という地球生命が誕生した、その生命を発生させた母親が海という存在だったのです。

    その海の結晶が塩であり、決して塩化ナトリウムと言うような、単一元素の結晶体ではありません。

    おそらく今でも多くの人が、塩 = Nacl(塩化ナトリウム)と思い込んでいるのではないでしょうか?

    この自然塩運動が始まった頃に、国の専売公社で発売していた塩と、当時専売法の枠内で輸入された原塩と輸入されたニガリを混ぜて炊き直した、当時の自然塩を希釈して海水に近い濃度の塩水を作ってその中にアサリ貝を入れた実験では、自然塩を希釈した塩水の中のアサリは活発に活動するのに比べて専売公社の塩で作った塩水の中のアサリはほとんど殻を閉じて活動しようとはしませんでした。
    いかに自然環境と違うかアサリ貝は身をもって教えてくれたのです。

    同じく、塩を同じ濃度に薄めた水槽に金魚を入れた実験では、専売公社の塩水に入れた金魚は早く死んでしまいました。

    このような生物実験でも明らかに違いは歴然と証明されたのですが、今でもこの専売公社の塩は多くの食品や加工品に使われています。

    生命は海から発生し、しばらくは海の中でしか生きられませんでした。

    しかしやがて陸上にも生活領域を広げ陸上でも暮らすように進化して行くのですが、陸に上がっても、身体内には血液、体液というように塩分濃度を保って、体内に海を内蔵する形態に変化して行ったのです!

    さて、そこで皆さんに考えてもらいたいのですが、我々にとって、生命にとって、本当に必要な塩とは、どんな塩なのでしょうか?

    塩化ナトリウムなのか? はたまた様々な微量元素が豊富に含まれている自然塩なのか?

    塩には色々な塩がありますが、やはり最高の塩とは生命を生み出したその海を自然結晶させた塩、わたし達が「自然海塩」と呼ぶ天然の海塩、しかも天日乾燥で出来たものが最高の塩であると自然海塩運動の祖である谷克彦さんが力説されていましたが、私もそう思います!

  • 5月号のご挨拶 2018.05.01 クリック
    太極拳の様子

    太極拳の様子

    太極拳の様子

    皆さまこんにちは、お元気でしょうか?
    桜が散って、今や新緑の季節ですね。様々な緑の葉の色が実に美しく、公園や野山に出かけて行きたくなりますね〜

    私としては、4月の頭に風邪をひいて、花見も中止、久々に39度近い熱を出して、全身の関節が痛くて、やっと熱が引いた後も一週間以上体調が戻らず、2週間近く仕事から帰ると家で寝込んでました。

    その間、食べたかったものはお粥の上澄みの、重湯と梅干しでした。
    まあ、そのお陰で、体重も落ち、顔もちょっと細くなってなんか身体がとっても浄化された感じがしています。
    心の靄も少し払われた感じで、若い時に体験した宇宙的な覚醒体験がリアルに蘇って来てなんだか、ありがたいと思いました。
    たまに、こんなかたちで、何年ぶりかの浄化が起るんですねー
    自然界も様々な命が一斉に芽吹く季節なので、毒出しを上手にして、身も心も軽くなってサラサラと流れる様に生きて行きたいものですね。

    そうそう、風邪の治り終わりの頃は、無性に春の山菜が食べたくなり、ふきのとう味噌を作ったり、たけのこの煮物を作ったり、ワラビのお浸しや、ふきのとうやユキノシタの天ぷらを揚げて食べてました。

    このところは、やっと体力も回復してきて太極拳が楽しくなっています。
    太極拳も、手技もそうですが、結局表面の形しか教えられません。大事なところはその中身である意識ですね。
    この意識は、それぞれの人が完成させていくものですが、それぞれの人の数だけ宇宙が存在するという事です。
    一人一人の意識と感受性が豊かになればなるほど素晴らしいものが出来上がって来ます。

    そういう意味では、いつだって私たち一人一人が創造者です、とてつもない奇跡を重ねてこの世に生を受けて来て、ひと時の休みもなく応援されているのですから、宇宙の愛に応えるべく、調和した素晴らしい意識でありたいものです。

    やさい村には春を迎えた沢山の大地の恵みが溢れて来ています。色とりどりの野菜たちに出会うたびにありがたいな〜と思います!

    (村長大友)

  • 5月イベントお知らせ 2018.05.01 クリック

    イベントのお知らせ

    「 ゴールデンウィーク やさい村 店舗休み 」

    日 程
    5月3日(木)〜6日(日)
    線

    武蔵境「 クラフトマーケット 」<やさい村出店>

    日 時
    5月5日(土) 11:00~17:00
    場 所
    武蔵野市境南町3-2-13 Ond内(武蔵境駅下車、高架下・線路沿いを東小金井方面へ徒歩5分)

    ※村長バンドライブもあります♪
    ◎詳細はFacebookやさい村 店頭にてご確認ください。

    線

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    5月10日(木)・12日(土)
    線

    「 コピス吉祥寺 GREENINGマルシェ 」<やさい村出店>

    日 時
    5月19日(土)〜20日(日)10:00~17:00(雨天決行)
    場 所
    コピス吉祥寺 A館1階(屋根付き中通路)

    ◎地場野菜を中心に全国の美味しい野菜、(調味料・自然塩・天然茶etc.)
    他ではなかなか見られないこだわりの商品をお持ちします!
    ◎2日間実施(雨天決行)

    線

    やさい村 10%OFFセール & デモ販

    日 時
    5月25日(金)〜26日(土)
    場 所
    やさい村

    25日 デモ販:天然酵母のパン「ぴすとーれ」
    ※セールには一部除外品があります。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    5月2・9・16・23・30 日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    5月4・11日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    5月10日(木) 20:00~21:30
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 - ママクラス - 」<お昼の講座第22回目> 村長大友の教室紹介

    日 時
    5月21日(土)13:00~15:00
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線
  • 5月「今月のおすすめ旬野菜」 2018.05.01 クリック
    ふき

    5月の旬野菜:ふき

    ふき

    今月のおすすめ旬野菜:「 ふき 」

    ふきは日本各地に自生しており、栽培物と自生した天然物がある。
    ふきの原産地は日本、朝鮮半島、中国。

    ふきのとうが枯れると程なくしてふきの葉が生えてくる。

    走りの時期は水分も多く、葉も食べられるが、名残りの時期のものは太く筋張って苦味も強くなり、葉は食用には向かなくなる。

    ふきはアクが強いので、少し多めの塩か藁灰を使ってアク抜きする。
    アクの弱い春先のふきは塩をひとつまみ入れたっぷりのお湯で茹で、冷水にさらしてから皮を剥いて使う。
    晩春のふきは米のとぎ汁で、又夏のものは藁灰でアク抜きして数時間水にさらす。葉は、3〜4回煮出してからさらす手間がいる。

    ほろ苦い独特のふきの香りは、まさに春の香りだ。
    日本伝統の発酵調味料の、醤油や味噌、酢などとの相性が良く、懐かしいふるさとの味やおふくろの味に仕上げて食べてみたい。
    (食養の場合は砂糖使用は不可)

    ふきは魚の毒を消してくれ、食物繊維も豊富なのでふきの葉の佃煮と魚を煮てもこれがまた美味しい。

    油揚げとふきの煮物/ごま和え/ごま油炒め/ちらし寿司の具/信田巻き/ふきご飯/ふきの味噌漬け/ピクルス/ふきの葉の佃煮
    がおススメです!

    ニンニクと赤唐辛子、オリーブオイルを使ったペペロンチーノも絶品らしいのでたまには挑戦してみよう!

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 5月「今月の酒」 2018.05.01 クリック
    「エチゴビール ビアブロンド」

    「エチゴビール ビアブロンド」

    「エチゴビール ビアブロンド」

    今月の酒:「エチゴビール ビアブロンド」

    どうも・スタッフです。
    新緑と行楽の5月にはやっぱりビールが飲みたくなります。

    エチゴビールは1994年に日本初地ビールを作り、次々と美味しい地ビールを作り続けています。

    今や地ビールやクラフトビールが一大ムーブメントになっているからこそ、日本初の地ビールを作りだし2009年モンドセレクション金賞を獲得したエチゴビール「ビアブロンド」をオススメ致します。

    芳醇な香りが特徴のイングリッシュタイプのビールで、ビターホップの苦味で飲み応えがあり後味にふわりと甘さが残り、アロマホップとエール酵母のフルーティーな香り、綺麗な琥珀色と贅沢なひと時を過ごせると思います。

    食事中に飲むより、ビールを飲むぞ!!って時にオススメです。
    では、ビアブロンドをお楽しみください。

    5月1日〜31日 特価・・・
    1缶(350ml)265円+税 ⇒ 250円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2018.05.01 クリック
    GW前の畑は黒々としています

    GW前の畑は黒々としています

    GW前の畑は黒々としています
    春の彩り

    春の彩り

    春の彩り

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    春の嵐ってやつが吹きましたね。
    雨も無かったので、砂嵐となって吹き荒れました。
    吉田農園は、暴風の影響でエンドウ豆とサンチュに大ダメージです。
    のらぼう菜は辛うじて生き残り、アブラナ科の野菜たちは花は咲き、まさに春です。

    農園としては夏野菜の準備時期なので、いそいそと片付けを進めております。
    ゴールデンウイークの辺りが植えものの時期なので、4月中旬の今は畑は黒々としております。

    今は収穫も静かなので、山形に良いタネやアイデアを探しに行って参りました。

    流石に農業先進地域なので、素晴らしい枝豆の種と、真夏に取れる葉物を購入しました。
    今年は前半は白系枝豆、後半は茶豆と、少し長めに収穫出来そうです。

    昨年仕入れた米沢薄皮丸茄子の苗も順調に育っており、そのまま植えればOKのお墨付きを貰いました。

    コロコロした小粒の茄子なので、夏頃お楽しみに!
    他トマトは15種、今年はストライプは無しです。
    唐辛子は伝統品種の内藤唐辛子、ピーマンはフレンチ種とイタリア種ズッキーニも3種、他夏野菜達も、元気に準備が進んでおります。

    <5月の出荷予定>

    のらぼう菜/サラダmix/ツルナ/セルバチコ
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 5月号 2018.05.01 クリック
    MEKHALA「パクチー&ジンジャー ドレッシング ディップソース」

    MEKHALA「パクチー&ジンジャー ドレッシング ディップソース」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    MEKHALA「パクチー&ジンジャー ドレッシング ディップソース」

    MEKHALA
    「パクチー&ジンジャー ドレッシング ディップソース」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    パクチー好きさんにオススメ!!
    無添加、ヴィーガン仕様のドレッシングが新入荷しました。

    たっぷりの刻みパクチーに、糖類は低GIのココナッツシュガー、塩はヒマラヤピンクソルトと、こだわりの食材で作られたパクチー感たっぷりの多目的ソースです。

    ライムの爽やかな酸味で、ドレッシングとしてだけでなく、パンやサンドウィッチ、ステーキなど様々なアレンジが楽しめます。

    やさい村でも大人気の吉田農園さんのパクチーは、収穫できる時期も限られています。
    収穫期以外はこのソースでパクチーを存分に味わってください^ ^

    MEKHALA「パクチー&ジンジャー ドレッシング ディップソース」

    ● 1本(250ml) ・・・580円(税別)

    線
  • 自然栽培 ー5月の田んぼ仕事ー 2018.05.01 クリック
    水路整備の様子1

    水路整備の様子1

    水路整備の様子1
    水路整備の様子2

    水路整備の様子2

    水路整備の様子2
    “苗管理の様子

    苗管理の様子

    苗管理の様子
    代かきの様子

    代かきの様子

    代かきの様子
    米袋を変えました

    米袋を変えました

    米袋を変えました

    『自然栽培 ー5月の百姓仕事ー 』
    < 佐藤さんの連載25回目 >

    まだ日陰に雪は残っていますが、春爛漫です。

    半年の間雪に埋もれていた大地からは、
    いっせいに何もかもが芽吹き、そりゃあもうその賑わいときたら!

    雪と新緑と桜。目まぐるしい季節となりました。
    今月末から始まる田植えに向けて、水路整備→田起こし→代かき→苗管理・・・
    と百姓には一番忙しい季節でもあります。

    暑かったり寒かったりの中、霜に気をつけながら苗は細心の注意で育てられます。

    < お知らせ>〜 米袋を変えました 〜
    袋に書いてある「文作さんちの・・・」、文作とは、佐藤家の屋号です。
    この地はほとんどが佐藤性ですので、みんな屋号で呼び合うのです。よろしくお願いします。

    お米定期購入者募集中!お申し込み用紙は <こちら>

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • 奇跡のさすらいインド旅 〜 8 〜 2018.05.01 クリック
    Gandhi Darshan

    Gandhi Darshan

    Gandhi Darshan
    演奏中の風景

    演奏中の風景

    演奏中の風景

    チャーリー宮本の
    「奇跡のさすらいインド旅」〜 8 〜

    マハトマ・ガンディは神の歌「バジャン」やインドの伝統的な音楽をこよなく愛していました。ガンディ翁のセレモニーにはいつも音楽が演奏されます。

    僕も音楽を奉納してみたい!と思い、デリー道場のマタジこと克庵主さまに、日本へ帰ってから手紙を書きました。でも、返事は無く‥その冬にまたインドを訪れた時「私どもが、チャーリーさんの音楽をどのように伝えたらいいのか、間違いがあってはいけないと思いました」とマタジ。
    確かにそうです。大変なことをお願いしてしまった!と思いました。
    そして「ハードルは高いですね〜」と。笑

    ガンディ翁のセレモニーに参加するには招待状が必要です。その招待状をお願いしにガンディの事務所に佐知子庵主さんが行くというので同行することになりました。

    「楽器を持って行かれたら?」とマタジの鶴の一声!スワルマンダルを一台もってオートリキシャに乗りガンディ事務所へ。到着するとセレモニーのコーディネーター、ラージディープさんがたまたまおられ「あなたは?それは何ですか?」と。「日本のミュージシャンです」とスワルマンダルを取り出し弾き始めるやいなや僕の楽器を取り上げ「一緒に来い!」と目を輝かせています。
    何が起こったかわからないまま楽器を持って所長室へ…「所長!この楽器の音を聴いてください」所長の前で演奏すると「ガンディセレモニーで演奏してもらいましょう」とあっという間に決まってしまいました。それもセレモニーまであと二週間足らずだというのに!!

    − 合掌。こころある旅人へ・・・(つづく)

  • 「塩」いのちのふるさと[2] 2018.05.01 クリック

    ー自然塩復活運動を振り返るー 「塩」いのちのふるさと[2]

    〜 前回からの続き 〜

    そこは、当時のマクロビオティック運動の若者たちが集まっており、その創立メンバーの一人が自然海塩運動の祖とも言える谷克彦さんと共に伊豆大島に渡って自然塩復活の活動を始めた阪本章裕さんだった。

    私がキャラバンから戻った頃は谷さんや阪本さん達は家族と共に既に大島に移り住んで、風と太陽熱による史上初となる天日塩製造の為の工場を自ら土木作業をしながら作り始めたところだった。

    僕はI amに居を移して会合を重ねながら新たなセンター作りの運動をやり続ける一方、大島に居を移して本格的に塩作りを始めようとしていた阪本さんや谷さんが上京する度に立ち寄って泊まることになり、次第に塩運動の話を聞く機会が多くなった。

    当時はまだほとんどの国民は自然塩の存在を知らない状況で、専売公社が販売していた本当にまずい、塩とは言えない塩を食べさせられていた時代であり、地球の45億年の歴史から海が出来、又その海の中で初めて生命が誕生した事、そして遥かな年月を経て陸に上がった生物達も、そして我々人間も身体の中に海を宿している事。
    そして我々が摂るべき塩とは、Nacl(塩化ナトリウム)100%近い塩、ではなく生命を生み出したあらゆるミネラルを含んだ生命のふるさとである「海」でなければならない事。

    こうした話を聞く内に、塩運動の持つテーマの重大さと谷さん達の並々ならぬ情熱を身を持って理解することとなった。

    当時は専売法で厳しい法規制で独占的に作られていた塩は、全く国民の健康には寄与しない塩まがいの化学塩、その厳しい法規制の中で素晴らしい生命観を持って行おうとするまさにいのちの革命とも言える天然の塩作り、これは応援しない訳には行かない、そう決心した僕はその後ワークキャンプを10年以上にわたって行い、初めて出来た天然海塩を持って全国を歩く事になる。

    そうした塩運動が起こってからそろそろ40年近くが経とうとしている。

    あの時、日本の海を守り、世界の塩を変え、いのちの革命を起こそうとした多くの運動家達が1人欠け2人欠けと少なくなり、当時の塩運動を語れる人も少なくなって来ている現在、なんらかの形で今一度塩運動を振り返る記録なり、イベントを持ちたいと思っています。

    今回はやさい村通信の紙面を借りて少しだけ紹介しましたが、連載するか、各地で塩作りを続けている、塩運動の先駆者達に集まってもらってこれから未来の塩運動に繋がる集いを持てたら良いなと思っています。

    今後準備しながら又ご報告させて頂きますので乞うご期待です!

  • 4月号のご挨拶 2018.03.31 クリック

    こんにちは、皆さまいよいよ4月です!
    進級、進学を迎えたお子さま達を持つ親御さん達は、終業式やら入学式などでお忙しい季節ですね。

    気候も三寒四温と、寒い日、暖かい日が繰り返されながら春を迎えて行きますので、気温の変化に対応する感受性が大切です。
    特に身体の方は冬の身体から春の身体へと向かう時期ですので、旬を迎えた野草や山菜を上手に取り入れて、冬季に溜まった毒出しをして行って下さいね。(前号でも触れましたが、野草や山菜は陰性が強いので、それぞれ食べる方の陰陽に合わせて、毒消し法や調理法、食べる量なども考慮して調理して食べて下さい。)

    断食などをしてデトックスするのも良い時期です。
    それと運動ですね。無理のない動きの太極拳などは何才になってからでも始められるのでおススメです。
    自然界の動物達も冬眠から目覚めて活動を始めるように、又田んぼや畑も準備が始まる様に、太古から人々も食糧の確保やその準備の為に春には身体を動かして活動していたのですからね。

    春を迎えて気分一新し、新しい身体に整えてスタートしたいところですが、日本の政治はどうなっているのでしょうかね?
    森友問題で発覚した政党と官僚との癒着や政治力を背景に日本国を私物化しようとする動きは断じて許すわけにはいかないですよね。国民はなめられっぱなし!春は毒出しの季節、今は日本の政治にも徹底的に毒出し、膿み出しが必要な時期だと思います!いらない毒は出さなくちゃ。宿便が出る時には、腸が蠕動運動という自己運動を行い、自ら溜まった毒である宿便を出そうとするのですが、今回のこの問題が日本の政治浄化の蠕動運動になって欲しいと心から願わずにはいられませんね。

    官邸前には多くの心ある国民の皆さんが集まっていますが、ちゃんと我々1人ひとりの国民も意思表示をすることが必要ですね。皆んなが蠕動運動起こして腐った毒を出しましょうよ!

    (村長大友)

  • 4月イベントお知らせ 2018.03.31 クリック

    イベントのお知らせ

    「 やさい村 お花見会 」

    日 時
    4月1日(日)11:00〜14:00頃
    場 所
    ジブリ美術館脇の公園付近( ※雨天の場合、やさい村居酒屋へ変更)
    参加費
    *一品持ち寄り(手ぶらの方は参加費500円)

    ◎お酒の量り売りアリ

    線

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    4月5日(木)・7日(土)
    線

    めだかの学校:講演 『食養と手当法(春)』

    日 時
    4月8日(日)11:00~14:00
    場 所
    田んぼカフェ(武蔵野市吉祥寺南町5-11-2)
    講 師
    大友映男

    線

    武蔵境「 Ond 」<やさい村出店>

    日 時
    4月14日(土) 13:00~17:00
    場 所
    武蔵野市境南町3-2-13 Ond内(武蔵境駅下車、高架下・線路沿いを東小金井方面へ徒歩5分)

    ◎朝採れ地場産無農薬やさいを中心におススメ商品をお持ちします。
    ◎詳細はFacebookやさい村 店頭にてご確認ください。

    線

    「 コピス吉祥寺 GREENINGマルシェ 」<やさい村出店>

    日 時
    4月21日(土)10:00~17:00(雨天決行)
    場 所
    コピス吉祥寺 A館1階(屋根付き中通路)

    ◎地場野菜を中心に全国の美味しい野菜、(調味料・自然塩・天然茶etc.)
    他ではなかなか見られないこだわりの商品をお持ちします!
    ◎2日間実施(雨天決行)

    線

    「東京ビーガングルメ祭り2018」<やさい村出店>

    日 時
    4月22日(日)10:00~16:00
    場 所
    木場公園(江東区平野4-6-1)

    地下鉄東西線、木場駅から徒歩12分・木場公園ステージ広場

    線

    やさい村 10%OFFセール & デモ販

    日 時
    4月27日(金)〜28日(土)
    場 所
    やさい村

    27日 デモ販:「ボディクレイ」10時~13時予定
    ※セールには一部除外品があります。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    4月4・11・18・25日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    4月6・13・20日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    4月12日(木) 20:00~21:30
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 - ママクラス - 」<お昼の講座第21回目> 村長大友の教室紹介

    日 時
    4月21日(土)13:00~15:00
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線
  • 4月「今月のおすすめ旬野菜」 2018.03.31 クリック
    山菜

    4月の旬野菜:山菜

    山菜

    今月のおすすめ旬野菜:「 山菜 」

    さて、いよいよ春本番を迎えてやはり早春の王道は山菜でしょうね。

    雪解けと共に一斉に芽吹く新芽の数々。

    ふきのとうから始まって山菜の王様と言われるタラの芽まで、地方によっては又様々な御当地グルメの山菜もあり、一挙に食卓が豊かになる時期でもあります。

    ちょっと思い付くままに上げてみると、たんぽぽ、よもぎ、つくし、アザミ、ハコベ、ノビル、セリ、ヨメナ、ナズナ、ユキノシタ、オオバコ、こごみ、つゆ草、わらび、カラスノエンドウ、山ウド、スイバ、ギシギシ、ドクダミ、イタドリ、野萱草、ウルイ などなど。

    それぞれに様々な料理法があり、春の味覚を堪能したいところですが、この野草類は陰性の強いものが多いので必ず陰性の毒を抜いたり、又は陽性な味噌などを使って陰性を中和させたり、油で高温に調理したり、またその油を分解する大根のような素材を使ってちゃんと中庸に持って行くようにして食べて下さい。

    まさにうってつけの教科書とも言える超オススメの本があります!
    それは最近改訂新版として出された「若杉友子の野草料理教室」という本。

    これは、上記した山菜類のアク抜きや毒消しから陰陽を調和させた様々な料理法までわかりやすく説明されていて、この時期の必読書ですよ〜!
    若杉さんのまさにばあちゃんの知恵袋満載の知恵の結晶のような本ですので、各家庭に1冊は持って置いて欲しい、そして実践で使って欲しい本です。

    この本は自費出版なので一般書店では絶対に手に入りません。
    やさい村で求められますので、どうぞお問い合わせ下さい。

    春の味覚、山菜を堪能して、冬の間に溜まった毒素をデトックスして、春の身体を作って行きましょう!!

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 4月「今月の酒」 2018.03.31 クリック
    小樽麦酒「オーガニックピルスナー」

    小樽麦酒「オーガニックピルスナー」

    小樽麦酒「オーガニックピルスナー」

    今月の酒:小樽麦酒「オーガニックピルスナー」

    どうも・スタッフです。 この通信が読まれてる頃は桜が満開でお花見日和でしょうか? 春の陽気に包まれ気の合う仲間とお酒を呑むとは羨ましい限りです。僕も早く休みの日にお花見したい。。。

    そんな今月の酒は 『小樽麦酒オーガニックピルスナー』

    材料には有機麦芽と有機ホップを使用し低温発酵と長期熟成にて仕込まれます。 肝心の味は、変な苦みや渋みは感じず、すっと喉越しもよくスッキリと飲みやすい一品です。

    お店でもリピーターの方も多く、ケース買いしてくださる方もいるほど。 それほど飲みやすく美味しいBEERなので、飲みすぎ注意です!

    それでは楽しいアルコールライフをお送り下さい♪

    4月1日〜30日 特価・・・
    1缶(350ml)285円+税 ⇒ 270円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2018.03.31 クリック
    夏野菜の種まきを行いました

    夏野菜の種まきを行いました

    夏野菜の種まきを行いました

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    いよいよ春らしくなってきました。

    冬の厳しさが和らいで、畑にいる時間も増えるのですが、
    今の時期は収穫より準備がメインの時期です。

    先日長ネギの種をまき、じゃがいもの種芋を植えました。
    3月末〜4月上旬にはトマトやナスの鉢上げや、
    同時にキュウリやズッキーニやオクラの種まきも控えております。

    畑はどんどん黒や茶色のエリアが増えますが、
    この色の場所は夏の緑が生い茂るという期待の場所でもあります。

    農家はポイントポイントは忙しいのですが、
    それ以外はまだ少し余裕のある時期ですので、
    盛暑の時期までもう少し溜めておこうかなと、
    自分に甘えております。

    <4月の出荷予定>

    ブロッコリー/人参/長ネギ/ルッコラ/ほうれん草/わさび菜/里芋/京芋/はっさく
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 4月号 2018.03.31 クリック
    「ぴすとーれのパン」各種

    「ぴすとーれのパン」各種
    <セール時は10%引きでお得です!>

    「ぴすとーれのパン」各種

    「ぴすとーれのパン」各種
    <セール時は10%引きでお得です!>

    3月末から新たに世田谷区代沢『ぴすとーれ』さんのパンの取り扱いが始まりました。
    『ぴすとーれ』オーナーの山下さんは、大友村長のミルキーウェイ時代からの古いご友人!

    ルヴァンで修行された山下さんのパンは、国産小麦と自家製酵母を使い、動物性、砂糖不使用。
    (パイ生地にバター使用、一部チーズ入りのパンもあります)
    噛みしめるほどに素材の旨みが味わえる、正統派のパンです。

    お店に届いてすぐはそのまま味わい、数日経ったものはトーストすると風味が増して美味しいです。
    しばらくの間は店頭で試食もご用意してますので、まずはお味見だけでもどうぞ!

    納品日:月曜夕方

    「ぴすとーれのパン」各種

    ● くるみレーズン・・・360円(税別)
    ● ノンシュガーあんパン・・・300円(税別)
    ● アップルパイ・・・470円(税別)
    ● さつまパイ・・・280円(税別)

    線
  • 自然栽培 ー4月の百姓仕事ー 2018.03.31 クリック
    4月は種まきです。

    4月は種まきです。

    4月は種まきです。
    “つきっきり”の、稲作りが始まります。

    “つきっきり”の、稲作りが始まります。

    “つきっきり”の、稲作りが始まります。
    忙しさの始まりです。

    忙しさの始まりです。

    忙しさの始まりです。
    春の訪れとともに一気に「躍動」がやってきます。

    春の訪れとともに一気に「躍動」がやってきます。

    春の訪れとともに一気に「躍動」がやってきます。
    今年は雪が多く、5月まで残っていそうです。

    今年は雪が多く、5月まで残っていそうです。

    今年は雪が多く、5月まで残っていそうです。

    『自然栽培 ー4月の百姓仕事ー 』
    < 佐藤さんの連載24回目 >

    4月は種まきです。
    種を撒いたら、そりゃあもう忙しさの始まりです。
    “つきっきり”の、稲作りが始まります。

    今年は雪が多く、5月まで残っていそうです。
    雪消しをしながら苗床を準備し、霜を心配しながら育苗します。

    冬の間雪に埋もれていた里には、
    春の訪れとともに一気に「躍動」がやってきます。
    山野草が咲き乱れ、行事や祭事で部落は
    何とかをひっくり返したようなにぎわいになります。

    お米定期購入者募集中!お申し込み用紙は <こちら>

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • 奇跡のさすらいインド旅 〜 7 〜 2018.03.31 クリック
    マハトマ・ガンディーと藤井日達猊下

    マハトマ・ガンディーと藤井日達猊下

    マハトマ・ガンディーと藤井日達猊下
    藤井日達猊下からガンディーに贈られた団扇太鼓

    藤井日達猊下からガンディーに贈られた団扇太鼓

    藤井日達猊下からガンディーに贈られた団扇太鼓

    チャーリー宮本の
    「奇跡のさすらいインド旅」〜 7 〜

    インドは仏教の生まれた国。すべての仏典が残されていますが、お釈迦様がほんの数年しか説かなかったといわれる法華経。その法華経をインドに帰したいと、日蓮聖人は思っておられたそうです…が、その思いは叶わなかった。

    それを実現させようと動き、時の人マハトマ・ガンディ翁に会われたのが、日本山妙法寺の開祖者、藤井日達猊下でした。出逢うやいな意気投合。祈りと平和のために歩くという共通の思いを持った二人は互いに尊敬し合ったそうです。
    そのご縁から、ガンディのアシュラム(道場)での始まりは必ず南無妙法蓮華経から始まることとなったと、聞きました。

    そして、1966年から始まった三里塚闘争(今の成田空港建設反対運動)で反対派と機動隊が衝突寸前、その間を「南無妙法蓮華経」と唱え団扇太鼓を叩き通り過ぎた… という話に感動し、僕も70年代の様々な反原発コンサートや平和行進などで日本山妙法寺と出会うこととなったのでした。
    日本山妙法寺は平和運動のちょっと過激?な僧伽(さんが・仏教集団)として、当時のヒッピーの間では一目置かれていたのです。

    思えば長いお付き合いです!笑
    その時はまだ、マハトマ・ガンディー翁のセレモニーで演奏が出来ることになるとは、夢にも思わなかったのです。合掌。

    こころある旅人へ・・・(つづく)

  • 「塩」いのちのふるさと[1] 2018.03.31 クリック

    ー自然塩復活運動を振り返るー 「塩」いのちのふるさと[1]

    1970年代に戦後以来専売法で半強制的に国民全体が食べさせられていた、塩化ナトリウム99%の化学塩を人間本来が摂るべき塩 = 海の結晶の自然塩に変えようと立ち上がった人々がいた。

    極々一握りの人々から始まったこの運動は心ある人から人へと語り継がれ、やがて荒野を焼き尽くす燎原の炎のように燃え広がり、やがて専売法撤廃という前代未聞の法改正を成し遂げた。

    私は、その運動を知るや、これこそがいのちの原点に立ち返る運動の要だと直感し、初めて海水を天日乾燥させて出来た自然海塩を持ってやがて2度目の日本縦断「生存への行進」を行うことになる。

    私が自然塩復活運動を知ったのは1975年、75キャラバン(又はミルキーウエイキャラバン)と呼ばれた日本縦断のキャラバン(1度目)を終えて最終地の北海道から東京に戻り、新たなライフスタイルのためのセンターを作ろうと活動を始めた頃だった。

    その活動はマルチメディアセンターを作ろうという呼びかけで始めたのだが、そのミーティング会場を提供してくれた、I am(アイアム)という共同生活体を会場に会合が持たれ、やがて僕はそこに居を移すことになった。

  • 3月号のご挨拶 2018.03.01 クリック
    天然ミネラル濃縮液「海の素」

    天然ミネラル濃縮液「海の素」

    天然ミネラル濃縮液「海の素」

    皆さまこんにちは、お元気でお過ごしでしょうか。
    寒波による影響で、野菜が取れない、成長しない、雪の影響で届かないなど厳しい影響を受けている日本列島ですが、ここ東京でも梅が咲き始め春の気配を感じさせる季節になって来ましたね。

    ただ今年は去年の2倍の花粉が飛ぶとかで、お天気の良い日は要注意です!特に花粉に弱い方は大変ですね。
    そんな方に超オススメの一品があるんです!
    やさい村では、ちょっと今シーズン出遅れましたが花粉の時期に好評だった「海の素」を希釈したスプレーを化粧水として開発中です。
    花粉が飛ぶなと思った日には、朝出掛ける前に「海の素」を数滴垂らした水を飲んで、そしてこのスプレーを顔の目の周辺や鼻にスプレーしてから出掛けると随分と楽に過ごせると思いますよ〜!明らかに違ってくると思いますので、是非お試し下さいませ!

    さてさて、3月25日(日) には、千葉の下総神崎で「お蔵フェスタ」が開催されますが、このイベントにやさい村は出店します!
    村長バンドのアースウェーブのライブも9時半からありますので是非お越しください!
    各地から発酵、オーガニック、ビーガンなどにこだわったお店がところ狭しと集まる楽しいお祭りです。

    また、4月1日(日) にはやさい村主催の「お花見会」をジブリ公園で行いますので、こちらも是非ご参加下さいね!桜を愛でながら春を楽しみましょう〜。

    (村長大友)

  • 3月イベントお知らせ 2018.03.01 クリック

    イベントのお知らせ

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    3月1日(木)・3日(土)
    線

    「 スローフード大賞受賞者 武富勝彦さんを囲んで 」

    日 時
    3月3日(土)

    ※時間・場所 未定

    線

    武蔵境「 Ond 」<やさい村出店>

    日 時
    3月10日(土) 13:00~17:00(予定)
    場 所
    武蔵野市境南町3-2-13 Ond内(武蔵境駅下車、高架下・線路沿いを東小金井方面へ徒歩5分)

    ◎朝採れ地場産無農薬やさいを中心におススメ商品をお持ちします。
    ◎詳細はFacebookやさい村 店頭にてご確認ください。

    線

    「 コピス吉祥寺 GREENINGマルシェ 」<やさい村出店予定>

    日 時
    3月17日(土)〜18日(日)10:00~17:00(2日間実施・雨天決行)
    場 所
    コピス吉祥寺 A館1階(屋根付き中通路)

    ◎地場野菜を中心に全国の美味しい野菜、(調味料・自然塩・天然茶etc.)
    他ではなかなか見られないこだわりの商品をお持ちします!
    ◎2日間実施(雨天決行)

    線

    「 無添加・自然派ワインフェア 」
    <対象ワインを2本以上お買い上げ戴くと10%OFF!>

    日 時
    3月19日(月)〜24日(土)10:00~17:00

    やさい村「ワインフェア」を開催します!
    ★フェア期間中に対象ワインを2本以上お買い上げ戴くと10%OFF!(※一部対象外あり)

    ご自宅用に、プレゼントやお花見用にいかがでしょうか?
    どれも、材料の葡萄や製造法や蔵付きの天然菌などこだわり作られたものばかりです。

    この機会に皆さんに無添加・自然派ワインの美味しさを知って頂ければと思います!

    線

    寺田本家「 第12回 お蔵フェスタ 」<やさい村出店>

    日 時
    3月25日(日)9:00〜15:30
    場 所
    寺田本家(下総神崎駅)(千葉県香取郡神崎町神崎本宿1964)
    入場料
    入場無料

    *村長バンドも出演しますよ♪ 助っ人売り子も大歓迎!

    線

    やさい村 10%OFFセール & デモ販

    日 時
    3月30日(金)〜31日(土)
    場 所
    やさい村

    31日 デモ販:「プレマ」
    ※セールには一部除外品があります。

    線

    「 やさい村 お花見会 」

    日 時
    4月1日(日)11:00〜14:00頃(予定)
    場 所
    ジブリ美術館脇の公園付近( ※雨天の場合、やさい村居酒屋へ変更の可能性有)
    参加費
    *一品持ち寄り(手ぶらの方は参加費500円)

    ◎お酒の量り売りアリ

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    3月7・14・21・28日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    3月2・9・16・23日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    3月15日(木) 20:00~21:30
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 - ママクラス - 」<お昼の講座第20回目> 村長大友の教室紹介

    日 時
    3月10日(土)13:00~15:00
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線
  • 3月「今月のおすすめ旬野菜」 2018.03.01 クリック
    よもぎ

    3月の旬野菜:よもぎ

    よもぎ

    今月のおすすめ旬野菜:「 よもぎ 」

    「よもぎ」はキク科の多年草で冬枯れの大地に春の訪れを告げる様に生えてくる。

    霜が消えた3月頃から生え始めて5月頃迄は(地域や寒さによっても期間が変わるが)食用やお茶に適する。

    よもぎ餅やよもぎ団子、天ぷら、おひたし、和え物の他、様々なレシピがあるので、今回の「村長のいちおし商品」で若杉ばあちゃんの「よもぎの力」を紹介したので是非お買い求めになって読みながら様々なレシピを作ってみて欲しい。

    また、早春に出てくる野草は陰性も強いので、よもぎ味噌にしたり、醤油洗いなどをして陰性な要素を中庸に変化させて食べる知恵が必要である。

    また、食用の他よもぎはお茶やよもぎ酒にするだけでなく足湯、腰湯、潰して塗ったり、パスターとして手当てにも使え、乾燥して葉の裏の薄い毛の様な所を集めた物がお灸のもぐさになるので捨てる所が無い。
    硬くなって食用にむかなくなっても乾燥して保存して様々な手当てに使える。

    アイヌ民族では風邪や肺炎などに乾燥したよもぎを焼いた煙を吸う治療に使われていた。
    また、他にも本の紹介に同記したが様々な優れた薬効があり、よもぎの効力は経験的にも日本列島に住む民族古来からの旧知の事実である。

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 3月「今月の酒」 2018.03.01 クリック
    寺田本家「 冬季限定 しぼったまんま 」

    寺田本家「 冬季限定 しぼったまんま 」

    寺田本家「 冬季限定 しぼったまんま 」

    今月の酒:寺田本家「 冬季限定 しぼったまんま 」

    こんにちは、スタッフです。
    3月には、梅や桃が咲きだして春がすぐそこに来ていますかね。

    そして忘れては行けないのは、千葉の寺田本家さん主催の「お蔵フェスタ」が行われます!
    今年も、やさい村は物販と村長バンドで参加します!

    そして、『今月の酒』には寺田本家さんの「冬季限定 しぼったまんま」を選びました!
    この酒は、巷でも有名な「五人娘純米酒」の無ろ過しぼりたて生原酒。 もちろん使用する米は無農薬在来種“千葉錦"製法は江戸時代と同じ製法で作られています。

    自然のままのお酒ですので、しぼりたてで若々しく、かつ芳醇な薄にごり酒です。
    舌で感じる微炭酸と少しの酸味、にごりの甘みが絶妙で1本は軽く呑めてしまいますが、大事に飲みたいお酒です。

    寺田本家さんでも売り切れごめんの期間限定酒なので、今を逃すと次のチャンスは来年になってしまいます!このお得期間中に是非どうぞ!!

    3月1日〜31日 特価・・・
    1本(720ml)1,600円+税 ⇒ 1,500円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2018.03.01 クリック
    夏野菜の種まきを行いました

    夏野菜の種まきを行いました

    夏野菜の種まきを行いました

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    お寒い日が続いていますね。
    1月の大雪の影響も重なり、畑からの収穫物もお寒い状況になっています。

    そんな中ではありますが、農園ではいよいよ夏野菜の種まきを行いました。
    この寒い中「夏」といってもピンときませんが、今年もここから元気な苗が生えてくれることを期待してます。

    話は変わって、先日三鷹のアトレから取材を受け、吉田農園がフリーペーパーに載りました。
    そこの一部にレシピを作成したので、どうせならこの機会に、やさい村通信にも一つ美味しいレシピを書いてみます。

    線
    <現在農園に沢山ある野菜のキッシュ>

    【パートブリゼを作る】

    ・薄力粉…100g ・バター…50g ・塩…少々 
    ・卵黄…小さいサイズ1個分 ・水…大さじ2杯

    バターはクリーム状にして、薄力粉と他の材料とともに少しずつ混ぜ込み、よく捏ねる。
    捏ねたらラップで包んで2時間程度冷蔵庫で寝かせる。
    寝かせた生地を薄く伸ばし(硬いので、レンジで10秒くらい暖めても良い)、型に敷き詰めて重りを乗せ、オーブン160℃で30分焼く。
    焼いてすぐは柔らかいので、オーブンから出したら触らないように冷ます。

    線

    【フィリング】

    長ネギは1cmくらいのブツ切り、人参を拍子木切りにして、オリーブオイルでよく炒める。
    ボウルに生クリーム100cc、卵2個、塩少々入れてよく混ぜ、炒めた野菜を入れる。

    線

    【キッシュ】

    パートプリゼにフィリングを流し込み、200℃のオーブンで30分程焼いて出来上がり。

    線

    ※タルト生地を買ってきた方がかなり楽です。
    ※野菜であれば、ほぼ何でもキッシュにできますが、ジャガイモやカボチャやサツマイモ等は、一度蒸してからの方が美味しくできます。
    ※焼く時にチーズをのせたり、フィリングにベーコンやハムを混ぜ込んでも美味しくできますが、フィリングの塩気を少し調整しましょう。
    ※キッシュは焼き上げてから2〜3日は保存可能です。

    <3月の出荷予定>

    長ネギ/人参/里芋/京芋/ブロッコリー(少量)
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 3月号 2018.03.01 クリック
    寺田本家「 米グルト 」

    寺田本家「 米グルト 」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    寺田本家「 米グルト 」

    寺田本家「 米グルト 」
    <セール時は10%引きでお得です!>

    「マイグルト」100%植物性乳酸発酵飲料です。原料は完全無農薬米と天然麹。
    甘酒のような自然な甘さとヨーグルトのような酸味が調和した、心と身体に優しい味わいで飲みやすいです。
    日本の伝統調味料に欠かせない麹は、良性のカビであり、免疫力や抵抗力づくりのお手伝いをしてくれます。

    そして発酵過程で生まれる乳酸菌は近年、腸内環境を整え、免疫力を高め、あらゆる病気や不調の予防になるということで、メディアでも大注目されています。

    ノンアルコールなので赤ちゃんからご年配の方まで安心してお召し上がりいただけます。
    『“飲む点滴”「マイグルト」』で、毎日の健康管理にお役立てください。

    寺田本家「 米グルト 」

    ● 1瓶(160ml)・・・各種280円(税別)

    線
    「 若杉ばあちゃんのよもぎの力 」(PARCO出版)

    「 若杉ばあちゃんのよもぎの力 」(PARCO出版)

    「 若杉ばあちゃんのよもぎの力 」(PARCO出版)

    「 若杉ばあちゃんのよもぎの力 」(PARCO出版)

    野草料理の若杉ばあちゃんが、よもぎの本を出しました!
    このよもぎ、まさに現代人を救う「医草」!
    頭痛、肩凝り、冷え症、花粉症、不眠症、鬱、婦人病、アトピー性皮膚炎などにも効果のある特効薬。

    その、よもぎの正しい摘み方から正しいアク抜き方、料理、おやつ、お茶、よもぎ酒、お風呂、腰湯、湿布、枕、防虫やお部屋の消臭まであらゆる使い方と40を超えるレシピを全公開!

    これは、あなたも買って読まなきゃダメですよ!
    やさい村で是非お買い求めください!(協力:やさい村)

    「 若杉ばあちゃんのよもぎの力 」(PARCO出版)

    ● 1冊・・・1,500円(税別)

    線
  • 自然栽培 ー3月の百姓仕事ー 2018.03.01 クリック
    ノギ取りをしている様子

    ノギ取りをしている様子

    ノギ取りをしている様子
    温水消毒をしている様子

    温水消毒をしている様子

    温水消毒をしている様子
    床土をつくっている様子

    床土をつくっている様子

    床土をつくっている様子
    春の足音が聞こえてきます

    春の足音が聞こえてきます

    春の足音が聞こえてきます

    『自然栽培 ー3月の百姓仕事ー 』
    < 佐藤さんの連載22回目 >

    今年の冬は雪が多かったです。
    いつ融ける事でしょう! 5月まで残るかも知れません。

    雪融けが遅いと、作業に影響が出てきます。
    それでも、支度はいつも通りしておきましょう。

    彼岸が過ぎた頃から種の準備を始めます。
    ノギ取りをして、温水消毒をして、床土を作って、芽だしをして・・・
    これが始まると、冬の間抑えられていたものが一気に噴き出します。

    春の足音ともに、何もかも、“どどっ”とやってくるのです。

    お米定期購入者募集中!お申し込み用紙は <こちら>

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • 奇跡のさすらいインド旅 〜 6 〜 2018.03.01 クリック
    ラージガートでのセレモニーの様子

    ラージガートでのセレモニーの様子

    ラージガートでのセレモニーの様子
    ガンディスミリティでの記念セレモニーの様子

    ガンディスミリティでの記念セレモニーの様子

    ガンディスミリティでの記念セレモニーの様子

    チャーリー宮本の
    「奇跡のさすらいインド旅」〜 6 〜

    毎年マハトマ・ガンディの亡くなられた1月30日には、デリーでセレモニーが開かれます。
    今年で70回。僕らも日本山妙法寺デリー道場とのご縁で、5年前から毎年マハトマ・ガンディのセレモニーに参加しています。

    午前中はデリー門からも遠くない場所に位置する、ラージガートという大きな公園で行われます。
    ここはガンディが荼毘にふされた場所で、事務所などもあります。
    「すべての宗教は一つ」という言葉通り、先ずは日本の仏教から「南無妙法蓮華経」が唱えられます。そしてチベット仏教、キリスト教、ゾロアスター教、バハーイー教、ジュダイズム、ジャイナ教、イスラム教、ヒンドゥー教、など各宗教の祈りが捧げられていきます。

    インドの首相をはじめ、政府の要人、陸海空の軍隊も参列し、最後にバジャン(神々の歌)で締めくくられます。
    糸を紡ぐことを大切にしていたガンディ。このラージガートでは、29日の午後から24時間ノンストップで希望者による糸紡ぎも同時に行われます。

    午後はマハトマ・ガンディの住まいであり、射殺された場所、ガンディスミリティで記念セレモニーが行われます。
    ここでは、祈りと音楽が中心。ゲストの音楽のほか、子供たちの合唱とその間ずっと糸を紡ぐ子どもたちの姿が微笑ましい会です。
    そして、午前中のセレモニーと同じように「南無妙法蓮華経」の祈りから始まるのです。

    なぜ「南無妙法蓮華経」? なんと!マハトマ・ガンディと日本山妙法寺の開祖者である藤井日達師とは深いご縁があったのです!

    こころある旅人へ・・・(つづく)

  • ほろ酔い地球会議4 - No.18 2018.03.01 クリック

    友ちゃん&町ちゃんのほろ酔いトーク (( ほろ酔い地球会議4 )) No.18

    【友】友ちゃん= 大友 映男(村長)
    【町】町ちゃん= 町田 榮

    【町】狭い枠内での共同体でも、通常の社会生活では気づかなかったことに目覚めることはたくさんあると思うけれど、たとえば自分で米や野菜を作ってみて初めてその価値に気づくとか、大地の価値に気づくとか、いかにお金に依存していたかに気づくとか・・・
    でも最終的には生命は根源的に一つであるっていう理解、生命世界は一つだっていう理解、「私」はその生命であるっていう理解、そういう理解に自分の意識が解放されていったら、どこで何をしていても自分自身を生きてるっていうか、そういう意識に目覚めないと本当の自由って実現できないんじゃないかって僕はいつも考えてるんだけどね。

    【友】ほんとにそうだね。
    共同体って云うのもとても大事なテーマだけど、魂の自由ってものがその共同体の考え方にもう一つ加わったら、さらに共同体の考え方が広がって行くよね。

    【町】この宇宙が出現する以前からの生命宇宙を考えると、人間には想像不可能な果てしない過去から生命宇宙は継続していて、「私」とは誰かを辿って行くと、その継続している果てしない生命宇宙に辿りつく訳だよね。
    その事に目覚めて行くと、結局全宇宙がすでにずっと共同体であったこと、現在も共同体であって、未来も共同体であり続けることを発見するよね。

    【友】たぶん小さい規模だけど、共同体をやったってことは、体験的に凄く豊かになったし、訓練もされたよね、お互いに困ったときどうすればいいかっていう色んな訓練・・・
    全宇宙が広い視野から見れば共同体だから、小さい共同体ってのは完成されてはいないんだけどさ、色々問題を抱えながら色んな事を学んでいくんだよね。
    人類社会をもっといい方向に進めて行きたいって試みってのは、いままでもあったしこれからも色々あるんだと思うけど、その試みの中で宇宙的な視野の目覚めがあったときに、共同体は大きく進化するんだと思うよね。
    その目覚めがないと共同体は小さな世界で止まっちゃうよね。
    今の国家社会とか、一つの宗教組織とか、そういう枠組みの中での共同体ってのは、いつも限定された中での生活スタイルであって、それを超えて行くにはやっぱり宇宙意識に目覚めないとね、生命は一つだっていう宇宙意識にね。
    それに人類が目覚めたときに、人類社会がどのように展開するのか楽しみだよね。

    【町】最近物理学とか宇宙科学とかの分野で面白い発見が色々あって、たとえばダークマター(暗黒物質)ってのは、宇宙の質量の大半を占めながら観測不可能な透明な物質であるという仮説なんだけど、そのダークマターが人間が観測可能な全ての物質を支え、調和させているって理論なんだよ。
    人間が対象化することができない目に見えない世界が、対象化できる目に見える世界の背後にあって、目で見える世界を支え調和させている。
    この仮説はまるでインド思想のようで、ブラフマンとか、神とかの概念を科学的な見地から立証するような考え方で、現代科学と古代の知恵が一致するようでとても面白いんだよ。
    宗教も科学も実は同じ真実の発見のために、一方は意識の内部の追求から、もう一方は物質の外部の追求から、同じ目的地に近づきつつありそうな現在の状況にはわくわくしちゃうよね。
    そういう時代に僕たちが生まれて生きていることって、とても幸運だと思うよね。

    (ここで録音テープが終了しましたが、二人の話はまだまだ続くのでした・・・)

  • 2月号のご挨拶 2018.02.01 クリック
    福寿草

    福寿草

    福寿草
    「種子 ー みんなのもの?それとも企業の所有物?」チラシ

    ラテンアメリカのドキュメンタリー映画
    「種子 ー みんなのもの?それとも企業の所有物?」

    「種子 ー みんなのもの?それとも企業の所有物?」チラシ

    皆さま、新たな年がやってまいります!
    2018年が皆さまにとって心あたたかき良き一年となりますように!

    また世界が平和で、人類全体の文明が争いの道を避け、大自然との調和への道を歩んで行けますよう心よりお祈り致します!

    2月と言えば節分の月ですね。

    寒いですけれどいよいよ季節は春へと移行して行くタイミングなんですね。
    春はもうそこまで来ています。
    まだ、地表には現れていませんが植物達は地下茎の根を張り、新芽が地下で育っていますよ。
    もうすぐ雪の下からふきのとうや福寿草が出て来るのかと思うと、春が待ち遠しいですね。

    もうすぐ立春。
    今でこそ太陽暦を使っていますが、以前は太陰暦。実は太陰暦の方がはるかに合理的です。
    僕は釣りをするので、海の潮の満ち引きは月の引力と一体化してるので、太陰暦を使わないと、太陽暦は全く使い物にならないのです。
    昔の農事暦などは考えられないくらい精密に作られ、田畑の作業と連動して作られていますよ。
    すごいですね。

    さて話は変わりますが春ともなると手放しで喜べない方もいらっしゃるのではと思います。
    後ページの「食養と手当」のところでも詳しく書いているので詳細はそちらを読んで欲しいのですが、花粉です。
    今年は早期から、かなりの量の花粉が飛ぶと予測されています。
    その量、去年の5倍だそうです!
    花粉でお困りの方々は是非早めの「海の素」の服用をオススメします!

    ところで、11月号でも書きましたが、日本の種子法の廃止の一件ですが、前例はラテンアメリカの国々で次々と施行された種子に関する法改正を通称「モンサント法案」といいます。
    これらの法改正により伝統的に行われて来た農民による種子の保存や交換を実質的に不可能にして、毎年企業から種子を買うように強いることです。

    これらの問題を告発した映画が中南米の8つのNGOが協力して作られたのですが、この度やっと日本語の吹き替え版が完成し「種子ーみんなのもの?それとも企業の所有物?」と題された映画が出来ました。
    三鷹でも是非上映したいですが、とりあえず3月20日、衆議院第二議員会館の第1会議室での上映が決まっていますので、是非観ていただきたいと思います!
    日本の種子法の廃止はモンサント法案の日本上陸の為の下準備です。
    今、行動を起こさないと取り返しはつかないと思います。

    (村長大友)

  • 2月イベントお知らせ 2018.02.01 クリック

    イベントのお知らせ

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    2月1日(木)・3日(土)
    線

    武蔵境「 Ond 」<やさい村出店>

    日 時
    2月10日(土) 13:00~17:00(予定)
    場 所
    武蔵野市境南町3-2-13 Ond内(武蔵境駅下車、高架下・線路沿いを東小金井方面へ徒歩5分)

    ◎朝採れ地場産無農薬やさいを中心におススメ商品をお持ちします。
    ◎詳細はFacebookやさい村 店頭にてご確認ください。

    線

    「 コピス吉祥寺 GREENINGマルシェ 」<やさい村出店予定>

    日 時
    2月17日(土)〜18日(日)10:00~17:00(雨天決行)
    場 所
    コピス吉祥寺 A館1階(屋根付き中通路)

    ◎地場野菜を中心に全国の美味しい野菜、(調味料・自然塩・天然茶etc.)
    他ではなかなか見られないこだわりの商品をお持ちします!
    ◎2日間実施(雨天決行)

    線

    食といのちの学校「 手前味噌の会 」<要予約> 定員15名

    日 時
    2月18日(日)13:00~16:00
    場 所
    三鷹市消費者活動センター 3F
    講 師
    山崎初代さん
    参加費
    2,500円(仕込んだ味噌1キロ持ち帰り付)
    定 員
    15名[予約締切:2/10(土)]
    持ち物
    味噌を入れるタッパーなどの容器・エプロン・三角巾

    *みんなで味噌作りを学んで、実際仕込みまでやります。(その他材料など購入可)
    *詳細はこちら → <食といのちの学校>

    講師プロフィール

    線
    線

    やさい村 10%OFFセール & デモ販

    日 時
    2月23日(金)〜24日(土)
    場 所
    やさい村

    23日 デモ販:「海の素」
    ※セールには一部除外品があります。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    2月7・14・21・28日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    2月2・9・16日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    2月22日(木) 20:00~21:30
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 - ママクラス - 」<お昼の講座第19回目> 村長大友の教室紹介

    日 時
    2月17日(土)13:00~15:00
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線
  • 2月「今月のおすすめ旬野菜」 2018.02.01 クリック
    キャベツ

    2月の旬野菜:キャベツ

    キャベツ

    今月のおすすめ旬野菜:「 キャベツ 」

    原産地は地中海沿岸で日本には江戸後期に渡来し主に外国人居留地区では食べられたが一般には普及せず、一般的に栽培され食べられるようになったのは何と戦後である。

    しかし今は大根と並んで主力野菜となっている事を考えるといかに戦後急速に食生活の欧米化が進んだかが分かるね。

    キャベツは今やスーパーなどでは通年ある野菜だが、ちゃんと旬があり1月半ば〜2月半ばが旬。
    この時期の冬の寒玉キャベツは甘みもたっぷりと乗ってホントに美味しい!
    特に有機や自然栽培のものは超オススメ!

    茹でても、炒めても、サラダやぬか漬けでも、煮込んでも美味しいが、この時期自然塩をパラリとふりかけて蒸したキャベツの美味しさも格別だよ。

    料理する時は手でちぎって料理すれば味の染み込みが良く、繊維に沿って切ると甘くなる。
    また、キャベツは芯を掘る様に切って後ろ側から剥くようにすれば綺麗に葉を傷つけずに剥くことができ、外葉は炒めもの、内側はサラダなどに、また芯は栄養豊富でスープやシチューのダシを取るのに使えるんだ。だからキャベツは全く捨てるところはない。

    ◎食養ではキャベツの葉っぱを枕の上に敷いて熱さましに使う。
    元々古代ではキャベツは薬草で、古代では胃腸のトラブルの薬草として使っていたんだね。
    最近では、キャベツに含まれる成分が発ガン防止効果がある事が分かって来て、ニンニクの次に制ガン作用のある野菜と言われているんだよ。

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 2月「今月の酒」 2018.02.01 クリック
    「 純米にごり酒 弥右衛門 月あかり 」

    「 純米にごり酒 弥右衛門 月あかり 」

    「 純米にごり酒 弥右衛門 月あかり 」

    今月の酒:「 純米にごり酒 弥右衛門 月あかり 」

    こんにちは、スタッフです。
    「今月の酒」は1790 年から続く大和川酒造店さんの【月あかり】を選びました。

    無農薬/減農薬の自社栽培米を清冽な飯豊山の伏流水にて仕込まれます。 今回の【月あかり】には夢の香と言う名のお米が使われています。

    弥右衛門はどれを飲んでも美味しいのに安いな〜と思っていたのですが、今回の【月あかり】は特に安いと感じる美味しさです!

    グラスに注げば、月あかりのような淡い色が綺麗で、ほのかに麹の香りがし、口の中には優しい甘さが広がり、一日の疲れを癒すリラックスタイムを演出してくれると思います。

    料理は味の濃い煮物や煮魚、チゲ鍋等に合うと思いますが、食事以外で飲む事がおすすめです。 食前や食後にのんびりと飲んで頂ければと思います。

    お得期間中に是非お試し下さい!!!

    2月5日〜28日 特価・・・
    1本(720ml)1,100円+税 ⇒ 1,000円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2018.02.01 クリック
    降り積もった雪!

    降り積もった雪!

    降り積もった雪!

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    2018年 戌年。

    我が家の2匹もこころなしか誇らしくしているような気がしますが、きっと気のせいですね。
    よく見るといつもの尻尾を振ってるアイツらでした。

    年が明けて一言「寒い!」
    今年は4年ぶりに問題のアレが来ました。
    雪です。
    これが来ると農園暫しストップになります。雪が溶けたら再開です。

    それまでは保存系のサツマイモや里芋のみの出荷になります。

    雪が溶けたら、人参、白菜、せっかく育った葉菜はトンネルの中ですが、雪の重みでどうなってしまったでしょうか・・・これも雪解け待ちです。
    やはり東京は慣れがない分、雪には弱いです。

    <2月の出荷予定>

    里芋/京芋/サツマイモ/八朔
    <雪待ち> 白菜/人参/柚子/長ネギ/ポロネギ
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 2月号 2018.02.01 クリック
    ピープルツリー/第三世界ショップ「 チョコレート 」各種

    ピープルツリー/第三世界ショップ「 チョコレート 」各種
    <セール時は10%引きでお得です!>

    ピープルツリー/第三世界ショップ「 チョコレート 」各種

    ピープルツリー/第三世界ショップ「 チョコレート 」各種
    <セール時は10%引きでお得です!>

    2月14日はバレンタインデー♡

    やさい村でも、オーガニックやフェアトレードを中心に、ヴィーガン対応や、さまざなチョコレートをご用意しました。

    どれもチョコ大好き店員Mのオススメ商品です。

    無料で簡単なラッピングもいたしますので、店員にお声掛けくださいね。

    ピープルツリー/第三世界ショップ「 チョコレート 」各種

    ● ピープルツリー:板チョコ(50g)・・・各種350円(税別)
    ● ピープルツリー:フィリングタイプ(100g)・・・各種720円(税別)

    線
    高レベル遠赤外線パッド「 アルファウェーブ 」

    高レベル遠赤外線パッド「 アルファウェーブ 」

    高レベル遠赤外線パッド「 アルファウェーブ 」

    高レベル遠赤外線パッド「 アルファウェーブ 」

    実際に試してみないと効果がわかりにくい商品ですが、店頭で試されたお客様は皆様かなり好感触で、つい欲しくなってしまう。
    1つ買うと効果を実感して、シリーズで買いたくなってしまう、そんな商品です。

    特にオススメが布団シングルサイズの「スクエアパッドM」。

    布団の上に敷くと、暖房器具がなくても心地よい暖かさで、スタッフ宅では家族で愛用中です。

    レジ近くに商品ございます。使い方や効果等、スタッフにお気軽にご質問ください^ ^

    高レベル遠赤外線パッド「 アルファウェーブ 」

    ● ポカぽん(13×21cm)・・・900円(税別)
    ● ミニパッド(21×21cm)・・・2,500円(税別)
    ● スクエアパッド M(100×200cm/1.3kg)・・・18,000円(税別)

    線
  • 自然栽培 ー2月の百姓暮らしー 2018.02.01 クリック
    一番寒く、一番雪が降る2月

    一番寒く、一番雪が降る2月

    一番寒く、一番雪が降る2月
    夏の間に貯め込んだ食糧で調理

    夏の間に貯め込んだ食糧で調理

    夏の間に貯め込んだ食糧で調理

    『自然栽培 ー2月の百姓暮らしー 』
    < 佐藤さんの連載21回目 >

    冬の一番の底は2月です。
    一番寒く、一番雪が降る時です。

    毎日毎日、降ります。
    青空を見る事はそうそう、ありません。

    白一色の世界に閉じ込められ、ひたすら春を待ちます。
    夏の間に貯め込んだ食糧を使い、漬物や炒りもので
    ご馳走をつくり、蔵の中では味噌を仕込み・・・

    毎日毎日除雪を行い、夏にできなかった経理を処理し申告に時間をとられている間に、
    2月も終わりを迎えます。

    その頃には、珍しく青空がのぞく事もあります。
    春までもう一息の辛抱です。

    お米定期購入者募集中!お申し込み用紙は <こちら>

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • 奇跡のさすらいインド旅 〜 5 〜 2018.02.01 クリック
    デリーの仏舎利塔

    デリーの仏舎利塔

    デリーの仏舎利塔

    チャーリー宮本の
    「奇跡のさすらいインド旅」〜 5 〜

    先月号で書かせて頂いたラジャスターンでの置き土産、「南無妙法蓮華経」がご縁となり、日本山妙法寺デリー道場へと導かれることとなったのです。

    これだけ何度もインドに来ているのに、デリー道場へ伺ったのは初めてでした。
    友人が連絡を取ってくれ、克(かつ)庵主さまが待ち合わせの場所に迎えに来てくださいました。
    初めてお逢いする庵主さまは小柄でしたが、その存在感と眼力に圧倒されました!笑

    鉄道とリングロードに挟まれた公園に仏舎利塔と道場があり、様々な音が一時も休むことなく聞こえてきます。それでも到着したその日は、いつしか深い眠りについていました。

    朝のお勤めは5時。大太鼓の音で目が覚めました!ハッと時計を見ると5時を少し回ったところ。
    急いで本堂へ。見よう見まねで団扇太鼓を叩き、お題目を唱題します。
    勝手がわからず、結局庵主さまに、大太鼓を1時間半叩き続けさせてしまったのでした。

    朝のお参りの時、昨日はわからなかった景色の中に白く輝く美しい仏舎利塔がとてつもないエネルギーで存在していました!
    まさに!法華経のお経に書かれた大地と天界を繋ぐ地湧の宝塔!
    そして、それをお世話する庵主さま。

    目には見えない大いなるものの力によって、強く惹きつけられていったのでした。

    こころある旅人へ・・・(つづく)

  • ほろ酔い地球会議4 - No.17 2018.02.01 クリック

    友ちゃん&町ちゃんのほろ酔いトーク (( ほろ酔い地球会議4 )) No.17

    【友】友ちゃん= 大友 映男(村長)
    【町】町ちゃん= 町田 榮

    【町】友ちゃんはキャラバンを通じて色んな共同体と出会ったり、会議をしたりして、共同体の色んな姿を体験したと思うんだけど、「ミルキーウエイ」を始めるときに友ちゃんが一番やりたかったことは何だったの?

    【友】僕は基本的にコミューンが成立するのは何なのかなって考えたんだよ、でその答えは自給自足だったんだよ。
    でも農村だったら自給自足のコミューンは可能だけど、都市のコミューンで自給自足ってのは完璧には無理なんだよね。
    でも都市のコミューンとしての在り方を色々考えたし、都市でしかできないコミューンの在り方って、たぶん今でも考えてるんだよね。

    【町】なるほど。

    【友】今「やさい村」をやってるけど、僕たちが「村」みたいな、深い繋がりを持って生きられるかどうか・・・
    今都会って人間的な深い繋がりを作れないじゃない、コミュニティがないっていうか。
    極端に言えば、が奴隷化されてるような世界なんで、人間らしい繋がりが作れるかっていうことを僕は今でも考えているんだよ。

    【町】なるほど。

    【友】町ちゃんとの繋がりも、そのように繋がれる人だと思ってるし、沙羅舎とも三鷹って地域とも、村的っていうか人間的な関りのできる場所であって欲しいと願ってるんだよ。

    【町】「山岸会」とかその他の共同体って、自由な生き方を目指して自給自足を掲げて、社会とは隔離された範囲内でそれを実現しようとしているけど、もし全宇宙は一つだってことをはっきりと理解すれば、その「一つ」っていう意識を持つことができれば、どんな事をしていても自由だと思うんだよね。

    【友】おそらく共同体運動に目覚めた人たちは、自分たちの共同体を完成させるために一生懸命活動してるんだろうね。
    僕が長年付き合っている漠原人村のマサイなんか、完全な自給自足を全部やろうと思ったけど、無理だってことが解ったって言ってたよ、完全な自給自足は無理だって。

    【町】へえ〜、そうなんだ。

    【友】でもそこからどんな風に考えて行くか、僕は意識的な共同体、精神的な繋がりがあり、物質的にも助け合えるときに助け合うことができれば、都会の中でもそれぞれがそれぞれの生活をしながらでも、共同体っていうか、共に生きて行くことはできるのかなって思ってるんだけどね。

    〜〜〜 つづく 〜〜〜

  • 1月号のご挨拶 2017.12.28 クリック
    来年もよろしくお願い致します!

    来年もよろしくお願い致します!

    来年もよろしくお願い致します!

    皆さま、新たな年がやってまいります!
    2018年が皆さまにとって心あたたかき良き一年となりますように!

    また世界が平和で、人類全体の文明が争いの道を避け、大自然との調和への道を歩んで行けますよう心よりお祈り致します!

    やさい村は、自らの関わるこの地域の、心ある方々との繋がりを大切に、人にも環境にもやさしい食べものを提供し、生産してくれる方々を支え、皆さまや未来を担う子供たちを健やかに育て、自然環境を守り未来に手渡して行くお手伝いをなお一層励んで行きたいと思っております。

    私は今から40年程前に、人類の危機を感じ、「生存への行進」と題して農薬や食品添加物、精製塩や原発の危険性を訴え、自然農法や自然海塩、マクロビオティックの存在を知らせながら北海道から沖縄まで歩いて日本縦断の旅をしました。

    玄米と野草を食べ、野宿をしながらの1年間余にわたる旅でした。

    汚染に喘ぐ自然の叫びを見、聞き、病める人々と会い、自然を破壊しながら進められる開発、危険性を知らせないで作られていく原発。気が滅入りそうな現実を見せられながらもその途中各地でいのちに目覚め、果敢に活動を始めている多くの心ある人にお会いしました。

    それらの出会いが私を勇気づけてくれ、歩き終えた後、三鷹にやさい村を立ち上げました。
    その原点を忘れず、また新たな時代に抱えるテーマに答えて行ける新しいやさい村に大きく前進させて行きたいと思いますので、皆さまからのなお一層のご指導、ご鞭撻を心より、心より宜しくお願い致します!!

    (村長大友)

  • 1月イベントお知らせ 2017.12.28 クリック

    イベントのお知らせ

    年始の営業日のご案内

    年 始
    2018年1月5日(金)〜 営業開始
    線

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    1月6日(土)・11日(木)
    線

    武蔵境「 Ond 」<やさい村出店>

    日 時
    1月13日(土) 13:00~17:00(予定)
    場 所
    武蔵野市境南町3-2-13 Ond内(武蔵境駅下車、高架下・線路沿いを東小金井方面へ徒歩5分)

    ◎朝採れ地場産無農薬やさいを中心におススメ商品をお持ちします。
    ◎詳細はFacebookやさい村 店頭にてご確認ください。

    線

    新年 やさい村居酒屋(予定)<要予約(定員8名)>

    日 時
    1月14日(日)14:00~16:00
    場 所
    やさい村軒先
    参加費
    500円(おむすび&漬け物付)+料理を一品お持ち寄りください。

    *飲み物はお店のお酒をお買い求めください。

    線

    「 コピス吉祥寺 GREENINGマルシェ 」<やさい村出店予定>

    日 時
    1月20日(土)10:00~17:00(雨天決行)
    場 所
    コピス吉祥寺 A館1階(屋根付き中通路)

    ◎地場野菜を中心に全国の美味しい野菜、(調味料・自然塩・天然茶etc.)
    他ではなかなか見られないこだわりの商品をお持ちします!
    ◎2日間実施(雨天決行)

    線

    やさい村 デモ販

    日 時
    1月26日(金)〜27日(土)
    場 所
    やさい村

    26日 デモ販:ジャフマック(予定)

    線

    <2月のイベント>
    食といのちの学校「 手前味噌の会 」<要予約> 定員15名

    日 時
    2月18日(日)13:00~16:00
    場 所
    三鷹市消費者活動センター 3F
    講 師
    山崎初代さん
    参加費
    2,500円(仕込んだ味噌1キロ持ち帰り付)
    定 員
    15名[予約締切:2/10(土)]
    持ち物
    味噌を入れるタッパーなどの容器・エプロン・三角巾

    *みんなで味噌作りを学んで、実際仕込みまでやります。(その他材料など購入可)
    *詳細はこちら → <食といのちの学校>

    講師プロフィール

    線
    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    1月10・17・24・31日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    1月12・19日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    1月11日(木) 20:00~21:30
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 - ママクラス - 」<お昼の講座第18回目> 村長大友の教室紹介

    日 時
    1月16日(火)13:00~15:00
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線
  • 1月「今月のおすすめ旬野菜」 2017.12.28 クリック
    白菜

    1月の旬野菜:白菜

    白菜

    今月のおすすめ旬野菜:「 白菜 」

    いや〜寒くなって来ましたよね〜
    これから大寒を迎えるこの時期。実は冬野菜は美味しさのピークを迎えるんですよ!

    その冬野菜の代表格は大根と白菜ですが、今回は白菜をご紹介いたします!

    白菜は原産地は中国。
    今や鍋物や漬け物に和の冬の食卓には無くてはならない程の白菜ですが、実は日本に入ってからはまだ100年経たない程の新参者。
    日清・日露戦争で兵士が持ち帰って来たのが始まり、びっくりですね。

    白菜はアブラナ科の1年草、12月が走り、1月が盛り、2月が名残り。走りは水分が多く柔らかくさっぱり味、名残りは葉が厚く、筋張って来るが甘みが増します。

    白菜は水分が多いので、美味しく料理するコツは干してから料理に使うこと、旨味は倍増します。
    鍋物には無くてはならず、煮てよし、炒めてよし、スープや味噌汁の具に、そして干して漬け込んで白菜の漬け物やキムチなどにも。

    今年の冬は是非マイ白菜漬けを作りましょうよ!
    自分で作ればたっぷりと食べられるし、お塩を良い自然海塩で漬け込めば最高の漬け物が食べられますよ!

    1個まるごと買って剥きながら食べれば長持ちしますし、芯の部分は捨てずにスープなどで煮込むと出汁が出てトロトロになり絶品です。寒い時期、白菜料理は美味しいですよね〜!

    食養法では食べる他に、発熱した時に熱冷ましとして枕の上に敷いて解熱に使用します。
    また、大根や白菜は動物性を取りすぎた人の動物性蛋白質の分解の食材として使います。
    高血圧や、動脈硬化の改善に使えるので、そのような症状の方にはある程度の期間常食することをオススメします。

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 1月「今月の酒」 2017.12.28 クリック
    「 山廃 純米吟醸 末廣 」

    「 山廃 純米吟醸 末廣 」

    「 山廃 純米吟醸 末廣 」

    今月の酒:「 山廃 純米吟醸 末廣 」

    こんにちは、スタッフです。
    新年1本目には福島県会津若松は末廣酒造さんの「山廃 純米吟醸 末廣」を選びました。

    末廣酒造のある会津は磐梯山山麓に広がる盆地に位置し、伏流水に恵まれた肥沃な土壌で育ったお米を55%精米し仕込み、大正初期より伝授される嘉儀式山廃酒母を使用した純米吟醸です。

    瑞々しい香りと米の柔らかな旨みがある上品な味わいで、ぬる燗にするとお米の旨味をさらに感じれます。

    また、スッキリと飲みやすく濃い味のお料理にぴったりだと思いますので、新年をお節料理と「末廣」で迎えてみてはいかがでしょうか。

    勿論、煮物や煮魚、お鍋などにも合いますのでお正月以外でも是非試してみて下さい。

    お得期間中に是非お試し下さい!!!

    1月5日〜31日 特価・・・
    1本(720ml)1,500円+税 ⇒ 1,400円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2017.12.28 クリック
    「旬」の力を借りて体はあたたかく元気に!

    「旬」の力を借りて体はあたたかく元気に!

    「旬」の力を借りて体はあたたかく元気に!
    「旬」の力を借りて体はあたたかく元気に!2

    「旬」の力を借りて体はあたたかく元気に!

    「旬」の力を借りて体はあたたかく元気に!

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    寒い日が続きます。朝の畑は霜で真っ白、水は凍り、葉っぱも凍っています。
    こんな風に寒くなると、白菜が柔らかく甘くなって非常に美味しくなります。
    外葉は黄色く枯れたようになりますが、根菜もずっしりと大きくなって、食べ頃を迎えています。こんな寒い日は、鍋や煮物も気温も手伝って美味さが3割り増しに感じられるのではないでしょうか?

    師走の疾走感が極まってきたこの頃ですが、寒さや忙しさに負けないように、「旬」の力を借りて体は暖かく元気に年末を越えて、新年を迎えましょう!

    それでは、良いお年を!!
    これを年明けに見ていただいた方、
    「あけまして、おめでとうございます!」

    <1月の出荷予定>

    人参4種/大根/長ネギ/白菜/里芋/京芋/八つ頭/小松菜/ルッコラ/わさび菜/落花生/サツマイモ4種/キャベツ/柚子/はっさく
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 1月号 2017.12.28 クリック
    ナファ生活研究所「 TAKEFU 」のうるおいマスク各種

    ナファ生活研究所「 TAKEFU 」のうるおいマスク各種
    <セール時は10%引きでお得です!>

    ナファ生活研究所「 TAKEFU 」のうるおいマスク各種

    ナファ生活研究所「 TAKEFU 」のうるおいマスク各種
    <セール時は10%引きでお得です!>

    のどやお肌を乾燥から守る竹布のうるおいマスクです。
    竹繊維は吸水性、消臭性、静電性にすぐれた繊維です。

    ソフトで肌触りもよく、マスクの中が蒸れにくいので、メガネをかけてマスクをしてもレンズが曇りにくいです。調整ゴムで簡単にサイズ調節ができるので、耳紐で耳が痛くなりにくいのもポイント。

    お店スタッフも自転車やバイクの運転中の防寒対策にも愛用してます。

    ナファ生活研究所「 TAKEFU 」のうるおいマスク各種

    ● 竹のうるおいマスク・・・1,000円(税別)
    ● 竹のキッズマスク・・・800円(税別)

    線
    超薄型・遠赤外線暖房機「 ゼンケン・アーバンホット 」

    超薄型・遠赤外線暖房機「 ゼンケン・アーバンホット 」

    超薄型・遠赤外線暖房機「 ゼンケン・アーバンホット 」

    超薄型・遠赤外線暖房機「 ゼンケン・アーバンホット 」

    薄型で壁際にフィットし、遠赤外線効果で身体の芯から温まりますよ!

    前面輻射と上部対流の2つの方向からお部屋を温めますのでお部屋全体を優しく暖めます。

    それにお子様やお年寄りのお部屋でもやけどや火事の心配も要りません、安全で柔らかい暖かさに包まれて冬をお過ごしください!

    超薄型・遠赤外線暖房機「 ゼンケン・アーバンホット 」

    ● 4畳半〜6畳用・・・36,000円(税別)

    線
  • 自然栽培 ー1月の百姓暮らしー 2017.12.28 クリック
    年初は元旦から行事が目白押し

    年初は元旦から行事が目白押し

    年初は元旦から行事が目白押し

    『自然栽培 ー1月の百姓暮らしー 』
    < 佐藤さんの連載21回目 >

    新春の候、寒さも本格的になってまいりました。
    皆様にはお健やかにお過ごしいただけるよう、
    安心安全美味しい米作りに励ませていただきます。
    今年もどうぞよろしくお願いいたします。

    さて、年初は元旦から行事が目白押しです。
    部落のおひまち、親戚の挨拶めぐり、七草、鏡開き、小正月・・・
    と、祭事が続きます。

    それに合わせて、漬物や郷土料理のご馳走作りに華が咲きます。
    雪に埋もれる単調ないなかの暮らしにメリハリが付き活気が出ます。
    神や仏はもちろんの事、回りの些細な事に感謝の念も生れます。

    つくづく、“祭事”というものは、人の暮らしを守るための
    知恵なのだと、思い知らされます。

    面倒くさがらず、せっせと楽しんで、決まり事に勤しみましょう、っと!

    お米定期購入者募集中!お申し込み用紙は <こちら>

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • 奇跡のさすらいインド旅 〜 4 〜 2017.12.28 クリック
    お題目が繋ぐご縁の深さと、大いなる何かを感じました

    お題目が繋ぐご縁の深さと、大いなる何かを感じました

    お題目が繋ぐご縁の深さと、大いなる何かを感じました
    チャルカで糸を紡ぐガンディー

    チャルカで糸を紡ぐガンディー

    チャルカで糸を紡ぐガンディー

    チャーリー宮本の
    「奇跡のさすらいインド旅」〜 4 〜

    「チャーリーさんの名前を、ラジャスターンで見ましたよ!」「???」
    日本に帰って偶然久しぶりに再会した方にそう言われ、とっさに何のことやら思い出せなかったのですが、よく話を聞いてみると「ええ〜〜!!」と、ご縁にびっくり!

    シタール奏者の友人が、ラジャスターンの田舎にある大学の教授になったので、暫く彼の家に居候していた時のこと。

    やはりその大学の音楽の先生でマニプリダンサーととても親しくなりました …というのも、マニプールの人たちの国はインドですが、東隣りはミャンマー。インド人とは違い、顔はまるで隣のお兄ちゃん!(笑)小柄で僕らとよく似た顔立ちは他人とは思えません!

    その彼が僕らを、あるアーティストの家へ連れて行ってくれたのです。
    作品も人も素晴らしい方で、滞在中に何度か家に遊びに行きました。
    その彼が僕らの帰り際、それはそれは貴重なカディ(手紡ぎ、手織りの布)のプレゼントをくれたのです!何もお返し出来ない僕らは、いつも大切に旅に携えていた「南無妙法蓮華経」のお題目と名前が達筆で書かれた半紙をお渡ししたことを思い出しました!

    なんとそれをそのアーティストの家で見たというのです!
    「ええーーー!」あり得ない出来事に、お題目が繋ぐご縁の深さと、大いなる何かを感じたのでした。合掌。

    こころある旅人へ・・・(つづく)

  • ほろ酔い地球会議4 - No.16 2017.12.28 クリック

    友ちゃん&町ちゃんのほろ酔いトーク (( ほろ酔い地球会議4 )) No.16

    【友】友ちゃん= 大友 映男(村長)
    【町】町ちゃん= 町田 榮

    【友】この共同体では英語で話して欲しいっていう要求した外人もいたよ。

    【町】へえ~、無茶苦茶な要求だね。

    【友】14年間くらい「ミルキーウエイ」は継続したから、色んな外人に会ったよ。

    【町】「ミルキーウエイ」をスタートしたとき、活動の基盤となる方向性と言うか概念というか、友ちゃんだったらマクロビオティックとか・・・?

    【友】それにエコロジーとかね。その中で僕はぼちぼち僕なりに活動していて、たとえば畑をやったりマクロビオティックの教室を開いたり、太極拳を教えたりしてた。
    僕はそれに塩運動の応援はずっとしていて、10年間は塩のワークキャンプ(大島での自然海塩作りのボランティア活動)ってのをやって、自然海塩が会社になるまで応援してた。
    あとインディアン運動がやって来るんだよね。

    【町】アメリカ・インディアンの応援活動だね。

    【友】1976年に「ミルキーウエイ」を始めたと思うんだけど、1977年に東京、広島平和行進があって、1978年には僕がアメリカに行った「ロンゲスト・ウォーク」があって、1979年から1980年までは「生存への行進」があって、1981年にはこの「やさい村」を作ったっていう活動の連続だった。

    【町】「ミルキーウエイ」に集まった人たちっていうのは、基本的にはどういう人たちだったの?

    【友】基本的には知的な人が多かった。

    【町】いろいろと思考する人たちだね。

    【友】そう、自分の生き方を真剣に考えてる新しい世界を創ろうって人たちが多かったし、海外から来た外国人の人たちは日本の文化を学びに来た人が多かったね。
    雑穀だとか自然農法とか日本人の思想、マクロビオティックとかね。外国人たちの日本に対する興味が世界規模であるんだなって感じたね。

    〜〜〜 つづく 〜〜〜

  • 12月号のご挨拶 2017.11.30 クリック

    皆さまこんにちは!いよいよ寒くなって来ていますね〜。とうとう12月です。

    12月17日(日)は「若杉ばあちゃん80才!元気の秘訣」講演会がありますので、お誘い合わせの上是非お話しを聞きにいらしてください。まだ、食生活の事に気付いていないお友達やご家族にも、気付いたり考えてもらう良いきっかけにもなると思います。拡散、チラシの配布等ご協力宜しくお願いしま〜す!

    ところで防寒対策、年越し準備、越冬対策などは大丈夫ですか?
    12月は、5日におせち料理の注文の締め切りが有りますのでお忘れのない様、年越しの準備をお考え下さいね。
    今年はムソーの他にいんやん倶楽部のおせち料理も取り扱いますのでご検討頂ければ幸いです。

    又、20日は年末野菜と加藤農園ののしもちのご注文締め切り日といたしますので、お忘れなくご注文よろしくお願いいたします。

    越冬対策の方では、私もアルファウエーブのスクウェアパッドの大きいのを買って、エコで暖かい睡眠を取ろうと思っています。洗えるし、電気は使わないし、これは超が付くおススメです。暖かくして冬を越していただきたいと思います!

    (村長大友)

  • 12月イベントお知らせ 2017.11.30 クリック

    イベントのお知らせ

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    12月2日(土)・7日(木)
    線

    おせち料理|注文締切日

    日 時
    12月5日(火)

    毎年好評の「ムソー」の無添加おせちに加え、今年は「いんやん倶楽部」さん(初の取り扱いです)の、卵・乳製品・肉・砂糖不使用のおせちも新登場です!

    ◆「ムソーおせち」・・・ 毎年好評の無添加おせち
    ◆「いんやん倶楽部おせち」・・・ 卵・乳製品・肉・白砂糖・添加物不使用

    ★どちらもご予約のみの取り扱いとなっております。
    詳細はチラシにて。スタッフにお気軽にお申し付けください。

    線

    武蔵境「 Ond 」<やさい村出店>

    日 時
    12月9日(土)13:00~17:00(予定)
    場 所
    武蔵野市境南町3-2-13 Ond内(武蔵境駅下車、高架下・線路沿いを東小金井方面へ徒歩5分)

    ◎朝採れ地場産無農薬やさいを中心におススメ商品をお持ちします。
    ◎詳細はFacebookやさい村 店頭にてご確認ください。

    線

    やさい村 デモ販

    日 時
    12月15日(金)
    場 所
    やさい村

    デモ販:プレマ株式会社「アルファウェーブ商品」
    ※今月はセールとは別日です。

    線

    「 コピス吉祥寺 GREENINGマルシェ 」<やさい村出店予定>

    日 時
    12月16日(土)10:00~17:00(雨天決行)
    場 所
    コピス吉祥寺 A館1階(屋根付き中通路)

    ◎地場野菜を中心に全国の美味しい野菜、(調味料・自然塩・天然茶etc.)
    他ではなかなか見られないこだわりの商品をお持ちします!
    ◎2日間実施(雨天決行)

    線

    講演会:『 若杉ばあちゃん80才!元気の秘訣 』<やさい村出店>

    日 時
    12月17日(日)14:00~16:00
    場 所
    三鷹産業プラザ 7階(下連雀3-38-4 三鷹駅南口徒歩7分)
    参加費
    前売 2,500円 / 当日 3,000円

    ※先着順となりますので、お申し込みの際はお早めにお願い致します。
    ※メール、電話、FBなどでお申し込の上、代金の振込みを持って受付け完了となります。

    Facebookページ:若杉ばあちゃん80才!元気の秘訣
    食といのちの学校・教室:食といのちの学校・教室
    PDFダウンロード:若杉ばあちゃんの講演&教室

    講師プロフィール

    線
    線

    やさい村セール

    日 時
    12月22日(金)〜23日(土)
    場 所
    やさい村
    線

    年末野菜・加藤農園のしもち|注文締切日

    日 時
    12月20日(水)
    線

    年末年始の営業日のご案内

    年 末
    12月30日(土)迄の営業
    年 始
    2018年1月5日(金)〜 営業開始
    線

    <2018年1月のイベント>
    新年 やさい村居酒屋(予定)<要予約(定員8名)>

    日 時
    1月14日(日)14:00~16:00
    場 所
    やさい村軒先
    参加費
    500円(おむすび&漬け物付)+料理を一品お持ち寄りください。

    *飲み物はお店のお酒をお買い求めください。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    12月6・13・20・27日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    12月1・8・15日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    12月7日(木)20:00~21:30
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 - ママクラス - 」<お昼の講座第17回目> 村長大友の教室紹介

    日 時
    12月16日(土)13:00~15:00
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線
  • 12月「今月のおすすめ旬野菜」 2017.11.30 クリック
    大根

    12月の旬野菜:大根

    大根

    今月のおすすめ旬野菜:「 大根 」

    アブラナ科の一年草。日本の食卓とは切っても切り離せない食材の大根。
    実に和食にはぴったりの食材でこれから寒さが厳しくなってくるとグーンと透明度も甘みも増してくる。

    原産地は地中海沿岸部から中央アジア中国から伝わり各地に伝播して地域固有の品種が生まれた。
    又歴史は古く古事記にも「すずしろ」と記載されている。

    10月〜11月半ばが走り、11月後半〜1月半ばが盛り、1月後半〜2月末が名残となる。
    走りは水分が多く柔らかく辛味があり油との相性がよく、名残は水分が少なくなり甘みが増す。
    名残になって来たら深く茹でるとよい。

    最近では紫大根、紅芯大根、黒大根、辛味大根など栽培種も増えている。
    薬効もあり、食養では解熱に第一大根湯、利尿に第二大根湯、湿疹の痒みなどに輪切りを擦って痒み止めにも効果がある。葉っぱは陰干しして干葉湯にすれば婦人病全般に効果がある。

    また魚の毒消しにも効果があり、大根おろし、刺身のつまなどに使われ島国日本では欠かす事の出来ない副食野菜である。

    大根を買ったら葉っぱと本体を切り離し大根本体も上、中、下に切り分けて袋に入れて冷蔵庫の中で保存すると長持ちし、用途によっての調理もしやすくなる。

    ◎煮物、蒸しもの、鍋もの、炒め煮、サラダ、ステーキ、漬け物、ピクルス、大根おろし、汁の実、きんぴら、酢の物、切り干し大根、たくあんなど料理法も多彩。大根の葉っぱもふりかけにしたりジャコと炒めても食べる。

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 12月「今月の酒」 2017.11.30 クリック
    「 天下無類之清酒 越後鶴亀 純米吟醸 」

    「 天下無類之清酒 越後鶴亀 純米吟醸 」

    「 天下無類之清酒 越後鶴亀 純米吟醸 」

    今月の酒:「 天下無類之清酒 越後鶴亀 純米吟醸 」

    どうもスタッフです。12月になり冬本番ですね。
    クリスマスに忘年会、大みそかに、お正月とお酒を飲む機会が増えてきます。

    そんな12月には「天下無類之清酒 越後鶴亀」を選びました。 明治23年から続く酒蔵で小仕込みにこだわり、お米の選定・洗米・吸水を熟練の技を駆使し米の特性をいかし作られ、麹には『こうじ箱』を使用する事で熟練した杜氏の技や感性を活し力強い麹を造ることができ、味わい深いお酒が完成します。

    フルーティーで香りもよく、コクもあり、尚且つすっきりした後味を感じます。 また、キレもいいのでどんな料理にも合うと思います。

    数々の賞を受賞している酒蔵さんのお酒で、縁起のいい名の『鶴亀』を飲んで年末や新年を過ごしてみてはいかがでしょうか。お得期間中に是非お試し下さい!!!

    12月1日〜30日 特価・・・
    1本(720ml)1,504円+税 ⇒ 1,400円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2017.11.30 クリック
    秋の収穫祭みたいな事(芋煮会)もやってみたりしました。

    秋の収穫祭みたいな事(芋煮会)もやってみたりしました。

    秋の収穫祭みたいな事(芋煮会)もやってみたりしました。
    人参・大根・白菜

    人参・大根・白菜

    人参・大根・白菜

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    農園では秋の収穫祭みたいな事(芋煮会)もやってみたりしました。
    サツマイモは出荷が始まり、焼けばとても甘くトロトロになりますし、里芋もほっくりヌルリと美味しくなっています。
    パクチーは、霜が勢い付く時期までは採れるので、まだ収穫中です。

    秋の深まりの時期からの野菜、大根・人参・白菜・ネギも始まりましたので、手早く沢山、尚且つ美味しく食べることができるお鍋も寒い時期には嬉しい一品ですね。
    美味しく食べるには寒さが必要ですので、土鍋の中の幸せを今年はより早く味わえてラッキー!
    と前向きに冬本番に備えましょう!!

    農園では落ち葉がいっぱいなので、来る春に向けて落ち葉集めの日々です。

    <12月の出荷予定>

    色々大根/色々人参/長ネギ/里芋/京芋/八つ頭/パクチー/からし菜/わさび菜/赤水菜/サツマイモ4種/白菜/キャベツ/小かぶ/もものすけカブ/落花生(煎り)/ツルナ(終わりかけ)/式部草(終わりかけ)
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 12月号 2017.11.30 クリック
    高レベル遠赤外線パッド「 アルファウェーブ 」 各種

    高レベル遠赤外線パッド「 アルファウェーブ 」 各種<セール時は10%引きでお得です!>

    高レベル遠赤外線パッド「 アルファウェーブ 」 各種

    高レベル遠赤外線パッド「 アルファウェーブ 」 各種

    12月のデモ販商品でもある『アルファウェーブ』は、布に遠赤外線の特殊加工を施し、身につけると体を芯から温めてくれ、リラックス効果まであるエコアイテム。

    村長やスタッフも仕事中の防寒対策にホッカイロ代わりにポカぽんやミニパッド、自宅では寝る時に布団サイズのスクエアパッドなど愛用中です。

    アルファウェーブ商品は、洗っても繰り返し使えて、効果も薄れません。

    ぜひ店内で商品を手に取って効果を感じてくださいませ!

    高レベル遠赤外線パッド「 アルファウェーブ 」 各種

    ● ポカぽん(13×21cm)・・・900円(税別)
    ● ミニパッド(21×21cm)・・・2,500円(税別)
    ● 腹巻(M/L)・・・4,800円(税別)
    ● スクエアパッド S(70×120cm/550g)・・・7,800円(税別)

    線
  • 自然栽培 ー12月の百姓暮らしー 2017.11.30 クリック
    雪が降るまでにすべての野菜の収穫と保存、畑の始末、雪囲いをします

    雪が降るまでにすべての野菜の収穫と保存、畑の始末、雪囲いをします

    雪が降るまでにすべての野菜の収穫と保存、畑の始末、雪囲いをします

    『自然栽培 ー12月の百姓暮らしー 』
    < 佐藤さんの連載20回目 >

    いつも思い出すのは、「アリとキリギリス」。
    まったく、この時期はそのとおり。雪が降るまでにすべての野菜の収穫と保存、畑の始末、雪囲いをしなければなりません。

    なにしろ、春まで「土」とオサラバになるのですから。
    真っ白い景色は美しいですが、私達を季節の中に閉じ込めてしまいます。

    白菜・大根・かぶ・ジャガイモ・人参・ねぎ・玉ねぎ・里芋・さつまいも・こんにゃく芋・牛蒡・からし菜・セロリ・茄子・きゅうり・シソ実…
    つけられる野菜はすべて漬け込みます。

    生で囲えるものは、雪ノ下や蔵の中にしまい込みます。
    干したり・煮詰めたり・冷凍したり・・・  加工に明け暮れます。

    いつ、降って来るかわからないので、焦りながら慌ただしい冬支度です。

    そして、真っ白に閉ざされた頃、正月を迎えます。

    お米定期購入者募集中!お申し込み用紙は <こちら>

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • 奇跡のさすらいインド旅 〜 3 〜 2017.11.30 クリック
    デリー仏舎利塔

    デリー仏舎利塔

    デリー仏舎利塔
    朝の祈り:克庵主さん(左)と僕

    朝の祈り:克庵主さん(左)と僕

    朝の祈り:克庵主さん(左)と僕

    チャーリー宮本の
    「奇跡のさすらいインド旅」〜 3 〜

    思いは現実となる・・・ だから善い思いを描くように気をつけなければならないと、お釈迦様の教えにあります。
    逢ってみたいなぁと思った人に出会ったり、演奏できたらいいなぁと思う所で演奏できたり…
    思ったこと、口に出したことが現実となって行くことを目の当たりにすると、更に「善き思い」を心がけたいと思うようになります。

    デリーでは日本山妙法寺という日蓮宗のお寺で、毎朝4時に起きて「南無妙法蓮華経」とお題目を唱える平和の祈りと瞑想の日々です。
    自我をあまり持たずに、お掃除、ゴミの片付け、お寺のお手伝いなど、僕が出来ることを何でもさせていただくことが修行。
    そんなありがたいけどヨレヨレな毎日です。笑

    日本山妙法寺を創立された藤井日達猊下はマハトマ・ガンディー翁と交流があり、お互い尊敬しあう仲だったと聞いています。

    そんなご縁からか、僕の修行と功徳の賜物か?笑

    尊敬するマハトマ・ガンディ翁のセレモニーで演奏する機会をいただくこととなるとは!!

    こころある旅人へ・・・(つづく)

  • 奇跡のさすらいインド旅 〜 2 〜 2017.11.30 クリック
    村長大友(左)とチャーリー宮本さん(中央)

    村長大友(左)とチャーリー宮本さん(中央)

    村長大友(左)とチャーリー宮本さん(中央)

    チャーリー宮本の
    「奇跡のさすらいインド旅」〜 2 〜

    今回僕のつたない文章を連載してもらうことになったのは、大友さんとのご縁から。
    最初の出逢いは70年代後半ごろ、ミルキーウェイという今で言うエコロジーな共同体の集まりに参加した時でした。大友さんは覚えていないだろうなぁ。笑

    月日が流れ4年前。
    場所は上海!初回となる「東アジア地球市民村」※朱惠主催で再会したのです。
    東アジアの国々が自国の伝統や文化、知恵を持ち寄って未来の平和のために交流する農的、文化的、精神的集まりでの事でした。
    それも、その年のインド行きを初めて上海経由のチケットにした事、朱さんとの出逢いなど、さまざまなご縁やタイミングが重なっての出来事でした。
    すべてはいつも繋がっているのだと感じます。

    そして今年2017年、なんと!
    インド政府主催、毎年デリーで開かれている、国家の父『マハトマ・ガンディ』のセレモニーで演奏させていただく機会をいただいたのです!

    こころある旅人へ・・・(つづく)

  • 奇跡のさすらいインド旅 〜 1 〜 <新連載> 2017.11.30 クリック
    スワルマンダル演奏風景1

    スワルマンダル演奏風景1

    スワルマンダル演奏風景1
    スワルマンダル演奏風景2

    スワルマンダル演奏風景2

    スワルマンダル演奏風景2

    チャーリー宮本の
    「奇跡のさすらいインド旅」〜 1 〜

    チャーリー宮本です。東京出身ですが、今は信州安曇野に暮らしています。

    70年代から毎年インドに出掛け、さすらい音楽武者修行。
    ふらふら、とぼとぼ、ぼちぼち、風に吹かれて、歩き続けて30数年。
    どこへ行くのか、何をするのか… Be here now 気が付けば70才を超えた今もインドの地へ。

    そんな旅の途中、パーカッショニストだった僕に転機が!
    ある時ガンジス川の上流ヨーガの聖地リシケシで、一台の弦楽器と運命的な出逢いが訪れたのです。その楽器のあまりに美しい音色にたちまち魅了され、演奏したい!
    と強く思いました。その楽器の名前はスワルマンダル。

    さらに天才的な楽器職人に偶然出逢ったことで、伝統的なものより弦の多い世界に一つの48弦スワルマンダルが出来上がったのでした。

    Zen Raga(禅ラーガ)が産声を上げました。

    こころある旅人へ・・・(つづく)

  • ほろ酔い地球会議4 - No.15 2017.11.30 クリック

    友ちゃん&町ちゃんのほろ酔いトーク (( ほろ酔い地球会議4 )) No.15

    【友】友ちゃん= 大友 映男(村長)
    【町】町ちゃん= 町田 榮

    【町】食事は一緒に食べたの?

    【友】食事は当番制で、2人が1組になって当番を担っていて、その当番が朝ごはんと夕御飯を作っていた。

    【町】お昼は?

    【友】お昼は、基本的にはなかった。

    【町】自由に、それぞれで食べてたんだ?

    【友】外で食べたり、家にいる人は自分でご飯を炊いて食べたり・・・朝晩は当番制でね。
    お風呂は一個しかなかったので、時間割にして入ってた。
    でも僕らの共同生活はお風呂も一個で済んだし、洗濯機も一台で済んだんだよ、10人くらい住んでたけどね。
    今は一つの部屋を借りて、一つの洗濯機を持って生活してる人がほとんどだけど、僕たちのような生活もできるんだよね。

    【町】そうだね。

    【友】共同体の生活をして、学んだ事もたくさんあって、不自由な事もあったけど、楽しい事もいっぱいあったよ。創造的な事もいっぱいあった。自分ではない人たちと一緒に生活するってことは、自分は全く興味のない事をしている人がいてさ、それが面白いんだよ。

    【町】世界が広がるよね。

    【友】個人主義で、個人だけの興味ある世界だけを生きてるんだったら、絶対知りえない世界が隣にあるんだから、共同生活は面白いよ。

    【町】万華鏡の世界だね。

    【友】僕はそういう世界が必要なんだって思ってるんだよ。

    【町】「ミルキーウエイ」を創立するとき、友ちゃんには理想像みたいなものがあったと思うけど、実際にはどのように展開して行ったの?

    【友】たくさんいろんな人たちが参加したけど、やっぱり自分のやりたい事をすることからスタートして、次のステージに動いていく人たちもいたしね。

    【町】友ちゃんが責任者だったの?

    【友】最初の発起人だよね、そして最後にその共同体を閉鎖するって決断した人でもあったね。

    【町】外部から「ミルキーウエイ」に住みたいって人が来たときは、友ちゃんを通して許可を貰うの?

    【友】最初プラブッダとアパッチがいたときは、皆で相談して決めてたけどね。
    外人が来た時なんか、彼らは個人主義の生活に慣れてるから、共同生活をするときに自分の空間が欲しいって言ったり、共同の部屋をスーツケースで仕切ったりして、彼らを説得するのが大変なこともあったよ。

    〜〜〜 つづく 〜〜〜

  • 11月号のご挨拶 2017.10.30 クリック

    皆さまこんにちは!いよいよ11月ですね~今年も余すところあと2ヶ月です。

    選挙も有りましたが皆さま結果はどう思われますか?
    安部政権になってからの立法は一般国民にとっては自らの首を絞める様な法律ばかりが通っていますよね。政治がヤバイとの思いはいつも有りましたが、気がついたらとんでもない大事な法律が廃止されていました。
    それは主要農作物種子法という法律で、戦後の日本の食糧難の時代に、国民全体が安全な食糧を食べられる様に日本の種子を守り育て広く国民を守ろうという法律です。この種子法が廃止されれば、今後はモンサントなどの巨大多国籍企業が進出して日本の種子を根こそぎ牛耳って行く、そのお膳立ての地ならしをしたのです。

    野党もこの事を重視して問題として取り上げる事なく、国民にも知らされること無く、またマスコミも話題にする事もない内に密かに廃止されてしまった種子法。実は取り返しのつかないくらいの大きな出来事です。

    与党の自民党、かつては農業を重視していましたが、今は企業の使いっぱしりです。やはり献金の多いところに擦り寄るのでしょうが、アメリカ大統領が巨大多国籍企業の使いっ走りだとしたら、その言う事に頭が上がらない首相や与党のやることは何だろう。
    国民の方を向かず企業の為、裏金の為に政治をやっているとしたらどこを向いて政治やっているんだと言いたくなりますね。

    悲しくなりますが、主権は国民にあるんです、やはり国民ひとりひとりがちゃんと声をあげないと!
    まともに食べられる食べ物無くなりますよ~~!

    国家百年の計は農にあり、農の根本は種子にあります。このままでは企業が申請する特許権などで在来の種子を自家採種する事さえも違法として罰せられる時代が来るところ迄来ています。是非是非もっと語り合い、世論を高めて行きたいですよね~!

    そうだ、貴重なお米や野菜を育てる生産者の皆さんを応援しているやさい村もよろしくお願いしま~す!!

    (村長大友)

  • 11月イベントお知らせ 2017.10.30 クリック

    イベントのお知らせ

    <定期購入者> お米配達日(土曜日はお休みです)

    日 時
    2日(木)
    線

    「 ふるさと田園フェスティバル 」<やさい村出店>

    日 時
    11月3日(金)〜4日(土)10:00~16:00
    場 所
    井の頭公園野外ステージ周辺

    線

    「 武蔵野はらっぱ祭り 」<やさい村出店>

    日 時
    11月4日(土)〜5日(日)10:00~20:00
    場 所
    都立武蔵野公園 くじら山下原っぱ

    線

    「 コピス吉祥寺 GREENINGマルシェ 」<やさい村出店予定>

    日 時
    11月18日(土)〜19日(日)10:00〜17:00(雨天決行)
    場 所
    コピス吉祥寺 A館1階(屋根付通路)

    ◎地場野菜を中心に全国の美味しい野菜、(調味料・自然塩・天然茶etc.)
    他ではなかなか見られないこだわりの商品をお持ちします!
    ◎2日間実施(雨天決行)

    線

    やさい村セール&デモ販

    日 時
    11月24日(金)〜25日(土)
    場 所
    やさい村

    (24日 デモ販:未定)

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    11月1・8・15・22・29日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    11月10・17日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    11月9日(木)20:00~22:00
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    <12月のイベント>
    講演会:『 若杉ばあちゃん80才!元気の秘訣 』<やさい村出店>

    日 時
    12月17日(日)14:00~16:00
    場 所
    三鷹産業プラザ 7階(下連雀3-38-4 三鷹駅南口徒歩7分)
    参加費
    前売 2,500円 / 当日 3,000円

    ※先着順となりますので、お申し込みの際はお早めにお願い致します。
    ※メール、電話、FBなどでお申し込の上、代金の振込みを持って受付け完了となります。

    Facebookページ:若杉ばあちゃん80才!元気の秘訣
    食といのちの学校・教室:食といのちの学校・教室
    PDFダウンロード:若杉ばあちゃんの講演&教室

    講師プロフィール

    線
    線

    武蔵境「 Ond 」<やさい村出店>

    日 時
    日時はFacebookやさい村 店頭にてご確認ください。
    場 所
    武蔵野市境南町3-2-13 Ond内(武蔵境駅下車、高架下・線路沿いを東小金井方面へ徒歩5分)

    ◎朝採れ地場産無農薬やさいを中心におススメ商品をお持ちします。
    ◎FB・店頭にてご確認ください。

    線
  • 11月「今月のおすすめ旬野菜」 2017.10.30 クリック
    牛蒡(ごぼう)

    11月の旬野菜:牛蒡(ごぼう)

    牛蒡(ごぼう)

    今月のおすすめ旬野菜:「 牛蒡(ごぼう) 」

    ごぼうの原産地はユーラシア大陸北部で、日本では古くは縄文時代の遺跡からも出土している。
    縄文、又は平安時代に伝来し、一般的に食べられる様になったのは江戸、明治時代からと言われている。

    ごぼうの旬だが、走りは11月初旬、盛りは11月の中旬から12月の中旬、名残りは12月中旬から12月いっぱい。

    走りは水分が多く繊維が細く柔らかく香りが清々しい。
    名残りは繊維が太く硬くなり、風味が濃厚になる。

    秋から初冬にかけ、寒さを感じる季節になると旬を迎え、暖かい煮物が食べたくなる季節にちょうど出てくるので煮物にうってつけだが、サラダやキンピラ、和え物、てんぷら、コンフィ、味噌汁の具など多彩な料理に使える。

    切り方も短冊切り、乱切り、筒切り、斜め切り、千切り、ささがきなどがあり、料理によって使い分ける。

    陰陽で言うと、ごぼうの様に真っ直ぐひたすら地中に伸びる性質上陽性なエネルギーを持ち、これを更に陽性化する鉄火味噌のような料理法を使えば更に薬効を高めることができる。

    寒くなる時期には根菜類は必須の野菜になる。

    また、調理する際は栄養素を逃がさず旨味や風味を活かす上でも出来るだけ皮付きで調理する事をお勧めします。

    ごぼうを始め、根菜類を上手に使えば、冷え性も改善され、疲れ知らずの元気印になりますよ~!

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 11月「今月の酒」 2017.10.30 クリック
    「 完全無添加ワイン 甲斐のかぎろひ 」

    「 完全無添加ワイン 甲斐のかぎろひ 」

    「 完全無添加ワイン 甲斐のかぎろひ 」

    今月の酒:「 完全無添加ワイン 甲斐のかぎろひ 」

    どうもスタッフです。
    今月は山梨の矢作洋酒さん「甲斐のかぎろひ」を選びました。

    マスカットベリーAを使用したライトで柔らかい飲み口の赤ワインです。

    酸化防止剤・防腐剤は勿論、清澄剤・ろ過剤なども使用していない完全無添加ワインで、葡萄も「ワイン造りは原料の選定から」の信念のもと、化学肥料や除草剤は一切使用せず最大限環境環境に考慮した農法で栽培した葡萄のみ使用していますので、数に限りがあり販売店・販売数ともに限定されています。

    赤ワインなので肉との相性のいいワインですが、「甲斐のかぎろひ」は和食や魚との相性が凄くよく、醤油やお酢との相性もいいのでお寿司やお刺身、これからの時期お鍋のお供にもおススメです。

    お得期間中に是非お試し下さい!!!

    11月1日〜30日 特価・・・
    1本(720ml)1,550円+税 ⇒ 1,480円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2017.10.30 クリック
    雨ばかりで畑にも入れません

    雨ばかりで畑にも入れません

    雨ばかりで畑にも入れません
    雨が降る前はこんな調子でした

    雨が降る前はこんな調子でした

    雨が降る前はこんな調子でした

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    この秋はどうしちゃったんでしょうね?
    秋めいて来たかなと思ったら一気に極寒。そこからはから雨ばっかり。
    農園の葉物野菜も収穫期を迎えているはずなのですが、畑にも入れずに困ってしまいます。

    無理に収穫すると袋の中で葉っぱが水でドロッとなってしまいます。
    芋類も収穫ができず、作業がどんどん遅れてしまっています。

    しかし考えてみると、今年の4月くらいには雨がなくて困るとボヤキ、今のように雨が続くと畑には入れないとボヤく。我ながら勝手なもんだと思います。

    さて生育状況は、8月の恵みの雨のおかげで人参と長ネギは順調。
    サツマイモは掘れれば今年は大きいものが多そうです。
    里芋より京芋と八つ頭の葉が元気です。パクチーもたくさんあります。

    <11月の出荷予定>

    パクチー/サツマイモ/小松菜/人参/赤水菜/赤からし菜/わさび菜/ルッコラ/長ネギ/里芋/京芋/八つ頭
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 11月号 2017.10.30 クリック
    アルテ「 ハーバルウォーター 」各種

    アルテ「 ハーバルウォーター 」各種

    アルテ「 ハーバルウォーター 」各種

    アルテ「 ハーバルウォーター 」各種

    先月から新たに化粧品の取り扱いを始めました!
    中でもオススメは、長野県飯綱町のハーブガーデンで育てられた国産無農薬のハーブを湧水で蒸留した、完全無添加の芳香蒸留水(ハーブウォーター)です。

    ハーブウォーターは穏やかに作用するため、精油より使い方も簡単で禁忌も少なく、赤ちゃんから大人まで安心してお使いいただけます。(心配な方はパッチテストをお勧めします)
    日焼けや肌荒れ、カミソリ負けなど、ちょっとした肌荒れやトラブルに、自然派ケアとしてご活用ください。

    くすみを防いで透明感を出す「ローズ」、アフターシェーブローションにもおすすめ「ラベンダー」他、全8種類。店頭にテスターもございます、どうぞお気軽にお試しください。

    アルテ「 ハーバルウォーター 」各種

    ● 100ml・・・1,667円(税別)

    線
  • 自然栽培 ー11月ー 2017.10.30 クリック
    神様にモチをお上げし、山里は雪支度に追われます

    神様にモチをお上げし、山里は雪支度に追われます

    神様にモチをお上げし、山里は雪支度に追われます
    来年の春の準備を終えて稲作りは終了

    来年の春の準備を終えて稲作りは終了

    来年の春の準備を終えて稲作りは終了
    雪に覆われる前に収穫物の保存

    雪に覆われる前に収穫物の保存

    雪に覆われる前に収穫物の保存
    陽にあふれた日々が瞬く間に過ぎていきます

    陽にあふれた日々が瞬く間に過ぎていきます

    陽にあふれた日々が瞬く間に過ぎていきます

    『自然栽培 ー11月ー 』
    < 佐藤さんの連載19回目 >

    稲刈も終わり、神様にモチをお上げし、一安心・・・
    する間もなく、山里は冬支度に追われます。

    来年の春のための“苗代”の代かき、燻炭作りをもって、
    稲作りの仕事は終了なのですが、それよりも大変なのは雪囲い。

    家はもちろんの事、小屋やハウス、庭木まで
    雪で押しつぶされないようすべて囲わなければなりません。

    それから白菜、大根、菜っ葉、かぶ、キャベツ、人参、牛蒡、芋・・・
    収穫物を春まで持たせるように保存しなければなりません。
    もうすぐやってくる、白いものに覆われる前に。

    春まで、土を見る事なく過ごす身にとって、
    かけがえのない陽にあふれた日々が瞬く間に過ぎていきます。

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • ほろ酔い地球会議4 - No.14 2017.10.30 クリック

    友ちゃん&町ちゃんのほろ酔いトーク (( ほろ酔い地球会議4 )) No.14

    【友】友ちゃん= 大友 映男(村長)
    【町】町ちゃん= 町田 榮

    【友】「私」に目覚めることこそが、社会が限りなく豊かになることなんだよね。
    僕がかつて下田で体験した、どんな生命も全て輝いているって強烈な体験、生命の本質は光なんだっていう体験から言えば、一人一人が自分の生命に目覚めて生きるってことが、宇宙的な生命の本来の姿なんだよね。

    【町】世界が輝くために自分が何かを行うのではなくて、自分が輝いて生きるときに世界が輝くんだよね。

    【友】そうだよ、生命世界は全てが輝くように仕組まれてるんだよ。

    【町】僕流に言うと、「私」が宇宙なんだよ。その明瞭な理解がとても重要だと思うよ。「私」は生命宇宙の奴隷じゃないんだよ。
    別な言い方をすれば、「私」が解らなければ、生命宇宙が何かって解らないってことだよね。
    「私」に目覚めたときに、初めて世界に目覚める・・・

    【友】それって全て繋がっていることだから、個人だって世界と分離してないんだよね。だから僕流の理解によれば、夜空を見るときに輝いている星もあれば、少し輝いている星、見えない星もあるけど、本当は全て輝いているってことだよね。
    それは地上で星を見ている人から遠く離れているか、近いかの問題なんだよね。一個一個の星が存在として成り立っているから、宇宙全体が成り立っているんだよ。

    【町】そうそう、そういうことだね。別な角度から言えば、宇宙はもともと一つの存在だってことだよね。人間の頭脳の中だけで、一つの宇宙を細かく分類しちゃってるんだよね。
    インド哲学的に言えば、この宇宙は完全な世界なんだよね。
    人間の無知がそれを不完全な世界として理解して苦しんでる。

    【友】そう、火星と地球はどっちが優れているかって愚かな質問だよね。宇宙は全ての星や惑星が相互関係の調和の中で動いているんだからね。太陽系や銀河系の全ての動きがそのようにして生まれているんだよ。 

    【町】そう全体は一つだよね、無始の初めから一つで、永遠に一つ。
    誰もそれを分離させることはできないことだよね。

    【友】それが完全ってことだね。

    【町】その完全の喜びを知ることっていうか、生きること、それが一人一人が自分自身に目覚めて生きることなんだと思うよ。

    【友】「ミルキーウエイ」の初期の時代っていうのは、それぞれにとって居心地が良かったり悪かったりしたかもしれないし、十分にやりかたかったことが出来なかったかもしれないけど、皆が共存して、それぞれの創造活動を限りなくやったんだよね・・・だから、そういう場が在ったってことは凄い事だったなって思うんだよ。

    【町】その場に行けば、自分のやりたいことが出来る・・・

    【友】同じ屋根の下で、一緒にご飯を食べて、そういう創造的なことを考えてね。

    〜〜〜 つづく 〜〜〜

  • 10月号のご挨拶 2017.09.30 クリック
    2017_10_greeting1

    2017_10_greeting1

    皆さま、お元気でお過ごしでしょうか?

    朝夕は涼しくなって、過ごしやすくなり、気がつけば梨、リンゴ、ぶどう、栗、サツマイモなど秋の味覚がやさい村の店頭を飾る季節がやってきました!
    もうすぐ佐藤さんのお米も稲刈り時期を迎え、10月後半から11月には、いよいよ新米も登場する予定です!

    先日は、以前やさい村の番頭さんを長年やってくれていた石川さんの働いている水口農園から、第一弾のマコモタケと菊芋の味噌漬けが送られて来ました。
    マコモは美味しくて身体を浄化してくれる最高食材で、菊芋の味噌漬けはご飯が止まらなくなりますよ。

    早速マコモを人参と油揚げと一緒に家でキンピラにして食べましたが、「お父さん美味しいね〜!」と言いながら娘がペロッと平らげてくれました。

    秋ならではというか、秋にしか食べられない秋の味覚がやさい村には溢れています。

    さてさて、10月は15日(日)に若杉さんの「秋の食養料理教室」-マコモづくし-29日(日)には「佐藤さんの新米を食べる会」を開催致しますので、若杉ばあちゃんの食養料理の知恵や、無農薬・自然栽培で40年ほどお米を作り続けてくれている、佐藤さんのお話を直接聞ける大チャンス!! 是非ともご参加くださいね〜お待ちしていますよ〜!

    (村長大友)

  • 10月イベントお知らせ 2017.09.30 クリック

    イベントのお知らせ

    東京ビーガングルメ祭り2017<やさい村出店>

    日 時
    10月1日(日)10:00~16:00
    場 所
    木場公園(江東区平野4-6-1)
    線

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    5日(木)・7日(土)
    線

    料理教室:『 若杉ばあちゃん秋の食養料理 』<やさい村出店>

    日 時
    10月15日(日)11:00~14:00
    場 所
    三鷹市消費者活動センター 3F調理実習室(下連雀3-22-7 三鷹駅南口徒歩4分)
    参加費
    6,000円(料理4~5品目)

    ※先着順となりますので、お申し込みの際はお早めにお願い致します。
    ※メール、電話、FBなどでお申し込の上、代金の振込みを持って受付け完了となります。

    Facebookページ:若杉ばあちゃん秋の食養料理
    PDFダウンロード:若杉ばあちゃんの講演&教室

    講師プロフィール

    線
    線

    「 コピス吉祥寺 GREENINGマルシェ 」<やさい村出店予定>

    日 時
    10月21日(土)・22日(日)10:00〜17:00(雨天決行)
    場 所
    コピス吉祥寺 A館1階コンコース(屋根付き中通路)

    ◎地場野菜を中心に全国の美味しい野菜、(調味料・自然塩・天然茶etc.)
    他ではなかなか見られないこだわりの商品をお持ちします!
    ◎2日間実施

    線

    やさい村セール&デモ販

    日 時
    10月27日(金)〜28日(土)
    場 所
    やさい村

    (27日 デモ販:陰陽ライフ)

    線

    「 自然栽培のお話と佐藤さんの新米を食べる会 」<やさい村主催>

    日 時
    10月29日(日)11:30~14:00
    場 所
    三鷹消費者センター 3F 調理実習室
    講 師
    佐藤慎一さん
    参加費
    1,000円(新米&お漬物・お味噌汁付)

    *詳細はこちら → <食といのちの学校>

    講師プロフィール

    線

    女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    10月4・11・18・25日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    10月6・13・20日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    10月19日(木)20:00~21:30
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 - ママクラス - 」<お昼の講座第16回目> 村長大友の教室紹介

    日 時
    10月14日(土)13:00~15:00
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    <11月のイベント>
    「 ふるさと田園フェスティバル 」<やさい村出店予定>

    日 時
    11月3日(金)〜4日(土)10:00~16:00
    場 所
    井の頭公園野外ステージ周辺

    線

    「 武蔵野はらっぱ祭り 」<やさい村出店予定>

    日 時
    11月4日(土)〜5日(日)10:00~20:00
    場 所
    都立武蔵野公園 くじら山下原っぱ

    線

    <12月のイベント>
    講演会:『 若杉ばあちゃん80才!元気の秘訣 』<やさい村出店>

    日 時
    12月17日(日)14:00~16:00
    場 所
    三鷹産業プラザ 7階(下連雀3-38-4 三鷹駅南口徒歩7分)
    参加費
    前売 2,500円 / 当日 3,000円

    ※先着順となりますので、お申し込みの際はお早めにお願い致します。
    ※メール、電話、FBなどでお申し込の上、代金の振込みを持って受付け完了となります。

    Facebookページ:若杉ばあちゃん80才!元気の秘訣
    食といのちの学校・教室:食といのちの学校・教室
    PDFダウンロード:若杉ばあちゃんの講演&教室

    講師プロフィール

    線
    線

    武蔵境「 Ond 」<やさい村出店>

    日 時
    日時はFacebookやさい村 店頭にてご確認ください。
    場 所
    武蔵野市境南町3-2-13 Ond内(武蔵境駅下車、高架下・線路沿いを東小金井方面へ徒歩5分)

    ◎朝採れ地場産無農薬やさいを中心におススメ商品をお持ちします。

    線
  • 10月「今月のおすすめ旬野菜」 2017.09.30 クリック
    マコモタケ

    10月の旬野菜:マコモタケ

    マコモタケ

    今月のおすすめ旬野菜:「 マコモタケ 」

    マコモタケは9月の後半から10月の後半までの短い間に食べる事が出来る自然野菜で、食べた人の身体も浄化し、また生えている周辺の環境も浄化してくれるという素晴らしい食材だ。

    原産地は東アジア・東南アジア。
    日本でも河川や湖沼の周辺の水辺に群生するイネ科・マコモ属の多年草だ。
    古くから日本にも自生しており縄文時代からも食されていたと言われている。
    文献では古事記や万葉集にも名前が登場する。
    聖なるものとされ出雲大社ではマコモの神事が伝わっている。

    また、北アメリカではネイティヴアメリカン(アメリカ先住民)達の間ではマコモの種であるワイルドライスを聖なる食べ物として食されて来ている。日本ではマコモに着く黒穂菌が繁殖すると黒く変色するので、これらからマコモ墨を作り、お歯黒、眉墨、漆器の顔料として使って来た。

    マコモタケはマコモの茎が肥大化したもので、クセがなく、柔らかい筍のような歯ざわりで、ほのかな甘みとトウモロコシのような香りがして、大変美味しい。

    炭火などで素焼きにして味噌をつけて食べたり、油との相性も良いので、てんぷら、炒め物、ハンバーグやマリネ、味噌汁の具などに広く使われる。

    また、マコモは捨てるところがなくマコモタケの外側に皮は乾燥させてから土鍋で炒り上げてマコモ茶を作ると良く、マコモ茶は利尿効果があって、デトックスには最高だ。(市販品のマコモ茶もさらに炒った方が良い)

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 10月「今月の酒」 2017.09.30 クリック
    寺田本家「  五人娘 無濾過 純米酒 」

    寺田本家「 五人娘 無濾過 純米酒 」

    寺田本家「  五人娘 無濾過 純米酒 」

    今月の酒:寺田本家「 五人娘 無濾過 純米酒 」

    どうも、スタッフです。
    実りの秋となり、美味しい野菜、美味しいお魚とくれば美味しいお酒が欲しくなりますよね。
    今月は大人気、寺田本家さんの9月9日に蔵出しされたばかりの「五人娘 無濾過 純米酒」を選びました。

    24代続く酒蔵で“百薬の長”たるお酒を目指し、無農薬米を使用し、自然の恵み、生命のエネルギーを最大限に生かすため、無添加、生もと造り、無濾過のお酒です。
    2016~2017年の冬場は安定した冷え込みで、ゆっくりじっくり発酵ができ、じわじわと米の味がし、体になじむ酒となり、糖化と発酵のバランスがとれ、旨味・酸味・キレの調和した酒となっております。

    飲んだ感じは去年よりもキレを強く感じ、丁度この本格的に冷え込む前に飲むにはもってこいです。またキレがある事により、油の乗った秋魚との相性は間違いないと思います。
    肌寒い日にお燗で飲んでも美味しいですよ!

    10月1日〜31日 特価・・・
    1本(720ml)1,460円+税 ⇒ 1,350円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2017.09.30 クリック
    秋は育成の季節

    秋は育成の季節

    秋は育成の季節
    秋からスタートするパクチー

    秋からスタートするパクチー

    秋からスタートするパクチー

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    夏終わったみたいです。現在は秋、行楽と育成の季節です。
    畑は様子を変えてチコリや大根やブロッコリー等、まだまだ苗の大きさですが元気に育ってくれています。

    収穫は...少ない状態です。夏のなごりの葉物が中心ですが、秋からスタートするパクチーが現在4cmくらいの高さになってますので、これが15cmくらいのなれば出荷スタートです。
    10月末~11月には採れるといいなと期待して待ちます。

    因みに吉田農園のパクチーは、かなりパワフルテイストですよ。
    乞うご期待!!

    <10月の出荷予定>

    空芯菜/式部草/生姜/キュウリ/玉ねぎ/パクチー(間引き)
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 10月号 2017.09.30 クリック
    エコプラッツ・善玉バイオ®洗剤「 浄 JOE 」

    エコプラッツ・善玉バイオ®洗剤「 浄 JOE 」

    エコプラッツ・善玉バイオ®洗剤「 浄 JOE 」

    エコプラッツ・善玉バイオ®洗剤「 浄 JOE 」

    普段の洗濯で、環境に優しく、お財布にも優しく、なおかつ楽に洗濯できる…。そんな願いを叶える洗濯用洗剤のご紹介です。

    この商品の特徴は、合成界面活性剤不使用で、善玉バイオ(乳酸菌などの発酵菌)の力で汚れを落とすことです。善玉バイオには汚れの再付着も防ぐ効果もあるため、すすぎは1回でOK。
    洗剤の使用量も少なめなのでコストも優秀ですが、汚れ落ちもなかなか優秀です。エコ洗剤系の中では珍しく、白い服が黄ばみなく洗い上がります。また、柔軟剤なしでも洗い上がりはふんわり。私もエコ洗剤はいろいろと試してますが、白い服をきれいに洗い上げることと、ふんわり仕上げるのって、なかなか難しいのです。

    より洗浄力を高めるには、お湯で洗うといいですよ(これはほぼ全ての洗剤にいえます)

    お店にサンプルも少しございますので、試してみたい方は店員までお声掛けください^ ^

    エコプラッツ・善玉バイオ®洗剤「 浄 JOE 」

    ● 1.3kg・・・1,200円(税別)

    線
  • 自然栽培 ー10月は稲刈りー 2017.09.30 クリック
    稲刈り

    稲刈り

    稲刈り
    ちょっとの間も惜しんで稲刈り一色

    ちょっとの間も惜しんで稲刈り一色

    ちょっとの間も惜しんで稲刈り一色
    山には雪が降り始めています

    山には雪が降り始めています

    山には雪が降り始めています
    なめこ

    なめこ

    なめこ
    稲作りは、この10月で終焉を迎えます

    稲作りは、この10月で終焉を迎えます

    稲作りは、この10月で終焉を迎えます

    『自然栽培 ー10月は稲刈りー 』
    < 佐藤さんの連載18回目 >

    深い霧の朝を向かえると、その日はお昼から絶好の稲刈り日和となります。
    短い秋の日、ちょっとの間も惜しんで稲刈り一色の山里となります。
    なにしろ、山にはもう雪が降り始めていますから、
    それが里に降りてくる前に稲刈りを終えたいのです。
    人も草も木も虫たちにも、覚悟の冬支度が控えているのですから。

    春の種の準備から始まった稲作りは、この10月で終焉を迎えます。
    毎年、「今年こそは…」と気を張って、早40年。
    やる事は決まっていますが、いつも同じような出来にはなりません。
    お天気に左右されっぱなしの田舎百姓です。
    今年は気温が低く、日照不足でなかなか登熟が進みませんでした。
    美味しく仕上がっているといいのですが・・・。

    こんな雪深い山あいの地の米を食べていただき、ありがとうございます。
    来年はさらに満足のいく米が出来るよう、頑張らせていただきます。
    これからも、よろしくお願いいたします。

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • ほろ酔い地球会議4 - No.13 2017.09.30 クリック

    友ちゃん&町ちゃんのほろ酔いトーク (( ほろ酔い地球会議4 )) No.13

    【友】友ちゃん= 大友 映男(村長)
    【町】町ちゃん= 町田 榮

    【町】日本でも、マクロビオティック、ラジニーシ、エコロジー問題その他いろいろ、新しい活動が起こってたよね。
    若者たちが新しい文化の創造、価値観に大きな夢を抱きながら生き生きと活動していた時代だったね。
    自分たちが新しい世界を造れるんだって強い確信があったよね。

    【友】当時の「ミルキーウエイ」でも、そういう集会を開いてた。
    たとえぱ「はだしのゲン(中沢啓治)」を英訳しようっていうプロジェクトも「ミルキーウエイ」でやってたんだよ。

    【町】そう~~。

    【友】安保闘争や学園紛争の時代があったけど、その戦いの中で見逃されていたあらゆる生活状態や生き方についてが考えていて、そういう人たちが戦いではなくて自分のテーマを生きようって生き始めたのが「ミルキーウエイ」が造られた時代だったんだよ。

    【町】そう、闘争ではなくて自分の人生をどう生きるかってことだよね。

    【友】闘争ではなくて創造なんだよ。本当に生き方革命ってのは凄い事なんだと思うんだよ。
    誰も個人が自分自身の課題を持って生きていて、その個人が自分の課題に向かって生き始めるってのは物凄い事だよ。

    【町】多数の人間の中の個人、「私」っていう自分自身、抽象的人間ではなくとても具体的な「私」という人間、その「私」は何のためにこの地球に誕生したのかというテーマを明瞭にして、その自分の課題を生きるってことだよね。

    【友】そう、多数決で全てを決定して行く政治とは正反対だよね。
    このテーマを実現するって、生命的レベルにおいて根源的なことだよね。

    【町】自分自身の課題を実現するために、僕たちはこの地上に誕生して生きている訳だからね。

    【友】「ミルキーウエイ」の時代って、まさにそれをやった時代だったよね。テーマが明瞭だったかどうかは断言できないけど・・・ でも勢いがあったよね。
    反体制の時代から個人の課題への急激な転換だったね。
    あの時代って、日本の歴史上でも特別な時代だったんじゃないかな。

    【町】江戸時代から明治時代の転換期は、国家体制をどうするかってことが最大の課題だった訳だけど、「ミルキーウエイ」の時代って、人間としての個人の生き方、「私」を見つめようとした時代だったよね。生命としての「私」、存在としての「私」に目覚めようとした時代だったね。

    〜〜〜 つづく 〜〜〜

  • 9月号のご挨拶 2017.09.02 クリック
    2017_09_greeting1

    2017_09_greeting1

    皆さまこんにちは〜!
    夏になるや否や30度を超える猛暑日が連日続いたかと思えば、いきなり弾丸低気圧で豪雨、そして関東では記録的な雨続きで、8月に入ってからは、夏真っ盛りのはずなのに秋の長雨の様な日が続いています。
    最近は台風も大型化しているので、この後の天気や台風も気になりますね。
    とにかく異常気象による農作物への影響が気になります。

    先日、山形のお米農家の佐藤さんと電話でお話しした折に伺ったところ、今年はお米作りの初期の天気が悪く、生育が遅いので収量は落ちるのではないかとのことでしたが、今のところは無事育ってくれているようでホッとしました。

    北朝鮮問題を筆頭に、この東アジアの国々のギクシャクした政情不安な情勢に食糧危機などが加われば、なお一層不安要素が加算します。
    戦後72年、平和を維持して来た日本ですが、北朝鮮のミサイル問題をテコに軍備の拡張や、戦争に向かう法整備が着々と進んでいて、一見平和にみえる暮らしの中に静かに忍び寄る新たな戦前を感じてしまいます。

    日本が引き起こし多くの人々の生命を犠牲にした戦争、その道を再び繰り返す事の無い様にやはり今、国民ひとりひとりが、声をあげ、何らかの行動を起こして行く時だと思います。

    そんな中、最近日中や日韓台の若者達の直接交流が行われ、環境問題などを通じてその輪が合流して広がって、東アジア地球市民村という活動があり、またウォークやエコロジー的なお祭りを通じ若者達の直接交流の輪が広がっています。友達が出来、お互いの考え方を知り、各地各国で行われている実践を紹介しあい、これからの地球の環境問題を考えて行くというゆっくりとしたムーブメントですが、僕はこんな直接交流の場が貴重な動きになるのではと思って関わっています。

    微力ですがやさい村も出店などを通じて、環境保全型の農業や食品の普及や交流を通じ、東アジアの環境と平和に一役立てればと思っています。

    ところで、ストックしてもらっているササニシキが底をついて来たため、9月からアトピーやアレルギーのお子さんをお持ちの方々優先に定期購入して頂きたいと思いますのでご協力よろしくお願いしますね。では、今月もやさい村よろしくお願いいたします!

    (村長大友)

  • 9月イベントお知らせ 2017.09.02 クリック

    イベントのお知らせ

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    2日(土)・7日(木)
    線

    武蔵境「 Ond 」<やさい村出店>

    日 時
    9月3日(日)13:00~17:00
    場 所
    武蔵野市境南町3-2-13 Ond内(武蔵境駅下車、高架下・線路沿いを東小金井方面へ徒歩5分)

    ◎朝採れ地場産無農薬やさいを中心におススメ商品をお持ちします。

    線

    1中生徒 職場体験期間

    日 時
    9月20日(水)〜22日(金)

    線

    「 コピス吉祥寺 GREENINGマルシェ 」

    日 時
    9月16日(土)・17日(日)10:00〜17:00(雨天決行)
    場 所
    コピス吉祥寺A館1階コンコース(屋根付き中通路)

    ◎地場野菜を中心に全国の美味しい野菜、(調味料・自然塩・天然茶etc.)

    線

    やさい村セール&デモ販

    日 時
    9月29日(金)〜30(土)
    場 所
    やさい村

    (29日 デモ販:(有)アルテ…オーガニックコスメ)

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    9月6・13・20・27日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    9月1・8・25・22日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    9月7日(木)20:00~21:30
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 - ママクラス - 」<お昼の講座第15回目> 村長大友の教室紹介

    日 時
    9月16日(土)13:00~15:00
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    <10月のイベント>
    東京ビーガングルメ祭り2017A<やさい村出店>

    日 時
    10月1日(日)14:00~16:00
    場 所
    木場公園(江東区平野4-6-1)

    線

    料理教室:『 若杉ばあちゃん秋の食養料理 』<やさい村出店>

    日 時
    10月15日(日)11:00~14:00
    場 所
    三鷹市消費者活動センター 3F調理実習室(下連雀3-22-7 三鷹駅南口徒歩4分)
    参加費
    6,000円(料理4~5品目)

    ※先着順となりますので、お申し込みの際はお早めにお願い致します。
    ※メール、電話、FBなどでお申し込の上、代金の振込みを持って受付け完了となります。

    線

    <12月のイベント>
    講演会:『 若杉ばあちゃん80才!元気の秘訣 』<やさい村出店>

    日 時
    12月17日(日)14:00~16:00
    場 所
    三鷹産業プラザ 7階(下連雀3-38-4 三鷹駅南口徒歩7分)
    参加費
    前売 2,500円 / 当日 3,000円

    ※先着順となりますので、お申し込みの際はお早めにお願い致します。
    ※メール、電話、FBなどでお申し込の上、代金の振込みを持って受付け完了となります。

    線
  • 9月「今月のおすすめ旬野菜」 2017.09.02 クリック
    カボチャ

    9月の旬野菜:カボチャ

    カボチャ

    今月のおすすめ旬野菜:「 カボチャ 」

    夏野菜が終わり、秋野菜が始まる迄の間の9月は盛りとなる野菜が無く、端境期又は秋野菜の走りの時期に当たります。

    9月にはサツマイモやカボチャの走りの時期に当たりますが、今回はカボチャに焦点を当てて、ご紹介します。

    カボチャの原産地は中央~南アメリカ。何と食用の栽培歴は8000~10000年前に遡るそうです。
    日本にはポルトガル船がカンボジア経由で豊後の国の大名・大友宗麟に献上したのが伝来の始め、カンボジアから持ち込んだ事からカボチャと呼ばれました。

    カボチャの収穫時期は夏の終わりから秋口ですが、1ヶ月は貯蔵してから食べた方が糖度も高くなって美味しくなります。
    9月が走り、10月が盛り、11月が名残となり、その後保存して冬至に小豆と一緒に煮て食べると冬に風邪を引かなくなるという言い伝えが各地に残っています。

    カボチャはビタミンやミネラルの含有量が豊富で滋養効果の高く、保存も出来ることから和食でも広く食材にされています。
    江戸時代にも女性が好むものとして芝居などと一緒にカボチャが挙げられています。

    ◎煮て、焼いて、蒸して、炒めて、てんぷらで、コロッケにして、またサラダや漬け物でも食べられる万能黄色野菜です。

    食養では、砂糖を使わず小豆と煮込み、特に陽性な腎臓病の治療に使われる「小豆カボチャ」が有名です。

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 9月「今月の酒」 2017.09.02 クリック
    「 純米辛口 弥右衛門 」

    「 純米辛口 弥右衛門 」

    「 純米辛口 弥右衛門 」

    今月の酒:「 純米辛口 弥右衛門 」

    どうも、スタッフです。 長月となり二十四節気では秋を感じる事が多くなる9月の「今月の酒」には、喜多方にある創業寛政二年(1790年)の大和川酒造さんの「弥右衛門」の純米辛口です。

    原料のお米も自社田で栽培し、自社田以外のお米は契約農家さんから無農薬もしくは減農薬のお米を使用しているお酒です。

    純米酒は甘口なイメージが多くあると思いますが、このお酒は力強い風味があり、また爽快な味わいで旨味とキレが絶妙に混在する、辛口派な方にも一度は飲んでみて頂きたいお酒です。

    冷酒でもお燗でも、もちろん常温でも美味しく頂けます。 食事との相性も良しなので秋の夜長を感じながら、ちびりと飲んでください。

    9月1日〜30日 特価・・・
    1本(720ml)1,100円+税 ⇒ 1,000円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2017.09.02 クリック
    キュウリを粕漬けにしているところ

    キュウリを粕漬けにしているところ

    キュウリを粕漬けにしているところ
    きれいな虹。何か良いことの前触れか。

    きれいな虹。何か良いことの前触れか。

    きれいな虹。何か良いことの前触れか。

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    梅雨は空っぽで、真夏になって何だか梅雨のような時期が逆転したような天気です。
    農園ではキュウリ、トマトが終了して、今の収穫はナスや夏の葉っぱものにシフトしております。
    それと売れ残ったキュウリの塩漬けが終わり、塩抜きして干し、粕に漬けたところです。

    この時期は普段だと雨が無い雨が無いと心配しているのですが、今年はその心配は無さそうです。
    農園ではこの冬の準備に取り掛かったり、準備したところに草が生えて慌てたりする時期でもあり、なんやかんやとやる事はあります。

    ともあれもうすぐ9月。
    カレンダーでは野菜が少なくなり始める季節になりますが、今のところまだまだ元気な畑です。
    今年の残暑は優しいか厳しいか、どちらに転んでも大丈夫な畑でありたいものです。
    先日綺麗な虹が出てましたので、これも何か良いことの前触れでしょう。
    期待して来る秋に備えます!

    <9月の出荷予定>

    ナス/オクラ/モロヘイヤ/空芯菜/式部草/ツルナ/玉ねぎ/エシャロット
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 9月号 2017.09.02 クリック
    だいずデイズ「 有機蒸しミックスビーンズ 」

    だいずデイズ「 有機蒸しミックスビーンズ 」

    だいずデイズ「 有機蒸しミックスビーンズ 」
    様々な料理にアレンジ可能です

    様々な料理にアレンジ可能です

    様々な料理にアレンジ可能です

    だいずデイズ「 有機蒸しミックスビーンズ 」

    水洗い不要、うまみと栄養がぎゅっと詰まった蒸し豆のミックスです。
    豆料理は先月のNHK 「あさイチ」でも取り上げられ、いま注目されている食品です。

    この商品は、ひよこ豆や大豆など5種類のオーガニック認証を受けた豆を使い、柔らかく蒸しあげているので、このままお召し上がりいただけます。
    スープや煮物の仕上げに加えたり、サラダやマリネなど、様々な料理にアレンジ可能です。
    おつまみやおやつにもおすすめ。

    姉妹品に「有機蒸し大豆」「有機蒸しひよこ豆」そして最近スーパーフードとして注目の「蒸し大麦」もあり、どれも美味しいですよ。

    だいずデイズ「 有機蒸しミックスビーンズ 」

    ● 1袋(85g)・・・250円(税別)

    線
  • 自然栽培 ー9月の田んぼ仕事ー 2017.09.02 クリック
    9月初めにはすっかり首が垂れ下がった稲

    9月初めにはすっかり首が垂れ下がった稲

    9月初めにはすっかり首が垂れ下がった稲
    田んぼの草刈り

    田んぼの草刈り

    田んぼの草刈り
    草刈りが終わると機械の整備や小屋の掃除・乾燥機・精米機の取り付け

    草刈りが終わると機械の整備や小屋の掃除・乾燥機・精米機の取り付け

    草刈りが終わると機械の整備や小屋の掃除・乾燥機・精米機の取り付け
    9月末には深い霧が立ち込める朝が続きます

    9月末には深い霧が立ち込める朝が続きます

    9月末には深い霧が立ち込める朝が続きます
    うろこ雲が空を占領します

    うろこ雲が空を占領します

    うろこ雲が空を占領します

    『自然栽培 ー9月の田んぼ仕事ー 』
    < 佐藤さんの連載17回目 >

    先月に花が咲いて受粉した稲は、
    9月初めにはすっかり首が垂れ下がります。
    まだまだ、青いのですがそれでも末には稲刈りが始まるので、登熟を急いでいるのです。

    それを助けるために、たんぼに水を入れたり乾かしたりして根っこの活性化を促します。

    圃場の回りの草刈りも終え、機械の整備や小屋の掃除・乾燥機・精米機の取り付けを済ませ、稲刈の支度が着々と進んでいきます。

    そして、9月末。

    深い霧がたちこめる朝が続き、高ーくなった空をうろこ雲が占領するようになると、
    いよいよダカダカダカ・・・とコンバインの猛々しい音がこだまするようになるのです。

    気が付けば、鳥海山にはもう初雪が舞っています。

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • ほろ酔い地球会議4 - No.12 2017.09.02 クリック

    友ちゃん&町ちゃんのほろ酔いトーク (( ほろ酔い地球会議4 )) No.12

    【友】友ちゃん= 大友 映男(村長)
    【町】町ちゃん= 町田 榮

    【町】「ミルキーウエイ」の初期って、どういう具合に活動したり、生活したりしてたの?

    【友】初期は、参加していたがそれぞれやりたいことをしたい人たちが集まっていたので、それぞれが自分のやりたいことに専念していたと思う。

    【町】ふ~~ん。共同体としての何の規則もなかったの?

    【友】そうだね、皆が自由にやりたいことをする・・・
    お屋敷にスペースもあったからね、でもそこでやりたいことが出来なくなった人は、たとえば仲間がいない方がいいとか、スペースが狭いとかって人たちは、そこから離れて行ったよ。

    【町】お屋敷の家賃はどのように払ったの?

    【友】それは皆で負担してた。

    【町】どのように負担してたの?

    【友】僕の記憶の中ではっきりしてるのは、各個人が1か月2万5千円払って暮らしてたよ、部屋代も食事代も全部含めてね。それ以外の活動は自由だった。

    【町】お屋敷の1か月の賃貸料は安かったの?

    【友】25万円くらいの家賃だった。

    【町】そうすると、10人住んでいれば、1人の支払いが2万5千円だから、合計25万円になるよね。

    【友】最初家賃は20万円だったかも。
    でもだんだん家賃が25万円に上がって行ったんだよ。僕たちも1人の支払いが2万5千円からスタートしたけど、だんだん3万5千円まで増えて行ったと思う。
    でも食事代はだいたい基本1万円とか1万5千円とかで、とにかくその当時は生きて行く以外のことは何も考えていなかったんだよ。

    【町】なるほどね。
    で、共同体のメンバーはそれぞれが自由に行動する訳だけど、皆で行動することはなかったの?

    【友】大まかな方向は同じだったので、少しは違和感も感じたことはあったと思うけど・・・。

    【町】基本的には共同体に集まった初期のメンバーは、それぞれ自分がやりたいことがあった訳だよね。

    【友】そう、そうだった。自分が本気でやりたいことがあってそこに住んでいた。
    グリンピース(国際環境NGO)のメンバーもカナダからやって来て、一緒に住んでいたからね、なんとか日本に環境問題の提起とその解決のための運動を根付かせたいってことでね。

    【町】へえ~っ、グリンピースの活動家が住んでたんだ。
    あの当時アメリカではニューエイジ(新しい世代)の色んな活動が活発だったよね。

    〜〜〜 つづく 〜〜〜

  • 8月号のご挨拶 2017.08.01 クリック

    皆さまこんにちは、お元気でお過ごしでしょうか?
    ここ東京では7月の初旬から30度超えの猛暑日が2週間も続いたままとうとう梅雨明けになってしまいこのまま後2週間は猛暑が続くとの予報です。
    いやはや、午前中から30度を超える暑さとなると本当に辛いですね~
    エアコンを使っていないやさい村ではスタッフも結構大変ですが、雨が降らないので畑では作物が悲鳴を上げているそうです。

    皆さん、今年は暑い、大変だと言っていますが、果たしてこれは今年だけの問題でしょうか?
    私はもっと大きな地球規模での気象変動が始まっているような気がしてなりません。

    というのも何世代にわたって自然を相手に会話しながら生きてきた農家さん達が口々に、今までの農業の中で家に言い伝えられて来た農作業時期の言い伝えが最近は全くつかえないと気象変動の事を話されるので、やはり確実に変動が始まっていると考えた方が良いのだろうと私は思っています。
    今すぐに生鮮食品が街から消えることは無いと思いますが、この天候の影響を受けない訳はありませんね。
    既に有機野菜の流通をしている問屋さんからも、この天候で作付けを頼んでいる野菜がちゃんと育ってくれるか全くわからないんだよと言われています。

    これから何が起こるか分かりませんが、本物の米、本物の野菜、本物の塩を確保して、味噌や梅干しなどは自作の最高なものを作って保管しておいた方が良いと思いますね。
    米、塩、水、火は神道で神前に供える大事なものですが、生きていくための最少の必需品でもあります。(最高判断力を養うグッズでもありますが)
    野菜を作れる環境の人は、自家用野菜は作れるなら作っておいた方が良いと思います。

    さてさて、7月に続いて夏の過ごし方の注意です。
    一般的な熱中症の予防に関しては各メディアで盛んに取り上げているので、改めてここでは言いませんが、スポーツドリンクなどを飲むなら、「海の素」を希釈して飲む事をお勧めします。

    一般のスポーツドリンクには口当たりを良くする為にかなりの量の糖分が入ってますので、糖分が過多になると赤血球を溶解させて血液をドロドロにしてしまいますね。
    ですから、自作の麦茶や水の中に「海の素」を少量滴らして飲むと、汗と一緒に体内から出て、欠乏してしまう塩分や微量ミネラルを充分に補給することができるのです。
    「海の素」は塩分が少ないので、もし塩分がもっと欲しい方は、海を天日結晶させた天日海塩を少し加えましょう。
    そうして、自分で作ったミネラルドリンクを持ち歩いた方が身体にはずっと良いですからね~
    「海の素」の希釈スプレーも喉の渇き、疲れ目、湿疹、乾疹、アトピー虫刺されなどにスプレーしますとお役に立てるのではと思います。夏は絶対「海の素」、離せませんよ~~

    その他、陰性、陽性に傾いた時の陰陽の対処方法(7月号参照)は是非知っておきましょうね。

    話は変わりますが、日本の政治がひどいですね。早く変えて行かないと。
    新たな地球レベルでの平和思想が必要な時期に、本来なら戦争放棄を謳っている日本が先駆けて新世界の国のあり方を示すべき働きをすべきだと思いますね。
    財界の犬のような人物には、この新たなパラダイムシフトを求められる時代に必要な政治は出来ませんね。

    (村長大友)

  • 8月イベントお知らせ 2017.08.01 クリック

    イベントのお知らせ

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    8月3日(木)

    ※8月5日(土)の配達はありません。

    線

    獏原人村『 満月祭 』やさい村出店予定:8月4日(金)〜6日(日)

    日 時
    8月4日(金)〜7日(月)
    場 所
    福島県双葉郡川内村下川内バク502
    参加費
    全日通し:4,000円/最終日のみ:2,000円

    詳しくは:満月祭獏原人村 http://mangetusai.seesaa.net

    線

    やさい村セール&デモ販

    日 時
    8月25日(金)〜26(土)
    場 所
    やさい村

    (25日 デモ販:「海の素」予定)

    線

    やさい村居酒屋(予定)<要予約(定員8名)>

    日 時
    8月27日(日)14:00~16:00
    場 所
    やさい村軒先
    参加費
    500円(おむすび&漬け物付)+料理を一品お持ち寄りください。

    *飲み物はお店のお酒をお買い求めください。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    8月2・9・16・23日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    8月18日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    8月10日(木)20:00~21:30
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線
  • 8月「今月のおすすめ旬野菜」 2017.08.01 クリック
    冬瓜

    8月の旬野菜:冬瓜

    冬瓜

    今月のおすすめ旬野菜:「 冬瓜 」

    今月のおすすめ旬野菜は「冬瓜」です。
    今の時期は夏野菜の百花繚乱の季節で何を紹介しようか本当に迷います。

    何で真夏に冬瓜?と驚かれるかもしれませんが、実は冬瓜は7月が走り、8月が盛り、9月が名残りの立派な夏野菜なんですよ。
    冬瓜と名前がついたのは、その厚い皮故に保存性が高く、冬迄も保存出来るということで冬瓜と名付けられたのだそうですのでこの機会に是非知って下さいね~
    しかし実際はさすがに冬迄は持ちません。
    また、水分が多いので夏に食べるとさっぱりしてとても美味しく食べられます。

    原産地はインド~東南アジア、インドネシア。
    日本で一番作られている県は沖縄県です。

    冬瓜料理は意外にワンパターンの方が多いようですが、生で良し、ラタトゥイユや和風に煮て良し、炒めて良し、サラダや、ピックルス、漬け物、汁の実、あんかけなど凡ゆる料理に使えるのでとても便利でしかもボリュームのあるコスパ◎な野菜です。

    味が淡白で上品なので和食にもバッチリ合いますね~、トマトやきゅうりなどの生野菜を食べる事が多くなる夏の時期に冬瓜の煮物を冷やして頂くなんてちょっと優雅ですよ。
    キノコやイカ、お肉を食べる方には肉との相性も良く、菜食の場合は出汁をバッチリ効かせるのがコツになります。
    夏場は彩りに他の青・赤のピーマンや青菜、人参などと、焼きビーフンやそうめんチャンプルーに入れても、お手軽な一品が完成しますよ~!

    水分が多いので高血圧の予防にもなります!
    夏野菜は生でばかり食べていると、身体が徐々に陰性に傾いて元気が無くなって行きますので火を加えて、煮て食べる事も忘れない様にして下さいね~

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 8月「今月の酒」 2017.08.01 クリック
    ヤッホーブルーイング「 水曜日のネコ 」

    ヤッホーブルーイング「 水曜日のネコ 」

    ヤッホーブルーイング「 水曜日のネコ 」

    今月の酒:ヤッホーブルーイング「 水曜日のネコ 」

    どうも、スタッフです。梅雨も明け夏本番になりました。

    8月の酒にはベルジャン・ホワイトエールというベルギー生まれの種類で大麦、小麦両方を使用し作られた「水曜日のネコ」を選びました。

    グラスに注いだ時の青りんごのような香りと、スパイスにオレンジピールとコリアンダーシードが入ることによって爽やかで甘酸っぱい味わいがあり、苦みが少なくスッキリとした飲み口なので、これから暑さが増す時に美味しく頂けると思います。

    また、普段ビールを飲まない方にも飲みやすいのではないでしょうか。
    ラガー系とは違い、あまりキンキンには冷やしすぎずにグラスに注ぎこめば、淡く美しい琥珀色といい香りが広がり、のんびりとリラックスできるエールビールです。
    料理はお肉より海鮮系にあう味わいのように感じました。
    「水曜日のネコ」という銘柄ですが、水曜日のみならず飲みたくなります。

    また、パッケージも可愛いのでプレゼントなどにもいいと思いますよ。
    お一人のリラックスタイムにも、皆さんでのお食事にもきっと華を添えてくれる事でしょう。
    この機会に是非お試しを!!

    8月1日〜31日 特価・・・
    1本(350ml)266円+税 ⇒ 250円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2017.08.01 クリック
    赤いトラクターはヤンマー

    赤いトラクターはヤンマー

    赤いトラクターはヤンマー

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    雨がない梅雨でしたね~。後半はもう夏でしたね。

    こうなってしまうと畑はカサカサで、砂埃モウモウです。
    これから植えるキャベツやブロッコリーなどはどうなってしまうのでしょうか?非常に不安です。
    こうなってしまうと植物なんて生えないのでは?と思ってる皆様、いいえ草はガンガン生えます。
    伸びる速度に閉口します。

    こんな折に、なんと草駆除のスーパーマシン:トラクターが壊れました。
    吉田農園ピンチ!と、ここで22年の長きに渡り畑を柔らかくしてくれたトラクターを乗り換えました。
    22年の月日の流れで色々なテクノロジーが追加され、色々驚く日々ですが、今後はこの赤いトラクターが農園のパワーとして、大活躍してくれるのでしょう!

    <トラクター 一口メモ>
    国産トラクターの色は、メーカーによって違いがあります。
    ・ヤンマー ⇒ 赤
    ・クボタ ⇒ オレンジ
    ・井関 ⇒ 青
    なので、小林旭の歌はヤンマーの歌という事ですね。

    <8月の出荷予定>

    大玉トマト/ミニトマトmix/バジル/キュウリ/ナス4種/ジャガイモ/オクラ/枝豆/大葉/赤紫蘇/空芯菜/式部草/モロヘイヤ/タマネギ/フレンチオニオン/ベルギーエシャロット
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 8月号 2017.08.01 クリック
    「 Mine!オーガニックSOYジェラート 」

    「 Mine!オーガニックSOYジェラート 」

    「 Mine!オーガニックSOYジェラート 」

    「 Mine!オーガニックSOYジェラート 」

    身体にも環境にもやさしい、有機JAS認定、乳・卵不使用の100%植物性アイスクリームが新入荷です!

    従来なめらかなアイスクリームを作るには、乳化剤や安定剤を使用しています。

    このアイスクリームは乳製品も添加物も使わず、有機キャッサバ芋から作られるタピオカでんぷん(デキストリン)で、なめらかな口どけを作り出しました。

    豆乳とは思えないほどとてもコクがあり満足感のあるリッチな味わいは◯ーゲンダッツにも負けない⁉ぜひお試しください。

    「 Mine!オーガニックSOYジェラート 」

    ● バニラ・ストロベリー・チョコレート・抹茶(各85ml) ・・・365円(税別)

    線
    鰻の蒲焼「 うなぎ一番(たれ・さんしょう付) 」

    鰻の蒲焼「 うなぎ一番(たれ・さんしょう付) 」

    鰻の蒲焼「 うなぎ一番(たれ・さんしょう付) 」

    鰻の蒲焼「 うなぎ一番(たれ・さんしょう付) 」

    静岡県産のうなぎを使用した、国産、無添加の蒲焼です。
    便利なタレ、山椒付です。 (もちろんタレも無添加!)

    今年の土用の丑の日は7月25日(火)と8月6日(日)の2回あります。
    日本では古くから丑の日に「う」のつくものを食べると縁起がよいと言われてきました。
    江戸時代に夏に鰻が売れないで困っていたうなぎ屋さんが蘭学者の平賀源内に相談したところ、「本日、土用の丑の日」と看板を出すよう勧められ、その通りにしたら大繁盛したそうです。

    まだ、8月6日の丑の日には間に合います。縁起を担いで暑い夏を乗り切りましょう^ ^

    鰻の蒲焼「 うなぎ一番(たれ・さんしょう付) 」

    ● 蒲焼きカット(1人前)・・・1,285円(税別)

    線
  • 自然栽培 ー8月の田んぼ仕事ー 2017.08.01 クリック
    育ち盛りの稲

    育ち盛りの稲

    育ち盛りの稲
    中旬には楚々とした白い花をを咲かせます

    中旬には楚々とした白い花をを咲かせます

    中旬には楚々とした白い花をを咲かせます
    下旬には実りの準備がはじまります

    下旬には実りの準備がはじまります

    下旬には実りの準備がはじまります
    8月の夕暮れ

    8月の夕暮れ

    8月の夕暮れ

    『自然栽培 ー8月の田んぼ仕事ー 』
    < 佐藤さんの連載16回目 >

    暑い、暑い。
    嫌になるほど、暑い毎日が続きます。

    川も干上がり、毎年日照りが心配されます。かと思うと、ものすごい豪雨。
    野菜も川魚もどっと採れて、まずはふり幅マックスの真夏の到来です。

    この暑さで、稲はグンと伸びます。
    取っても取っても取りきれない草達も田んぼの中で隆々としていて、
    その賑やかさに笑ってしまうほど。
    それでも中旬には、楚々とした白い花を咲かせ
    下旬には重みで首が下がり出し、いよいよ実りの準備を始めます。

    この時期も、水管理が重要となります。
    田んぼは乾かさなければいけないのですが、花の咲く時には水が必要となります。
    また根っこも伸ばしたいので、掛けたり引いたり・・・
    暑さ対策も水のかけ引きで行います。

    病気や高温障害が出ないよう、もう少し気の抜けない時期が続きます。

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • ほろ酔い地球会議4 - No.11 2017.08.01 クリック

    友ちゃん&町ちゃんのほろ酔いトーク (( ほろ酔い地球会議4 )) No.11

    【友】友ちゃん= 大友 映男(村長)
    【町】町ちゃん= 町田 榮

    【友】あとはインドを旅していたら長髪の若い日本人に、日本に行ったら「ミルキーウエイ」に宿泊できるって話を聞いて外人が訪ねて来たり、そういう感じで世界中から色んな外人が「ミルキーウエイ」に来るようになってさ・・・。

    【町】プラブッダはいつごろまで「ミルキーウエイ」に住んでたの?

    【友】プラブッダはたぶん1年か2年はいたと思うよ。
    プラブッダはその当時は、ラジニーシの教えが中心で活動してたから、ラジニーシの瞑想センターを造らなくてはって思っていてさ・・・
    僕が最初にプラブッダに出会った頃は、彼は茅ケ崎に住んでいた。
    僕も茅ケ崎まで何度か遊びに行ったことがあった。
    それから彼は東京に出て来るようになって、それで「ミルキーウエイ」を一緒に借りるようになったんだよ。
    だけどお屋敷で「ダイナミック瞑想(大声で叫んだりする瞑想)」とかできないんで…。

    【町】東中野駅の北口に柔道の道場があって、そこでプラブッダがラジニーシの瞑想をやっていて、僕もその瞑想に参加していて、プラブッダはその頃茅ケ崎からその道場に通って来ていたんだよ。
    彼がラジニーシの「存在の」を手書きで翻訳して自費出版していたとき、その第1巻をヨーガ関係の友人の家で見つけて、プラブッダとラジニーシのことを知ったんだよ。
    友ちゃんが北海道で出会ったプラブッダの彼女だったサムボーディもその道場にいたよ。
    彼らといろいろ話をしたことを憶えてるよ。

    【友】へえ~、そうなんだ。 

    【町】その後しばらくして、テレビで「ミルキーウエイ」のドキュメント番組が放送されて、その中でプラブッダが庭でラジニーシの瞑想をしている映像が出て来て、僕は初めて「ミルキーウエイ」の存在を知ったんだよ。だからあのドキュメントは「ミルキーウエイ」の初期だったんだね。

    【友】そうそう、太極拳もやってた。

    〜〜〜 つづく 〜〜〜

  • 7月号のご挨拶 2017.06.30 クリック
    天然ミネラル濃縮液「海の素」

    天然ミネラル濃縮液「海の素」!

    天然ミネラル濃縮液「海の素」

    今年の梅雨は、今のところはあまり雨が降ってませんが空梅雨気味でしょうかね。年々暑さが増しているように感じるのは私だけでしょうか?汗をかく季節に大事なのは塩分調節です。夏の時期の塩分調節に欠かせないマイ梅干しの仕込みは終わりましたか?

    ところで塩分調節で最も重要な要素は、塩の品質です。専売公社の電気分解して出来た化学合成塩を使っている方々はやさい村のお客様にはあまりいないかと思いますが、あれは塩ではありません、Nacl99.8%とかは試薬塩化ナトリウムと言って化学物資です。
    人間が食べるべき本物の塩とは、生命を発生させた「母なる海の結晶」であるべきなのです。

    つまり塩分だけではなく様々な微量元素をいっぱい含んだ自然塩、特に「自然海塩」と呼ばれる海のニガリ分がある程度含まれた塩が最高の塩です。岩塩や湖塩もありますが、身体に有用な微量元素が地中に抜け落ちてしまい、周りの土や岩石層のミネラルに影響されているものが多いので、微量元素が偏っていますのでやはり海塩がオススメです。

    そして、汗と共に身体から塩分と一緒に出てしまう微量ミネラルの補給に大活躍するのが、やさい村オリジナルの「海の素」なんです!

    全てのお米や野菜が、ちゃんと堆肥などを使って作られていた時代には、微量ミネラルは堆肥に使われる植物を通じて地球上を海から陸へ、陸から海への循環がちゃんと成り立っていました。

    海水→蒸発→雨→植物が吸収→堆肥化→地中に還元→野菜・米→人体が摂取→様々な酵素活動を高め→代謝機能を促進→排泄→海へ還元。又は山から→川を通じて→海に還元。

    などという完全な循環サイクルができていたのですが、今は全く状況が違っていて農地も農産物もミネラル不足に陥っています。化学合成肥料は窒素とリン酸とカリしか入っていませんので、外食が多くなる方々など化学肥料だけで作られたお米や野菜を日常的に食べていると(有機農産物などは食料全体の1%にも満たないのでこの問題は国民的課題だし世界的問題です)、当然のように微量ミネラルが不足して、代謝機能が落ち夏バテ症状を起こします。

    身体の機能を元気に、酵素活動を活発化してくれるのは微量ミネラル(専売公社の塩では酵素活動が活発にならず漬け物も美味しく漬からない)なので、暑い時期には特に、本物の塩をちゃんと使うことと海の素を少しづつ、途切れず摂る事を忘れないで下さいね~~

    (村長大友)

  • 7月イベントお知らせ 2017.06.30 クリック

    イベントのお知らせ

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    7月1日(土)・6日(木)
    線

    食養と手当て講座「夏の食養生」

    日 時
    7月9日(日) 11:00~14:00
    場 所
    田んぼカフェ(武蔵野市吉祥寺市南町5-11-2)(西荻窪駅から徒歩10分)
    講 師
    大友映男
    参加費
    4,000円(食事付)

    【申込・問合せ】メダカのがっこう Tel.0422-70-6647

    線

    「 やさい村 居酒屋 」<要予約> 定員約8名

    日 時
    7月23日(日)14:00~16:00
    場 所
    自然食品店 やさい村 軒先
    参加費
    500円(おむすび+漬け物付)
    定 員
    約8名(予約締切:7月5日)

    *飲み物はお店のお酒をお買い求めください。
    *料理を一品お持ち寄りください。

    線

    やさい村セール&デモ販

    日 時
    7月28日(金)〜29日(土)
    場 所
    やさい村

    (28日 デモ販 … 日本健康美容開発…ナチュレルSPゲルクリームなど)

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    7月5・12・19・26日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    7月7・14・21日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    7月13日(木)20:00~21:30
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 - ママクラス - 」<お昼の講座第14回目> 村長大友の教室紹介

    日 時
    7月22日(土)13:00~15:00
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線
  • 7月「今月のおすすめ旬野菜」 2017.06.30 クリック
    きゅうり

    7月の旬野菜:きゅうり

    きゅうり

    今月のおすすめ旬野菜:「 きゅうり 」

    きゅうりの原産地はインド・ヒマラヤ地域。
    シルクロードを経由して1500年くらい前に日本に伝わった。
    (胡瓜の胡はシルクロードを通って来たの意)
    木瓜、黄瓜などとも書く様に、当初は黄色く熟してから食べていたが、後に品種改良されて美味しくなり今日の様に若いものを生で食する様になった。
    6月が走り、7月が盛り、8月が名残りとなる。

    栄養の程はいまいちだが、みずみずしい食感と水分が、ちょうど暑さが増すこの時期に絶好な水分補給をしてくれるので、生で、漬け物、酢の物、和え物、サラダなどに引っ張りだこだが、加熱して炒め物やラタトィユなどの煮物でもイケる万能野菜だ。

    また、手当てにも使え、陰性な野菜なので発熱や炎症を起こしている部位に貼ったり、痒みのある部位にきゅうりのエキスを塗り付けても良い。
    ちなみに若杉ばあちゃんの教えでは、きゅうりは陰性のままの生では使わず、必ず塩で揉んで、ある程度水分を出してから調理に使う。

    きゅうりを美味しく食べるコツは下処理が重要で、塩で揉んだり、熱湯をかけると雑味が取れる。

    やさい村に出る吉田さんの完全無農薬のきゅうりは絶品です、是非とも出会ったら買って帰って食べてみて下さいね~~

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 7月「今月の酒」 2017.06.30 クリック
    「本格芋焼酎 赤猿」

    「本格芋焼酎 赤猿」

    「本格芋焼酎 赤猿」

    今月の酒:「本格芋焼酎 赤猿」

    どうも、スタッフです。
    これが読まれている頃には梅雨が明けているでしょうか。
    今月は小正醸造さんの『赤猿』です。
    僕は正直に言うとあまり焼酎は得意ではないのですが、「赤猿」はとてもフルーティーでかつスッキリと飲みやすいのでおすすめに選びました。

    鹿児島県の契約農家さんによって作られた、サツマイモの中でも希少で紫芋の王様と呼ばれる「農林56号」と白麹で作ることでフルーティーで柔らかくスッキリとした味わいとなり、水割り・お湯割り・ロックとどれも美味しく頂けましたが、特におすすめしたいのは炭酸割です。
    氷を入れたグラスに少し多めに赤猿を注ぎ炭酸と割るだけでも十分においしく頂けましたが、お好みで柑橘系を少し加えてもフルーティーさが増しすごく呑みやすかったです。

    炭酸割はこれからますます暑さが増す時期に、普段焼酎を飲まない方や、女性の方に特におすすめです。
    もちろん普段から焼酎を飲まれている方も一献の価値ありな本格芋焼酎です。お得な期間中に是非お試しを!

    7月1日〜31日 特価・・・
    1本(900ml)924円+税 ⇒ 878円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2017.06.30 クリック
    収穫がスタートした枝豆

    収穫がスタートした枝豆

    収穫がスタートした枝豆
    夏野菜の「きゅうり」も収穫中です!

    夏野菜の「きゅうり」も収穫中です!

    夏野菜の「きゅうり」も収穫中です!

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    空梅雨ですね。
    雨待ちの状態が続きますがやっと雨の兆しも見えてきました。

    梅雨の頃に始まって、毎年怒涛の勢いでなくなってしまう枝豆がいよいよ収穫スタートです。

    他にもズッキーニやキュウリなど夏の訪れを感じさせてくれる野菜も収穫中です。

    雨なしでアブラムシが発生しているようで、トマトには病気も見えていますが、なんとか少しでも収穫に結びつくように色々考え中です。
    ここまできたらあとは収穫のタイミングを待つばかりです。

    <7月の出荷予定>

    キュウリ/ズッキーニ/インゲン/枝豆/ツルナ/シソ/ジャガイモ/玉ねぎ/トマト(予定)/人参(予定)
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 7月号 2017.06.30 クリック
    チョーコー「 ゆず醤油かけぽん」/「 プレミアム実生ゆずかけぽん(鮮度密封ボトル)」

    チョーコー「 ゆず醤油かけぽん」/「 プレミアム実生ゆずかけぽん(鮮度密封ボトル)」

    チョーコー「 ゆず醤油かけぽん」/「 プレミアム実生ゆずかけぽん(鮮度密封ボトル)」

    チョーコー「 ゆず醤油かけぽん」/「 プレミアム実生ゆずかけぽん(鮮度密封ボトル)」

    本醸造薄口醤油をベースに高知県産のゆず果汁を使用したぽん酢です。

    酸味がマイルドなので酸っぱいのが苦手な方にも好評。食卓に1本あれば、酢の物やサラダのドレッシング、焼肉や餃子のタレ、冷やっこなど、様々なアレンジが効く万能調味料です。

    これから暑くなってくると、サッパリした料理が美味しく感じるので、簡単で美味しいぽん酢をご活用ください。鮮度密封ボトルのタイプは、最後までフレッシュに使えるほか、プラ容器なのでバーベキューやキャンプにもオススメですよ。

    チョーコー「 ゆず醤油かけぽん」/「 プレミアム実生ゆずかけぽん(鮮度密封ボトル)」

    ● ゆず醤油かけぽん(400ml)・・・430円(税別)
    ● プレミアム実生ゆずかけぽん(210ml)・・・360円(税別)

    線
    「かえる印のナチュラル蚊取り線香」/ りんねしゃ「菊花せんこう」

    「かえる印のナチュラル蚊取り線香」/ りんねしゃ「菊花せんこう」

    「かえる印のナチュラル蚊取り線香」/ りんねしゃ「菊花せんこう」

    「かえる印のナチュラル蚊取り線香」/ りんねしゃ「菊花せんこう」

    梅雨になると、一気に増えるのが蚊!刺されるのは嫌ですが、できるだけナチュラルに虫除けしたい方にオススメなのがこちら。

    無添加、無着色。合成の殺虫成分は使用せず、天然除虫菊を有効成分に天然素材のみで作られた蚊取り線香です。

    一般的な蚊取り線香は、合成殺虫成分(アレスリン)に緑色染料、遅延剤の無機硝酸などが使われています。
    蚊取り線香を焚いていると目やノドが痛くなることがありますが、天然の蚊取り線香なら煙や香りもマイルドで、刺激も少なめです。蚊を取るのではなく、出来るだけ寄せ付けないためのお線香です。

    お店でも毎日焚いているので、気になる方はスタッフまでお声がけくだされば、煙の具合や香りなどチェックできますよ。

    「かえる印のナチュラル蚊取り線香」/ りんねしゃ「菊花せんこう」

    ● かえる印のナチュラル蚊取り線香(30巻)・・・933円(税別)
    ● 菊花せんこう(30巻)・・・940円(税別)
    ● 菊花せんこう(角ミニ32巻)・・・760円(税別)

    線
  • 自然栽培 ー7月の田んぼ仕事ー 2017.06.30 クリック
    膝丈まで伸びた稲

    膝丈まで伸びた稲

    膝丈まで伸びた稲
    激しく色を変える真室川の風景

    激しく色を変える真室川の風景

    激しく色を変える真室川の風景
    せっせと働くクモに山百合など

    せっせと働くクモに山百合など

    せっせと働くクモに山百合など

    『自然栽培 ー7月の田んぼ仕事ー 』
    < 佐藤さんの連載15回目 >

    田植えしてから一か月余り、稲は膝丈まで伸びてきました。
    そして草もまた、取っても取っても勢いよく伸びて来るのです。

    田んぼに入れなくなる7月中ごろまで、草との戦いが続きます。
    けれども、こうして田んぼをかき回す事は、
    天然の養分を根っこによく吸収させる事にもなるのです。
    肥料をしない田んぼで、少しでも元気にさせようと、
    せっせとかき回すのです。

    せっせと働いているのは、クモ達もでした。
    稲につく虫を食べてくれます。
    田んぼ中に貼られたクモの巣は、朝露をたたえ
    キラキラと頼もしく輝いています。

    真室川の夏は、むせ返るような山百合の香りと痛いような蝉の声、
    激しく色を変える空の下で、烈々として過ぎていきます。

    「この暑さがあるから、稲が育つのだ。」
    短い夏の日、稲は大急ぎで、伸びれるだけ伸びます。

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • ほろ酔い地球会議4 - No.10 2017.06.30 クリック

    友ちゃん&町ちゃんのほろ酔いトーク (( ほろ酔い地球会議4 )) No.10

    【友】友ちゃん= 大友 映男(村長)
    【町】町ちゃん= 町田 榮

    【町】当時、(鹿児島県)とかで部族の人たちが飛行場建設反対してたよね。

    【友】諏訪之瀬島にはバンヤン・アシュラムってのがあって、部族の一番初期のころの共同体だよね。

    【町】部族って、三省が語りかけて造った集団じゃないんだ。

    【友】そう、だから部族のカリスマっていうのは、たぶんナナオで、あとはナーガ(詩人)とか、三省は頭が良かったので、共同体理論のまとめ役をしていたけど、実践部隊はたくさんいたと思う。僕もたくさんの部族の人たちと会ったよ。

    【町】ナモさんもその中の一人なんだ。

    【友】かなりの重鎮だったと思う。
    ナモは結局都会に残って八百屋をやったんだね。 

    【町】で、「ミルキーウエイ」のスタートは?

    【友】「ミルキーウエイ」は、プラブッダとアパッチと僕の三人が代表になって、お屋敷を借りたんだよ。
    「ミルキーウエイ」の当初のメンバーは、「やさしい革命」っていう本を作ったメンバーが多かったんだよ。

    【町】吉福(トランスパーソナル心理学の日本のパイオニア)さんもいたの? 

    【友】吉福さんはいなかった。アパッチやマリちゃん(いしだ壱成の母親)とか、産婆の菊ちゃんとかいたね。

    【町】最初は何人くらいからスタートしたの?

    【友】たぶん10人くらいだと思う。

    【町】そのときにはすでに「ミルキーウエイ」って名前を名乗っていたの?

    【友】そう名乗ってた。
    で、そこにどんどん外国から外人たちが訪ねて来るようになってさ、彼らが日本に来て宿泊できる場所があまりなかったこともあり、その頃マクロビオティックを勉強したくて日本に行きたいって外人がいっぱいいて、CI協会にその問い合わせがあったりしたとき、CI協会から僕たちに次々と連絡があって「ミルキーウエイ」にやって来るしさ。

    〜〜〜 つづく 〜〜〜

  • 6月号のご挨拶 2017.05.30 クリック
    梅を使った料理教室があります

    梅を使った料理教室があります!

    梅を使った料理教室があります

    こんにちは~!皆さまお変わりありませんか?
    5月の新緑や陽射しを楽しんでいる内にだんだん曇りや雨の日も増えて何やら梅雨の気配、この通信が出る頃は梅雨入りしているかもしれませんね~

    6月と言えば梅酒、らっきょう漬け、梅干しなどの一年分の家庭の常備食材を仕込む大事な季節ですよ。
    やさい村では今年も、11日「梅酒&梅シロップとらっきょう作り教室」25日「梅干し作り教室」を行いますので、是非家庭の味の保存食品を作っておきましょうね。子供さんと一緒に作ってみたら大事な食育ともなりますね。

    そして材料が良いと、何よりむちゃくちゃ美味しい世界に一つしかない家庭の味が出来ます。
    そして梅干しや梅肉エキスなどはは欠かせない家庭の食薬ですよ。必ず作っておきましょうね~

    僕も昨年作った梅干しが大成功で、大好評!イベントで使ったりすると残った梅干しは欲しいと必ず言われました。

    ジメジメする季節や暑くなって汗をかく季節にも塩分補給や腐敗防止、体調の調整に欠かせないので本当に良いものを作っておきましょうね。梅干しまがいのニセモノはまったく効果がありません。教室のお申し込みは早めにお願いいたします!
    *無農薬の梅やてんさい糖の氷砂糖、最高の自然塩などの材料のみの予約も承っておりますのでお申し込みくださいね。

    季節が良くなって楽しいイベント出店も多くなって、出店の助っ人も楽しいですよ~
    お子さん連れでのボランティア参加も出来ますので、そんなご希望の方はスタッフにお声をかけてくださいね~~!!

    やさい村のスタッフは食のスペシャリスト揃いなのでお友達になっておくと良いですよ~
    それでは今月もやさい村をよろしくお願いします!

    (村長大友)

  • 6月イベントお知らせ 2017.05.30 クリック

    イベントのお知らせ

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    6月1日(木)・3日(土)
    線

    「 はつかり感謝祭 」<やさい村 出店予定>

    日 時
    6月4 日(日) 10:00~16:00(予定)
    会 場
    初雁木材(埼玉県朝霞市膝折町3-4-40)
    内 容
    ものづくり体験・雑貨販売・音楽や大道芸・落語…等々
    参加費
    入場無料

    村長バンド出演!

    線

    「 梅酒&梅シロップとらっきょう作り教室 」<要予約> 定員15名

    日 時
    6月11日(日)13:30~15:30
    場 所
    三鷹消費者センター調理実習室3F
    講 師
    山崎初代さん
    参加費
    2,000円(お茶+デザート付)+材料別途
    定 員
    15名(予約締切:6月5日)
    持ち物
    持ち帰る瓶などの容器・エプロン・三角巾・筆記用具

    *梅酒・梅シロップ・らっきょう塩漬けを自分の作りたい分作ります。
    *詳細はこちら → <食といのちの学校>

    講師プロフィール

    線
    線

    やさい村セール&デモ販

    日 時
    6月23日(金)〜24日(土)
    場 所
    やさい村

    (23日 デモ販 … 川根三拾年番茶のPEACE TEA FACTORY KAWANE)

    線

    「 梅干し作り教室 」<要予約> 定員15名

    日 時
    6月25日(日)13:30~15:30
    場 所
    三鷹消費者センター調理実習室3F
    講 師
    山崎初代さん
    参加費
    3,000円(お茶+デザート付+仕込んだ梅1kg込み)
    定 員
    15名(予約締切:6月19日)
    持ち物
    梅干しを持ち帰る容器・エプロン・三角巾・筆記用具

    *梅干しの作り方を学び、干す前までの作業をします。
    *詳細はこちら → <食といのちの学校>

    講師プロフィール

    線
    線

    「 三鷹 Mーマルシェ 」<出店予定>

    日 時
    6月25日(日)12:00~18:00

    詳しくはお問い合わせ下さい。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    6月7・14・21・28日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    6月2・9・16・30日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    6月15日(木)20:00~21:30
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 - ママクラス - 」<お昼の講座第13回目> 村長大友の教室紹介

    日 時
    6月17日(土)13:00~15:00
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線
  • 6月「今月のおすすめ旬野菜」 2017.05.30 クリック
    青山椒

    6月の旬野菜:青山椒

    青山椒

    今月のおすすめ旬野菜:「 青山椒 」

    今月はちょっとユニークな青山椒をご紹介します。 山椒は日本原産の自生植物で、古くから使われ、縄文時代には既に香辛野菜や香辛料として使われており、「山椒は小粒でピリリと辛い」という諺まであるように日本人には馴染み深い。

    春には山椒の葉が出てその葉を使った「木の芽和え」、そして6~7月には実をつけるが、未熟な青い実を「青山椒」、そして熟して茶色くなったものを「実山椒」と呼ばれる。

    青山椒はしびれるような独特の辛味があり佃煮やちりめん山椒、醤油漬けや冷凍保存し、夏場のそうめんの薬味等に使うと良い。また、実山椒は佃煮や、皮を剥いて粉にすると粉山椒が出来る。

    山椒は様々な薬効があり、胃腸の働きを高め、体温を上げ、しもやけやひび割れ、冷え性の改善、生理痛の軽減などに効果があり漢方薬にも使われている。

    調理は軸を取り、洗った実をたっぷりな湯に入れ沸騰させずに30分程茹でて、柔らかくなったら水に1時間程晒して渋みを取りそのまま冷凍も出来るが、鉢ですり潰して味噌と混ぜれば山椒味噌が出来上がる。

    山椒を使うと様々な料理が引き締まり、一味グレードが上がるのでいろいろ使ってみると良いですよ~!青山椒の佃煮も最高だね。

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 6月「今月の酒」 2017.05.30 クリック
    「 小樽麦酒オーガニックピルスナー 」

    「 小樽麦酒オーガニックピルスナー 」

    「 小樽麦酒オーガニックピルスナー 」

    今月の酒:「 小樽麦酒オーガニックピルスナー 」

    どうも、スタッフです。紫陽花が綺麗に咲いて来ましたね。
    今月は北海道麦酒醸造株式会社さんの『小樽麦酒オーガニックピルスナー』を選びました。

    有機麦芽・有機ホップを使用。
    低温発酵させ長期熟成し作られたスッキリした味わいの爽やかなビールです。
    苦みも少ないので飲みやすく、どんな料理にも合うと思います。

    気温も空模様も不安定な時期ですが、このビールを飲んで気分だけでもスッキリさせてください。

    ぜひ、お得な期間中にお試しください!

    6月1日〜30日 特価・・・
    1缶(350ml)285円+税 ⇒ 270円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2017.05.30 クリック
    気温も高くなり野菜の成長速度も増してきました

    気温も高くなり野菜の成長速度も増してきました

    気温も高くなり野菜の成長速度も増してきました
    夏野菜のスター「トマト」も実がつき始めました

    夏野菜のスター「トマト」も実がつき始めました

    夏野菜のスター「トマト」も実がつき始めました

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    野菜は、着々と準備が進んでいます。

    気温も高くなって大きくなる速度も随分とアップしました。

    農園の収穫野菜は以前少ない量でも、6月に入ればウリ科の野菜をはじめナス科マメ科の野菜も収穫出来そうです。

    夏のスター野菜のトマトも第1段目の実が付きました。

    さあいよいよ大収穫期間近です!

    <6月の出荷予定>

    ツルナ/長ネギ/はっさく/サルバチコ/サラダmix
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 6月号 2017.05.30 クリック
    PEACE TEA FACTORY KAWANE「川根三拾年番茶」

    PEACE TEA FACTORY KAWANE「川根三拾年番茶」

    PEACE TEA FACTORY KAWANE「川根三拾年番茶」

    PEACE TEA FACTORY KAWANE「川根三拾年番茶」

    川根茶の名産地・笹間で30年自然生育した希少な在来種の茶の樹をじっくり炭火焙煎し、熟成期間を置き2度目の火入れをした本格的な三(拾)年番茶です!

    お茶の種類の中でも最も体が温まる三年番茶は冷え性の方、妊婦さん、赤ちゃんからお年寄りまで安心して飲んでいただけます。

    マクロビオティックの食養茶、梅醤番茶、塩番茶としてもお飲みいただけます。

    PEACE TEA FACTORY KAWANE「川根三拾年番茶」

    ● 100g入り・・・800円(税別)
    ● 3.5gティーパック×20入り・・・1,000円(税別)

    線
    marusan「豆乳グルト」

    marusan「豆乳グルト」

    marusan「豆乳グルト」

    marusan「豆乳グルト」

    乳製品不使用の純植物性ヨーグルトです。
    ヨーグルト風の発酵豆乳としてはプレーンタイプで唯一の商品になります。

    豆乳グルトに使用している植物性乳酸菌は、長野県木曽地方の伝統的な無塩発酵漬物「すんき」から発見した、とても乳酸菌が豊富で効能も高い日本生まれの乳酸菌です。
    豆乳を乳酸発酵させることで、通常の豆乳よりも血中コレステロール濃度を低下させた、という研究結果があります。また、お通じの改善が期待できます。

    味も豆乳臭さがほとんどなく、とても食べやすいですよ。
    暑くなってきて食欲も落ち気味の時も、さっぱりして食べやすくてオススメです!

    ・コレステロール0%
    ・砂糖不使用
    ・乳成分不使用

    marusan「豆乳グルト」

    ● 400g・・・250円(税別)

    線
  • 自然栽培 ー6月の田んぼ仕事ー 2017.05.30 クリック
    5月末から『さつき(田植えの事)』が始まります

    5月末から、さつき(田植えの事)が始まります

    5月末から、さつき(田植えの事)が始まります
    6月初旬までかかる『さつき』。その頃の寒暖差がある天候を『さつき空』と表します

    6月初旬までかかる『さつき』。
    その頃の寒暖差がある天候を『さつき空』と表します

    6月初旬までかかる『さつき』。その頃の寒暖差がある天候を『さつき空』と表します
    神様に「さなぶりモチ」を上げ豊作祈願します

    神様に「さなぶりモチ」を上げ豊作祈願します

    神様に「さなぶりモチ」を上げ豊作祈願します
    カタシログサ

    カタシログサ

    カタシログサ

    『自然栽培 ー6月の田んぼ仕事ー 』
    < 佐藤さんの連載14回目 >

    田植えの事をこの辺りでは『さつき』と言います。
    “5月”の末に始まるのですが、百姓にとっては一大事なものですから。

    半袖でいい暑い日があるかと思うと、セーターが必要になるくらい寒くなる日もあり、そんな天候も『さつき空』と表し、『さつき』一色に染まる百姓の大仕事時であります。
    その仕事は、6月初旬までかかります。

    日の出から、暗くなるまで空の下にいます。
    百姓三昧の毎日は、気持ちいい夕暮れが〆てくれます。
    明日への活力が湧いてきます。

    田植えが済むと、カタシログサが半化粧をはじめ、キイチゴが実りアザミが咲きツバメが巣立ち、春の終わりが告げられます。

    暑い夏が訪れる前に、一気に草丈を伸ばしておかなければなりません。
    神様に「さなぶりモチ」を上げ豊作祈願をしたら、水管理と、草取りと草刈と・・・  格闘します。

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • ほろ酔い地球会議4 - No.9 2017.05.30 クリック

    友ちゃん&町ちゃんのほろ酔いトーク (( ほろ酔い地球会議4 )) No.9

    【友】友ちゃん= 大友 映男(村長)
    【町】町ちゃん= 町田 榮

    【友】そのビルの三階だけが空いていて、そこでキコリが本屋さんを始めて、その奥のスペースを「ホビット村学校」にして、そこで「やさしい革命」って本を編集しようっていうことになり、その編集スタッフの人たちが本を編集するだけではもったいないから、その内容を公開講座にしようって話になり、それで「ホビット村学校」が始まったんだよ。

    【町】ナモさん(西荻窪ナモ商会店主)はすでに一階で無農薬野菜屋を始めてたの?

    【友】うん始めてた。でもその無農薬野菜の店も、マルチメディア運動の中で起こったことだったんだよ。ナモも参加してたし、三省(屋久島の詩人:山尾三省)もそのメンバーだった。

    【町】ナモさんと友ちゃんはどういう出会いだったの?

    【友】ナモは、無農薬野菜屋を始めようとしていたとき、どこで野菜を売ろうかなって試行錯誤しながら、あっちこっちで売り始めてたんだよ。

    【町】そう・・・

    【友】で、当時僕はエマウスの家(暁光会)っていうキリスト教系の団体だったんだけど、エマウスの家の人たちが廃品回収をやって、リサイクルをして、自分たちの団体の経済基盤の一部にしていたんだよ。
    僕が当時「ミルキーウエイ」を始める頃に、「ミルキーウエイ」だったか「マルチメディア・センター」って名前だったかで、独自に通信を4、5回発行していたんだよ。
    その中にその頃の活動内容が掲載されているので、もしキコリなんかが持っていれば、当時の活動内容がよくわかるんだけどね。

    【町】へえ~~。
    ところでナモさんはマクロビオティックからスタートしてるの?

    【友】違うよ、ナモは部族出身だよ。

    【町】そうなの、部族なんだ。三省と一緒・・・

    【友】ナモも三省も部族で、ナモはアメリカのカリフォルニアに行って、三省はインドに行って、二人が戻って来て何か新しい事をやろうっていうんで、ナモが始めたことが八百屋だったんだよ。 

    【町】ナモさんはアメリカ系のヒッピー文化の影響を受けてるんだ、それでゲーリー・スナイダー(アメリカの詩人、自然保護活動家)と親交があるんだ。ずっと後に三省もゲーリー・スナイダーと屋久島で出会ってるよね。

    【友】三省はインドから帰って来て、ナナオとかポンとか(部族の仲間)キャラバンの頃は東京にいたんだけど、ポンは奄美に行って無我利道場を始めて、ナナオはたぶん放浪の旅を続けていたと思う。 

    【町】ナナオは組織には属さなかったの?

    【友】そう、それで「なんでお前らは東京にいるんだ」って責められていたのがナモとか三省だったんだよ。それで三省は屋久島に行って、ナモはたぶん三省を経済的に応援したんだと思う。

    〜〜〜 つづく 〜〜〜

  • 5月号のご挨拶 2017.05.01 クリック
    「若杉友子の毒消し料理」(パルコ出版)

    「若杉友子の毒消し料理」(パルコ出版)

    「若杉友子の毒消し料理」(パルコ出版)
    春の山菜

    春の山菜

    春の山菜

    桜が散る頃になって急に暖かくなって来ましたね〜、そろそろ新緑の季節ですね。新緑と言えば山菜の季節ですよ〜!
    やさい村の店頭でも、静岡の杉山さんから筍、ワラビ、タラの芽が送られて来ましたし、まだ春を迎えたばかりの秋田の小野自然農園からはひろっこやふきのとうが送られて来て、とっても賑やかな山菜祭りが連日行われております。

    皆さん、もう食べられましたか?筍ご飯も!ふきのとうやタラの芽の天ぷらも!ワラビのおひたしも最高〜!!ひろっこや山うどの酢味噌和えもたまりませんね〜!山菜好きの私には答えられないほどの至福なひとときを迎えております!是非是非皆さまのご家庭の食卓でも春を満喫して下さいね〜〜
    春は、冬の間に溜まっている毒出しの季節ですから、山菜の陰性を抜いてしっかり食べて、良く身体を動かして、デトックスしましょう!

    そういえばタイムリーに若杉ばあちゃんの新刊「毒消し料理」(パルコ出版)も出ました!!!やさい村の店頭にも展示販売しておりますので、毒消し料理の参考に是非一冊持たれて日々のお料理に活かして頂きたいと思います。
    新緑の季節には、自然の中に入って山菜採りやハイキング、釣り、畑仕事など思いっきり楽しみたいと思います!

    ところで私は自然栽培の美味しいお米を作ってくれている山形の佐藤さんのお米作りのドキュメントビデオ(映画)を制作したいと思っております。ゴールデンウィークを利用して山形に赴き、インタビューをして来ますが、今年はご希望のお客様達と山形の佐藤さんを訪ねて交流するツアーなども企画したいと思っておりますので是非ご参加頂きたいと思っております!
    まだ日にちなどは決まっていませんが、ご希望の方は是非行きたいと店頭スタッフに参加希望をお伝え下さいね〜日にちなど決まりましたら、店頭、通信、Facebookなどで告知いたします!それでは今月もやさい村をよろしくお願いします!

    (村長大友)

  • 5月イベントお知らせ 2017.05.01 クリック

    イベントのお知らせ

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    5月4日(木)・6日(土)
    線

    やさい村セール&デモ販

    日 時
    5月26日(金)〜27日(土)
    場 所
    やさい村

    ( 26日 デモ販 … 陰陽ライフ)

    線

    「東アジア地球市民村2017 in 藤野」
    〜東アジアで醸成する地球市民意識〜<やさい村 出店予定>

    日 時
    5月27日(土)〜29日(月)
    会 場
    神奈川県相模原市緑区(旧藤野町)
    定 員
    200名(要予約)

    【お問合せ】
    東アジア地球市民村実行委員会 mail: eastasia@gmail.com

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    5月10・17・24・31日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    5月12・19日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    5月25日(木)20:00~22:00
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 - ママクラス - 」<お昼の講座第12回目> 村長大友の教室紹介

    日 時
    5月20日(土)13:00~15:00
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線
  • 5月「今月のおすすめ旬野菜」 2017.05.01 クリック
    ふき

    5月の旬野菜:ふき

    ふき

    今月のおすすめ旬野菜:「 ふき 」

    ふきのとうが枯れるとふきの葉が生えて来る。

    ふきはキク科の植物で、原産地は日本、朝鮮半島、中国。旬は4月〜6月で4月が走り、5月が盛り、6月は名残となる。
    走りの時期は水分が多く柔らかく、葉も食べられるが、名残の時期は太く筋張り、苦味が強くなって、葉は食用に向かなくなる。
    ふきを採ったり買ってきたら早めに下ごしらえをしないと、生のままだとどんどんアクが強くなる。
    先ずは葉と茎の部分を切り分けて下茹でをする。下茹ででアクをしっかり抜くのがポイントとなる。

    茎の部分の太さが大きく変わっているものは3分割くらいに切り分けて茹で時間を変えて下茹でして(葉っぱは3〜4回)、水にさらしてから、タッパーやジップロック、バットに入れて保存して料理に使い3〜4日で食べ切る。 料理は炒め煮、きんぴら、佃煮、味噌漬け、ピクルスなど。

    日本原産とあって、日本の発酵調味料との相性は抜群で、油でしっかり炒めてから醤油、味噌、みりんなどで調理するとご飯のおかずに最高です!!
    組み合わせると相性の良い野菜は、この時期のものではうど、筍、生姜など、又油揚げ、高野豆腐、きくらげなどもオススメ!
    ◎しっかり味付けて水分を切ったものは長期保存も出来ます。

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 5月「今月の酒」 2017.05.01 クリック
    「 天然葡萄酒(白)」<甘口>

    「 天然葡萄酒(白)」<甘口>

    「 天然葡萄酒(白)」<甘口>

    今月の酒:「 天然葡萄酒(白)」<甘口>

    どうも、やさい村スタッフともやです!陽も長くなり暖かくなりましたね。
    井の頭公園を散歩しているとシートをひいてピクニックをしてる人達が多くみられ羨ましいなーと思います。

    そんな今月は「天然葡萄酒(白)」<甘口> にしました。何度も今月の酒に選ばれる程、おすすめできる美味しいワインです。有機肥料を主体とした栽培方法で育てられた「デラウェア」のみを使用し、蔵に生息する酵母菌で自然発酵し貯蔵されたとっても希少な手作りワインです。

    肝心の味は、ほどよい酸味と奥にある甘味を感じられるすっきりとしたワインなので、冷やして飲む事をおすすめします!
    また360mlと飲みきりサイズも嬉しいですよね〜
    まだ飲んだ事ない人にはお試しにも最適なサイズだと思います!

    梅雨になると外で過ごす時間も短くなってしまうと思うので、梅雨までの間に美味しいお酒をもってピクニックで太陽を沢山あびるのもいいですよね〜 この機会に是非どうぞ!

    5月1日〜30日 特価・・・
    1本(360ml)765円+税 ⇒ 699円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2017.05.01 クリック
    ①:寒さの残っていた時期

    ①:寒さの残っていた時期

    ①:寒さの残っていた時期
    ②:①から1週間強たった頃の苗

    ②:①から1週間強たった頃の苗

    ②:①から1週間強たった頃の苗

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    農園端境期は、まだ抜けておりませんが、苗の生育は非常に順調に出来ております。

    先月から1ヶ月経ち、最近の暖かさで更に大きくなりました。寒さの残っていた時期(写真:上)から1週間強で(写真:下)になるくらいの成長速度です。これらの苗は、予定では5/4に植え付けを行います。この準備に伴って、ルッコラ・わさび菜が収穫終了となります。
    5月の半ばから後半にはパクチーやからし菜も収穫できるかもしれません。それまでは今ある野菜でもう少し辛抱です。

    今年は吉田農園果樹園を作りました。こちらは今から4〜5年後にはスウィーティーやオレンジやライムやキンカンやザクロやイチジクが取れていると思います。
    こちらは端境期どころではない期間ですが、どれもこれも甘くて美味しいものたちですので、ゆっくり待ちましょう。

    <5月の出荷予定>

    ネギボウズ/サラダMIX/のらぼう菜/ツルナ(ネギボウズは4月いっぱいで終了)
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 5月号 2017.05.01 クリック
    山紫水明 黄桜の里「エゴマ(生)」

    山紫水明 黄桜の里「エゴマ(生)」

    山紫水明 黄桜の里「エゴマ(生)」

    山紫水明 黄桜の里「エゴマ(生)」

    元やさい村スタッフの小野さんが丹精込めて育てたエゴマが入荷しました!無農薬で土に植えれば芽も出る新鮮なエゴマです。油で摂るよりも皮や実のミネラルも取れます。エゴマに含まれる「αリノレン酸」はオメガ脂肪酸の仲間で、体内でEPAやDPA、DHAに変わります。

    オメガ脂肪酸の効能は、
    ◎中性脂肪、悪玉コレステロールの減少
    ◎血栓の予防
    ◎脳や網膜の神経伝達をスムーズにする

    が、あります。

    オメガ脂肪酸は熱に弱いため、エゴマを炒る時は、さっと軽く炒る程度(弱火で炒り、数粒はじけたらOK)にしましょう。
    またエゴマには、ロズマリン酸というポリフエノールの一種が含まれています。ロズマリン酸は体内で吸収しきれなかったブドウ糖が脂肪に変わるのを阻止してくれるそうです。

    さっと炒ったエゴマは、胡麻と同じような感覚で料理に使えます。味噌や醤油と合わせて野菜と和え物にしたり、うどん、そば、ラーメンの薬味にしても美味しくいただけます。

    私も先日、青菜のお浸しにエゴマを散らしたら、とても美味しかったです。なお、胡麻もそうですが、エゴマをすらずにいただくときは、よく噛んでくださいね。丸のまま体内に入ると、せっかくの栄養が吸収されません。

    山紫水明 黄桜の里「エゴマ(生)」

    ● 100g・・・600円(税別)
    ● 200g・・・1,000円(税別)

    線
  • 自然栽培 ー5月の田んぼ仕事ー 2017.05.01 クリック
    代かきの様子

    代かきの様子

    代かきの様子
    田植え前の準備が大切です

    田植え前の準備が大切です

    田植え前の準備が大切です
    月末には田植えが始まります

    月末には田植えが始まります

    月末には田植えが始まります
    眠っていた山の里が一気に目を覚ませます

    眠っていた山の里が一気に目を覚ませます

    眠っていた山の里が一気に目を覚ませます
    山菜が次から次へと芽を出します

    山菜が次から次へと芽を出します

    山菜が次から次へと芽を出します

    『自然栽培 ー5月の田んぼ仕事ー 』
    < 佐藤さんの連載13回目 >

    月末には、田植えが始まります。それまで田んぼをビシッと整えておかねばなりません。

    ①:田起こし
    ②:代かき
    ③:水路の整備
    ④:あぜ塗り

    加えて、同時に苗の管理もするのですから、5月は大忙しの月なのです。月初めには1.5葉の苗を4.5葉になるまで世話しなければなりません。いくら時間があっても足りないのです。

    それでいつも遅れ遅れの状態となり、何だかせかせかと仕事してしまうのです。田植えの遅れは、生育や収量に大きく影響するからです。

    夜が開けると、あちこちからダカダカと機械音がし出し、暗くなるまで田んぼで仕事する・・・一年で一番働く季節です。

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • ほろ酔い地球会議4 - No.8 2017.05.01 クリック

    友ちゃん&町ちゃんのほろ酔いトーク (( ほろ酔い地球会議4 )) No.8

    【友】友ちゃん= 大友 映男(村長)
    【町】町ちゃん= 町田 榮

    【友】その翻訳を手渡されて、凄いな~って驚いたんだよ。

    【町】第一話は、子供のころ川に遊びに行って、泳いで疲れると陸で太陽の光で身体を乾かして、昼寝して、それで全てが完全に満たされていた、って話だったよね。

    【友】ティロパの内容も凄いけど、それを翻訳したプラブッダも凄いなあって思ったんだよ。

    【町】そう、あの翻訳もとても自然で、当時の若者にぴったりの日常語で翻訳してたよね。あの本の英語の題名は「The Supreme Understandings(究極の理解)」っていうんだよ。

    【友】そう〜。まあそんな感じでプラブッダとは出会ったんだよ。アパッチとはもっと前から・・・

    【町】アパッチとの出会いはいつ頃?

    【友】アパッチとは、キャラバン以前の砂川反戦祭のころにすでにアパッチが「名前のない新聞」を発行していて・・・

    【町】それで友ちゃんたちが旅をするとき、アパッチが「名前のない新聞」にキャラバンの記事を書いて興味ある人たちに伝えたんだね。

    【友】そうそう、キャラバンの情報を「名前のない新聞」で伝えてくれたんだよ。あとアパッチは北海道まで来て、北海道からキャラバンと「宇宙平和会議」の臨時増刊号を発行してくれたりもしたんだよ。

    【町】なるほど、友ちゃんとアパッチはすでにかなり深い繋がりがあったんだね。

    【友】そう、みんなキャラバンで繋がってるんだよ。僕が北海道から東京に帰って来て、一番最初に行ったのは、「アイアム」をにしてマルチメディア運動ってのを始めて、それで人が集まって来るうちに、西荻にビルが一軒空いてるんだけど、その運動をやるのにそのビルはどうかな、っていう人が集まって来た人の中にいたんだよ。
    それがシンヤさんっていう人で、それじゃ皆で見に行くかってことで、見に行ったんだよ。そしたらそのビルの窓が星型だったりして、僕はなんかピーンと来ちゃって、ここでやったらいいんじゃないかなって思ったんだよ。そこに集まってた人たちでホビット村(西荻窪)を造ろうってことになったんだよ。

    【町】そういう経緯だったんだね。

    〜〜〜 つづく 〜〜〜

  • 4月号のご挨拶 2017.03.31 クリック
    天然ミネラル濃縮液「海の素」

    天然ミネラル濃縮液「海の素」

    天然ミネラル濃縮液「海の素」

    この文を書いている3月下旬現在は花粉飛散の全盛期で、晴れたら嬉しいのですが、花粉が飛んでいるので、大変な人は大変ですよね〜〜
    4月は4月でまだまだ続きますので、3月号でもご紹介しましたが、しっかり「海の素」を1日10滴位は水やお茶に入れて摂るようにして、更に60〜100倍に希釈したスプレーを作って持ち歩き、辛くなったらスプレーするとすごく楽に過ごせますよ〜
    きっとストレートにお役に立てているのでしょうね、お蔵フェスタでもスプレーに反応する人々が多く、「海の素スプレー」はじわじわと人気が出て来ています。原液を買っておけば、ご飯や、お味噌汁やスープにも使え、自分でスプレーも作れちゃうんですけどね。

    そして春、食養と手当ての健康講座でも触れていますが、春は身体をリセットする時期なので、野草や、手当て、断食、運動などで、忘れずに、しっかり身体を整えてくださいね〜
    やさい村でも、春の山野草を出来るだけ多く入れて行きたいと思っておりますので店内の奥のショーケース冷蔵庫の中の野菜類のチェックもお忘れなく!

    野草料理のコツ、陰性を抜いて食べる、陽性化するお料理を心掛けて食卓に春を乗せて楽しんで頂きたいと思っております。山菜料理は、身体の中から春の身体を作ってくれますよ〜

    ところで話は変わりますが、安部自民党と公明党などの連立与党が提出している、共謀罪という法律はとんでもなく危険な法律で、例えば 誰かと政治や、現政権の不満などについて話すだけでも罪になり兼ねない、国民を一人ずつ独房に入れて支配するような大変危険な法律です。北朝鮮の恐怖を煽りながら自らの、支配を着々と進めて行こうとしているとしか思えません。
    それでなくても、秘密保護法、国民背番号制のマイナンバー導入、これに共謀罪、憲法改悪、ということになれば恐ろしいファシスト政権による暗黒支配を可能にして行きますので広汎な国民による反対が必要です。僕から言わせれば、彼らこそ、国民の自由や権利を奪い、戦後の民主化を根底から覆し、戦前の財閥と軍閥の支配に覆そうとする共謀罪に値します! 天皇制まで弄ろうとしている様な気配もあり、軍国日本の復活、彼らこそそれを共謀している、そう思いませんか?

    既に、共謀罪の前哨戦とも言える裁判も起こっています、とにかくみんなが知らないうちに危険な法律を通そうとしていますので、皆さん 大いに関心を持って語り合って行きましょう!TVや新聞もかなり報道管制が敷かれていますので、個人がしっかりとした意見を持ち、確かな情報を集めておく必要がありますね。
    今年も春は来たけれど、日本の春はいつ来るのでしょうか?

    (村長大友)

  • 4月イベントお知らせ 2017.03.31 クリック

    イベントのお知らせ

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    4月1日(土)・6日(木)
    線

    <4月のイベント>
    「やさい村お花見」<やさい村 出店予定>

    日 時
    4月2日(日)11:00~14:00
    場 所
    ジブリ美術館脇の公園
    定 員
    30名(要予約)
    参加費
    一品持ち寄り(手ぶらの方は参加費500円)

    *お酒の量り売り有。

    線

    いざというときの食養と手当て講座<講師:大友映男>

    日 時
    4月16日(日) 11:00~14:00
    場 所
    田んぼカフェ(武蔵野市吉祥寺市南町 5-11-2)西荻窪駅から徒歩10分
    参加費
    4,000円(食事付)

    【申込・問合せ】メダカのがっこう:Tel.0422-70-6647

    線

    やさい村セール&デモ販

    日 時
    4月21日(金)〜22日(土)
    場 所
    やさい村

    ( 21日 デモ販 … 海の素/ジャフマック)

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    4月5・12・19・26日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    4月7・14・28日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    4月13日(木)20:00~22:00
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線
  • 4月「今月のおすすめ旬野菜」 2017.03.31 クリック
    たけのこ

    4月の旬野菜:たけのこ

    たけのこ

    今月のおすすめ旬野菜:「 たけのこ 」

    菜の花前線が通り過ぎた後にやって来るのは、やはり たけのこ(筍)前線だろう。3月の始め九州南部から北上を始める たけのこ前線は5月には東北南部に達する。原産地は中国江南地方。
    とにかくたけのこは成長が早く、買ってからも 速、アク取りなどの下ごしらえをしないといけ ないが、春の訪れを告げる旬のたけのこ料理は 是非味わってみたいものだ。

    掘り立てならアク抜きもせずサッと茹でてワサビ醤油で刺身にも出 来るが、買って持ち帰った物は、先ずアク抜きをして皮をむき、上下に切り、上は縦斬り、下は横斬りにして茹で汁か水に浸けて冷蔵 庫の中で保存する。

    料理は、てんぷら、煮物、たけのこ御飯、ワカメと炒めるなど。
    繊維が柔らかい走りの時期の味付けは薄く、固くなって来る名残りの時期は濃いめにしっかりと味付けするのがコツ、ということで是 非旬を味わっていただきたいですね〜

    食養的に言えば、たけのこは成長が早い=陰性が強いので、病人や 体が弱っている方はNG 。どうしても食べたい場合は、少量、しっ かりと陽性化した料理の物を食べる事。

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 4月「今月の酒」 2017.03.31 クリック
    「 Sun Sun オーガニックビール 」

    「 Sun Sun オーガニックビール 」

    「 Sun Sun オーガニックビール 」

    今月の酒:「 Sun Sun オーガニックビール 」

    どうも、スタッフともやです。 暖かい日も多くなり、すっかり春めいて街が色づきましたね。この時期は、お別れで互いの幸を願い乾杯、新しい出会いに乾杯、そしてお花見で乾杯と何処からともなく乾杯が聞こえてくる時ですね。 そんな今月の酒には「 Sun Sun オーガニックビール 」を選びました。
    地ビールの中ではあっさり(くせが少なく) 乾杯の一杯。 とりあえずビール!に持ってこいだと思います。

    長野県軽井沢のヤッホーブルーイングさんが 有機栽培の麦芽とホップを1 0 0 % 使用しコクと香ばしさ、程よい苦味が後をひくスッキリ としたビールで春の暖かな陽射しにはピッタリな味わいです。

    きっと、様々な場面に花を添えてくれる事でしょう。

    このビール片手に春の陽射しに誘われ外へ繰り出してみてはいかがでしょうか?

    4月1日〜30日 特価・・・
    1本(350ml)260円+税 ⇒ 250円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2017.03.31 クリック
    苗箱の中が高温にならないように育成中。

    苗箱の中が高温にならないように育成中。

    苗箱の中が高温にならないように育成中。

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    彼岸も過ぎ、いよいよ春です。春は播種後の苗が伸びて行く時期です。

    今年も2月に蒔いたナスやトマトがスクスクと育ってきております。後半月もすれば第1段階の芽出しが終わり、鉢上げといって、それぞれをポットに分ける作業に入ります。幼児の時期の2段ベットから個室になるような感じですね。

    その後5月頃には畑に植え替えになりますので、育苗期は概ね3ヶ月ということになります。
    一昨年はこの育苗期に苗箱の中が高温になってしまったので全滅の憂き目も見ましたので、今年はミスせず多くの野菜が取れるように育てて行きます。

    残念ながら畑は端境期ですので野菜は少ないですが、来る夏に向けてもう少しお待ちくださいね。

    <4月の出荷予定>

    のらぼう菜/ルッコラ花/長ネギ/サラダmix/はっさく
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 4月号 2017.03.31 クリック
    「プロポリス ハーブキャンディー」

    「プロポリス ハーブキャンディー」

    「プロポリス ハーブキャンディー」

    「プロポリス ハーブキャンディー」

    日本自然療法株式会社で製品化されているプロポリスハーブキャンデーはブラジルの自社農場で採取された高品質のプロポリスが一つ一つの飴に3滴づつ入っていて、その他甘草、シナモン、柑橘、霊芝エキスが配合されていてちょっと辛いのですが、他の安価なプロポリスのど飴とは違うパワーが期待出来ます。

    プロポリス自体、天然の抗生物質と言われ、口、喉の炎症や外傷、鼻炎や花粉症、抗がん、抗酸化、抗菌、抗ウイルスなど様々な力があると言われていますが、花粉時期にも大活躍しますよ。

    空気の悪い中での仕事をしているお客様は、これが無ければ仕事にならないと言われますし、何より私自身も、唄う前や、喉の調子が悪くなり始めたら必ずこのプロポリスハーブキャンデーを舐めるようにしていて、無くてはならない物となっています。

    「プロポリス ハーブキャンディー」

    ● 66g・・・800円(税別)

    線
    チョーコー「ゆずドレッシング」

    チョーコー「ゆずドレッシング」

    チョーコー「ゆずドレッシング」

    チョーコー「ゆずドレッシング」

    かつて、やさい村を始める前になりますが日本縦断「生存への行進」の時に長崎に立ち寄った時にお訪ねしたことがあるチョーコー醤油が出しているゆずドレッシングを2月のセールの折に試食させていただきましたが、これは「美味しい!」

    実は、なかなか美味しいと思えるようなドレッシングとは出会えなかったので、どこか無添加で美味しいドレッシングを出していないかなぁ?と探している最中でした。たまたま、デモ販の時にチョーコーの方が持って来てくれたのですが、早速家に持ち帰り娘にも試食してもらい意見を聞いて見ましたが、娘も美味しい!と喜んでくれました。本当に、久々に気に入ったドレッシングを見つけたので皆さまに報告とオススメのお知らせします!

    ドレッシングは調理や組み合わせによって何種類か用意しておきたいものですが、このゆずドレッシングは、和風ドレッシングですね、高知産のゆずが使われています。

    ぜひ一度使っていただきたいと思います。

    チョーコー「ゆずドレッシング」<化学調味料無添加>

    ● 200ml・・・450円(税別)

    線
  • 自然栽培 ー4月の百姓仕事ー 2017.03.31 クリック
    眠っていた山の里は一気に目をさまし、大忙しとなります。

    眠っていた山の里は一気に目をさまし、大忙しとなります。

    眠っていた山の里は一気に目をさまし、大忙しとなります。
    種の支度から始まった稲作りは次の段階へ。

    種の支度から始まった稲作りは次の段階へ。

    種の支度から始まった稲作りは次の段階へ。

    『自然栽培 ー4月の百姓仕事ー 』
    < 佐藤さんの連載12回目 >

    4月に入っても、時折雪が降るのです。

    残雪を渡る風は冷たく、朝は霜や氷で凍てついています。

    それでも、太陽が昇っちゃえばもう春爛漫。
    山菜が次から次と芽を出し、山野草が今ぞと、咲き乱れます。

    長い冬の間眠っていた山の里は一気に目をさまし、大忙しとなります。

    動かずにはいられないほど、まぶしい春の光です。

    種の支度から始まった稲作りは、「種まき」「育苗」の時期となりました。

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • ほろ酔い地球会議4 - No.7 2017.03.31 クリック

    友ちゃん&町ちゃんのほろ酔いトーク (( ほろ酔い地球会議4 )) No.7

    【友】友ちゃん= 大友 映男(村長)
    【町】町ちゃん= 町田 榮

    【町】ふ~~ん、なるほどね。
    ところで、今回のトークの主題の、「ミルキーウエイ」がどこからはじまったのかっていうことを聞きたいんだけど、友ちゃんが誰に語りかけて、どういう人たちと最初に「ミルキーウエイ」を始めようって決意したのか、その辺のところを詳しく聞きたいんだけどね。

    【友】まずね、「ミルキーウエイ」って名前は、僕の大きな覚醒体験の中で、木も草も人間も、全ての生命は輝いていることを体験したんだけど、それを何らかの形で表現したいという思いがあって、「アイアム」の人たちが撤退して、僕はそのお屋敷に間借りするような形で住んでいたんだけど、住むためには代表者を三人選択しなければならなかったんだよ。

    【町】間借りしていたとき、何人かいたの、友ちゃん一人だったの?

    【友】一人だった。

    【町】お屋敷の持ち主であるお婆ちゃんもいた訳だよね。

    【友】そう、大家さんであるお婆ちゃんもいてさ、で「アイアム」が撤退した後の次の契約更新のときに、この場所に住むためには一人では維持できないことになったんだよ。
    それで僕はそのとき、今屋久島に住んでいるプラブッダ(星川淳)と、名前のない新聞を発行しているアパッチを呼んで、こういう場所があるから一緒に維持しないかって相談したんだよ。

    【町】その頃、すでに彼らとの繋がりはあったの?

    【友】そうそう、キャラバンのときに出会ってたんだよ。
    キャラバンのときに、僕はっていう北海道のキャラバンの最終到着地で「宇宙平和会議」を行うときに、たまたまっていう湖でプラブッダと出会ったんだよ。
    すでに9月だったから観光客とかほとんどいなくて、僕がテントを張っている向こう側にテントを張っている人たちがいて、ヒッピー風の若いカップルなんだけど・・・ 

    【町】プラブッダはそのときラジニーシ(バグワンと呼ばれた)のサンニャーシン(弟子)だった?

    【友】プラブッダはすでにサンニャーシンで、「存在の詩」っていうラジニーシの講義録を翻訳し始めていたころで、自分で手書きのイラストを描いて自費印刷していたころだよね。

    【町】じゃ、彼は既にプーナ( ラジニーシのセンターがあるインドの町)に行って、ラジニーシの弟子になった後なんだね。

    【友】そうそう、サムボーディっていう日本人の彼女と一緒だった。

    【町】知ってる、知ってる。彼女プーナで死んじゃったんだよね。

    【友】そう・・・で、二人が僕のテントの側にいて、たまたま僕はタオっていう女の子と旅していたんだよ。そこで彼らと出会って、夜僕たちのテントに呼んで話をしたときにプラブッダが持ち出したのがラジニーシの講義録の「存在の」の第一話だった訳だよ。( 後ほど一冊の本としてメルクマール社より出版)チベットのヨーガ行者ティロパの「マハームドラーの歌」の講義だよね。

    【町】そうそう。

    〜〜〜 つづく 〜〜〜

  • 3月号のご挨拶 2017.02.28 クリック
    天然ミネラル濃縮液「海の素」

    天然ミネラル濃縮液「海の素」

    天然ミネラル濃縮液「海の素」

    寒い寒いと思っていたら、いきなり春一番が吹いて、あまりの暖かさに驚かされたが、それと同時に大量の花粉が飛んで来たようだ。
    普段花粉症とは無縁の僕も、鼻はムズムズ、目は痒くなって、即「海の素」の希釈スプレーをシュッとひと吹きすると、あら不思議!
    鼻のムズムズも目の痒みも気にならなくなっているではないですか!
    これはまさしく優れものだね~~驚きました!

    やさい村の新スタッフのトモ君も、今までは製薬会社の花粉症スプレーを頻繁に使っていたみたいですが、“海の素のスプレー”に変えたら、朝一回スプレーするだけ、後はほんとにひどい時にスプレーするだけで良くなったと喜んでいました。

    これは、花粉症などで苦しんでいる方がいたらぜひ試してみたら良いと思います。
    家族や友人にそんな方がいましたら是非オススメしてあげて下さいね~!
    お試し用の希釈スプレーの見本もやさい村のレジ前に置いてあるので、試してみたい方があればスタッフに一声かけてスプレーを使って見て下さいね。

    さて、3月12日に千葉県の神崎で行われるお蔵フェスタにやさい村では海の素とスプレー他ユニークなオススメ商品を持って臨もうと思います。2番目に村長バンド「虹の縄文バンド・アースウエーブ」もライブ出演しますので、是非聴きに来て下さいね~~
    お蔵フェスタに来る方は現地参加の飛び入り助っ人売り子も楽しいですよ!向こうに来たら気軽にお店にも遊びに来て下さい。

    さて、春夏秋冬というように3月は自然界のいのち達が一斉に活動を開始する季節です。
    野草が出始め、私達の身体も冬から春へと変化して行く時期ですね。

    若杉ばあちゃんから教わった知恵で、野草の陰性な毒を抜いて食べて、体内に溜まった毒素をデトックスするのもこの季節です、運動も大事なので身体も動かしましょう!太極拳もオススメですよ~~!

    (村長大友)

  • 3月イベントお知らせ 2017.02.28 クリック

    イベントのお知らせ

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    3月2日(木)・4日(土)
    線

    寺田本家 酒蔵まつり「お蔵フェスタ」<やさい村 出店>

    日 時
    3月12日(日) 9:00~15:30
    場 所
    寺田本家(下総神崎駅)
    参加費
    入場無料(雨天決行)

    ● 寺田本家:千葉県香取郡神崎町神崎本宿1964
    ● 最寄駅:下総神崎駅
    ● 助っ人売り子大歓迎!
    ● 村長バンドも出演しますよ〜♪

    線

    やさい村セール&デモ販

    日 時
    3月24日(金)〜25日(土)
    場 所
    やさい村

    ( 24日 デモ販 … TAC21)

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    3月1・8・22・29日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    3月3・10・17・31日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    3月16日(木)20:00~22:00
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 - ママクラス - 」<お昼の講座第11回目> 村長大友の教室紹介

    日 時
    3月18日(土)13:00~15:00
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    <4月のイベント>
    「やさい村お花見」<やさい村 出店予定>

    日 時
    4月2日(日)11:00~14:00
    場 所
    ジブリ美術館脇の公園
    定 員
    30名(要予約)
    参加費
    一品持ち寄り(手ぶらの方は参加費500円)

    *お酒の量り売り有。

    線
  • 3月「今月のおすすめ旬野菜」 2017.02.28 クリック
    なばな(菜の花)

    3月の旬野菜:なばな(菜の花)

    なばな(菜の花)

    今月のおすすめ旬野菜:「 なばな(菜の花) 」

    春の訪れを告げてくれる芽吹き野菜の一番手は何と言っても「なばな」だろう。

    先月号のブロッコリーのところにも書いたが、原産地は北ヨーロッパ、地中海沿岸、中央アジア。
    走りは2月上旬、2月中旬から3月前半が盛りとなり、名残りは3月末になる。
    走りは水分が多く柔らかいがアクは強く、名残りは筋張って来るので、深く湯がく。

    菜の花のほろ苦さを逃がさないためには、包丁を使わずに手で折ること、こうするとアクも抑えられ、味わいもやさしくなる。

    おひたし、和え物、温サラダ、マリネ、吸い物、汁の実、炒め物など、あらゆるバリエーションの料理に使え、春の訪れを味覚で味わえるので超オススメだ。

    ◎季節が過ぎ、花が咲き、トウ立ちしてしまうと食べられなくなるので、旬の間に十分満喫する事。

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 3月「今月の酒」 2017.02.28 クリック
    「 オーガニック清酒 天鷹 」

    「 オーガニック清酒 天鷹 」

    「 オーガニック清酒 天鷹 」

    今月の酒:「 オーガニック清酒 天鷹 」

    どうも、やさい村スタッフです。
    暖かくなったり寒さが戻ってきたりで冬の悪足掻きが続いていますね、皆さまどうお過ごしですか?

    出勤途中ふと周りを見渡すと梅が咲き、これからは桃、それから桜とお花見シーズンに入りますね。

    そんな今月は天鷹酒造さんの「オーガニック清酒 天鷹」にします!

    那須高原の南端、清冽な湧水と澄んだ空気で醸され自社にて管理しながら農薬・肥料を使わずお米から作り、昔ながらの手法で有機性を保ちながら作っているこだわりのお酒です!

    綺麗な水と美味しいお米で手間隙かけて作ったお酒が美味しくないわけないですよね!!

    肝心の味は、やや辛口ですが柔らかい旨味が口のなかに広がり、後味には甘さを感じるなーと思いました。

    冷やしても温めても美味しいので是非どちらの飲み方も試してみてほしいです!

    皆さまもこんな美味しいお酒とお花見に出掛け風流を味わってみてはいかがでしょうか。
    勿論お家で晩酌にもオススメですよ!

    3月1日〜31日 特価・・・
    1本(720ml)1,650円+税 ⇒ 1,550円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2017.02.28 クリック
    端境期に入り、がらんとした畑。

    端境期に入り、がらんとした畑。

    端境期に入り、がらんとした畑。

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    端境期に入ったようです。
    今農園には野菜の品種数が沢山ありません。
    畑もがらんとして寂しいかぎりです。

    今の時期は、種まきです。
    早取りできる葉菜類や、トマトやナスといった夏の野菜に想いを馳せて、これから準備して行きます。

    寒い時期の苗は加温が必要ですが、畑においては夏の時期の温度を下げるということよりも、温度を上げるということの方が行いやすいので、冬野菜の苗作りよりかは多少失敗が少ないと思います。

    今年も色々な色のナスやトマトをご期待ください。

    <3月の出荷予定>

    長ネギ/ロマネスコ/柚子/八朔
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 3月号 2017.02.28 クリック
    花粉症対策に「竹布マスク」

    花粉症対策に「竹布マスク」

    花粉症対策に「竹布マスク」

    花粉症対策に「竹布マスク」

    エコな製法で作られた抗菌竹繊維で作られたマスクです。竹はもともと、おむすびなど食品の保存に使用されてきた素材です。その竹を特殊技術で布にした抗菌竹繊維は優れた吸水性と放湿性を持ち、そのうえ高い抗菌性も合せ持っています。水分を含んでも乾きやすくカビにくい特性もあります。MARS(院内感染菌)を抑制するというデータもあります。

    竹布製品は各種あり、どれもオススメですが、中でもマスクはオススメです!
    マスクは通気性がよいので呼吸もしやすく、メガネが曇りにくいです。布なので洗って何度でも使えます。

    カラーも豊富で何色か揃えてコーディネートに合わせて選ぶのも楽しいですよ。村長やスタッフも愛用中です♪

    花粉症対策に「竹布マスク」

    ● 大人用・・・1,000円(税別)
    ● キッズ用・・・800円(税別)

    線
    「天日干しあかもく」

    「天日干しあかもく」

    「天日干しあかもく」

    「天日干しあかもく」

    あかもくは褐藻綱ヒバマタ目ホンダワラ科に属する海藻で北海道の東部を除く日本全体から朝鮮半島、中国及びベトナム北部の浅い海に広く分布し、秋から冬に成長します。

    ネバネバ、シャキシャキとした食感でクセがなくほんのり磯香りがしてとても美味しいです。
    食べた後はカラダがスッキリ感に満たされます。

    カリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルが豊富で免疫力を高めるフコダインや、脂肪燃焼効果を持つフコキサンチンなどが含まれていますし、この他にも抗糖尿病作用、抗腫瘍作用、抗酸化作用が認められている、隠れたスーパーフードですよね。

    でも最近ではテレビ「ガイアの夜明け」などでもあかもくが紹介され、ブームに火がつき始めています!
    サラダやパスタ、野菜炒め、味噌汁の具などどんなお料理にもお使いいただけます!

    やさい村で取り扱い始めたあかもくは、三浦半島逗子の小坪産です。

    「天日干しあかもく」

    ● 20g・・・450円(税別)

    線
  • 自然栽培 ー3月の百姓仕事ー 2017.02.28 クリック
    除雪作業は続きます

    除雪作業は続きます

    除雪作業は続きます
    ノギ取りやトウミにかけたりと「種の準備」が始まります。

    ノギ取りやトウミにかけたりと「種の準備」が始まります。

    ノギ取りやトウミにかけたりと「種の準備」が始まります。
    「温湯消毒」をして苗箱に使う土を準備します。

    「温湯消毒」をして苗箱に使う土を準備します。

    「温湯消毒」をして苗箱に使う土を準備します。
    春の芽吹き。

    春の芽吹き。

    春の芽吹き。

    『自然栽培 ー3月の百姓仕事ー 』
    < 佐藤さんの連載11回目 >

    3月になっても、山に囲まれたこの地には雪がたっぷりと残っています。

    それでも、もう「種の準備」をしなくてはなりません。
    収穫までの時間を指折ってみると、雪が融けるのを待ってはいられないのです。
    ノギ取りをしたり、トウミにかけたりして、優秀な種を選別する仕事から始まります。

    並行して、苗箱に使う土も準備します。

    そして、一番大事なのが、「温湯消毒」です。
    種もみの表面についているイモチ病やバカ苗病菌を退治するのです。

    60℃のお湯に10分間浸します。
    その後、水に浸け種もみに充分水を吸わせます。

    2〜3週間後には種まきが始まります。
    「さあ、始まるぞー!」って、身が徐々に徐々に引きしまっていきます。

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • ほろ酔い地球会議4 - No.6 2017.02.28 クリック

    友ちゃん&町ちゃんのほろ酔いトーク (( ほろ酔い地球会議4 )) No.6

    【友】友ちゃん= 大友 映男(村長)
    【町】町ちゃん= 町田 榮

    【町】谷さんは学者なんだよね。

    【友】谷さんは立命館大学で基礎物理を学んで、桜沢先生の原子転換理論チームってのがあって、そのチームの最後の一員だったんだよ。

    【町】そういう人なんだ。

    【友】そして桜沢さんから、谷さんが物理学者だったので、世界は近代科学理論に支配されているけれど、その理論を根本的に覆すことが出来る、ブッダが説いた「色即是空 空即是色」の教えを証明することが「原子転換」だって、直接谷さんに語ったんだよ。

    【町】なるほど、明治以降物質の活動を人間が観測した客観的な法則を科学と呼んでいた訳だけど、その理論の根本的転換をするのは、桜沢さんが考えていた「原子転換」だってことだね。

    【友】でも「原子転換」ってのは、いきなり行なっても、その理論の支持者がいなくて、桜沢さんがフランスの学者ルイ・ケルブラン(1901~1983)と親交があって、ルイ・ケルブランが犬の血液を全部抜いてしまって、塩水を注入したらその犬が死ななかったっていう実験をしたんだよ。それくらい海水は動物の生命を支えているという証明だったんだよ。
    それはいかに塩が人間の血液の元であるかを証明しているので、桜沢さんはルイ・ケルブランとすっかり意気投合したらしいんだ。

    【町】そうだよね、地球上の生命が海から発生したことは生物学の常識だよね。

    【友】そう、桜沢さんの食養の中心は塩なんだよ。

    【町】そうなんだ~、へえ~、それ知らなかった、すごいね~!

    【友】それに対して原子転換チームってのが何人くらいいて、どういう研究してたのか僕は知らないんだけど、谷さんは未来的には塩の次には原子転換の研究実験を行うつもりだったんだよ。

    【町】そのころ谷さんはどこかの大学の教授をしてたの?

    【友】いやいや、まったくの(土木作業員)をしながら、塩を造るための基礎工事をして・・・
    それを坂本さんと二人でやってたんだよ、大島に移り住んで・・・
    だから大島に移り住んで1年目か2年目くらいに僕はそれを知ったんだよね。

    【町】じゃ、谷さんのこと一番詳しいのは坂本さんだね。

    【友】そうだよ。

    【町】へえ~、そうなんだ。坂本さんって凄い人なんだね。

    【友】ね、坂本さんと谷さんのことについて対談したら面白いよ。

    【町】そうだね、坂本さんが谷さんとどのように出会い、どのように一緒に活動したのか、何を目指していたのか、その事って凄い事だよね。

    【友】そうなんだよ。

    【町】その対談を一冊の本にして、後世に残したいくらいだね。

    【友】その二人がしょっちゅう僕の住んでいたお屋敷に、「アイアム」共同体時代から泊まりに来ていたんだけど、「アイアム」がなくなった後も彼らは大島にいたけど、ときどき東京に出てこなくてはならない用事がいっぱいあって、僕が「ミルキーウエイ」始めてから彼らは僕たちのお屋敷を常宿にしてたんだよ。

    〜〜〜 つづく 〜〜〜

  • 2月号のご挨拶 2017.01.31 クリック
    天然ミネラル濃縮液「海の素」

    天然ミネラル濃縮液「海の素」

    天然ミネラル濃縮液「海の素」
    古伝「のむ澁」玉の澁(しぶ)

    古伝「のむ澁」玉の澁(しぶ)

    古伝「のむ澁」玉の澁(しぶ)

    皆さまこんにちは!
    アメリカ大統領が変わりましたね。
    トランプ氏、いろいろ日本にも無理難題を押し付けて来そうですね~。
    心配なのは、経済政策のためにブッシュのように戦争を引き起こすことです。
    極端なアメリカ保護主義がもたらすものは何なのか?どう出てくるのか?いろいろ気になるところです。

    さて、寒風吹き荒ぶ中、インフルエンザの流行、そして春の訪れと共に始まるのは花粉の季節です。
    日頃、「海の素」をお使いの方でも、この時期は一層気を配って「海の素」をしっかり摂るようにしてくださいね~特に花粉症を気にされる方はなおさらです。
    花粉の飛散する前から、1日10滴位は摂るようにオススメします。

    また、インフルエンザですが、「柿渋」はかなり有効だと思いますのでこちらもお試しください。
    私も、医者に行かなかったので分かりませんが、インフルかと思える、全身の節々がやたら痛くなる風邪症状が出ましたが、ネギと油揚げ入りの味噌おじやと柿渋だけで、仕事を休むことも無く、竹布のマスクをし3~4日でほぼ完治しました。

    極寒の季節は、また春の始まりでもあります。
    縮まる世界から、広がる世界に移行し始めるのが2月になりますので、身体内でもいろんな変化が起こり始めます。

    寒時期には、根菜類をしっかり加熱して料理します、鍋も結構ですね~、副菜でネギ味噌を作って置くと風邪予防にバッチリです。
    ふきのとうなどが出始めたら、ふきのとう味噌など作って春の毒出しの準備をしてください!

    <お知らせ>
    先月号からお知らせしていた「手前味噌の会」の日程が2月19日(日)に変更となりました!
    *参加申し込み用紙に記載の内容・時間帯は変わりません。申し訳ありませんがお間違えのないようよろしくお願いします。
    2月は、味噌作りを学んで、手前味噌を仕込んで一年の我が家の味噌を準備いたしましょう!

    (村長大友)

  • 2月イベントお知らせ 2017.01.31 クリック

    イベントのお知らせ

    <定期購入者> お米配達日

    日 時
    2月2日(木)・4日(土)
    線

    「 手前味噌の会 」<要予約> 定員15名

    日 時
    2月19日(日)13:00~16:00
    場 所
    三鷹消費者センター 3F 調理実習室
    講 師
    山崎初代さん
    参加費
    2,500円(仕込んだ味噌1キロ持ち帰り付)
    定 員
    15名(予約締切:2月11日)
    持ち物
    味噌を入れるタッパーなどの容器・エプロン・三角巾

    *みんなで味噌作りを学んで実際仕込みまでやります。(その他材料など購入可)
    *詳細はこちら → <食といのちの学校>

    講師プロフィール

    線
    線

    やさい村セール&デモ販

    日 時
    2月24日(金)〜25日(土)
    場 所
    やさい村

    ( 24日 デモ販 … チョーコー)

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    2月1・8・15・22日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    2月3・10・17日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    2月16日(木)20:00~22:00
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 - ママクラス - 」<お昼の講座第10回目> 村長大友の教室紹介

    日 時
    2月18日(土)13:00~15:00
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    <3月のイベント>
    寺田本家 酒蔵まつり「お蔵フェスタ」<やさい村 出店予定>

    日 時
    3月12日(日) 9:00~15:30
    場 所
    寺田本家(下総神崎駅)
    定 員
    30名(要予約)
    参加費
    入場無料(雨天決行)
    線
  • 2月「今月のおすすめ旬野菜」 2017.01.31 クリック
    ブロッコリー

    2月の旬野菜:ブロッコリー

    ブロッコリー

    今月のおすすめ旬野菜:「 ブロッコリー 」

    さて、寒さも峠を迎える頃に旬を迎えるのがアブラナ科の野菜達。
    「ブロッコリー」は12月から1月半ばが走り、1月半ばから2月半ば過ぎ迄が盛り、2月後半から3月末迄が名残となる。

    元々の原産地は地中海東部沿岸地域、キャベツなどと同じケールが祖先のアブラナ科だ。かつて地中海沿岸の岩壁に自生していたケールは、古くから薬草として珍重され古代ギリシャの頃には栽培が始まった。
    因みに、アブラナ科はキャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、白菜、小松菜、チンゲン菜などと種類も多く、気候風土や地域の変化の中で様々な形に変化しているが元々はケールからスタートした大親戚家族だ。

    寒さを好み、越冬してこそ旨味を出すれっきとした冬野菜である。
    走りは水分が多く花蕾、茎共に柔らかく、名残は花蕾が盛り上がりやや大味になり茎も硬くなる。

    ◎ブロッコリーの料理だが、茹で加減がコツで浅すぎると堅くて味が出ず、茹で過ぎると花蕾が崩れるので湯に入れて数分緑色が鮮やかになって茎に透明感が出て来たらザルに上げて素早く冷ますと歯ごたえも色も申し分なく仕上がる。

    茹でる他に、和え物や、シチュー、カレー、スープ、パスタソースなどの煮込み料理や炒め物になどに使える。

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 2月「今月の酒」 2017.01.31 クリック
    「井筒ワイン・生にごりワイン」(赤)

    「井筒ワイン・生にごりワイン」(赤)

    「井筒ワイン・生にごりワイン」(赤)

    今月の酒:「井筒ワイン・生にごりワイン」(赤)

    どうも、やさい村スタッフです。村長に変わり「今月の酒」をご紹介します! 今月は信州塩尻特産「井筒ワイン・生にごりワイン」にします!

    井筒ワインさんは有名でファンも多いので細かい説明はしませんが、このワインはコンコード種ぶどうを使用し発酵を終えたばかりのワインを瓶詰めした新鮮なお酒です。

    はじめて飲んだ時、スッキリとした飲み口とぶどう(そのもののような香りに驚きました。 また、従来のワインは発酵を終えると酵母菌を無くすために濾過をしたり殺菌をしますが、このワインはそのような事はせずに瓶詰めしているので酵母菌が生きていて口に含むと微炭酸を感じ、鼻に抜けるぶどうの風味がすごくフレッシュに感じました。 勿論、酸化防止剤や保存料は使っていません。 渋味も少なくまろやかで飲みやすいですよ。

    飲んだ事のない方は是非この爽やかなぶどう本来の美味しさを残す、生ぶどう酒を飲んでみて下さい‼ もちろん食事とも合いますし、このワインをメインにゆっくり味わうのもおすすめです。

    限定生産のファンの多いお酒でタイミングを逃すと次飲めるのは来年になってしまいますので、お早めにどうぞ〜

    2月1日〜28日 特価・・・
    1本(720ml)1,600円+税 ⇒ 1,500円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2017.01.31 クリック
    たくさんの種たち

    たくさんの種たち

    たくさんの種たち

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    朝晩が冷えこみますね。 今年はまだ雪が積もることもなく、作業は出来ておりますが、朝の霜が溶けた直後はぬかるんで歩くのが難しい時期です。

    畑では、トマトやナスやピーマンは2月には撒きますので、残った種のチェックと、品種を決めることと、次期の果菜類の畑の場所と植え方を決めるという事をする次期です。

    野菜は日に日に少なくなってきておりますが、まだ端境期までは、まだもう少しかかりそうです。

    <2月の出荷予定>

    白菜/長ネギ/色大根/ロマネスコ/落花生/わさび菜/サンチュ/サラダmix/トレビス/カステルフランコ/タルティーボ/みかん/はっさく/柚子
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 2月号 2017.01.31 クリック
    アルファウエーブ「座布団」

    アルファウエーブ「座布団」

    アルファウエーブ「座布団」

    アルファウエーブ「座布団」

    春夏秋冬、一年中「冷え」は病気の根本原因。
    また、現代社会には「ストレス」はつきもの。それも病気になる原因の一つです。

    アルファウエーブは、セラミックなどとは違い天然有機物(活性タンパク質)から抽出した液体を使って活性光線を出す画期的な製品です。
    滞りを改善し、身体の芯を温め、心と体をリフレッシュ&リラックス。
    いつでもどこでも、赤ちゃんからお年寄りまで、「気がつけば健康だった、という暮らし。」

    この度、新商品として今年座布団が出ました!
    電気も使わず、ほっこり!芯から温まりますよ〜やさい村で体験できます!

    アルファウエーブ「座布団」

    ● 本体(約410g)
    42cm×42cm×厚さ6cm・・・4,500円(税別)

    線
    「People Tree」チョコレート(フェアトレード・チョコレート)

    「People Tree」チョコレート(フェアトレード・チョコレート)

    「People Tree」チョコレート(フェアトレード・チョコレート)
    「第3世界ショップ」チョコレート(フェアトレード・チョコレート)

    「第3世界ショップ」チョコレート (フェアトレード・チョコレート)

    「第3世界ショップ」チョコレート(フェアトレード・チョコレート)

    「フェアトレード・チョコレート」各種

    2月14日はバレンタインデー♡♡♡
    安心安全、そのうえ社会貢献にもなる、フェアトレードのチョコレートはいかがですか?
    定番の味から、ジンジャーレモンなど個性的な味まで、各種揃ってます。

    「People Tree」

    ● プラリネ/カプチーノ(100g) ・・・720円(税別)
    ● ミルクチョコレート/オーガニックビター(50g)・・・350円(税別)

    「第3世界ショップ」

    ● ミルクチョコレート(100g) ・・・650円(税別)
    ● ジンジャーレモン/ミントクリスプ(40g)・・・350円(税別)

    線
    「小野崎さんの麹類」

    「小野崎さんの麹類」

    「小野崎さんの麹類」

    「小野崎さんの麹類」

    やさい村では、この寒の時期に生麹の予約販売をしています!
    麹屋さんは栃木にある小野崎麹店です。無農薬又は農薬1回使用の超減農薬栽培の米と麦を使った麹類。
    この麹と良い塩があれば、自家製お味噌作りから自家製甘酒、自家製塩麹、醤油麹、麹由来のお菓子や、飲料など様々なものが作れますよ~ この時期しか有りませんし、保存は冷凍で1年近くは持ちます。あれば便利!

    注文は2週間毎で、到着は2週間程掛かりますのでお早めにお申し込みくださいね。
    麹の取り扱いは3月末迄になります。(尚、佐藤さんの自然栽培米の麹は大好評で今年は終売致しました。)

    なお、塩に関しては村長はプロフェッショナルなので店頭にてお問い合わせください!

    「小野崎さんの麹類」

    ● 米麹 1kg・・・1,050円(税別)

    ● 玄米麹 1kg・・・1,300円(税別)
    ● 麦麹 1kg・・・1,300円(税別)

    線
  • 自然栽培 ー2月の米所ー 2017.01.31 クリック
    2月は一年中で一番雪の多い月

    2月は一年中で一番雪の多い月

    2月は一年中で一番雪の多い月
    降雪前に貯め込んだ野菜を漬ける樽や瓶

    降雪前に貯め込んだ野菜を漬ける樽や瓶

    降雪前に貯め込んだ野菜を漬ける樽や瓶
    塩漬け、乾燥、冷凍…いろいろな保存方法のお陰で一年中「食」には困りません

    塩漬け、乾燥、冷凍…
    いろいろな保存方法のお陰で一年中「食」には困りません

    塩漬け、乾燥、冷凍…いろいろな保存方法のお陰で一年中「食」には困りません

    『自然栽培 ー2月の米所ー 』
    < 佐藤さんの連載10回目 >

    山里はすっぽりと雪に埋もれます。
    2月は一年中で最も雪が多く降る月だからです。

    毎日毎日、雪降りと雪かき。雪国の大きな仕事となります。
    家を一歩外に出るためには、夜明け前からの除雪が必要となります。

    そして仕事から帰って、降り続いた雪の、また除雪。
    何ときりのない膨大な仕事。
    これがなかったらどんなに楽だろうと、雪国の皆はいつも思います。

    そして、決まって、
    「でも、これがあるから、米が美味しいのだ。」と、
    我をなだめるのです。

    そして、台所では雪が降る前に貯め込んだ野菜を使って、漬物やみそ作りが行われます。
    塩漬け、乾燥、冷凍・・・いろいろな保存方法を駆使して一年中「食」に困る事はありません。

    地の神、山の神、川の神に感謝です。

    *blogはこちら→ 女房が語る 佐藤慎一・自然米の栽培日記
    *佐藤さんのお米を買えるのはやさい村だけ!→ 佐藤さんのお米
  • ほろ酔い地球会議4 - No.5 2017.01.31 クリック

    友ちゃん&町ちゃんのほろ酔いトーク (( ほろ酔い地球会議4 )) No.5

    【友】友ちゃん= 大友 映男(村長)
    【町】町ちゃん= 町田 榮

    【友】でもね、CI協会は結局病気治しの団体になりつつあったんだよね。

    【町】僕が25歳のとき(1971年)渋谷でビルの管理人をやっていて、すぐ近所にCI協会がやっているっていう店があって、その中の食堂に玄米定食があって、当時小川みちさん(桜沢さんの直弟子の一人)が食堂で働いていて、「玄米食べてみるか」って誘ってくれて食べたことがあって、その店に置いてある食養の本などをしばしば立ち読みしたことがあったけど、その店に来るお客さんたちが皆病気の人たちばかりでびっくりしたんだよ。
    僕は何も知らないから、何か不健全な世界だなって強く感じたんだよ。
    それが僕の初めてマクロビオティックとの出会いだったんだよ。
    後ほど知ることになった食養の指導者の桜沢さんが、あんな大らかで自由な人だとは露知らずだよね。
    「少年のように宇宙の命を自由に生きたまえ!」って言ってたね。

    【友】僕もね、最初にCI協会に尋ねて行ったときに、僕はその頃ロングヘアー(長髪)でさ、袴はいてギターを持っていて、いきなりCI協会で「セイ」とかを歌ったんだよ、そのときね皆度肝を抜かれたように「何だこれは」って反応でさ・・・

    【町】あんまり明るいんでびっくり・・・
    こいつ病気じゃねえって驚きだね。

    【友】でも桜沢さんの直系のお弟子さんたちもいっぱいいて、そういう人たちは面白いって言って僕を可愛がってくれてね。

    【町】へえ、そうなんだ。

    【友】やっぱり病人というか、依存型の人たちが集まっていたんだよね。

    【町】宗教団体もみんなそうだよね。
    自分を弱いと感じている人が集まる場所・・・

    【友】だから、そういう中で若い人たちが自分たちも何か新しい事をやろうと考えたグループが「アイアム」の人たちだったんだね。
    そのグループの場所に僕がキャラパンから戻って来たころに「アイアム」共同体が解散ってことになったんだよ。
    初期のころっていうのは、色々な出会いが、それぞれ出会いをする人たちが、それぞれの必然性で出会ってくっついてしまうって感じでさ、僕がその後その場所に造った「ミルキーウエイ」って、まさにそういう出会いの場所だったんだよ。

    【町】その「アイアム」が解散して去って行ったっていう理由って何だったの?

    【友】「アイアム」が去って行った理由って・・・
    その一つが塩運動(自然海塩活動)に彼らの活動が集約されちゃった感じなんだよね。

    【町】その頃自然海塩運動は始まってたんだ。

    【友】そうそう、谷さんという学者がいて、彼が自然塩作りの提唱者で、現在はあまり語られない人物なんだけど、僕ももし谷さんと出会わなかったら、塩運動を応援しようとは思わなかったよ。

    【町】今、自然塩はデパートでも売っているくらいあたりまえの商品だけどね。
    でも谷さんのこと知っている人なんてほとんどいないよね。

    【友】だから僕は谷さんのこと、きちんと伝える大きな集いを開きたいなと思ってるんだよ。

    【町】塩は海の精髄であって、海は人間の命の源だよね。

    【友】それを谷さんが最初はどこで作ろうか試行錯誤しながら、沖縄で実験したりしていてね・・・

    〜〜〜 つづく 〜〜〜

  • 1月号のご挨拶 2017.01.06 クリック
    大友映男著「生存への行進」

    大友映男著「生存への行進」

    大友映男著「生存への行進」
    大友映男著「生存への行進」裏表紙

    大友映男著「生存への行進」裏表紙

    大友映男著「生存への行進」裏表紙

    皆さま、明けましておめでとうございます!
    2017年が皆さまにとって素晴らしい年となりますように心よりお祈りいたします!

    私がやさい村を始めるきっかけとなった、日本縦断『生存への行進』を行ったのが1979年~80年ですので、あれから38年が経とうとしています。
    私は全国を自らの足で歩いて、日本の現状を自分の目で見て、人類の生存の危機を感じて、これからの社会が向かう方向は此方だという確信を持ってこのお店を始めました。

    私たちを取り巻く環境と、私たちのいのちは一体であり、環境と私たちのいのちを直接つなげているものは「食」であり「農」であります。

    今、世界を動かそうとしている一部の人間達は、グローバリズムで世界の経済を支配しようとしていますが、各地の環境や地域経済は破壊され一握りの人びとだけが豊かになり、大多数の人々は貧困に追いやられて行きます。 地球全体の環境保全やそれぞれの地域の平和なくらしを考えたらこの地球上全ての地域で環境保全を前提にした循環型の農や循環型社会を作って行く必要があるのです。私たちはこれからも、清浄な大地や自然を敬い、汚さず、環境を保全しながら、同じ志の人びとと手を携え、美しい地球を後世のいのち達に渡して行かなければならないと思います。

    どの様な地域にあっても、またどの様な仕事にあっても、またどの様に小さい取り組みであっても、地球全体(マザーアース)の事を考え、またみんながいつまでも平和に暮らして行けることを考えて行動することが大切で、今後世界の常識とすべき最も重要な考えだと思っております。

    2017年、微力ながらやさい村もなお一層頑張りますので、ご指導ご鞭撻の程、よろしくお願いいたします!
    末筆ながら皆さまのご健勝を心よりお祈り申しあげます!!

    (村長大友)

  • 1月イベントお知らせ 2017.01.06 クリック

    イベントのお知らせ

    <定期購入> 佐藤さんのササニシキ配達日

    日 時
    1月7日(土)・12日(木)
    線

    若杉塾「冬の食養生」
    〜若杉友子さんの講演と料理実習〜<要予約>

    日 時
    1月15日(日)11:00~14:00
    場 所
    三鷹消費者センター 3F 調理実習室
    講 師
    若杉 友子さん
    定 員
    30名(要予約)
    参加費
    5,000円(昼食付)
    線

    「 やさい村居酒屋 」<要予約:定員約8名>

    日 時
    1月22日(日) 14:00~17:00
    場 所
    やさい村 軒先
    参加費
    1,000円(おむすび&漬け物+料理1品付)

    ※ 1品持ちより大歓迎!
    ※ お飲物は別途、お店でご購入ください

    線

    やさい村セール&デモ販

    日 時
    1月27日(金)〜28日(土)
    場 所
    やさい村

    ( 27日 デモ販 … 陰陽ライフ or ゼンケン)

    線

    「 正宗太極拳教室 」@ほびっと村 村長大友の教室紹介

    日 時
    1月11・18・25日(水)18:30~20:30
    場 所
    ほびっと村(西荻窪)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 正宗太極拳教室 」@沙羅舎 村長大友の教室紹介

    日 時
    1月6・13・20日(金)10:00~11:30
    場 所
    沙羅舎 B1F(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    チケット…2,000円/1回…2,500

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 」 村長大友の教室紹介

    日 時
    1月14日(木)20:00~22:00
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    「 手技教室 - ママクラス - 」<お昼の講座第9回目> 村長大友の教室紹介

    日 時
    1月21日(日)13:00~15:00
    場 所
    沙羅舎2F 和室(三鷹市下連雀3-1-24 Tel/Fax 0422-41-8617)
    参加費
    1回…2,500円

    申込み・問合せは、大友まで。

    線

    <2月のイベント>
    「 手前味噌の会 」<要予約> 定員15名

    日 時
    2月19日(日)13:00~16:00
    場 所
    三鷹消費者センター 3F 調理実習室
    講 師
    山崎初代さん
    参加費
    2,500円(仕込んだ味噌1キロ持ち帰り付)
    定 員
    15名(予約締切:2月11日)
    持ち物
    味噌を入れる袋、タッパーなどの容器・エプロン・三角巾・筆記用具

    *みんなで味噌作りを学んで実際仕込みまでやります。(その他材料など購入可)
    *詳細はこちら → <食といのちの学校>

    講師プロフィール

    線
    線
  • 1月「今月のおすすめ旬野菜」 2017.01.06 クリック
    ねぎ

    1月の旬野菜:ねぎ

    ねぎ

    今月のおすすめ旬野菜:「 ねぎ 」

    冬になるとグンと甘みが増して、鍋料理などで大活躍する「ねぎ」。

    原産地は中国西部・中央アジア地域。日本には既に奈良時代には最古品種の難波ネギがあった記録が残っている。

    走りは12月、盛りは1月、名残りは2月一杯となる。
    走りは繊維が細く柔らかくみずみずしい。からみ、香りが強い。
    名残りは繊維が太く、巻きが強くなる。
    からみより甘みが強くなって、火入れするとトロトロになる。
    これから旬を迎えるこの時期に焼くとネギ特有の辛味が消えて香ばしさと甘さに大変身する。 

    実はこの「ねぎ」なかなかの優れもので栄養豊富で効能も多い薬草と言ってもいい。 この時期に流行る風邪予防、疲労回復、血液浄化、ストレスや不眠の緩和、生活習慣病や老化防止など枚挙に事欠かない。

    昔から喉のトラブル時に焼きネギを貼るなど民間療法も多い。
    食養ではネギの殺菌効果を使い「第一大根湯(大根、生姜、三年番茶、醤油を使用して解熱に使う)」にネギを摩り下ろしたものを加えたりする。風邪の時はネギと油揚げを入れた「玄米味噌おじや」が効果的。
    動物性の毒消しもする。

    薬味として使う他、鍋料理、おじや、炒め物、焼き鳥、ねぎま、かき揚げ、マリネ、ねぎ味噌、スープやソースのベースなど多彩な料理に使える、とにかく冬を無事乗り切るためには無くてはならない薬効野菜である。 寒い時期は特にしっかり食べよう!

    やさい村では、その時のおいしい野菜や果物を、
    臨機応変にセール価格で販売します

    その時入荷されている旬の野菜・・・
    定価 ⇒ 
    1割引!

  • 1月「今月の酒」 2017.01.06 クリック
    寺田本家「醍醐のしずく」

    寺田本家「醍醐のしずく」

    寺田本家「醍醐のしずく」

    今月の酒:寺田本家「醍醐のしずく」

    皆さんも飲まれた事も有るかも知れませんが、1月のお酒は寺田本家の「醍醐のしずく」です。
    寺田本家のお酒としては最も新しいお酒になりますが、「菩提もと仕込み」と言う仕込み方で作られたお酒です。

    この菩提もと仕込みと言う仕込み方は中世(10世紀~)寺院で興った「僧坊酒」の系譜に連なり、戦国の世、奈良の菩提山正暦寺で創製された「諸白(もろはく)」(掛米・麹米共に白米で仕込んだ酒)が日本酒作りの原点といわれています。

    先ず最初に乳酸発酵をさせ、後ほど蔵付きの野生酵母でアルコール発酵をさせる「生もと仕込み」の原型ともいわれているそうです。

    この「醍醐のしずく」、甘酸っぱい口当たりで女性たちにも人気です。
    僕は初めて飲んだ時には甘口の白ワインの様なお酒だなと思いました。

    発酵途中なので味が変わって行きますので、冷蔵庫に保管してお召し上がりください~

    1月6日〜31日 特価・・・
    1本(720ml)1,450円+税 ⇒ 1,350円+税!

    ※今月の野菜・酒はセール対象外です。

  • 今月の:三鷹 吉田農園 2017.01.06 クリック
    年も明け晴れ間の多い東京

    年も明け晴れ間の多い東京

    年も明け晴れ間の多い東京
    出荷を待つお芋たち

    出荷を待つお芋たち

    出荷を待つお芋たち
    1月はたくさんの出荷予定があります

    1月はたくさんの出荷予定があります

    1月はたくさんの出荷予定があります

    今月の三鷹 吉田農園 ~吉田さんから~

    東京は晴れ間が多く、昼間は抜けるような青空が多い季節です。

    そんな中、もうご存知の方も多いと思いますが、吉田農園でブームになっているものがあります。
    「やきいも」です。 今、やさい村さんで焼いたやつが美味い!!
    どういうわけか、吉田農園で焚き火で焼いた芋より断然美味しく出来てしまってます。

    焚き火最強説が覆ってしまって、農園のお婆さんが村長の顔を見ると食べたくなるくらい気に入ってます。
    先日からは安納芋に切り替わり、甘さ爆裂になっているはずなので、また買いに行きます。

    さて新年を迎えようとしています。
    こういう時期にはやっぱり八つ頭ですね。
    農園のおせちの煮物やお雑煮にはよく入りますが、この八つ頭は子孫繁栄の意味のある、おめでたい野菜なのです。

    食べ方は里芋と同じでそれほど敷居の高い野菜ではないので、縁起物を食べて来る年を幸せにしましょう!

    それでは皆さま良いお年を!
    年明けてから読んだ方は、明けましておめでとうございます!!

    <1月の出荷予定>

    白菜/長ネギ/人参/色人参(黄色・白・紫)/大根/カザフ大根(緑大根)/ブラボー(紫大根)/紅芯大根/赤大根/もものすけ蕪(ピンク)/安納芋/紫芋/水菜/小松菜/ルッコラ/わさび菜/落花生/柚子/はっさく/タルティーボ/トレビス/フリルケール/カステルフランコ/サンチュ/サラダMIX/キャベツ
    ※状況により変更になる場合があります。

    *blogはこちら→ 吉田農園WEBサイト
    *メールマガジン→ 吉田農園通信
  • 村長のいちおし商品! 1月号 2017.01.06 クリック
    ゼンケン 電磁波99%カット・50W「腰すっぽりヒーター」

    ゼンケン 電磁波99%カット・50W「腰すっぽりヒーター」

    ゼンケン 電磁波99%カット・50W「腰すっぽりヒーター」
    ゼンケン 電磁波99%カット・50W「腰すっぽりヒーター」

    ゼンケン 電磁波99%カット・50W「腰すっぽりヒーター」

    ゼンケン 電磁波99%カット・50W「腰すっぽりヒーター」

    ゼンケン 電磁波99%カット・50W「腰すっぽりヒーター」

    これは素晴らしい商品です!!!
    ソファーや椅子、座椅子などに置いて座るだけで、腰周りや背中もぬくぬくと温かくなって来ます。

    全面開口しているやさい村の冬は知る人ぞ知る寒さとの戦いです。
    寒い冬を乗り切れたら一人前という噂もあるくらいの試練の冬ですが、ゼンケンの営業マンの方が来て、『新商品でこんなものが出ました』と紹介された途端に、「これ置いてって」と言ってしまいました。

    そして使ってみたらなんと!じんわり温かくなって、立ち上がれなくなってしまいそうです。
    これで寒い日もバッチリです!座り仕事をしている方や、朝や夜に椅子に座って仕事をする方、パソコンや原稿書き、経理などのデスクワークをする方にも朗報です。

    しかも50wですから電気代もエコ。自宅で手洗いも出来ますよ~
    お試ししたい方はやさい村で是非体験してみてくださいね~

    *4畳半~7畳用の遠赤外線暖房機アーバンホット36,000円のデモ機もありますので体験貸し出しも出来ます。

    ゼンケン 電磁波99%カット・50W「腰すっぽりヒーター」

    ● 本体(約0.9kg)
    幅37cm × 奥行き42cm × 高さ41cm・・・15,000円(税別)

    線
    健康綜合開発「マスタークック土鍋」

    健康綜合開発「マスタークック土鍋」

    健康綜合開発「マスタークック土鍋」
    健康綜合開発「マスタークック土鍋」

    健康綜合開発「マスタークック土鍋」

    健康綜合開発「マスタークック土鍋」

    健康綜合開発「マスタークック土鍋」

    若杉ばあちゃんこと若杉友子さんが大プッシュしている土鍋生活。その土鍋こそ「マスタークック土鍋」です。
    金属鍋で調理すると、金属が溶解し、調理された食べ物はどんどん酸化してしまいます。

    僕が最初にそれを知ったのは若杉さんの料理教室を開いた頃ですからもう15年くらい前になります。
    その時マスタークック土鍋を出している健康綜合の社長が3日前に炊いたという玄米を見せてくれたのですが、炊きたての様な綺麗なクリーム色をしていたので驚きました。

    当時私は圧力鍋で玄米を炊いていたのですが3日も経つと色が変わって行きます。
    それが金属鍋による酸化だと気付かされたのです。それ以来我が家では全面的に土鍋生活に代わりました。

    どんなに良い食材を使っていても、鍋が金属鍋を使っていると酸化が早く、やっぱり土鍋が最高だと思います。

    もしまだ金属鍋をお使いのご家庭がありましたら、是非土鍋に代えて行きませんか?
    御飯を炊く、煮る、炒める、茹でる、焼く、蒸すなど全てに使え、安全で美味しいです!

    健康綜合開発「マスタークック土鍋」

    ● 3合浅鍋・・・4,600円(税別)
    ● 3合深鍋・・・5,800円(税別)
    ● 6合浅鍋・・・6,800円(税別)
    ● 6合深鍋・・・9,200円(税別)
    ● 陶板・・・4,200円(税別)

    線
  • ほろ酔い地球会議4 - No.4 2017.01.06 クリック

    友ちゃん&町ちゃんのほろ酔いトーク (( ほろ酔い地球会議4 )) No.4

    【友】友ちゃん= 大友 映男(村長)
    【町】町ちゃん= 町田 榮

    【友】彼はその当時、桜沢さんの教えを知っていて、CI協会に関ってたけど、「協会に集まる連中が病人ばかりで面白くない、もう少し面白い連中と交流した方がいい」って考えていて、それで僕に声が掛かって来たんだよ、どこか波長が合ったんだね。

    【町】なるほど。

    【友】それで最初は僕が間借りするような感じで、その古い屋敷に住み出したんだよ。僕は石神井の谷原に自分たちのハスミ荘っていうアパートを借りていたんだけど、石神井でミーティングをやると参加者がなかなか集まらなくて、中央線の吉祥寺ならば色んな人が参加しやすいし、国分寺には「部族」や「(1970年代の共同体)」があったりしてって状況だったので、吉祥寺のそのお屋敷はとても都合がいいし、家も大きくて・・・

    【町】吉祥寺の駅からどのくらいの場所なの?

    【友】駅からゆっくり歩いて15分か20分くらいかな。
    とにかく屋敷が大きくて、50人くらいのミーティングでもゆったりできて・・・

    【町】庭付きの一軒家?

    【友】そう一軒家。もともとが仙台かどこかの材木豪商の、東京滞在時の別宅だったんだよ。その屋敷を最高裁の判事のさんって人が買い取って、本村さんの邸宅になったんだよ。

    【町】なるほど。

    【友】で、その判事の本村さんが亡くなって、その奥さんは既にお婆ちゃんで、そこで独り暮らしをしていたんだよ。
    そのお婆ちゃんはその屋敷の裏側の3部屋くらいを仕切って自分の生活の場にして、表側の部屋を貸し出していて、それを「アイアム」の人たちが見つけてその場所を借りて共同体を始めたんだ。

    【町】そうなんだ。

    【友】僕がキャラバンから帰って来てその場所に行ったとき、最初僕はリュック一個しかなくてね、そこにいきなりイワシかなんか魚と日本酒を持って行って、魚を七輪で焼いて一杯飲んでいたら、共同体の人たちから「臭いぞ!」って怒鳴られちゃってさ。

    【町】ほんと!

    【友】マクロビオティックの仲間たちが住んでる聖域で、魚を焼いて食ってた訳だからね。

    【町】マクロビオティックは魚を食べちゃいけないの?

    【友】完全菜食だからね。それは、マクロビオティックをどう理解するかなんだけど・・・マクロビオティックだから、本当はミクロ(極小)じゃなくてマクロ(極大)の視野で生きるって思想なんだけどね。だけど食養の人たちは、病気治しで食養をやってる人が多くてさ・・・でも桜沢さんは誰もが自由人になるために食事の秘密を知って、病気から解放されて自由に生きなさいって教えたんだよね。

    【町】食養はもともとは病気治しが目的じゃないよね。
    人間が宇宙的存在であることに目覚めて生きることが桜沢さんの教えだったんじゃない。

    〜〜〜 つづく 〜〜〜